• ホーム
  • ひと
  • この育てられ方はよくある? ジャッジして下さい

この育てられ方はよくある? ジャッジして下さい

レス38
(トピ主6
お気に入り122

家族・友人・人間関係

はるこ

一般的には以下の内容はどうってことない事かどうか皆様にお聞きしたくて…

5歳頃両親が離婚したらしく突然田舎の母方祖父母の元へ引っ越し(よくある話ですね)

父がいないのは「もうすぐ外国から帰ってくるのよ」とずっと言われ続け、本心から信じきって…いつ帰ってきてもいいようにそっと食べ物残して置いたりして…
海外に長期出張してるインターナショナルな父がいて自分は将来はミッション系の大学に行く!と私自身もそう思い込まされ(上流階級な家庭だと思わされてた)

そんなある日(中3の秋)突然3日間の旅行を理由に連れて行かれた遠い街のアパートの一室で「もう帰らないからここに住む」と…

こういう経験したことある人いますか?
心構えもないまま祖父母とも友人とももう会う事ない 荷物も何もかも無い ある日突然…  

突然「これまでの人生ぜーんぶ嘘!」 へっ??どこからどこまで嘘?
受験に命かけてた私自身はどこいった?? ここはどこ? 相当遠い・・(1000km離れた日本海側の安アパートでした苦笑)

占いで決めたアパートで、祖父母からも出てってくれと言われ(お荷物だったと後に聞いた)母は人知れずな遠い所でこれまでの嘘をごまかせると思い実行。
説明するのは面倒なので連れてっちゃうわーと。その後も母は嘘を通すため嘘の上塗りを続け…

私は当然進学もできず、心が死んじゃって(記憶が無い)…成人後家を出てそれ以来疎遠

これが35年ほど前の話し その後結婚出産し幸せな家庭にいます

ですが私自身がどうしてもこの経験が「虐待」ではないかと年々「とらわれ」が増してきて判断つかないので

この母親は一般的に「普通」の範疇だと思いますか?
それとも親として「異常」でしょうか
それとも子供のために嘘をついた「良い親」だと思えますか?

ユーザーID:8240592124

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いやいや!他人にジャッジさせないで

    普通じゃない 異常 毒親です

    って。私がジャッジして あなたは そうですね ですかね?

    >こういう経験したことある人いますか?
    ないでしょ 

    私の親 毒親です 兄弟もひどいもんでね〜
    ただ 他人にジャッジはさせないよ 所詮は他人だし
    親も信用できない私が他人なんて絶対に信用しないから
    意見も聞かない トピ主様は純情なのかな?

    >その後結婚出産し幸せな家庭にいます
    いいな・・・私は 発達障害のある兄が親が私を襲ってきます
    逃げたいな・・・

    ユーザーID:2611398261

  • よくあることではない

    お母さんも 切羽詰っていたんだろうね。

    実家に帰っても厄介者扱いされて 必死に生きてきたと思います。

    うちも 円満な家庭ではなかったのですが 当の本人たち 両親は それこそ 良心の呵責もない しかたがないだろう という感覚でしたね。

    要するに 自分が生きていくためには 子供が犠牲になっても仕方ない 食べさせてやっているんだからいいだろう という感じかな。

    あの時もっと と思いますが 今更どうしようもないことです。

    と言って ありがとうなんて 口が裂けても言えませんからね。

    大事に育てられた人は その恩返しをする そうでない人は それまで。

    よくある? ないと思います。

    ユーザーID:8812740638

  • レアケースだと思います

    親が離婚し、祖父母に育てられるのはあります。
    しかし、嘘をつかれて、中3のあなたに何の説明もなく、
    連れて行くって珍しいと思います。

    子供が幼いのであれば、
    説明しても理解しにくいからその時は話さないケースはあるかもしれません。
    しかし、15歳の思春期ですから、経緯を話さない方が不自然です。
    子供の為に嘘をついたのではなく、自分の為では?
    お母様自身が子供を誤魔化して切り抜けたいだけだったと思います。

    記憶がとんでしまっているくらいのショックだから、
    なにかしらの虐待には当てはまるかもしれません。
    精神的なものかな?

    ユーザーID:0950076001

  • 仕方がなかったのかも

    シングルマザーです。お母さんにしか本当の気持ちは分からないけど、1人で子供を育てるのは、精神的、体力的、金銭的に簡単なものではありません。手をあげたり逃げ出してしまう親だっている中で、そこまで育て上げたのなら「虐待」と呼ぶのはどうかと思います。父親のことも「後から」、祖父母からお荷物だったと「後から」聞いたんですよね。本当の父親の話は聞きましたか?

    私の夫は突然出て行きました。育児から逃げました。行き先は知っていましたが、戻ってくるのかどうかも分からず、子供に「父は子供を見捨てた」とは言えず「出張だ」と伝えました。1ヶ月後に戻ってきて正式に離婚(夫に新しい相手が出来たため)し、子供にも離婚したと言いましたが、夫が戻ってこないままだったら、私も出張説を重ねて外国行きにしていたかもしれません。
    実家に帰ろうとも考えましたが、私の両親も子供好きではなく、訪れても酷い態度でした。表面上は世話をしてくれたので、子供は今も時々祖父母に会いたいと言いますが、「遠いから行きたくない」「お金がない」と誤魔化しています。大きくなった今なら、自分が歓迎されない孫だと分かってしまうでしょう。

    子供はいつか私の嘘に怒るかもしれません。友人でさえ「嘘は良くない。本当の事を言え」と進言してくる人もいました。でも、私は子供には自分は愛されていると信じて明るく育って欲しい。私自身が、望まれない子ではないかと悩んで辛い子供時代だったので、同じ思いはさせたくありませんでした。もし、はるこさんが私の娘なら、疎遠になっても嬉しいです。トピ文から明るい性格がみえます。お母さんは嘘に対して言い訳などしましたか?今の幸せがあるのは、悩みなく過ごした子供時代のおかげもあるのでは?

    嘘には自分を守るための嘘と、相手を守るための嘘があります。お母さんはどっちだったのでしょうね?

    ユーザーID:7654624315

  • 虐待ではないとは思います

    普通ではないと思うけど、虐待とまでは行かない気がします。
    なんていうか、よくある「毒親」ってやつかと…

    とらわれ、っていう表現、わかります。
    私もちょっとあります。

    解決しなくても理解するだけで心が楽になることってありますよね。

    ユーザーID:1075656841

  • 普通ではないかなぁ

    でも虐待まではいかないような。

    私が読んで感じた印象としては、お母様はちょっと精神が病気な人、
    親が病気のせいで苦労した子供と言う感じです。

    ユーザーID:8418046194

  • 真面目に聞いてますか?

    よく、女の人(には限りませんが)は、気を使ってやる嘘について、「嘘も方便」とか「バレずにつき通せば、嘘も本当」とか「墓場までもって行けば良い」とか言うのですが、私はそれが一番の嘘だと思っています。
    嘘は、必ずバレますし、秘密は必ず漏れます。
    人間は知性と探求心の動物です。本能的に真実の生の情報を求めるし、それを得ることで、初めて納得の行く自分自身の判断が出来る、その繰り返しによって人として成長出来るのです。
    だから、肝心の事について大嘘つかれたら、人格が歪むだけで、まっとうに成長出来ず、全く子供のためにならない。
    だから、そういう親は、悪いけど、心の弱い、ネジ曲がったダメ親だと思います。
    私は、あなたのような経験はありませんが、子供に都合の悪い情報を伝えるときに、嘘にならないよう、最大限の工夫はしているつもりです。真っ赤な嘘は、絶対ダメですよ。そこが境界線だと思います。

    ユーザーID:3592217838

  • 安易なジャッジは出来ないが

    母上は行き当たりばったりに生きたのかな。

    そんなことを考えても明るい未来はない。

    今を力強く毎日を生きるのが価値的だよ。

    旦那様を大切に子供さんを大切にしましょう

    ユーザーID:3878359824

  • 子供だよね

    >中3の秋
    いや、もう、ここにビックリです。

    >祖父母からも出てってくれと
    お荷物ってことは、お母様は祖父母の家に労力やお金を入れてなかったのかもしれませんね。

    >上流階級だと思わされていた
    あるある。私も幼い頃から親から「大学進学したいなら、立教や青山が良いわね」と言われていまして。赤本で学費調べて、このくらいまでなら私立もOKなんだと安心していたら…高3で学校推薦で有名私立の話が来たので、ワクワクしながら三者面談したところ「私立ダメ絶対!国立だけ受けなさい!」
    塾もダメ、滑り止めなしで国立行けるほどの頭もなく。アレはかなりショックでした。もっと早く言えーと、後年伝えたところ「あんなに学費が高いと思わなかった」…知らないで見栄えだけで勧めてたようです。

    それにしたって、トピ主さんのお母さん、中3の秋に転居は無いわ…自分の事しか考えていない人すぎます。

    ユーザーID:6026465185

  • 親子揃って目を背けるタイプ?

    突然夜逃げ同然に子供連れて引っ越すお母様には驚きますね。
    小学校低学年ならわかりますが、中3まで母親の嘘を信じ込むトピ主さんにも驚きます。
    本当に気づいていたけど信じている方が幸せだから目を背けていたのかな?

    普通ではないと思います。
    でも毒親というのはもっと意図的に子供を不幸にするタイプだと思うので、そうではない気がしますよ。
    子供の人生どころか自分の人生もまともにどう生きたらいいのかわからない人で結果子供を振り回した愚かな人って印象です。

    ユーザーID:0816417394

  • う〜ん

    確かに異常な親だと思うけど
    さすがに中3の時点で何にも気付いていない…というのも信じられません。
    学校にも行かず、自宅で育てられていたならいざ知らず、それまでは
    普通に学校も行っていたのでしょう?
    精神的に幼い…というレベルでもないような気がします。

    まぁ、それでも現在は幸せに暮らしているという事なので
    それで良しって事じゃないですかね。
    一人親で、その親もマトモじゃないって事はキツかったと思いますが
    その分、介護とかそういうのも無さそうですし、気は楽でしょう。

    虐待と思えてしまうかもしれませんが、ある意味では良かったと思います。
    とらわれる必要は全くありませんね…

    それにその後、親からの連絡も無いのでしょう?(トピ主が連絡先を言って無いのでしょうが)
    それについてはまだ良い親だと感じますけどね。

    ユーザーID:0552988568

  • いやいや

    >私は当然進学もできず、心が死んじゃって(記憶が無い)…成人後家を出てそれ以来疎遠

    これが答えでしょう。
    他人に「良い親よ。普通よ」と言われて
    そうか普通なのか。私は幸せだったのか。と思えます???

    「辛かった。自分は可哀想だった」と思って良いんですよ。

    なんならもっと吐き出して下さいね。

    ユーザーID:4732100496

  • 虐待ではない

    虐待ではないですよね。

    真実を知らされなかっただけで、肉体的にも精神的にも虐げられてはいない。

    トピ主さんの言い分だと、高年収だけどモラハラDVの夫と母親が離婚して突然貧乏暮らしになったら「虐待」ってことになりますよ。

    小さな子供に離婚や死別を隠すこともよくあることです。

    中3まで親の嘘を見抜けなかったトピ主さんも暢気というか…普通は、親の様子を見ていれば嘘なんて小学校高学年にもなれば見えてきますし、親が巧妙に隠そうとしても迷惑がった祖父母や親せきなどが真実を告げてくると思いますが、そういうことをされなかったということですから、トピ主さんは大事に育てられたのだと思います。

    うそつきのお母様のおかげで苦労されたのでしょうが、親の状況の変化に伴う経済的影響を子供が受けるのは仕方がない(裕福な家庭だったが親がリストラされて受験断念とか、普通にあり得る)ことですし、ましてお母様の「嘘つき」が精神的な病が原因だったとすれば猶更仕方のない状況でしかないと思います。

    中3で突然の状況変化についていけなかったにしても、進学したければ働いて資金貯めてからでも行けたはず。

    そうしなかったのはトピ主さんの選択であって、嘘つかれてたのがショックで進学できなかったのが虐待だとまでいうのはトピ主さんが「幼いころ大事にされ(すぎ)た記憶から抜け出せない」ための甘えだと思います。

    これが、母親の嘘のせいで学校でいじめを受けたとか、常識や価値観を教えられなかった(間違った常識ばかり教え込まれた)とか、就職の内定をつぶされたとかなら「虐待」と言えるかもしれませんけどね。

    ユーザーID:5092048177

  • 良い親ではないのは、分かってるのでしょ?

    だったら・・・
    切り捨てしていくと、残るのは普通か異常

    そんな体験をする人は世の中にそういない
    それも分かってますよね
    だから答えは「異常」でいいのではないですか?

    結果は疎遠とし35年も経ったのですよね。
    そして現在は幸せ
    急に気になったのは・・ご自分も年齢を重ね
    気になる何かがあったからでは?

    35年で築き上げたものがあります。
    過去は捨てたつもりなのに・・と

    答えをはっきりと自覚したら
    トピ主さんは今後何を考えるのだろう?

    ユーザーID:0153333731

  • 生まれてきたから今がある。

    私は、それらが普通だとは思いません。
    異常かどうかは、もしかしたら、そうせざるを得ない理由が有ったのかもしれないので何とも言えません。
    良い親…って何でしょうね?

    それでも一生懸命生きてきて、今が幸せで何よりです。

    辛い過去は、自分を優しくしてくれます。(他人の気持ちに寄り添えるようになります。)
    生まれてきて、過去があって、今があり、未来に繋がるのだと思います。

    年々「とらわれる」ように思うのは止めて、自分に少し余裕が出来て、「思い返してるだけ」と思い直して下さい。
    それらを「虐待」であったと決めることで、前を向いて歩けるなら、「虐待だった」で良いと思います。
    それで区切りをつけましょう。

    今の幸せを大切に、今を一生懸命生きましょうよ。

    ユーザーID:9274520482

  • 嘘もがんばらないとばれる

    正しいか、正しくないかはともかく

    うちの親も異常でしたけど、一緒に生活していれば、親の嘘なんて小学生時代から見抜けてましたよ。

    祖母までが「うちは平家の血筋で」とか言ってましたが。多分、学のない人だから当人は信じていた。
    こちらは小学生ながら
    「へー。」
    と話を合わせながら、
    「家系図くらいいくらでも偽造できるよ」
    と内心思ってましたよ。
    ダメダメな親を見て、祖母を見て、なにを信じろと言うんだという感じでした。


    子どもが、中学生になっても信じられる嘘のつきかたってすごいですよ。
    むしろ、愛なんじゃないですか。日常生活でも信じる根拠があったんではないですか?
    それって、親の愛の努力ですよ。

    方向は間違っているけど。でも、がんばってくれたんだなと思うよ。

    今幸せで良かったですね。
    離れていたって幸せになれる力も親がくれたものなんだから、
    いい親御さんだったんですよ。

    幸せになってるあなたも親孝行な良いお子さんですね。
    結果よければそれでいいんですよ。

    ユーザーID:9190620618

  • まず一般的ではない

    トピ主さんの生立ちはそもそも一般的ではないですよ。
    なので到底『普通』とは言えないと思います。

    そしてお母様は間違いなく『異常』でしょう。
    ただし『虐待』とは言えないかな。
    そして『悪い親』とも言えないと思います。

    お母様も気持的に当時いっぱいいっぱいだったのではないですか?
    せめて子供であるトピ主さんにだけにはイヤな思いをさせたくない一心だったかもしれません。
    まぁこればっかりはお母様本人に聞かない限りは分かりませんが。

    だから虐待とは言えないし悪い親とも言えないんです。
    少なくとも祖父母宅にいる間、あなたは『祖父母に疎まれていた』事実を知りませんでした。
    これは単にお母様の優しい親心だと思いますから。
    中3の引っ越しが突然だったのにも何かしら理由があったのだと思います。
    ちゃかして『占いで決めた』と話したかもしれないけど、きっと何かあったんです。

    お母様は嘘に嘘を重ねたかもしれないけど、その嘘であなたは幸せな気持になったことが一度もないですか?
    そりゃあ中3以降は『嘘ばっかり』と思ったかもしれないけど、それまではどうだったの?

    寂しい思いもしただろうし、辛いこともあったでしょう。
    でもその程度で済んだのは、お母様の嘘があったからだと思います。
    これはお母様による虐待ではなく、愛情だと私は思いました。

    ユーザーID:6849273447

  • 下の上

    一般論で言えば、もちろん良いお母さんではない。
    ただ世の中には色々な事情や家庭があって、特にシングルマザーとなれば、
    なりふり構っていられない事情もあると思います。

    そういう意味で、言い方は悪いけど「下の上」という感じかなと…。
    子供の気持ちになるとか、先の見通しをたてることが出来ない人ではあるし、
    多分大きな問題にもまあどうにかなるさ、という幼稚な生き方とは思います。
    それによって子供の歩む道に大きな影響を与えてはしまったけど、
    日常的に辛く当たるようなことはなかったような感じなので…。

    でも一つ疑問なのは、主さんが中3まで何も気づかなかったのか?という事かなあ。
    外国に長期出張とはいえ、5歳から10年間、一度も問いたださなかったのかな。

    なんというか、この程度のダメ親さんは多分世の中にいっぱいいるけど、
    主さんが並外れて素直で信じやすかったために、ショックが倍増した、
    みたいな話にちょっと見えたので…。

    ごく普通のちょっと生意気な子供だったら、さすがに小学生のどこかで、
    お母さんに本当の事を問いただして、そこで思い切り母親とぶつかって、
    現実を知って、ショックを受けたけど自分のやるべきことを探す…
    みたいなプロセスをたどるような気がします。
    それだったら親への恨み辛みは残すとしても、心を殺される程のショックとは
    ベクトルの違う感情だったと思えてしまいます。

    ある程度大人になるまで、夢の世界の住人みたいな感じだったから、
    現実を知って余計にその経験を超えられないのだと思いますが、
    なんだかそのあたりに別の闇がありそうな気がするのですがどうですか。

    ユーザーID:2611225701

  • 大変でしたね

    でも今お幸せになられて本当によかった。
    私自身も幼少期には色々ありまして、今50を過ぎましたが「とらわれ」が増すという感じ、とてもよく分かります。

    はるこさんの育てられ方は100歩譲っても普通の範疇には入らないでしょうね。良い親とも言えないでしょう。ただ、その時のそのお母様にとってはそれが精一杯だった。それが現実だったという受け入れるしかない事実です。

    私も今、つつましくも穏やかで幸せな毎日を過ごしています。日々、何事もなく過ぎていくことに感謝しかありません。
    果たしてあの辛い幼少期がなかったとしたら、私はここまで幸せを実感することができただろうかと思うことがあります。

    人は必要な体験しかしないと聞いたことがあります。
    妙に腑に落ちてしまいました。
    世間と比べれば異常だったでしょう。私も一生「とらわれ」から離れられることは無いだろうなと感じます。
    ですが、辛かったこと、寂しかったこと、今でもやり切れない気持ちになって号泣してしまうこと、すべてが今の自分を形成しています。そして私は今、幸せなんです。その方が大事。

    それから、飛躍しすぎだと思われるかもしれませんが、私がよく思うのは、もっともっと広い視野で見たら、この恵まれた国で飢えるわけでもなく何とか育ててもらった。それだけで充分幸せではないかと。
    生まれてから死ぬまでずっと戦地という子供、親に代わって生計を立てる学校など行けない子供、奴隷、、、私たちの想像も及ばない環境で生まれ育つ子供たちは世界中に数多く存在します。それに比べたら…って思うんです。

    ユーザーID:0837537299

  • 大胆予想で、夜逃げ!

    主さんと私は同世代と思われます。

    多分、お母さんは夜逃げをしたのだと思います。
    とくに中3の引っ越しは、その可能性が高い。

    お母さんは浪費癖があって、金遣いが荒くなかったですか?
    借金がたまって返済ができなくなって、遠くへ遠くへ逃げた。

    祖父母にも、学校にも、主さんにも、誰にも知らせないで、着の身着のままで家を出たのは債権者から逃げるため。

    そう思うと納得できませんか?

    おそらく小さい頃の離婚は、お父さんの事業失敗が原因。
    祖父母のところへ身を寄せたのも、夜逃げ同然だったのかもしれません。

    夜逃げ経験者だったお母さんは、躊躇なく2回目の夜逃げを決行。
    そんな気がします。

    私が小学生の時、近所に夜逃げした家族がいました。

    朝、登校しようとしたら使いかけの調味料一式が玄関先に置いてありました。
    母にそのことを知らせて登校班集合場所に行ったのですが、下級生の女の子が来ない。
    昨日まで普通に登校してて、同じクラスの子が「休むとは聞いていない」と言うので、家にピンポンしても誰も出ない。

    おかしいねぇ、と思っていたら、その一家は夜逃げしたあとだったんです。

    使いかけの調味料は、その家のものでした。
    私の母は夜逃げしたお母さんと仲がよかったので、置き土産だったらしいです(好意です)。

    他の家にも玄関先に野菜とか、いろいろな置き土産があったそうです。
    アパートの部屋には家財一式が残ってて、着の身着のままで夜逃げしたと、あとで聞きました。

    そして主さんの質問ですが、お母さんは普通ではありません。

    虐待というか、極めて自分本位のわがままな人間だったと感じます。

    ユーザーID:3863209331

  • トピ主です

    いい歳して…と思うんですけど
    不思議と年々増してくるんですよ 忘れかけた記憶が・・
    人生の終わりを意識する年齢に近づいてきて「とらわれ」がきつくなってきまして
    これどうしたらいいものかと孤独にもがいてる状態です
    文章暗いと誰も読んでもらえないし・・ちょっと明るめに言ってます(笑

    そうそう、虐待ってもっと違う感じかなとも思うんです。だからわかんなくなって…
    進学できず中卒になり1〜2年ひきこもりました、アパートに・・その頃の事よく覚えてないんですけどね
    どこかに合格でもしちゃって進学になると引っ越せないと焦ったんでしょうねギリギり秋でした

    田舎の祖父母は老後を邪魔されたとの思いだったみたい今思い出すとそういえば笑顔をあまり見た事ないし嫌だったんでしょうね
    母はエリートコンプレックスかな・・やたらある大学名に固執して聞かされたし知ったかぶりたがりな感じでした(都心の大学出)
    私は子共ですから純心に「すごいひとなんだなーうちの家族!」って信じ切ってましたー中3まで笑

    あれ以来、同級生とも祖父母とも会わずじまい、私には同窓会やら同級生やら想い出やらは・・・無い
    祖父母は数年後亡くなったそうです。私は成人するまで訛りで何しゃべってるかわからない地方のアパートですごし
    天涯孤独状態で上京し別人として生きてきた感覚?です(ちょっとわかりにくくてスミマセン)
    大検だけ受けたので高卒といえば高卒ですね…学校行ってないけど(自分の子供は大学卒業させました)

    ・・・その母が数年前私の近くに越してきまして…(田舎のアパートはもう嫌らしい)
    私が多少裕福な結婚相手に恵まれたのもあるのか…近くで無言のストーカー的に存在してる感じ

    ただこちらは無視し続けてる状態です。夫も薄々変な様子に気付いてますが何も言いません(夫は円満家庭の出です)

    ユーザーID:8240592124

  • トピ主です

    そういえば父の事ですが・・

    その外国行ってるのよ〜と聞かされて以来、聞いていません
    「そんな年齢になるまで信じきってるなんて…」と言われてみればそうですけど
    でも疑うっていうのがなかったですねーだって何で嘘言う必要ある?って思ってますからその時は…
    あとから考えて「そーいえば色々つじつまがおかしいわ」ってなる。 それがいっぺんに突然のアパート事件で来たんですよ(0%からいっきに100%キター!)って位でした

    父は生きてるのか亡くなってるのか…どんな人かどこの人か…いっさい聞いてません
    そういう話を質問したりしていた十代の頃、聞くとダンマリを通されるので(会話の無い家庭)なのでだんだん聞かなくなったですね
    んーまぁいまさらその事はどうでもいいんですけど、面と向かってちゃんと気持ち伝える誠実さが無い母のその固執した部分が嫌いかな・・・

    いやいやーここで聞いてみてよかったですー
    虐待とはちょっと違うんですねー…ここには言ってくれる人がたくさんいて助かる〜ありがとうございます


    あとは、もっかの悩みは「心の中で怒りが抑えられなくなる自分」でして…

    まだ元気な母がたまに人づてに私をねぎらうようなセリフを言うのを聞くと「怒り」とも「憎しみ」とも思える感情がサーっと湧いてくるのを抑えるのがしんどい・・

    私のほうが異常だとしてもいいんですが…これどうにか楽になれないかと…
    しかし、もうそう長く続くわけじゃなし、その時まで紛らわせながら、、できるだけ会わないように・・・

    人生終わりが近づいてくると原点に帰る(?)っていう感じが想定外で・・(歳とともに忘れていけると思ってたからー)

    みなさんもそんな感じ?

    ユーザーID:8240592124

  • そこまでの嘘を本当に信じていたの?

    いますよ。すっごいウソをつく母親。
    病気だと思います。妄想を越えたウソをつき、言いふらしていい年した周囲の大人が信じ込むほどの演技力ですから。
    でも、よく考えたら辻褄の合わないことばかりなのに、ウソを信じ込んでしまう人たちにも大きな問題があると思います。

    私は子どもの頃から勘のいい方でしたから、子どもでも周囲のことに敏感に気がついていたし、自分なりの考えを持っていたし、私もそこそこ優秀だったのに大学に行かせてもらえなかったけど、今は独立して幸せな家庭を築いていますよ。
    それで良くないですか?

    あなたのお母様はかなりの嘘つきのようですから、子どもとは言え、もう少ししっかりしていたらふつうは薄々気がつくんじゃないかと思います。そこそこ優秀だったのならば尚更です。
    半分は気がつかなかった自分を反省しながら、お母様とは完全に離れ今の自分の家庭を幸せにしていくことに徹した方がよいと思います。

    >この母親は一般的に「普通」の範疇だと思いますか?
    それとも親として「異常」でしょうか
    それとも子供のために嘘をついた「良い親」だと思えますか?

    おそらくもう40代くらいの方ですよね?
    この期に及んでまだ人に聞かないとお母様の異常さに気がつきませんか?

    ユーザーID:1077371614

  • 間違いなく、虐待。

    (中3までおかしいと思わなかったのか?)  ←これについては、確かに、同じような状況だったらおかしいと気が付く人が大半でしょう。
    でも、だからと言って、何なんでしょうか?例えば、少なくとも10%くらいはトピ主さんと同じになると仮定することは大げさではないと思います。
    つまり、10人の中の1人の割合のことを無視するべきではないと思います。十分あり得る話、現象というわけですよ。

    それと、中3という年齢はちょうど境目です。次の1、2で何か悟った可能性もかなり大きいと思います。


    <私は当然進学もできず、心が死んじゃって(記憶が無い)…成人後家を出てそれ以来疎遠〜

    トピ主さんのような経験をしたら、このような物凄い状態になることは当然だと思います。決してトピ主さんが反応しすぎという訳ではない…
    だから、虐待です。

    トピ主母がつい嘘を言ったことはそれ程悪いことではないが、嘘をつき続けたこと、嘘を信じている娘の状態をほったらかしにし続けたことは重罪です。

    また、娘の人生の一貫性をメチャクチャにしてしまったことも、本当に酷いこと。
    母にとってはずっと伏線のあることだったのに、娘に何の説明も見通しも与えず、急にある日…酷過ぎます。

    私は判断に迷いません。間違いなく虐待です。

    ユーザーID:8311570590

  • mwkさん そんな感じです

    >主さんが並外れて素直で信じやすかったために、ショックが倍増したみたいな話・・

    そうですね↑こんな感じ、お恥ずかしながら…
    それまでの私は世界一すごい親元に生まれてうちってすごいんだーって信じきってたし…
    というか、それ以外の世界を知らない、言い方変えればそれ以外いっさい教えられてない世界にいたっていう感じかなー

    祖母も母も教育や導くって事をしない、会話ナシな家でしたし(もちろんそれが普通だと思ってた)
    あっそうそう、私、屋根裏部屋で過ごしてたんですよ…古い屋敷で、そこしかなかったし丁度よかったんですけどね
    最後の最後まで正面玄関から出入りさせてもらえなかったでしたねー(そっと裏から入れとしつけられてた)
    時代的に不思議でもなかったしそんな事はツラくもなんともなかったけど

    これだけ「純粋に信頼し自分の命かけても喜んでもらえるようにと毎日一生懸命父の帰りを待ち続けたあのながーい日々…」

    ↑ここが今の「とらわれ」から抜けられない元凶だと気付きました・・・

    だけどその後の対応次第では分かり合えるようになったと思うんですけど

    母の導きかたは…会話では「○○ちゃんはすごいのよ〜〇学校に行ってるんですってーあなたはムリだわねー」とか他人様の話ししかできない
    よくいるダメ親セリフを言って奮起させようとする方法しかできない(褒めるとダメな子になると信じきってる親)人でしたからー

    軟禁状態のアパートで・・「ここから逃げ出そう」としか、もう考えられなかった十代でした
    その当時のあの「絶望感」がよみがえるようになってきたんです近年…フワーとした脳内がパニックになるような変な感覚…

    だからもう声聞きたくない…思い出したくないからヤメテー!

    ↑これが今の正直な状態なんです 親不孝な最低な人間です…

    ユーザーID:8240592124

  • たぶん・・・

    2つ目のレスを読んで、はじめてレスしています。

    「怒りお抑えられなくなる自分」の気持ちはちょっとわかります。
    一瞬、頭に血が上って、最悪の事をしてしまいそうになった事がありました。

    結婚相手の親が挨拶に来て、ちゃんと育ててきましたよ、みたいな感じで親に挨拶された時かな?
    お前に育てて貰った覚えはない!!と大声で叫んで、ちゃぶ台返しをしたくなりました。
    今ごろ親みたいな顔をするな!!・・・って感じだったか・・・。

    その後でちょっと決定的な行き違いがあって、心底、親という存在に期待を持たなくなりましてね。
    軽蔑に近い感情が持てました。
    そしたらだいぶ楽に生きていけるようになりました。

    無言のストーカーのように潜まれているストレス。
    最悪ですよね。
    きっと何かのきっかけで(入院の保証人とか、手術とかの保証人で呼び出される)向き合わないと行けなくなると思いますが、ギリギリまで近づかないでいて良いんですよ?

    私の場合は、普通の家庭の子供とかならして貰えただろう事に対しての怒りが強かった気がします。
    幼い怒りですが、思い出さないでいる努力の方が面倒になって、1、2週間くらい全部思い出しては「今なら〇〇する、できる、○〇しよう」という対処法を思い出の中の自分と仮想の親で繰り返しました。
    そして、あの頃とは自分は違うと確信していけました。

    それで何かが吹っ切れたのか、楽になりました。
    その後は、親の顔を見ても殴り掛かりたくなる衝動には駆られていません。
    心の距離が遠くなったせいか、優しくなれています。

    全ての思い出と戦った時期は、悶えるような気持ちの浮き沈みがありましたが、効果はありますよ。
    無駄な苦労をさせられてきたと、同情します。
    仕返しに、明るく生きていきましょうね。

    ユーザーID:6045554953

  • 旅の途中だったんですね

    まだ、乗り越えていない毒親だったんですね。何年も疎遠にしてそのまま遠ざかった人なのかと思ってました。
    そりゃ、腹も立ちますよ。

    良いんですよ。
    その怒り。

    ちゃんと怒って大丈夫です。
    私も一時期は母に対して

    ものすごい怒りがありました。何年も持っていました。

    それ、ちゃんと超えられますから、今は怒っていいんですよ。

    どんなことされたのか、ノートに書き出してみてください。
    で、自分が今そのことをどれだけ悲しく、腹立たしく思っているか
    書き出してみてください。

    良くがんばりましたね。あなた一人でほんとに良くがんばりましたね。

    いまさらお母さんが現れて、許せるわけはないですよね。
    お母さんはあなたの苦労なんか何にも知らないくせにね。

    虐待されなかったからって、親に怒りを抱いていけないことはないです。

    ホントはどうして欲しかったのか、自分で書いて整理しましょう。

    実の親からも疎まれるくらいなんですから、お母さんて、当人以外からみたらとっても困った人だったんですよ。
    それは、間違いないです。
    あなたも騙される以外にも、酷いことたくさんされてたんですね。
    あなたを騙していたこと以上に、酷いことされたのに気づいていますか?

    あなたは子どものころ、もしかして、無意識に嘘にも気づいていたけれど、嘘以上のひどいことをされるのを恐れて、お母さんの嘘を信じていたのではないですか?

    だから、今は、怒りに燃えときましょう。

    子どもをそんな風に怯えさせていた親なら、酷すぎます。

    大丈夫だから。怒っとこう。

    ユーザーID:9190620618

  • トピ主です

    ぴよさん
    現在の大変な状況の時に聞かせてくださってありがとうございます
    仕方ない…そうかもしれないです、それはそう理解できるときもあったんです
    ただうちの場合その後がよくなかった…

    騙す(嘘と騙しって違いますよね)…それを分かり合えるよう努力するってことの無い母でした(方法がわからない感じ)
    こちらから何度も聞いたりしたこともあったんですけどね、そのたびに「まぁー何の話ー?そんなことあなたは知らなくていいのよー」
    で…これ以上会話終わり。そして騙して連れて行きまた無言…
    こんな信頼関係崩す方法しかとれなかった(そういうところが母の変人たるゆえん?みたいなひとです)

    だからぴよさんは、ぜひお子さんとは信頼関係持ち続けれる関係でいてくださいね
    うちの様な「騙し」とは違うから…きっと「良い嘘」になれます



    「母の愛情」と思えるかたも有難うございます。そうですか、やっぱりそういう愛情か・・なんかホッとする自分がわずかにいます苦笑
    疎遠して憎しみを独りで溜めているうちにすっかり希薄な関係になり、愛情??どこが?と気付けずにいました
    気付かないように拒否してるのかもしれませんねー

    どなたかが言ってた「行き当たりばったりな人」これ近いです
    こだわるところ、気にするところ「そこ?」ていうところ多々ある人で…さらに他者からのアドバイスとか聞かない…
    それこそ行き当たりばったりに自分のこだわりを通す
    だから悪気は無く「子供を優先して考える、尊重してあげる」という部分が概念に無い!
    というだけなのかもしれません

    あっちなみに
    本舗さん

    私も考えた事あったんですけど…そうじゃなかったです
    自分が好きな工芸のある地方に行ってそれで生計たてたかったらしい。あと良い方角とかだったそう(笑
    お金とかキッチリさんな人

    ユーザーID:8240592124

  • いやはや

    二時間ドラマの展開のようですね。
    ご苦労お察し致します。
    現在はお幸せとのことで何よりです。
    そして、本当に幸いだったのはあなたの母親が、あなたを道連れに最悪の選択をしなかったこと。
    今後もどうぞお幸せに。

    ユーザーID:9340491700

  • 良くいる虐待では無いが、虐待に近い何か

    一般的に虐待と言われる事象は無いけれど、詐欺と同レベルの嘘をついて、結果欺しきれなくなって現実に放り出す。
    かなりな精神的虐待かと思います。
    父のこと然り、教育のこと然り。

    「○○チャンは出来るけどトピ主は無理ね」
    いえいえ、トピ主の親の経済的に無理だっただけで。
    トピ主に責任転嫁する一種のハラスメントですね。

    トピ主はその後、ご自分の努力で幸せと呼べる生活を築き上げた。
    お子さんも大学まで入れて普通の生活も知ったでしょう。
    だからトピ主が、自分の過去の生活が普通では無いと思うなら、それは正しいと思いますよ。
    余りに昔が酷すぎて、自分の考えが普通かどうか自信が無いのでしょうけれど、子育てをして子供が真面に育ったのなら、トピ主の観点はかなり普通に近いはず。
    トピ主がおかしいなら、子供が真面な状況に居られません。
    それは子供の出来では無い。
    親の出来が悪ければ、自立出来ない子供の立ち位置が悪くなるのが当たり前です。
    トピ主の親が悪かったから、真面目に勉強してたトピ主が中卒になったのがその証拠。

    昔の怒りは、トピ主が真面に生きてきたから余計に感じられるのです。
    子供の頃に親を信じてた子ほど、出来の悪い親に怒りを感じる。
    逆に親の言うことを聞かない子ほど、自分が親になり初めて親の苦労を知り、年取って親を敬うようになる。
    後者が、親を恨む前者に「親孝行しろ」と言う場面がよくありますが、前者の方が余程子供の頃から親孝行してますから。
    後者が今更何を言うかです。
    前者であるトピ主は気にすることはありません。

    寧ろ今後その母親に、トピ主もしくはトピ主亡き後に夫子が、迷惑を掛けられないように、過去にあった出来事を文書にして残すことをお勧めします。
    お子さんに過去を話してないなら余計、私には断る理由がある、と言う意味で。

    ユーザーID:3338631951

レス求!トピ一覧