和名を見直したい

レス111
お気に入り204

プルオーバー

話題

もうすぐワールドカップですが、世界の国名を知り感じることってありませんか?

Argentina → アルゼンチン

Turkey → トルコ

Netherlands → オランダ

他にも多くありますが上記を話題にしますと、せめて

アルゼンティナ、ターキー、ネザランド など

極力英語のスペルにそった言い方のほうがとも思います。

コインランドリーなどの和製英語は仕方ないにしても、原語としてあるものは

なるべくそれに近い表記の方が国際的ではないでしょうか?

ユーザーID:9071380783

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数111

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    コメントありがとうございました。
    JAPANでなくNIPPONにしろというコメントは予想外でした。
    例えばオリンピックの各国入場で、国名の入ったプラカードを掲げて入場します。
    現地読みはともかく、一応の世界基準で採用されたアルファベット表記の国名が使われます。
    私が言いたかったのは、その表記の読み方に近いカタカナ表現を採用したらどうか?という事です。
    ですのでジャパンを変えろという事ではなく、JAPANのカタカナ表示はニホンではなくあくまでジャパンです。
    国際舞台になれば、なでしこジャパンとか普通に使われます。
    もしプラカードがNIPPONならば、ニッポンとカタカナ表記になります。

    ユーザーID:9071380783

  • チャンスはあるかも!?

    皆さんから理解を得るのは難しいかもしれませんが、五輪の話題で思い出しました。
    東京オリンピックでは地図記号が外国人向けではありますが、大幅に変更になりました。
    これを機に日本の教科書が、今後どうなるかは分かりませんが。。
    ちなみに過去、オリンピックでプラカード表記がNIPPONだった時期があったらしいですね。
    知りませんでした。
    また怒られそうですが、他に気になる国名です。

    ベルギー(Belgium)→ ベルジウム
    ドイツ(Germany)→ ジャーマニー
    ギリシャ(Greece)→ グリース
    ウクライナ(Ukraine)→ ユークレイン

    おそらく国によって発音が違うから意味ないと言われるのがオチでしょうか。
    でも日本でもいつのまにか読み方が変わるケースもあります。
    最近では、コックさんと言わずシェフになったり。
    フォークボールも、スプリットと使うようになったり。
    リポビタンD(デー)も、ディーではなく、強く言ったもん勝ちなのでしょう。

    ユーザーID:9071380783

  • 壊れかけの radio

    徳永英明さんの歌う、壊れかけのradioを思いだしました。
    歌詞の中でラジオと言った後に、レディオとも表現します。
    皆さんのような面倒な事を言い出す人向けに、二重の表現で伏線を張っておいたのでしょうか?
    私の主張はシンプルであり、Switzerlandの表記があったら
    スイスではなくスウィツァーランドの方がよいのでは?という事です。
    それにしても英語教育を更に重視しようとしている日本において、なんで英語?という嘆きに驚きました。
    日本では世界を見た時に、英語が大事と選択したのではないのでしょうか?
    皆さんとなら、JAPANではなくNIPPONに変えろと主張できそうですね。

    ユーザーID:9071380783

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧