父の日 何をする?

レス4
お気に入り18

与太娘

ひと

ちょっとクセの強い父。
十代の頃は ちょっとしたことで口喧嘩になるのに嫌気がさして
半年以上口をきかなかったこともあった。

たまに外食をせがんでも「家で食べる母さんの手料理の方が3倍美味い」と笑顔で頑固な事を言う。

何年も毛玉だらけのセーターやシミのついたポロシャツばかりで平気。
なんで 自分の父はこんなにケチくさくて垢抜けないんだろう? といつも友達のお父さんと比べていた。

わたしや弟たちの進学費を最優先にしてたから、 
というのを知ったのは大人になってから。

もっとお父さんの忍耐に早く気づけば良かった。

今度 発泡酒じゃなくてビール、ちらし寿司を用意して実家を訪ねよう。

父がなくなって3年経った。

ユーザーID:7423853337

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 日本のおやぢ

    そういうお父さんですから、今年も「母さんの手料理」を供えてあげてください。できたら「娘の手料理」も。
    きっと、「まだまだだな」とか言いながら嬉しそうに召し上がってくださいます。

    ユーザーID:6406869742

  • 家も…‥

    懐かしいですよね。
    思い出します。

    子の為なら…‥一番安いタバコ『echo』(孫の為なら禁煙、成功!)
    珈琲が、好きで私の『進学』『卒業』『就職』『結婚』の区切りごとドライブがてら『喫茶店』へ行くのが楽しみだった。
    結局『結婚』してから一度も行くことはなかった。
    10年ほど前に亡くなり…‥
    お供えは、淹れた『珈琲』と、『ミルキィー』の線香…‥幼い頃のお土産が『不二家』の、『ミルキィー』『パラソルチョコレート』だったので。

    亡くなって『父の日』プレゼントコーナーを見ると「あぁ…もう、買うことないんだ…」と、淋しさが。
    墓前では『千の風』が、頭をよぎる。

    ユーザーID:0467344051

  • わたしのお父さん

    私の父は2年前に亡くなりました。
    76歳で多形癌という珍しい病気でした。
    病名がわかってから1ヶ月、あっという間に逝ってしまいました。
    不器用な人で、私たち娘2人とも、妻である母ともうまく関係を築けなくて、我の強い祖母に抑圧されながら生きていました。
    若い頃の私は、そういった事実を鑑みることができず、父を不可解な人と位置づけ、お互い交流することなく生きて来ました。
    現役を引退し、祖母が亡くなり、色々なかせがなくなった父は、なんだかカワイイ父になりました。
    よく私に買い物に連れて行くよう頼むようになりました。実家に帰った時の私の唯一の親孝行でした。
    きっと働いている時は辛かったんだな、祖母と母の間で板挟みだったのかなと今なら思えます。
    寡黙で、愚痴も言わず、それが故に実の娘にも長い間理解されなかった父。
    孫が可愛くて大好きで、あんなメロメロの顔、私達には見せたことがなかったよね。孫のチカラおそるべしと思いました。
    空に行ってしまったお父さん。幸せでしたか?お父さんが残してくれた家に、お父さんの愛してやまないお父さんの孫が、幸せに暮らしています。
    お父さんありがとう。
    生きている間に言うことが出来なくてごめんなさい。

    ユーザーID:4629485228

  • いいお父さんで羨ましいです

    私の父は私、弟、母に暴力を振るう人でした。
    私、弟が成長してからは母にのみ暴力を振るっています。
    同居していた実の父、母(私から見た父方の祖父母)にも精神的DVを強いていました。
    自分が面白くなければ途端に機嫌が悪くなる。
    周囲が自分をチヤホヤして当然。
    実の子供、母には苦虫を食い潰したような顔をしていますが、
    実の子供の配偶者、その他の親族、近所や職場の第三者にはニコニコ。
    たばこ、酒の飲み過ぎ、不摂生でひどい喘息になったり、くも膜下出血になったり、
    胃がんになって胃を全摘しても今もピンピンしています。
    止めるように言われた酒もタバコも以前と同じように飲んで吸っています。
    でも自分の体調不良は母のせいだそうです。

    自分は50歳代前半で早々に仕事を辞めてお小遣い程度の収入で
    友人の会社でちょっと手伝いをしていましたが、その間母は朝早くからパート。
    父は何の家事も手伝わない。
    でもお金を湯水のように使います。
    そして母は爪に火を点すような生活をします。
    母は専業農家に生まれ、それなりに裕福で大きな農家だった父の家族に
    お手伝いさん代わりに嫁いできました。
    実際にそれまでいたお手伝いさんを辞めさせて嫁を貰おうとなったそうです。

    先日弟の長男が第一志望の公立高校の受験に失敗しました。
    それも母のせいだと罵ったそうです。

    そんな父のために何のお祝いしたくありません。
    でも母が「お父さんを不機嫌にさせないで」と言うので仕方なく送ります。
    父が機嫌を損なうと母が被害に遭うからです。

    私もまともな父親に育てられたかったです。

    ユーザーID:4254282197

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧