生活・身近な話題

完成したカレーを『ルゥ』と呼ばないでほしい(駄)

レス73
お気に入り61

それはルゥではない

話題

カレーは、食べるのも作るのも好きなアラフィフ会社員です。
以前から「納得がいかない!」と思い続けてることがあるので
馬鹿馬鹿しいかもしれませんが、聞いて下さい。

TVを見てると、カレーライスのカレーを指して「ルゥ」または「ルー」と
呼んでる人が多くて、その都度イラっとします。

そもそも『ルゥ』とは、小麦粉をバターで炒めたもの(つなぎとして使用)で
スーパー等で売られてるカレーの素を(カレー)ルゥというのは分かります。

なのに何故、彼らは既に完成済みの器に盛られたカレーを指して
「ルゥ」だの「ルー」とか言うのでしょう?
あれがルゥだとしたら、彼らが食べてるのは『ルゥライス』ですか?
カレーはどこに行ったんでしょう。

シチューにも市販品のルゥがありますが
それで作ったシチューを「ルゥ」とは呼びませんよね?
普通に「シチュー」と呼びますよね
なのに何故、カレーだけが「ルゥ」呼ばわりされなければいけないんでしょうか。

カレーはライスにかかっていなくても、既に立派な『カレー』です
未完成状態の『ルゥ』と呼ばれる筋合いはないと思っています。

ユーザーID:4393735231

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数73

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうすると

    そうすると、あなたの家では、おかわりが欲しいときに「カレーおかわり」だと、ライスは出してもらえないわけですね。
    また、カレー食べたい場合には、なにカレーかを指定しないと、「ルゥがカレーの全てだと思うな、ルゥを用いたカレーと指定しろ」となるわけですね。

    また、洗濯物見ておいてでは、雨が降っても取り込んでもらえない。
    「ちょっと手伝って」っではちょっととは?となる。

    言葉にしっかりとこだわるのですものね。
    意味が何となく伝わるかなんて話では無いのですものね。
    しっかりしてらっしゃる。

    ユーザーID:1324243319

  • インドカレーなら

    「カレー」と「ナン(もしくはライス)」と言いますよね。
    インドカレーに向かって「ルウ」という人は見かけません。

    日本の場合
    カレーとライスがセットになったものを「カレー」と呼んでしまってますし

    「カレー」だけではカレー単体なのか、ライス込みのカレーライスなのか
    区別がつきにくくなってしまうため
    仕方無〜く、ルウ(ルウを使って作った方、カレー単体)と
    呼んで区別してるんじゃないでしょうか。

    昔の人が、カレーをご飯にぶっかけたりしなければ…
    あるいはネーミングの時点で「カレー丼」とかにしておけば…
    カレーがルウ呼ばわりされることも無かった…かもしれませんね。

    ユーザーID:7660567269

  • 本来はそうだろうけど・・

    そんなこと言い出したら、きりがないと思うのです。

    だったら、インド式のカレーじゃなくて
    日本式はカレーライスと言えばいいのにー、とか
    昔の人はライスカレーって言ってたのにー、とか

    パスタだって、スパゲッティと言ってみることもあるし
    パスタ自体は小麦粉の練り物だから
    ペンネとかラザニアとか細長くない物も結構あるけど
    だいたい日本では一般的に長い麺類に使うなぁーとか・・

    ルーは仏語かな。

    ソフトクリームなんて言い方も
    突き詰めれば変な和製英語よね。
    フレンチポテトだって・・・

    つきつめたら、料理名って
    適当な呼び方っていっぱいあるからねー。

    プロの料理人が客に説明する場合には
    厳密に言う必要あるだろうけど
    普通の家庭などでの会話レベルなら
    通じればいいのでは?

    気にしない気にしない。

    ユーザーID:1153625039

  • 関西在住ですが…

    市販されているカレーの粉もしくは固形の物を「カレーのルー(ルウ)」と呼ぶことはあっても
    カレーそのものを「ルー(ルウ)」なんて呼ぶ人未だにあった事無いですがトピ主様はどちらの出身ですか?

    に、しても面白いトピですね

    因みにお代りなどに関しては
    出された状態が基本なのでカレーライスの状態で出した場合「カレーお代り」と言えばカレーライスで出します
    ライスがいらない場合は「カレーだけお代り」と言います
    先日遊びに来た東京の親戚家族の夕飯にカレーを出したのですが
    親戚のお嫁さんが「このカレー美味しいですね」と言って「ルー(ルウ)」とは言ってませんでしたね

    カレーを「ルウ(ルー)」って呼ぶ地域ってどこなんでしょう
    気になります

    ユーザーID:1276777343

  • まあ分かる

    残念ながらそのように言っているTV番組などは見たことは無いです。

    カレールーはスパイス等が調合済のカレーの素。
    いわば素材であって、それを使って調理し、出来上がったものがカレーという料理です。

    おそらく出来上がった物を指してルーと呼ぶ人は、カレーの肉や野菜などの具を除いた部分を何と呼べばいいか分からないと思いルーと言っているのではないかと思われます。ルーを使っていないカレーでも「ルーの部分」とか言ってそうです。その部分こそカレーでいいと思うんですけどね。

    何を言おうとしているのか分かればよいで済むときもありますが、カレー専門店で「このルーおいしいですね」とか言うとトラブルになりかねませんから、そう呼ぶのはやめた方がいいでしょうね。

    ユーザーID:3160548585

  • 言わないな

    おかわりのときは
    『カレーだけ頂戴。ごはん抜きで。』ですね
    ルうは言わない、聞かないから、トピ主さんの疑問、こだわりが
    ふぅ〜〜ん、と思うんですが
    じゃ、トピ主は完璧なのか?

    ユーザーID:4941190910

  • ソース

    カレーってご飯もひっくるめて「カレー」って解釈している人が多いからじゃないの。
    カレーライスなんだけど、それを略してカレーって言うでしょ、みんな。

    だからそこからご飯をのぞいて、となると「カレー」じゃあ曖昧なので「ルゥ」ってなるのかなあと。
    でも確かに呼び方としては正しくはない。
    日本語における和製英語だとか若い子の造語だとかその類の、日本人が使うスラングみたいなものだと捉えればいいのでは。

    ちなみにこちらアメリカですが、みんなカレーのルゥは「ソース」って言います。
    ホワイトソースとかブラウンソースみたいな感じでカレーソース。
    日本だとソースっていうとコロッケにかけるソースが一般的だから浸透しないだろうなあ。呼び名はお国柄があって面白いと思います。

    ユーザーID:6248432856

  • ふつうにソースと呼べばいいよね!!

    できあがったアレは「カレーソース」ですよね。
    まさか「ソース」と言ったら「ウスターソース」しか想像できないような人は、今どきいない
    と信じたいです。

    ユーザーID:6566583090

  • 今に始まった事ではない。

    なんとなくトピ主さんのイライラが理解出来ます。でも日本ではそんな事沢山ありすぎて、ツッコミする気も無くなりました。ポタージュスープ・チゲ鍋・サルサソース、上げればきりがありません。

    ユーザーID:6074269595

  • 気にした事もなかった

    私もルゥの言葉の使い方はトピ主と同じです。
    出来上がったカレーの事をルゥとは言ったことないし
    世間ではそう言ってたとしても全く気がついてませんでした。
    それくらい私にとってはどうでもいい事なのですが、
    トピ主は何でそんなに気になるの?
    些細な事が気になり一々誰かに持論を展開する人ですか?
    少しめんどくさい人ですね。

    ユーザーID:8603434431

  • なんでビックリ??

    評価のビックリの意味が解らない。レスがつけばなるほどと思うかも。

    私もトピ主さんのように言われたら、ルゥは市販のものなら固形のもので、自分で作れば練っている物がルーだと思う。

    具も入れて、完成したのをカレーと私も言います。

    「カレーお代わり」と言われれば、ごはんはどうする?の確認するし
    「カレーだけお代わり」と言えば、ごはん無しのカレーだけよそいます。


    カレーのルゥをお代わりと言われたら・・・たぶん固形のルゥを渡すと思います。

    言い方で言えば、私の姉が前に「ごはん粒(飯粒)食べたい」と言うのでなんか違和感を感じた
    「ごはん食べたい」又は「白いご飯が食べたい」と言えば違和感を感じないが
    ごはん粒と来たので、顔や洋服についた1粒2粒など少量程度のごはん指すときは「ごはん粒」というと思うと姉に言ったら
    なんて言えばいい?と言われたので、上記のことを言ったら、姉が違和感を感じていた。ただしのはどちらなのでしょうかね。

    ユーザーID:4417095719

  • 知らない人が多くてびっくり

    トピ主さん グッジョブ!常々思っていた事をはっきり書いてくださってありがとうございます。
    西洋料理を基本から習った者としては、ルウという言葉の使い方の間違いにイライラするんです。

    カレールウはいわゆるカレーの素です。あの小麦粉と脂肪とカレー粉・スパイスを炒めた物。塊でも、フレークでも半練りでもルウ。手作りで、小麦粉をバターで炒め、更にカレー粉も入れて炒めたものもカレールウ
    ハヤシライスの素もルウ
    ホワイトソースの素もルウ
    要するに、ホワイトソースを作るときに牛乳を入れる前の状態がルウです。


    で、肉や野菜を炒めてスープで煮てカレールウを入れて出来上がった物が日本の伝統的なカレー。
    それをご飯にかけたものがカレーライス。
    カレーの肉・野菜の塊を除いた部分は ルウじゃなくて正しくは『カレーソース』です。

    少なくとも昭和(中期)の主婦は知っていたはずです。レシピにもカレールウの箱の商品表記にもあるのに。
    いつから分らない人が増えちゃったんでしょうね?自分で作らないからかな?

    ユーザーID:6454010216

  • 「ルー」以外でも

    正論です。見事なほどに。

    飲食店で「カレー」を注文します。
    すると100%「カレーライス」もしくは「ライスカレー」が出てきます。
    注文したお客が、私の頼んだのは「カレー」であって「ライス」は注文していないと言えば
    それは「正しい」発言であるといえますか。

    あなたの中で、言葉の正しい定義と日常使う日常語としての定義の峻別ができていないから
    一人、納得がいかないのです。

    言葉は本来、生まれた時の意味と
    人々に広く使われ始めての意味の共通認識とずれが生じます。
    日常使う言葉は、法律や数学や哲学の厳密性を必要とする言葉ではないのです。

    半世紀近く生きたトピ主が
    そのことに気づかないのか、なぜか強いこだわりを持っているのか
    理由はわかりませんが
    他の場面でも生きづらい生き方をしていませんか。

    なお、「カレー」について、言葉の定義ではなく料理の定義として
    日本の「カレー」はインドの「カレー」とは違う料理である、おいしいけどね
    と言ったインド人を私は知っています。
    トピ主は、本来の料理とは言えないというこだわりはないのですか。
    納得はしていらっしゃいますか。

    ユーザーID:7551664798

  • まあそんなに怒らないで

    こだわりのカレー様に向かってルーと呼ぶなって
    カレー様も喜んでる事でしょう。
    私は、カレー自体が本当は違うのになあって思ってます。
    インドから旅したカレーが日本のお米と結婚したらあららベストカップル。
    でも名前が一人歩き、どんなのでもカレーになっちゃった。
    カレーっていうのは非インド人の間で便利だから呼ばれてるんじゃない?
    ビンダルー、とかサグー、っていう正式名は面倒だから何でもかんでもカレー。
    本場インドではそれぞれに違う名前があって、敬意を評します、世界食カレー様
    これからも愛します。

    ちょこっと横。失礼

    ユーザーID:3905534199

  • 「汁」の意味で使っている

    昔みたいにライスカレー、カレーライスと言わなくなりましたね。
    「カレー」というとご飯とセットになっているもの、という感じがしますよね、今は。

    ご飯にカレー汁をかける、といえば正確なのかもしれないけど
    カレー汁ってなんだか美味しくなさそう。
    とろみも表現できてない。
    で、ルゥという表現になるのかな。

    お怒りはごもっともです。
    ところで、「ルゥ」と「ルー」を聞き分けるトピ主さんの耳はすごいですね。

    ユーザーID:5156282450

  • そういうケースは沢山あるんですよ

    まぁ気になりだしたらどうしても気になるというのはわかります。

    が、言葉というのは実態に合わせて変化していくものです。

    ルーと呼ぶことで実態として都合がいい場合がおおいからそうなっていったという事に過ぎません。

    あなたも知らず知らず別の事で同じような言葉を使っているんですよ。

    ユーザーID:6357019202

  • 白米、お米みたいな

    炊かれた白米の事を「ご飯」と言いますが、これでは食事全体を表すのか、白ご飯を表すのか判別できません。

    そのせいか最近良く「米食べたい」「白米さいこー」のような言い方をします。
    これも完成品である「炊いたご飯」が分かりにくかったり、呼び名として長いので素材の名前で代用しているようなものではないかと思います。

    カレーだけでは液体部分だけのことなのか、カレーライス全体を表すのか判別できず、「カレーの液体の部分」「カレーのかかってる方」は分かりにくく長すぎるので、素材で代用しているのだと思います。
    もちろん完成品にはジャガイモなどの他の素材も入っていますが、カレーをカレーたらしめているのはやはりルーなので。

    ちなみにうちの夫はカレー部分の事を「汁」と呼んでいますが・・・なんかそれも違う。

    ユーザーID:7333190914

  • 筋合いはあると思う。

    一般的な日本人は「カレー」と聞けばカレーライスをイメージするでしょ。
    「今日はカレーだよ」と聞いて「カレーライス?orカレーうどん?」と聞き返す人は滅多にいないと思います。


    だから、その中でも上にかかっているものだけについて言いたい時に「ルウ」と呼びますよね。その話にライスには登場してほしくないんですよ。
    「ルウだけおかわり!」「あの店ルウが真っ黒なんだよ」とか。
    テレビでもそういう使われ方していませんでしたか?


    国民食カレーライスだけに与えられた愛称みたいなものなんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5536042938

  • 分かりやすさ優先

    「カレー」は「カレーライス」の省略形でもありますのでライスを含むかどうかはっきりしません。
    シチューがルゥと呼ばれないのはカレーとの人気差でしょうかね。
    スマホで写真を撮るだけなのに「写メ」と呼ぶのと同じです。
    元々の意味から派生して分かりやすい言い方に意味が変わったのです。

    一応お聞きしますが、スーパー等で売られてるカレーの素はバターでは炒められていませんのであなたの言う定義から外れています。
    それなのにルゥと呼んでもいいのは何故でしょうか?

    ユーザーID:8576723023

  • 意味が変わってきましたね

    私もトピ主同様、出来上がったカレーをルゥと呼ぶのにはとても違和感を感じます。
    言葉の意味の変遷はままあることで、前出のににさんの解説のような理由でルゥになったかなと思います。
    ホワイトソースというようにもしその部分だけ指すのならカレーソースかなぁと思いますけれど、一般的にソースというとウスターソース、とんかつソースなどが真っ先に頭に浮かんでしまうのかもしれませんね。
     昔はお寿司一貫って握り寿司二個でしたよね。
    「ジンクス」も元は縁起の悪いものを指しましたが今は良い場合にも。
    「確信犯」は悪いと承知の上でやる、という誤用が辞書にも掲載されてるそうです。
    本来の意味に馴染みのある人種は気持ち悪さを感じるけれどそれがだんだんと少数派になって言葉の意味がどんどん変わっていくんでしょうね。

    ユーザーID:3092531030

  • 面倒臭い…

    じゃあ、あの茶色のどろどろの調理品はカレーとも言わないですね。
    本場のインド人は全員「あれはカレーじゃない」といいますよ。

    ルゥだとかルゥじゃないとかにこだわるのに、一番大元にはこだわらずに
    カレーカレーと連発してるのは滑稽です。

    ユーザーID:3078189835

  • 意味不明なところに意味がある

    ルゥ(ルー)の本当の意味はトピ主さんがおっしゃってるのが正しいのです

    しかし若い年代を中心に、カレーライスのライスにかかった部分を指すために使いだしたようですよ

    カレーの「汁」というにはとろみがありすぎ、カレーの「ソース」というには分量の割合が多すぎ、家庭で使われているカレールーの「ルー」が意味が不明なだけ何となく語感もいいことから使われ出したのでしょう

    確かにカレーライスを目の前にして、ライスじゃない方を話題にしたいとき、便利な言葉です

    フランス人には全く意味不明でしょうが、「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」という語感だけで選んだらしい、日本人にはまったく意味不明なタイトルながら、アメリカでとてもヒットしたこと考えると、だれでもやってしまうことなのではないかと思います

    意味不明なところがかえって意味以上に愛されることがあるのです

    ユーザーID:8859296005

  • もはや日本語

    おしゃることはわかります。
    私もその意味では使いませんから。

    ただし、カレー(ライス)はあまりにも日常的な食べ物。
    「カレー」と「ライス」を分けて言いたい場面も多々あります。
    けれど、カレー=カレーライス の概念もあって紛らわしい。
    で、他にピッタリの言葉もないので、誰かが「ルー」と言い始めて
    いつの間にか定着した。
    「ルー」ってもはやrouxではなく、別の意味の「日本語」なんでしょう。

    車の「ハンドル」、中古住宅を「リフォーム」、
    ウォーキング「ダイエット」、「ワンルームマンション」・・・・・?
    気にすれば、変な「日本語」はいくらでもあります。

    ご本人が無理にルーという言葉を使う必要はありませんが、
    耳にしたら、苦笑いしてやり過ごすくらいの余裕があっても
    よろしいのではないでしょうか。

    ユーザーID:7383816883

  • わかるー

    カレーはカレーですよね! 強いて言うならカレーソース。
    大人なので他人にはいちいち指摘しませんが、家ではぶーぶー毒づいてます。

    ずれちゃいますけど、プラグのことをコンセントと言ったり、料理長じゃない料理人をシェフと言ったり、日本の結婚式だけで着られる新郎衣装のことをタキシードと言ったり、イライラの種はあちこちに転がってます。
    困ったもんですね。

    ユーザーID:4555562072

  • 普通に通じますよね

    「ルー」と言ってる人が
    カレーライスのカレーのことを指してると
    理解できますよね。

    あなたがカレーの気持ちを代弁してまで
    イライラするのが理解できませんワ。

    ユーザーID:9102257730

  • まったく同感です!

    私もいつも、カレーの部分をルウと言うことに違和感を持っています。

    レスを読むと、そんなに目くじら立てるほどのことでも、というような内容のご意見もあり、それもわかりますが、せめて、テレビや新聞、雑誌、料理レシピなどでも、きちんとかれーの部分はカレーもしくはカレーソースなどと表現して欲しいと思います。
    だって、ルウは油と小麦粉を炒めた物ですから。

    ユーザーID:1537540188

  • 市販のカレーをルゥと呼ぶ定義

    それは市販のカレーの後ろの表示を見ればわかります。カレールゥと書いてありますから。

    そしてその箱に書いてあるレシピも、ルゥを入れると書いてあるから、ルゥなのでしょう。

    横レスですが

    昔、カレーライスとライスカレーで友人と違いの話をしてました

    カレーライスはカレーとライスが別々に出てくる 高級感のイメージ。
    ライスカレーはごはんにカレーが掛かっている状態で出てくる 大衆的なイメージで昔の人はこう読んでいた。

    しかし今は、カレーライスの呼び方が支流で、ごはんにカレーが掛かっているのを指すようになったそうです。

    ちなみに、飲食店だとごはんのないカレーのみのことを「あたま」というそうです。
    お酒を飲む方はカレーをつまみに飲むみたい。

    ユーザーID:4417095719

  • 言葉は変わっていきます

    誰かがあれを「ルー」と呼び始め、多数の人が違和感なく使うようになったとき、
    新しい意味(定義)を持つ言葉が誕生したのです。
    ちなみに某辞書で「カレールー」を引くと「近年は、カレーライスのソースの
    意味で用いられることがある。」と書いてあります。

    なおそこまで言葉にこだわるのでしたら「完成済み」という二重表現は
    使うべきではないですね。「まだ未完成」と同じくおかしな日本語です。

    ユーザーID:8296980007

  • 我が家の場合

    カレーは食い物じゃなくて

    飲み物のレベルです
    ルー
    ルゥー
    まぁ
    こうして書いてみると
    面白いですね。

    ユーザーID:0814241937

  • 気になる人は気になるみたい

    「nhk ルー」で検索すると正にそれに対する論説が載っているページが見つかりますよ。
    若い層ほど違和感なく使っているようです。

    ちなみに、某金沢カレーのチェーンでは、トッピングに『ルー増し』が存在します。
    他の有名カレーチェーンの裏メニューにも存在しますが、こちらは公式には『サービスソース』と言われているようです。

    ユーザーID:7552804710

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧