生活・身近な話題

和名を見直したい

レス111
お気に入り204

プルオーバー

話題

もうすぐワールドカップですが、世界の国名を知り感じることってありませんか?

Argentina → アルゼンチン

Turkey → トルコ

Netherlands → オランダ

他にも多くありますが上記を話題にしますと、せめて

アルゼンティナ、ターキー、ネザランド など

極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

コインランドリーなどの和製英語は仕方ないにしても、原語としてあるものは

なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

ユーザーID:9071380783

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数111

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 半分同意

    英語じゃなく、その国の言語に合わせた呼び方が良いなあと思っています。

    Suomiという美しい名前があるのに、なぜフィンランドと呼ぶのかな、と。

    国名じゃなく都市名の話になりますが、飛行機がkobenhavnに到着したとき、私は一体どこに来てしまったのだろうと一瞬うろたえました。飛行機乗り間違えたかなと(笑)そんなことあるかい!!

    ユーザーID:7338417722

  • 英語読み?現地語読み?

    韓国は、コリア?テーハミングー?
    アメリカは?USA?
    イギリスは?GB?
    スペインは、エスパニョール?スペイン?

    うーん、無理だな。

    ユーザーID:1249877378

  • なんでスペルに沿うの?

    オランダはネザランドじゃなくて、ネーデルランドだと思うんだけど。
    教科書にもそうあるし。第一なんで英語に合わせるの?
    合わせるなら現地の読みの方じゃないでしょうか。
    世界的にもどっちかというと英語主体の呼び方から現地語に合わせよう、
    っていうのが流れかな〜って思います。

    ちなみ、そうなるとJAPANもだめですね。NIPPONにすべきか、いやNIHONか?

    ユーザーID:4463823518

  • なんで英語が基本?

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います

    なんで英語?

    それを言うなら、現地語に沿った国名にすべきでは?

    日本が「ジャパン」ではなく「ニホン(ニッポン)」であるのと同じようにね。

    ユーザーID:0499334862

  • 英語至上主義は、いかがな物か?

    外国の人名・地名の日本語での表記には、歴史的経緯があって、たとえば

    モスコー(英)→モスクワ(ロシア語) ベニス(英)→ベネティア(伊)
    これらは現地語優先が進行しているようですね。

    人名でも チャールズ(英) カール(独) シャルル(仏) などあって
    英語に統一せよなど、独善的な主張に、それぞれの国民は感じるでしょう。

    それと人名でも、大統領になる前は「リーガン氏」だったのが、各新聞社一斉に
    「レーガン」に切り替わりましたね。これは英語内の事だけど。

    それと、フィンランド(英)→スオミ(現地の呼称) かつてのコンゴ(英)が
    ジンバブエ(現国名)になるなど、英語が正義とはとても言えませんが
    トピ主がいかがお考えでしょうか?

    ユーザーID:5788478491

  • なんでも英語に揃えなくても…

    私たちの国「日本」を、ニホンまたはニッポンと呼んでいる言語がどれくらいありますか?

    トピ主さんが仰ってるのって、ジャポンじゃなくてジャパンって呼びませんか?
    何故なら英語はジャパンでしょ?国際的でしょ?って言ってるのと同じでは。
    日本人にとってはどちらでも良くないですか?

    少なくとも私は別にジャパンでもジャポンでもジパングでもいいです。日本は日本なんだから。その国ならではの発音で呼ぶのも味がありませんか?そう呼ばれるに至った歴史的背景もありますし。私はその方が「国際的」な気がします。

    もちろん英語で話す時は、英語の国名で話しますよ。

    ユーザーID:4911767836

  • なぜ英語中心?

    日本語の美しい所は、外国の言葉を訳す時に、その国の言語に忠実に発音されるところだと思います。

    世界の言語は英語だけじゃありません。

    英語表記を中心にしてしまうと、
    おなじみの「アンネ・フランク」→ 「アン・フランク」になってしましますし、女帝マリア・テレジアも「マリア・テレサ」になってしまう。 
    フランスのシャンソン歌手の「エディット・ピアフ」も、英語だと「イーディス」になってしまって、なんだか別人のよう。

    日本語としてすでに馴染んでいる人名、地名などをわざわざ変えて、しかも英語表記にして混乱させる必要はありません。 

    英語中心にしてしまうということは、日本の文化を外国語で紹介する時も、カラオケをキャリオーキ、天婦羅をテンピューラ、と英語風に変えてしまうようなもの。 英語圏みたいによその国の言葉を英語風に変えてしまうより、言語の音をなるべく尊重、忠実に発音・表記する日本のやり方の方が好きです。

    ユーザーID:6448968936

  • 国際的≠英語

    原語を大事にしたいという主旨は理解できます。

    でもそうなったら、「オランダ」なんて“オランダ”読みのほうが原語寄りですよね。変える必要性を感じません。

    第一「日本」だってそうじゃないですか。“ジャパン”を始め、各国言語で色々な呼び方があります。
    それに対して私は日本人として別に何も文句は無いですし、他国の言語文化を尊重するのもまた、国際社会に必要な考えだと思っています。

    英語読みじゃないからって、国際感覚が薄いみたいな考え方には同意しかねます。
    私も英語そのものは嫌いじゃないのですが、英語至上主義は苦手です。

    国際社会での呼称を限定するなら、「ジョージア」のように国として宣言されたことに沿うのが間違いないのでは。

    ユーザーID:1759334478

  • NIHON

    >原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    ならば JAPANも NIHONか NIPPON に国際表記?

    えっ反対かな? 極力英語に沿うのであれば 我々はジャパンというべきなのね。

    ユーザーID:7912896322

  • 一理あり

    一理あると思います。
    現在のカタカナ国名は、正確な情報がない中で形成されたと思われるので、より原語に近い言い方に改めるのはありだと思います。まあ、コストや慣れ親しんだ名称を変えることへの抵抗が大きいから現実的ではないでしょうが。
    > 原語としてあるものは なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?
     国際的かどうかは分かりませんが、あまりに異なる言い方はその国に対して失礼な気がするので。
    ただし、英語のスペルに合わせるのは反対です。私は、他の国の人に『ニホン、ニッポン』に近い発音で呼ばれるのは喜ばしいですが、『ジャパン』に近い発音で呼ばれても嬉しくありません。(英会話におけるJAPANは別として)

    ユーザーID:9119708955

  • どうでしょう…

    確かに。
    アルゼンチンやトルコはまだいいとしても…オランダの正式名称は「ネーデルランド」と教わった記憶があります。
    何故「オランダ」に?
    イギリスも確か「グレートブリテン及び北アイルランド云々」。
    オランダ同様、何故「イギリス」??
    アメリカだって、「ユナイテッドステイツオブアメリカ」(カタカナ表記にするとこうだったかと)。
    英語のスペルにそうと長くなりますね。
    だからでしょうか?

    まあ、イギリスやアメリカは長くなりますが、「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)」や「韓国(大韓民国)」のように「ノースコリア」や「コリア」と短くなる国もあるので何とも言えませんが。


    でも、トピ主さんの「言語としてある」というのなら、世界中の国々の「その国の言語」で発音すべきと思いません?
    別に「英語」である必要はないわけで。
    英語圏は英語、スペイン語圏はスペイン語…としていたらとんでもないことになりませんか?

    まあ、トピ主さんの意見も一理ありますが、「国際的=英語」というのはどうでしょう…?
    英語至上主義には疑問です。

    ユーザーID:2655716557

  • 原語=英語?

    フィレンツェをフローレンスと言うようになるのはイヤだなぁと思います。
    オランダも変えるならせめてネーデルラントがいい。

    合わせるなら英語じゃなくて現地の言葉じゃないでしょうか。

    ユーザーID:9620918656

  • なんで英語だけ?

    それぞれの国のそれぞれの言語での国名をというならまだわかりますが、なぜ英語にしなきゃいけないのかよくわかりません。「Japan」だって英語人が勝手に?呼んでるだけで外国では「Nihon」「Nippon」とは呼ばれてないですよね。

    例えば英語でなくそれぞれの国の言葉でといっても、日本人にとって発音自体難しい言語もありますし。トピの例でいえば、英語音とカタカナ発音じゃ全く違うし。言語によってはローマ字表記にはできないものもあるでしょう。その辺どうするんでしょうか。

    確かオリンピックなどでは英語とフランス語、開催国語で呼んでいたと思いますが、結局その辺りが落としどころなんでは?

    ユーザーID:8269018546

  • 国際的?

    国際的とは・・・?
    国名を英語表記のとおりということは、国名の呼称を世界で統一したいということでしょうか?

    しかし、オランダは正式名称はネザランドではありますが、
    外国(人)は「ホランド」とも呼んでますよね。
    逆にネザランドって呼ぶ人のほうが少ないとも聞きました。

    トピ主の考える国際的が何を意味するのかわからないけれど
    通称を使ってる国や人が日本だけじゃない以上、何をもって国際的というのでしょうか?

    ユーザーID:2366227251

  • なんで英語なのか

    トルコですが、「ターキー」というのは英語ですよね。
    トルコ国民自身は自国を「テュルキイェ」と称しているのにあえてわざわざ英語表記に近いカタカナにする意義がわかりません。
    Turkey とターキーじゃ全然発音違うし。

    近年「ジョージア」と表記するようになったグルジアはロシア語由来で、
    現地の人々は自国の言葉では「サカルトベロ」と言っているそうですよ。

    英語が国際的な公用語の地位にあるから英語表記に近づけるんですか?
    だったら、中国がもっと力をつけて国際公用語が中国語になった暁には中国語表記にするんですかね?

    そもそも、だったら「日本」というのもやめて「ジャパン」にしたらいいと思っているのですか?

    ユーザーID:0818076034

  • なぜ、英語表記?

    和名を見直すのならば、現地の言葉に近い方に修正するのが自然じゃないかなあと。
    アルゼンチンは「アルヘンティーナ」トルコは「テュルク」・・みたいに。

    ユーザーID:8562580303

  • いろんな人が同じことを言うと思いますが

    アルゼンティナ、ターキーは原語ではないですよね、英語ですよね。
    アルヘンティナとかテュルキエとか言われて
    日本人に通じないのであれば意味がありません。
    あと、英語準拠ならネザランドでは有りません
    ネザラン「ズ」です。

    英語が至上というのであれば
    フィレンツェもフローレンスにしますか?ローマもローム?
    原語からは却って遠く離れますが。

    日本語は日本語、英語は英語、原語は原語で良いのです。

    ユーザーID:1681816126

  • 英語は世界共通語ではない

    >極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

    見直すのは別に良いんですけど、なんで英語なんですか?

    世界各国、英語が全く通じない国はたくさんあります。
    南米でもアジアでも英語は万能ではありませんでしたし、
    ヨーロッパでも英語圏でなければ若い人でさえ英語のワン・ツー・スリーが
    分からなかったりしますよ。
    (母国語+フランス語とスペイン語が出来ても英語は話せないとかね)

    だったらフランス語圏の国はフランス語で、スペイン語圏はスペイン語で国名を呼ぶ?
    そんな事やってたら訳わからなくなりますよ。

    そう考えたら、ここはニッポンなんだから日本語の和名でも良いんじゃないですか?

    ユーザーID:6418872998

  • なぜ?

    どうして英語読みに統一しないといけないんですか?

    私はなるべくオリジナルに近い読み方にしたほうが良いと思いますけどね。

    ところで、オランダはHollandのほうをカタカナ読みにしていると思います。

    ユーザーID:9827937649

  • 私は和名が好き

    「何故(呼び方が)そうなった?」の経緯も面白かったりしますよ。

    他国だって、日本のことを呼びたいように呼んでるじゃないですか。
    その辺は「お互い様」じゃないのかなぁ?

    ユーザーID:5711517301

  • なぜ英語?

    トピ主さんが例に挙げている国はどれも英語圏ではないのに、なぜ英語の発音に近づける必要があるのか理解できません。まだ現地語の発音に近づけるなら分かりますけれど。国際化ってむしろ”英語だけではない”という意味があるのではないでしょうか?

    でも、例えば現地の公用語が1つでなくて複数ある場合はどうすればいいのでしょう?例えばスイスとかセネガルのように。

    日本で話されている日本語の外来語由来の単語を国際的にする必要ありますか?

    ユーザーID:6101499368

  • 現地語と英語は違うのに,英語に合わせるの?

    現地語に合わせるのが筋じゃないですか?

    オランダはHollandから来るものです。まぁ,The Netherlandとは異なる範囲をさしますが。しかも,The Netherlandは英語での表記です。現地では,Nederlandと表記されますので,「ネザランド」では,英語かぶれぽいですね。
    何でもかんでも英語が正式だと思うのは大間違いですよ。

    Firenzeだって,カタカナの「フィレンツェ」の方が,英語のFlorence(フローレンス)よりもずっと現地語に近いですしね。

    ユーザーID:3133957815

  • ちなみに

    オランダのことを、英語ではNetherlands以外にHollandということもあるので、そんなに違うわけでもないですよ。

    また、「イタリア」などは英語では「Italy/ イタリー」ですが、本来のイタリア語ではイタリアのことを「Italia/イタリア」と発音するので本来の発音に似ています。
    ドイツも、英語では「Germany/ジャーマニー」ですが、本来のドイツ語の発音では、「Deutchland/ドイチュランド」と呼ぶので、そこも本来のものに似せていると思います。

    加えますと、国際的なスポーツ大会であるオリンピックはフランス語を共通語としているので、必ずしも英語に合わせることが正しいとは思いません。 

    ユーザーID:8495549632

  • 見直しに、大いに賛成! でもちょっと追加。

    アルジェンティーナ の方がより言語にちかいとおもう。

    日本人の98%がまちがえているようですが、 スペルは「綴る」という意味の動詞で、「綴り」という名詞はスペリングと言います。
    PCにはいっているワードというソフトウェアにスペルチェックという機能があります。この変な英語が世界中で使われてますが、半世紀も前の日本の開発力が秀でていたからです。

    ユーザーID:3959685889

  • 英語を採用=国際化ではない

    英語に近い発音にすること=国際化と考えることがそもそも何の根拠も意味もないですよね。
    例えばアルゼンチンは、アルゼンチンではアルヘンティーナと呼ばれます。
    日本も外国では、ジャパン、ジャポン、ヤーパン、ハポン、リーベン等々、様々な呼ばれ方をします。
    英語での国名も、もとの国の発音ではありませんし、どの国も色々な言語で違う名前で呼ばれます。

    それにはそれぞれの言語の音韻体系や、そう呼ぶに至った歴史があります。それらを無視して、英語のみを重視し、英語に近いカタカナにしたら国際化できるとはまったくおかしな考え方です。国際化というならば逆にそれぞれの言語を尊重すべきでしょう。

    ちなみに、コインランドリーは和製英語とは言えません。アメリカではcoin laundryまたはcoin-op laundryとしばしば看板で見かけます。

    ユーザーID:4024367545

  • うーん。

    「原語としてあるものは」と書いていますが

    ドイツは英語で「Germany」ですが、ドイツ語は「Deutschland(ダッチランド)」
    中国は「china(チャイナ)」ではなく「チョンクオ」
    韓国は「Korea(コリア)」ではなく「ハンクオ」
    という風に発音します(実際は五十音で表せませんが、あえてカタカナで表すとしたら、です)。

    というように、英語読みもその国で使われている言葉とすべてイコールなわけではないです。
    英語=国際的というのもちょっと…。と私は思います。

    ユーザーID:6401445387

  • 何故、英語

    >原語としてあるものはなるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

    アルゼンチンもトルコもオランダも英語圏ではありませんよね。では何故、英語のスペルに沿った言い方がいいのでしょう。私には理解できません。

    Argentinaはスペイン語で「アルヘンティーナ」、Turkeyはトルコ語で「Turkiyeテュルキイェ」、Netherlandはオランダ語で「Nederlandネーダランド」という発音が近いでしょう。英語や日本語とは違います(当たり前か)。

    何故英語一辺倒なのか、教えてください。

    ユーザーID:1844977919

  • じゃあ、他の国も外国の言葉に合わせてくれるの?

     その国の言語や発音に合わせるならともかく、何で英語?
    トピ主さんが言ってる英語って、イギリス英語?それともアメリカ英語?
    英語にも方言有るんですよ。

    外国だって、その国の言語で外国を呼んだり書いたりしてるでしょう。
    それは「国際化」して無い、とトピ主さんは思いますか?

    ユーザーID:7690378733

  • ニホニウムの立場は

    国名を英語表記・英語音に統一しろというなら、
    日本の統一国際名はJapanだよね。
    となると、トキの学名Nipponia nipponとか、
    元素番号113のニホニウムとかの立場はどうなる。
    地道〜にニホンやニッポンの音を国際社会に見て貰ってるのに、
    それ無視して英語至上主義ですかそうですか。

    ユーザーID:6852132419

  • なぜ・・・?

    なぜ英語圏以外の国名を「極力英語のスペルにそった言い方のほうが」って思うのですか?

    もちろん日本語で別言語の発音を正しく標記することなど無理なわけですけど、公用語が英語以外の国の名前を英語のスペルにそった言い方で表現したって、その国の本当の国名ではないし、日本独特の標記をされるのと同じようなものなのでは?
    そうではないということであれば、どういうことなのか説明いただけると助かります。

    ユニーク過ぎてよく理解できなかったのですが、トピ主さんにとっての国際的とはどういうことですか?

    ユーザーID:2598918476

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧