外国の喫煙事情について

レス44
(トピ主1
お気に入り41

旅行・国内外の地域情報

ねこまる

日本は喫煙大国で、外国は規制が多いとネットで見たのですが旅行した方や移住されている方、実際のところはどうでしょうか?
喫煙者は外国の方が多いイメージなのですが、違うのでしょうか?
どこの国でも構いませんので教えていただきたいです。


私の父親がヘビースモーカーです。
私は幼い頃から喘息持ちですが、勿論父親はやめません。
その為、自宅では気休めですがいつもマスクをしています。
最近はマスクをしていても少しでも煙草のにおいがすると喉・鼻が痛くなり、咳・くしゃみが止まらなくなり、喉がヒューヒューなったり咳が止まらず過呼吸のようになったりします。
母親も煙草を吸いませんが、最近同じような症状で喘息の薬を飲んでいます。
母親も父親が一番偉いと思っている人なので、口答えのようなことはしません。

私は昔から何度か父親を説得しましたが、
「よそはよそ。うちはうち。」という考え方で、
健康の心配も全く響かず、祖父も喫煙者で肺がんで亡くなりましたが誰が何を言っても父親が一番偉いので辞める気はないそうです。


家は私が出て行けばいいですが、よく父に言われるのが「職場で吸っている人は沢山居る。そんなことでは将来お前が困るから慣れろ」です。
私は単に煙草を毛嫌いしたいわけではなく、本当に体が受け付けないのです。


本当に文字通り、
たばこの存在が私には苦しくて苦しくて仕方ないのです。


こんな理由は馬鹿げていると自分でもわかっていますが、
出来る事なら喫煙者の少ないところに行きたいと思ってしまうのです。
そこで、タイトルのことを聞いてみたいと思いました。
もし将来、外国に出たとしても日本よりもっと喫煙者の煙をあびるでしょうか?
外国の厳しさ等は一度抜きにして、教えてください。

ユーザーID:1892659430

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 外国に行かなくても、日本で可能です。

    海外の話でなくて、すみません。

    私は、たばこのない家庭で育ちました。
    親戚で集まっても、祖父も、私と血がつながっている父方兄弟4人も、誰もタバコを吸いません。皆、会社員です。
    唯一の喫煙者が、叔母の旦那さんでした。

    自分の職場は、大企業なので、二十数年前に入社した時から、分煙がきちんとされています。
    事務スペースや会議の場は、当然、禁煙です。
    喫煙所から戻ってきた同僚には、私の年齢が上の方なのもありますし、毎回ではありませんが、柔らかめに「臭うよ」と指摘しています。
    喫煙頻度を減らしてもらえれば、こちらもより快適になるので。

    私の結婚相手も、タバコを吸わない人です。
    喫煙者とは、付き合いませんでした。

    最近は、路上喫煙禁止の自治体がありますし、飛行機は禁煙になりましたし、タバコと縁のない生活は、日本でも可能です。

    体調不良になるからと言って、実家を出ましょう。
    それだけでも、快適になると思います。

    都会の大企業の会社員(派遣社員)が良いですよ。

    ユーザーID:3162714313

  • トピずれになりますけれど...

    トピ主さんはおいくつの方でしょうか?

    > 「職場で吸っている人は沢山居る。そんなことでは将来お前が困るから慣れろ」

    この発言ですが、私は十数年に渡り、何カ所かの職場を転々としていますが、職場での喫煙を無条件に認めている職場には出会ったことがありません。

    いずれも、喫煙室もしくは喫煙所のみ喫煙可でした。

    もちろん、喫煙を認めている職場もあるのでしょうが、そこは就職なり転職なりする際にきちんと確認すれば、職場で日常的に煙草の煙を浴びることはないでしょう。

    海外がどうかは分かりませんが、個人的には、欧米は規制が多く、逆に中国では喫煙者が多い、というイメージがあります(あくまでも個人の勝手なイメージです)。

    ユーザーID:6799765812

  • カナダは厳しいです

    カナダは、喫煙者にとっては厳しい国ですよ
    基本的に、公共の場ではの室内では喫煙できませんから、
    喫煙室を設けることもできません

    ドアや窓のそば3m以内もでも喫煙できませんから
    ドアちかくの軒の下でスパスパもだめです
    賃貸アパートの場合はベランダのホタル族もだめ

    バス停の3m以内での喫煙もだめです(通り過ぎるぐらいは見かけますが)

    レストランなどは、夏は、パティオ(囲いはあるけど、外)なら喫煙できるところも多いですが
    冬場はそういうのはありません

    たばこの煙の臭いでくしゃみが出たり
    咳き込んだりする自分としては暮らしやすいです

    ユーザーID:3657416205

  • 1人暮らしすれば良いのです

    アメリカに住んで居ます。
    アメリカでは殆どの州で公共の施設、病院、レストラン、バー、モール、
    州によりますがアパートの室内などでは禁煙の所もあります。
    カリフォルニア州のサンタモニカ、ビバリーヒルズは市全体が禁煙都市になってます。

    でも何故わざわざ言葉の通じ無い、仕事も出来ない外国に行く事を考えるのでしょうか。
    その点が良く理解できませんけどね。
    日本国内でも1人暮らしをすれば、お父さんの煙害からは逃れられるのでは無いかと思いますけどね。

    貴女が1人暮らしすれば煙害の問題は解決すると思います。
    健康の為に、早く独立しましょう。

    ユーザーID:2216725831

  • そうですね

    私は、喫煙歴40年近い人間ですので、どこで吸えるかは逆の意味で大きな関心事です。欧米及び旧英国領の国、例えば、英国、アメリカ、シンガポールだと、ともかく室内は禁煙ですが、外に出れば、基本的にどこでも喫煙できます。
    ただ、同じアメリカでも、カリフォルニアは、外でも規制が多い気がします。反対にニューヨークなどの東海岸は、ヨーロッパと似ていて、どこでも屋外ならパカパカ吸ってますね。ロンドンでもアムステルダムでもパリでも同じ感じです。
    あなたの場合は、閉じられた空間で吸われると苦痛ということですが、そういう人は喫煙者か否かを問わず、大半の人が共有している感覚なので、欧米のルールは、分かりやすく合理的だと思ってます。

    ユーザーID:4301756529

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • パブでさえ禁煙です

    私も子供の頃からずっとタバコが嫌いでした。乗り物内で吸われると気持ち悪くなったり。

    イギリスはレストランやパブなど屋内は基本的に禁煙です。煙草は外で吸います。

    なので里帰りした時には結構嫌な思いをします(笑)

    元々はイギリスも分煙でしたが結局意味がないということで禁煙になってもう10年以上経つのどはないでしょうか?

    ただ同じヨーロッパの先進国でもフランスやスペインはゆるゆるです。

    ユーザーID:2956543775

  • アメリカより

    歩きたばこをする人は少ないですよ。
    レストランももう殆どが禁煙ですよ。
    バーでも、外で喫煙場所があるくらい。

    日本の方がまだまだ煙たいですね。
    まずは羽田空港のリムジンバス乗り場近くの喫煙所で煙り。
    駅前などで煙り。
    たまに居酒屋などで煙り。
    地方に行くとレストランで煙り。
    親戚のお宅で煙り。
    歩きたばこで煙り。
    とにかくあちこちで煙いです。

    アメリカでは車社会なので、常に人がそばにいる状態ではなかったりします。
    窓を閉まれば前を走っている車から見えるたばこの煙も遮る事が出来ます。

    たばこの匂いは圧倒的に日本の方が多いと思います。

    ユーザーID:0003514876

  • 喫煙大国、日本

    アメリカに住んでいます。禁煙は徹底しています。ホテル、レストラン、喫煙者は我慢するだけです。
    職場、役場、人の集まる所は禁煙です。建物内、全部禁煙。 テレビ、映画、喫煙シーンはありません。
    喫煙は各自の嗜好の問題ですが、アメリカでは健康のため膨大な保険料削減のため国が禁煙を徹底的に奨励しています。
    私もアメリカに来て禁煙しました。 たまに日本に帰ると私の周りでも多くの人が喫煙者です。
    禁煙しろとは言いませんが、せめて乳児、子供の近くでは禁煙して欲しいと思います。

    ユーザーID:3257278542

  • 非常識

    今時,職場でタバコを吸っているところはないでしょう。
    そしてタバコを吸う人自体少なくなっていると思いますし,喫煙者であることは人には言いません。

    >「職場で吸っている人は沢山居る。そんなことでは将来お前が困るから慣れろ」

    ですから職場で吸っている人は普通はいませんし,いたとしても非常識な人。
    そして将来でなく現在でも困るのは,タバコを吸うのが悪くないと思っている人であって,タバコを嫌がっている人ではありません。

    外国と言っても国に依りますが,アメリカでは室内や公共の場所では禁煙のところがほとんどかと思います。

    吸いたければ密室で吸えばよいと思いますし,せっかく吸った煙を吐き出すのを見ると矛盾を感じます。

    ユーザーID:5180047125

  • 残念ながら、日本は禁煙途上国です。

      トピ主さんとお母様、直ぐに避難することはできませんか? それほど受動喫煙の被害が二人に出ているのに、全員が呑気すぎます。

    他の方のレスにも出ていますが、カナダではいち早く、職場及び公共の建物内、その出入り口付近は禁煙です。 学校では、校庭も含めて敷地内は禁煙。 先生もつらい。 しかもどの建物内部には全く喫煙所がありません。

    五輪も控えて、≪おもてなし≫に一生懸命ですが、タイトルの通りです。 多分職場で喫煙をすると、コンピューター、コピー機などの機械類内にヤニが溜まって直ぐ故障。
    小さな飲食店では、禁煙にすると潰れてしまう恐れもあるのでしょうが。。。

    25年位まえから、新聞雑誌に煙草の広告を載せてはいけなくなり、道路沿いの広告もうんと減りました。90年代北米で喫煙者が減り売れなくなった煙草を、日本を含めたアジアに輸出を増やしたのです。 10年位前からは、喫煙者の遺族が煙草会社を相手取り、勝訴しました。

    カナダでは、1987年から一部(飛行時間一時間以内)の飛行機で、全席禁煙。そして一番禁煙の遅かった日本線を含めて、全便全席禁煙が1994年から施行されています。 勿論ブーイングが圧倒的に多く、一時乗客が減っても、断固として禁煙を守り抜きました。  そもそも人口の少ない当国で、喫煙者による健康保険利用と費用が、天文学的な数字になったと言うこともあります。

    お父様、受動喫煙に対する意識が低くてお気の毒です。

    ユーザーID:7065302546

  • 横浜は喫煙者が少ない

    >もし将来、外国に出たとしても日本よりもっと喫煙者の煙をあびるでしょうか?
    「外国」や「外国人」「海外」は、日本以外のすべての国を示します。
    トピ主さんが考えてる外国とは、例えばどの国ですか?
    中国、韓国は喫煙者が多いです。
    銀座通りで歩きながら喫煙してるのは中国人観光客。

    トピ主さんは東京・横浜以外の地方に住んでる人ですか。
    東京も横浜も大手企業に務めてる人は、ほとんどの人がタバコを吸わないです。
    今の職場は35人の営業部ですが喫煙者は二人だけです。
    この二人は地方から転勤してきた男。
    職場があるビルは禁煙ビルなので喫煙所はありません。
    地方に出張すると辛いです。
    会議室、食事に出てもタバコの煙が漂う。

    ユーザーID:9186429292

  • ヨーロッパ、北米はタバコ一箱1,000円以上

    とっても高いです。
    売り方も厳しく規制されて、タバコを宣伝したり、見えるところに陳列してはダメですね。

    喫煙可能な飲食店も、ほとんど見かけません。

    ただ、喫煙者はいます。夜に出歩くと、結構たばこの煙と遭遇すると思います。


    >「職場で吸っている人は沢山居る。そんなことでは将来お前が困るから慣れろ」

    今までいろんな会社に行きましたが、喫煙所以外でタバコの臭いがする職場なんて見たことないです。
    喫煙所の前を通ればタバコの臭いするぐらいで。

    お父さんの言うことは信用しなくていいと思います。(お父さんなのにすみません)
    今は日本もどんどん分煙進められてるし、喫煙者もびっくりするぐらい減ってます。
    トピ主さんが快適に過ごせるスペースはこれからも増えていくと思いますよ。

    ユーザーID:4580593264

  • 欧州は基本屋内禁煙、屋外吸い放題ですが

    欧州は概ね室内は不可、屋外は道路やテラス席含めて吸い放題です。
    オーストリアやチェコなんかでは飲食店屋内でも喫煙可のところが多いです。

    日本では道路にテラス席が認められないのがほとんどなので、屋内で分煙するのは仕方ないですね。

    オーストリアなんか鉄道の駅も屋外は吸い放題です。
    列車内は禁煙ですが、映画ツーリストではジョニーデップが電子タバコ吸ってたので電子タバコはOKなのかも。
    ドイツは屋外ホームでも喫煙エリアは決められてました。
    新しいウィーン中央駅は屋外不可にしたところ反対運動が起こったらしいです。
    結果がどうなったか知りませんが。

    ホテルは国とホテルによりけりでしょうね。
    フィンランド、ドイツ、チェコでは喫煙室がありました。
    オーストリアでもあったかもしれませんが、泊まったのは全室禁煙でした。
    でも、屋内喫煙所はありました。

    ロンドンなんかはいたるところに灰皿があるので喫煙に苦労しません。

    タバコが気になる人はヨーロッパには行かない方がいいです。

    屋外鉄道駅ホームや道路上でも喫煙できないエリアが多い日本は決して喫煙大国ではありませんよ。

    ユーザーID:8859658102

  • 日本生まれ日本育ちですが

    住んでいる家の中に
    喫煙者がいたことなんてありませんよ。
    私もタバコアレルギーがあります。
    高校生までは何ともなかったのですが
    大学生以降徐々に弱くなり(大学全体が喫煙所みたいな汚い臭い大学でした)、
    職場ではもちろん禁煙ですが、
    喫煙者の服についている物質で鼻血です。
    喫煙者が家にいるなんてぞっとします。
    そして、家族を平気で傷つける人間(あなたのお父様)がいることにびっくりです。

    ちなみにヨーロッパ某国に住んでいましたが
    お店の中では禁煙でも路上喫煙は問題なしなので、あまり意味ないです。
    道路中吸い殻だらけ。
    タバコの煙が流れてきて気分が悪くなってしまったら
    当の喫煙者に「そんなの聞いたこと無い」って詰られましたね。
    政治家のレベルではともかく
    庶民のレベルでは日本の人の方が受動喫煙について知識があります。

    ユーザーID:2929604697

  • 近所にある

    外国まで行かなくても、近所のマンションとかを借りたら?
    なんなら、そこにお母さんも住めば良いです。
    外国に行きたい、とか現実逃避してる内は、実現しませんよ、あなたの無煙ライフ。

    ユーザーID:4429788982

  • お父様に電子たばこを進めてみては?

    ゴールデンウィークに日本に帰国していた
    米国永住者です。

    最近では色々な電子煙草があるらしくタールや
    ニコチンが殆ど無いタイプが日本で出ていて
    妹夫婦が別々のを吸っていました。

    周りで吸われてても匂いませんし2人とも昔のように
    煙草臭くありません。

    どちらも吸わせて貰いましたが煙が出てもミント味の場合は
    芳香剤や歯磨き粉やガムよりも匂いませんでした。

    私は10年前に咳喘息になり煙草を辞めて両親には
    換気扇や台所以外で吸わないようにして貰いました
    が咳喘息は治りませんでした。

    それから程なく国際結婚して主人の暮らす大都
    市郊外のセントラルヒーティングの家に住んでから
    咳喘息は出なくなりました。

    米国は公共の室内空間で煙草吸える場所は無いと思います。
    喫煙者は自分の車や家や外で吸っているぐらいしか見た事
    がありません。

    煙草は州によりますが日本よりは高くて日本の新しい煙草
    と違いすごく煙が臭うと思います。

    日本は湿度が高くカビ類と埃や煙草の煙が混じると独特の匂い
    がして匂いが部屋から落ちません。

    1度全部屋を天井も重曹等で水拭きするといいと思います。
    すごいヤニだと思います。

    お父さんには電子煙草を家で吸うって貰い自分の部屋だけで
    吸う場所を限定して吸って貰えばいいと思います。

    ユーザーID:4731628774

  • 日本でも地域格差

    地方の方が喫煙率が高く、飲食店でも吸えるところが多い。

    都内や横浜などは、年々、喫煙がしづらくなっています。
    喫煙OKでも、吸おうものなら周りからの視線が厳しく、開き直りと度胸が無いと吸えません。

    都内の会社や大手企業で、事務所内喫煙できる場所は、多くありません。
    分煙が徹底されています。数人の企業だと稀に吸えます。

    成長している企業や、年収の高いと言われている企業は、喫煙率が低いと言われたこともあります。
    統計上は知りませんが、体感としては、納得です。

    新卒の男の子から、タバコなんてガキっぽいと言われました。
    タバコは学生が粋がって吸うもので、大人になったらやめるものだと。
    新鮮な価値観におじさんとしては苦笑いですが、
    確かに学生時代のカラオケでは煙まみれで、同窓会で喫煙者は数名。

    発展途上国は、喫煙凄まじいですよ。逆に先進国でみると日本は相当緩い。
    アメリカは州によりますが、カルフォルニアは、日本の都内以上に吸いづらい。

    都内で一人暮らしをすれば、煙からある程度は逃げられます。

    たまに、自分勝手な馬鹿な人がベランダで吸ってますが、それも徐々に規制されています。
    職場の喫煙率は、若い人が多い企業は低いですし、基本は完全分煙です。

    馬鹿げているどころか、非常に重要な理由です。
    馬鹿げていると感じる時点で、お父様の考えに染まっています。
    ある意味、これ以上に意味のある理由を探す方が難しい。即、逃げ出しましょう。

    ユーザーID:0386593618

  • いきなり外国? 現実対応が先。

    この時代に 親父さんには悪いけど 無知というか意識が低いね。

    2004年に健康増進法が制定され 職場での分煙禁煙勧められてるの知らないのかな。今は分煙か禁煙が普通だよ。むしろ 都会では 喫煙者に良い印象を持たない風潮が進んでる。



    主さん自身の健康を現実的に考えれば
    外国がどうのこうのより先に地元の医療機関へ行って

    「慣れではどうにもならぬ。この状況は大変危険」など専門家としての医者に一筆書いて親父さんに見せる。ほうが先でしょ。

    その次に 家を出て自立。ではないですか? 

     

    ユーザーID:0438126921

  • まず実家を出よう

    私の実家もそうでしたよ。姉と父がヘビースモーカーで競争のように、タバコを吸っていたので目が痛くなったり喉が痛くなったり、毎日喧嘩してました。
    職場でも喫煙者はいますけど、たいてい隔離されてます(分煙)ので、オフィスの隣で煙たい、という経験はしたことがないです(個人オフィスとかならあるかも)。

    その後ヨーロッパに移住したのですが、国にもよりますがレストランやカフェ、駅構内など分煙がしっかりしていますが(規則で)、歩きたばこは多いし(背後を歩くと、吸い殻が飛んできて危ない)、吸い殻も捨てまくりで日本より喫煙者が多い印象があります。
    日本は、あまり歩きたばこの人を見ないです。

    喫煙者の少ない国へ行きたい、と極端な考えに陥る前に実家を出られる努力をしてはどうでしょう。それかジャングルとか北極とかあたりなら喫煙者は少ないと思います。

    ユーザーID:6306061353

  • トピずれですが・・・

    各国の事情はお詳しい方々がいらっしゃると思いますのでそちらをご参考に。

    不思議なのは、日本の禁煙事情の方で。
    路上喫煙禁止はだいぶ前から徹底しており、さらに現在は飲食店でも禁止の方向で。
    そうなったらルールを守っている喫煙者の人たちや、2020年に大挙してやって来る外国人喫煙者の行き場は?
    日本の事情なんてよくわからない人たちをどうするつもりなんですかねぇ?
    全世界を知るわけではないですが、私が知っている国々は公共の室内は禁煙でも屋外では割と自由。
    歩きタバコはもちろん嫌われてますが、雨の中や冬の寒い吹きっさらしで、狭い屋根のあるスペースや風の入ってこない場所を微妙に距離を取りながらも分け合いつつ喫煙してる姿が見られます。
    世界的に多い屋内も、そして路上もどっちも禁煙にしちゃったら、そういった人たちの逃げ場がなくなるんじゃないですかね。
    自宅の庭?ベランダ?換気扇の下?
    どれも「洗濯物に臭いがつく!!!!!!」って怒りの対象ですよね?
    なんか太古の魔女狩りとか禁酒法の時代みたいになりつつあって、日本はどこに行こうとしてるんだろう?なんて思ったりもします。

    なんにせよ、お父さんの言ってることは嘘だらけです。
    お父さんが変わらないのなら、ご自身が一人暮らしするしかないと思います。
    ぜひ自衛してください。

    ユーザーID:1003085851

  • 海外に行く必要なんてある?

    お気の毒だけどご実家が異常です。
    海外に行くより、その家を出ればすむことです。

    お父さまはどんなお仕事をされているのですか?
    トピ主さんはまだ就職はなさってないのですか?

    30年以上前ならともかく、今時、喫煙者だらけの職場なんてありませんよ。

    ユーザーID:4354439540

  • ビザの要らない国

    トピ主さんは地方在住で、農業や漁業の人が多い地域ではありませんか?
     
    首都圏では普通の会社は喫煙禁止、市中や駅でも喫煙所が定められおり、
    路上喫煙は禁止の地域が多いです。禁煙のお店も増えています。
    マンションなどの集合住宅でも、ベランダ喫煙は肩身が狭い時代です。

    首都圏に引っ越しましょう。ビザは要らないし、日本語で生活できますよ。

    ユーザーID:4176661154

  • フランスの規制は生ぬるい

    喫煙規制が始まる前からフランス在住。小児喘息を持っていましたが、思春期の頃に治まり、10年以上喘息とは無縁で生きていました。ですが、フランスに来てからタバコのせいで喘息が復活してしまった人間です。

    当時(2000年前後)は大学でも屋内禁煙が徹底されていませんでした。普段は休憩時間になると喫煙者は気分転換を兼ねて屋外で喫煙しているのですが、雨の日はみんな廊下で吸っていました。雨天が3週間ほど続いた頃、毎日廊下に煙が充満していたせいで私は救急車で運ばれることになりました。

    その後、欧州連合の圧力でフランスも屋内禁煙を法制化しました。ですが、非喫煙者にしてみると、たとえばスーパーやショッピングモールの入り口付近で喫煙者(従業員や顧客)が多数喫煙している時、カフェやレストランのテラス席が喫煙者で占められている時(屋内席にも外から煙が吹き込んでくる)、駅のホームでの喫煙が黙認されており(たしかに開放感はあれど屋根のある公共施設です)ストで便数が減っている時や遅延していてホームには身動きできないほどの人がいる時でさえ喫煙者がいる時、狭い歩道で前を行く喫煙者を抜かしたくても抜かせない時など「屋外」にいる時の受動喫煙機会が増えた気さえします。

    むしろ、喫煙できる場所を指定する、という規制でなくては意味がない。私はカフェやレストランなぞ滅多に行かないのだから店内で喫煙しようがしまいがどちらでもよい。喫煙できる店があってもいいと思う(行かないようにすれば済む)。が、カフェやレストランのテラス席付近をどうしても通らなくてはならない時の煙の密度・・・

    タバコで生計を立てている人もいるのだし、一部の人にとっては大切な嗜好品なのでしょうからあまり過激な主張はしたくありません。が、屋外だからといって遠慮もなくすぱすぱ吸っている人を見ると、さらに踏み込んだ規制がほしいと思ってしまいます。

    ユーザーID:2416724814

  • 自立

    あなたが自立して、自分で稼いだ金で
    暮らせばいいんですよ。
    お父さんの家なのでお父さんの自由。

    海外は場所によって違うので
    国名だけで判断はできません。

    ユーザーID:0620962450

  • 英国在住です。

    うーん、英国の方がある意味、厳しいかな?と思います。

    レストランやパブは、喫煙です。
    でも、道端ではみんな吸っていますね〜。

    ただ、購入するのはイギリスの方が厳しいです。
    年齢制限でIDチェックされますし、今はタバコは隠さないといけません。あと、高いです。

    小児科に勤めている看護師さんの友人がいますが、
    喘息の子どもの、99%は喫煙している親がいると話していました。禁煙するようにと伝えても禁煙しないと。

    妊娠中の方でも、赤ちゃん/子どもがいる母親や父親も、タバコを吸っている方を見かけますよ。もちろん、全員が全員ではありませんが。

    ユーザーID:9986690099

  • 困ったものです

    米国東部在住です。わたしの感覚では喫煙者には人権もないような勢いです。
    タバコは諸悪の根源、他者の生存権を脅かす邪悪の存在と言っても言いすぎじゃない。
    大病院や企業でも喫煙場所どころか敷地外より出ないといけないし、臭いの残っている間は職場に戻ってもいけないというところも今や普通にあります。
    だから驚愕するんです、日本に帰るたびに。
    結婚して独立している弟が実家で老いた両親の前でスパスパ吸うことに。
    彼の20歳の愛娘の前でタバコの煙をくゆらすことに。
    余りの教養のなさ、医学的常識のなさ、そして家族や他人の健康を害しても平気な傲慢さに驚愕するのです。わが弟ながら。
    たばこの存在が苦しいのはあたりまえです。なにも馬鹿げていません。
    副流煙の害はもう歴然としています。
    一日も早く独立しましょう。

    ユーザーID:9547996865

  • 煙草は嫌ですよね。

    欧州の某国に住んでますが、喫煙率は結構高めだと思います。室内は完全禁煙なのですが、歩きタバコや吸い殻のポイ捨てなんて日常茶飯事です。
    北米に留学していた時は日本に比べて喫煙者が低いと感じましたが、ヨーロッパでは特に感じないですね。
    あとはアジア在住のアジア人も喫煙率高いかなぁ。昔の日本みたいな感じで。住んだことはなきのですが、仕事で知り合った方々の割合的に。

    こっちへ引っ越してくる前に日本で複数の企業で働きましたが、どこもオフィスは禁煙でしたよ。
    喫煙者も40代以上のおじさんがほとんどで、若い人はほとんど吸わなかったです。

    トピ主さんがまだ学生なら、お勉強を頑張って大手企業に就職すると良いと思います。
    大企業ほどオフィスの禁煙は進んでいるでしょうし、エリートほど喫煙率が低いと思います。

    ユーザーID:4049970442

  • 在カナダ

    カナダ在住です。

    カナダは厳しいというレスもありましたが、州が変われば事情も変わる…でしょうか。

    私の住んでるトロントは、公共の室内では厳しいです。

    自家用車でも車内に子供がいたら喫煙禁止。

    ただ歩きたばこをしている人は多いです。

    私自身が吸わないのであまりタバコに関する法律は詳しくないんですが、とにかく歩きたばこは多い。

    そしてその辺にポイっと吸殻を捨てていきます。

    せめて火を消せー!って思ってみてます。

    ダウンタウンを歩いてて、前の人のタバコの煙がすごくて走ってその人たちを追い抜いた事が何回あったことか。

    ただ日本もかなり分煙・禁煙が進んできてて、そんなにタバコの煙で「げほっ」ってなることは少なくなってきてる気がしますが。

    いくら親が反対するとはいえ、社会人なのであれば自分自身の健康を守るために一人暮らしをすればいいだけのような気もします。

    それではダメなのでしょうか?

    ユーザーID:5269428040

  • 散策がつらい

    ロンドン、シドニー、クライストチャーチ、アムステルダムでは安心して飲食店に入れますが、安心して散策は楽しめません。歩きタバカーがいるからです。交差点でも、雑踏でも逃げようがありません。シドニー在住の同僚(元喫煙者)は、戸外は喫煙自由というのは悪法だった、と後悔しています。

    ユーザーID:2229860500

  • 私の書き方が悪く、目くじらをたてさせてしまいごめんなさい。

    皆様、回答ありがとうございます。

    雪童子様へ
    トピ主は高校2年生です。

    皆さんの返信で多かったのですが、
    最初のトピにも書いた通り、家は私が出て行けばいいと考えています。
    ですがアルバイト禁止の進学校の為、すぐには不可能です。まず今できることとして大学合格までは必死で勉強したいと思っています。

    蝶々婦人様へ
    でも何故わざわざ言葉の通じ無い、仕事も出来ない外国に行く事を考えるのでしょうか。その点が良く理解できませんけどね。
     これもトピに書きましたが、ネットで日本は喫煙大国で外国は規制が多いと見たので、実際のところはどうでしょうか?と聞いたのです。
    ネットの情報より、実際に外国に住んでいる方等に聞いた方が良いと思い、このトピをたてました。

    ただ、私の書き方が悪かったので外国に行くのが決定事項のように捉えた返信が多く、目くじらをたてさせてしまいました。申し訳ございません。

    ネットの記事で見たように本当に外国は規制が充実していて少しでも分煙等意識が高いのであれば、いつか行ってみたいと思ったし、将来選択肢の1つとして留学というのも視野に入れて勉強・進路を考えるべきではないかと思ったからです。

    そして、日本も分煙等進んできているのは承知しておりますが、他の方もおっしゃっているように場所によるのです。少なくとも、私の住んでいる北海道のある地域では進んでいないのです。

    電子タバコも今まで何度か提案していますが、
    トピに書いたような考え方の父ですので・・・
    煙草に関して何か言えば誰の家だと思っている!と怒鳴られることしかないのです。もちろん、今は学生の身で父親のおかげで家においてもらっていることも、学校や塾に通えていることは感謝しています。

    とにかく今は勉学に励み、無事卒業して田舎を出たいです。
    皆様ありがとうございました。

    ユーザーID:1892659430

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧