現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

進路で迷ってます… 携帯からの書き込み

進路迷い中
2018年5月22日 16:58
古いレス順
レス数:21本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
漠然とした夢でもさしつかえない
大学教員
2018年5月27日 13:56

かつて国立大文系と私大薬学部を受験しました。
当時、国立大向けに英数国と理科2科目社会2科目を勉強していたら、そのまま私大薬学部を受験できました。
第一志望は国立大文系で、その大学には私が読みふけっていた本の著者である某教授がおられたからです。

結果は、国立大文系は不合格。親の意向で浪人させてもらえず、薬学部へ進学しました。
ふてくされて通っていましたが、若いということは何もわかっていないということ。
十代って、みんなそんなものでは? 友人にも、医学部へ行こうか中国文学をやろうか、と悩んでいた人がいます(彼は両方合格)。
そう、私の某教授に教わりたいというのも、本当に某教授の学問がわかっていたというわけではなく、漠然としたあこがれでした。
が、薬学部で勉強しはじめると、それなりにおもしろい。大学院へ進学しました。

さて、トピ主ご希望の大企業に入りたいとか選べる立場にはなく、とにかく拾ってくれるところを探して右往左往。
それでも、なんとか40歳までにパーマネントな職に就けました。
これが現実です。

また、お金持ちになるための挑戦をするのなら、何から始めてもかまいません。
将来、医療機器や化学物質を扱う会社で活躍するのなら、経営学や経済学をやってもいいし、法律学から入ってもいいですが、
薬学部や理学部、工学部出身でもいいのです。
純粋な数学や理論物理学(これれは天才がやるもの)でなければ、幅広く考えてかまわないのです。

薬学部→薬剤師というほど固定されたものではありません。
ドイツのメルケル首相だって、イギリスの故サッチャー首相だって、元理系で政治学を専攻したわけではありません。
(メルケルは物理学、サッチャーは化学。)

ただ、私はあなたほどお金持ちにこだわっていたわけではなく(というより、赤貧洗う生活寸前であった?)、
その点は大いに違うかもしれません。

ユーザーID:7652366814
 
現在位置は
です