伯母の日本語。

レス27
(トピ主0
お気に入り149

旅行・国内外の地域情報

dsafdaadf

先日、アメリカ在住の伯母に会いました。彼女は64歳で元気でした。23歳の結婚で渡米したそうなのですが、日本語がスラスラとは出てきませんでした。不思議です。

確かに伯母と母は11歳から13歳までアメリカに住んでいたので、バイリンガルではあります。

しかし、0歳から10歳、14歳から23歳の間は日本です。日本語が伯母の母語だと思うのです。現に、母は会話上ネイティブですが、英語で作文は厳しいと言っています。

でも、21年間、数回しか帰国しなかった伯母は日本語が危うくなっていました。これはなぜでしょうか。

ユーザーID:5676644903

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 生き抜くため

    41年間、アメリカで暮らし、当時は今のように日本のテレビを見ることも、インターネットで情報を得ることも、スカイプで日本の家族と連絡を取ることもできない時代だったので、日本とはほぼ無縁の生活だったのだと思います。
    母語は忘れないと言いますが、スピード感や滑らかさは使っていないと薄れます。

    11歳から13歳までの2年だけアメリカに住んでいたお母さまは、発音もきれいでしょうが、それ以降、学習を継続していなければ、その年齢相応の会話ができるという程度だと思います。

    北米で生き抜くため、英語を第一言語として生きてきた人たちの多くは、母語はできても、やはり英語のほうが楽だという人を何人か見てきました。ことばは生き物ということでしょうね。

    ユーザーID:7185528988

  • 言葉は話さないと忘れるのです

    アメリカに長い間住んでいる海外小町です。

    日本語だけで生活している人には理解できない事かも知れませんね。
    言葉って話さないと忘れる物なのですよ。

    あなたの伯母さんは14才から23才まで日本で暮らしたのですね。
    今はアメリカで暮らしていて、日本語が拙くなって来ていると言う事は、
    多分全く日本語環境の無いところで暮らしていらっしゃると思います。

    日本語に全く接点が無くなり英語環境だけで長年暮らしている人達は、
    何十年立ってから日本語に接した時に、咄嗟に日本語が出てこない人達が多いですよ。

    アメリカでも日本語に接点が有る所に住んでいる方達は、日本語に全く問題はありません。
    私の場合も日本語に接点が有るので、日本語には問題がありません。
    ただ、日本語を話す時には英語が時々混じりますけどね。

    頭の中の引き出しには母国語の覚えている日本語が入っているのですが、
    いざ自分で日本語を話そうとすると、
    咄嗟に言葉が引き出しから出てこない状態になるのだと思います。

    言葉って恒常的に話さないと忘れてしまうものなのです。
    だからあなたの伯母さんの日本語が拙くなっているのも、
    アメリカに暮らす者には理解できます。

    不思議な事でもなんでもありませんよ。

    ユーザーID:1683421276

  • それはある

    アメリカに住んでいると一口に言っても色々です。
    ただアメリカという土地に住んでいるだけで家族は日本人。家庭では日本語の人。
    家族が自分以外アメリカ人で毎日の会話が100%英語の人。

    利用するお店や医療機関が日系の環境にある人、そういった場所が全くない完全ローカルな土地で暮している人。
    そういう違いで、日本語のキープ率はすごく変わってくると思います。

    叔母さんはどんな環境で暮らされているの?
    あと64歳ですよね。いくら元気でも瞬発力や思考能力などは徐々に衰えてくる年齢です。
    普段英語で生活していたらすぐには切りかわらない。パッと思い出せない言葉や表現があるのはおかしくないですよ。

    でも。トピ文にある年齢ぶん、日本で育ったならば蓄積はあるはずですから、あなたたちとしばらく話していたら徐々にそれらが思い出され、話せるようになる、そんなもんじゃないかなって思います。

    いわゆる、、日本語の方言と似てるかな。
    長く東京に出てきていると、故郷の家族が方言を使ってしゃべっていてもパッと出てこないことがあるっていいますよね。

    ユーザーID:8673028445

  • 不思議ではない

    母国語でも日頃、日本語を話す機会がほとんどなければどんどん衰えていくと思いますよ。
    普通はしばらく日本に留まればまたすらすら出るようになると思うけど。

    逆に、近くにあまり日本人のいそうにない海外に長年在住され長年里帰りもしてないという方が、日本から行った取材陣とスラスラ日本語を話してられるのをテレビで見ると、「どうしてこんなに維持できているの?ネットで日本語で頻繁に会話されてるのかしら?」と驚きます。

    日頃まったく使ってないと、母国語でも咄嗟に単語が出て来なかったり、そういうのが普通だと思いますよ。

    ユーザーID:3618833240

  • 子供の変な日本語がうつる

    海外生活をした私の経験ですが、

    まわりの日本人の変な日本語がうつってしまうという事があります。

    間違った言い方でも何度も聞いてると自分でも話すようになってしまったり、特に家族(夫や子供)がカタコトを話すと、

    彼らに分かるように言い回しを不自然に変えたりしてるうちに、自分の日本語も変になってしまう事があります。

    それに、ここ数年はパソコンで日本の動画がたくさん見れるようになりましたが、10年以上前はあまりありませんでしたしね。

    ユーザーID:3745227023

  • 口コミランキング

    その他も見る
  • 言語

    伯母さんは普段日本語を話す、読む、書くとかする環境に住まわれていないのではないでしょうか。最近ではインターネットがあるので日本の新聞でも毎日読めますが昔は
    そうではなかったので単語で忘れたのもあったことを覚えています。
    帰国する、しないより普段の環境だと思います。アメリカでも日系人の多い地方と全くいない地方もありますし、例え日本人の多いところでも全く日本人として付き合わない事を好む人もいます。私の知人で日本人同士でも英語を好んで使人がいます。
    その人は決してネイティブ並みの英語ではなく日本語訛りの英語なのです。聞くところによりますと、その人は普段環境が英語ばかりなので英語の方が使いやすいからそうしていると言っていました。ですから日本語がスラスラ出てこないとです。でも何だか違和感を覚えます。

    ユーザーID:5637026469

  • 当たり前です

    伯母様は、23歳で結婚してから、40年以上も
    「日本語で話さない環境」で暮らしておられたのです。

    お母様は、若い頃の一時期、アメリカで暮らしていただけであり、
    その後は日本で暮らしている。

    それを同列に比べている事自体、訳が解りません。

    お母様の英語も、貴女が英語に詳しくないからネイティブに聞こえるだけで
    決して「スラスラと出て来る」ものでは無いと思います。

    40年以上も使っていないとは、そういう事なのです。

    ユーザーID:2497499105

  • 脱線しますが、

    11歳から13歳まで在米であってもバイリンガルとはほど遠い英語力でしょう。 更には、其の後十年も日本滞在であれば猶更です。 

    扨て、在米四十年の伯母の日本語がたどたどしい、との事。 あり得ます。 全く使っていなければ日本語が滑らかに出て来るには一週間くらいはかかるでしょう。

    だからと言って、伯母の英語が上手いとか現地人並みとは行きません。 潜在的には日本語がやはり母国語で、英語はやっと分かって頂ける程度、と踏んでおります。 

    書かせたら直ぐに分かります。 口語体も例え貴方には流暢な英語に聞こえても聞く人が聞けばたどたどしい英語だと思うでしょう。 23歳で渡米とは発音・文法的には遅すぎます。 

    断って置きますが、伯母の外国語、即ち英語、が拙くても人格とは関係ありません。 ケチをつけている訳ではありませんのでその辺は誤解の無いようお願い致します。 

    ユーザーID:7819934070

  • 言葉も道具。

    今でこそインターネットも普及し、国際電話も安く、あるいはただでかけることが出来るような環境になりました。でも伯母様が結婚された当時は違います。ネット環境もなく、国際電話もものすごく高い時代でした。またアメリカのどこに住んでいるかは存じませんが、日本人が誰もいないような場所もあります。

    30年間日本語を使わないような生活をされ、ましてや里帰りもほとんどしなかったとなれば日本語も忘れるでしょう。想像つきませんか?
    母語とは言え、言葉は道具。使わなければどんどん錆び付きます。

    トピ主さんのトピを見ますと伯母様が日本に暮らしていた期間はたった19年。それ以外はアメリカで生活していたと言うことですよね。だとしたら日本語を忘れてもしょうがないです。よくあることです。アメリカ在住の60代以上の方達の中で日本語を忘れてし待ったと言うケースは良くあります。

    逆に幼少期とはいえたった2年間アメリカに住んだだけで「バイリンガル」「ネイティブ」だというトピ主さんのお母様の英語力には脱帽です。すごいですね、お母様。日本で何か英語の仕事をなされているのでしょうか?私自身アメリカ在住、大学では言語学を専攻していました。特にバイリンガル、また幼少期の言語選択などを研究していたのでお母様、研究対象としてとっても興味深いです。

    駐在家庭などでは、いかに子どもの英語力を日本帰国後もキープするかというのが課題になっていたりするようなので、お母様のお話を聞きたいと思う方は多いんじゃないかなぁ。
    話がそれてしまいましたが…。

    とにかく「使わないと忘れる」というのが言葉です。なので伯母様の日本語、許してあげてください。

    ユーザーID:7065906471

  • 当たり前かと

    私は、関西人ですが

    出張で2か月ほど東北へ行って、

    帰ってくるとなまっているそうです。

    同じ日本語でもそうなるのに、

    外国語だと地の言葉に染まるのは

    あったりまえだと思いますが・・・

    ユーザーID:8672545513

  • 場合によりけり

    私もアメリカに在住して30年以上になります。アメリカ人の夫、アメリカ人の子供達、そしてアメリカ人の義両親、従兄弟、伯父伯母と接する時は英語です。アメリカ人の友人、同僚、仕事関係の方などとの会話やメールも英語。読書も英語で、テレビも現地の番組を英語で見ます。日本語で会話する機会はまずありません。これが日本人の夫で家族全員日常会話は日本語で、日本の企業などに勤めていて、日本人の友人もたくさんいて子供も日本語の補習校などに通っているのであればまた状況も違ってくるかもしれませんね。

    ユーザーID:2046152252

  • 私の伯母も日本語が片言ですよ

    日本生まれ日本育ちの伯母。20代の時にアメリカ軍人の伯父と出会い結婚して渡米。
    今80代、70代の時に会いましたが、話すと片言ですよ。
    通じはしますが、たまに「○○(英語)は〜えーと・・・」と出てこない事もあります。

    それとか、「貴女のマザーは」とか英語交じりになったりしますよ。

    手紙もよく書く人ですが、わからなくなるとカタカナになっていたりします。
    カタカナが英語発音ので書くのでたまにチンプンカンプンになる事も。

    まるっきり英語の中にいると、日本語を話す事がなくなる
    だんだん英語を日常的に話せるようにはなるが日本語を一切使わないので
    英語から日本語の変換がおかしくなるみたいです。

    昔英会話の教室に通った時に、旦那さんがオーストラリア人の女性の先生がいました。ずっとオーストラリアに住んでいたけど、日本に帰ってきた。
    でもずっと英語圏だったから、日本語が出てこない時もあると言ってました
    しかし逆で、日本に住んでいるから英語をたまにど忘れすることがあると言ってました。たまに自分は英語の先生だが、旦那さんと会話して英語を取り戻しているそうです。

    聞きませんか?英語を覚えるには実際に英語圏に行き、一切日本語のない生活した方が早く覚えると言うの。

    日本人が英語を覚えるのは日本語から英語に変換すると思うが
    全く日本語が使えない所だと、事、物事態が英語ですから、変換すると言う事ではなく、その物(事)として覚えるのです。
    だから覚えるのだと思います

    小さい子が英会話をと思うが、まだ日本語もしっかり覚えてない子に英語をと言ってもちゃんと日本語が覚えられるのか?という心配もあったりするのです。

    ユーザーID:2383490389

  • 私も伯母さまと同じです

    私は大阪出身ですが、21歳の時上京して就職、結婚後は横浜で暮らしています。
    以来40年近く職場でも家庭でも大阪弁を使う機会はありませんでしたし、両親亡き後は大阪の親族や友人たちとの交流も徐々になくなりました。
    そして現在は大阪弁をほとんど話せません。
    無理に話そうとしてもイントネーションが標準語に戻ってしまいます。
    聞き取りはTVなどで大阪弁を聞いているせいか大丈夫です。

    伯母さまの英語と私の大阪弁は違いますが、日常で使わない言葉は使えなくなっていく状況は同じだと思います。
    お母様の作文も、日常で英語文を書く機会がないからではないでしょうか。

    ユーザーID:1741045335

  • あなたにびっくり。

    あなたも伯母さんくらいの年齢になればわかると思うのですが・・・

    日本で生まれて、ずーっと日本語を話していてもトシを取ると言葉(特に名詞)がサラッと
    出てこなくなる時があります。

    ご主人が英語圏の方で生活が英語なら40年も経てば日本語が疎くなるのは当然でしょう。
    作文がイマイチなのは、耳で覚えるもの(生活で使う言葉)と文法を習得するのは違うからだと思います。

    毎日生活の中で日本語を使い続けているとか、メディアで日本語が聞ける環境でも無い限り
    英語圏の方に囲まれてその生活に馴染んでいれば母国語だというだけでいくつになっても
    日本語を上手に使えて当たり前と思える方が不思議です。
    あなたの想像力がなさすぎでは?

    それとも日本人なのだからそういう努力はすべきだということですか?

    ユーザーID:4720122468

  • 使わなきゃ怪しくなるでしょ

    当たり前でしょ?

    ユーザーID:8527882692

  • セミリンガル?

    まずトピ主さんはバイリンガルの意味がわかっていないようですね。バイリンガルって、2言語を母語レベルで不自由なく操る人のことです。滅多にいません。

    おばさんやお母さんは、2年しかアメリカにいなかったし、言葉の臨界期と言われる10歳を過ぎていたので、おそらく英語を母語として習得していないと思います。アメリカ大学院入試のGRE、高得点取れますか?それだったらネイティブ並みの英語力かもしれませんが、まあトピを見る限りでは「英語が話せる日本人」の域を出ないでしょう。現にお母さんは英作文できないんでしょう。それは絶対バイリンガルではありませんよ。そんなこと、よそで言ったら笑われますよ。お母さんのためにも気をつけてください。

    セミリンガルって知ってますか?バイリンガルが2言語を不自由なく操るのに対し、2言語どちらも完全ではない状態です。叔母さんは成人してから渡米したということですが、特に現地で勉強もしていないなら、実は英語もそんなにできないのではないですか?

    日本で大人まで育っても、長い間外国にいて日本人と話さない環境だと、日本語がすぐ出ないことはあります。私もアメリカ在住ですが、そうならないように気をつけています。こちらにも日本語が拙い日本人はいっぱいいます。でも彼らは英語も下手くそなんですよね。アメリカ人配偶者とどうやって会話してるのか、っていうレベルの下手さです。逆に、在米が長くても日本語が流暢な人は、英語も流暢です。だいたい社会的地位の高い仕事に付いていたり、高学歴の人に多いです。

    叔母さんは日本語も忘れてるし、英語もネイティブ並みでないなら、セミリンガルの可能性が高いです。それだったらちょっとかわいそうですね。不動産契約とか税金申告とか、書類の管理できますか?毎日、新聞読んでる?それともみんな旦那さん任せ?でも本人が幸せだったらいいか。

    ユーザーID:2380924356

  • 41年間に数回の帰国では?

    23歳の時渡米して64歳ということは、41年間ではないですか?

    母語でも全く使わなければ、忘れます。言語そのものを完全に「忘却」する、という意味よりは、「使い方」を忘れます。

    多分、普通のモノリンガルの人でも、20代であれば、現地語のみに浸かる生活を初めて数か月くらいで、現地語での会話の際に日本語を介さないで処理できるようになります。
    4、5年でも普段使わない用語などは日常生活の言葉であってもすぐには出てこなくなります。
    私は海外に住み始めて2、3年した頃に「今年の動物なんだっけ?」と日本の友達にメールして、「今年は○年だけど、それは干支でしょ(笑)」と返されました。いや、「今年の動物」って相当違和感はあったんですが、なんて言うかわからなかった。

    ただ、言葉そのものを忘れてしまっているわけではないので、再び使い始めてしばらくすれば、思い出します。

    40年となると、4年の10倍です。40年前だと、そんなに簡単にメールや電話もできなかったと思いますし。
    本気で忘却している単語も少なくないでしょうし、話し方、文章の作り方自体が英語の構造になってしまっている部分も多いと思いますので、ご本人も相当違和感を感じつつも、ちょっとやそっとじゃ直せない、戻らない、という事かと思います。
    でも頻繁に日本語を使う環境になれば、数年単位のスパンで思い出すと思いますよ。
    言葉って、そんなものです。

    ユーザーID:2008136485

  • 言語って忘れませんか??

    漢字が書けなくなるのと同じで、言語って、使っていないと忘れていきませんか???

    私はイギリスに約10年在住ですが、とっさに出てこない日本語が増えてきました。
    日本に里帰りした際は、ベビーカーという言葉が出てこなくて「乳母車」という言葉を使いました。(家族に言ったら爆笑されましたが、、、)

    主人(イギリス人)は、結婚前に日本に5年ほど住んでいましたが、日本はアメリカ英語なので、イギリスに戻ってきた当初は、アメリカ英語を使っていて、友達に英語を直されていました。
    (小学校を英語primary schoolではなく、米語elementary schoolと言ったりしていたので)

    あとは昔ドイツ語を習って、日常会話程度なら話せましたが、全然使っていなかったので、今はほとんど理解できません。

    私としては、忘れる事が普通だと思っていたのですが、、、

    ユーザーID:4978867640

  • あなたの伯母さんと似たような境遇のものです

    普段は日本語を話す機会など全くありません。読み書きだけはひとりでもできるので、ご覧の通り曲がりなりにもできますが、手で文章を書く事はもう無理です。

    どうして出来ない、と聞かれると困るのですが、何十年も練習する機会のない事をいつまでも出来ると思う方がおかしいと思います。

    母国語とは言っても使わなければそれだけの事、それにあなたの伯母さんの場合は本当に日本語が母国語なんでしょうか。

    私の場合だと日本に行っても最初の一日ぐらいは中々日本語が出てこないし、その後でも文法はともかく単語がわからない事が多くて困ります。まだ読む事は大丈夫ですが、これは日本語を読む機会を自分で意識して作っているからでしょう。書く事は英語の方がずっと楽です。

    まあ日本語を全く忘れる事はこの先もないとは思いますが、だんだんと忘れて行く事は仕方がないと思っています。

    ユーザーID:5232605188

  • 当たり前です

    音楽家は、毎日練習します。

    練習しなければ、技術を保つのは難しいです。

    それと同じように、日本語を長い間使っていなければ、

    当然日本語が不確かになって来るでしょうに!?

    只、それだけの事。

    不思議なんか、何処にも有りません。

    ユーザーID:4201611999

  • そんなもんじゃないの?

    23歳で渡米して今64歳ってことは41年間日本語ではなくて英語に囲まれて英語を使う生活をしてきたんでしょ?
    周りに日本語を使う人がいて日本語も頻繁に使い続けていたならば別だけど、そうでないならば、41年間も経てばそのような状態でもおかしくないと思う。

    ユーザーID:5883636567

  • 日常で使用する言語が

    日本語ではなく、英語だから。

    ユーザーID:0827175910

  • そういうこともあると思います。

    英語圏ではありませんが、以前海外に住んだことがあります。
    私は夫の転勤で数年帯同しただけなので現地の言葉はそれこそカタコトで話せるくらいにしかなりませんでしたが、
    現地に住む邦人の方は現地語のほうが流暢でした。
    特に、お父さんの仕事の都合でその国で幼稚園・小・中学校時代を過ごし、高校大学だけ日本、
    就職でまたその国に戻りその後も現地在住、配偶者も現地の方という女性は、現地の言葉のほうがペラペラでした。
    両親との会話は日本語だから話せるけれど、日本語の読み書きは苦手ということでした。

    別の方で、現地採用で働いている方もそこそこ話せていたのですが、
    大人になってからその言語を習得したので現地語は日本語訛りだし、日本語のほうがスムーズでした。



    ユーザーID:0934641518

  • 英語

    トピ主さんはおいくつかな?

    まだ学生さんかしら?

    もしも学生さんなら、幼稚園又は保育園の頃よく歌っていた童謡は全部覚えてますか?
    これは歌えるけど、他は・・・ってない?
    幼い頃さんざん歌った歌だよ。

    もしもトピ主さんが大人の方なら、学生の頃覚えた英語、全部覚えてますか?
    テストなどで出た英語、まだ覚えてますか?話せますか?
    勉強してきたでしょ?覚えている?

    英語も同じこと、使わなくなると忘れていく。

    そういう事です。

    ユーザーID:2383490389

  • セミリンガル

    てっぺんさんに100%同意。
    おばさんの日本語の能力も元々そんなに高くなかったんです。
    日本で教育受けて、日本語喋れたというだけで。
    だから容易に忘れるのでは。

    日本人だから、日本語できると言っても、
    能力にはかなり差があります。
    また、英語圏に来て長年滞在し、英語話す人でもかなり怪しい英語しか
    話せない人もいますよ。文章書いたりはもちろんのこと。

    元々の言語能力がそんなに高くない人だったということだと思います。

    ユーザーID:7320702509

  • 祖母の日本語。

    実家(関西)近く在住だった祖母は欧州出身(非英語圏)。
    来日当初は、英語も日本語も…まあ 殆ど出来ないレヴェル。
    ですが私が幼い頃は 普通に喋って(多少 丁寧語すぎて変…)いました。
    英語は英会話学校通学で。

    ドイツ・フランス・ポーランド・ロシアが混血しているドイツ国籍の祖母。
    ですが、ロシアから遠縁の遠縁みたいな留学生が来日した時、二人の会話は
    英語と日本語(爆笑しちゃった)。
    ドイツから姪の日本留学時はドイツ語(私が初歩…結構、親類宅に行ったが、私時代には英語話す人が増え…)でした。

    多分 言語の機会、周りの言語(日本在住・碧眼なので英語で話しかけられる)日本語・英語>>>>祖母の母(曾祖母の居住地)フランス人で曽祖父亡き後フランスに>多くの親類、兄弟が米国移住組を除きドイツ在住
    で他の言語は忘れたんじゃないでしょうかね。

    あ、不思議なんですが歌は覚えていました(ロシア民謡)。
    親友がアジア系旧ソビエトのミックスですが、彼女の父上からロシア民謡を
    教えてもらって家で歌ったら、祖母も知っていて…驚きました。

    伯母様の日本語も そんな理由では?

    以前、仕事で海外の日本人街に何十年も住んでいらっしゃる高齢のかたに
    お会いした時、居住地の語学は全く出来ない。と仰るので
    「それは困られたでしょう?」と お伺いしたら
    「困ったのは 日本語がわからないほうの人。私は全然 困らない。」
    と答えられたかたが…周りの数によるんだなあ…とも。

    またアメリカのマラソン(市民参加)でご一緒したアメリカ育ちの日本女性。
    日本語は 殆ど無理とか(本当だった)。
    私の従姉もご主人(日本人)の転勤で北米と南米暮らしが20年。
    従姉の子供達は 日本語が変。で、結局 米国の大学進学に。

    色々ですよね。

    ユーザーID:3043711647

  • セミリンガルとは言い得て妙

    てっぺんさんとクロネコさん、お見事な正論をよくも書いて下さったと、嬉しくなりました。私も50年に亘るアメリカ生活で色々な日本人の方にお会いしましたが、日本語がシッカリしておられる方は英語もお上手です。日本語が怪しくなっておられる方は英語もあまりお上手ではない方が多くいらっしゃるようです。つまるところは教育の問題だとおもいます。言葉を大切にする方はどんなに長く故国を離れても母国語を忘れる事はまず有りませんし、外国語も直ぐに上達されるようです。

    ユーザーID:8514031034

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧