寒暖差による体調不良、どのように対処されてますか?

レス18
お気に入り77

まめこ

健康

ご覧いただきありがとうございます。
50代前半の女性です。

急に暑くなったと思えば寒くなったり、朝と昼の寒暖差も激しいこの時期は体調を崩しがちです。
ここ数年ぐらいですね。
ホルモンのバランスの崩れもあるのでしょうが、もともと心身が弱いうえ持病があります。

今はとにかく疲れてしんどいです。
仕事はしておらず、家事だけですが休み休みやっている次第です。

去年やおととしは体に力が入らずふらふらしたり、息切れが酷かったりしていたのでかなり楽にはなりました。

ですが、もっと元気になりたいです。
ヨガや踏み台昇降、スクワットなどやっているのですが体調が悪いとできなくなってしまいます。

前置きが長くなりました。
私のように寒暖差で体調が悪い方いらっしゃいますか?
どのような症状でどのように対処されていますか?
また、具合が悪くても我慢して仕事をしている方もいると思います。
そのような方も状況をお知らせいただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:0641427013

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 衣服調節とエアコン利用と栄養管理

    5月なのに気温30℃
    翌日には15℃
    この差での体調管理はなかなか大変ですね。

    なにも難しいことではありません。

    30℃になった頃、冷房のスイッチをいれ化繊長袖を着ていましたが天然繊維(絹)の半袖に変えました。
    朝は卵とキューリのサンドイッチを作りました。
    冷や麦に氷をたっぷりいれて食べました。
    棒々鶏を作りました。
    朝はホット珈琲でしたが午後までに水だし珈琲をたくさん作りました。

    翌日15℃、化繊長袖に毛糸のカーディガンを着ました。
    ピザトーストを作りました。
    熱々のドリアをつくって食べました。

    小まめに衣服調節をします。
    惜しまずエアコンを利用します。
    食生活は豊かに手間を惜しみません。

    特別な運動なんかしなくてもフィットネスクラブに通わなくても
    体調に合わせて
    階段駆け上って忙しく家事をします。
    つま先立ちで台所仕事をします。
    落ちても割れないものはわざわざ上の段におき負荷をかけます。
    ヨガをしなくても床に雑巾がけワックスがけ
    ガラスを磨き車を磨き
    部屋の隅々まで掃除機をかけ
    食器戸棚をクローゼットを常に整理します。

    適度に休憩し体に良いドリンクとおやつを食べます。

    家をいつもきれいにしている友人に肥満はいません。

    季節の変わり目だけ特に注意して
    6月まで暖房器具は片付けません。
    二人の子どもは小中9年間皆出席です。
    熱は金曜夜に出して月曜には下がっただけですけれどね。

    まずはお部屋に温度計と湿度計を置きましょう。
    科学的な目で生活をみなおしましょう。

    ユーザーID:3240611278

  • 体調最悪です!!

    同じく50代前半、兼業主婦です。
    子どもが遅かったため、まだ高校生男子二人抱えています。
    つまり、お弁当を毎日作っている次第です。
    いや〜〜〜、このところの寒暖差、堪えますねぇ。なんといっても頭痛、肩こり・・・・。鎮痛剤の減りの早いこと。
    すみません、対処をお尋ねですよね。
    もうね、対処、何にもないです。
    私は、本業に加えてダンスのイントラという副業もやっちゃっているため、お休みも三か月に一日あるかないか。
    普段は一週間に一日、半休、(半分はレッスン)という状態で生きています。
    とにかく、寝られるときに10分でいいから寝るくらいでしょうか。
    何かを思い切って切り捨てられるといいんですけれどねぇ。そうもいかず。
    皆様の対処法をトピ主様とともにお待ちしています、

    ユーザーID:2543974329

  • 漢方を飲む

    同じです。毎年5月6月は体調が悪いです。

    おそらく自律神経の乱れだと思うので
    漢方を飲んだり体質改善することを
    お勧めします

    ユーザーID:0288048047

  • 温度調節

    更年期真っ最中で治療中です
    風邪や体調不良ぐらいでは仕事休めません
    肌寒かったら1枚羽織る
    調整しやすい服装で出勤しています
    毎日天気予報で1日の気温をチェックして服装を決め
    寝具、パジャマ、すべてその日の気温で
    替えています

    ユーザーID:8241933349

  • ベスト

    53歳主婦です。私も寒暖差、苦手です。洋服が大好きで雑誌なんか見たり流行のスタイルを見るのが大好きなんですか、家では今の時期でもフリースのベストをしまわずにまだ着ています。
    ひざかけも朝と夜にちょこっとおなかにのせたり、まるでおばあちゃんのようなスタイルがいいんですね。
    わたしは首を冷やすのがどうもダメみたいでタオルを巻いてると気持ちいいです。ガーゼならモコモコしなくていい感じ何ですが、家限定ですね。
    暑いのは即効クーラーです。すぐ寒くなるのですぐに切ります。
    外出の時は温度調節の衣類で大きなカバンが必須です。年を取るといろいろめんどくさいですね。

    ユーザーID:1479126375

  • お腹

    とにかくお腹にきます。
    湿度が高い、暑いのか寒いのかわからない日に腹痛が起きます。
    薄い腹巻き巻いてます。
    45歳頃からこのような症状が出るようになりました。
    仕事してますが、自営である程度は自分のペースで出来ます。
    会社に勤めるなんてもう出来ません。

    ユーザーID:1434583683

  • うらやましいです

    そんなこんなさん

    元気に動き回っているご様子、うらやましい限りです。

    >小まめに衣服調節をします。
    >惜しまずエアコンを利用します。
    >食生活は豊かに手間を惜しみません。

    上記はもちろんやっています。
    最もうちはエアコンではなくストーブですが。(寒いところなので)

    動けない時は無理はしませんが調子がいい時はよく掃除をします。
    気持ちがいいので。

    温度計と湿度計は当然ありますよ。
    血圧も体温もよく計っていますし。

    とにかくお元気でうらやましいです。

    ユーザーID:0641427013

  • 休むのが一番ですね

    カッコーさん

    肩こり、私も酷いです。
    なんか乗ってるんじゃないかと思うくらいです。

    本業の他にダンスのイントラをされているのですか?!
    すごいですね。

    そのくらい動いているとやっぱり休むのが一番いいと思いますよ。

    ユーザーID:0641427013

  • 体質改善の方法を教えてください

    おなじさん

    同じような方がやっぱりいらっしゃるんですね。
    自律神経の乱れでしょうね。
    漢方は飲んだことがありますが全くダメでした。
    合う人と合わない人がいるのだと思います。
    体質改善されているのですね。
    具体的な方法を教えていただけたら幸いです。

    ユーザーID:0641427013

  • 頑張ってますね

    52歳会社員さん

    更年期真っ最中だと余計辛いですよね。
    具合が悪くても休めないで頑張っている人もいるだろうとは思っていました。
    服装や寝具は目まぐるしく変わりますね。
    出したりしまったり、忙しいです。

    ユーザーID:0641427013

  • 温めるのはいいそうです

    さこさん

    私は下半身が冷えるのでレッグウォーマーを使います。
    足首を温めるといいようです。
    ひざ掛けとか腹巻とかどんどん増えていくので本当に面倒ですね。

    ユーザーID:0641427013

  • 腹巻いいですね

    タラさん

    私も去年から腹巻デビューしました。
    お腹を壊すわけではないのですが暖かいので。
    たぶん体が冷えている人は体調を崩しやすいのだと思います。
    血行がいい人、図太い人は影響されないようです。
    あ、上記は主治医が言っていたことです。
    要は神経質な人は寒暖差の影響を受けやすいということらしいです。

    ユーザーID:0641427013

  • みなさんありがとうございました

    急いでレスを投稿したのできちんとしたお礼の文章になっていませんでしたことをお詫びいたします。
    誤字脱字や敬称がぬけていないことを願います。

    ユーザーID:0641427013

  • 書き忘れました。元気ではありません。

    ごめんなさい。
    なんだか、底抜けに元気なやつに仕上がっていたことを反省しました。

    いくつも病気を持っています。

    喘息

    脊髄症性脊椎症


    ユーザーID:3240611278

  • 腹巻きとレッグウォーマーとベスト

    小まめに脱いだり着たりしましょう。
    今は薄手で長めの腹巻きがありますから、丹田を含めて胃腸を暖めます。シルクだと刺激が少なくてお勧め。
    足首ふくらはぎも冷やさないように。エコノミー症候群予防のふくらはぎストレッチも簡単。
    薄手のベストはいつも手の届く所に置くと重宝します。
    肩甲骨の間を暖めると上半身暖かいです。
    私が毎日やっていることは、
    仰向けに寝て両手両足を上げます。
    両手両足ブラブラ、末端が血流不足に。
    今度は一気に両手両足を床に下ろします。
    血液が流れると暖かくなります。
    血流を感じにくい時には数回繰り返します。
    夏は夏用の炭酸入浴剤で入浴します。
    ストレスで呼吸が浅くなるので深呼吸を。
    更年期を越えた女性は元気ですね、無理しないで辛いときには受診して治療を。

    ユーザーID:0365217840

  • 近年は差が激しい

    10年位前はこんなに季節の移り変わりが過ごしにくいと感じなかった思うのですが、ここ最近は激しいですよね。。。周りでもちらほら声を聞きます。以前、漢方が合わなかったとのことですが、体に合うものであれば効果はあるので再度チャレンジしてはどうでしょうか?漢方はドラックストアの市販のですか?漢方内科で症状に合わせて処方されたものは飲んだことはりますか?女性の体調不良に漢方は効果があると思うので漢方内科をオススメします。息切れもあったとのことなので呼吸器科で診てもらうのもオススメします。季節の変わり目や寒暖差があると呼吸器に影響が出て、主さんのように体に力が入らなかったり、体が重く感じたりします。大人になってからの喘息や気管支炎の発症はよくあることなので、吸入薬を使うとすごく楽になることもありますので、呼吸器内科で相談してみるのもいいと思います。気管支や肺は寒暖差の影響が出やすいです。ホルモンバランスと呼吸器関連を整え、冷えをなくすと体も落ち着いてくるのではと思います。原因がわかり落ち着いてくるまでは運動はいったんお休みしてみるのもいいかと思います。ゆっくりとした動きでも負担になることもあるので。水分をしっかり取り温かくお過ごしください。

    ユーザーID:4124506290

  • 絹のスカーフ、靴下、ヒートテック

    絹のスカーフ
    靴下
    ヒートテック
    で何とかしています。

    1)家にいる時
    袖付きエプロン(裏に大きなポケットつき)、首にスカーフ、靴下(2枚の時も)で、暑くなったらスカーフ、靴下を脱ぎ裏のポケットにいれます。

    2)外出するときはヒートテックを持って行って、寒いとトイレ等で着ます。(スーパーの食品売り場は寒い)着ていって、脱ぐ場合も。
    なんといっても、薄い、もしバックの中で見られても恥ずかしくないし。

    要は、脱ぎ着で何とかしています。

    寒いと動かない→寒い→動かないの悪循環になるので。
    なるべく動いて、運動するようにもしています。基本、運動は好きではありませんが、そんな事いってられないです。

    元気な人がうらやましいですが、持って生まれた体質ですから、対応するしかありません。

    ユーザーID:5442849289

  • 頚椎捻挫後遺症と婦人科疾患

    30歳前後で、職場での事故の被害で頚椎捻挫後遺症で障害認定され、婦人科疾患にもかかり投薬治療、2回の手術をしています。自律神経失調症があり、低気圧で雨の時は寝込んで外出できません。近年は天気予報の精度が上がりましたが、天気予報より正確なくらいの体調でした。

    不幸中の幸いで、職場での事故のため悪天候で休みますが認められています。もちろん仕事の前倒しを徹底し、いざという時は他人にも分かるよう常に業務を整理し、自己管理もきちんとしています。

    職場でも、空調がまともなところは体調も良くなるようです。自宅でも空調を整えているため、電気代は高いです。

    以前はヨガや大人バレエをやったりしていましたが、もともとアクティブなタイプでもないので、あまり体力使うようなことをすると、かえって体力消耗します。
    鍛える、磨く(=皮膚を傷つける)といったことはあまり向かないようです。(自分磨きなど)

    あまり予定を詰め込まず、当日次第で行動したほうが無理が無いです。天気が良ければ多めに外出します。
    あと、皮膚が弱いので紫外線対策や、不規則勤務の夫と合わせるため、休日の日中もこもっていたら鬱になりかけました。適度に日差しを浴びることも必要です。悪天候で無理な時はビタミンDが効きました。
    鎮痛剤は1日1錠(上限は3錠)、ビタミンBは常用しています。

    薬はダメとか、添加物に過剰にこだわり過ぎず、おおらかな気持ちで、食事は美味しく食べると良いです。

    ユーザーID:5146407504

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧