• ホーム
  • ひと
  • どうして、いじめられる側が変わらなければいけないのか

どうして、いじめられる側が変わらなければいけないのか

レス193
(トピ主0
お気に入り289

家族・友人・人間関係

夏の光

レス

レス数193

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 193
次へ 最後尾へ
  • えーと・・・

    それとこれとは話が別だと思う。

    いじめられる人は悪い、変わるべきだ。
    でも、いじめられる要素があるのなら、それを修正したほうが楽。
    こういうことだと思う。

    別に変わることを強制はしていないよ。
    たとえば、おどおどして人の目を見ないで聞き取りにくい声でぼそぼそと話す子がいるとする。
    もし、その子がはきはきと声を普通くらいで話せるようになったらそれはいけないことかな?
    違うよね。

    いじめられる要素の中に、社会性から外れたものがあれば、社会にでたときに苦労すると思う。
    いじめではなくて、マナーの問題として。
    前述の子が、たとえばある会社に入ったとする。
    電話の受付をすることになったら、取引先の人は聞こえないので困る。
    他の人が電話をすべて引き受けることになったら、他の人の負担も増える。
    また、いちいち聞き返すことに周りの負担も大きいし、その聞き返す時間も年間で言うとかなりの時間になる。
    それが病気によるものなら、周りも納得するけれど、そうでないのなら変えたほうがよくない?
    私はそういう人と働いていて、苦労したことがあるのでそう思う。
    自分も含めて周りの人が大変なので、少しは変わってもらおうと思ったら、いじめって言われたよ。
    でも周りの人はみんな思ってた、こっちのほうがいじめられてるってね。

    容姿や振る舞いを変えようって思える人は柔軟な人なんだと思う。
    それは、自分でそうなろうとした結果で、その人が決めた選択。
    トピ主様がそれについてとやかく言うのは「おこがましい」話だよ。

    もしそれが、変わりたくないのに、無理して変えた、前の私のままのほうが良かったのにって言う人がいるとしたら、だったら変わらなきゃ良かったのにねとしか言いようがない。

    トピ主様はかなり視野が狭いから、いろいろな側から見られるようになったほう方が良いと思うよ。

    ユーザーID:5847172725

  • 合理的だから

    イジメする方が、許容されるわけではないです。

    でもイジメする人を変えるのは難しいです。

    イジメられる方が、イジメられる要素を抜いていった方が、ずっとラクだし楽しく生活できるのです。生活の知恵です。

    いつもお風呂に入らなくて臭い人がいたら、虐める人が悪いのですが、お風呂に入ってキレイにした方が、みんなも、虐められる人もハッピーでいいと思います。必死の努力って大げさな話でもないと思います。お風呂に入らなくて臭いのは、周囲の迷惑だし、そういう意味ではイジメされる人も加害者ということもあります。

    加害者が100%悪い場合もあるでしょうが、できることを被害者が変えていくという考えは悪いことではありません。ずっと今日もお風呂に入らない。虐めるほうが悪いから、、、って理屈だと生きにくいです。

    ユーザーID:9444087906

  • きっかけを作らない。

    いじめられるにはきっかけがあるのだと思います。

    大人しそうだとか、身なりが清潔ではないとか、
    コミュニケーションが取れないとか。

    いじめる側の一人が改心しても、いじめられる側が変わらないとまた別の人にいじめられることになりかねない。

    いじめる側が悪いのは当然ですが、自衛は必要です。

    いじめではないですが、最近私が手を焼いている例では

    職場の新人まがいの人
    (去年大学を出て新卒入社2ヶ月で退職し、半年後に私の職場へ就職した人)は、
    コミュニケーションに問題があります。
    前もコミュニケーション問題で退職したそうですが、
    職場を変わっても本人のコミュニケーション能力の低さが変わるわけではないです。

    いじめはされていないですが、信用できず仕事を任せられないので干されています。
    仕事を任せられるようになるためには、
    せめて、
    「この部分は分かるけれど、ここはわからない」、
    「これは自分ではやったことがないので教えて欲しい。」
    「わからないので、調べて来ます。また確認してから報告します」
    が言えないと……。

    分からないのに、
    経験も能力もない人が「分かります!できます!」と言い張る、
    よく分からないのに「これは、こうです!」と事実と違うことを報告し……。
    自分で判断して勝手に行動するって、問題です。
    何度、「事実でないことは言わないで欲しい」、
    分からないなら「分からない」と答えて欲しい。
    そう何度伝えても、一向に改善されない。

    こういう人が、職場を変わればうまく行くものではないと思います。

    全く違う例をあげましたが、
    本人も少しは変わらないと、
    相手や場所が変わっても、本人の苦しみが続くだけのようにも思います。

    ユーザーID:4827865791

  • 世の中は理不尽なので

    正義が必ずしも勝つわけじゃない

    理不尽なことはたくさんある
    不平等だと思うことばっかり。

    みんなで変えていかなければならないけど、すぐには変わらないから、自己防衛するしかないんです。

    ユーザーID:0397235608

  • 強制ではない

    ないけれど

    いじめを受けた時にできること

    相手(加害者)を変える

    自分が(いじめられないように)変わる

    周り(環境、親や教師)を変える

    の3パターンが考えられる。

    どれも難しいが、その中で比較的
    容易なのが「自分が変わる」
    人や周りの意識や行動を変えることは
    途方もなく難しく、そんなことが普通にできるくらいなら
    そもそも、いじめられてなどいないでしょう。

    だからいじめについて相談を受けた人は
    そうアドバイスすることがある。

    ただこのアドバイスはトピ主さんのように
    「いじめられている側に原因があるのだから
    変わらないといけない」と受け取られかねないので
    軽々しく言うべきではない、という気がします。

    ユーザーID:2975914367

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 思いこみと間違いが…

    いじめる側は許容されたわけじゃないし。
    いじめられる側が変わることを強制されてはいないし。
    強制ということは、変わらないと何か罰があるんですか?ないですよ。

    いじめる者が変わらなきゃいけないのは当然すぎる話。ただ、そもそも他人に害を与えるくらい出来が悪いので変わることが難しい種類の人達です。できない人に何を教えたって、できない。だから放っておかれます。許容じゃなく、できれば関わりたくないと思われているだけです。

    いじめられた人が変わるというのは、経験を生かして賢くなるということです。加害者につけこまれない態度や見た目を意識する、自信を持った話し方など身につけて損はありません。すべて自分の得になるだけです。
    必死に努力して…と言いますが、そこで被害者意識は必要ありません。自分が成長するのがいじめに対する一番の復讐であり、気がついたら自分の方が出世してた、なんてよくある話です。

    人間の勝敗は、短いシーンだけでは判断できません。
    むしろ長い目で見ればいじめる側は敗者、いじめられた側は勝者の可能性あり。
    それが人間の面白さ。

    上記は、人に良い点と悪い点があることとは、全く別次元の話です。

    ユーザーID:0897843235

  • 自分の世界は自分にしか変えられない

    別にいじめっ子はそのままでいい、じめられた方が変われ、という話ではありませんよ。
    人は変えられないけど、自分は変えられる。
    自分の世界を変える力を持っているのは自分だけ、ということです。

    いじめられた子に要求される「変わる」というのは、何も自分を偽っていじめっ子に好まれるような性格になれ、ということではありません。
    いじめを回避して転校するもよし、同じような体験をしている仲間を見つけるのもよし、法の力を借りて徹底的に戦うもよし、何でもいいんです。
    何でもいいんだけど、現状のように泣いているだけでは何も変わらない、ということです。

    例えば、思い切って親にイジメを話してみる、というのも立派な「変わること」だと思います。
    現状、誰もイジメに気付いていなかったり、見て見ぬふりをしているなら、いじめられている子を救いたいと思っている人がいても助けられません。
    だから、自分の現状を変えるために何かアクションを起こしてくれ、ということですよ。

    ユーザーID:6900741128

  • 誰もそんなことを言ってやしません

    > いじめる側こそ自身の行いや考えを改めるべきなのに、
    > なぜいじめられる側ばかり、必死になって努力しなければ
    > いけないのでしょうか?

    いや、誰も別に変わらなきゃいけないなんて強制はしていないし、
    変わらない人もいると思いますけれど。
    トピ主だって、自分を変えたくないなら変わらなければいいでは
    ないですか。なんだってそんなどうでもいいことに力をいれて
    書かれているのでしょうか。

    > 誰にだって、良い点と欠点はあるはずなのに、いじめる側は
    > 許容され、いじめられる側は変わることを強制されているような
    > 気がします。

    「気がします」と言われても…。
    別に、そんな社会的なコンセンサスなどありませんよ。
    「いじめる側は許容され」の根拠も不明ですが、そんなかばい立てを
    するような人とは会ったこともありませんし、TVなどでもそんな論調は
    観たことがない。
    貴方の思い込みではないでしょうか。

    ユーザーID:2683039831

  • そうですね

     いじめる側も変わらなければならないわけですが、意地悪な人格を変える気もないでしょうから、無理と言えば無理ですね。

    ただ、そうゆう人達も大人になればどうかな?という感じです。

    小学校などのコミュニティではボス面してても、社会は甘くないですよ。
    学校卒業すれば、さよならと思いますね。

    人間性の悪い人は、他人から見ても明らかに問題あると思われるし、距離置かれますよ。
    まともな人は、いじめをする人とは友達にはなりたくないのです。

    私の学校でいじめをしていた人は、今現在同窓会にも来ないし、友達もいなさそうでしたよ。

    因果の法則だと思いますが、距離置かれて当然とは思います。

    誰もその人を呼ぼうとも連絡とろうともしないですから。


    いじめられる人に原因があるとは思いませんね。
    誰でもいじめようと思われればいじめられますよ。
    いじめる側の人間が未熟者なだけです。
    強そうな人でも、学生時代いじめられてたと聞いたことありますし。

    ユーザーID:4385469018

  • いじめだけじゃないですが

    人を変える事は出来なくても 自分は変わることができるから。

    人の思考を変える事は難しいですが
    自分の事を変えていくのは自分がしたらいいからできるのです。
    いじめも、本人が強くなる意志が必要だと思います。

    ユーザーID:8681176288

  • 車の人身事故に似ているかも

    車と人が接触事故を起こした場合、法律的には車が悪くなります。
    しかし、いくら法律的に悪いのは車と言っても結局ケガをしたり命を落としてしまうのは人の方です。
    悪くはないと言っても自分の身を守るために反射鏡を付けたり、車道に飛び出したりしないなどの対策が必要になってきます。

    あなたの意見は、このような場合に、なんで車が悪いのに、人の方が対策しなければならないんだ!って言っているようなものでしょ?

    いじめの問題に限らず、社会で円滑に生活していくためにみんなあれこれと考えながら生きていますよ。言葉遣いや挨拶、行動など他人に不快感を与えて自分が悪く思われたり嫌われたりしないように気を遣いながら生活しています。
    あなたが悪いんだからあなたが変わって!と言って相手がすんなり良い人になってくれるわけではないのですから、意地悪な人から目をつけられないように自衛する術を身につけましょうとういうことですよ。

    あなたの考え方は少々柔軟性に欠けているような気がします。

    ユーザーID:4091069027

  • 将来の自分を守ることにもつながる

    人を変えることはできない、苛められる側が変わる方が近道、その通りだと思います。

    私も子供の頃、言葉の暴力によるいじめを受けていた時期がありました。クラスのあるグループに対して苦手意識というだけでなく、おどおどした態度を取っていました。今になると、どうして言われっぱなしだったんだろう?言い返したり、毅然とした態度で対応してたらいつまでもターゲットにされることなんてなかったんじゃないかと思うんですね。私よりもっと言われてた子もいました。そのときの自分たちの弱さを見て面白がっていたというよりは、イライラして当たってたという感じでした。いつまでも同じ弱さを持ち続けていたら、将来どこに行ってもまた意地悪な人間のターゲットにされる可能性は高いです。

    もちろん、それは私が受けたケースで、どう対処するのがいいかっていうのは状況に寄りけりだと思います。人類みんながお互いを尊重し、優しい気持ちで接することができたらいいですよね。でも残念ながらそれは無理だと思います。いろんなタイプの人間がいる中で自分を守るには、自分が強くなっていくしかないのです。

    苛める側を許容してるわけでは決してありません。でも苛められる側が態度を少し変えるだけで、相手の関心が薄れることは大いにありえます。

    ユーザーID:7627266031

  • レスします

    トピの例はモテないと相談された時に「服を変えてみたら?」と言うのと同じ。
    比較的簡単な解決方法です。

    いじめは加害者の悪質性もおおいに関わってきます。
    被害者が「やめて」と言うことで「やめてだってー!」と盛り上がるんです。
    いじめっ子は親になってもいじめをします。
    それが楽しいからです。
    人に苦痛を与えることで、人脈ある人徳性に酔いしれて強くなった気になるからです。

    「あの親子は無視すること。あいつの子供にも憎悪を向けて一生残る傷をつけること。情報共有しよ! あの親子を憎悪して苦痛を与えることは正義だ。」
    「監視開始!!」
    と苛烈なイジメを行う親は「これってイジメ?違うよねぇ。あたしたち心配してあげているだけぇ〜」とニヤニヤして悪びれません。

    こんな精神状態の人は真性イジメっ子としてイジメを快楽ととらえています。
    ですから、一概に「やめてと言わないのが悪い」では片付きませんよ。
    それは「やめてと言わなかったあなたに全ての責任がある」と片付けることで、いじめっ子を庇い、イジメの肩を持つ人にありがちな暴論です。

    欧米ではいじめをする側に精神的な問題があるとみなされ放校されます。
    「いじめをした生徒」として札つきで転校させられます。
    若いうちに「もう一度やりなおしてごらん」と再起のチャンスを与えられます。

    日本ではいじめられた児童が転校します。
    いじめた側は痛い目にあわないものだから反省もなく、人に苦痛を与えることを奨励されてそのままの性格で社会に出ていきます。
    「気づき」のチャンスがないので、親になっても相変わらずイジメを楽しみます。
    「あの親子を監視して憎悪して苦しめて虐めよう」と誘われると、イジメに親和性があるので大喜びして加担します。

    いじめっ子も天下無敵ってわけじゃありません。
    イジメをしてきた負債は人生終盤になってじわじわ効いてきます。

    ユーザーID:2569041655

  • 自己防衛でしょう

    実際いじめる側が悪いのか本人の被害妄想かわかりませんが、「いじめる側」の人間というのは、常に同じ人間とは限りません。

    いつどこの誰が何かしてくるかわからないのに「相手に変われ」というのは通用ししません。

    なら、自分に被害がこないように「自分が変わる」というのはアリだと思います。

    ユーザーID:6536705846

  • 続き

    変わらなくても、新しい人間関係になったら、いじめられなくなったという人も世の中に入ると思います。
    だけど、新しい人間関係になってももう一度同じ目に合うようなら、自分を変えてみることも大切だと思います。
    「自分を変える」という選択肢が、自分を救うことだってあるから。
    自分を変える変えないはあなたの自由であり、あなたの権利です。義務じゃない。
    周囲の誰かに「変えたほうがいい」と言われたのなら、それはその人の意見表明であって、強制じゃない。
    「そんなことあなたに言われたくない」と感じたら「そんなこと言わないで」という権利もあなたにはあります。

    他の方のレスに、「加害者も変わらなければならない」とのレスもあります。
    客観的第三者から見ればそうなんでしょう。
    でも、いじめ当事者、被害者の立場の私にとっては、私をいじめた加害者が変わろうが変わるまいが、その後どんな人生を送ろうが、全く興味がありません。
    加害者なんかハッキリ言ってどうでもいい。
    それが私の素直な感想です。

    ただ、私が自分で変わろう、変えようと思ったのは、自分を守るためだし、幸せになりたかったからです。
    そして、変えてよかったと思っています。
    この先も、幸せになるために必要だと感じたら、また自分を変える努力をします。
    環境に応じて自分に必要な生きていくためのスキルを身に着けるつもりです。
    最近、「自分を変える努力ができる自分」に自信が持てるようになりました。
    状況に応じて、どんな環境でもどんな時代でも生き抜いてやろうと思っています。
    今は結婚して、信頼できる人と対等な関係を築けているし、私に嫉妬や蔑みなどの悪意を感じそうな人のことはサラリとかわして清潔することができています。
    こういう環境を手に入れられたのは、自分を変えた自分の努力だと思っています。

    ユーザーID:6061156350

  • 自分のために自分で決めたことだよ。

    イジメ経験しました。
    詳細は書きたくないのでご容赦ください。

    >>容姿や振る舞いなどを努力して変えた
    私の場合、容姿については特に努力はしませんでしたが、振る舞い(言動)は意識しました。
    トピ主さんの言葉を借りれば、「努力して変えました。」
    それはすべて、自己防衛のためです。
    嫌だと言えなかった自分を嫌だと言えるように。
    粘着気質の人だと分かっていても言われるままに受け入れていた自分を変えて、距離を置けるように(連絡先の交換などを断るようにした)。
    子供のころから「誰とでも仲良く」と言われて育ったため、相手からのアプローチは何もかも受け入れ、近づく人間は「友達」だと思わなければならない。
    そう考え、信じて無理をしていた自分を変えました。
    付き合いたいと思った人とだけ付き合う、嫌なことがあったら伝える、距離を置く。
    友達になってもそういうやり取りは必要だったのだ、とイジメられてから何年も自問自答して気が付きました。

    トピ主さんが「なんで辛きゃいけないのか」と理不尽さを感じているのは、「まるでいじめられた側に非があるのを認めろと言われているみたい」と感じているからではないですか?
    でも、それは違うんですよ。
    イジメが解決したり、卒業などで終了したとしても、そこからまだ自分の人生は続いていく。
    新しい人間関係にも飛び込んでいかなきゃいけない。
    その時に、また同じ目に合わないようにすればどうしたらいいか。
    同じグループにいて、私のようにターゲットにされなかった人はどうしていたのか。私と何が違ったのか。
    私は「変わらなければならない」という決断を「させられた」のではなく「(自分で)した」のです。
    イジメ後に変わろうと努力した被害者はたいてい、自分の意思で変わろうと努力しているのだと思います。
    変わりたくなければ変わらなくてもいい。

    ユーザーID:6061156350

  • わかる

    私はわかるなぁ、トピ主の気持ち。

    たしかにいじめられた方も、これを機会に成長したらいいわけだけど、
    いじめた者に対する制裁がないんだもんね。

    いじめられる方ではなく、いじめた方が退学なり、転校なりすれば良いのにね。
    自殺まで追い込むような奴は、少年院行けよと思うし。

    せめて、いじめ行為が、将来の進学や就職に不利益になるようなシステムにならないかなぁと思う。

    ただね、現実的には、いじめってなかなか証明しにくいのよね。

    いじめられる側の主観だからね。

    お金取るとか、暴力とか、具体的な行為なら、わかりやすいけど、
    無視をするみたいなやつだと、「仲良くする」は、なかなか強制できないから、難しい。

    そうなると、やっぱりこちらが気迫をもって立ち向かうか、逃げるしかないのよね。

    ユーザーID:7685264369

  • 関わらない為の武装

    子供と言えどいじめは犯罪だから、犯罪者には罰と反省と更生が必要なのは大前提ですが、私はブスなので若い頃は異性から不愉快な思いをいっぱいさせられてきました。で、20代で化粧をするようになったら、周りの態度が親切で丁寧になったんですよ。ああ目を付けられない為には隙を見せちゃダメなんだなと、ようやくその年で気づくことができました。だから被害者側も変わった方が絶対いいです。

    ユーザーID:9627171850

  • 時は流れるから

    自分の人生、少しでも笑っていたい。
    1秒後には、少しでも上向いて欲しい。
    そのためならなんだってする。
    相手のことなんて考えていられない。
    それくらい必死に自分が前を向くことを考えているからだよ

    強制だなんて思っていない。
    いじめられっ子に人生乗っ取られてたまるか。
    それが唯一のモチベーション。

    ユーザーID:4835468216

  • 生き残るための術

    >容姿や振る舞いなどを努力して変えた

    太っていることが原因なら、標準体重になるよう努力する。
    地味で不潔っぽいなら、明るい色の服を着て、清潔を心がける。
    背が低いのは仕方ないけど、その分、可愛さを身に付ける。

    だって、今はイジメがなくなっても、進学先でまたイジメられるかもしれない。
    だから、努力で変えられるところは変えておきましょう、ということです。

    いわば、生き残るための術です。
    動物が狙われないために保護色になるのと同じですよ。

    ユーザーID:4750121026

  • 2度目です

    私はお父さんがそういう考えなら、
    その息子も変わらないだろうと思いました。

    そして、いじめる側の親御さんからよく聞く言葉
    「どんどんやり返していいよ」
    この言葉には本当に考えさせられます。
    どちらに転んでも我が家が不利なのです。

    いじめられる側が努力して変わること、
    これはとてもナンセンスなことです。

    井の中の蛙大海を知らず、
    他人を傷つける自分を省みず、
    それが許される狭くて生温い世界で生きていくのでしょう。

    そこに留まる必要はないし、変わる必要すらないです。
    どうぞ、そこから勇気を持って逃げてください。

    ユーザーID:4780377733

  • 一括りに出来ないから

     苛めと云うのか被害妄想ととるのか、個々の事例で見極めが必要でしょう。環境の変化で立場が変わる事もある。

     トピのような場合は環境や人が変わっても、同じ処で躓く人に言える事なんじゃないかと思います。

    ユーザーID:7961516656

  • こう考えては?

    変わるというのは、
    割と大変な事で、頭も気力も使います。

    苛める人は
    そうする事の愚かしさが分からないくらい
    色々足りない可哀想な人なので
    変わるという高度な事が出来ないのです。

    昔 姑に嫌な事をされたとき
    そう思うようにしました。

    ユーザーID:8817756557

  • どちらもです。

    なぜ、いじめられる側だけが変わらなくてはいけない、と
    おもわれたんでしょうか?

    私は学校でいじめ対策を担当しています。

    いじめが発生した場合、いじめた側には適切な懲戒を
    行います。二度としない誓約書も取ります。

    ですが、いじめられた側に、共通点があるんです、たいていの場合。
    いじめに対してNOが言えないんです。
    そこで、何度も、どうやってNOを相手に伝えるか、も
    練習してもらいます。
    「やめてください」と伝える方法を教えています。

    いじめって、トピ主さんが考えているより複雑な仕組みで
    起こるんです。いじめる、いじめられる、の関係を変えるためには
    両者が変わる必要がある場合もあるんです。
    いじめられないために、いじめる側に加担する、なんてことが
    日常的に起きます。大人社会にもありますよね。

    参考まで。

    ユーザーID:0749877776

  • 自己防衛

    いじめる側が悪いのは当然です。

    でも、自分の身を守るためには、自分でできることを自分でするだけ。それが容姿や行動を変えることで好転する可能性があるなら、自分を変えますよ。

    反対に自分がいじめる人を諫めて諭して改心させられるか?
    少なくとも私には無理です。
    いじめる側が変わらないことで当人が将来どうなったって知ったことではない。

    ユーザーID:7718234183

  • 人は変えられない

    自分は変えられる。

    それだけ。
    自分は間違ってない、自分はこのままでいいんだ
    という考え方は良くないなあ。
    いくつになってもどんな立場になってもね。

    ユーザーID:9457895806

  • いじめられてしまって、自分が変わったらいじめられなくなった。
    自分が変わらなかったら、また違う場所で違う人にいじめられるかもしれないよ。
    良い方に変われたなら、良かったと思います。

    ユーザーID:6404745003

  • 現状を変えたい方

    いじめる側といじめられる側、その現状を変えたいと強く望んでいるのは、いじめられる側だと思います。

    そして、変えたいと思うなら、他人に変わってもらうより自分を変える方が簡単です。

    ユーザーID:5278869868

  • それは自己防衛方法を学べということ

    いじめる側はもちろん自分の行いや考えを改めるべきですが
    いじめられる側も、こんなことには二度とかかわりたくないと
    自己防衛の方法を学ぶのは重要なことだと思います。

    世渡り術しかり、場の空気を乱さないようにしたり、武術をならって実際にやっつけるしかり…。

    被害者が被害者のままでは終わらないように、また同じことがあったら
    逃げたり、人に助けを求めたり、出るとこ出たり、出来ることはたくさんあるからです。

    痴漢に会った女子高生が、怖くて声も出せなかったってあるでしょ。
    それじゃあ、やられるまんまじゃないですか。

    せめて、誰かにSOSは出せるぐらいにはならないと。

    だから、いじめられる側が変わらなくちゃいけないというのは
    むしろ「応援」だと思っています。

    このままでは、二度三度、同じことがあるよ。
    そんな人生を歩みたいの?って。

    みんな同じ、自分や自分の家族が被害者にならないように
    細心の注意を払っているんですよ。

    それをやらなくちゃ、生きていけない。

    いじめる側が変われとあんまり言われないのは
    「因果応報」がこの世にあるから。

    そんなことやってたら、いつか天罰が落ちるよ。
    その時に、自分で学びな!ってことです。

    だから、いじめる側の事は、全然応援していないのです。

    ユーザーID:7341610587

  • 小学4年生の彼と私

    小学4年でのクラスメイトに,優しい男の子がいました。
    いたずらわんぱく盛りの男子の中で,馴染めていなかった様子ははたから見てもわかるものでした。
    女性的な印象を与えるしぐさや物言いをからかわれているところも見ていました。
    彼はいつも笑ってかわしていたように思います。

    しかし私が家庭の事情で転校することになったとき,その男の子から相談を受けました。
    からかわれるのが辛いと。
    彼がそこまで思い詰めていたことに気付かなかった,とてもショックでした。
    「もう少し男子っぽい話し方や態度をとるしかないんじゃないか」
    彼の話し方はとてもやさしく,本当は変える必要はないと思うけど,からかいを避けるにはそれしか方法が思いつかないと伝えました。
    転校してしまうこと,力になれなくてごめんとも。
    彼がその後どういう学校生活を送ったかは分かりません。
    他にできることはなかったかと,今でも思い出すことがある思い出です。

    小学4年の私には精一杯のアドレスでしたが,やはり今でも同じようなことしか言えないように思います。
    からかってくるやつを変える努力をする必要はないし,多分変わらない。
    気にしないようにするか,付き合いを避けるか,からかわれる要素を相手に見せないようにするか。
    それぐらいしか思いつけません。
    >いじめられる側は変わることを強制
    私の前ではありのままでいいとは言えます。
    でもいじめてくるやつの前では擬態や保護色を身にまとうように変わることで,いじめてくるやつから距離を置き逃れる。
    強制ではありませんが,学校などの狭い世界では有効な一つの手段であるとは思います。

    ただ,それができないからといっていじめられる方が悪いという考えは間違っていると断言します。

    ユーザーID:0095773777

先頭へ 前へ
121150 / 193
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧