趣味・教育・教養

10年を全否定されました

レス22
お気に入り44

ダメ母

学ぶ

ご覧いただきありがとうございます。

高3の娘は10年ほどある団体競技を習っており、今年AOで大学を受験の予定です。
試験にはその実技があります。

今まで教わっていた先生が都合によりお辞めになるので
受験対策として新しい先生にご指導いただくべく
先月末に別のスクールに移りました。

そこで担当された先生に
「基礎がなっていない。10年間無駄。受験しても意味がない。
周りがうまかったから大会で上位を取れただけ。私が試験官なら不合格にする」
など言われ、娘は大変落ち込んで涙し、
それから2週間近く練習をしようともしません。。

過去に大きな大会で賞をいただいたこともあったので
多少は自信があったのですが、
その先生からみたら全くダメだそうです。

しかし、たとえ未熟だったとしても、
チャンスがあるなら受けさせてやりたいのです。

そう申しましても娘は完全に意気消沈し、勉強にも集中できないようです。

スクールの先生が受験する、しないを決める権利はないのだから
頑張ってみよう、という私の発言も
「偉い先生がダメだと言ったんだから私の力はそんなものだったんだ。
受験しても落ちるに決まっている」と、喧嘩になってしまいます。

一方で、まだ受験を諦めていないようなことも言います。

受験が迫っている中で、焦りを感じているようです。

そのスクールにも通うのをやめてしまい、やる気を失っております。

私はこのようなことをバネにするタイプなのですが、
娘は落ち込むタイプのため、私の励ましが本当に下手で、、、。

これからどのように励ましていけばよいでしょうか。

大学の実技受験がどれほどのレベルかもわからないので、不安です。
指導者の先生が言う通りあきらめるべきでしょうか。

ユーザーID:0422937548

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数22

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ひどい先生ですね。

    いますよ。そういう指導者。
    経験者に対しては、まず持論が絶対で他を否定し、芽をつぶすことで自分の存在価値を示すタイプの指導者ですね。
    出身大学などの派閥とかでそうなる指導者も多いですが、現役時代にある程度の結果を残した指導者に多くみられますね。

    傷ついた娘さんの気持ちを察すると可哀そうでなりません。
    前任の先生に相談して励ましてもらうのが一番でしょう。
    自分の教え子を否定されるのは、自分自身を否定されたのと同じですから、親身になって聞いてくれると思います。

    早く自信を取り戻してくれると良いですね。
    頑張ってください!応援しています。

    ユーザーID:9244524505

  • 他のスクールは?

    娘さんに、諦める前に一度だけ他のスクールに行くよう説得しては?
    進路変更するなら決めるのも早い方がいいし、続けるにしても辞めるにしても、結論を出す為に。
    で、新しいスクールにはまずトピ主さんだけで行って先生に会い、事情を話して相性の良さそうな先生をお願いする。競技の映像を見てもらうとかして可能性が本当にないのか意見を聞く。
    前向きな意見の先生だったら、その旨を娘さんに伝えて自信を持たせて新しいスクールに通う。

    ユーザーID:4948573566

  • 娘さんに

    娘さんの気持ちすっごいわかる!
    見返すつもりで頑張ってほしい!

    ユーザーID:8150061629

  • 親の出番

    新コーチはなぜそこまで娘さんにきつかったのでしょうね。
    娘さんの過剰な自信を戒めたかった可能性はないですか?

    実際のところどうなのか?
    冷静に聞けるトピ主さんが新コーチに話を聞いてみる。
    前コーチにも相談してみる。
    大学レベルを調べてみる。

    娘さんをただ励ますより
    トピ主さんが具体的な情報を提示して娘さんと話し合ってみる。
    誰でも受験に落ちたくはないですが落ちてしまう子は必ずいます。
    受験しなくて後悔しないか?
    一応受けてみる気はないか?

    新コーチのいうことに一理あるならその部分の改善に努める。

    できることはいろいろあると思います。

    ユーザーID:9648901849

  • 根性が無い者には無理な世界

    それぐらいの事でめげている様では上は目指せないのでは?
    上に上がれる人はメンタルも強く無いと。

    先生はあなたのその弱いメンタルを鍛えるためにも
    あえて言ってくださったのでは?
    あなたのそれに対する気持ちは、そんなに弱いものだったの?

    と話してみては?

    ユーザーID:9102307610

  • ひどい先生

    でも、現実を教えてくれてありがとうと思います
    大学いくなら、普通に一般入試で頑張ればいいでしょう
    その競技で大学入っても、実績残せないんだったら、意味がないし

    いろんな選択肢が広がったと思えばいいですよ

    ユーザーID:1434518414

  • 受験がすべてだというのならあきらめるかな

    その団体競技がなんなのかわかりませんが、基礎ができていないなら、その競技を続ける以上、
    初心に戻って基礎から学びなおさないといけないということでしょう。

    受験がせまっている今の時期に真実を聞かされるというのは辛いですが、それを押してでもなお娘さんが
    競技を続けたいという気持ちがあれば励ましてあげればいいけど、そうでないなら無理強いすることはないと思います。

    ユーザーID:6862311455

  • 親の出番だよ

    そんな時にこそ、一緒に落ち込まず
    穏やかに接してあげてください。

    先生も一人の人間。
    先生独自の考え判断がある。

    でも、親として見守ってあげられるのは貴方しかいない。

    ひとつの事が駄目だからって全てダメじゃないって事、
    なにかトピ主様の人生経験の中からヒントをみつけて
    ゆっくり穏やかに話してあげて下さい。

    今は、ダメかダメじゃないかを家でもジャッジする必要なんて無い。
    それよりも、落ち込んだお子さんの気持ちに寄り添えるかどうかが大事。

    ユーザーID:2617141460

  • どうしたらですが

    先ずは、お辞めになった先生に会ってお話しを聞いて
    頂きましょう。

    そして、新しい先生を紹介して頂きまょう。
    どんな競技か分かりませんが、協会とか連盟があって
    連携が取られているのではありませんか。

    どんな伝手を頼られたのか分かりませんが、団体に依
    っては、派を競う方達もいて移動が結構難しいです。

    ユーザーID:8664652594

  • 諦めるべきです

    「偉い先生」の言葉一つで、やる気を失くすようなら大成しません。将棋の羽生さんの才能と努力に関する名言を、娘さんに読ませてみてください。それでも、やる気が出ないようなら望みはゼロです。

    ユーザーID:1256757702

  • 他の先生にみてもらったら?

    映像があればそれを見せて先生に相談してみたらいい。
    その上でお子さんにもう一度受験を促せば?

    受験しなきゃしないでふて腐れるし後々ブツクサ言うから、
    合格でも不合格でも自分の力を見せたらいいですよ。

    ユーザーID:6872435966

  • まず親御さんから意識変革を

     高校3年生の娘さんが10年頑張って来られたという事は、小学校2年生ぐらいに始められたという事ですね。それなりに成績も残されたという事で、さぞお嬢さんは打ち込んで来られた事でしょう。お母さまも頑張ってサポートされて来たことだと想像します。送迎や費用面から、並々ならぬ注力があったのではないでしょうか。一場面ごとにお嬢さんと一喜一憂し、栄養を考え、休息を案じ、一緒に乗り越えていらしたのですよね。

     まず、この十年間お嬢さんを一生懸命サポートする事で得られた充実感や、何か一つの事に我が子が一生懸命打ち込む姿を見る事ができた事が、如何に幸せな事だったかに、是非気付いていただきたいのです。

     ジュニアからシニアに上がる時期、選手たちも自立を求められます。そこから先の競技人生に親が絡んでうまく行くケースは、そもそも親がそのプロである様な特殊な場合です。

     お嬢さんに任せたら良いのです。「なにくそ、私はそんな評価を信じない。」と自分を検証するのか、他の指導者を仰ぐのか。自分を評価してくれる指導者を探すのか。お母さまのするべきことはこれまでの幸せな子育てに対する感謝のみです。お子様に競技人生のこれからを任せてみませんか?

     自分の子供もある競技に打ち込んでいます。同じチームに「一番」にこだわる親子がいます(競技者は子供)。ジュニアの初期に一番をその子は取りましたが、親御さんが一番にこだわりすぎ、現在その子は潰れそうになっています。下の年次の子達に続々と追い抜かれている現状を、やれ指導者が悪い用具のランクが悪いと文句百千万で周囲に責任転嫁をしています。すっかり子供は委縮しており、親がヤイヤイ言いすぎてダメにしている典型なのですが、親御さんが子供と自分の境を見失っており、手が付けられません。

     お嬢さんがこの10年に自信を持った上で進退を決められると良いですね。

    ユーザーID:5611986828

  • 以前の指導者に相談できませんか?

    ひどいですね。
    指導者失格です。何様なのでしょう。

    仮の仮の仮に、現実がそうであったとしても、そのような言い方は冷たすぎます。
    やる気をそいで、どうしようと?

    こちらは素人ですから何も言えないので、以前の指導者の方に連絡はとれないのでしょうか。
    電話でも何でも良いので、そのように言われたこと、また娘さんが落ち込んで練習にもでかけないこと、などを相談してみたらいかがでしょうか。

    そしてその先生から、娘さんを励ましてもらうことも良いと思います。


    落ち込んだ時、母親から受けた励ましは忘れないものです。
    おかあさまも、がんばって励ましまくってあげてくださいね。

    ユーザーID:3927764652

  • 自分に指導力を売りたいタイプ

    お嬢様にはこう説明させたらいかがでしょうか?



    競技の指導もお給料を得る商売の一つなので
    生徒をまずけなして、周囲や本人に「できない子」と見せかけ
    それを合格させて
    「できない子だったけど、私の指導で上手く行かせた
    私の指導力ってすごいでしょ」
    と自分を宣伝したい

    そういう「自分に自信がたっぷりあるけど、自分で思うほど周囲に認められていない先生」
    なんですよ
    多分、その先生は、自分が願うようには周囲は思ってくれず
    イライラも多いから、生徒をけなしてストレス発散してる部分もあるんじゃないですか?



    だから、その先生はお嬢様を正当に評価したわけじゃなくて
    「まあ合格するだろうな」というレベルだったからの、自分の宣伝に使えるな
    と思ったんじゃないのかな?



    主さんのお嬢様が凹みすぎて、自分のところにこなくなっちゃって、
    今頃、残念がっていることでしょう
    他の先生の指導できちっと努力して、合格されて
    その先生を悔しがらせてあげたら?



    合格を祈ってますね

    ユーザーID:4789484748

  • ひどい先生ですね。

    ちょっとパターンは違いますけど、私は高校生の時の進路相談で、担任の教師に将来漫画家になりたい、と言ったら、なれるわけがない、と鼻で笑われました。
    その後なりましたけどね、漫画家に。
    それを言われた時に、何だとこの野郎、バカにしやがって、と怒りを感じてますます奮起したわけですが、娘さんは落ち込んでしまったんですね。
    過去10年を全否定されてはムリもないですが、そのひどい先生の方が間違ってる、と考える事はできませんか?

    ユーザーID:9570841638

  • ひとりが言っただけ

    娘さんがやりたいのであれば、諦めるのは早いように感じます。
    他にも複数の先生にみてもらってからでもいいと思います。
    見る目のない先生もいます。
    芸能人でも、何度もオーディション落ちて、
    最後だと思って受けたオーディションで売れたとか、聞きますよね?

    本人がどれだけのやる気があるかでしょう。

    一般の職場でも、自分の会社では、印象で決めつけられることは普通にあり、
    出向先での評価の方が高かいのは普通にあることです。

    どんな職種でも、自分の教え子でさえも、追い越されそうになると、
    潰そうとする人はいます。

    親が出来るのは、娘さんがどの道を選択しても、応援し、支える事です。

    ユーザーID:3616921357

  • 予定は誰が決めたの

    >高3の娘は10年ほどある団体競技を習っており、今年AOで大学を受験の予定です。
    >試験にはその実技があります。

    受けるからには、受かる見込みがあると判断したのですよね。それは「誰」でしょう?
    トピ主さんですか?
    前の先生?

    その辺りのいきさつがわからないとアドバイスはムリかなと思います。
    前の先生の判断であるなら、今度の先生で1:1ですから、もう一人誰かに判断してもらうという手もありますよ。

    ユーザーID:1528626538

  • もっと自分を信じなさい

    偉い指導者の方からそんなこと言われたら、誰だって落ち込みますよ。
    でも、落ち着いて考えてください。

    そんな会ったばかりの人の言葉を丸切り鵜呑みにする必要もないはずです。

    10年間、努力してきたんですよね?
    その10年をもっと信じて。
    自信を持ってください。
    頑張った10年を、他人の言葉で疑ってしまってはダメです。

    ユーザーID:8605492065

  • レスします

    60代、男性です。
    AOなんて止めればいいじゃないですか。入試、あるんでしょ?堂々と点数とって、入学後に入部すればいいじゃないですか。
    まさかAOじゃないと入部できないってことはないですよね。
    ここからは持論ですが、AOとか偏差値とか、子供の人格をゆがめる危険が大きいから反対です。

    ユーザーID:3724531699

  • トピ主です

    皆様には温かい励ましや、叱咤激励をありがとうございます。
    お一人お一人に御礼申し上げます。
    まとめての経過報告をお許しください。

    皆様のアドバイスをもとに話したところ、最後の大会も受験も近いため
    なんとか練習を再開いたしました。

    娘は新指導者に
    「〇〇大学を受けるなら顧問は**か?☆☆か?
    私から口利きしてもいいがこのままでは自分なら落とす』と言われ、
    (〇〇大学はもうだめだ、、)と思った経緯があったことを後から知りました。

    どうしても行きたかったのでその進路しか考えていなかったため
    尚のこと落ち込んだそうです。
    またその大学は、娘が一般受験するにはかなり厳しいためAOを相談して決めました。
    甘いとお思いなのは百も承知ですが、泣いたり喜んだりしながら10年間続けてきた競技を、憧れの大学で続けたい、という夢を叶えてやりたかったのです。

    結局、新指導者にはお断りをしました。
    「あ、そうですか」とあっさりした終わりでした。

    そして娘が以前からお世話になっていた別の方の指導を受ける交渉を始めたところです。
    忙しい方なので、どうなるかまだ決まっていませんがうまくいくことを祈っています。

    それにしても大学は外部から顧問への紹介や口利きがあるんですね。
    娘のことが試験官に伝わっていないかと心配です。

    でも、今回のことが原因でダメになっても、井の中の蛙だったと笑われても
    娘は好きで続けてきた競技でチャレンジしてみるとのことです。

    まだまだ落ち込んだままではありますが、チャレンジする気持ちになっただけでもありがたいです。

    皆様にはがんばる気持ちを与えていただくと同時に
    今までの甘さを振り返る勉強にもなりました。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:0422937548

  • その競技が好きなら頭を使って考えさせる

    ニューヨークで30年日本語を教えています。
    分野は違うけれど、何が言いたいかというと、教師の立場から、人のレベルを見切る無意味さです。
    毎年12月に国際的に日本語能力試験というのがあるのですが、その数カ月前にいろいろな人が対策コースを受けに来ます。
    まずレベル診断しなければなりませんが、あなたにはこのレベルは無理だと思っても私は絶対そうは言いません。がっかりしてやる気をなくしてしまいます。
    また生徒がすごいスパートぶりを見せて、合格してしまったこともあるので、絶対だめだと言っていたら恥をかくところでした。

    10年間日本語を勉強したと言っている割に、文法がめちゃくちゃだと思っても、「あなたはこれだけ高い塔を築いてきた。ただ、あちこちレンガが抜けたり、丸い穴に四角い釘が入っていたりするから一緒にひとつひとつ埋めて、もっとしっかりした構造にしよう。そうしたらもっと高いところまで行けるよ」
    と言います。喜んでついてきます。
    同じことを言ってくれる教師がいればいいけど、いなければ、お嬢さんは自分で考えて、必要だと思う部分を補っていけばいいのです。

    音楽家が若いころ、ティーンエージャーとして有名になって留学して、有名な先生についてみると奏法を全否定され、泣きながら一から直したという話、よく聞きませんか。そこでやめず、食べて行けるまでになったという人は何人もいます。先生との相性が悪かったということもあります。

    努力次第で結果に影響を及ぼすことは、可能です。

    お嬢さんにおっしゃってください。英語の有名なことわざに、Never say never というのがあります。決してネバーと言っちゃダメという意味です。
    それから、ぐるぐる同じことを考えていても何の足しにもならない。身仕舞を整えて、掃除して、ジョギングして、お母さんの手伝いをして、それからその競技について考えてみろと。

    ユーザーID:7696169203

  • トピ主です(2)

    だるまこ様、ご丁寧にありがとうございます。
    そしてレスをして下さった皆様、心から感謝いたします。

    あれから数週間を過ぎまして、新しい指導者について練習を始めました。
    そして大学の当該クラブに相談をし、受験することに何の問題もないと
    おっしゃていただきました。
    ただし練習は相当ハードのようです。

    少しずつやる気を出してきたようですが、10年間何をしてきたんだ、と言う言葉が
    時々思い出されるようです。

    「あの先生は、鼻で笑うような言い方だった」
    「絶対無理だ、基礎を直しても今年は間に合わない」
    「受験しても確実に落ちる」などなど、
    娘のメンタルが弱いのかも知れませんが、「指導者は絶対」だと思ってやってきた
    者にとっては、その言葉が全てだったのかもしれません。

    でも、Never say never 本当にその通りです。

    やらないで後悔するよりも、やってみる方向に向かいそうです。

    本当に相談してよかったです。

    皆様ありがとうございました。

    ユーザーID:0422937548

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧