• ホーム
  • 話題
  • ローン完済の持ち家があるから大丈夫と言うけれど

ローン完済の持ち家があるから大丈夫と言うけれど

レス191
(トピ主0
お気に入り481

生活・身近な話題

house

私の会社の人(50代後半)でよく「うちはローンももう払い終わったし、子供も巣立ったからもう何も心配はない」と言う人がいます。
もちろん、そうですよねーと言ってうなずいています。

なぜローンなしの持ち家があったらもう安心と思えるのか理解できないのです。

住む家はあっても、もし超高齢になって、自分では身の回りのことすらするのが大変、とか、老々介護で共倒れ、
とか、高齢&病気で自立して生活できなくなったら、とかどう考えているのでしょう?

子供がいても、自分の老後のために子供の人生を左右したくないという人がほとんどだと思います。
夫婦で支えあっていても、どちらかが先に亡くなるのは当然なので、残された方は独居になる可能性がありますよね。

私は40歳になったばかりですが、今のところ都内で賃貸生活をしています。
マンションを買うことを勧める人がたくさんいますが、本当にそれが良い撰択なのかわかりません
(借金をして利息のために大金を払うのがいやだということもあります。)

お金を出来るだけ貯めて、70歳ぐらいになったら高齢者向けサービス付き住宅のような施設に住むのがいいのでは
ないかと思い始めています。夫はまだ高齢者になった時のことは想像もつかないようで、あまり相談になりません。

皆さんはどう思いますか?

ユーザーID:7623675045

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数191

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですねえ

    ひと昔前なら、安泰でした。
    ローンがないなら、固定資産税だけで住居費用がかからない。いざとなれば売って介護費用にも当てられる。
    子供の中には同居して、最期を見てくれる子もいるかもしれない。ならば同居介護の見返りに、自分亡き後、土地家屋を相続して貰おう。例え孤独死しても、家屋取り壊して売ることもできます。

    問題は、今は中々「売れる土地家屋」がないこと。

    ただ賃貸は高齢1人暮らしで更新がいつまで出来るのか…例えば70代で転居を言い渡され、次が見つかるのかの不安があります。

    ユーザーID:6933568175

  • だって売れるじゃん。貸せるじゃん。

    土地建物は財産ですからね。
    しかも預金・現金と違って安易に消費しづらいですし。

    私も75歳過ぎたら、住宅を売って有料老人ホームに入りますよ。
    ちなみに、あなたが70歳まで払い続ける家賃の負担は私にはありませんから、その分を貯金に回してそれなりに預金も貯まっているでしょうし。。

    ユーザーID:8210165369

  • 私はあなたが理解できない

    トピ主さんが、他人の発言にいちゃもんを付けてるように感じます


    人生の三大出費は
    住宅取得・子供の教育・老後 です。

    で、その方は住宅ローン完済で、子供の教育も終了したわけですよね?


    >自分では身の回りのことすらするのが大変、とか、老々介護で共倒れ、
    とか、
    >高齢&病気で自立して生活できなくなったら

    その場合は、その方の持ってらっしゃる貯金(全然貯金がないなんて言っておられませんよね?)を使ってどうにかすればいいだけじゃないですか?
    いざとなったら(自立できず高齢者向け住宅や施設等を利用する)、その御自宅を売却しその資金に充てるだけじゃないですか。
    厚生年金に入っていて、足りない分は貯金を崩したり、自宅売却資金を充てたりすれば
    最後の大きな支出・老後はなんとかなります。
    これでなんとかならなければ、日本人の大半は老後で破滅しますけど?


    >残された方は独居になる可能性がありますよね。

    これも、何か問題がありますか?
    住む家と貯金があれば、何とかなりますけど。。。


    あなたが、賃貸派ならそれはそれでいいと思います。
    高齢者になって、高齢者向け住宅に入り続けられる資金があれば問題ないです。
    だからと言って、他人の発言にケチをつけたりするのはいただけません。
    みっともないと思います。

    あなたなんかに心配などされたくないと
    その方は思っているでしょうね。

    ユーザーID:6057492343

  • じゃあ逆に…

    賃貸暮らしのトピ主さん、
    今夫婦どちらかが病気になって働けなくなったらどうするの?
    どちらかが介護が必要な状態になってもう一方が働けなくなる場合もあるよ。
    因みに住宅ローンには団信があるけど。
    賃貸がローン支払い済みの持ち家よりリスクが低い理由ってあるのかな。

    ユーザーID:0248899335

  • とりあえず、の話でしょう

    現時点でローンも子供の学費もかからないので貯蓄にあてられる=老後の資金を貯められる、
    じゃないですか。

    自然災害や家族の病気など、先々何が起きるかわからないのはみんな一緒。

    持ち家があったって、将来は老人ホームやサ高住に住もうと思ってる人、たくさんいますよ。
    いちいち人に将来の生活設計をいわないだけ。
    私はローンが済んでいることすら他人にいっていませんが。
    いろいろ詮索されたり聞かれるのも面倒なので。

    ユーザーID:3008445476

  • インフレにならなきゃいいんだけどね

    持ち家ローン無しならとにかく雨風はしのげる。

    いざとなったらその時の相場で売れる。

    お金を出来るだけ貯めてても、もし急激なインフレになったら随分目減りするかも。

    不動産の価格が買い値より上がっていたらラッキー、下がっていても家賃と相殺したらどの程度の損か。

    超高齢になって老老介護、独居は持ち家のありなし子あり子なしに関わらずなる可能性はあります。

    その時に支払い済みの不動産で財産を持っているか、現金で持っているかの違いだけかな。

    お好みでお好きな方を選ばれたら良いと思います。

    ユーザーID:4025509967

  • でも...

    「超高齢になって自分では身の回りのことすらするのが大変とか、老々介護で共倒れとか、高齢&病気で自立して生活できなくなる」という事態は、賃貸暮らしでも有り得ますよね?だとしたら、月々の家賃を払い続ける必要がなく、ローンなしの持ち家がある方がダンゼン有利ですよね?だって、もし配偶者に先立たれて独居になっても、持ち家ならそこが実家の息子や娘夫婦に同居してもらうことも出来ますよね。賃貸アパートじゃ、間取りも充分でなくそういうわけにいきにくいでしょう。

    私自身は最近結婚を機に、実父の持ち家の一つ(鉄筋コンクリート戸建て、ローン完済済み)に暮らし始めました。家賃はタダで、庭の一部を近くの証券会社に貸しており駐車料金で固定資産税をまかなっています。そうなってみて、住居費がかからない、住居の心配をしなくてよいと本当に心から安堵出来ることが実感出来ました。もちろん今後、順次リフォームは必要でしょうが、自分の家ですから愛着をもって手入れをし長く暮らしていくつもりです。

    ユーザーID:6930727164

  • 正解はない

    この手の話に100%の正解はないですよ。
    自分の考えを信じるしかないですよ。
    ただ子どもも独立して家のローンも終わったなると自分的にはいつ死んでも誰かに迷惑をかけることは少ないなという感覚でしょうか。

    ユーザーID:7071626980

  • 介護施設での生活

    運転免許返納問題でも分かるように加齢スピ−度には個人差が大きい。
    賃貸物件の家主は、高齢者を敬遠するので希望の地区の住居に住めない可能性もある。

    性格や価値観に左右されるが、他人との距離が近い、多少の規則を守ることなど介護施設の生活を受け入れ、楽しめないと苦痛や寂しい生活。

    狭くても持ち家での自由な生活は捨てがたい。

    ユーザーID:8082103804

  • 場所によると思います

    結論から言えば「場所による」です。

    これから空き家問題という言葉に象徴されるように空き家はどんどん増えます。
    さらに人口はどんどん減ります。
    そうなるとさらに人口は都市に集中し、地方は過疎化していきます。

    つまり地方に持ち家があっても処分ができないので、
    家を処分して施設に入るお金を捻出するというスキームが難しくなるのです。

    一方、都心部(特に港区、中央区、千代田区、目黒区、文京区のいわゆる
    トップ5)にローン完済の持ち家があれば安心です。買い手がつかないということはありえないし、売却して施設に入るなり、あるいは千葉、埼玉、神奈川エリアの
    中で利便性の高いエリアに住みかえた上で、それでも十分余剰資金はでるでしょうからそれを老後資金に充てつつ、最後の最後のはその物件を処分して施設費用にあてておしまい、です。
    ポイントは千葉、埼玉、神奈川エリアに住み替える場合は、売却しやすいところを
    選ぶ点ですね。

    千葉、埼玉、神奈川でも都心へのアクセスが悪かったり、駅からの徒歩距離
    も結構ある物件は、一番の負け組になるおそれがあります。

    なぜなら、一応都心への勤圏可能物件ということで購入時にはそれなりの
    価格がするにもかかわらず、人口減少と都心回帰に乗り遅れて買い手も
    つかずどうにもならなくなるおそれがあるからです。

    さて、上記をさておき気になるのは「利息を払うのは嫌だ。」という部分。
    気持ちは分かりますが、賃貸だったら「全額他人のため」ですよね。

    たとえば、ローンが10万円でも利息部分は2万円程度だったら、2万円を銀行に払うだけですが、家賃が10万円だったら10万円を大家さんに払っているわけです。

    たったら「他人に払うお金」が少ない分、ローンの方がマシだと私は思いますが。

    ユーザーID:4573047008

  • 一部同意

    賃貸で住み続けることはある意味同意します。

    うちの両親は分譲マンションに住んでいます。ローンは完済です。
    が、いまどきは、同じマンション内にローン返済を滞納している家庭がいくつもあるそうです。だから、修理代などを含む共益費ももちろん滞納しています。
    我が親はちゃんと共益費をおさめていますが、その金額は我が家(公営住宅)の家賃よりも多いので、びっくりです。

    戸建てならまだマシかもしれませんが。

    それと高齢者向けサービス付き住宅も思うようなところに入れない可能性もあります。

    公営住宅は定期的な収入の額によって家賃が決まります。払い続ける限りは高齢でも追い出されることはありません。

    老後ホームに入れればいいですが、そうでない場合は住宅だけでも確保しておいたほうがいいのではないかと思います。

    ユーザーID:9553037110

  • それは

    高齢者には賃貸しない住宅も増えています。独居老人ならなおさら保証人もいませんしね。

    また、老人ホームも認知症や重病で手に負えなくなると退去を求められるところもあります。
    最後まで看取りをしてくれる施設は少ないのが実態です。

    自宅があればなんとか安心して畳の上で死ねるということでしょうかね。

    ユーザーID:1660008465

  • ある意味本当では?

    都内で(特に23区の人気地域なら)ローンを完済した一軒家があるというのは大きいですよね。
    そして完済してもしばらく働いていれば、今までローンで出て行ったお金も貯金に回せます。
    定年後も家賃なしでしばらく暮らし、老いて体がついていかなくなれば、家は売るなりして有料老人ホームに入れます。

    地面が付いているのだから上物が二束三文でも、土地だけで売れる。これがリセールバリューの良い地域で一軒家を買うメリットだと思います。

    マンションを買うメリットはよくわからないなあ。管理費を払うけれど、補修などは自分の一存ではできませんしね。
    大型マンションでは管理組合の話し合いを持つと、お年寄りは管理費を減らしたい、若い人はもっとこまめに補修を入れたいと対立するという話を聞きました。

    自分が売るであろう時期がいつなのかという視点の違いです。

    ユーザーID:3417082620

  • それはみんな平等にある。

    老後の体の心配はみんな平等にある。
    その上で、自分の老後費用がかかる上に、毎月かかる借金がある家に住んでいたり、こどもの学費が必要なら
    自分のために使えるお金減りますよね。
    ローンの終わった家に住んでいれば、家を売ったお金で介護しに入ることもできるし。
    介護の心配はみんな同じなのであえて言ってないだけです。
    うちもはローンはないし子供の学費も払い終えました。
    そう言う意味では安心です。

    ユーザーID:8361303773

  • リスクヘッジです

    全くもってhouseさんの言う通り!

    たぶんその会社の人は、ローンも払い終わり、子供も巣立ち、高齢者向けサービス付き住宅のような施設に住むだけの預貯金があるんですよ。もしくは預貯金がなくても、よほど変わった家でない限りは家や土地は資産になりますから、何かあったら売ったら良いと考えているのかも。
    houseさんも施設に入れるくらいのお金が貯まれば安心しませんか?

    私は30代ですが家を購入し、40歳頃には完済予定です。
    なぜ家を買ったか。
    私の場合はリスクヘッジです。

    私も夫もいつ病気になって働けなくなるかわかりません。事故だってあります。
    私は老後どころか明日のことも心配な心配性です…(なので保険にもたくさん加入…)

    住宅ローンは、万が一のことがあったらもう支払わなくてよいですし、資産にもなるので「投資」感覚です。

    そんな私は「ローン完済の持ち家がある、子供も巣立ったから安心」は、「もうお金もいっぱいあるしお金が出ていく予定もない。ある程度のことは対応できるから安心」と受け取りました。
    「何も心配はない」ことはないけど、「もう安心ですね」っていう状態かと。

    ユーザーID:7649308081

  • 完全な安心はない

    どんなに資産があっても「完全なる安心」ってことはないでしょう。でもローン完済して子供も独り立ちしたら、あとは夫婦2人分なんとかなればいいやって思えるし、追い出される心配のない住処もあり、いざとなれば家を売ることもできる。そういう経済的な面での「ある程度の安心感」っていうのはありますよ。
    そういう安堵感を表現されてるだけでしょうに。

    ユーザーID:4116611628

  • どうなるかわからないので

    >住む家はあっても、もし超高齢になって、自分では身の回りのことすらするのが大変、とか、老々介護で共倒れ、とか、高齢&病気で自立して生活できなくなったら、とかどう考えているのでしょう?
    そういう時は「老後資金の取り崩し、生命保険、親からの相続、家を売る、子供に頼る、最悪生活保護」を考えているのでは。

    平均貯蓄額など国の統計を見ていると、家賃を一生払い続けることができる家庭は一握りなので、「家があれば(家賃や住宅ローンさえなければ)なんとかなる」と考える人が多いと思います。


    私も40代既婚女性、今は地方の分譲マンションに住んでます。
    子供はおらず、70歳ぐらいでサ高住等に移りたいと考えています。
    老後資金の目標は1億、不労所得の計画も立ててます。

    公的年金と退職金は年々減少傾向にあります。
    AIが仕事を奪う、人生100年時代とも言われています。
    老後資金が貯められなかった場合を考えて、今の家を買いました。低金利だし団信もあるし場所もいいです。
    50年経てばスマートホーム化も相当進んでるでしょうから、高齢でもわりとなんとかなるかも?

    私達が70歳の頃、親世代は100歳ぐらい。高齢化のピーク、2040年問題です。
    東京は介護難民が出ると言われてるのに、施設に空きがあるでしょうか?人手不足で高額化してる気もします。

    どう転んでも対応できるよう計画を立てているつもりですが、正直わからないです。

    ユーザーID:2121766200

  • 世の中最期まで金次第です

    >老後になるずっと以前から予約や契約でもしておかないと不可能に思えてなりません。

    子育て終了借金完済さんのご心配ですが、要するに世の中は金次第です。

    民間の高齢者施設は高額なところほどは空いてます。

    民間でも安いところは先にどんどん埋まっていきますから、
    予約したって、お金払わないで部屋を空けといて待っててはくれません。
    ですから、結局はお金のある高齢者は何とでもなるんです。
    そうじゃない方が、いよいよ最期は持ち家があれば処分して、
    入居資金を用立てするという手段がとれるっていう話ですよ。

    ユーザーID:9444900521

  • ???

    >うちはローンももう払い終わったし、子供も巣立ったからもう何も心配はない」

    済的に大きい買い物をする事もなく、一段落ついたと言う事でしょう。
    ウチも去年ローンが終わった時、ものすごい爽快感がありました。

    >なぜローンなしの持ち家があったらもう安心と思えるのか理解できない

    もちろん、税金やメンテナンス費用はかかりますが、少なくとも住む場所に困る事がなくなるからです。
    一生賃貸で…と言う人もいますが、独居老人だと、貸してくれるところも少なくなります。
    もちろん公的な団地等は民間よりは貸してくれるかもしれませんが、自分の住みたい地域、住みたい場所に住む事は難しいです。
    ウチの母は、私を含む兄弟が皆関東に住んでいるため、父が亡くなった事をきっかけに、自宅を処分し関西から関東に引っ越してきましたが、家を借りるのは大変でした。
    私は専業主婦ですが、大手に勤めている兄が保証人になっても、同居できない・近居でもないと、民間では貸してもらえませんでした。
    結局、私や兄の家から車で1時間以上かかる場所の団地しか貸してもらえませんでした。

    >住む家はあっても、もし超高齢になって、自分では身の回りのことすらするのが大変、とか、老々介護で共倒れ、
    とか、高齢&病気で自立して生活できなくなったら、とかどう考えているのでしょう?

    論点がずれています。
    自分で身の回りの事が出来なくなったら困る…と言うのは、賃貸持家関係ない話です。
    ただ、持家の場合、住む場所に困る事はありません。

    高齢になった時の不安あるあるの中で、住むところに困らない・家計に占めるかなり大きい負担額がなくなると言う、経済的な安心感があると言うだけの事です。
    貯金がいくらあっても、大家に断られたり、施設の運営会社が変更になったら、今の住居に一生住み続けられる保証はありません。

    ユーザーID:9660946606

  • 人それぞれだから聞き流す

    生き方としてのポリシーだから。

    まぁローンが終わった持家だとしてもリスクはありますしね。

    たとえば修繕費。
    賃貸だったら基本部分の修繕費は家主持ちだけど、持家だと全額自分持ちですから、その分は用意しておかないといけないし。
    給湯器の交換くらいなら20万くらいで済むでしょうけど、屋根の修繕だったり壁の修繕だったりすると、けっこうお金かかりますよね。

    震災が起きたら?火災にあったら?なんてリスクもあることだし。

    売ればいいというけど、売れるかどうかわからないし。
    震災の跡地が、土地価格を維持できるとは思えないし。

    ただ、トピ主さんが挙げられた心配ごとは、持家でも賃貸でも同じリスクですから、理由にはならないでしょうね。

    ユーザーID:9135815939

  • ひとつの目安

    50代になるとローンを完済してない人も多いと思います。
    子どもも独立してなかったりという家庭も多い。
    その中で自分たちがすべきことをした一区切りなんです。
    持ち家でもローン払ってる時に比べると本当に気持ちがスッキリ
    するんです。勿論、持ち家でも借家でもその人の考え方次第です。
    そしてこれから老後の準備に本格的に入ります。高齢者としての
    暮らし方は予測不能です。最悪の場合に備えて、介護付き有料老人ホーム
    に入る資金は用意するものの、もしかしたら必要ないかもしれません。
    ピンピンコロリを願って神社に行くのを誘われた事もあります。
    ひとつの目安をクリアした人はまた次の準備にかかってると思いますよ。

    ユーザーID:9831450529

  • 心配のタネは尽きない

    「ローンが終わり、子供も巣立った、だから安心」でいいじゃないですか。それから先のことは別の話。他人のあなたにくどくど言われなくても先の展開はある。どうしてひとのことをそう、おせっかいするかな。言えることは、「一瞬先は闇」です。
    単なる話なんだから、「そうよねえ、よかったね」で済ませなさい。いちいち他人の行く末など気にすることはありません。

    ユーザーID:8983963459

  • トピ主さんの常識のなさを疑います。

    人生というものは、何々をしたからもう安心なんてことは、決してありません。

    人は誰でも年を取ります。病気にもなれば、事故にもあいます。サービス付き住宅を確保しても運営する会社が倒産することあります。自分でいくら高額のお金を貯めようが、最後にはそれを自分で管理さえできなくなります。死んだ後だって、葬式はどうなるのか、どのお墓に入れてくれるのか・・等々、悩みはつきません。

    それは当たり前のことであって、それを住宅ローンが終わったからすべてクリアした! なんて誰も言ってません。そんなことは常識で考えればわかることでしょう。

    ユーザーID:8082216978

  • アン

    貴女の老後(30年後)が、インフレになったらという心配はしないのかしら

    もっとご自分の心配したらいかがでしょう

    ユーザーID:9354662401

  • 個々の価値観とはいえ

    広い駐車場のある郊外の店舗に客を取られて駅周辺の商店街が寂れ、地価が下がった、なんて話は珍しくありません。

    借地の期限が切れたり施設が老朽化したりで、スーパーや病院が移転する事もあり、今現在の利便性がそのまま継続されるとは限りません。

    家屋が地震で倒壊すれば撤去再建が必要になり、修繕すれば居住可能だとしても費用は莫大です。

    水害も侮れません。

    保険は自然災害には適用されない物が多く、天災にも対応するタイプの保険は、掛け金もそれなりに高くなります。

    行政からの補助は微々たるものです。(マスコミに取り上げられて全国から莫大な義援金が集まったりすれば別ですが)

    トピの主旨から離れてしまうのですが、なぜ持ち家があると安心だと言い切れるのか、私も不思議でした。

    ユーザーID:9879335692

  • ローンが終われば資産となります

    >借金をして利息のために大金を払うのがいやだということもあります。

    頭金をたくさん入れる。または現金一括払いで買えば利息はかかりません。

    >お金を出来るだけ貯めて、70歳ぐらいになったら高齢者向けサービス付き住宅のような施設に住むのがいいのではないかと思い始めています。

    お金を貯めておかなくても、ローンが終わった家を売ればお金ができます。


    トピ主さんの家賃と更新料はただ支払うだけで、何十年払っても家を手に入れることができません。
    頭金をたくさん入れて数年で終わるローンにすれば、低金利の現在なので家賃と同じ金額を一定期間払えば家が手に入ります。

    今の家賃と同じ金額で利息込みのローンを払うとしたら、毎月の出費は同じで将来家が手に入ります。
    高齢者向けの住宅に住む際に貯金で入居費用を払えば、家を売ったお金はさらなる貯金となり、賃貸に出せば毎月の収入になります。

    夫婦のどちらか独居になるのなら、貯金と同時売却すれば現金化できる持ち家は必要です。
    賃貸では好きな場所に手すりを付けることもできません。

    高齢を理由に退去を迫られたら行くところが見つかる保証はありません。

    ユーザーID:6966019408

  • そんな深い意味はない

    何人かの方々も指摘されてるように
    その50代の方の言われる
    何も心配ないというのは
    それまでその人の最大の課題だった
    子育てとローン完済がやっと終わり
    一段落ついたという意味なんですよ。
    ゲームでいえば、レベル2クリアって
    とこでしょうか。

    半世紀も生きていれば人生ちょっと
    先は闇ってことぐらいわかってますよ。
    将来起こるかもしれない災難をあれこれ
    考えても仕方ないでしょう。

    トピ主さんは自分なりに老後のことを
    考えているのだからいいじゃないですか。
    人それぞれですからね、これが正解と
    いうのは人によって違うんですから
    カリカリしなさんな。

    ユーザーID:4031091130

  • 家を持(っ)てない人には分らんのかな?

    人生のにおける大きないくつかの経済的懸念事項の内の二つの、住宅購入と子の養育が片付いたということで、それだけ不確定さ・不安材料が無くなったほどの意味でしょう。100%自分のものになった家があるという達成感や自信は、家を持てない人には分からんかもね。

    >70歳ぐらいになったら高齢者向けサービス付き住宅のような施設に住むのがいい
    って簡単に言うけど、家も買えない程度の経済状況の投稿者に満足の行く施設に入居するだけの金が本当に貯められるの?

    持ち家があるからってそこで末期の水をとらなければならぬ法はない。借金なしの持ち家があればそれを売って終末施設の入居資金の大きな足しにすることもできる。

    しかしね、「70歳ぐらいになったら高齢者向けサービス付き住宅」?

    冗談言っちゃいけませんよ。我が家族を含めて70歳ぐらいはバリバリ現役で働ける年齢ですよ。

    >夫はまだ高齢者になった時のことは想像もつかない
    あなたも分かってないね。

    ところで、
    >借金をして利息のために大金を払うのがいやだ
    と曰いますが、賃貸住宅のオーナもやはり借金して(多分事業用ということでより高利の)利息を払い、尚且つ賃貸利益を得ているということご存知?

    つまり、マクロ経済的に見れば、まったく同じ使用価値ならば賃貸が持ち家に勝つことは絶対に無いのですよ。

    ま、◯ビの繰り言でしょうね。

    ユーザーID:2097029217

  • 終の棲家兼、資産の確保って事だよね、

    土地のついた戸建て、あるいは、資産価値の落ちにくい立地のマンション。

    ならば、独居や介護の心配が出たときにも、売却してホームに入る事が出来る。

    って事だと思いますよ。

    ウチは、戸建て(完済、賃料収入源)と今のマンション(立地良し)も完済。

    いざと言う時には、売却できますので、予備的に考えています。

    いざ収入がへったり、何かあっても、食費などの生活費だけで良いって、
    やはりそれで老後の暮らしが楽になるので、誰もが目指したいところではないでしょうか。

    賃貸で良いって人に、たまに親の家があるから!
    ってトンチンカンな事いう人がいますが、
    古屋を立て替える資産を老後資金とは別にキャッシュで用意できるって、
    羨ましいって思います。

    あなたもそのタイプなのかな。
    私も夫も親の家は相続予定ですが、それはプランにいれてませんよ。

    病気や身体面での心配や介護に関しては、その時にならないと、
    家持ちでも賃貸でも条件は同じでしょ?

    ただ、資産があるって老後の選択肢が増えるので、重要だと思っています。

    特養にでも入れない限り、有料老人ホームになるので、

    平均で入居一時金 1000万円前後、月額費用は25万円前後が平均金額

    必要になるので、その1千万の足しに、資産を売却って普通の事だと思いますよ、

    あなたの様に、きちんとプランが合って、現金で残せるなら、それもかまわないと思いますよ。

    私は小心者なので、不安解消の為に、家を買っています。

    ユーザーID:7858010443

  • 合理的に考えればおっしゃる通り。ですが

    人間は必ずしも合理的に考えられないものでして。

    一つは、いまだに昭和時代の感覚で「不動産は資産」だと考えている。不動産の価値は上がる、悪くても横ばいだろうから安心だと思っている。いま全国各地で「不動産は負動産」となった空き家が激増しています。そういう事実を目に入れようとしない。
    また、家屋やマンションは老朽化することをわかっていない。特にタワーマンションは大規模修繕のノウハウもなく見切り発車で建てられています。将来はどうなることか。

    もう一つは、漠然とした安心感や拠り所が欲しい。

    ユーザーID:6405313925

レス求!トピ一覧