役職定年の収入減に備えてますか?

レス37
(トピ主1
お気に入り221

生活・身近な話題

玉ねぎ

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちの場合

    今年の春から再雇用の主人を持つものです。
    役職にはついていませんでしたが、55歳くらいからと定年寸前までお給料はずっと同じでした。
    定年後は新入社員並みのお給料になり、びっくりです。
    でもボーナスが思ったより出るので、定年の時の半分くらいの年収になります。
    子供は社会人、毎月きちんと家に入れてもらっていたので、定年までは全て貯金していたし、色々貯めていたものを含めて、子供たちには独立の時にそれなりの援助は出来ます。
    定年の前に古くなったマンションを買い替え、老後の費用として一本立つくらい夫婦のための貯金が出来ました。
    私は20年扶養範囲のパートの身です。

    義両親が早く他界したので処分したものが少しはありましたが、50過ぎた時から一年で400万くらいは貯めようと思いながら生活していました。
    ちなみに主人は普通のサラリーマンです。

    ユーザーID:2271695928

  • 乗り切りました

    末子が大学卒業した時夫は60超えてました。
    収入は50代半ばをピークにかなり減りましたが、子供が生まれたときからの学資貯金と妻の稼ぎで乗り切りました。
    若いころの予想より収入は減ったし退職金も少なかったけど、老後資金にも手を付けずに済みました。
    ちなみに妻の収入は扶養内です。

    そもそも700万の収入があったとしてもそれを使い切る想定自体が間違ってませんか。
    私だったらそんな危なっかしいやり方はしません。

    ユーザーID:4872071213

  • 収入って不安定なものですよ

    私も会社員ですが、給料がずっと保証されてるなんて考えた事ありません。そこそこもらっていますが、妻も贅沢なんてしません。
    外食でも海外旅行でもブランド物でも自由に買えますが、欲しがりません。
    おかげで50ですが、子供達の教育費や住宅ローンも目途がつき、老後の貯蓄もすでに3000万円貯まりました。

    ユーザーID:7730178893

  • ある意味恵まれているのでは

    今まであまり気にしてこなかったということはそこそこ良い給料をもらっているし安定している会社にお勤めなのでしょう。

    私は不安定な業界だし、いつ仕事を失うかもわからなかったし、実際に一度会社が無くなったこともあります。
    ですから50歳までに子供達の学資もローンも老後資金もなんとかしなければと考えてやってきました。

    幸い50歳過ぎても会社で働けてますし学費や老後資金もほぼ準備できました。いろいろ準備をしましたが、おそらく一番効果があったのは妻が早めに仕事復帰したことだと思います。

    そのために家事育児は当時としてはかなり分担したと思いますが、妻には感謝です。

    若い人たちは共働きも増えているようだし、トピ主さんが心配しなくてもなんとかなるのかもしれません。

    ユーザーID:0956999432

  • もうすぐ役職定年

    アラフィフです。
    夫はあと数年で役職定年です。

    以前から56才で3割減になる予定と聞かされていたので
    一応備えていましたが、現実はやはり厳しいですね。
    役職定年になったらパートに出ようかと思っています。

    役員になってくれたら給料は変わりませんが、なれるのは数人ですしね。
    上司にゴマをすってすりまくり、奥さんにも何としても出世しなさい!とハッパをかけられ
    何とか役員になった人がいますが人望も実力もないので陰では散々バカにされて
    いるようですし・・・先日その方を見かけたのですが、身なりもボロボロで
    老け込んでおられましたよ。
    それ考えたら56から少し肩の荷がおりて楽に働けるのも夫の健康のためにもいいと
    思っています。

    トピ主さんも仕事お疲れ様です。
    我が家も同じようなものです。
    友人も皆頭を抱えてますよ。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:4961460417

  • 専業主婦なら必死で貯めるもの

    収入ダウンどころか、病気や死別など、明日の事など確実なことはありません。
    もしも、万が一を思えば、常日頃から浪費を抑え、無駄な出費は控えるものでしょう。

    夫の収入が右肩上がりが当たり前と思っていたなら、とんでもなく無知ですよ。
    その56歳以前に、何があるかわからないのに。

    56過ぎても仕事が続けられるのだし、
    今は雇用延長も義務になりつつあります。
    むしろ定年が5年延びると思えば、そのほうがラッキーと思います。

    ユーザーID:9515084727

  • 役職定年、昭和の時代から存在しますが...

    高校生中学生の子供がいる2児の母です。
    夫の役職定年(55歳)まで約1年となりました。

    役職定年の存在を、ご夫婦そろってご存じなかったということですか?
    私は昭和の時代に定年退職した父が、56歳で役職定年になったことを
    知っていたので、そういうもんだと思っていました。
    当時私は中学生で、父の定年退職後に大学進学し無事卒業しています。

    父のさらに一世代前(現在100歳くらいの方と思います)が定年55歳年金開始60歳で、
    無収入の5年間にハードな仕事をして亡くなる方が少なくなかったそうで、
    両親は収入が減っても60歳まで雇ってくれてありがたいと言っていましたよ。

    トピ主様が最近まで知らなかったというのも驚きです。
    実家が役職定年とは無縁だったとしても、役職定年のある職場で仕事していたら、
    若いころお世話になった方々が、役職定年で役職から外れたり、
    関連会社に転籍していく姿を見る機会はいくらでもありませんでしたか?
    コミュニケーション云々の前に、自分の未来に対する関心(危機感)が薄すぎるように思います。
    お金は天から降ってくるのではありませんから、将来のことを常に考えるようにしましょうよ。

    詳細は控えますが、質問の答えは「備えています」です。

    ユーザーID:7394208068

レス求!トピ一覧