現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

双極性障害について教えて下さい

カモミール
2018年4月25日 21:55

50代、女性です。

若い頃から軽い鬱傾向でしたが、40歳ぐらいの頃から時々、何日も極端に眠れない上に
妙に高揚した気分になることがありました。

もともと睡眠障害もあったため、そういう状態を躁状態と言うのだ、とは気づかず、
睡眠不足のあまり、ハイテンションになっているのだ、と思い込んでいました。

そして、数年前になって、ようやく通院している病院で双極性障害2型との診断がなされ、
お薬を処方されました。

最初は躁状態になった時だけお薬が出ていましたが、そういう状態が頻繁に現れる
ようになってから、毎日飲むように、という処方に変わりました。

その後一年以上躁状態にならなかったのですが、最近また軽い躁状態になりました。

双極性障害は鬱病と違い、完治はしないという話も聞きました。
だとすると、上手く付き合うしかないんですよね。

同じ病気を持っている方たちが、どのような経過を辿っておられるのか、
またどういう症状と付き合っておられるのかなど、体験談をお聞きしたくてトピを
立てました。

私は躁状態になるきっかけとか条件とか全く思い当たらず、ある日突然、という形で
始まってしまいます。 3~4時間しか眠れないような日が数日続き、何日かは高揚した
気持ちでバリバリ働いていい調子なのですが、次第に疲れてきて、もう眠くて仕方ないのに
眠れなくて困る、というのがいつものパターンです。 いつもより社交的、多弁になる
傾向で、妙に人恋しくなり遠方の友人に電話をかけたくなるのもいつものことです。

眠れないこと以外、大きな実害はないものの、自分の心が自分でコントロールしきれない
ことに不安を感じます。

何か、日頃から気をつけるといいことなどありますか?

どんなことでも結構ですので、レスをお待ちしています。

ユーザーID:4098346443  


お気に入り登録数:58
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
月夜携帯からの書き込み
あのこ
2018年4月25日 23:15

この頃太陽光線がきついですね。紫外線は疲労します。あの吸い込まれそうな高い青空だった時代、空の下では、人間、穏やかだったように思います。帰りに月を眺めてみませんか。月って静かですよね。テレビを消して間接照明に。静かに渡辺和子シスターの本でもいかがでしょうか?自制についてたくさん書かれています。自分のことを話さずに相手の話をきき、幸せを願う練みなど。本当に現代に必要なことがたくさん書いてあります。なにかと騒がしい世の中です。一人の静かな時間も大切にしたいですね。

ユーザーID:6608925800
レスします携帯からの書き込み
プリチィ
2018年4月26日 2:31

とりあえずそう状態になったら薬を飲む
電話にむやみに掛けてはならないとメモ書きして戒めておく。
メモ書きで、やりそうな失敗を書き出し反省する
眠れないなら、眠剤を飲む
軽くストレッチをする
などです。

ユーザーID:9266378413
突然が普通なのさ〜と思っています
地上のりんご
2018年4月26日 3:06

初めて病院に行った時には、すでに酷い鬱病でした。

薬各種を毎日飲んで食事もできるようになり、無職の今のうちに自動車免許を取ろう!、と教習所に通いました。
今ならこの時は変だったと分かりますが、鬱病が落ち着いたんだと思っていました。
そして何年か経ってようやく躁状態?と考え始めました。
・眠くないし、眠りたくもないし、眠らずにあれもこれもやろう!、と連続で徹夜する。
・必要無い高価な物を勢いで貯金を下ろして買う。とても気に入っていますが一度も使わず、今後も使わないだろうと思うジュエリーなど。
・しゃべり出すと止まらない。興奮状態だと自覚がある場合も止められない。

主治医に話すと「確かに躁状態ですね」と言われ、双極性障害の診断は出ませんでしたが、躁状態を落ち着かせる薬も飲むようになりました。
今はまたある程度落ち着いて、「時々躁状態っぽくなるけど鬱病」と言われています。

鬱状態も躁状態も、そうなるきっかけは特に無いと思います。
寝る前は普通でも朝起きた時から「あれもこれもやろう!」とか。
特別悲しい事が無くても、「今日はお風呂に入るの面倒臭いな」程度で「ダメ人間だ……消えたい」になったり。そんなのは健康な時もあったのに。

気をつけているのは、
・なるべく太陽が出ている時間に外を歩く
・一日一食でも三食でも、栄養バランスの良い食事をする。
・眠れなくてもなるべく電気を消して布団に入る
このくらいでしょうか。これを書いている今、夜中の三時ですけど(苦笑)

疲れて眠くて仕方ないのに眠れない、これは病気でなくてもあるので、あまりお気になさらず。
時間があるならゴロゴロ倒れてだらけましょう。
どうぞお大事になさって下さい。
HNのカモミールで温かいミルクティーでも飲みながら。

ユーザーID:4564513407
双極です携帯からの書き込み
めめ
2018年4月26日 3:59

こんにちは。
私も5年ほど双極性障害を患っております。
軽躁状態と鬱状態を繰り返していましたが治療薬として炭酸リチウムを内服してから、調子は安定しております。
軽躁状態の時の症状として気分高揚、拒食、観念奔逸、多弁、多動、易怒性などがあり、一番困らされているのが万能感と気分高揚から来る散財です。
私はこれがあるのでクレジットカードやローンを組まないようにしています。
また、散財が始まると調子が高いと思い、自制が効く内に逸脱しているなと思う行動を制御するとなんとか凌げます。
鬱状態の場合は希死念慮や拒食・過食、意欲の低下や気分の落ち込みが出て酷い時には仕事に行くことが出来なくなることもあります。
こればかりはどうしょうもないので精神病院に短期入院したりしています。
これでも一応主治医の許可があるので医療現場で働いてたりします(笑)

ユーザーID:3709716739
夫が2型です
アボカドバーガー
2018年4月26日 15:52

夫も最初は鬱病の診断でしたが、抗うつ薬で躁転しかけて現在の診断になりました。ラミクタールという薬が使えるようになるまで結構ひどくて障害者認定でした。現在は回復して障害者手帳も返してフルタイムで働いています。

側で見ていると、荷が重い仕事を振られて頑張りすぎると躁病相になります。
疲れているはずが早く寝ない、疲れたと愚痴をこぼさない、テンションが平均的に高い、周囲に対し攻撃的な発言が増えるなどがあります。

気をつけているのは、忙しい部署には行かないよう上司には病気のことをオープンにしていること、家でリラックスできるようお金や手間を惜しまないようにすることでしょうか。

ユーザーID:7047641032
双極性障害は完治はしないが寛解はします
双極当事者
2018年4月26日 20:36

60代半ばの定年退職おっさん元会社員です。

50代で仕事のストレスからうつ病になり休職→復職を何回か繰り返した後、双極性障害と診断されました。
私の場合も睡眠障害、抗うつ薬による精神高揚での躁なんかがあった後ひどいうつになったり、とにかく精神状態が安定せず、周りの人を困惑させていました。
正式な診断が出てからは薬も気分安定薬と睡眠薬からなる処方に変わり、会社は早期退職して治療に専念しました。
家で休養をとりながら薬物治療を受けて7年ほどで気分の波は収まっています。
ただ主治医からは今は寛解しているだけであって完治しているわけではない。薬と定期的な精神科診断は継続するようにと言われています。

今の所は長期間治療した甲斐があって昔の元気だった頃の精神状態に戻っています。
ネットサーフィンしたり近所のフィットネスクラブに入り浸って体を鍛えたりで、自分としても安堵しています。

日頃から気をつけるとしたら、無理をしないことにつきます。
睡眠薬の助けを借りてもいいので、十分な睡眠を取ること、趣味があるのならのめり込まない程度に楽しんで脳を活性化させる
ということくらいでしょうか。
休息時間の過ごし方ですが私の場合は読書は長編小説なんかは脳への負担が大きいのであきらめ新聞、雑誌程度の購読。
あとDVD鑑賞なんかも気楽に楽しめました。

軽い運動も、心地よい疲れが睡眠と脳の疲労を減らしてくれる効果がありますので、主治医に相談してみてはいかがでしょうか。

ユーザーID:4236151302
感情の波を掴む
咲耶
2018年4月26日 21:50

通院中なら医師の指示に従うことが一番です。
軽めと言っても人それぞれ症状は違います。
薬を飲むことが不安でしたら医師に相談して少しずつ減らすなり
何事も時間を掛けて向き合っていくしかないですね。

本屋に読みやすいものが増えましたので手にとってみてはいかがでしょう。
感情コントロール・自律神経の整え方・睡眠の質向上・人付き合いの工夫
病気以外でも参考になるものもあります。

私は20代後半で発症し躁状態がかなり危険で入院しました。
一度再発したものの、現在15年ほど薬や通院はしておりません。
それでも自分の感情の波をコントロールすることを心掛けています。

よく眠ること、軽めの仕事を続けること
季節によって眠れない日があっても仕方ありません。
なるべく夜は横になって頭と体を休めるようにしましょう。
目を瞑っているだけで楽になりますよ。

野菜を食べる、たくさん歩く。
温かいお茶を飲んだり、休憩を多目にとったり
心の状態が平穏で安定していられるように気を付けます。

辞めたことは創作系の仕事全般(きっかけの一つ)
睡眠が減ってバリバリ仕事がはかどる気がするのは万能感では。
軽めで済んでいるうちに断ち切った方がいいですよ。
+お酒など、振り幅が大きくなるかもしれません。

それからオンラインゲーム(課金)
気持ちが大きくなって不要な契約をしそうになったり
逆に必要なものまで捨てそうになったり
普段と違う、と感じたらSTOPかけることが大事です。
そろそろ危ないかな?って波が掴めるようになると気楽です。

相談できるご家族はいらっしゃいますか。
一人で抱え込まずに、話すことで気持ちが楽になるかもしれません。
友人に電話は控えた方が無難です。

いくつか書きましたが、すべて個人的なことばかり。
主さんにとって良い方法が見つかるといいですね。
気楽に穏やかに付き合っていきましょう。

ユーザーID:1508055748
ウツと躁を自覚できるようになれば
猫は親友
2018年4月28日 21:45

三十代の時に仕事で無理をして、うつ病を発しました。
うつ病を克服する為、うつ病について学び探究しました。

うつ病を克服した後に分かったのですが、ある時期躁状
態になっていることに気が付きました。

うつ病を再発することはありませんでしたが、躁の状態
は何度か訪れていました。

買い物や事業企画など、普通を超えた言動をしていた事
を覚えています。周囲の人が、何か変だなと感じていた
ようですが、直接指摘してくれる事はありませんでした。

日常生活で、気持ちが高揚したり、何かに憑かれた様に
なったりと、普段の自分とは異なる思考や言動が出て来
た時に、「躁状態」になっているなと自覚できるようになれ
ばいいですね。

無理な活動をしないように留意されてはと思います。
毎日毎日が、何事もなく同じように過ぎて行くことが、
自然であると考えられるように、焦らないことです。

ユーザーID:3600822666
無題
ただの通りすがり
2018年4月29日 16:43

うつ病がよくなって普通の生活ができることも、通常、完治とは言わず、寛解です。

何年もうつ病でよくならず
双極性障害と診断されることもよくあること。

家族がうつ状態でも心配でしたが
躁状態では、ハラハラしました。

合う薬があればうまく使い、行動を記録すると役に立つかもしれません。

分かりやすいきっかけ、なんて無いもんです。
人によるけど。

お大事に。

ユーザーID:0568255287
ありがとうございます
カモミール(トピ主)
2018年4月29日 19:06

体験談やアドバイスを頂き、ありがとうございます。

頭を使い過ぎないこと、というご意見を読み、思い当たることがあります。

ここ4〜5年くらい、難解な書籍などさっぱり受け付けなくなってきました。
若い頃はこうじゃなかったのに、と残念でしたが、結果的に自己防衛になっていたのか、
とも思います。

躁状態の時にあまり動き過ぎないこと、というのも気をつけたいと思います。

時間をかけてレスをして頂いて、感謝します。

ユーザーID:4098346443
お疲れ様です
なな
2019年1月10日 11:59

私も60代前半ですが、双極性障害で薬を飲んでいます。お医者様からうつと診断されていたのが、双極性障害に変わりました。
今まで落ち込みや高揚感がいろいろあっても自分が病気だとは思っていませんでした。
双極性障害と診断されてからは、あ、今鬱状態、今躁状態と自分でわかるようになってきました。
薬も変わります。躁状態の時は友人と会ったりするのですが、相手の言葉をさえぎるような多弁になってしまうので
なるべく人と会わないようにしています。

生まれた時から両親は不仲でずっと父が暴れていて母の味方だったのですが、段々母の毒舌が父を怒らせているのだと思うようになりました。
母と絶縁するまで10年くらいかかりました。

精神科の先生がすべて理解してくれているので、今は安心して暮らしていますが、そういう環境で育ち双極性障害になった事が理解できる先生じゃないと
ありきたりのカウンセリングで終わりです。
以前「先生、私こんな事で母が亡くなったら後悔します?」と聞いたら「ほっとしますよ」とお答えいただきました。

いいんだ!と思い母のお葬式にも出る気もありません。
今だって母の毒舌のおかげで殆ど親戚付き合いなどないし、世間体など病気が悪化する事を考えれば気にする事もありません。
勿論介護するつもりなどサラサラありません。

ユーザーID:4855010153
 
現在位置は
です