献血ができなくなった

レス29
(トピ主0
お気に入り39

心や体の悩み

チーズ

トピを開いていただきありがとうございます。
タイトルの通り、10代の頃からやっていた献血ができなくなりました。

原因はがんを患い、放射線治療をしたこと。
知らなかったのが..
ショックでした。

ユーザーID:7135416836

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レベルは全然違いますが・・・

    私も献血出来る年齢になってから、献血車を見かけるとお役に立ちたいと志願するのですけど、1度も出来たことがありません。事前の検査で引っかかってしまうからです。貧血が原因ですけど。治療もしたりサプリを飲んだりして、もう大丈夫だろうとチャレンジするのですが、逆に病院に早急に行って下さいと言われたりしてしまいます。

    毎回ショックを受けるのですけど、いつか調子の良い時に出来るかも?と意欲は消えず・・・。

    トピ主さんはご病気前は貢献していてすごいなと思います。お体お大事に。

    ユーザーID:7571752527

  • ハイ!私も出来ないです

    放射線治療でも出来なくなるのね。知りませんでいた。

    私は輸血経験者。持病の入院中貧血で院内で倒れて
    そのまま輸血×2回。

    起きているのもしんどい状態だったので看護師さんに注意事項を読んでもらったら
    献血はしたらいけませんと言われた

    もう出来ないんだ・・・(ってもやったのは高校卒業献血の1回だけだけど。やる機会がなかなか無くって・・・)なんか残念な気がした。

    ある看護師からは「血を作るのが下手みたいだから」と言われたショック。
    輸血2回やって後は鉄分の点滴&注射の日々でした。

    今は鉄分をせっせと飲む毎日です。

    献血の車を見るたびに「出来なくてすみません」と心の中で詫びております。

    私も献血後のジュースやお菓子食べたかったな〜。
    卒業献血の時、献血後体調悪くなってジュース飲めなかったから。残念だ〜。

    ユーザーID:8418024045

  • 治療のほうが大事

    ガンの治療よりも、献血ができなくなったことのほうがショックだったと思っているかのようなトピですね。

    献血よりも、がん治療の方がはるかに大切なことです。

    10代からの献血で社会に貢献し、自分自身の誇りにしていたのでしょうが、自分の命を守ることはどんなものよりも優先されるべきことです。

    残念な思いでしょうが、自分の健康第一で生活しましょう。

    社会貢献は、献血以外の方法もあるので自分でやれそうなことに取り組んでみましょう。

    ユーザーID:7572811009

  • しらなかった。私も、50代ガン患者今寛解してます。

    毎日夜、猫が夜行性二匹、子供いないので、落ち着くと、昼寝は、猫としますから、旦那に、お前は心療内科も、掛かり付け内科も、いくのは、買い物くらい、です。ご飯もできず、ガンになり、約二年、さいご母の介護途中で体調がわるく、そねまえが父介護は、母がいましたが、心療内科は、父介護で、帰り電車うんよく、自宅下車して、めまいで、しばらく介護が、電車に乗れず、心療内科にかよいました。今も、また、がんで、カなり年数かよっています。全身抗生剤だったので、じゃあ私も献血は、できませんね、つまらない話がついて申し訳ありません。そうなんだ。普通の人間には、ならなくなりましたよね。髪は、はえてきましたが、文面呼んでいただきありがとうございます。もう、ガン患い五年以上トピさんは、なったんですね。若いから、頑張って楽しく生きてください。私はばばあだから、まあ。明るく、猫が、二匹ベッタリなので。今は、母もいなく、猫トの、人生です。

    ユーザーID:8179419883

  • 同じです

    献血大好きでした。50回だったか100回だったかそれ以上の回数で
    表彰状もらいました。大好きの理由は血を抜くとすっきりするような快感があり、
    体調もよくなったような気がしたためです。
    それがあるときから出来なくなりました。
    90年代に英国に旅行した人は原則だめ、できるようになるためにはなんだかだと
    ややこしい手続きが必要とかであきらめた次第。
    でも仕方がないこと、
    トピ主さんが残念がる理由は何ですか。

    ユーザーID:9840808989

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 同じです

    私も抗がん剤の服用で献血ができなくなりました。
    献血ルームの医師から 「献血できません」ではなく 「献血しないでください」と言われたのが ショックでした。

    ユーザーID:1499843513

  • ありがとうございます。

    母が白血病だったので、幾度となく輸血に助けてもらいました。
    寒い日の朝、血小板が他県から運ばれて来る事もありました。
    見ず知らずの、母の為に献血して下さった方のおかげで、命を伸ばす事ができました。

    トピ主さん、今まで献血して下さって
    ありがとうございました。優しい想いが、たくさんの人に届いてます。心から感謝申し上げます。

    今度は、トピ主さんが医療の力を借りて
    乗り切って下さい。
    祈ってます。

    ユーザーID:9402095643

  • 私も私もー

    献血のお知らせが来たので意気揚々と献血に行きました。

    そこで突きつけられたNG

    そうです、あちらからお断りされたんです。

    理由は『降圧剤を服用しているから』です。

    薬を飲んでるとダメということを知らなかったんです。

    自分では健康のつもりでも薬のお陰だっていうことなんですね。

    それを知っていたら若いときにもっともっと献血をしておくんだったなー

    ユーザーID:9667643246

  • 代わりに…ならないけど。

    慰めにもならないでしょうし、そんなつもりもありませんが…。
    勝手に襷を受けとりました。
    これからも続けられる限り、献血します。
    …なんて、そんな大層な理由で献血してるわけではありませんが。

    ユーザーID:8847340401

  • ご自愛ください

    献血は条件が厳しいですよね。輸血を受けたらダメ、薬を飲んでいたらダメ、200mm献血は断わられる、夜勤明けとかもダメ。

    ある病気になり2年くらい薬を飲んでた時は出来ませんでした。
    漢方で体質改善して、漢方薬のみ服用期間に入ったら献血OKになった時は嬉しかったです。

    トピ主さんはお優しい方ですね。自分が大変な目にあったのに献血を続けようとされたのですから。今はとにかくお体を大事にしてお過ごしください。

    ユーザーID:8490213645

  • メンタル薬で献血できません

    私の内服薬は、献血するには数日クスリを飲まない期間を作らなければならないそうです。…無理。だから献血が無理です。

    ユーザーID:6905153072

  • わたしもです〜。

    私も2年前に癌で手術・化学療法をして、献血が不可能になりました。
    何の感染症にもかかっていない、お薬も飲んでいない、堂々と「大丈夫な血液!どうぞ使ってください!」と、取ってもらっていたのに・・・。

    街で献血の募集を見ると、切なくなります。

    ユーザーID:1233043380

  • 私もです

    出産の時に輸血を受けました。
    8パックくらい。
    8人の献血をしてくれた人に助けられたんだなぁって、思いました。
    出血が止まらなくて、血小板のお世話にもなったけと、自分自身は時間がかかるから一度もやったことなかったんですよね。
    実際に使う場面に遭遇して、もっと協力すれば良かったなと後悔しました。

    私はたまにしか献血してこなかったのですが、これでもう献血できないんだなとおもうと、残念なような申し訳ないような気持ちになります。

    トピ主さん、ご病気は回復されたのでしょうか。
    献血に協力できないのは残念ですが、まずは元気でいられることが何よりですね。

    ユーザーID:2555869905

  • できる人がすればいいのよ

     今まで献血お疲れさまでした

     私も献血してます

     顔をみるなり、「400いけますよね〜」といわれ

     あっという間に血がとれるため

     「もっとたくさんとれそうね〜」とほぼ毎回言われます

     献血ができる限り、私がかわりにがんばっておきます!

     お大事にしてくださいね

    ユーザーID:6928522189

  • 私も出来なかった

    今までに3回経験あります。

    高校の文化祭の時に学校に献血バスが来るので2年、3年と2回。
    就職が決まった時に記念に1回。

    去年、福祉関係の仕事に転職しようと思い、面接の時に献血の話したらイメージ良いかなぁと不純な動機(でも偽善でも役には立つ!)で30年ぶりに行ったらダメでした。
    30年近く毎日抗ヒスタミン剤飲んでるし、前の週は腰痛で4日間ロキソニン飲んだし、朝は偏頭痛の薬飲んだし。

    薬飲んだら献血出来ないんですね。
    私、肩幅広いガッチリ体型で肉付きも良い方。更年期のせいで顔色も良いし、体力はなくて疲れやすいけど、恥ずかしいくらい健康と思っていたのに。
    起立性障害と更年期で眩暈はあるけど、いつ血液検査しても赤血球も血小板も規定を少し超えるくらい多いから注射は苦手だけど(血管が細いらしい)血を抜いたほうが良いくらいと思っていたのにビックリでした。

    今後薬を飲まないことはないと思うので献血は出来ないと思うけど、若くて元気な頃には3回ですが、経験できて良かったです。

    ユーザーID:4844872100

  • 横ですがイギリス旅行について

    平成22年に要件が緩和され、イギリスに1カ月以上滞在した方のみが献血不可となりました。

    一般的なイギリス旅行者は献血できます。

    ユーザーID:7561955463

  • 私もです。

    トピ主さん、放射線治療をしたからではなく癌に罹患したら献血はできないんです。
    私も10年以上前に癌に罹り、幸い早期だったので切除だけで済みましたが、それでも癌にかかったらダメだと断られました。
    ちなみに五年以上経って再びチャレンジしてみましたが受付でお断りされました。(苦笑)
    私は男性並みの濃い血液で、献血センターの人にも褒められていたので本当に残念です。

    ユーザーID:1052589329

  • お疲れ様でした

    これまで提供された血液、色々な人達を救い喜ばれたことでしょう。
    輸血を必要とする患者さんには最善の状態の血液を提供したいです。
    私もガンサバイバーです、臓器移植
    なども不可。
    今後は自分の健康維持に務めましょう。

    ユーザーID:2910443103

  • 私もです

    癌と輸血、ダブルで出来ません。
    健康な時に献血に協力するんだったと後悔してます。

    ユーザーID:9328314945

  • 卒業しました(笑)

     私も20歳で始め、50歳で終わりとしました。
    血管が細いらしくいつも大変だったようですが、細く長く続けてきました。
     体調が悪い時はできませんので50回超くらいでしょうか。あまり貢献できなかったですが、献血は自分にもできることでしたので。

     50歳を過ぎ、ちょっと痩せてしまったので自分で打ち止めとしました。お疲れさまでした。

     若い人も他人事ではなく、もう少し関心を持ってもらいたいですね。

    ユーザーID:5778926761

  • 旦那がヘコんでる

    旦那が3ヶ月の長期出張から戻りました。

    帰国後、献血に行ったら拒否されたってしょげかえってました。
    場所によっては献血できなくなるらしいのですが、該当国だったようです。

    ボランティアとか募金とか、人のためになることをあまりしない夫。
    せめて頑丈な体から作り出される健康な血液でも・・・というのが旦那が思う贖罪だったのだそうです。
    だったらボランティアでもする?と聞くと、そこまで時間は取れない(確かに仕事が忙しい)
    献血が丁度良かったんだけどなぁ〜とボヤいています。

    ユーザーID:0660986067

  • 再開しようかな

    若かりし頃、20回やって打ち止めにしてしまいました。
    大型さんと同様か、それ以上に(負けず嫌い)血が濃くて、血沈試験で驚かれ、心配されることが多かったです。
    HIVが大々的に報道されたころ、献血するとついでに検査してくれるというのでやってもらいましたが、検査結果が来ず、意欲をなくして止めてしまいました。
    また、献血車が来る場所、駅前は目立つのですが、往々にして時間のない時に遭遇するので難しいです。
    やる気のある人は、きっとスケジュールに組み込んでやっているんでしょうね。

    ユーザーID:2744800202

  • 私も貢献できないです

    欧州に十数年生活していたこと、
    更年期症状がが想定外に早く、プラセンタの注射を定期的に毎週打っていること
    これらの理由で貢献できずに残念です。

    ユーザーID:4378689705

  • 他で貢献を

    私もガンで献血できなくなりました。

    でも、ヘアドネーションというのをしました。
    伸ばした髪の毛を寄付するのです。
    私は病気で髪がなくなってしまった子供たちに医療ウィッグを作っている団体に寄付しました。
    31cm以上ということで腰近くまで伸ばしたのでとても大変でしたが、そういった献血とは違う貢献もありますよ。

    ユーザーID:4036236779

  • ありがとうございました

    お返事が大変遅くなり申し訳ありません。
    まとめてのレスで失礼いたします。

    落ち込んでいた時に、温かいレスをくださった皆様
    本当にありがとうございます。

    また、同じような経験をされた方からの励ましのお言葉や
    もしかしたら、いつかどこかで微力なりともお役にたてたことがあったのかもしれないと思う方からのレスなど
    何度も読ませていただきました。

    また、別の貢献の方法を教えて下さった方からのお返事もいただいて
    今はとても感謝の気持ちでいっぱいです。
    気持ちがこんなにも穏やかになるなんて、、想像もしていませんでした。

    これからも前向きに、また何かしら自分にできることがあればやっていきたいと思っております。
    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:3633501274

  • 私も出来ません。

    私は子供の頃の集団予防接種で肝炎に感染していたみたいで、初めての献血の後、分厚い封筒で、あなたの血液を待っている人が沢山います。これからも是非献血をお願いします。というような内容が送られてきて、当時は感染しているけど発病していない人の血からしか血清?が作れなかったようでせっせと献血してたのですが、その後動物から作れるようになったみたいで、献血出来なくなりました。

    残念だけど仕方ないと諦めましたが、彼が献血未体験ということが発覚して、献血薦めたらうきうき行くようになったので、彼が私の代わりも兼ねて行ってます。

    私は、どなたか投稿ありましたが、ヘアドネーションに協力するようになりました。

    髪が伸びるのが早いのと、ずーっと腰より長めの長さだったので、初めて協力してから去年3回目を送りました。

    伸びるまでに時間がかかるので、生きてる間にあと何回送れるか解りませんが、髪型にこだわりなくずーっとストレートロングだったので、何年かに一回短くなるのも悪くないなぁなんて思ってます。

    献血出来ないのは残念ですが、なにか他にもあれば、協力するかもしれません。

    ユーザーID:8576968932

  • ヨコですが、ぷるんぷりん様

    私もB型肝炎のキャリアです。
    キャリアだと献血は不可と内科医の伯父に言われて、ずっと諦めていたのですが、できた時期もあったのでしょうか。
    もしそうだとしたら、一度は献血に貢献してみたかったので、機会を逃したのが残念です……。

    ユーザーID:4425778243

  • 今までしたのなら・・

    私も40代、50代前半くらいまでは一年に一度ですが、400CC献血をしていました。

    処が、50代後半で0,1%の罹患率の珍しいがんにかかってしまい、それからは、もうしていません。経過観察でも3か月に一度、血液検査をするので、献血までは無理でしょうし、自信がなくなりました。

    過去にしていたんですから、卒業させてもらってもいいのでは・・

    ユーザーID:6405725216

  • 私もできなくなりました

    私はずっと健康で何年も献血してきました。
    でもある時から血が取れなくなってしまったのです。

    もともと細い血管だったのが、献血のし過ぎで、肘の裏側の血管が硬くなって針が刺せなくなったようでした。
    献血に行って6人ぐらい看護師さんが変わっても刺せない時があり、私が行くと逆に迷惑になるので献血をやめました。

    献血は誰かの為にできることとして分かりやすい形の行動ですが、他にも他人の為にできる行動はあると思います。

    ユーザーID:7977803000

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧