和名を見直したい

レス111
お気に入り204

プルオーバー

話題

もうすぐワールドカップですが、世界の国名を知り感じることってありませんか?

Argentina → アルゼンチン

Turkey → トルコ

Netherlands → オランダ

他にも多くありますが上記を話題にしますと、せめて

アルゼンティナ、ターキー、ネザランド など

極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

コインランドリーなどの和製英語は仕方ないにしても、原語としてあるものは

なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

ユーザーID:9071380783

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数111

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 違います。

    英語に近い表記や発音、というのは、ちっとも国際的ではありません。

    「世界で広く行われている習慣」を国際的と定義するなら、国際的な呼び方とは、自国の言葉で勝手に相手の地名を名づける、です。

    たとえば、ドイツ語でドイツのことをDestscheland(ドイッチェラント)といいますが、フランス語では、ドイツのことを Allemagne(アレマーニュ)と呼びます。同じくオランダを、Pays―Bas(ペイバ)と呼びます。

    イタリアのMilano(ミラノ)のことを、ドイツ語ではMailand(マイランド)と呼び、スペイン語でLondon(ロンドン)をLondres(ロンドレス)と呼びます。

    スイスでは、自国の都市Geneve(ジュネーブ)であっても、同じスイスのチューリッヒの住人はGenf(ゲンフ)と呼び、Lac Leman(レマン湖)は
    Genfersee(ゲンファーゼー)です。

    Finland(フィンランド)は、フィンランド語でSuomi(スオミ)です。

    日本における外国の呼び名は、基本的にはその国の人たちの呼び名をベースに採用しつつ、英語読みも混在するなど、よく言えば柔軟、悪く言えば、いい加減、です。

    英語が世界の標準ではありません。

    ユーザーID:4310547656

  • いやぁ…

    例えばアルゼンチンは無理やりカタカナにすれば「アルヘンティーナ」。
    サッカー強豪のドイツだって本当はドイッチュランド。
    フランスなんか音だけ聞くと「フロォンス」に近いし?
    日本国内向けに日本人が発している情報なら日本で認められている表記にするべきじゃないかと。
    英語を基準にするなら今までとまるっきり異なる発音をさせられて混乱すること間違いなしですよー。

    ユーザーID:3540991269

  • レスします

    何も英語に合わせてどうしようというのか分かりません。

    オランダやドイツもそれぞれの母国語での読み方を日本語の
    アクセントに変換したものですよ。

    日本や中国、韓国、北朝鮮も英語にしてしまうのは反対ですね。
    なんでも英語にというのは国際的とは違うと思います。

    ユーザーID:5821598754

  • 同感です!

    あなたに同感です。
    和製の国名、紛らわしいと思います。
    一度、グルジアがジョージアと国名の呼び方変わりましたよね。
    だから呼び方を変更する事は出来ると思います。
    変更国名、地名、人の名前も含めてアルファベットに沿った呼び方をして欲しいですね。

    日本語で覚えた国名、地名、人の名前では、外国に行った時に通じ無いって事がありますからね。
    国際社会なのに、外国語表示が慣例的な日本の独自の呼称で呼ばれるのに違和感はあります。

    ユーザーID:7426824450

  • 言わんとすることは分かるけど・・・

    オランダについてですが、昔はNederland(ネーデルランド)の一部がHolland(ホランド)
    と呼ばれていました(もしかすると私の勘違いで逆に、ホランド地方の一部がネーデルランド
    と呼ばれていたかも)。
    どちらにしても、このホランドという発音を江戸時代の人達には『オランダ』と聞こえたの
    です。同じようにTurkey(ターキー)が『トルコ』に聞こえたのでしょうね。
    日本語における国名の呼び方には長い歴史があり、それが定着してしまっているから、よほど
    のことがないと「今さら」って感じですね。

    「極力英語のスペルにそった・・・・」とは「極力英語の発音で」ということですか?
    国名ではありませんが、マイケル・ジャクソンは「マイクル・ジャクスン」になりますよ。
    ちなみに、ベートーベンはドイツ語圏で生まれ育ったので、自分のことを「ベートフォーフェン」
    と言っていたはずですし、ドイツ語圏の人達も「ベートフォーフェン」と言います。無理して
    英語に合わせる必要はないと思います。

    それと、個人的には日本のことを「ジャパン」ではなく、「ニホン」または「ニッポン」という
    呼び方を国際的に認めてもらいたいですね。

    ユーザーID:8980488373

  • なぜ英語読みにするの?

    全く必要ないと思います。

    日本の公用語は英語ではありませんから。
    日本人が昔から読んできた言い方を変えたら、混乱を招くだけ。
    すべての印刷物など訂正が必要で、経費がかかります。
    そしてまず浸透しません。

    かつて中欧の「オ−ストリア」を「オ−ストリ−」と呼ぶようにと言われたことがありましたよね?
    しかし見事に浸透しませんでした。

    まだ現地語で国名を、ならばわかります。(これも浸透するのは奇跡に近い)
    東欧のクロアチアが、HRVATSKAになるので「いったいどこの国??」になりますけど。

    なぜ英語読みにするのか、全く同意できませんね。
    外国人に向けてのことではないのだから。
    無意味です。

    ユーザーID:6809244126

  • 現地語のほうがよいのでは?

    いくらグローバルで英語が普及しているからと言って、全部英語に合わすのもどうかと思います。

    どうせ呼び方を変更するのなら、現地の言語で呼ぶほうが現地を尊重していて良いのではないでしょうか。

    でも、英語とか現地語に統一しちゃうと

    ドイツ→ドイッツランド(ドイツ語風)、ジャーマニー(英語風)
    イギリス→ ユナイティッド・キングダム?(英語風)
    アメリカ→ ユーエスエー(アメリカでもよいのかな)
    韓国→コリア(英語風?)
    中国→チャイナ(英語風?)
    オランダ→ネーデルラント(オランダ語風)、ネザーランズ(英語風)

    みたいになるのでしょうか?。昔から馴染みの国は変更せず、他の国は変更するのも変だと思いますよ。

    ユーザーID:6141750985

  • え?

    んじゃひとりで見直してオランダをネザランドと言えば?
    誰にも通じないと思うけど。

    ユーザーID:6715529706

  • なるほど

    そうなると 我々は「ジャパン」ではなく 「にほん」もしくは「にっぽん」ですね。

    ユーザーID:5436060002

  • 英語はイギリス・アメリカ・オーストラリア・カナダの言葉

    英語が現地の本来の発音と違う場合もあるんですよ

    たとえば
    英語で「ジャパン」現地語(日本語)では「ニホン」
    英語で「ジャーマニー」現地語(ドイツ語)では「ドイツ」

    このようなとき英語発音に合わせたら現地の人たちが怒ります(国際的な問題に発展しかねません)。

    では、現地語に合わせればいいのでしょうか?

    しかし実は、公用語がたくさんある国もあるんです
    スイスの公用語はドイツ語イタリア語フランス語ロマンス語と4つもあります。
    それぞれスイスの国名表記も発音も違います。

    勝手にドイツ語に合わせたら、スイス国内の他の言語の人たちが怒ります(国際的な問題に発展しかねません)。

    困りますね。

    そうです。そっとしておいたほうがいいのです。

    「日本が他国をなんと呼ぶかは日本の勝手でしょ?」と言いたいでしょうが、
    歴史問題など複雑な事情が絡み合ってくることもあって非常に難しいお話なのです。

    ユーザーID:0542748765

  • 見直し不要と思います

    公用語がスペイン語のアルゼンチンの国名を、なぜ英語読みにしなければならない
    のですか?
    同様に、トルコやオランダもトルコ語読みやオランダ語読みではなく英語読みが
    良いのですか?
    ではイギリスは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国にしますか?

    カタカナで表記すれば、それは日本語の単語・ことばであって、
    たとえ元の外国語の発音に似せたとしても、元の外国語を母語とする人たちには、
    自分の国名には聞こえないケースが大部分です。

    トピ主さんは、英語読みに近いカタカナ表記にすることが国際的とお考えの
    ようですが、
    日本は英語でJapanであるから、日本の国名を日本語でもジャパンにする方が
    国際的だと言っているようなものだと思います。

    以前、グルジアと言っていたジョージアは、ロシア語読み由来のグルジアは
    いやなので、ジョージアに変更してほしいと先方から要請があったのです。
    このような特別な理由がない限り、国名の表記変更の必要は全くないと考えます。

    ユーザーID:9854755134

  • 変えるなら英語じゃなくて原語の音じゃないか?

    日本のことを、中国では「リーベン」、韓国では「イルボン」、スペイン語じゃ「ハポン」て言うがな。
    それを「極力英語の読みにすべきだ」ちて、「ジャパン」に変えて貰って嬉しいか?
    ニホン/ニッポンじゃない限り、ヤパンスカ(スウェーデン語)でもニャバン(ベトナム語)でもジャパンでも同じことじゃないか?

    別にわざわざ変えることもないし、もし変えるならそれぞれの原語の音(ジャパンじゃなくてニホン/ニッポンに当たる音)で写すべきじゃないか?

    ユーザーID:6852132419

  • はい????

    何で「英語=原語」、ということになるのですか?
    その理屈でいえば「日本」を英語=原語でいうとJapanですので、
    日本語でも日本の表記を「ジャパン」にしなくてはいけなくなります。

    日本語で「ドイツ」と呼ぶ国は、(無理やりカナ書きにすると)
    英語では「ジャーマニー」、ドイツ語では「ドイチェ」、
    スペイン語では「アルマニア」となりますが、
    一体どれが原語なのでしょうねえ。

    「アルゼンチン」「トルコ」「オランダ」「日本」は、
    日本語でのそれぞれの国の呼び方、
    ということでよいのでは?

    ユーザーID:9840910279

  • 英語発音名ねぇ、、、

    じゃ、日本はジャパン、韓国はサウスコリア、中国はチャイナですか?
    浅薄で迎合的な英語至上主義者は困ったもんです。

    ユーザーID:0364628007

  • 日本はどうします?

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います

    日本はニッポン(ニホン)じゃなくてジャパンにそった言い方になりますが

    ユーザーID:8214960081

  • 英語がオリジナルに近いとは限らない

    ドイツは、英語では(カタカナ表記すると)、ジャーマニーですが、ドイツ語ではドイチュです。イタリアの首都は、英語ではロームですが、イタリア語ではローマに近い。

    もちろん、「イギリス」のように地元の人が自分たちの国をどう読んでいるか、とは全然関係ない日本独自の呼び方も多いとは思いますが、そういう固有の呼び方をしてる国ほど歴史的に交流が深かい場合も多い。相手が望むならともかく何でも英語にすればいいってもんでもないと思います。

    ユーザーID:9696719496

  • そうです

    世界各国に,「日本国」と表記し,「にっぽん(こく)」と呼称するように,働きかけましょう。

    ユーザーID:8675859638

  • 賛同しない

    読みかたは国それぞれで違うことがありますが、私はそれが好きです。

    日本人は日本を、ニホン、ニッポンと呼びますが、
    ジャパン、ジャポン、ヤーパン、ハポン等々国によって違いますよね。

    これこそ、その国の特色があるようですきです。

    オランダがネザランド? トルコがターキーー?

    全く異国の雰囲気が感じられなくなりますね。

    それに「原語」に従うなら、英語ではなくその国の国民が使う呼び名では?

    日本人が「ジャパン」ではなく、ニホン、ニッポンと呼ぶように
    英語読みではない自国の呼び名がある国もあるはず。

    自国内にいてまで、英語に沿うのは寂しいです。
    日本独自のものを大切にしたいと思います。

    ユーザーID:3322735865

  • コインランドリーは英語として通じるよ

    横でごめんね。オーストラリアのメルボルンには "Coin Laundry" という看板を出している
    コインランドリーがあるよ。日本から逆輸入された言葉かもしれないけどね。

    ユーザーID:9260764603

  • 国際的?

    じゃあ、日本はジャパンと書くのが国際的となりますね。
    都市ならば、パリはパリス、ウィーンはヴィエナ、フィレンツェはフローレンス、北京はベイジンと書く?

    日本語は現地の発音や訳した当時の呼称を尊重したカタカナをあてていることが多いです。
    その方式の方が英語一辺倒よりよほど国際的だと思う。
    コートジボワールはフランス語が公用語の国ですが、英語ではアイヴォリー・コーストと呼ばれます。国際社会に対して、国名を英語で呼ばないようにしてくれと主張してる国ですよ。

    なお日本国内向け表記ならば、英語名を使う意味は無いです。
    英語を読む人は、英文で情報を仕入れます。

    ユーザーID:7021565964

  • どこが国際的なんですか?

    日本人同士で言う名称のどこが国際的なんだろ?
    対外国人ではないのに。

    アルゼンチンをアルゼンティナと言ったところで国際的なんですか?
    イギリスはグレートブリテンなんですか?
    一体どこの国かわからない人続出ですよ。

    言い方を変えるのってすごい作業です。

    いきなり「こう言いましょう」と言われても、素直に変えられる人がどれだけいるか。
    長年呼び慣れたものを変えたら、高齢者でなくても戸惑います。

    トピ主さんだけ個人的に英語風を使えばいいでしょう。
    ただ聞く方は、ただの「〇〇かぶれ」と受け取るかもしれませんけど。

    和製英語は、また全然別の次元の話だと思います。

    ユーザーID:5500998610

  • なぜ英語

    Argentinaは英語圏ではない。
    現地の発音により近いように仮名書きすれば「アルヘンティーナ」。

    いっぽう、日本は「にっぽん」「にほん」だが、トピ主さん式には「ジャパン」で統一しようということになる。余談ながら、英語以外の西欧各国語では仮名書きで「ヤーパン」「ハポン」等々となるところ。

    原語というなら、「アルゼンティナ」「ジャパン」はどう考えてもおかしい。

    ユーザーID:7231754458

  • 英語名なのか原語名なのか

    英語名とおっしゃったり原語名とおっしゃったりしていますが、
    英語名と原語名は違います。
    英語名準拠にしろという主張は、まったく意味がわかりません。
    じゃあ日本もジャパンと表記して実況でも「ジャパンの○○(この日本人名も英語風に発音?)、今何位です」とか言うのですか。
    ドイツをいちいち英語準拠でジャーマンと呼ぶのですか。意味がわかりません。

    各国の原語呼称を可能な限り再現すべき、という主張ならわかります。オランダは変えたほうがいいかもしれません。
    トルコはトルコ語だと「トルキエ」みたいな発音らしいので許容範囲かと思います。
    そしてそうなるとドイツがドイチュラントになり、メキシコがメヒコになるなるのでしょうか。
    アルゼンチンはアルヘンティナでしょうか。そこまでする意味があるのかよくわかりません。
    どうせどの国も、他国の固有名詞を自国の発音体系に沿って言い換えて発音しています。日本はその国の発音を尊重しているほうです。
    日本と交友の古い国については古い発音の名前や、そもそも古い名前が定着しているわけですが、もとの発音を尊重していることは確かです。
    オランダ→ネーデルラントのように完全に名前が変わっている国については順次変えていくのもいいと思いますが、
    英語発音に変えろというのはまったく意味不明です。ここは日本です。

    ユーザーID:6754054833

  • 英語で統一なの?「原語」ってどこの言葉のことを言ってるの?

    じゃ、日本のことは「ジャパン」って書いた方がいいですか?

    今さらいじくりまわすことはないと思いますけど。

    カタカナ書きのせいで日本人の英語力が弱いわけじゃないです。
    外国語の発音をカタカナ書きしようっていうのが、所詮無理なんです。

    ユーザーID:6449967355

  • ジャパンではなくニッポン

    英語の和訳ではなく母国語の和訳にしてほしい。

    ユーザーID:2178482769

  • なぜ英語の発音?



    > 原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    その国で発音している国名にするのなら分かるけど、英語限定って。

    ちなみに
    アルゼンチンは、アルヘンティーナ
    トルコは、、テュルキイェ・ジュムフリイェティ
    オランダは、ネーデルラント
    です。

    ユーザーID:1798581359

  • なぜ、英語に合わせるのですか?

    各国語に合わせるというなら、まだしも、何でも英語に合わせるという発想は国際的とは思えません。
    じゃあ、日本の国名も「じゃぱーん」にするんですか?
    嫌だな、それは。

    ユーザーID:6309221211

  • なぜ英語

    それでは私たちは自分の国を
    日本でなくジャパンと言ったほうがいいとお考えでしょうか

    ユーザーID:1129043000

  • 英語読みに反対

    理由としては、まず、分かりにくくなるからです。そして、原語ではないからです。

    そもそも何故英語に合わせなくてはならないのでしょう? 合わせるなら、その国のネイティブな言語での国名に合わせるべきです。
    英語表記に合わせると言うなら、日本のニュースで日本をジャパンと呼ばなくてはなりません。ニュースで「ジャパンが勝ちました」などと言ってほしいのでしょうか?

    ちなみにトピ主さんの出した例だと

    アルゼンチンはアルヘンティナ(スペイン語)

    トルコはテュルキエまたはトゥルク(トルコ語)

    オランダはネーデルランドまたはネーダァランド(オランダ語)

    で呼ぶべきだと思います(カタカナで表現している時点で正確ではなくなりますが)。
    その国の言語にしてこそ、本来の国際化だと思います。英語はただの公用語で、色々あるものを一つの枠にハメるというもので、国際的からは真逆の行為です。

    ユーザーID:8140141293

  • は?

    そんなことしなくても、日本は充分グローバルだと思いますけどね。
    英語で喋る時はちゃんとした発音で正規の単語を使ってます。
    日本人が日本語で誰にでも判別しやすい単語を使っているだけ。それは世界各国何処でも同じですよ。固有名詞はお国言葉を使ってます。

    すると、世界史の教科書のカタカナ固有名詞は全て英語発音で書かなきゃならなくなりませんか?
    判り難いったらありゃしない。
    あなたはそんな教科書全てに対応できるんですか?
    そこまで言うならどうぞ、あなた一人で頑張って理解不能の英語発音して下さい。

    ユーザーID:8246322507

  • 半分同意

    英語じゃなく、その国の言語に合わせた呼び方が良いなあと思っています。

    Suomiという美しい名前があるのに、なぜフィンランドと呼ぶのかな、と。

    国名じゃなく都市名の話になりますが、飛行機がkobenhavnに到着したとき、私は一体どこに来てしまったのだろうと一瞬うろたえました。飛行機乗り間違えたかなと(笑)そんなことあるかい!!

    ユーザーID:7338417722

  • 英語読み?現地語読み?

    韓国は、コリア?テーハミングー?
    アメリカは?USA?
    イギリスは?GB?
    スペインは、エスパニョール?スペイン?

    うーん、無理だな。

    ユーザーID:1249877378

  • なんでスペルに沿うの?

    オランダはネザランドじゃなくて、ネーデルランドだと思うんだけど。
    教科書にもそうあるし。第一なんで英語に合わせるの?
    合わせるなら現地の読みの方じゃないでしょうか。
    世界的にもどっちかというと英語主体の呼び方から現地語に合わせよう、
    っていうのが流れかな〜って思います。

    ちなみ、そうなるとJAPANもだめですね。NIPPONにすべきか、いやNIHONか?

    ユーザーID:4463823518

  • なんで英語が基本?

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います

    なんで英語?

    それを言うなら、現地語に沿った国名にすべきでは?

    日本が「ジャパン」ではなく「ニホン(ニッポン)」であるのと同じようにね。

    ユーザーID:0499334862

  • 英語至上主義は、いかがな物か?

    外国の人名・地名の日本語での表記には、歴史的経緯があって、たとえば

    モスコー(英)→モスクワ(ロシア語) ベニス(英)→ベネティア(伊)
    これらは現地語優先が進行しているようですね。

    人名でも チャールズ(英) カール(独) シャルル(仏) などあって
    英語に統一せよなど、独善的な主張に、それぞれの国民は感じるでしょう。

    それと人名でも、大統領になる前は「リーガン氏」だったのが、各新聞社一斉に
    「レーガン」に切り替わりましたね。これは英語内の事だけど。

    それと、フィンランド(英)→スオミ(現地の呼称) かつてのコンゴ(英)が
    ジンバブエ(現国名)になるなど、英語が正義とはとても言えませんが
    トピ主がいかがお考えでしょうか?

    ユーザーID:5788478491

  • なんでも英語に揃えなくても…

    私たちの国「日本」を、ニホンまたはニッポンと呼んでいる言語がどれくらいありますか?

    トピ主さんが仰ってるのって、ジャポンじゃなくてジャパンって呼びませんか?
    何故なら英語はジャパンでしょ?国際的でしょ?って言ってるのと同じでは。
    日本人にとってはどちらでも良くないですか?

    少なくとも私は別にジャパンでもジャポンでもジパングでもいいです。日本は日本なんだから。その国ならではの発音で呼ぶのも味がありませんか?そう呼ばれるに至った歴史的背景もありますし。私はその方が「国際的」な気がします。

    もちろん英語で話す時は、英語の国名で話しますよ。

    ユーザーID:4911767836

  • なぜ英語中心?

    日本語の美しい所は、外国の言葉を訳す時に、その国の言語に忠実に発音されるところだと思います。

    世界の言語は英語だけじゃありません。

    英語表記を中心にしてしまうと、
    おなじみの「アンネ・フランク」→ 「アン・フランク」になってしましますし、女帝マリア・テレジアも「マリア・テレサ」になってしまう。 
    フランスのシャンソン歌手の「エディット・ピアフ」も、英語だと「イーディス」になってしまって、なんだか別人のよう。

    日本語としてすでに馴染んでいる人名、地名などをわざわざ変えて、しかも英語表記にして混乱させる必要はありません。 

    英語中心にしてしまうということは、日本の文化を外国語で紹介する時も、カラオケをキャリオーキ、天婦羅をテンピューラ、と英語風に変えてしまうようなもの。 英語圏みたいによその国の言葉を英語風に変えてしまうより、言語の音をなるべく尊重、忠実に発音・表記する日本のやり方の方が好きです。

    ユーザーID:6448968936

  • 国際的≠英語

    原語を大事にしたいという主旨は理解できます。

    でもそうなったら、「オランダ」なんて“オランダ”読みのほうが原語寄りですよね。変える必要性を感じません。

    第一「日本」だってそうじゃないですか。“ジャパン”を始め、各国言語で色々な呼び方があります。
    それに対して私は日本人として別に何も文句は無いですし、他国の言語文化を尊重するのもまた、国際社会に必要な考えだと思っています。

    英語読みじゃないからって、国際感覚が薄いみたいな考え方には同意しかねます。
    私も英語そのものは嫌いじゃないのですが、英語至上主義は苦手です。

    国際社会での呼称を限定するなら、「ジョージア」のように国として宣言されたことに沿うのが間違いないのでは。

    ユーザーID:1759334478

  • NIHON

    >原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    ならば JAPANも NIHONか NIPPON に国際表記?

    えっ反対かな? 極力英語に沿うのであれば 我々はジャパンというべきなのね。

    ユーザーID:7912896322

  • 一理あり

    一理あると思います。
    現在のカタカナ国名は、正確な情報がない中で形成されたと思われるので、より原語に近い言い方に改めるのはありだと思います。まあ、コストや慣れ親しんだ名称を変えることへの抵抗が大きいから現実的ではないでしょうが。
    > 原語としてあるものは なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?
     国際的かどうかは分かりませんが、あまりに異なる言い方はその国に対して失礼な気がするので。
    ただし、英語のスペルに合わせるのは反対です。私は、他の国の人に『ニホン、ニッポン』に近い発音で呼ばれるのは喜ばしいですが、『ジャパン』に近い発音で呼ばれても嬉しくありません。(英会話におけるJAPANは別として)

    ユーザーID:9119708955

  • どうでしょう…

    確かに。
    アルゼンチンやトルコはまだいいとしても…オランダの正式名称は「ネーデルランド」と教わった記憶があります。
    何故「オランダ」に?
    イギリスも確か「グレートブリテン及び北アイルランド云々」。
    オランダ同様、何故「イギリス」??
    アメリカだって、「ユナイテッドステイツオブアメリカ」(カタカナ表記にするとこうだったかと)。
    英語のスペルにそうと長くなりますね。
    だからでしょうか?

    まあ、イギリスやアメリカは長くなりますが、「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)」や「韓国(大韓民国)」のように「ノースコリア」や「コリア」と短くなる国もあるので何とも言えませんが。


    でも、トピ主さんの「言語としてある」というのなら、世界中の国々の「その国の言語」で発音すべきと思いません?
    別に「英語」である必要はないわけで。
    英語圏は英語、スペイン語圏はスペイン語…としていたらとんでもないことになりませんか?

    まあ、トピ主さんの意見も一理ありますが、「国際的=英語」というのはどうでしょう…?
    英語至上主義には疑問です。

    ユーザーID:2655716557

  • 原語=英語?

    フィレンツェをフローレンスと言うようになるのはイヤだなぁと思います。
    オランダも変えるならせめてネーデルラントがいい。

    合わせるなら英語じゃなくて現地の言葉じゃないでしょうか。

    ユーザーID:9620918656

  • なんで英語だけ?

    それぞれの国のそれぞれの言語での国名をというならまだわかりますが、なぜ英語にしなきゃいけないのかよくわかりません。「Japan」だって英語人が勝手に?呼んでるだけで外国では「Nihon」「Nippon」とは呼ばれてないですよね。

    例えば英語でなくそれぞれの国の言葉でといっても、日本人にとって発音自体難しい言語もありますし。トピの例でいえば、英語音とカタカナ発音じゃ全く違うし。言語によってはローマ字表記にはできないものもあるでしょう。その辺どうするんでしょうか。

    確かオリンピックなどでは英語とフランス語、開催国語で呼んでいたと思いますが、結局その辺りが落としどころなんでは?

    ユーザーID:8269018546

  • 国際的?

    国際的とは・・・?
    国名を英語表記のとおりということは、国名の呼称を世界で統一したいということでしょうか?

    しかし、オランダは正式名称はネザランドではありますが、
    外国(人)は「ホランド」とも呼んでますよね。
    逆にネザランドって呼ぶ人のほうが少ないとも聞きました。

    トピ主の考える国際的が何を意味するのかわからないけれど
    通称を使ってる国や人が日本だけじゃない以上、何をもって国際的というのでしょうか?

    ユーザーID:2366227251

  • なんで英語なのか

    トルコですが、「ターキー」というのは英語ですよね。
    トルコ国民自身は自国を「テュルキイェ」と称しているのにあえてわざわざ英語表記に近いカタカナにする意義がわかりません。
    Turkey とターキーじゃ全然発音違うし。

    近年「ジョージア」と表記するようになったグルジアはロシア語由来で、
    現地の人々は自国の言葉では「サカルトベロ」と言っているそうですよ。

    英語が国際的な公用語の地位にあるから英語表記に近づけるんですか?
    だったら、中国がもっと力をつけて国際公用語が中国語になった暁には中国語表記にするんですかね?

    そもそも、だったら「日本」というのもやめて「ジャパン」にしたらいいと思っているのですか?

    ユーザーID:0818076034

  • なぜ、英語表記?

    和名を見直すのならば、現地の言葉に近い方に修正するのが自然じゃないかなあと。
    アルゼンチンは「アルヘンティーナ」トルコは「テュルク」・・みたいに。

    ユーザーID:8562580303

  • いろんな人が同じことを言うと思いますが

    アルゼンティナ、ターキーは原語ではないですよね、英語ですよね。
    アルヘンティナとかテュルキエとか言われて
    日本人に通じないのであれば意味がありません。
    あと、英語準拠ならネザランドでは有りません
    ネザラン「ズ」です。

    英語が至上というのであれば
    フィレンツェもフローレンスにしますか?ローマもローム?
    原語からは却って遠く離れますが。

    日本語は日本語、英語は英語、原語は原語で良いのです。

    ユーザーID:1681816126

  • 英語は世界共通語ではない

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

    見直すのは別に良いんですけど、なんで英語なんですか?

    世界各国、英語が全く通じない国はたくさんあります。
    南米でもアジアでも英語は万能ではありませんでしたし、
    ヨーロッパでも英語圏でなければ若い人でさえ英語のワン・ツー・スリーが
    分からなかったりしますよ。
    (母国語+フランス語とスペイン語が出来ても英語は話せないとかね)

    だったらフランス語圏の国はフランス語で、スペイン語圏はスペイン語で国名を呼ぶ?
    そんな事やってたら訳わからなくなりますよ。

    そう考えたら、ここはニッポンなんだから日本語の和名でも良いんじゃないですか?

    ユーザーID:6418872998

  • なぜ?

    どうして英語読みに統一しないといけないんですか?

    私はなるべくオリジナルに近い読み方にしたほうが良いと思いますけどね。

    ところで、オランダはHollandのほうをカタカナ読みにしていると思います。

    ユーザーID:9827937649

  • 私は和名が好き

    「何故(呼び方が)そうなった?」の経緯も面白かったりしますよ。

    他国だって、日本のことを呼びたいように呼んでるじゃないですか。
    その辺は「お互い様」じゃないのかなぁ?

    ユーザーID:5711517301

  • なぜ英語?

    トピ主さんが例に挙げている国はどれも英語圏ではないのに、なぜ英語の発音に近づける必要があるのか理解できません。まだ現地語の発音に近づけるなら分かりますけれど。国際化ってむしろ”英語だけではない”という意味があるのではないでしょうか?

    でも、例えば現地の公用語が1つでなくて複数ある場合はどうすればいいのでしょう?例えばスイスとかセネガルのように。

    日本で話されている日本語の外来語由来の単語を国際的にする必要ありますか?

    ユーザーID:6101499368

  • 現地語と英語は違うのに,英語に合わせるの?

    現地語に合わせるのが筋じゃないですか?

    オランダはHollandから来るものです。まぁ,The Netherlandとは異なる範囲をさしますが。しかも,The Netherlandは英語での表記です。現地では,Nederlandと表記されますので,「ネザランド」では,英語かぶれぽいですね。
    何でもかんでも英語が正式だと思うのは大間違いですよ。

    Firenzeだって,カタカナの「フィレンツェ」の方が,英語のFlorence(フローレンス)よりもずっと現地語に近いですしね。

    ユーザーID:3133957815

  • ちなみに

    オランダのことを、英語ではNetherlands以外にHollandということもあるので、そんなに違うわけでもないですよ。

    また、「イタリア」などは英語では「Italy/ イタリー」ですが、本来のイタリア語ではイタリアのことを「Italia/イタリア」と発音するので本来の発音に似ています。
    ドイツも、英語では「Germany/ジャーマニー」ですが、本来のドイツ語の発音では、「Deutchland/ドイチュランド」と呼ぶので、そこも本来のものに似せていると思います。

    加えますと、国際的なスポーツ大会であるオリンピックはフランス語を共通語としているので、必ずしも英語に合わせることが正しいとは思いません。 

    ユーザーID:8495549632

  • 見直しに、大いに賛成! でもちょっと追加。

    アルジェンティーナ の方がより言語にちかいとおもう。

    日本人の98%がまちがえているようですが、 スペルは「綴る」という意味の動詞で、「綴り」という名詞はスペリングと言います。
    PCにはいっているワードというソフトウェアにスペルチェックという機能があります。この変な英語が世界中で使われてますが、半世紀も前の日本の開発力が秀でていたからです。

    ユーザーID:3959685889

  • 英語を採用=国際化ではない

    英語に近い発音にすること=国際化と考えることがそもそも何の根拠も意味もないですよね。
    例えばアルゼンチンは、アルゼンチンではアルヘンティーナと呼ばれます。
    日本も外国では、ジャパン、ジャポン、ヤーパン、ハポン、リーベン等々、様々な呼ばれ方をします。
    英語での国名も、もとの国の発音ではありませんし、どの国も色々な言語で違う名前で呼ばれます。

    それにはそれぞれの言語の音韻体系や、そう呼ぶに至った歴史があります。それらを無視して、英語のみを重視し、英語に近いカタカナにしたら国際化できるとはまったくおかしな考え方です。国際化というならば逆にそれぞれの言語を尊重すべきでしょう。

    ちなみに、コインランドリーは和製英語とは言えません。アメリカではcoin laundryまたはcoin-op laundryとしばしば看板で見かけます。

    ユーザーID:4024367545

  • うーん。

    「原語としてあるものは」と書いていますが

    ドイツは英語で「Germany」ですが、ドイツ語は「Deutschland(ダッチランド)」
    中国は「china(チャイナ)」ではなく「チョンクオ」
    韓国は「Korea(コリア)」ではなく「ハンクオ」
    という風に発音します(実際は五十音で表せませんが、あえてカタカナで表すとしたら、です)。

    というように、英語読みもその国で使われている言葉とすべてイコールなわけではないです。
    英語=国際的というのもちょっと…。と私は思います。

    ユーザーID:6401445387

  • 何故、英語

    >原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    アルゼンチンもトルコもオランダも英語圏ではありませんよね。では何故、英語のスペルに沿った言い方がいいのでしょう。私には理解できません。

    Argentinaはスペイン語で「アルヘンティーナ」、Turkeyはトルコ語で「Turkiyeテュルキイェ」、Netherlandはオランダ語で「Nederlandネーダランド」という発音が近いでしょう。英語や日本語とは違います(当たり前か)。

    何故英語一辺倒なのか、教えてください。

    ユーザーID:1844977919

  • じゃあ、他の国も外国の言葉に合わせてくれるの?

     その国の言語や発音に合わせるならともかく、何で英語?
    トピ主さんが言ってる英語って、イギリス英語?それともアメリカ英語?
    英語にも方言有るんですよ。

    外国だって、その国の言語で外国を呼んだり書いたりしてるでしょう。
    それは「国際化」して無い、とトピ主さんは思いますか?

    ユーザーID:7690378733

  • ニホニウムの立場は

    国名を英語表記・英語音に統一しろというなら、
    日本の統一国際名はJapanだよね。
    となると、トキの学名Nipponia nipponとか、
    元素番号113のニホニウムとかの立場はどうなる。
    地道〜にニホンやニッポンの音を国際社会に見て貰ってるのに、
    それ無視して英語至上主義ですかそうですか。

    ユーザーID:6852132419

  • なぜ・・・?

    なぜ英語圏以外の国名を「極力英語のスペルにそった言い方のほうが」って思うのですか?

    もちろん日本語で別言語の発音を正しく標記することなど無理なわけですけど、公用語が英語以外の国の名前を英語のスペルにそった言い方で表現したって、その国の本当の国名ではないし、日本独特の標記をされるのと同じようなものなのでは?
    そうではないということであれば、どういうことなのか説明いただけると助かります。

    ユニーク過ぎてよく理解できなかったのですが、トピ主さんにとっての国際的とはどういうことですか?

    ユーザーID:2598918476

  • なぜ英語?

    日本における外国の呼び名は日本語として定着したものであり
    それが侮蔑的差別的意味合いを含むものでなかったら
    日本語として変更する必要はないと思います。
    自然に静かに徐々に変わっていくものなら仕方ありませんが
    ある日突然、オランダは今日からネザランドにすると政府が発表したら
    混乱と迷惑そのものです。

    百歩譲って
    国の呼び名はその国の国民が一般的に呼んでる名前を元に
    カタカナに変換しようというのならわかりますが

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

    と英語に拘る理由は何でしょうか。
    英語圏の人だって外国の呼び方を日本のように当事国民と違う呼び方をしているものがあると思います。

    ユーザーID:5280616511

  • なんで英語?

    現地(自国)の発音で呼ぶならわかりますが。
    トピ主さんの頭の中が日本語と英語しかないように読み取れますけど大丈夫ですか?

    ユーザーID:2820768602

  • そもそも「正しい」呼称はあるのですか

    当時国の国民さえ自国の呼び方がいろいろです。

    例えば最も身近な日本
    ニッポンと呼びだしたのは大正時代からだそうです。
    二ホンという発音が力強くないという理由で軍人が言い出したのが元という説がありますが
    定かではありません。
    (明治以前に日本という国としての統一名称が普及していたのかも怪しいものです。)
    この国の国民さえ二通りの呼び方を使い分けています。
    どちらが正しいかなんて無意味です。

    国連などの国際会議の日本代表の席に
    「JAPAN]というのと「NIPPON」という表記とをを見ることがありますが
    どちらかに統一すべきでしょうか。

    ユーザーID:5280616511

  • トピ主です

    コメントありがとうございました。
    JAPANでなくNIPPONにしろというコメントは予想外でした。
    例えばオリンピックの各国入場で、国名の入ったプラカードを掲げて入場します。
    現地読みはともかく、一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。
    私が言いたかったのは、その表記の読み方に近いカタカナ表現を採用したらどうか?という事です。
    ですのでジャパンを変えろという事ではなく、JAPANのカタカナ表示はニホンではなくあくまでジャパンです。
    国際舞台になれば、なでしこジャパンとか普通に使われます。
    もしプラカードがNIPPONならば、ニッポンとカタカナ表記になります。

    ユーザーID:9071380783

  • では我が国も

    そうおっしゃるのなら、我々自身も「ジャパン国民」と言わなくてはいけませんね。

    ユーザーID:9520149870

  • カタカナは日本語


    ワールドカップ等があると国名を含め様々な国の事を知ったり、身近に感じたりして楽しいですね。トピ主さんもそのような観点から各国の名を知り、和名との違いに気づいたのでしょうね。それって嬉しい気づきですよね。

    ただ、カタカナは日本語なので、それをそのまま覚えて発音しても基本的には通じません。例えば英会話の中で

    ”アルゼンティナ、ターキー、ネザランド”と言ってもまず通じないでしょう。

    こういう事を考えると、日本の英語教育が進まない理由の一つにカタカナ依存があるんじゃないかと思ってしまいます。

    和名は私たち日本人の使う言葉として理解すればよいので、現地での国名は全然違う読み方なんだな、と向学心を持って違いに気づけばそれで良いのではないですか?

    ユーザーID:3111535952

  • なぜ英語?

    まあ、一般論として分からなくはないですが、「原語としてあるものはなるべくそれに近い表記」と言いながらなぜ英語なのかよく分かりません。

    アルゼンチンならスペイン語、トルコはトルコ語、オランダはオランダ語が「原語」。
    「原語」での表記、発音は英語とは異なります。

    問題提起されるなら、まずはアメリカ、イギリスを例に、どのように言い換えたらいいか提案された方がいいのではないかと思います。

    ユーザーID:5575710757

  • わかった。

    トピ文を何度も読み直して、他の方のレスも読んで理解した。
    プルオーバーさんは、
    英語の呼び名にしようよ!
    と言っているのですね。
    原語という言葉があるからややこしくなる。

    だって「原語」だったら英語発音じゃない国の方が多い。

    どっち?
    英語がいいの?
    原語がいいの?

    ユーザーID:0288410245

  • 矛盾は無知の現れだ

    >コインランドリーなどの和製英語は仕方ないにしても、原語としてあるものは
    なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?


    「極力英語のスペルにそった言い方」を主張しておきながら、末尾では「原語としてあるものはなるべくそれに近い表記」って、一体何を言いたいの??

    ちなみに、原語なら

    アルゼンティナじゃなく アルヘンティナ
    ターキーじゃなく テュルキイェ
    ネザランドじゃなく ネーデルラント 

    ユーザーID:4991411076

  • みなさまの突っ込みに同意

    英語が原語に近いという錯覚。
    どっからそういう発想になったのか不思議です。

    タイなんて「ラート・チャ・アーナーチャック・タイ」
    首都バンコクは「クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」
    が正式名。

    これ言うだけで入場行進が終わりそうですが。

    ユーザーID:3300138488

  • いっそのこと その国 民族の現地語に

    例えば 

    ハンガリーは ハンガリー語で マジャールオルサーグ
    エジプトは アラビア語で マスル
    トルコは テュルキイエジュムフリュイエティ
    フィンランドは フィンランド語で スオミ   

    ジャパンは いっそのこと古語的に 日の本 とか やまと とかにしちゃえば?

    ユーザーID:6591633850

  • ちょっと心配かな。

    思いつきでいろいろ話して、顰蹙買っていませんか?

    もう少し考えてからにした方がいろいろ良いと思います。

    あと今回は、(駄)をつけとくべきでは?

    もしかして、真剣?

    ユーザーID:9746043314

  • なんのための提案かわかりません

    >その表記の読み方に近いカタカナ表現を採用したらどうか?

    なんのために提案しているのか理由がサッパリわかりません。

    ・カタカナ日本語だと、日本人以外の英語話者や現地語の話者にその国名が伝わるかどうかわからない。

    →伝わらない場合も多いので、結局は「日本語」独自の国名となる。

    リンゴを「アップル」と発音しても理解してもらえません。「アプー」のような完全英語発音や現地語発音で統一するのなら意味があるかもしれません。


    ・今までの慣習は捨てて全部英語読みにする理由が不明。

    →たとえば、ドイツと言わず(「独」表記も廃止して)ジャーマニーにすれば、何か良いことがあるのでしょうか?。

    ユーザーID:6141750985

  • 日本語で良い

    英語圏に住んでいます。

    いや、日本語は日本語で良いのですよ。日本語は繊細で美しいと英語圏に住目ば住むほど、感じますね。細かい表現も出来ますしね。

    私は、政治家などが妙に英語読みで演説しているのが嫌です。例えば、イニシアティブとか?普通に日本語で言えばいいのに。

    国際化ね〜、英語が一番と思わず、私なら、日本語をもっと国際化すればいいのにと思いますよ。

    ユーザーID:8747338565

  • じゃあ中国は?

    何で英語発音に合わせる必要があるのでしょうか。
    「アルゼンチン」は日本語です。
    アルファベット表記をすればaruzenchinであって、Argentinaではありません。
    外国語由来だからそう感じるのでしょうが、主さんの言っていることは、例えば「本」を「ブック」と発音するべきだ、と言っているのと同じです。

    ところで「中国」は「チャイナ」でなくていいんですか?
    元が漢字だからですか?
    でも、正しい中華人民共和国の表記は日本語の漢字とは別で、日本人が近い日本の漢字を当てはめて、さらにそれを「中国」と短縮して呼んでいるだけですよね?
    何で漢字だったら許されるんでしょうか。
    「ちゅうごく」なんて発音は、最も元の発音から遠いものだと思いますが。

    「南アフリカ」のように一部に漢字が使われている場合はどうですか?
    「サウスアフリカ」にすべきですか?
    何でわざわざ英語の日本語表記なんていう奇妙なものを導入しないとダメなんでしょうか。

    南アフリカつながりで言えば、南アフリカ共和国が正式名称ですよね。
    オリンピックなどではこの正式名称が紹介されます。
    そのときは「リパブリックオブサウスアフリカ」っていうのが正しいのでしょうか?
    もはや日本語の抹殺にすら思えますが。

    余談ですが、私のドイツ人の友人は、英語の「ジャーマニー」より日本語の「ドイツ」の方が本来のドイツ語の発音に近くて、正しく呼んでもらっている感じがするから好きだ、と言っていました。

    いつも思うのですが、英語は世界で最も通用する言語であることは間違いありませんが、だから英語に合わせるのが正しいという発想は、他の国の言語的歴史やその存在価値をバッサリ切ってしまうもので、非常に貧しい発想だと思います。

    ユーザーID:4661809263

  • そうでしたっけ?

    例えばオリンピックの各国入場で、国名の入ったプラカードを掲げて入場します。
    現地読みはともかく、一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。

    ソチでは国名はロシア語読みで、その順番に入場してたはずですが?

    東京五輪で、Great Britainとか呼ばれてもどれだけの人がわかるんでしょう?イギリスの方がよくないですか?

    あとNetherlandsには、Theがつきますが、ザ ネザーランド。
    それも日本語だときっとアクセントはネザーランドのザですよね そんなことする意味あるんですか?

    ユーザーID:8102545146

  • 「世界基準で採用されたアルファベット表記」とは?!

    「例えばオリンピックの各国入場で、国名の入ったプラカードを掲げて入場します」「世界基準で採用されたアルファベット表記」が意味不明です。
    リオデジャネイロ・オリンピックでは開会式の入場行進のプラカードはブラジルの公用語であるポルトガル語表記でした。

    アルファベットを利用する諸国語でも、国名の呼称、表記は一律ではありません。
    英語が「世界基準で採用されたアルファベット表記」かというのは大いに疑問の余地があり、もとのトピの「原語」という表現も含め、トピ主は言語の多様性についての認識が不十分な方ではないかと思います。

    「世界基準で採用されたアルファベット表記」なるものが存在するというのがそもそもトピ主の勝手な思い込みではないでしょうか。

    ユーザーID:5575710757

  • 固有名詞は英語のまま書く

    トピ主さんのアイデアを私が書いたら、アージャンティーナー、タァーキ、ネザランドゥズとします。
    この方が英語の表記、発音に近いでしょ?

    英語のスペルをローマ字読みにしても、日本語にない発音は似た音を当てるしかないし、変える労力の割に成果は少ないかな。
    代案としては、固有名詞は英語のまま書くと決める方が簡単。

    ユーザーID:6540248728

  • カタカナ表記は国際化に関係しない

    >国際舞台になれば、なでしこジャパンとか普通に使われます。

    「なでしこジャパン」は「固有名詞」ですよ。ここでの論議とは別ものです。

    国際舞台では今まで使ってきたものを継続することがだいじです。それを変えると、知名度が下がるし、混乱する人がいるでしょう。

    >もしプラカードがNIPPONならば、ニッポンとカタカナ表記になります。

    国際舞台で、プラカードにJAPANをカタカナ表記する意味があるでしょうか?
    日本人には漢字が読めます。外国人にはすでに広く通用しているJAPANだけでよいと思います(カタカナは読めない)。JAPANを推すのは、英語だからではなく、既に定着しているからです。

    もし、同様のことが、韓国ならハングルで、アラビア語の国ではアラビア文字で、ロシアならキリル文字で---、と自国の名前そのものが書かれるでしょう。それらと比べると、英語表記をカタカナ表記するのはヘンだと思います!!

    ユーザーID:4991411076

  • なんの為に?

    >>現地読みはともかく、一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。

    >>私が言いたかったのは、その表記の読み方に近いカタカナ表現を採用したらどうか?という事です。

    >>もしプラカードがNIPPONならば、ニッポンとカタカナ表記になります。

    一応の世界基準ってなに?
    「一応」なんて曖昧なものに、国民の国家名呼称を変えるの?
    しかも「プラカード」に書かれるものが変われば、それに従うって。

    あなたの中で「プラカード」って、国家呼称を左右するほど、絶対的価値観のアイテムなんですね。
    驚きました。

    >>国際舞台になれば、なでしこジャパンとか普通に使われます。

    これは、「愛称」でしょう!?

    そのプラカードに従うとやらは、どこまで適用させるの?
    プラカードが入場するときだけ?
    大会中だけ?
    常に?

    入場時や大会中限定なら、わずかな期間だけ「ターキー」にする効果は出ないでしょうし、
    もう常にプラカード表記名に従うなら、
    日本の呼称「ニホン」「ニッポン」「ジャパン」のどれにするのか、
    国民投票でもしないといけないと思いますよ。

    しかし、なんの為に、「英語表記」に従うんですか?
    一応の世界基準の英語表記とやらに従って、日本国内が世界基準になるの?

    英語にそこまで価値観をおくなら、英語が必ず話せるようにすべきだと思います。

    何もかもあやふやで気持ちの悪さが残る提案ですね。

    ユーザーID:3322735865

  • オリンピック?

    オリンピックの国名略称は決まっている(日本はJPN)けれど、国名表記については決まっていない。
    日本だって今はJAPANで出てるけど、NIPPONで出場したこともあった。
    行進順序を先にしたくて頭文字をKからCにした節操のない国もある。
    ヨルダンは通常の英語表記(恐らく五輪のプラカードも)はJORDANだけど、「ジョルダン」と読まなきゃいけないのか?
    時刻表検索じゃあるまいに。

    ユーザーID:5581041555

  • チャンスはあるかも!?

    皆さんから理解を得るのは難しいかもしれませんが、五輪の話題で思い出しました。
    東京オリンピックでは地図記号が外国人向けではありますが、大幅に変更になりました。
    これを機に日本の教科書が、今後どうなるかは分かりませんが。。
    ちなみに過去、オリンピックでプラカード表記がNIPPONだった時期があったらしいですね。
    知りませんでした。
    また怒られそうですが、他に気になる国名です。

    ベルギー(Belgium)→ ベルジウム
    ドイツ(Germany)→ ジャーマニー
    ギリシャ(Greece)→ グリース
    ウクライナ(Ukraine)→ ユークレイン

    おそらく国によって発音が違うから意味ないと言われるのがオチでしょうか。
    でも日本でもいつのまにか読み方が変わるケースもあります。
    最近では、コックさんと言わずシェフになったり。
    フォークボールも、スプリットと使うようになったり。
    リポビタンD(デー)も、ディーではなく、強く言ったもん勝ちなのでしょう。

    ユーザーID:9071380783

  • 日本だけじゃないですよ

    フランスに住んでいましたが、
    アメリカの事はles Etas Unis(レゼタユニ)、日本は、ジャポンと呼びます。
    韓国や日本も、自国の呼び名と海外での呼び名は違いますよね。
    アラブ諸国にも、自国のアラビア語での呼び名と、国際的な呼び名が違うところはたくさんあります。
    スペインは英語でスペインと呼ぶのであって、本国ではエスパーニャですしね。
    言語が違うので、難しいでしょうね。
    そういう事が起きてるのは、日本だけじゃなく世界的にありますので、そういう意味では日本も国際的ですよ。

    ユーザーID:5620144122

  • オリンピックの公用語は決まっている

    >一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。

    オリンピックの話ですよね? オリンピックの公用語は英語とフランス語。
    開会式では英語とフランス語と開催国の言語で国名がコールされます。

    だから、わざわざ変な発音のカタカナに変えなくても日本語の和名で良いんですよ。

    ユーザーID:6418872998

  • 世界標準?

    >例えばオリンピックの各国入場で、国名の入ったプラカードを掲げて入場します。現地読みはともかく、一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。

    国際オリンピック委員会の公用語がフランス語と英語だかららしいですよ。近代オリンピック創始者のクーベルタン男爵がフランスの貴族で、イギリスでのスポーツを見てオリンピックを復活させようと考えたってJOCのサイトに書いてありました。
    FIFAの公用語は英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語、ポルトガル語だそうで。大変だ、こりゃ。

    ユーザーID:8269018546

  • オリンピックはフランス語が第一公用語

    だから「国際的な標準」と言っても
    トピ主の例は正確とは限らないの。

    別に今のままでもいいと思う。
    呼び名から日本と各国との歴史的な付き合い方がわかるしね。

    ユーザーID:5619888613

  • ターキー!

    思い出してしまいました。水の江瀧子さんという女優さんのニックネームが、
    ターキー

    って私も余り知らないかもという世代ですが。
    トピ主さんを善意に解釈すれば、こんどグルジアの国名がジョージアに変わったということで興味を持たれたのかな。
    たぶん日本で呼ぶ日本語での外国の名前も、背景があるのでは?と思うのです。

    その国への敬意と配慮を忘れないで付けられているなら、それで良いのでは?
    日本がジャパンになるのは、日本人が優しいからかもしれませんね。

    ユーザーID:4052709779

  • 原語ではなく読み方ね

    原語というからその国々の言葉や発音かと思いきや、
    英語で表記されているので、英語の読み方をカタカナで書きましょうと
    いうことですね。

    でも入場行進の時美しい英語発音で「タァキィ」と抑揚をつけて発音したあとに
    カタカナ読みで「ターキー」と言っても馴染まないように思います。

    それに日本ではトルコを「タァキィ」と認識するより、「トルコ」の方が
    馴染んでいますしね。

    あえて多くの人が違和感をおぼえる読み方するより今のままでいいと思うんですが。

    ユーザーID:3300138488

  • やっぱり変だよー

    トピ主さんの提案だと解説者とかアナウンサーがみんなしてルー大柴状態で話さないとダメっぽそう。

    さあ!今大会大変注目されているGermanyの若手、Mullerの入場です!それに続いて笑顔で手を振るのはWagner選手、流石の最多出場選手は貫禄が違いますねー。余裕の笑みです。
    Germanyに続いての入場はRussia。Smirnov選手は相変わらず鋭い眼光で、彼の中ではすでに試合が始まっている模様です。Opening Ceremonyを純粋に楽しんでもらいたいのですが、Professionalな姿勢にこちらも背筋が伸びる思いです。

    みたいな?
    Mullerはまだミューラーって読めるけど、Wagnerはどうしましょ?
    ワーグナー?それとも現地に近くヴァーグナー?
    それとも国名だけ英語っぽくして、選手のお名前は日本風?
    っていうか、MullerのUの上にぽちぽちをつけたかったのに入力できなかったし。
    後、「その単語、日本だけちょっと意味が違う問題」はどうしましょうか?
    パッと思いつかないけど、わかりやすい例が「アラサー」。
    アラウンドサーティが語源らしいですが、アラウンドが「30の周辺」の意味になっちゃってるけど、本来なら「周回」してないといけない訳で、30以上とか30よりちょっと多いって意味にならないといけないのに日本では25から34まででしょ?(諸説あるとは思いますが)
    他所で通じるわけがないけど日本では市民権を得てますよね。
    中途半端は良くないですよー?

    ユーザーID:3540991269

  • 国際的

    >ジャパンを変えろという事ではなく、
    >JAPANのカタカナ表示はニホンではなくあくまでジャパンです。

    日本語の「オランダ」をネザーランズ(ネザランズ)に変える必要もないですよね。
    Netherlands という単語を「オランダ」と発音しているわけではありませんから。

    オランダは現地で通称 Holland とも呼ばれているので
    Holland のポルトガル語 Holanda が、ポルトガル人によって日本に伝わり
    「オランダ」という日本語の元になったと思われます。(Hは発音されない)

    >オリンピックの各国入場で、

    >一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。

    IOCの公用語はフランス語と英語です。(第一公用語はフランス語)
    オリンピックの開会式ではフランス語と英語、開催国の言語で国名がアナウンスされます。

    2020年東京オリンピックのオランダ選手団の場合は
    「Pays-Bas(ペイバ)・Netherlands(ネザーランズ)・オランダ」だと思います。

    ちなみにドイツ選手団は
    「Allemagne(アルマーニュ)・Germany(ジャーマニー)・ドイツ」これも呼び名がそれぞれ違います。

    その他の言語でドイツを表す言葉は
    Deutschland(ドイチュラント)ドイツ語
    Germania(ジェルマニア)イタリア語
    Alemania(アレマニア)スペイン語
    Tyskland(テュスクラン)デンマーク語
    Saksa(サクサ)フィンランド語
    Niemcy(ニェムツィ)ポーランド語
    Vokietija(発音がわからない)リトアニア語
    など……
    ヨーロッパでは
    ドイツをジャーマニー、オランダをネザーランズと呼ぶ国のほうが少ないです。
    国際的ではないと思いますか?

    異なる言語や文化・歴史的背景による違いを尊重することが「国際的」ということだと思います。

    ユーザーID:0182568932

  • あなたの主張には説得力なし

    地名を英語の読み方に統一するって無意味でしょう。
    ましてそれが国際的ってことは絶対にありません。

    今でもおぼえていますが、30年ほど前にアメリカ人と一緒に
    イタリアを旅行したことがありました。この男が英語しか
    しゃべらない、英語しか知らないために、ひどく苦労して
    いました。ミラノがミラン、ローマがロームぐらいなら
    通じますが、ヴェネツィアはヴェニスだし、フィレンツェ
    はフローレンス、ナポリはネイプルズ、リヴォルノがレグホン
    となると、駅で切符を買うのにも苦労していました。

    どこへ行っても英語で押し通そうとする態度ははたから見て
    いて、ひどく傲慢に見えました。こういう態度は決して
    国際的だとはいわないでしょうね。

    あなたが主張しているのはそういうことです。

    ユーザーID:2398911187

  • トピ主さんのレスを読んで

    2回目の投稿です。

    トピ主さんのレスを読みました。
    英語の国名表記を見たり発音を聞いたりして、日本での呼び方と違うことに気づき、英語にあわせたほうが国際的、と考えたんですね。

    しかし、私も多数のレスと同様に、英語に合わせる必要はないと思います。
    英語には英語の、中国語には中国語の国の呼び方があり、それは自国の人が自国を呼ぶ呼び方と必ずしも一致しません。日本には日本の呼び方があり、英語話者と同様に自信を持って使ったらいいと思います。

    ユーザーID:1129043000

  • トピ主さんと違うとおもいで、ですが

    私は「和名」をではなく、カタカナ語を統一してくれればなぁと、思う事はあります。

    外国語が日本に入ってきた時、明治期には必死に翻訳して「日本語(漢字表記)」にしました。

    その時の日本語(漢字表記)が、同じく漢字を使う国へ輸出され使用されています。

    今は、その頃の様に日本語へ翻訳して、日本語として使わず

    カタカナ語として表記されることが増えました。

    しかし、カタカナ語で表記される外国語は「英語」とは限りませんよね?

    イタリア語・ドイツ語・フランス語など数か国語が表記されています。

    そこへ、和製英語も混ざるので、「原語」及び「語源」が分からず

    カタカナ語=英語と思い込んでしまっていいるように思います。


    そういう意味では、カタカナ表記する「外国語」に関しては

    英語に近い表記に統一してくれればなぁと思うのです。


    「和名」とは日本語の事ですよね。

    ですので、「和名」をわざわざ英語にするのなら

    今後、日本語はどうしていけばいいのでしょうね。

    ユーザーID:6138632692

  • 例えが悪いかも知れませんが、

    フランス人の
    「シャルル」さんに
    「カール」さん、と英語発音で呼び掛けるようなものでは?
    多分「シャルル」さんは、「違う」と怒るんじゃ無いかと…。
     これが国名だから、それほど(日本人が)嫌悪感が無いだけで。
    私自身、小学生の頃に「英語で日本をジャパンって言うんだよ」と友達から聞いた時、「なんで?日本は日本でしょ?」と言った事を思い出しました。

    ユリウス・カエサルとジュリアス・シーザーは同じ人ですが、こうも発音が違うと別人みたいですよね。
    英語発音を押し付けられた、英語圏じゃない国の気持ちはどうでも良いですか?

    ユーザーID:7690378733

  • 読み方に近いカタカナ表現には賛成

    国名についてではありませんが、ピーターバラカンさんが英語の発音についての本を出版されています。
    バラカンさんは日本語が達者なイギリス人ですが、日本語カタカナ発音の英名にはたいへん違和感を覚えるとのことで(立場が逆でも違和感ですよね)、特に人名は礼儀として言語に近い発音を意識されているとのことです。
    ロバートソン→ロブツン、グラハム→グレアムなど。

    国名もこれに通じるものはあると感じます。
    間違えたカタカナ表記は直していっても良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:0747367604

  • 皆さんのレスをちゃんと読んでますか?

    トピ主さん、皆さんのレスをちゃんと読んでますか?

    >皆さんから理解を得るのは難しいかもしれませんが、

    ですから理解できるように説明して下さい。
    見直す必要性についてもキチンと語られてないですから理解を得られないのは当たり前
    ではないでしょうか。

    >原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    1)英語なんですか? 原語なんですか?
    2)英語と言語の違いが分からないのですか?

    レスの3つ目にまた「英語」でドイツ・ギリシャ・ウクライナを例に出してるので
    トピ主が求めているのは英語と仮定して

    3)なんで「英語」なんですか?

    4)何をもって「国際的」と言っているのですか?

    >最近では、コックさんと言わずシェフになったり。
    >フォークボールも、スプリットと使うようになったり。
    >リポビタンD(デー)も、ディーではなく、強く言ったもん勝ちなのでしょう。

    コックはオランダ語由来、シェフはフランス語由来。どちらも使われてますよ。
    フォークボールとスプリットは厳密に言えば違います。
    リポビタンD(デー)は商品名ですから!

    色々勘違いが多そうですけど、せめて皆さんが質問されている「なぜ英語なの?」を
    説明して下さい。
    見直す必要性についてもちゃんと説明してくれないと理解は得られませんよ。

    ユーザーID:6418872998

  • なんでそれで国際的?

    > コインランドリーなどの和製英語は仕方ないにしても、
    > 原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    ミシンはこれからソーシングマシーンと呼びましょうということ?
    テレビはティーヴィー、リモコンはリモートと呼べば国際的ですか?

    私自身としては、オートバイのことをホンダと呼んでる国の人が
    ホンダをやめてバイクと呼び始めても「この国も国際化したな」とは
    思わないんですが。

    ユーザーID:7253187834

  • フランス語、英語

    「世界」イベントオリンピックの

    第一公用語はフランス語、第二公用語が英語ですが、
    それでも、英語発音を「世界基準」として日本人に使わせますか?

    またリオデジャネイロ五輪のプラカードは、ポルトガル語でかかれていましたが、
    あなたの「プラカードに従う」によれば、ポルトガル語読みをすることになりますが、
    それでオーケーですか?

    で、これからはずっとポルトガル語読み?

    そうではなく、大会のたびにプラカード表記の国名(読み)にするというなら、現実的に無理ですが?

    ユーザーID:3322735865

  • ヨコですが、リポビタンは

    >リポビタンD(デー)も、ディーではなく、強く言ったもん勝ちなのでしょう。

    リポビタンDの「D」はドイツ語読みです。
    医薬品業界は、昔はドイツ語が主流でした。お医者さんのカルテもドイツ語で書かれていることがありましたね。
    A(アー)、B(ベー)、C(ツェー)、D(デー)…
    4つめの試作品が製品化されたので、アルファベットの4番目である「D」と付けられたと聞いたことがあります。

    7つめの試作品だったら、リポビタンG(ゲー)。
    コマーシャルで、マッチョなタレントさんが「リポビタン、げー!」と言っていたのかと思うと、ちょっとおかしいです。

    ユーザーID:2723895690

  • ナンセンス

    >ベルギー(Belgium)→ ベルジウム

    英語風だと

    ベルギー⇒ベルジャム ですね。ジウムという発音はしません。

    >最近では、コックさんと言わずシェフ

    コックは雄鶏で、トピ主の言わんとしているのは料理人クック。
    シェフはフランス語の「調理場のシェフ(英語だとチーフ)」の頭の言葉を使った略語。

    >リポビタンD(デー)も、ディーではなく、強く言ったもん勝ち

    リポビタンDのデーはフランス語(ドイツ語も)発音です。

    トピ主さんが何を言いたいのかわかりません!!

    ちなみにヴィタミンもフランス語で、たぶんリポビタンのビタンはビタミンから取ったと思われる。

    ユーザーID:4991411076

  • 違いますね

    >例えばオリンピックの各国入場で、国名の入ったプラカードを掲げて入場します。
    >現地読みはともかく、一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。

    オリンピックの入場は現地語での国名で、その言葉のアルファベット順(東京五輪なら五十音順)です。
    プラカードには特に決まった決まりはないのか、
    現地語は必ずあるにしても、IOC公用語の英仏語はあったりなかったりします。
    平昌ではハングル+英語、リオではポルトガル語のみ。
    英語絶対ではありませんね

    ユーザーID:1681816126

  • サッカーという呼称も変える?

    プラカードに従うとか、コックさんがシェフになったとか
    戸惑いを感じずにはいられないお話ですが、
    ワールドカップから始まった考えのようなので、サッカーの話題も。

    日本人は「サッカー」と言っていますが、これは米国呼びですよね?
    英国をはじめ「フットボール」と呼ぶ国も多いですが、
    これはどうしましょう?

    英語ですし、世界基準とやらも満たしているので、米国の「サッカー」をやめて
    「フットボール」呼びにしますか?

    ちなみに
    ワールドカップを主催のFIFA(こくさいサッカーれんめい)という呼び名は
    フェデレーション インターナショナル デ フットボール アソシエーション(FIFA)で
    フランス語+フットボールなんですね。
    一部のフランス語が文字化けするのでカタカナ表記にしていますが
    元の名称はフランス語です。

    国際サッカー連盟の名称も変えますか。
    あ、「英国」「米国」という読み、表記もトピ主さんはダメなんですよね?

    ユーザーID:7384350162

  • なんのため

    これだけトピ主さんの主張のおかしさを指摘するレスがあるにもかかわらず,またわざわざ物議をかもしそうな,英語名と現地語が違う国名を挙げる意図は何なのだろうなと気になります。

    ちなみに何度か出てきたフィンランドですが,フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語で両者は対等です。ですからスウェーデン語でフィンランドを表す Finland も現地語であり,「フィンランドは現地語でスオミ」と言えるなら同様に「フィンランドは現地語でフィンランド」とも言えます。

    ユーザーID:1590767071

  • 意図がわからない

    レイディオで洋楽の番組を聞いていると
    DJの女性が歌の題名と歌手の部分だけ
    ネイティヴ風の英語で発音します。
    聞き取れないという意味でなく「チッ」と感じます。
    かっこいいつもりでしょうが。

    トピ主はそういう風にしたいのですか。

    ユーザーID:5280616511

  • スプリット?

    国名については他の方々にお任せするとして、野球用語について一言。

    「フォークボールも、スプリットと使うようになったり」には二重の誤りが含まれています。
    まず、日本でいうフォークボールをアメリカで表す言葉は「スプリッター」です。スプリットではありません。
    スプリットは日本でのみ通用する野球用語です。
    また、日本語「スプリット」の語源と推測される「スプリットフィンガー・ファストボール(略称SFF)」は、
    日本では「高速フォーク」とも呼ばれ、フォークボールとは別球種とされています。
    その意味での「スプリット」も、フォークボールではありません。

    2つめのレスでもさらに誤りを積み重ねてしまうトピ主さん、
    こうした問題を提起するには、やはり基本的な教養が不足しているように思われます。

    ユーザーID:1142595766

  • 元素の名前か!

    ベルギー(Belgium)→ ベルジウム
    妹の夫がアメリカ人でして、
    ベルギーはベルジャンと言っていました。
    いや、ベルジャンと聞き取りました。
    ンはムとンの合わさった感じのンです。


    >理解を得るのは難しいかもしれませんが
    そりゃあそうです。
    原語と書いた時点でもうなんだかな〜ですし、
    なでしこジャパンやシェフやデーやらと並び考えてる。
    国名ってとても大切のものですし、デリケートな問題です。

    これがもし、
    原語の国名にしようなら私はある程度賛成します。
    難しい発音もあるでしょうが…。

    強く言ったもん勝ちなのではないと思います。
    どうしてそう呼ぶようになったのか、
    一度お勉強されたらどうでしょう。

    きっと楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:6506702782

  • 「灰色の脳細胞」で有名なのは?

    >フォークボールも、スプリットと使うようになったり。

    スプリットって,スプリット・フィンガー・ファストボールのこと? 日本ではそう呼ぶことがあるようですね,最近は。しかし,フォークボールとは握りが違いますよ。
    それらを含めたフォークボール系全体を指す場合はスプリッターでは? しかも,英語ではなく米語だし…。

    そういえば,国名や球種以上に,人名の場合はもっと(当人が)怒るでしょうね。
    例えば,エルキュールやヘラクレスは,ハーキューリーズと呼べと…?

    ユーザーID:8675859638

  • それぞれの国で

    国の呼び方を英語風にすれば国際的…というのがよくわかりません。
    確かに英語は広く使われている言葉でありますが…

    ドイツ語で日本のことは「Japan」と書きますが、読みは「ヤーパン」です。
    それを英語風に「ジャパン」と言ったから国際的になったとは誰も思わないと思いますよ。
    同じように、日本語の会話の中でいきなり「ジャパン」って言って「どうした?」と思われるのが関の山だと思います。

    なぜドイツが「ドイツ」なのかは、明治時代の関係に理由があるようですよ。
    トピ主さんのように疑問に思う人がいたのか、NHKの「日本人のお名前」という番組で特集が組まれてましたよ。
    日曜日の深夜に再放送があるようですから、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

    英語風にするより、現地で呼ばているようにしたり、ジョージア(グルジア)のように相手が読んで欲しい呼び方にする方がよっぽど国際的だと思いますけど…
    国際的にするには英語に併せるべきではなく、日本語、英語、ドイツ語、フランス語…それぞれの国で言語で呼び方が違っていいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3325034440

  • 一言

    トピ主は

    The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

    The United States of America

    の二つを和名ではどう呼ぶべきだと考えているのか、先ずはそれから伺おうか?

    そもそも日本語には The がないけどな。

    ユーザーID:8278699610

  • 日本での国名の読み方はあくまで日本語

    トピ主に言います
    日本語での外国の国名は日本語でしかないこと
    その呼称は外務省が決めています
    まずそこを確認してください

    以下、外務省による国名の正式な呼称
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

    そしてその呼称は外国からの要請で変更されたりします
    近年では東欧州の旧ソ連の構成国であった
    グルジア(Georgia)がロシアとの関係悪化により
    ロシア語読みの表記であった「グルジア」を
    英語読みの「ジョージア」に変更しました

    ここからも解ることが2点
    1.日本での呼称はあくまで日本語として決めているだけ
    2.呼称は相手国の要望も含めてどの外国語由来であるかは決まっていない

    ということです
    これをもとにもう一度自分の考えを整理してください

    正直あなたの言っていることは読んでいて不快になります

    ユーザーID:3490842863

  • 壊れかけの radio

    徳永英明さんの歌う、壊れかけのradioを思いだしました。
    歌詞の中でラジオと言った後に、レディオとも表現します。
    皆さんのような面倒な事を言い出す人向けに、二重の表現で伏線を張っておいたのでしょうか?
    私の主張はシンプルであり、Switzerlandの表記があったら
    スイスではなくスウィツァーランドの方がよいのでは?という事です。
    それにしても英語教育を更に重視しようとしている日本において、なんで英語?という嘆きに驚きました。
    日本では世界を見た時に、英語が大事と選択したのではないのでしょうか?
    皆さんとなら、JAPANではなくNIPPONに変えろと主張できそうですね。

    ユーザーID:9071380783

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧