こんな私は酷い人間でしょうか…?

レス8
(トピ主4
お気に入り21

生活・身近な話題

悲しみのどん底

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お礼

    皆様

    色々なご意見ありがとうございます。
    やはり、冷静になってみると保温が足りず、自身の知識不足だったと思わざるおえないです。
    また、様子見などせず、早く病院に連れて行くべくだったと反省しています。

    保温については、買い方の書籍など見ていて、この時期にまだ必要なのかなと思い、購入した店主に聞いたところ「もう20度以下にならないから必要ない」と言われて信じてしまったのがいけなかったと思います。
    (だからといって、店主の責任だとは思いません。最終的には、そう言われたとしても保温が必要だと判断できなかった自分の責任です)

    きちんと買うべき場所も選ぶべき、という教訓も得られました。
    また、皆様のご意見で反省点も明確になりました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:2413805598

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 寒さ対策かな

    毛布をケージ夜掛けてあげるなどしてはよかったかな風邪かもしれませんね。環境と
    個体差があるのでデリケートだったのでしょう
    今は辛いでしょう。また新しくお迎えするのは数年間控えた方がよろしいと思います

    ユーザーID:3304871251

  • 寒かったのかも

    残念でしたね。

    亡くなってしまった原因について、自分(ご家族)なりによく考えて結論付けることをして、
    次はこう対策しようとか想定すれば同じ失敗は防げるのでは?と思います。

    うちではヒナから飼って15年になるコザクラがおりますが、トピを読んだ感じ「寒くて風邪をひき、すぐに病院に連れて行かなかったから悪化したのかな?」と思いました。
    天命で片付けてはいけないことだと思います。飼い方の知識不足かと思われます。

    コザクラインコは文鳥を育てる感覚の保温では全然足りません。
    雛でしたら、常に25℃以上の室温にしていなければなりません。
    目安としては人間が半袖でじっとしても寒くないぐらいです。

    どちらにお住まいかわかりませんが、カイロごときの保温では温度が足りず、また、温度の安定もしなかったのではありませんか?

    次、コザクラインコでなくとも鳥をお迎えされるのであれば、小鳥の飼育用の電球かヒーターを購入されるのは必須です。
    雛の時期だけではなく、体調を崩した時にも使います。
    そしてケージ内と部屋の近くの場所に温度計を設置して、こまめに温度を把握するようになさってください。

    温度管理、重要です。

    もうひとつ、体調に異変を感じたら、即病院(鳥専門医がいるところ)へ駆け込めるようにご家族で話し合ってください。
    小鳥は体調がおかしそうだと感じた頃は、もう悪化してることが多いので、悠長に様子見をしていてはだめです。

    うちでは朝起きたらインコが吐いていたことがあって、会社には家族が体調を崩したと連絡して病院へ連れて行って遅刻したことが何度かあります。
    自分が病気の時は休めませんでしたが。

    厳しめのレスですみません。
    「あの子は天命だったのね」で済ませてほしくなかったので…。
    次の子はそれこそ天命を全うさせてあげてくださいね。

    ユーザーID:5216201576

  • おれいです

    ずんだもち様

    トピ主です。
    暖かいメッセージありがとうございます。
    本当に、あの子の気持ちが分かったらどんなに良いか…と思います。

    今までの子のように天寿を全うしても、もっと何かしてあげられる事があったのでは…?と考えてしまいますので、幼くして突然でしたので涙が止まりません。

    そうですね…人間の子供でもあり得ないことではないので、さらに小さく弱い小鳥なら可能性は高くなりますね。甥っ子さんの辛い記憶を思い出させてしまって申し訳ありません…。

    ずんだもち様のように思っていただけるなんて、猫ちゃんは素敵な飼い主様に拾われて幸せだと思いますよ!

    今はまだ、また小さいまま死なせてしまうのではないかという不安が大きく流石にすぐのお迎えは無理そうですが、気持ちの整理がつき、良い子に巡り会えたら、その時は…と思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:2413805598

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お礼

    ずんだもちさん

    トピ主です。
    レスありがとうございます。
    本当に…あの子の気持ちが分かったら良いのにな…と思います。
    今までの子達のように天寿を全うしても、もっと何かしてあげられることがあったのでは…?と思ってしまうので、幼い子で突然の事でしたので余計に考えてしまい涙が止まりません。

    そうですね。10日間という短い間でも一緒に過ごせた時間は本当に幸せでしたし、全力の愛情を注いだつもりですので少しでも伝わっていれば良いな…と願います。

    ずんだもちさんの猫ちゃんも、素敵な飼い主さんに愛情いっぱい注いでもらって、きっと幸せですよ!

    まだまだ今は、また幼いうちに死なせてしまうかも、という不安が強く無理ですが、いつか気持ちの整理ができる時期が来て、いい子に巡り会えたらその時は…と思います。

    暖かいメッセージありがとうございました。

    ユーザーID:2413805598

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • たしかにペットは心を癒してくれますが

    ダメだったから次
    というように寂しいからって続けて迎え入れようという気持ちは
    個人的にあまり応援したくないし擁護も出来ません

    私にとってペットは家族ですので
    代わりは居ないと思っています
    数年前に病気になったペットとの別れを経験し
    毎日病院へ通いましたが助からず
    悲しくて寂しくて寝ていてもふと目が覚めては泣きましたし
    いまだに傷は癒えていません
    周りはまたペット飼ってみたら?とすすめてくれますが
    命を守り切れなかったこと、新しい子を迎え入れて楽しく過ごすのは
    まだ亡くなった子に申し訳ない気持ちがあること等から
    どうしても次の子を迎え入れる気持ちにはなれません

    あなたもインコを大切に育てようとされていたとは思いますが
    まだ体も成長しきっていない雛を飼うということは
    急に病院へ連れていかなければならないことも想定して
    あなたが仕事を休めないなら家族に頼むなど
    次飼う時には問題点をクリアできる自信と準備が整ってからにした方がいいかと。

    動物にも感情があり、
    言葉を話せない分、人間よりも慎重に健康管理は気を付けるべきだと思うし
    亡くなってすぐにまた次の子を考えてしまうのは
    たしかにエゴかなって思います
    ペットを亡くしたらもう飼うなと言ってるのではありません
    同じ過ちを繰り返さなくていいように
    生後間もない動物を飼うなら尚更
    いつでも病院へ連れていってあげられる状況を整えてからにしてほしいです

    人間の赤ちゃんも同じですよね
    下痢や嘔吐での脱水症状は一刻を争う危険な状態です

    ペットを亡くしてすぐにまた次の子を迎えてもいいよね?
    仕方がなかったことだよね?
    という同意を得たいだけなら少し考え直してほしい
    飼う以上、責任という部分において
    次からはこのようにしていくと覚悟を決めて飼ってほしいです
    一つの命が失われたことを悲しんでる割に
    切り替えが早すぎる気がして気になりました

    ユーザーID:4867090518

  • 自分を責めないで


    その小鳥ちゃんが本当はどうしたかったか、何が幸せか、わかったら良いのにですね。

    あなたが大切に育てようと決めて迎え入れ、愛情を持っていたのも事実ですから、きちんと伝わっていたと信じましょう。
    あまり自分を責めないでくださいね。

    なぜ死んでしまったかわかりませんが、人間の子供だって幼くして亡くなることがあります。(私の甥は生後10ヶ月で亡くなりました)
    大切に育てても、天命に抗うことはできません。

    私は捨て猫を飼ってます。
    完全室内飼いで、この子が幸せかはわかりません。
    外の世界を知りたいかもしれないし、美味しいご飯とおやつがあれば幸せかもしれないし、愛されれば幸せかもしれないし、他の人に拾われた方が幸せだったかもしれないです。

    大切な家族ですから、幸せにしてあげたいと思います。
    命ある限りその気持ちを伝えてあげたらいいと思います。
    動物の命を大切に思っている人だと思うので、また家族としてお迎えしてあげたら良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:7154818768

  • 続きです

    続きです。

    原因は分からないのですが、もっと早く病院に連れて行けば…保温が足りなかったのか…
    もっと飼育に知識があり、飼い慣れてる方の元にいけば長生きできたのかも…と思い、可哀想な事をしてしまった後悔でいっぱいです。

    幼い命を救えなかった自分は、もう動物を飼う資格など無いのではないか…と思う一方で、今回の悲しみや反省を教訓として、また次の子をお迎えしたいなという気持ちもあります。
    きっと次の子は長生きさせてみせると。

    こんな風に思う私は酷い人間だと思います。
    自己満足のエゴの塊なのではないかと…
    同じような経験をされて、次の子をお迎えした方、どのように自分の気持ちに折り合いをつけたのでしょうか?
    どのようなきっかけで次の子をお迎えされましたか?

    自分の気持ちを整理したく、宜しければご意見をお聞かせ下さい。

    ユーザーID:2413805598

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧