• ホーム
  • 働く
  • 代理店営業とはこのようなものなのでしょうか…

代理店営業とはこのようなものなのでしょうか…

レス2
(トピ主0
お気に入り5

キャリア・職場

みんと

一見様、新規のお客様お断り!という、いわゆる代理店営業(得意先営業)をしているメーカーで事務をしています。

代理店営業のため直接依頼を受けられずお断り、しかも代理店が複数ある為こちらから代理店の紹介をすることは一切禁じられているため、客様自身で探してくださいという案内しかできません。


そのため「殿様商売だな!」などとクレームを受けることが度々あります。
お客の立場であればこんな会社に依頼をしたくなくなるなと思いながら日々対応をしています。


せっかくの依頼を断らなければならないことや、売上を上げろ!と言っているのに依頼を断ることに矛盾を感じ不甲斐なさでいっぱいになります。


騙しだまし今の仕事を8年続けましたがストレスからか体も不調になってきてしまい限界ですが、辞めることはあまりしたくない状態です。

今後、どのように仕事と向き合っていけば良いのでしょうか。

同業者の方、どのように対応していらっしゃいますか?


アドバイス頂けましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:1830992958

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんな難しいことですか?

    会社の規模やポリシーにもよりますが、会社のホームページに「代理店一覧」をおいて、そのページを案内したら終わりじゃないですかね。

    間接販売に徹する、代理店支援に徹して直受けはしない、というのはよくある話です。なぜなら、直受けすると、代理店の利害に反するので代理店が熱心に売ってくれなくなったり、また、中途半端に販売の人材を抱えたり仕組みを持ったりする必要があるからです。そういう制約の中で「売上げを上げろ」というのは当たり前のことです。

    「殿様商売だな」と言われたら、(教科書的ですが)「いえ、弊社の営業組織が弱小でお客様にご不便をかけてしまうことが懸念されますので、営業力のある代理店に対応していただいているのです。」と返すといいです。

    ユーザーID:2383352129

  • 一見様用営業部

    残念だけど、トピ主さんが受け身で仕事をしている限り今の状況は続くと思います。

    トピ主さんの状況を打開するには、
    トピ主さんの裁量で決裁、販売できる範囲を増やすことでは。
    一見様、ご新規様用の営業部をトピ主さんが立ち上げることは不可能でしょうか?

    業種がわからないので一般論になりますが、
    実はプロ向けしかやっていない企業の商品が欲しいという一般のお客様は結構います。

    新規部署の目的は、個人客を大口顧客に成長させること。
    少量でも送料はしっかり取り、赤字にならないよう運営。
    個人客向けの小売販売は「商品の宣伝」と会社に割りきってもらう。
    会社側のメリットは、個人で問い合わせてくるような面倒な客を
    その部署で引き受けてくれること。

    >しかも代理店が複数ある為こちらから代理店の紹介をすることは一切禁じられているため、

    本当に禁じられていますか?
    禁じられているのではなく、お客様の住所に近い代理店をご案内するには
    昔は非常に手間がかかったため、「禁止」する習慣ができたのでは?
    単なる習慣で、うっとうしい個人からの問い合わせを
    シャットアウトするための方便だったのでは?

    ユーザーID:5908981895

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧