同じ話を繰り返す50代

レス19
(トピ主0
お気に入り127

家族・友人・人間関係

まーさ

50代主婦です
同世代の友人たちとおしゃべりをすると、
「また、その話かぁ…」と内心思うことがよくあります

A子 「子供が騒いで、周囲から苦情を言われた」
B子「パート先を急に辞めることになったとき、文句を言われた」
C子「担任の先生の対応が不親切たった」

正直、文句の一つも言いたくなる相手の気持ちもわかるんです。
でも、彼女達の気持ちをくみ取って、わかってくれる人もいなかったんでしょうね。

でも、この頃思うんです。
「いつまで、同じ話ばっかしてんの?」と。

ずーっと昔の、ほんの一言を、何十年も根に持ち続ける。

きっと、ほんとうに傷ついたんだろうなと思います。
これが、トラウマというものなのでしょうか?
そしてそのまま、同じ思考から、抜け出せなくなっているような…

自分はどうなのかな?と、ちょっと不安になりました。

ユーザーID:9175734137

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 別にいいと思う

    何歳でもそういう人はいますよ。
    でも、お互い言い合ってそれで、いくばくかでもスッキリするのなら全然かまわないと思います。
    それに、そういう人たちだって人を選んで言ってると思います。
    この人になら言えるという間柄。
    お互い様という関係が成り立っていると言う事ですが。
    私は相手が愚痴ってこないなら、こっちの愚痴もいいませんし。

    私が最悪だと思ったのは、自分の愚痴は言うけど他人の愚痴は全否定。
    全否定した相手に、自分の愚痴を何年も前のから最近の迄繰り返し言う人。
    最後には私、心底軽蔑してるという顔を隠さず一瞥して終わりました。

    ユーザーID:8064183347

  • トラウマ半分、他に話が無い半分。

    子供も巣立ち、仕事もしてなかったり(例えしていても)すると毎日が同じ日々でこれと言って個人の変わった出来事なんてほぼ何もない。
    友達と会ってもこれと言って話も無く、今とは違う「色々あった。」昔話を始め出すのかもしれません。確かに思い出って悔しかった事の方が覚えていたりしますしね。
    もしかしたら女性特有なのかもしれません。

    しかし聞いてる方は楽しい思い出話ならまだしも辛かった思い出話を「何回も」されるとウンザリしてくるのも確かですね。いや、楽しかった思い出話も「何回も」はお腹一杯になりますが。
    御友達も昔の辛かった思い出を吐き出し少し聞いて貰う事で気持ち楽になるのかもしれませんが、聞く方は愚痴を聞かされている訳で気持ち重くなりますね。
    あまりに何回も言う様なら「何回も何回も聞いたけど、何回も話す位だから本当に辛かったのね。」と言ってみるかな?。本人が何回も話している自覚があればもう話さない様な気もしますが?。

    嫌なら会わなければ良いとは思いますが、その他には楽しい友達と言うなら其処は右から左へと聞き流すかなあ?。
    本当自分もそうならない様に気を付けたいものです。
    しかしながら人は年齢を重ねる毎に昔の話ばかりしますからね。どうなる事やら。

    ユーザーID:6517464197

  • この習性を悪用した

    20代に広告営業をやっていた時です。
    先輩の営業マンの方から、とにかく相手と1時間の話しができれば仕事は取ったも当然だと言われたので、
    やろうとするのですが、50代の部長や社長相手の営業で、20代の駆け出しの若造が共通の話題なんてないし、
    知ったかぶった受け売りの知識なんて全く通じません。話は30分と持たず、仕事も取れません。

    その時、この同じ話を繰り返し話す50代の習性に気がつきました。
    その相手は、どういう話しが自分で話し始めるか1回目の訪問でリサーチ。1回目では仕事は取れず、再訪問を約束。
    しばらく時間を空けて、2回目訪問のとき、前回、相手はよくしゃっべった話題を再度仕向けて見る。
    会社の悪口、若手の部下の悪口、ライバル企業の悪評など 話題は悪口が基本。
    すると前回と同じ話をずっと1時間のうち50分間は話し続けている。
    相手はすっかり気持ち良くなって、残りの10分で仕事の話しをして、商談成立。
    また半年経って訪問した時も、また同じ話を振って50分間、ただこちらはウンウン頷いて話を聞くだけ。またそこで商談成立。
    「営業マンはしゃべらず、相手に気持ちよくしゃべらせろ」が、自分の座右の銘でした。

    ユーザーID:5694787912

  • ただの思い出話

    トラウマなんて深刻なものではなくて、ただの思い出話ですよ。
    その年になるとなかなか新しい刺激的な出来事は起こらなかったり
    起こってもさほど印象に残らなかったり覚えてなかったりして
    結局強く覚えていることは昔のことばっかになっちゃうんです。

    そして何より友だちには何度もした話。
    友だちにもわかってもらっている話。
    「そうだったよね、ほんとひどいよね」みたいなリアクションももらえます。
    周りの友だちも何度もきいてるけど何度も共感しながら話をききます。
    時には先を促したり…と。
    自然に共通の思い出を作っていってるのかもしれません。

    トピ主さんはそんな中で楽しかった話、嬉しかった話をどんどんしてください。
    面白かった話だと更にいいですよね。
    そしてその面白いエピソードを皆との共通の思い出話にしていってください。

    新しい刺激のある話題だとなおいいですね。
    皆の脳を活性化させて、過去の愚痴をなるべく言わないように
    阻止してみるのもいいかもしれません。

    ユーザーID:7692131359

  • そう言う思考回路

    全部「負」の話題ですよね。
    もうそう言う思考回路なんだと思います。

    そして話題が無いんだと。

    専業主婦の友人も、営業で若い時に何千万の契約をしただの
    中学校の時の部活の優勝の話とか毎回する人がいますよ。
    過去を自慢しても全然羨ましく無い。
    もう会いませんけど。

    楽しく会話したいですよねー。

    ユーザーID:3956180626

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 予測するに

    その出来事以上の他人に話せる「不愉快なこと」がなかったんじゃない?

    本当に「トラウマ」になってることとか「軽蔑」されそうなこととかは「めったな」他人には話さないかな。

    自分のコトの「話題「を選んだらソレが一番「安心」して他人に喋られるコトなのかも。前にも話していて「反応」は分かっているし。

    ユーザーID:6750400782

  • 心の余裕

    同じく50代主婦です。

    そのお三方の場合、
    その当初はともかく時間が経てばすべて
    「相手側にも心の余裕がなかったんだなあ」で済むことです。

    そう思えないのはいつまで経っても自身に心の余裕ができないから。
    都合の悪いことが起きると愚痴るか相手を悪く言うだけで済ませ、
    自身は何も変わらず成長できないからなんだと思います。

    日頃接する70代以上の方々、2様に分かれるんです。

    いつ会っても常に何かの愚痴や誰かの悪口ばかり言っている人は、
    やっぱりそういう遠い過去のマイナスの話を繰り返す傾向がありますね。
    長くそういう姿勢でいるから顔付きにも表れてきます。
    目に光がなく口はへの字、笑顔も歪んでしまっている。

    物事に対し自分の都合ばかりでなく相手の都合も思いやれるような、
    心の余裕のある人は過去に執着しないし愚痴も悪口も言わないんです。
    齢を重ねても常に自分主体で前向き思考、明るくて親切。

    後者になるべく日々思考や会話には気を付けようと思っています。

    ユーザーID:4892818999

  • 同感です

    本人はあちこちで多くの人に訴えているので、どこで誰に言ったのかを全く覚えていない。だから慢性的に同じ話をエンドレスに繰り返している。

    あるいは頭がもうコリコリに凝り固まっていて、ある話になると必ず「この話」に流れ込むというパターンが出来ている場合。

    毎度の事ながら、聞き手も心の中で舌打ちして「あっ、また始まった、、」と思っています。
    全く上方漫才のコントじゃないんだから。しかも面白くないんだし。

    もし機嫌が悪かったら「わかった。もうその話は〇〇回聞いたから」と言ってしまいそうな自分がいます。あるいはいっその事、そう言い放つべきなのか?

    まあ、人の振り見て我が振り直せですね。

    ユーザーID:6903335269

  • なるほど

    同じ話を繰り返す・・・・とは、自分の言ったことを忘れて、また同じ話を初めてのように話すのかと思いました。
    でも、AさんもBさんもCさんも、自分のトラウマを何度も話すんですねー。

    私の知人は20代の時から同じ話を何十回もします。
    こっち(知人)は自分が人に話したことをすっかり忘れている為。もうその話は何回も聞いたよーとうんざり。
    おまけに、私が教えてあげたことすら忘れて、すっかり自分が発見したことのように何回も私に「教えてくれる」んですよ。しかも、話が毎回微妙に違っていたりもするし(笑)

    「あ、またその話ね。」と思ったら、そこで聞くのをやめちゃっていいんですよ。コメントも不要。
    だって、トピ主さんのお友達も、私の知人もタイプは違うけど、同じことを何度も話す人って、結局は自分が喋りたいだけの人だと思うの。
    聞き手が誰であるかさえも覚えていないし、こちらのコメントなんて聞いてもいない。だから、知らん顔していたらいいと思う。むこうも気にしないと思います。

    ご自分が不安になる?
    自分で気を付けるしかないよね。
    私はどうでも良いことを喋るのが苦手なんで、誰かに同じ話をするなんてまずない・・・・はずです(苦笑)

    ユーザーID:8890894446

  • そのグループの共通点だから。

    50代ということは子育ては一段落付いてる年齢ですよね。
    たぶん子育て後、思い出がアップデートされてないのだと思います。
    友達と話す会話が昔のことになってしまうんですかね?
    女性は共感しながら話す傾向があるので、1人グチっぽい人がいるとそれに合わせてわざわざグチを探して話す傾向はあると思います。
    辛くて話すというより、話題がなんでもとりあえず共感しあえる話題であればOKというか。トラウマとは違うような。
    50代ともなると共通の話題もそんなにないですしね。相手によって話す内容は決まってくると思います。

    私は友達によって話す話題が変わります。
    子育て中の専業主婦のママ友は主に子育てと彼女のパートの悩みが主で、他の兼業主婦のママ友は子供の進学情報や最近読んだ本、時事関係、将来の話です。
    仕事の友達とは主に仕事や業界の話で子供の話はほとんどしません。

    トピ主さんは友達とどんな話がしたいのでしょうか?

    ユーザーID:1591494977

  • 他に話題が無いだけ。

    57才女性です。

    傷ついてるわけでも、トラウマになってるわけでも無いと思いますよ。
    今の毎日が平穏過ぎて、更新する愚痴が思い付かないだけだと思います。
    でも、愚痴は言いたい。共感が欲しいから。

    「そうなんだあ、大変だったねー」と相づちだけ打っとけば良いんです。
    (聞き飽きた話が膨らむ場合あり)

    私は、以前は不特定多数のお客様相手の仕事をしていて、毎日更新される愚痴だらけでしたが、今は、専業主婦で、ほとんど出掛けない為、マジで話題がありません。でも『何か話さなきゃ』と焦るし、『コレ前にも言ったかな?(←言ったかどうかを半分忘れてる。きっと相手も忘れてるだろう…)まあ良いか!』で話す。こういう事ではないでしょうか?

    ユーザーID:8749006179

  • 引っかかってるんですよね

    若かりし頃は言えなかったけど、
    経験も積んだ今の自分なら解決できたのに
    (言い返してやったのに!)
    でしょうか(笑)

    今の時代ならせずに済んだ苦労が悔しいとか
    そんな事くらい昔からあったわよとか
    そこそこ今が幸せだから言える事なんでしょうね(笑)

    ユーザーID:5321934386

  • もう、話すことがない

     話題がつきた。

     変に間があくのもいやだし、相手も話さないし。
     だから同じ事を言ってしまう。

     

     

    ユーザーID:9304627335

  • 他人は聞きたい話をしない

    自分の話したい話をするのだそうです。
    若者は「それ日本語?」というような短いセンテンスの会話をしますが、高齢になると、話をまとめずに、自分の頭の中に浮かんだ事細かな情景描写まで言葉に出す人が多いです。
    私も50代ですが、話をして楽しいという中年女性は殆どいません。
    だから、面白い話をする芸能人という存在があるんでしょうね。

    主さんのお仲間は、そのメンバーで集まると条件反射のようにその話になっても、相手が退屈だろうとか、この話もういいな、というストッパー機能が働かないんでしょうね。
    新しいことにも興味を持たないから、他に話を振っても関心持ちませんしね。老化現象でしょうね。

    ユーザーID:2916173801

  • 2度目の投稿です

    他の人も書いておられましたが、気になったのでもう一言だけ。

    トラウマというのは過去の出来事によって心の病気、PTSDを引き起こした場合そう呼べます。
    (必ずしもではないでしょうが)

    日本語の乱用というと大袈裟かもしれませんが、過去の出来事の今も尚おさまらない愚痴を言う事に対して、むやみに使うべきではないと思いました。

    カリスマとかセレブとかの言葉も同様ですよね。特別な人に対する言葉なのに、世間大衆に使い古されてしまった所が皮肉な感じです。話がそれてすみません。

    ユーザーID:6903335269

  • 楽しくないですよね

    なんでしょうね、話題がないんですかね。
    そして日常があまり上手くいってないんでしょうね。
    日々が楽しく他に刺激があれば、過去のことを何度もグチグチ言わないですもんね。

    かと言って愚痴ではなくても同じ話を何度もする人はいるので、それはそれでウンザリしますけど(笑)
    50代でなく30代でもいました。
    特定の話題になるといつも同じエピソードを持ち出してくる人。
    ペットの話になると「うちの犬はこんな面白い癖がある」
    子供の病気の話だと「うちの娘は血管がわかりにくいから注射が大変で…」
    初めて聞いた時から20年経っても同じ話を持ち出しますよ(笑)

    毎回初めて語るように話すので、記憶がないのかな?と不思議になります。
    愚痴っぽい人じゃないのが救いでしたけど。
    もし愚痴っぽい人だったらトピ主のご友人のような感じだったかもしれませんね。

    ユーザーID:0100658138

  • トラウマなら話せない

    水玉の日傘さんがおっしゃっていますが、トラウマなら話せません。
    自分から思いだし話せるなら、トラウマ脱出していると思います。
    トラウマと言えばいいと思っている人が多いです。
    本当にトラウマを抱えている人が軽く考えられてしまいます。

    単なる愚痴でしょう。

    あなたが新しい話題を振ればいいのではありませんか?

    ユーザーID:9138810896

  • トラウマと称したただの愚痴レベル

    本当にトラウマなら簡単に言いませんよ。
    私も過去に悔しかった思い出は多々あります。
    話す相手は、ちゃんと聞いてくれる受けてくれる相手をしっかり見極めてます。
    そういう相手でいても少しでも迷惑そうだったら二度と話しません。

    気軽に愚痴ってるんだって相手になる人なら思ってますよ。
    内容にも依りますし今は(話し相手が互いに)幸せなら余計に気軽にいう事もあります。
    片方に不都合が出来たら暢気にそんな事話せなくなりますよ。

    気楽で暢気な生活を送ってる人たちなんだなって私共同様に思います。

    ユーザーID:9464706140

  • 思うに・・・

    同世代でも年齢を重ねるにつれて、そうなっていくのではと私は思います。
    私は年配の人の話で、「何回もその話聞いたな・・・」って事が多々ありました。
    私の場合世代も違うし、話すことがないからかなって思ったりします。
    同世代なんだったら、「前にもその話聞いたよ」とか言って話題を変えたりはできないものなんでしょうか。

    ユーザーID:5582833589

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧