これはセクハラでしょうか?

レス55
(トピ主8
お気に入り99

男性から発信するトピ

Messiah

初めて質問させていただきます。アラフォーの独身男性です。

昨今の我が国ではセクハラに関する意識が高まっており、これは男性としても非常に良いことだと思っております。
個々の男性の意識改革が求められているのであり、女性の体つきを見てどう思うという内心自体が差別の問題であって、口に出さなければ良いというわけではないと理解しております。

さて本題ですが、会社の同じ部署の同僚に、いわゆるグラマーな女性がいます。(この表現は私の本意ではありませんが、状況が説明できませんので、セクハラと感じられましたら何卒ご容赦下さい。)

オフィスのフロアが狭く、私達のデスクがある場所の通路も狭いので、職員同士がよく体がぶつかりそうになります。

それで、私はセクハラになってはいけないと思い、彼女がコピーをしているときには後ろを通らないようにしたり、そもそも彼女が急に椅子を引いたりして衝突することを避けるため、別の社員の後ろを通って遠回りするように心掛けています。

ちょうどコピーが終わって動いたようなときにはぶつかる可能性があり、うっかり触れてしまったら危ないですし、私はセクハラになってはいけないと身構えたりして、いつも内心に緊張が走っている状態です。

しかし、よく考えてみると、このような私の行動自体がまさにセクハラなのではないかと思われてきました。
現にそのような行為を選択している瞬間、私の思考は女性を人格として尊重するという思考のみで動いておらず、「彼女の体にぶつかってしまう」という不純な判断が入ってきてしまっています。

つまり、ある種の体型の差異を意識しており、女性を性的な目で見てしまっていることが避けられない状態になっている自分自身に気づきました。
このような行為は、やはりセクハラに該当しますでしょうか? 女性の方々からの判定をお願いいたします。

ユーザーID:0138393225

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 声かけするか、避ける

    少々、小難しく考えすぎでは?
    体が触れ合う、ぶつかり合うのは同性でも嫌がる人はいますし、
    やはり異性に対しては避けた方が良いでしょう。
    (女性から男性に対しても)
    今まで通り避けるか、
    面倒なら「後ろ通りますよ」声をかけるかする。

    それと…。
    表に出さなきゃいいってもんでもないかもしれませんが、
    基本的に、何を思うかはその人の自由でしょう。
    高潔な人柄を目指すのならそれはそれでいいけれど、
    異性を魅力的に思うとか、
    相手の顔や体つきに惹かれるとか自体は、恥じることではないですよ。
    彼女に対する興味関心自体を押さえつけようとするから、
    わけわからんことになるのではないですか。

    相手を不快にさせないよう気を付ける。
    これだけで良いですよ。

    ユーザーID:6309013463

  • 考え過ぎ?

    そこまで考えなくても良いかと思います。
    感じることは仕方ないので、言動でコントロールすればいいのです。
    私(女性)が嫌だと思う男性の行動は
    ・女性をじっと/チラチラ見る
    ・わざと女性の近くに来る
    こういった行動に対しては ”一体何!””気持ち悪い”と内心感じます。ハッキリしないのが嫌です。
    もちろん、ボディータッチやセクハラ発言は論外です。

    かえって、爽やかに挨拶されたり話しかけられる方がよっぽどいいです。嫌な時は当然のように言い返す機会がありますから。

    トピ主さんがその女性を意識して見たりしないのなら、私にとっては言うことないです。男性が皆トピ主さんのようであったらいいのにとさえ考えます。

    ユーザーID:9335115406

  • 気になるんですね…

    申し訳ないけど笑ってしまいました。
    気を使える人ならセクハラにはならないと思います。わざわざ本人に向かって「すごいね」なんて言う人もいますから。
    心の中で思っているだけならセクハラにはならないでしょう。

    それに人の心の中なんて分かりません。
    一見紳士っぽいスマートな男性が心の中では男性優位的な考えを持っていたり、逆に野暮ったくて荒っぽい男性が男女平等な考え方を持っていたりもします。
    まずそういう個人の考え方のベースがあって、それで行動に差がでるんだと思います。それがセクハラの根本的な原因だと思います。

    そういうことに比べたら、異性としてみとれるくらいのレベルはたいしたことない…と個人的には思います。
    ただ、視線などで下心が相手にさとられてしまって、気持ち悪いと思われる可能性はあります。

    ユーザーID:0691915794

  • こんなことまで考えたらきりがないよ。

     トピ主さんかなり細やかに気配りをする人だね。
     でもこんなことまで考えて自分を追い詰める必要はないよ。
     トピ文ではグラマーな女性となっているけど男女関係なく大柄な人と考えればいいだけだよ。
     そんなことまで「内心のセクハラ」なんて考えてしまったら障害者に手を差しのべる事も学力が劣る子のペースに合わせて授業を進めることも全て「内心の差別」になってしまうよ。
     コピー機の件については作業効率や事故防止のために通路幅を確保するのが一番の解決策だね。

    ユーザーID:1107564980

  • トピ主です。

    レディババ様
    ありがとうございます。参考にいたします。
    ただ、私が抱えている問題はそういうことではないので、「セクハラとか何とか言う問題は解決する」ということはないです。

    じゅん様
    ありがとうございます。そうですね、考えすぎです。
    しかし、昨今のセクハラ問題の報道では、私はどうしても女性の声が耳に入ると、自分が男性であることの「原罪意識」に潰されてしまうところがあります。

    コンシェルジュ様
    ありがとうございます。私が1人で空回りしているだけです。
    「もし訴えられたら、通路が狭いことを根拠に男性陣が結束して闘うべき」という状況になることはありません。

    コーヒーショップ様
    ありがとうございます。私の心配の次元は、全く別のところにあります。
    私は、とにかくセクハラ問題を自分のこととして悩んでしまい、全世界の男性に成り代わって全世界の女性に謝罪したくなるような部分があります。

    ムサシ様
    ありがとうございます。その通りだと思います。
    「女性がセクハラだと感じたらセクハラである」という基準を前提に、自身の日々の行動を選択していますが、おかしくなりそうになる部分もあります。

    ペン様
    ありがとうございます。やはり気持ち悪いですよね。
    私はこの数十年間、「女性がセクハラだと感じたらセクハラである」という基準を理解しようと悪戦苦闘し、独り相撲を取っていたのかも知れません。

    mimi様
    ありがとうございます。ここは答えが出てないですよね。
    セクハラとは何か、客観的な定義が必要であるという要請があるのか、それとも女性の感覚が絶対的なのか、今回も答えが出ていなかったと思います。

    ユーザーID:0138393225

  • トピ主です。

    たま様
    ありがとうございます。私は視線に異様なパワーはないと思います。
    ただ、私は大学院でジェンダー論を選択し、女子差別撤廃条約(1979年の国連総会で採択され、1985年に日本が批准)もしっかり読み、レポートでは高評価を頂きました。

    SUZUKI様
    ありがとうございます。女性の方にそう言われると救われます。
    私は本当に神経が繊細で、感受性が豊かなので、「男性の意識改革が必要である」などとテレビで言われた日には、本当に罪悪感ばかりになります。

    kiki様
    ありがとうございます。やはり自己保身だと感じています。
    私は大学院でジェンダー論を選択し、女性の人権に関する文献を多数読んだのですが、部屋の狭さの問題1つ解決できず、無力感が増しています。

    チョコレートサンデー様
    ありがとうございます。私はステキではないので独身です。
    結婚相談所では入会に至りませんでした。「3回目のデートでは手を握ること」という決まりのようなものを最初に言われ、私が「それはセクハラでしょう?」と抗議して、担当者と議論になってしまったからです。

    50代様
    ありがとうございます。本当に生きにくいです。
    ここのところ日本中で巻き起こっているセクハラ告発と#MeToo運動を前に、私はどうすればいいのか、犯罪者のようで息苦しくなっています。

    なす様
    ありがとうございます。男性がそれを言うと、セクハラになると思います。
    これまで男性が長きにわたって女性を抑圧してきたことのツケであれば、男性である私がそれを負うのも仕方ないと思いながら、空回りしている自分が惨めです。

    ユーザーID:0138393225

  • トピ主です。

    KM様
    ありがとうございます。単純な答えをありがとうございます。
    私は本当に神経質だと思います。だから、「世の男性全体の根本的な意識改革が求められるべきである」などという言葉をテレビやネットで目にしてしまうと、自分で自分を責めて苦しくなってしまいます。

    いなちゃん様
    ありがとうございます。私は確かに女性的だと思います。
    だからこそ、男性である自分を否定する意識があり、女性差別を撤廃しなければならないという衝動が内心にあり、それが男性である肉体を否定し続け、この十数年でクタクタになってきました。

    かっこう様
    ありがとうございます。その通りだと思います。
    ただ、ここのところ日本中で議論が起きているセクハラ問題は、男性の意識を問題にしているのであり、表に出さなくても許されないという意見が大勢だと思います。

    匿名上司様
    ありがとうございます。でも、有識者が公の場で言ったら終わりだと思います。
    結論としては、「社会全体での議論が求められているが、いまだ社会の議論が尽くされていない状況であり、今後の議論の展開を待つべきである」ということになると思います。

    するたな様
    ありがとうございます。そうですね。
    30代既婚男性が言えばセクハラではなくても、同じことをアラフォー独身男性が言ったらセクハラになるのは当たり前ですね。セクハラ告発と#MeToo運動に対する世の男性の理解は、この点から始まるべきことになると思います。

    カモミール様
    ありがとうございます。参考にいたします。
    ただ、私が抱えている問題はそういうことではないので、「嫌われないためには、清潔感や見た目も重要」ということはないです。

    ユーザーID:0138393225

  • 問題点を勘違いしていました

    なるほど、自分の思考を恥じて、この思考はセクハラかと悩んでいたのですね。

    思うだけなら、問題ないし、しかも、きちんとその思考を恥じていらっしゃるのだから、さらに問題ないですよ。

    思うだけなら良いだろと、言わんばかりの目つきで見る人もいますから。
    それとは違います。

    あとはね、あなたが、女性を一まとめに見ていることが問題だと思いますよ。
    そこまで細やかな思考の出来る方なんです。

    女性と言えど、一人ひとりが違うことはご存知ですよね。

    たとえば、冗談で
    「グラマーなあなたに触っちゃった」
    ってはしゃぐような女性も居るわけですよ。

    だから、掲示板で聞くより、ひとつひとつ、身近な女性に聞いたほうが良い気がします。
    気分を害しないものの言い方が出来る方だとお見受けしますよ。
    怒らないで聞いてくれる、冷静な女性はどこにでも居るものですよ。


    そして、誰かが、誰かを非難していても、非難されているのはあなたではありません。
    大丈夫。あなたは良い方ですよ。他人の問題は他人の問題で切り離してください。それが難しいなら、AC(アダルトチルドレン)を調べてみてください。

    いろんな問題に関して、たとえば日本人だから他国の人に申し訳なく感じる必要もなく、身近で出会う他国の人に「私はどのような手助けができますか」と声がけして、誠実に対応するとか。
    自分の危なくないところで、こっそり反省するより、自分の出来ることを日々実行するのが一番良いですよ。

    ユーザーID:8988419093

  • トピ主さんコメントを見て

    なんだか相当ずれてる気がします。
    一周回ってセクハラだと思います。
    ただトピ主さんが考えていることとは違います。

    セクハラ=セクシュアルハラスメント=性的いらがらせ

    男性が男性のお尻を触ってもセクハラにならないとお考えですか?
    女性だと言うだけで危険物扱いすることがセクハラではないとお考えですか?
    男性の存在=悪だとすることがセクハラではないとお考えですか?


    「セクシュアル」=「性的」と言う言葉に引きずられすぎじゃないですか?
    コーヒーショップさんがコメントされている通り、ハラスメントとは嫌がらせですよ?
    嫌がらせは相手がいやだと感じたら嫌がらせになりますよね?そこにも疑問を感じますか?
    現実問題として対人関係において相手が何を嫌がるかを完璧に把握することは不可能です。
    つまり誰しもが多かれ少なかれ、他人に不快な思いをさせながら生きているのです。

    きっと「訴えられたらどうしよう」と言う不安によって疑心暗鬼になってるのでしょうね。
    セクハラのみに異常に拘り、拘り過ぎて男性そのものを否定するというセクハラになっています。
    少なくとも私は一男性として、トピ主さんの考え方に不愉快なものを感じます。


    横ですが女性の方にお伺いさせて下さい。
    セクハラを受けていると感じたときに、遠まわしでも何かしらの警告をしますか?
    きっとトピ主さんは自分はそんなつもりは無いのに、降って湧いた様に犯人扱いされると言うことを恐れているのだと思います。

    ユーザーID:0654079605

  • すみません。50過ぎのオッサンです。

    仕事場で体の接触を避けるのは相手がグラマーな女性でも加齢臭ただようオッサンでも同じにすべきかと。その女性を特別な存在と認識し、行動しているということのようなので、セクハラ未遂というところでしょうか。度が過ぎると相手から不快に思われることもありますので、ご注意ください。

    ユーザーID:8336014566

  • がんばってください

    >私は確かに女性的だと思います。
    >だからこそ、男性である自分を否定する意識があり、女性差別を撤廃しなければならないという衝動が内心にあり、それが男性である肉体を否定し続け、この十数年でクタクタになってきました。

    少しうちの夫に似ているような感じがしました。
    私からすると彼はとても男性的なのですが、自分の内面的な部分が女性っぽい、でも男性である以上その否定的な部分を持ち合わせていることが嫌だと言います。

    でもそれは女性っぽいというより、女性の視点を内包しているということだと私は思うのです。
    決して悪いことではなく、私は夫のそういうところをとても好ましく思います。
    セクハラ問題も含めて率直にいろいろな話が出来ますし、女性が被害に遭うことについても我がことのように心を痛めています。

    でもトピ主さんほど肩に力が入っていなくて、もう少し自然体ですよ。
    要は人の嫌がることをしないってこと。グラマーな女性につい目がいってしまっても(そういうこともあるそうです)決して凝視せず次から気を付ける。狭い場所なら相手が通るのを待ってからすれ違うようにする。

    きちんと「相手を大切にする」という気遣いができているうえでの行動であればいいのではないでしょうか。
    わざと後ろを通るのか、本当に偶然ぶつかったのか、本人には相手の意図が伝わるものですよ。それが「ハラスメントを受けている」という感覚につながるのです。
    女性を性的な目で見てしまうこと自体は否定せず、相手を尊重する言動をされたら良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:7538534028

  • トピ主です。

    もちっと様
    ありがとうございます。参考にいたします。
    しかし、昨今の日本の男性に求められていることは、「相手が不快な思いをしなければいい」というレベルではなく、もっと根本的な男性の意識改革を促しているのであり、それが私には重圧になっています。

    も様
    ありがとうございます。1つの考え方だと思います。
    私の場合、「すみません、後ろ通ります」などと声掛けしたとしても、その声掛けがセクハラになっているのではないかと深く悩んでしまうところがあり、新たな問題を生み出してしまうところがあります。

    ミュウミュウ様
    ありがとうございます。その通りだと思います。
    心の中で思っている分には問題ないが、それは口に出してしまうと大変だということになると、世の中の欺瞞と偽善は永久に残り続けるため、これに真剣に向き合う者が苦しみ続けることになります。

    とおりすがり様
    ありがとうございます。参考になりました。
    ヨーロッパ等では、キリスト教の原罪意識が強く、男性が女性を見て性的な欲望を僅かでも持ってしまったなら罪であり、男性は内心を厳しく戒めていると聞いたことがあります。

    太めです様
    ありがとうございます。そうなのかな、と思います。
    職場の環境改善については、私には権限がないので、考えたことがありません。そもそも、私はそのようなことには興味や関心がなく、会社組織で働くには向かない人間なのですが、生活のためには仕方ないです。

    惟任様
    ありがとうございます。私の苦悩のポイントはここなのだと思います。
    昨今のセクハラ議論の高まりは、不必要に外に発信することだけが問題視されているのではなく、男性の内心も問題にされています。内心の差別感情こそが、外部への発信の原因だからです。

    ユーザーID:0138393225

  • トピ主です。

    かた様
    ありがとうございます。ますます混乱してきました。
    今般のセクハラ問題の高まりのポイントは、男性の心の奥底に存在する女性へのセクハラ意識に全ての男性が気づくべきこと、それが人として最低であること、その醜さに個々の男性が気づいて自らを情けなく思うべきこと、等だと思います。

    いじめはいけない様
    ありがとうございます。参考にいたします。
    ただ、私がお聞きしたかったのは、そういうことではなかったので、質問の趣旨を正しく他人に伝えるのは難しいなと思いました。

    たま様
    ありがとうございます。参考にいたします。
    ただ、私がお聞きしたかったのは、そういうことではなかったので、質問の趣旨を正しく他人に伝えるのは難しいなと思いました。

    エノキダケ様
    ありがとうございます。そうですね、気持ち悪いと思います。
    結婚して子供が3人いる友人は、会社で女性社員たちに毎朝、「今日も綺麗だね」と言ってから仕事を始めているそうです。そう言われて嬉しくない女性はいないとのことで、女心がわからない男はもてないと言われました。それで、彼を見習って真似をするよう、私は彼から言われたのですが、私にはできませんでした。やはりセクハラではないかと思うからです。しかし、彼からは、この程度のこともできない男はキモいセクハラオヤジへ一直線だと言われてしまいました。現に友人は既婚で3人の父親ですが、私はいい年をして独身です。事実の力には勝てません。

    シュークリーム様
    ありがとうございます。土俵の女人禁制の問題を思い起こしました。
    女人禁制は差別なのではないか、国民の一人ひとりが真剣に考えるべき問題だとマスコミが言っていたので、私は今でも国民の一人として真剣に考え続けています。しかし、気がついてみると、周りを見ても誰も考えていません。私のような性格の人間は、生きるのに疲れます。

    ユーザーID:0138393225

  • トピ主です。

    茶漬け様
    ありがとうございます。そうですね、迷うところです。
    法務省は、「セクハラを未然に防ぐためには、他人の人権に十分配慮して行動できる一人ひとりの人権意識が重要だ」と言っています。人権意識は人間の内心の問題ですので、「何を思うかはその人の自由だ」ということは許されなくなると思います。

    モーニングティー様
    ありがとうございます。そう言って頂けると涙が出ます。
    しかし、セクハラ防止策となると、「セクハラに対する男女間の考えや意識の違いこそが最大の問題であり、この問題をどのように改善していくかが防止策として重要である」と言われているところです。ですので、「感じることは仕方ない」という考え方自体が許されない時代なのだと思います。

    ポッキー様
    ありがとうございます。示唆に富む意見で、参考になりました。
    ただ今の社会のでは、「女性がセクハラだと思えばセクハラ」なのであり、男性には異を唱えることは許されず、もはや線引きを議論している時代ではないと思います。ですから、論理的に言えば、全ての日本人男性が私のように悩んで鬱々とすべきことが本筋だと思います。

    ユーザーID:0138393225

  • まるで修行僧のよう・・・

    まるで修行僧のよう。
    女性を必要以上に性の対象として見てしまうこと自体が、悪だとお考えなのですね。

    皆さん、相当呆れてますが、気の済むまでとことんストイックに悩めばいいと思います。

    邪念を一切取り去って、無我の境地を目指して下さい。

    ユーザーID:7668145731

  • 議論継続希望

    惟任様
    核心を突いたレスだと思います。が、トピ主さんは男性の心の内を
    問題視して課題として提示されているのだと思います。

    昨今セクハラ事案が沢山提示され、男性として、はてさてどう対応
    したものかと言う段階の議論として、有意義に捉えています。

    只今の所は、(ハラスメント=嫌がらせ)なのだから、行為者の意思と
    行動がなければ「良し」の方向のようですね。

    然しです。女性が男性に対して「セクハラだと思った」時点でセク
    ハラが成立する危うさもあります。
    極端に言えば、女性から一方的に声を上げられた場合には逃げ様
    がないのではありませんか。

    こうした体験は、何度か経験しています。誤解だと思いますが、殊
    セクハラになると容易には、誤解が解けない嫌いも想像します。

    セクハラが実際の言動、現実の言動を基準にすると言うなら、その
    細部と、心理的な動きについて、もう少し議論を続けても良いので
    はないかと思います。

    同じ事案でも、受ける側の視点、思いで犯罪有、犯罪なしとなるの
    では、犯罪の成立要件に欠けるようにも思います。

    最後は、訴えの事案ごとに裁判で決めることになるのですかね。
    裁判になると証拠が必要と言うことで、隠しカメラで「視線確認」
    (行動の一つ)なんてことになるのでしょうね。

    ユーザーID:0512413507

  • どうしたらセクハラがなくなるのか

    実現できるかどうかはともかくとして。
    私が考えるセクハラ根絶は以下の通りです。

    セクハラされていると思ったら相手に何がいやだったかをはっきり伝える。
    言われた側は以後同様の行為を行わないようにする。

    以上です。

    どの行為がセクハラに該当するかどうかなんて、そもそも定義付け不可能です。
    受け取り側の気持一つで変わるのですから。だからこそ「された側がセクハラだと思ったらそれがセクハラ」という表現でしか、定義できないのです。

    「セクハラと言う犯罪は無い」と言った方がいましたが、言葉の意味としてはまったくその通りだと思います。一連の流れと立場を考えれば明らかに不適切な発言だとは思いますが。

    セクハラをなくすことは不可能だと思いますが、なくしたいと思うのであれば嫌なものは嫌と声を出すのは必須だと思います。
    セクハラする方が悪いのだとしても(これもケースによると思いますが)、黙っていては何も変わりません。
    声を上げることはリスクを伴うでしょう。それでも世の中にノーリスクで変えられるものなんて存在するのでしょうか?(変えるではなく、変わったならあると思います。でもこれはただの偶然)

    ユーザーID:0654079605

  • 形式的な対処が正しい

    職場が狭くてぶつかりそうになったりする前に、
    「後ろ通りますよ」とか一言声掛けすれば、
    ぶつかりかねない近距離に本人の意思で近寄っていくことが明らかになるので、言われた相手の虫の居所次第で寧ろセクハラ嫌疑をかけられることになります。

    日本人はセクハラ、パワハラ、マタハラと神経質になり過ぎだといわれましても、日本は冤罪被害については抗弁や名誉回復の機会が全く保障されず、法律上は男女イーブンですが実際の運用に於いて、男性が女性からのセクハラを訴えるとそれが事実であっても訴えた男性が社会的信用を失い、女性が男性をセクハラで訴えれば事実関係の精査・確認をまたずに男性が社会的信用を失う仕組みが出来上がってしまっていますので、なり過ぎるぐらいに神経質にならないと社会人としてやっていけない現実があるのです。


    トピ主さんの現時点での対応は正しいですよ。
    加えれば、グラマーかどうかにかかわらず女性全員に対して同様の対応をしていれば問題ありません。

    昨今の日本の男性に求められていることは、「相手が不快な思いをしなければいい」というレベルではなく、もっと根本的な男性の意識改革を促している面はありますが、しかし上記の通りそれは男性への不当な要求なのです。
    本来、男性と女性は同じ程度の責任感、他者への配慮をするのが正しいことで、男性ばかりが異性の心の内面を先読みしまくらなければならない法的根拠は実は全く存在しません。
    それどころか、法的にはセクハラ・パワハラ加害者になる機会について男女は同じ。

    「男女平等なのだから専ら男が責任をとれ」
    という要請に本質的には正当性なんて無いのです。

    ですので、正当な義務の履行に加えて不当な要求にまで応じている分は保身に過ぎず、それで何の問題も無いことと理解した上で、おかしな意識改革の要求には応じることなく形式的対応で済ますのが最終的には正解です。

    ユーザーID:2135456306

  • トピ主です。

    バッフクラン様

    レスが遅くなってすみませんでした。

    お返事をするため、セクハラに関する文献を何冊か購入して読み込んでいましたが、次々と自分の中で問題が発生してしまい、逆に結論が出なくなってしまっていました。申し訳ございませんでした。

    私は我が身を振り返り、自分自身の偽善性に気がつきました。
    私は、発言小町という場を借りて、「もてない人間はこんなに普段から疲れ果てているのだ」「セクハラ、セクハラとうるさいから、真面目な男性ほど取り越し苦労をしているのだ」という女性への不満を訴えたいという邪な気持ちがあったのです。

    そして、私はこのトピを立てるとき、そのような心の奥底の衝動に気づかないふりをしており、自分自身に嘘をついておりました。私は被害者を装っていました。

    セクハラの加害者の男性は、「自分は何もやっていないのに加害者に仕立て上げられた。自分こそが被害者である」という被害者意識に凝り固まっているのが通常であり、これはまさに私自身のことでした。
    我が身を恥ずかしく思います。

    ユーザーID:0138393225

  • トピ主です。

    ザンパノ様

    レスが遅くなってすみませんでした。
    どうしたらセクハラがなくなるのか、私は文献を何冊か購入して読み込んでいましたが、次々と自分の中で問題が発生してしまい、逆に結論が出なくなってしまっていました。私はまだまだ不勉強ですが、ある程度の理解はできました。

    正社員で役職者の男性は、労働市場で不利な立場にいる女性の失職の恐怖に想像が及ばないのだと思います。
    そのような権力を持った男性は、派遣やアルバイトの女性を1人の人格として尊重せず、職場にいるのはまるで性的対象にされるためだとでも思っているようで、非常に低い意識の中で生きていると思います。

    私自身は非正規で何の役職もなく、何の権力もない無価値な人間ですが、正社員で役職者で権力のある男性達の罪を背負って苦しむことで、少しでも世の中が良くなればいいという思いがあります。

    しかし、これは単なる自己満足であり、この社会に対して何の影響力もないですから、私は再び「生まれてきてすみません」「生きていてすみません」という気持ちになり、今日も内向的で自虐的な人生を生きています。

    ただ、この鬱屈した気持ちが自暴自棄な衝動に転化する萌芽も内心に感じるところであり、ここは日本社会の病理と通底しているとの直観もあります。

    ユーザーID:0138393225

  • 「私の気分を損ねたらセクハラで訴えますよ」が通る社会

    セクハラの問題は、現状の日本では、どうあがいても、何をどうしようとも解決不可能な話です。
    ずばり言えば、男性である以上、全くの無実潔白であっても社会的信用を失う事は避けられません。
    対抗策がありませんからね。
    女性の立場で言うなら、ご自分の旦那さんなどが無実の罪で会社をクビになっても「仕方ない」と
    あきらめるしかないのが現状です。
    それを望んだのは他でもない、女性なのですから。

    ユーザーID:3612102237

  • またまたトピずれかも知れませんが

    トピ主さんの最新レスを拝見すると、「自分がもてないのは女性がセクハラ、セクハラと騒ぎたてることによって、女性に対して壁を作ってしまうからだ」と考えているように見えます。

    実際にセクハラに対して拘りを見せているので、一面的にはそういう部分もあるかも知れません。
    ですが私には根本的な原因はコミュニケーション不足であるように感じます。

    セクハラについて掘り下げていっても、きっと結論を出すことは出来ないでしょうし、トピ主さんがセクハラに拘る原動力ともなっている、もてたいという感情が満たされることは無いように感じます(むしろ逆効果かと)。

    性別や立場に左右されない人間関係構築が出来れば良いのですよね?
    それこそ匿名性の高いネット世界でコミュニケーションを練習してみては?
    ネット内では年齢性別立場、そういった先入観を持たずに、素の状態での人間関係を築くことも出来るのでは?

    コミュニケーション能力が上がれば、必然的にセクハラの問題も解決するかと思います。

    ユーザーID:0654079605

  • 身体的なことは口にしない

    教員ではないですが、公立高校で仕事をしています。
    最近は、いじめ、性的マイノリティ、文化的アイデンティティに
    関しては、私の住んでいる県ではかなりセンシティヴに扱っています。

    校内では、男女差を感じさせるような発言はなし、「さん」で統一、
    性的マイノリティの可能性にある生徒に関しても
    ケースバイケースで対応を細かく考えています。

    一番大切なのは、当事者がどう感じるか?とぴ主さんの行動を「いやがらせ」だと捉えるか否かです。とぴ主さんがどう思うかはあまり関係ないです。

    これが、最近の政治家のオジサンたちが分かってないところです。
    オジサンたちの意見なんて聞いてませんよ。言われた方、された方がどう感じたか?です。
    よって、どのような発言も行為も、「いやがらせ」と取られかねない
    危険性を持っていることを自覚してください。

    あなたが良かれと思ってした発言や行為も、向こうさんが「嫌がらせだわ!」って
    思ったらアウトです。

    もう少し言うと、とぴ主さんが言ってることは、もうずっと前から
    マイノリティ研究では言われてきたことです。
    「○○人だから」「○○人種だから」「女性だから」・・・・・
    (自分ではどうしようもない人種や性別で)
    不利益を被っているから同じに扱ってほしい
    VS
    多様性の表れとして、差異を考慮に入れて扱ってほしい

    でも、その当該女性がどっちなのかは、私には分かりません。
    研究云々は脇に置いて、実生活では、あなたと相手がどう思うか?がすべてです。
    会社が判断下しても、あなたやあいてのどちらかが嫌な思いをしたら意味ないですし。

    結局、私たちはみんな幸せになるために生きているんだし、とりあえず、
    その女性がどう感じるか分からないのなら、身体的なことは口にしない、
    身体的な接触は極力避けるにこしたことはありません。

    ユーザーID:9610071430

  • Yuliaさんの言う通り

    >一番大切なのは、当事者がどう感じるか?とぴ主さんの行動を「いやがらせ」だと捉えるか否かです。とぴ主さんがどう思うかはあまり関係ないです。

    そうなのです。学校では挨拶をしましょうと習いましたが、朝「お早う」と言った事を不快に思われセクハラになった事例や、朝挨拶をしなかった事を不快に思われセクハラになった事例、職務としてコピーを頼んだり来客者にお茶を出してと頼んだ事を不快に思われセクハラになった事例、仕事を頼まなかった事を不快に思われセクハラになった事例、部署の飲み会に誘った事を不快に思われセクハラになった事例や、部署の飲み会に誘わなかった事を不快に思われセクハラになった事例、道で女性を追い抜いた事を不快に思われ不審者として扱われた事例、道で女性を追い抜かなかった事を不快に思われ不審者として扱われた事例
    相手が不快に思うか否かが判定基準ですから同じ人に同じ人が同じ事をしても、運が良ければセクハラとはなりませんし、女性の虫の居所が悪ければセクハラになります。
    トピ主さんが鍛えるべきは何がセクハラなのかを知る事や人間力を鍛える事ではなく、運を鍛える事です。

    ユーザーID:5899980974

  • 不毛な議論

    結局、どれも絵に描いた餅ばかりで実現可能な防止策はないんですね。

    運を鍛えるのが一番というのが皮肉。
    ごもっともなので笑えないんですけどね。

    ユーザーID:6759405302

レス求!トピ一覧