和名を見直したい

レス111
お気に入り204

プルオーバー

話題

もうすぐワールドカップですが、世界の国名を知り感じることってありませんか?

Argentina → アルゼンチン

Turkey → トルコ

Netherlands → オランダ

他にも多くありますが上記を話題にしますと、せめて

アルゼンティナ、ターキー、ネザランド など

極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

コインランドリーなどの和製英語は仕方ないにしても、原語としてあるものは

なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

ユーザーID:9071380783

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数111

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 違います。

    英語に近い表記や発音、というのは、ちっとも国際的ではありません。

    「世界で広く行われている習慣」を国際的と定義するなら、国際的な呼び方とは、自国の言葉で勝手に相手の地名を名づける、です。

    たとえば、ドイツ語でドイツのことをDestscheland(ドイッチェラント)といいますが、フランス語では、ドイツのことを Allemagne(アレマーニュ)と呼びます。同じくオランダを、Pays―Bas(ペイバ)と呼びます。

    イタリアのMilano(ミラノ)のことを、ドイツ語ではMailand(マイランド)と呼び、スペイン語でLondon(ロンドン)をLondres(ロンドレス)と呼びます。

    スイスでは、自国の都市Geneve(ジュネーブ)であっても、同じスイスのチューリッヒの住人はGenf(ゲンフ)と呼び、Lac Leman(レマン湖)は
    Genfersee(ゲンファーゼー)です。

    Finland(フィンランド)は、フィンランド語でSuomi(スオミ)です。

    日本における外国の呼び名は、基本的にはその国の人たちの呼び名をベースに採用しつつ、英語読みも混在するなど、よく言えば柔軟、悪く言えば、いい加減、です。

    英語が世界の標準ではありません。

    ユーザーID:4310547656

  • いやぁ…

    例えばアルゼンチンは無理やりカタカナにすれば「アルヘンティーナ」。
    サッカー強豪のドイツだって本当はドイッチュランド。
    フランスなんか音だけ聞くと「フロォンス」に近いし?
    日本国内向けに日本人が発している情報なら日本で認められている表記にするべきじゃないかと。
    英語を基準にするなら今までとまるっきり異なる発音をさせられて混乱すること間違いなしですよー。

    ユーザーID:3540991269

  • レスします

    何も英語に合わせてどうしようというのか分かりません。

    オランダやドイツもそれぞれの母国語での読み方を日本語の
    アクセントに変換したものですよ。

    日本や中国、韓国、北朝鮮も英語にしてしまうのは反対ですね。
    なんでも英語にというのは国際的とは違うと思います。

    ユーザーID:5821598754

  • 同感です!

    あなたに同感です。
    和製の国名、紛らわしいと思います。
    一度、グルジアがジョージアと国名の呼び方変わりましたよね。
    だから呼び方を変更する事は出来ると思います。
    変更国名、地名、人の名前も含めてアルファベットに沿った呼び方をして欲しいですね。

    日本語で覚えた国名、地名、人の名前では、外国に行った時に通じ無いって事がありますからね。
    国際社会なのに、外国語表示が慣例的な日本の独自の呼称で呼ばれるのに違和感はあります。

    ユーザーID:7426824450

  • 言わんとすることは分かるけど・・・

    オランダについてですが、昔はNederland(ネーデルランド)の一部がHolland(ホランド)
    と呼ばれていました(もしかすると私の勘違いで逆に、ホランド地方の一部がネーデルランド
    と呼ばれていたかも)。
    どちらにしても、このホランドという発音を江戸時代の人達には『オランダ』と聞こえたの
    です。同じようにTurkey(ターキー)が『トルコ』に聞こえたのでしょうね。
    日本語における国名の呼び方には長い歴史があり、それが定着してしまっているから、よほど
    のことがないと「今さら」って感じですね。

    「極力英語のスペルにそった・・・・」とは「極力英語の発音で」ということですか?
    国名ではありませんが、マイケル・ジャクソンは「マイクル・ジャクスン」になりますよ。
    ちなみに、ベートーベンはドイツ語圏で生まれ育ったので、自分のことを「ベートフォーフェン」
    と言っていたはずですし、ドイツ語圏の人達も「ベートフォーフェン」と言います。無理して
    英語に合わせる必要はないと思います。

    それと、個人的には日本のことを「ジャパン」ではなく、「ニホン」または「ニッポン」という
    呼び方を国際的に認めてもらいたいですね。

    ユーザーID:8980488373

  • なぜ英語読みにするの?

    全く必要ないと思います。

    日本の公用語は英語ではありませんから。
    日本人が昔から読んできた言い方を変えたら、混乱を招くだけ。
    すべての印刷物など訂正が必要で、経費がかかります。
    そしてまず浸透しません。

    かつて中欧の「オ−ストリア」を「オ−ストリ−」と呼ぶようにと言われたことがありましたよね?
    しかし見事に浸透しませんでした。

    まだ現地語で国名を、ならばわかります。(これも浸透するのは奇跡に近い)
    東欧のクロアチアが、HRVATSKAになるので「いったいどこの国??」になりますけど。

    なぜ英語読みにするのか、全く同意できませんね。
    外国人に向けてのことではないのだから。
    無意味です。

    ユーザーID:6809244126

  • 現地語のほうがよいのでは?

    いくらグローバルで英語が普及しているからと言って、全部英語に合わすのもどうかと思います。

    どうせ呼び方を変更するのなら、現地の言語で呼ぶほうが現地を尊重していて良いのではないでしょうか。

    でも、英語とか現地語に統一しちゃうと

    ドイツ→ドイッツランド(ドイツ語風)、ジャーマニー(英語風)
    イギリス→ ユナイティッド・キングダム?(英語風)
    アメリカ→ ユーエスエー(アメリカでもよいのかな)
    韓国→コリア(英語風?)
    中国→チャイナ(英語風?)
    オランダ→ネーデルラント(オランダ語風)、ネザーランズ(英語風)

    みたいになるのでしょうか?。昔から馴染みの国は変更せず、他の国は変更するのも変だと思いますよ。

    ユーザーID:6141750985

  • え?

    んじゃひとりで見直してオランダをネザランドと言えば?
    誰にも通じないと思うけど。

    ユーザーID:6715529706

  • なるほど

    そうなると 我々は「ジャパン」ではなく 「にほん」もしくは「にっぽん」ですね。

    ユーザーID:5436060002

  • 英語はイギリス・アメリカ・オーストラリア・カナダの言葉

    英語が現地の本来の発音と違う場合もあるんですよ

    たとえば
    英語で「ジャパン」現地語(日本語)では「ニホン」
    英語で「ジャーマニー」現地語(ドイツ語)では「ドイツ」

    このようなとき英語発音に合わせたら現地の人たちが怒ります(国際的な問題に発展しかねません)。

    では、現地語に合わせればいいのでしょうか?

    しかし実は、公用語がたくさんある国もあるんです
    スイスの公用語はドイツ語イタリア語フランス語ロマンス語と4つもあります。
    それぞれスイスの国名表記も発音も違います。

    勝手にドイツ語に合わせたら、スイス国内の他の言語の人たちが怒ります(国際的な問題に発展しかねません)。

    困りますね。

    そうです。そっとしておいたほうがいいのです。

    「日本が他国をなんと呼ぶかは日本の勝手でしょ?」と言いたいでしょうが、
    歴史問題など複雑な事情が絡み合ってくることもあって非常に難しいお話なのです。

    ユーザーID:0542748765

  • 見直し不要と思います

    公用語がスペイン語のアルゼンチンの国名を、なぜ英語読みにしなければならない
    のですか?
    同様に、トルコやオランダもトルコ語読みやオランダ語読みではなく英語読みが
    良いのですか?
    ではイギリスは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国にしますか?

    カタカナで表記すれば、それは日本語の単語・ことばであって、
    たとえ元の外国語の発音に似せたとしても、元の外国語を母語とする人たちには、
    自分の国名には聞こえないケースが大部分です。

    トピ主さんは、英語読みに近いカタカナ表記にすることが国際的とお考えの
    ようですが、
    日本は英語でJapanであるから、日本の国名を日本語でもジャパンにする方が
    国際的だと言っているようなものだと思います。

    以前、グルジアと言っていたジョージアは、ロシア語読み由来のグルジアは
    いやなので、ジョージアに変更してほしいと先方から要請があったのです。
    このような特別な理由がない限り、国名の表記変更の必要は全くないと考えます。

    ユーザーID:9854755134

  • 変えるなら英語じゃなくて原語の音じゃないか?

    日本のことを、中国では「リーベン」、韓国では「イルボン」、スペイン語じゃ「ハポン」て言うがな。
    それを「極力英語の読みにすべきだ」ちて、「ジャパン」に変えて貰って嬉しいか?
    ニホン/ニッポンじゃない限り、ヤパンスカ(スウェーデン語)でもニャバン(ベトナム語)でもジャパンでも同じことじゃないか?

    別にわざわざ変えることもないし、もし変えるならそれぞれの原語の音(ジャパンじゃなくてニホン/ニッポンに当たる音)で写すべきじゃないか?

    ユーザーID:6852132419

  • はい????

    何で「英語=原語」、ということになるのですか?
    その理屈でいえば「日本」を英語=原語でいうとJapanですので、
    日本語でも日本の表記を「ジャパン」にしなくてはいけなくなります。

    日本語で「ドイツ」と呼ぶ国は、(無理やりカナ書きにすると)
    英語では「ジャーマニー」、ドイツ語では「ドイチェ」、
    スペイン語では「アルマニア」となりますが、
    一体どれが原語なのでしょうねえ。

    「アルゼンチン」「トルコ」「オランダ」「日本」は、
    日本語でのそれぞれの国の呼び方、
    ということでよいのでは?

    ユーザーID:9840910279

  • 英語発音名ねぇ、、、

    じゃ、日本はジャパン、韓国はサウスコリア、中国はチャイナですか?
    浅薄で迎合的な英語至上主義者は困ったもんです。

    ユーザーID:0364628007

  • 日本はどうします?

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います

    日本はニッポン(ニホン)じゃなくてジャパンにそった言い方になりますが

    ユーザーID:8214960081

  • 英語がオリジナルに近いとは限らない

    ドイツは、英語では(カタカナ表記すると)、ジャーマニーですが、ドイツ語ではドイチュです。イタリアの首都は、英語ではロームですが、イタリア語ではローマに近い。

    もちろん、「イギリス」のように地元の人が自分たちの国をどう読んでいるか、とは全然関係ない日本独自の呼び方も多いとは思いますが、そういう固有の呼び方をしてる国ほど歴史的に交流が深かい場合も多い。相手が望むならともかく何でも英語にすればいいってもんでもないと思います。

    ユーザーID:9696719496

  • そうです

    世界各国に,「日本国」と表記し,「にっぽん(こく)」と呼称するように,働きかけましょう。

    ユーザーID:8675859638

  • 賛同しない

    読みかたは国それぞれで違うことがありますが、私はそれが好きです。

    日本人は日本を、ニホン、ニッポンと呼びますが、
    ジャパン、ジャポン、ヤーパン、ハポン等々国によって違いますよね。

    これこそ、その国の特色があるようですきです。

    オランダがネザランド? トルコがターキーー?

    全く異国の雰囲気が感じられなくなりますね。

    それに「原語」に従うなら、英語ではなくその国の国民が使う呼び名では?

    日本人が「ジャパン」ではなく、ニホン、ニッポンと呼ぶように
    英語読みではない自国の呼び名がある国もあるはず。

    自国内にいてまで、英語に沿うのは寂しいです。
    日本独自のものを大切にしたいと思います。

    ユーザーID:3322735865

  • コインランドリーは英語として通じるよ

    横でごめんね。オーストラリアのメルボルンには "Coin Laundry" という看板を出している
    コインランドリーがあるよ。日本から逆輸入された言葉かもしれないけどね。

    ユーザーID:9260764603

  • 国際的?

    じゃあ、日本はジャパンと書くのが国際的となりますね。
    都市ならば、パリはパリス、ウィーンはヴィエナ、フィレンツェはフローレンス、北京はベイジンと書く?

    日本語は現地の発音や訳した当時の呼称を尊重したカタカナをあてていることが多いです。
    その方式の方が英語一辺倒よりよほど国際的だと思う。
    コートジボワールはフランス語が公用語の国ですが、英語ではアイヴォリー・コーストと呼ばれます。国際社会に対して、国名を英語で呼ばないようにしてくれと主張してる国ですよ。

    なお日本国内向け表記ならば、英語名を使う意味は無いです。
    英語を読む人は、英文で情報を仕入れます。

    ユーザーID:7021565964

  • どこが国際的なんですか?

    日本人同士で言う名称のどこが国際的なんだろ?
    対外国人ではないのに。

    アルゼンチンをアルゼンティナと言ったところで国際的なんですか?
    イギリスはグレートブリテンなんですか?
    一体どこの国かわからない人続出ですよ。

    言い方を変えるのってすごい作業です。

    いきなり「こう言いましょう」と言われても、素直に変えられる人がどれだけいるか。
    長年呼び慣れたものを変えたら、高齢者でなくても戸惑います。

    トピ主さんだけ個人的に英語風を使えばいいでしょう。
    ただ聞く方は、ただの「〇〇かぶれ」と受け取るかもしれませんけど。

    和製英語は、また全然別の次元の話だと思います。

    ユーザーID:5500998610

  • なぜ英語

    Argentinaは英語圏ではない。
    現地の発音により近いように仮名書きすれば「アルヘンティーナ」。

    いっぽう、日本は「にっぽん」「にほん」だが、トピ主さん式には「ジャパン」で統一しようということになる。余談ながら、英語以外の西欧各国語では仮名書きで「ヤーパン」「ハポン」等々となるところ。

    原語というなら、「アルゼンティナ」「ジャパン」はどう考えてもおかしい。

    ユーザーID:7231754458

  • 英語名なのか原語名なのか

    英語名とおっしゃったり原語名とおっしゃったりしていますが、
    英語名と原語名は違います。
    英語名準拠にしろという主張は、まったく意味がわかりません。
    じゃあ日本もジャパンと表記して実況でも「ジャパンの○○(この日本人名も英語風に発音?)、今何位です」とか言うのですか。
    ドイツをいちいち英語準拠でジャーマンと呼ぶのですか。意味がわかりません。

    各国の原語呼称を可能な限り再現すべき、という主張ならわかります。オランダは変えたほうがいいかもしれません。
    トルコはトルコ語だと「トルキエ」みたいな発音らしいので許容範囲かと思います。
    そしてそうなるとドイツがドイチュラントになり、メキシコがメヒコになるなるのでしょうか。
    アルゼンチンはアルヘンティナでしょうか。そこまでする意味があるのかよくわかりません。
    どうせどの国も、他国の固有名詞を自国の発音体系に沿って言い換えて発音しています。日本はその国の発音を尊重しているほうです。
    日本と交友の古い国については古い発音の名前や、そもそも古い名前が定着しているわけですが、もとの発音を尊重していることは確かです。
    オランダ→ネーデルラントのように完全に名前が変わっている国については順次変えていくのもいいと思いますが、
    英語発音に変えろというのはまったく意味不明です。ここは日本です。

    ユーザーID:6754054833

  • 英語で統一なの?「原語」ってどこの言葉のことを言ってるの?

    じゃ、日本のことは「ジャパン」って書いた方がいいですか?

    今さらいじくりまわすことはないと思いますけど。

    カタカナ書きのせいで日本人の英語力が弱いわけじゃないです。
    外国語の発音をカタカナ書きしようっていうのが、所詮無理なんです。

    ユーザーID:6449967355

  • ジャパンではなくニッポン

    英語の和訳ではなく母国語の和訳にしてほしい。

    ユーザーID:2178482769

  • なぜ英語の発音?



    > 原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    その国で発音している国名にするのなら分かるけど、英語限定って。

    ちなみに
    アルゼンチンは、アルヘンティーナ
    トルコは、、テュルキイェ・ジュムフリイェティ
    オランダは、ネーデルラント
    です。

    ユーザーID:1798581359

  • なぜ、英語に合わせるのですか?

    各国語に合わせるというなら、まだしも、何でも英語に合わせるという発想は国際的とは思えません。
    じゃあ、日本の国名も「じゃぱーん」にするんですか?
    嫌だな、それは。

    ユーザーID:6309221211

  • なぜ英語

    それでは私たちは自分の国を
    日本でなくジャパンと言ったほうがいいとお考えでしょうか

    ユーザーID:1129043000

  • 英語読みに反対

    理由としては、まず、分かりにくくなるからです。そして、原語ではないからです。

    そもそも何故英語に合わせなくてはならないのでしょう? 合わせるなら、その国のネイティブな言語での国名に合わせるべきです。
    英語表記に合わせると言うなら、日本のニュースで日本をジャパンと呼ばなくてはなりません。ニュースで「ジャパンが勝ちました」などと言ってほしいのでしょうか?

    ちなみにトピ主さんの出した例だと

    アルゼンチンはアルヘンティナ(スペイン語)

    トルコはテュルキエまたはトゥルク(トルコ語)

    オランダはネーデルランドまたはネーダァランド(オランダ語)

    で呼ぶべきだと思います(カタカナで表現している時点で正確ではなくなりますが)。
    その国の言語にしてこそ、本来の国際化だと思います。英語はただの公用語で、色々あるものを一つの枠にハメるというもので、国際的からは真逆の行為です。

    ユーザーID:8140141293

  • は?

    そんなことしなくても、日本は充分グローバルだと思いますけどね。
    英語で喋る時はちゃんとした発音で正規の単語を使ってます。
    日本人が日本語で誰にでも判別しやすい単語を使っているだけ。それは世界各国何処でも同じですよ。固有名詞はお国言葉を使ってます。

    すると、世界史の教科書のカタカナ固有名詞は全て英語発音で書かなきゃならなくなりませんか?
    判り難いったらありゃしない。
    あなたはそんな教科書全てに対応できるんですか?
    そこまで言うならどうぞ、あなた一人で頑張って理解不能の英語発音して下さい。

    ユーザーID:8246322507

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧