絶対音感の有無について

レス16
お気に入り19

音感

学ぶ

初めまして。今まで一度もピアノを習ったことがない男性の話です。私の家にはピアノがあり彼を招待した時に話の流れで一度聞いたら弾けると言うので流行りの音楽を弾いてよと私がリクエストすると鍵盤を端から弾いて音を確認しサビを弾きこなしました。すごい!と言うとみんな出来るよと言われましたが私は曲を聴いて鍵盤を押してもこの音だ!なんて分かりません。もちろん弾けません。音が言葉に聞こえると彼は言ってましたが意味がわかりません。私が音感が無さすぎるだけで皆曲を聞けば楽譜がなくとも弾けるものなのでしょうか?

ユーザーID:2698046173

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 皆が弾ける訳ではないと思う

    絶対音感と弾ける能力も別だと思います。
    (音をとる事に関しては有利だとは思いますが)
    私はピアノを習っていたので「相対音感」で弾く事はできます(ある1音さえ確実に判ればあとは想像がつくので)。
    しかし「絶対音感」はないです。
    べつにピアノを習っていたり音楽をやっている人の全員が絶対音感がある訳ではないです。
    で、「音が言葉に聞こえる」も、他の能力な気がします。

    ユーザーID:8320832562

  • 主です

    相対音感というものもあるのですね!音が言葉に聴こえると言われた時はこの人なに言ってるんだろうと思いましたが絶対音感や相対音感などを持ってる人は普通の人と音の聞こえ方が違うのだと分かりました。ありがとうございます。

    ユーザーID:2698046173

  • 身内にもいます

    私は音楽教室と園で絶対音感が身につきました。
    雨の音でも幼児期からドレミで聞こえます。
    物差しを想像してそれにドレミが等間隔で記されていてドとドシャープの間の音だけど半分よりド
    に近いとか完璧に今のはドだとか私は思うような感じでした。

    CMや弾きたい曲はわりとすぐ覚えられました。
    幼稚園で習う曲は数回聞けば右手も伴奏も耳で覚えられました。

    兄弟がいて一度もピアノは習っていませんでしたが相対音感はあるらしく一音弾くと私と同じように
    耳コピ出来ました。だから最新曲でも楽譜なしで弾いていました。

    私の子供は1人が絶対音感を身につけるレッスンを受け習得しましたがピアノ以外の楽器の音を取るのに
    時間がかかりました。
    また音感がついてからもCM曲など短いメロディも覚えられない状態でした。
    数年してやっと出来るようになりました。

    もう1人は音楽の習い事はしていませんが音を聞くと即答えられるし記憶もしている状態でした。
    この子は弾くことは出来ません。

    音楽系の習い事をしている場合は役に立つかなという程度です。

    ユーザーID:1681099153

  • 絶対音感があります

    質問拝見しました。
    彼が端から音を叩いて確認していたなら絶対音感ではなく相対音感をお持ちで記憶力がよいのだと思います。
    絶対音感がある人は、最初の音を叩いて確認しなくても、どの高さのどの音かが分かるからです。
    私も彼が言っているように音は全て言葉(いわゆる音階→ドレミファソラシド)に変換されます。

    例えば救急車の音も本来はピーポーピーポーなのかもしれませんが、私の耳には音階に変換されていてシーソー シーソー(遠ざかっていくとシーファー♯シーファー♯に変わっていく)に聞こえています。

    一度聞いた曲も音階にて聴こえているので再現は簡単ですが、苦手なこともあります。

    例えば歌いたいと思った曲もドレミファソラシドで頭が曲を追ってしまうので、歌詞に意識がいかず歌詞を覚えるのが苦手です。
    それからカラオケなどに行ってキーを上げたり下げたりみなさんされますが、私は変調して歌うのが苦手です(その音階でもう覚えてしまっているため)

    みんなすごいねーとは言いますが、意外と不便なこともあるものです。笑
    人間の体って面白いですねー!
    どうも長々と失礼致しました!

    ユーザーID:1847393750

  • 本音ですみません。

    小3の時、休み時間に友達(ピアノ習っていない)とオルガンを弾いてたのですが、音楽の教科書を見ながら私が色々弾いていると「なんで弾けるの?練習したの?」と言われました。(家ではレッスン用のテキストを他に持っているので、教科書の曲をわざわざ弾いた事はなかったです)
    申し訳ないけど、幼稚園から習っていたような子は、3年生の音楽の教科書に載っているような曲は初回から弾けるんですよね。初回と言うか、音楽の授業で歌ったり、上の学年の声が聴こえてきたりでどういう曲か分かっていますし。
    教科書には載っていないけど、左手もつけて弾けます。先生が弾いているのを聴いて知っているからです。
    みんなも鍵盤ハーモニカは一緒に吹いているから、このぐらいの曲なら楽譜見れば誰でもすぐ弾けると思ってたんですよね。
    そこで初めて、そうでない事に気づきました。
    絶対音感は6歳までにピアノを始めないと身につかないと言われていますが、へんな先生(ごめんなさい)に教わると、習っていたのに身につかなかったという話もわりと聞きます。
    旦那の兄は成人後にピアノを始めたそうです。彼の演奏を私は聴いた事はありません。どのくらい弾ける人なのかも知りませんが、彼は1曲弾けるようになる為に楽譜を読み込み、私達とは比べ物にならないぐらいの苦労と時間をかけているんだろうなと、勝手に思っています。
    旦那にとっては、私も、兄も両方「弾ける」には違いないので、この感覚なかなか分かってもらえませんが、絶対音感は我が子にも絶対身につかせたいものの1つです…。

    ユーザーID:4736577483

  • きりんとさんの内容に疑問

    >私の耳には音階に変換されていて
    音階はスケールのことなので、「音」に変換が正しいと思います。

    >シーソー シーソー(遠ざかっていくとシーファー♯シーファー♯に変わっていく)に
    >聞こえています。
    これだと、遠ざかる時に上がってませんか?
    ドップラー効果で下がるはずです。

    >それからカラオケなどに行ってキーを上げたり下げたりみなさんされますが、
    >私は変調して歌うのが苦手です
    変調ではなく、「移調」と呼びます。

    >その音階でもう覚えてしまってい
    先述しましたが、音階はスケールのことなので、この場合は「調」や「キー」です。

    また、移調が苦手だと言うことと絶対音感の有無はあまり関係がありません。
    移調が苦手なのは、相対音感の能力が弱いからです。大人になってからも
    こちらは鍛えることができますよ。

    ユーザーID:8409358355

  • 絶対音感と相対音感

    ここではピアノのド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シの音をC,D,E,F,G,A,Bで表わします。

    絶対音感を持つ人にとっては1つの音を聞くとその高さがわかります。
    C,D,E,F,G,A,Bの音でド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シが頭に浮かぶ人ならば例えば
    救急車のサイレン(B,G,B,G)がシ,ソ,シ,ソと聞こえますが、他の名称が頭に
    浮かぶ人もいると思います。

    一方相対音感の人は2つ以上の音の高さの相対的な関係がわかるだけです。
    このため1つの音だけを聞いても何もわからず、2つの音を聞くとそれらの
    関係がわかります。例えばBとGは長3度(全音2個分)の関係で、それは
    AとFの関係またはEとCの関係と同じです。

    そして多くの人が相対音感を持っています。例えばピアノのGの音を聞いた後
    無伴奏(アカペラ)でちょうちょうの曲をG,E,E,F,D,D,…の音で歌えるのは
    相対音感のおかげです。相対音感が弱いと音程が外れ易くなり、相対音感
    ゼロならば絶対音感を持たない限り完全な音痴です。

    その男性は最初に音を確認してからサビを弾いたという事から、絶対音感では
    なく相対音感の持ち主だと思います。絶対音感の持ち主ならば音を確認しなく
    てもサビの最初の音のキーが分かるからです。

    なお相対音感は移調時に有利です。例えばちょうちょうの曲はハ長調でGから
    始まりますが、これをニ長調へ移調するとAから始まってA,F#,F#,G,E,E,…と
    なります。絶対音感の人にとっては音の名称が全部変わるので面倒ですが、
    相対音感の人ならば最初にピアノでAの音を出してもらえば後はGから始める
    時とまったく同じ感覚で歌えます。

    また、トピ主様は曲を聞いてピアノで音を探す事ができないと書いていますが、
    それは訓練次第でできる様になるので気にしない事です。

    ユーザーID:8264678205

  • 人による

    >音が言葉に聞こえると彼は言ってました

    音が、音名(ドレミファソラシド)で聞こえるという意味でしょうかね。
    絶対音感のある人はそう聞こえます。

    その方が音を確認したのは、一度もピアノを習ったことがないので、鍵盤と音名(ドレミ)の位置関係がよく分からず、音(鍵盤の位置)を確認したという事でしょうから、絶対音感の所有はあり得ると思います。


    正確な再現には、(単旋律でも)リズムが伴うものなので、
    音名(ドレミ)は分かってもリズムは取れない、弾いたことのない楽器での再現は難しい、記憶力などなどあると思うので、絶対音感があれば、誰もができるわけでもないと思います。

    相対音感の人でも、音楽的なセンスがあったり、ピアノを習っているなどすれば、単旋律くらいなら、感覚ですぐできる人もいますよ。


    横ですが、音大様

    きりんと様の

    >シーソー シーソー
    >遠ざかっていくとシーファー♯シーファー♯に変わっていく

    は、♯シ(C)に見えた、という感じでは?
    どちらかというと私は♯♭は、音名の前に置きたくなるので、音大様もそうなのかなあ、と思ったんです。

    シソ・シソ→ 「シ・♯ファ」、「シ・♯ファ」とおっしゃっているような気がするのですよ。
    「下がっている」で合っていると思ったのですが、、、

    ユーザーID:3986670922

  • 絶対音感とは

    絶対音感というのは予め音叉などで音とその音名を一つ聞いておかなくても、ピアノの88音のどれかが即座に分かる、一曲聞き終わったところで、全部楽譜に書き込めるという能力を指すようです。これは脳内に基準となるピッチが記憶されているからだそうで、子供の時にピアノをやると身に着くようです。

    大人で身につかないのはそういう写真的記憶が年齢的に無理だからです(大人は自分の経験と整合させないと何も記憶できない)。絶対音感も程度の差があり、30分初演オーケストラを聞いてオケ譜に書けるような人は滅多にいないでしょう。

    普通は普通のピアノ曲を記憶できる程度です。どれだけ正確にピッチを判定できるかは別問題で、調律できるとか合唱で声を合わせられるとかいうことではありません。むしろ邪魔になります。

    音楽で大事なのはタッチというか音色というかもっと全体的なもので、ピッチ・強さ・長さだけでは聞くに堪えません。上手い人の演奏をしっかりと記憶する能力がなければ、練習のときどういうのが上手な演奏なのか、分からずにやることになります。

    なお、相対音感だけの人でもオクターブ外す訳ではなく、絶対音感の人でも半音の10分の1を外すぐらい当たり前です(よく弾く中央のド辺りの3オクターブなら相対音感の人でもかなり正確に判断できます。何万回も聞いているとさすがに多少は記憶されるものです)。

    ユーザーID:1250874472

  • 先天的と後天的の絶対音感

    があると言われてます.

    前者は読んで字の如く訓練せずとも聴いた音を言い当てれる.トレーニングすると何サイクルか判るとある楽器製造者が言ってました.このタイプの人は、しかしながら、長年の刺激で A が440Hzで刷り込まれてるらしく、415Hz だと気持ち悪いとかいう.
    又聞きだが、絶対音感を有するポップス系の作曲家が、平均律でなく微妙に調律された古楽のライヴを聴いているとダブルフラットやダブルシャープそれどころかなんと書けばよいのかわからぬ臨時記号が施された音符が駆け巡るという.音楽を楽しむには苦痛な音感.

    後者は長年演奏活動してると自分の楽器に関しては響の差異や倍音構造の差異で言い当てれるという.またジャズの演奏で相方が演奏したパッセージと同じものを自分の楽器では(勿論楽譜を見ず)奏でられるという.これはあるプロのジャズミュージシャンから直々に伺った話です.
    お互いの楽器をチューニングせずとも、例えば A の音を、ピタッと合わせられるのです.それは基礎練習の長年の結果、聴覚、呼吸、アンブシュール、アーティキュレーション、リズム、フィンガリングが音楽的に(音響学的にというよりも)統合的に構築されるからだそうです.

    ユーザーID:8361766063

  • 音感なくてもできる気がする

    夫いわく音痴
    母わいくリズム感ない みたいです

    でも、聞いた曲をトピ主の彼のような方法で弾くことはできます
    彼氏さんは、和音(複数の音)や右手と左手両方使って弾いていましたか?

    単音のみでメインパートをひくのは、わりと誰でもできる気がします・・・

    ユーザーID:3683230509

  • 絶対音感とは

    聞いたメロディーをすぐにピアノでなぞって弾くことは、音楽をやっている人なら難しくありません。それだけなら絶対音感は不要です。

    ただ、「音が言葉に聞こえる」がどういう意味で言っているのかわかりませんが、その中身によっては絶対音感者の特徴に合致する可能性あります。
    絶対音感の人は、特定の音程(絶対音程のことです)ごとに異なる色のイメージが浮かぶという人が結構います。他のイメージでもいいんですが、普通の人には無い先天的な感覚ですね。

    最相葉月『絶対音感』という本は、絶対音感のある人たちに詳しい聞き取りもして絶対音感とはどういうものか追求したもので、なるほどと勉強になる本でした。

    ユーザーID:2211035629

  • 絶対音感とは後天的に獲得不能です。

    絶対音感者は、特定のピッチごとに色のイメージやなにか他のイメージ(言葉?)が感じられるというような、明らかにその他大勢の一般とは違う感覚を持っています。
    これは生まれつきで、訓練では得られません。

    子供のうちにピアノをやればとか、訓練すればとかは、不正確な理解(単に音程聞き分けが上達することを絶対音感と言っている)か、ピアノ教室の営業です。
    そもそもピアノの88鍵は所詮平均律なので、鋭敏な音程感覚があれば、正確に調律されたピアノでも濁った和音に聞こえる楽器です、、、そんなもんです。

    私も自分でチューニングする楽器をやっていたので、単音だけひとつ音を聞いても、だいたいはどの音程か(AだとかDだろうとか)当てられます。
    調律師に褒められる(嫉妬されたこともある)くらい音程感覚はあり、ピアノの調律の狂いはすぐわかるし、平均律の濁りも耳でわかります。
    でも、絶対音感はまったくありません。あれは血液型と同じで、先天的に決まってます。

    ユーザーID:2211035629

  • 2回目で失礼

    先天的な絶対音感があるとの説ですが、あれは絶対音感とは少し違います。脳でピッチを認識処理する部位のすぐ隣に色彩を認識処理するところがあり、稀にそれがくっつきすぎている人がいるそうです。そういう人は音楽をまったくやらなくても音を聞くと脳内に特定の色彩が浮かぶそうです。どの色がドか知っておれば、色を頼りにピッチを判定できる訳です。ちなみに、色を見て頭の中で音楽が鳴ってしまう人の話は聞きませんが。
     オクターブの声域のある人がオクターブに収まる曲を聞いてすぐそれを口ずさむのは誰にでもできます。口ずさみながらピアノのキーを叩き、「これじゃない、あっ、これだ」などとやっておれば時間がかかるけれど採譜できます。絶対音感があるけれどオクターブの声域もない人は果たして頭のなかでメロディーを正確に再現できるのか私は疑問に思ってます。頭のなかで音楽を聞けなければ演奏など不可能だというのが私の信念です。
     絶対音感は幼児の特殊な記憶力の所産であり、音楽的才能とは無縁です。物音を聞いて音符が頭に浮かぶより鈴虫かコオロギか分かる能力のほうが大事です。名演奏家の演奏を聞いてそれに近づこうと努力できればいいのですが、楽譜しか記憶にない人は音楽をやめた方がいいです。楽譜を間違えずに弾けたところでそれが音楽という訳ではないです。

    ユーザーID:1250874472

  • 弾く技術は別かな

    父は建築系で音楽を習ったことはありません。
    母はも同じく習ったことはなく、若いころから大変な音痴です。
    私は絶対音があります。
    兄や弟にはありません。

    なんで私だけ・・・。面倒くさい。
    遺伝かどうかはわかりませんが、絶対音感に環境は関係してない証拠ですかね。

    私自身は3歳からピアノを教わりました。
    決まった音に名前があって、ドレミファソラシド、というものだと知ってからはすべての音を「聞こえた瞬間に言葉で」拾うようにしたので今でも音をことばで取ってます。というか、取りたくなくてもそう聞こえます。ドとシの間の、微妙なところは「む」とか勝手に名前をつけたりしてました。たまに歌手の方が音を外して歌われてるところとか(笑)。

    色で取らなきゃいけなかった?面倒だなあ。

    ところで弾く技術は別でした。音が取れても指が動きません。ショパンとか小学生のころは聴くの大好きでしたけど弾けなくてイライラしました。

    歌謡曲とかPOPSはメロディーラインにコードくっつければピアノを習っていない小学生でもそれなりにできるので、楽譜がなくても絶対音感があればある程度は弾けると思います。

    ユーザーID:7083067588

  • 雨音?

    雨音がドレミ…で聞こえる方にお聞きしたいのですが、世の中にあるものの音は、ドレミ…に全て当てはまる訳じゃないですよね。
    ピアノは段階が区切られていますが、バイオリンなどは、ドとドのシャープの間にも、音は無限にある訳です。
    そういう中間の音の方が自然界には多いと思うのですが、どう聞こえるのですか。

    ユーザーID:7479481082

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧