肖像権の侵害?

レス9
(トピ主1
お気に入り10

生活・身近な話題

桃太郎

私は30代女性です。

先日、母と旅行に行った際、人気ラーメン店の行列に並んで待っていた時の話です。

待っている最中に、店内から出てきた男性が、店の外観の写真を撮っていました。
それを見た、私の後ろに並んでいたご夫婦(50代くらい?)の旦那さんの方が
「なんだあいつ、他人の顔を勝手に写して失礼だ、肖像権の侵害だ」
と怒っていました(撮影者に言ったわけではなく愚痴っていました)。

私自身、今まで、行った記念に店の外観を撮る、という行動は過去に何度もしたことがあります。
行列店であれば、人の顔が映り込んでしまっていることもあったと思います。

その中で、私に対してそのおじさんのように思っている人が居たかもしれないと思い、これからはそのような行動は避けようかと思いました(残念…)

皆さんは、そういったとき、顔が映らないようなアングルで撮ったり…など気を使っていますか?

ユーザーID:2722337656

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 表現の自由の範囲内

    そんなものに肖像権なんてありません。
    並んでる人を撮ったのならともかく写した写真の背景です。
    その写真でその人にどのような不利益が発生するのでしょうか?
    昨今、どうも「肖像権」を勘違いした人が多すぎるように思います。

    ユーザーID:3272033044

  • 最近は敏感

    最近は写真やビデオに写されることに敏感になっていますよね。
    と言うのも最近は単に自分の記念の為に写すだけではなく、“Web上にアップするために写す”人が数多く居るからだと思います。
    今の時代、写されれば自分の顔が世界に拡散される可能性が大き過ぎて敏感にならざるを得ません。

    そういう事だと思います。

    私もある程度気にかけて、通行人などに出来るだけレンズが向かないように撮っています。
    ちなみに私はSNSなどやっていませんので、全て自分のアルバムにプリントされた写真が整理されるだけです。

    ユーザーID:4445047099

  • 何でもかんでも肖像権で保護されるわけでは無い

    今回のケースのように、「主要被写体を撮影したら、前景や後景として、あるいは脇に人が写り込んでしまう」場合や、祭りの人混みのように「その他大勢」として写る場合は、肖像権で保護されません。(写っている大きさにも依りますが)
    それに、そんな人気店の前に並んでいたら、観光地にいるのと同じですから、誰かの写真に写り込んでしまうことは十分予想されることなので、「(写り込むことに対して)暗黙の了解がある」と法的には見なされます。
    というわけでその夫婦の夫の主張は通らないです。(夫が有名芸能人だったりすればパブリシティ権が別に発生しますが)

    とは言え、クレームを付けられてもつまらないので、
    ・なるべく「引き」で撮る/広角レンズを使う(人物を小さくする)
    ・アングルを工夫して人物を撮影フレームから追い出す
    ・写って欲しくない人が後ろを向いた時にシャッターを切る
    ・顔が大きく写っている場合はそのコマは使わない
    程度の策は講じます。

    ユーザーID:5895292812

  • その通りだね

    人にカメラのレンズを向ける場合や、
    お店の店内でも人が写ってしまう状況では避けるべきです。

    >顔が映らないようなアングルで撮ったり…

    疑いを持たれる行為なので、カメラ自体を向けてはダメです。
    もし外国であれば、カメラを取り上げられても仕方ないですよ。
    最近は国内でも外国人旅行者も多いので、気をつけてください。

    ユーザーID:1937554463

  • そんなこと言い出したら

    観光地での記念写真もほとんど撮れませんよ。
    肖像権に関しては曖昧な部分が多く厳密にアウト・セーフの線引きは難しいとは思いますが、トピ文を読むかぎり、その状況で店舗の外観を撮影することが他者の肖像権を侵害しているとは考えられません。

    ただ、不特定多数の人が写り込んでいる写真をSNSやブログにアップしたりするとトラブルの元になるので注意が必要だとは思います。

    ユーザーID:0759533214

  • 現在の顔認証技術

    優秀です。
    一度ネットに上がればビックデータとして処理され、特にスマホで撮影された写真にはGPSデータもメタデータとして組み込まれているのでたとえ背景に写った人物でもSNS企業や検索企業にも特定されています。
    大手SNSの「もしかして知り合いでは?」にももちろん利用されます。
    個人が紐付けできれば背景に写った人の嗜好も絞りこめるのでターゲット広告などにも利用できます。

    法的な「肖像権」の問題だけでなく、「写真がネットとつながる」ことの意味を一度真面目に知るべきだと思いますけどね。
    「私の情報はネット企業には価値はない」と思うのならネットに上げる前にせめて写真を加工して背景に写る人たちの顔を処理することは最低限の義務です。

    平成ももう終わるというのに未だに昭和の知識のままな人って多いんですねぇ。

    ユーザーID:1869151336

  • 他人の顔は撮らないようにしてます

    私は登山好きでSNSもしてます。

    写真を撮るときはできるだけ他人の顔が写らないようにしますし、混んでる頂上などで他人が写り込んでしまった写真はSNSには載せませんね。

    ユーザーID:0554103648

  • 興味深いトピ

    >顔が映らないようなアングルで撮ったり…など気を使っていますか?

    え、もちろんですよ。
    ただどうしても写ってしまうことはあるし、上でレスしている方がおられますが
    背景の一部とみなされる程度でしたら許されるものですので、厳密に徹底はしていません。
    が、本人及び第三者から見て、明らかにその人「を」写そうとしている、
    または、その人「も」入れようとしていると解釈されそうなアングルは、避けるよう努力します。
    後で見つかって文句をつけられたら困るとか、SNSに上げなければ問題ないとかではなく、
    無許可でレンズを向けるのってどうなの?というか…
    まぁ肖像権どうこう以前にエチケットの問題ですね。

    これは各人の「モラル」「良心」の違いが大きい話だと思います。
    「禁止されていない限りは構わない」と捉えるか「微妙だからやめておく」と考えるかの違いも。
    現にここのレスでも意見が割れていますね。

    ただ、きっと、いつもそうする人はよほど考えが変わらない限りずっとし続けるし、
    していない人は、いつもしないんですよね。

    その証拠に、私は旅行記を公開しているサイトを見るのが好きなんですが、
    人物が写り込んだ画像を多数撮影してアップしている人というのは、
    いつどこに旅行しても、一貫して同じように人物入り写真満載の旅行記を作るものなんです。
    どうかすると、現地の人の顔写真をまるでそれが観光コンテンツの一部であるかのように
    カタログのように並べていたり…
    (本人の許可は得ていないと思います。カメラ目線ではない隠し撮り風の写真多し)

    反対に、人物が写り込まない画像しか使わない人は、いつもその姿勢を崩さない。
    人に無断でカメラを向けることの是非や、肖像権問題や、
    ネット上に画像を上げることの重さをきちんと考えようとしている人なのだとすぐわかる。

    はっきり分かれますよね。
    品性とか、ね。

    ユーザーID:3538169876

  • トピ主です

    皆さま、様々なご意見いただき、ありがとうございました。
    とても参考になりました。

    私は撮影した写真を、あまりネット上にはアップしないのですが、
    やはりトラブルを避けるためには常に必要以上の映りこみはしないようにと、意識することは必要ですね。

    私自身、他人のカメラに映りこんでしまうことをそれほど気にしていませんでしたが、何に使われるかわからないご時世、映る方としても気を抜かないようにと感じました。

    ユーザーID:2722337656

レス求!トピ一覧