10年を全否定されました

レス22
(トピ主2
お気に入り44

趣味・教育・教養

ダメ母

ご覧いただきありがとうございます。

高3の娘は10年ほどある団体競技を習っており、今年AOで大学を受験の予定です。
試験にはその実技があります。

今まで教わっていた先生が都合によりお辞めになるので
受験対策として新しい先生にご指導いただくべく
先月末に別のスクールに移りました。

そこで担当された先生に
「基礎がなっていない。10年間無駄。受験しても意味がない。
周りがうまかったから大会で上位を取れただけ。私が試験官なら不合格にする」
など言われ、娘は大変落ち込んで涙し、
それから2週間近く練習をしようともしません。。

過去に大きな大会で賞をいただいたこともあったので
多少は自信があったのですが、
その先生からみたら全くダメだそうです。

しかし、たとえ未熟だったとしても、
チャンスがあるなら受けさせてやりたいのです。

そう申しましても娘は完全に意気消沈し、勉強にも集中できないようです。

スクールの先生が受験する、しないを決める権利はないのだから
頑張ってみよう、という私の発言も
「偉い先生がダメだと言ったんだから私の力はそんなものだったんだ。
受験しても落ちるに決まっている」と、喧嘩になってしまいます。

一方で、まだ受験を諦めていないようなことも言います。

受験が迫っている中で、焦りを感じているようです。

そのスクールにも通うのをやめてしまい、やる気を失っております。

私はこのようなことをバネにするタイプなのですが、
娘は落ち込むタイプのため、私の励ましが本当に下手で、、、。

これからどのように励ましていけばよいでしょうか。

大学の実技受験がどれほどのレベルかもわからないので、不安です。
指導者の先生が言う通りあきらめるべきでしょうか。

ユーザーID:0422937548

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    皆様には温かい励ましや、叱咤激励をありがとうございます。
    お一人お一人に御礼申し上げます。
    まとめての経過報告をお許しください。

    皆様のアドバイスをもとに話したところ、最後の大会も受験も近いため
    なんとか練習を再開いたしました。

    娘は新指導者に
    「〇〇大学を受けるなら顧問は**か?☆☆か?
    私から口利きしてもいいがこのままでは自分なら落とす』と言われ、
    (〇〇大学はもうだめだ、、)と思った経緯があったことを後から知りました。

    どうしても行きたかったのでその進路しか考えていなかったため
    尚のこと落ち込んだそうです。
    またその大学は、娘が一般受験するにはかなり厳しいためAOを相談して決めました。
    甘いとお思いなのは百も承知ですが、泣いたり喜んだりしながら10年間続けてきた競技を、憧れの大学で続けたい、という夢を叶えてやりたかったのです。

    結局、新指導者にはお断りをしました。
    「あ、そうですか」とあっさりした終わりでした。

    そして娘が以前からお世話になっていた別の方の指導を受ける交渉を始めたところです。
    忙しい方なので、どうなるかまだ決まっていませんがうまくいくことを祈っています。

    それにしても大学は外部から顧問への紹介や口利きがあるんですね。
    娘のことが試験官に伝わっていないかと心配です。

    でも、今回のことが原因でダメになっても、井の中の蛙だったと笑われても
    娘は好きで続けてきた競技でチャレンジしてみるとのことです。

    まだまだ落ち込んだままではありますが、チャレンジする気持ちになっただけでもありがたいです。

    皆様にはがんばる気持ちを与えていただくと同時に
    今までの甘さを振り返る勉強にもなりました。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:0422937548

  • トピ主です(2)

    だるまこ様、ご丁寧にありがとうございます。
    そしてレスをして下さった皆様、心から感謝いたします。

    あれから数週間を過ぎまして、新しい指導者について練習を始めました。
    そして大学の当該クラブに相談をし、受験することに何の問題もないと
    おっしゃていただきました。
    ただし練習は相当ハードのようです。

    少しずつやる気を出してきたようですが、10年間何をしてきたんだ、と言う言葉が
    時々思い出されるようです。

    「あの先生は、鼻で笑うような言い方だった」
    「絶対無理だ、基礎を直しても今年は間に合わない」
    「受験しても確実に落ちる」などなど、
    娘のメンタルが弱いのかも知れませんが、「指導者は絶対」だと思ってやってきた
    者にとっては、その言葉が全てだったのかもしれません。

    でも、Never say never 本当にその通りです。

    やらないで後悔するよりも、やってみる方向に向かいそうです。

    本当に相談してよかったです。

    皆様ありがとうございました。

    ユーザーID:0422937548

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧