妻よ、キミはプロなのだから

レス373
お気に入り968
トピ主のみ1

ゴッホ

男性発

このトピのレス

レス数373

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 女性の性格って?

    >男に比べて女性は、書かれているようなわざわざ計量スプーンで計ったり、焼き時間をきっちり守ったりする傾向は強いですが、それが女性であり、そういう性格でもあるんです。

    そう断言する根拠を教えてください。どこの何のデータですか?


    >これは妻歴が何十年あろうと変わりないことで、そうしないと料理は出来ないと思う人は確実にいるということだけです。

    「これ」が女性一般にあてはまる理論だという根拠を示してもらわないと、それを前提にした「変わりない」以降の話は成り立ちません。

    ユーザーID:1837349264

  • 期待し過ぎ

    料理のプロって何ですかね?
    レストランのシェフ(つまり作って提供してお金を得る)が
    「料理のプロ」と定義は出来るでしょうけど、
    家族が食べる家庭料理をプロうんぬんというのは表現がおかしいです。


    そこまで言うなら、一度あなたが台所に立って
    腕をふるってみられたらいかがでしょうかね?

    「これぞ男の料理だ!」と。

    男に比べて女性は、書かれているようなわざわざ計量スプーンで
    計ったり、焼き時間をきっちり守ったりする傾向は強いですが、
    それが女性であり、そういう性格でもあるんです。
    これは妻歴が何十年あろうと変わりないことで、そうしないと
    料理は出来ないと思う人は確実にいるということだけです。

    先にも書きましたけど、ご不満ならあなたが作ってみることです。
    ちなみに私は男ですけど、家庭内シェフですよ(笑)。
    妻に任せるよりも、私が作った方が早いし、コダワリを持って
    作っています。

    ユーザーID:3332278928

  • 感謝より願望が多い現実

    「いただきます」はあっても「ごちそうさま」って言ってるかな?

    ちょっと味が足りないとテキメンにはずれ妻扱い。
    毎日、作ってもらうのが当然になると感謝は無くなると思います。


    嫌いなモノは全く食べなくて当たり前。
    食べ終わったら、遊びに行ってよし。
    そんな中で育つ、これからの人。

    どこで感謝と思いやりに気付くのかな?

    ユーザーID:5235120307

  • もう見ていないかもですが、お答えしましょう。

    レシピは見る人はずっと見る。
    見ない人はいつも見ない。
    持って生まれた性格だからです

    以上です

    ユーザーID:9683921271

  • 希望・願望くらい持つでしょう

    「作ってもらっているのだから」という理由でトピ主批判をしている人もいますが、それはあくまでも役割分担ですからね。そして別に感謝していないわけでもない。もっとこうだったら〜くらいの希望・願望すら持ってもいけないなんてことはないでしょう。妻を直接責めているわけでもないのだから。
    妻が内心、夫に対して、もっと向上心をもって仕事に取り組んで出世してくれたらいいのに、と思うのと一緒でしょう。

    ユーザーID:4195968168

  • ご自身でなさったら?

    働きながら主婦歴6年目の者です。拝読して悲しくなりました。
    奥様頑張ってお料理なさっているではないですか。それなのに、文句を言うなんて酷いです。
    そんなテキトーな物が食べたいなら、トピ主さんご自身で作られたらいかがですか?作ってもらっておいて、なんて事を言うのだろうと思いました。
    ご自身でしばらく作られたら、奥様がずっと頑張ってこられたお料理に感謝しか出来なくなると思います。
    それと、プロってなんですか?料理を生業としている訳ではないんだし。。
    それならトピ主さんこそ、男性として、なさってるお仕事のプロなんですか??プロとして、それなりに誰もが満足できる収入と、地位をお持ちなんですかね。

    ユーザーID:0613708932

  • へー

    主さんの奥様って、残り物でお料理作ったりしないんだ。
    いっつも適当に作っている私としたら、主さんの理想なのかしら・・・
    毎回、味付けが変わりますけどね。
    そうそう、毎回、上手くないとプロではないですね・・・
    辛抱強く、丹念に、味を模倣するって、ある意味プロですよ。
    毎回、失敗のないおいしいお料理なんでしょうね・・・

    主さんのような旦那様にはもったいない奥様のような気がするー

    ユーザーID:9243985888

  • 作ってもらう料理に要望を出すのが悪いとはいいませんが

    結局、共働きかどうかは無回答のままですが…

    小町では、妻のつくる料理に夫が文句をいうトピだと「そういうこと言うなら自分で作れ」というレスが必ずつきますが、まあ、食事は毎日のことなので、ある程度要望を出すのはかまわないと思います。

    例えば、
    ・量が少なすぎ/多すぎ
    ・味が濃すぎ(薄すぎは食べる人が調整すればいいと思いますが)
    ・脂っこすぎ/あっさり過ぎ
    ・もっと野菜が欲しい/肉や魚が欲しい
    ・○○は苦手
    ・○○が食べたい
    みたいな話であれば、ダメ出しではなく要望という形で出すのは普通のことだと思いますし、無理な内容でなければ作る側もなるべく要望に応じてあげるべきだと思います。

    でも、味に問題ない料理が出てくるのに、レシピ通りなのが気に入らないって…

    まあ、おそらく面と向かって言えない内容だとトピ主さんもわかっておられるからこそ、トピ立てされているのかもしれませんが…。

    ユーザーID:8502012970

  • 「もっと要領よくやればいいのに」

    もう少し要領よく、ぱぱっと、「感覚」でやれてもいいよね。
    10年もやってるんだからさ。

    逆に男性が、いつまでたっても、教習所に通ってる人並みのぎこちなさで運転してたら、それがいくら間違いのない正しい動作だったとしても「いいかげん、スムーズな運転できないもんかな」って思うもの。
    それって別に安全確認するな、危険運転しろ、ってことじゃないでしょ。
    慣れてる感じでスムーズな、「上手い運転」のほうが素敵だし、それを期待しちゃうのは当たり前だと思うけど。

    ユーザーID:5621873182

  • プロではない

    そもそも主婦は家庭料理のプロではありません。
    ライセンスがあるわけでもないし職業でもない。

    いわゆるメディアに露出して、「家庭料理評論家」的なことをしているのであれば「家庭料理のプロ」と言えるかもしれませんが。
    もしくは、「家庭料理」をウリにした飲食店で料理を提供している、とかです。

    単に家で料理しているだけなら、それは「アマチュア」です。

    ユーザーID:9581688233

  • ひさびさ頭に来るトピでした

    レシピ通りに作ってそんな風に思われるなら、私ならもう作らないな。
    嫌な男ー。

    ユーザーID:2072892804

  • 料理下手の反対?

    料理下手な嫁について愚痴を言ってる男性方に言ったら妬まれそうな悩みですね・・・。
    料理下手は、レシピ通りに作らず、自分流のアレンジをするが、ことごとく美味しくないそうです。
    私もそういう傾向があることが自分でもわかってるので、なるべくレシピを見るようにしています。
    ぱぱっと作れる人がうらやましいです。

    ユーザーID:2301058712

  • レスします

    家庭の主婦は何のプロかといえば。

    料理?違う。
    掃除?違う。
    洗濯?違う。
    育児?違う。

    主婦は「家庭管理」のプロなのよ。
    それも、今時は核家族だし世の中随分変わったから、一から作り上げなければならない。

    大体、主婦の料理なんて、多くても日に三度+手作りオヤツ、程度でしょ。
    プロの料理人が日に何十何百食とつくる料理の回数とは、桁が全く違いますわ。

    ちなみに、私が料理をするときは、調味料は目分量です。
    まあまあ美味しいこともあれば、超まずいこともある。まずいことのほうが多い?
    主婦失格ですわ(笑)、まあうちは、夫が兼業主夫だけどね。

    ユーザーID:1711892188

  • 家庭料理にプロもアマもあるかい

    家庭料理という時点でアマチュア料理です。
    レシピを見ながら作ってどこが悪い?
    計量して何がわるいの?
    目分量で作るのは、量るの面倒だしその方が楽だから。


    実際に自分で料理しない人って、すぐ目分量でサッサと作れる人が料理上手と思うんだよね。
    私の母親は目分量派ですが、そのため同じ料理でも毎回味付けが違いました。
    使う調味料も毎回微妙に違ってたから。

    美味しい料理を作ってくれるなら、レシピ見ようが見まいが、どうでも良くない?
    感謝が足りないと、そのうち料理した物すら出てこなくなりますよ。

    ユーザーID:8532652456

  • 外国人妻でもプロを求める?

    トピ主さんのお母さんがそうして作ってくれたから、そう思うのですよね?

    母の様子を見ていて、あるものでちゃちゃっと作るのが家庭料理と思うようになった。

    だから、妻の作り方が不満。

    妻が外国人ならどうですか?
    外国人妻でも家庭料理のプロなのだからって思います?

    それを20年も思い続けるのですね。
    結婚してから。


    理想を自分で現実にするより、母のように身の回りの事をやって欲しい子どもの妄想が続いているのですね。

    夫がプロなことって何ですか?

    ユーザーID:5235120307

  • 私は計測が好きです。

    横+主奥様の事情とは異なるかも知れませんが…

    私は、何かを(正確に)測る事が好きです。
    仕事でも薬等を測ったりしていますが、自分で5gならこの位の量かな?と思いつつ測った結果、ぴったりだと「やった!」と少し嬉しく感じます。

    料理中も似たような気持ちで、大体この位だろうと思いつつ計測し、自分の予想とどれだけ合っているか1人遊びをしています。時間でも同じような遊びをする事があります。

    計量時の液体の表面張力を綺麗だなと感じたり、オーブンの中で重曹やイーストが生地を膨らませるのを見ているのも好きで、今日はどの程度、膨らまそうかな?砂糖をギリギリまで減らしたらどうなるかな?等と思いつつ測っています。20年兼業主婦として、ほぼ毎日料理をしていますが、私はキッチンでの食材とのささやかな遊びが好きで、計測し続けています。

    主奥様がどのような理由で計測しているのか分かりませんが、きっちり測りたい方なら自由に測らせてあげて〜と思います。

    ユーザーID:4881303974

  • プライド?

    10年もあんちょこ+道具で計量+タイマー設定なのですね。
    んー何だろ。絶対に失敗したくないというプライドでしょうか。
    考えようによっては、「料理失敗したくない」というのは「すっぴんは見せたくない」みたいなものかも。そんなにきにしなくていいのに、本人に気負いがあるみたいな?

    でも、それだと材料の残りとか冷蔵庫の余りものが使えませんね。どうしているのでしょう?

    ユーザーID:1747534762

  • たまたまそういう組合せだっただけ

    >料理本のレシピ通りにやって美味しく出来るならシェフは要らんのです。美味しく出来るようになるには何度も料理して、調味料のベストな配分を自分で見付けないといけません。

    レシピ本(試行錯誤の結果、専門家が分量や手順を決めたもの)では「美味しくできない」、と言い切るとは(笑)
    そして、それより優れた配分や手順を奥さんがすでに見つけ出してオリジナルあんちょこを作り上げているというわけですね?いつの間にか専門家を上回るくらいの試行錯誤をして?ということは同じメニューをものすごい回数作ってきたということですね。

    >母は料理は好きですが、美味しくありません。
    >ウチの嫁さんは〜美味しかったことは一度もないと言い切っても良いです。
    >義母は〜自分でも美味しくないと言ってます。

    申し訳ありませんが、たまたまあなたと奥さんの組合せが「料理が苦手な母親とそれに育てられた子供たち」、というだけの話ですよね。仮に、義母さんの目分量や味付けが加齢とともに明らかに酷くなったのであれば、それは別の心配をすべきだと思います。

    >毎日の食事の準備はルーチンワークですから、とにかく、材料無駄にせず下手な試行錯誤せず、間違いない一定水準以上が出せるのが最善だと思うんですが。

    材料を無駄にしないためには、「あり合わせの材料で臨機応変に作る」が少なくとも数日に1回は必要ですね。レシピが要求する分量どおりの材料を用意しているとどうしたって中途半端に残る食材が出てきますから。

    ユーザーID:0335341303

  • できるとしても敢えてやらない

    マニュアル通りは能力がないとか、やる気がないとか、そういうことでもないと思うんですが。
    毎日の食事の準備はルーチンワークですから、とにかく、材料無駄にせず下手な試行錯誤せず、間違いない一定水準以上が出せるのが最善だと思うんですが。

    ビジネスの事務処理に高度な創意工夫や手書きで達筆の手紙とか必要ないですよね。あっても良いですけど、テンプレや前例参照で無難がいいし、ゴネゴネダラダラ時間かけるより、サクッとですよね。
    この前例参照やテンプレがレシピや計量スプーンで量ることだと思うんですよ。
    こうやって、思考も手先も省力したら、時間だったり疲労感だったり節約できて、あと1品つけようとか、味付けしつつ他のこと考えても失敗しなかったりするんですよ。

    いちいち記憶と手先の感覚に従ってやるのって、疲れるし、それだけで飯が食えるなら良いけど、ほかにもいっぱい考えなきゃ行けない、同時進行しなきゃいけない中でやってるんだから、簡単なほど良いんですよ。
    趣味で料理してて、それだけに集中できて時間も材料もルーズでオッケーなら?いくらでも手先や味の組み立てに集中できますよ。だから、ちょっと目分量でやってみて、とゲーム感覚で言われたらできるかも。
    でも、失敗するかもだし。敢えてやる必要がないでしょう。だからやらないだけだと思いますが。

    でまた、自分は他人にも求めないです。結果が出るならそれで結構。

    ユーザーID:8040960668

  • おや…

    長いこと続いてますね、こちら。
    最初の方に「それが奥さんの作り方(シゴトの仕方)なんだからほっとけ」とレスしましたが、いろいろなレスを読んでいて、トピ主さんの求めるものもぼんやり理解しました。
    レシピ本からいっさい横道にそれない料理じゃなくて、ちょっと正道から外れていても料理として成り立ってる料理を食べたい、みたいな感じでしょうか? まあ、それだったらわからなくもないです。

    ただ、料理って本当にセンスのいるお仕事ですから。
    「普通は経験でできるようになることが、感覚として身に付かない、できないなら仕方ないです」と忘れたさんがお書きでしたが、それは「普通は」ではないです(忘れたさんはたぶん料理上手なんですね。羨ましい…)。できるようになる人はできるけど、できるのレベルもいろいろだし、いっさいできない人だっています。
    さらに、あんまり料理が得意でないのに台所を預かっている場合、「おいしいものを食べさせなくてはならない」というプレッシャーはかなりのものです。失敗してがっかりされた場合のストレスも相当です。
    そのストレスやプレッシャーに対抗するため、レシピ本で武装する。本をよりどころにして、なんとか毎回、ましな味のものを作る。
    苦手なりにパフォーマンスをアップするための、立派な仕事の仕方です。

    ま、とはいえ料理があまり好きではない私でも、日々繰り返し作るようなものなら適当に作ったりアレンジしたりが可能になりましたからね。トピ主さんの奥さんも、そのうちちょっとだけ「冒険」してくれるようになったらいいですね。どうぞ長い目で。

    ユーザーID:9647973056

  • 主婦を誤解している

    まず専業主婦ですか?
    兼業主婦ですか?

    家庭料理のプロの意味は何?
    家庭料理をすることで、あなたが妻に
    給料を支払っているという意味しょうか?
    それで金を稼げないとプロとは言わない。
    つまり、その技術で確定申告しているならプロ。

    料理は大嫌い、興味もまったくない
    そういうタイプが、仕方なく頑張って
    どうにかレシピにしたがって、我慢して
    料理しているのですから、
    ハードルをあげないでください。

    ユーザーID:8882455835

  • あんちょこを見たことがありますか?

    料理本のレシピ通りにやって美味しく出来るならシェフは要らんのです。
    美味しく出来るようになるには何度も料理して、調味料のベストな配分を自分で見付けないといけません。
    だから、あんちょこは料理本のレシピを丸写ししたものでなく、奥さんなりに考えた調味料の配分や焼き加減を記入してると思います。

    ウチの母は料理は好きですが、美味しくありません。

    いろんな料理をしたい人で、いろんなところから仕入れて来たレシピをもとに
    料理をしますが、前述の通り、レシピ通りに作っても美味しく出来るとは限りません。

    初めて作る料理を帰省した時に出すので、その神経がわからんですよ。

    ウチの嫁さんは冷蔵庫の余りものだけで目分量で味付けをする料理が得意で
    しょっちゅうやってますが、美味しかったことは一度もないと言い切っても良いです。

    料理って調味料に限らず食材もバランスなんですよね、冷蔵庫の余りものだけでなく、
    食材を買い足さないと美味しくないんですよ。

    ちなみに義母は料理が得意で何でも目分量ですが、
    若い頃はハズレはありませんでしたが、年を取ってからはハズレが多くなり、
    自分でも美味しくないと言ってます。

    あなたもご自身で料理をしてみれば良いのです。

    ユーザーID:6434523209

  • できないなら仕方ない

    >「いつもこのくらいの量」という目分量が割と不正確な人もいるし、いつもと違う組み合わせをしたらこんな味になるだろうという予測がいつまでもできない人もいるんです。

    なるほど。
    普通は経験でできるようになることが、感覚として身に付かない、できないなら仕方ないです。
    できない部分をカバーするためにマニュアルを手離さない、というのは自分ができないということをよくわかった上での立派な対処法ですね。

    ユーザーID:0335341303

  • そういう人を選んだんだからしょうがない

    自分が食べたい様な料理は自分が作ればいい。

    そういう意欲は湧かないものなのでしょうか?

    自分でキャンパスに向かって好きに描いてみたらどうでしょう。

    ユーザーID:7263806155

  • それが誤解

    >多様な経験を積んだら、「これとこれをこれくらいの割合で組み合わせたらこういう味になる」という予測が立つでしょう。

    トピ主さんもそう思っているからこういうトピ立てたんだと思いますが、それこそが誤解です。

    「いつもこのくらいの量」という目分量が割と不正確な人もいるし、いつもと違う組み合わせをしたらこんな味になるだろうという予測がいつまでもできない人もいるんです。私は実際にそういう人を知っているんです。あるレシピを作れても、材料を他の物にしてもいけそうとか、醤油の代わりにポン酢でもいけそうとか、そういう「いけそうかどうか」の予測がつかないそうです。そんな発想すら出てこないんだそうです。そういう人は「手元の材料だけでなんとか作る」のではなく、「アレを買い足せば作れるから買いに行く」になっちゃうんですよ。

    ユーザーID:3645006070

  • 毎日レストラン並みの新メニューだとしても

    家庭料理の定番メニューではなく、毎日フレンチやイタリアンレストラン並みの凝った料理ばかり作ってくれているんじゃないか、それならレシピ見ながらでも当たり前だ、みたいな話まで出てきましたが。

    「仮に」そうだとして、
    それと、冷蔵庫にあるもので臨機応変にさっと作れるかどうか、は別の話ですね。
    普通は経験を積んだら、ましてやレストランメニューを日替りで作るくらいの多種多様な経験を積んだら、「これとこれをこれくらいの割合で組み合わせたらこういう味になる」という予測が立つでしょう。「あのときこうやったらあの味になった、それならこうすればもっとおいしいかも」という発想につながるものでしょう。
    それなら臨機応変料理も「作れる」はずだし、いくらなんでもたまには「作る」はずです。

    また「仮に」、作れるけど普通の家庭料理なんてつまらないもの作りたくない、オシャレなものしか作りたくない、というのならそればただの自己満足で、家庭料理を食べたがっている家族の為の料理ではないということですね。

    ユーザーID:0335341303

  • 主婦の勘って?

    よほど込み入った手順や調味料の数でなければ
    ほぼ目分量で料理します。

    しかし、再現性はありません。
    ですから「あの時のあの料理を」とリクエストされても同じにはならないのです。
    同じ材料で作っても、何かが違うようです。

    常に同じ味でご飯を作ってくれる妻なら安心して食事できますね。
    我が家はごくまれにではありますが「何をどうすればこうなる??」な物になり、
    翌日のリメークメニューに頭を悩ませます。

    我ながら不思議です。

    ユーザーID:1811473308

  • いつも美味しく

    その料理を作った時に「美味しい」と言ってくれたら、毎回同じように美味しいと言ってもらいたいからでは?
    目分量でチャチャって作る料理が美味しいとは限らないし。料理にコンプレックスがあるかもしれない。深い理由があるかもしれない。
    あなたは傲慢だと思います。

    ユーザーID:9147500133

  • 決まり切ったメニューなんですか?

    マニュアルを見ながら仕事をする人に例えての御自慢レスがありますが。
    決まり切ったメニューの繰り返しなんでしょうか?
    それなら、覚えられないのは使えない人認定でも仕方ありませんが。

    料理は創作と同じで、正解なんてものはないと思っております。
    適当に作っても必ず美味しい、が毎回なんてよほどの天才料理人だけでしょう。
    マンネリ化を避けたり、新たな食材に挑戦するなら、レシピ通りに作るのが真っ当ではありませんか?
    誰もまずい料理なんて食べたくないでしょうし、食材を頻繁に無駄にできるほど経済的・時間的に余裕のある人など少ないでしょう。

    山ほど種類のある食材・調味料を使い、与えられた時間・状況も異なる料理を仕事にたとえた場合ですが、それに匹敵するような仕事がありますか?
    それを無限に自分の力だけで解決できる人は、ほんの一握りの人間です。
    それを一般人に求められてもね。

    ごく一部の優秀な人たちは、ご自分で優秀であっても、皆が皆そうでないことをご理解ください。
    そのくらい、容易いことでしょう?優秀なんですから。

    ユーザーID:8461560322

  • 同じ事繰り返さないと測る必要がある。

    海外在住の芸術家で主婦もしてます。

    私の場合は定番料理は測って作りません。

    家庭料理は毎日食べれる味付けで飽きが来なく
    短時間で作れる居酒屋風な料理が私は好きです。
    B級グルメ食堂料理です。

    主人が西洋人なのでイタリア、フレンチ、ドイツ、
    メキシコ、アメリカ料理も作ります。

    ゴッホの場合はさっさとかきなぐったように見えますが
    中々計算されていると思います。

    ゴッホ美術館や他の欧米美術館で色々なゴッホの原画を
    見ましたが速く筆を動かす事で下地の色が微妙に混ざり合い
    あの色が出てくる様に考えて絵の具を使って描いてます。

    印象派の石焼ビビンパのようです。

    何かの本で読んだのですが配色は事前に毛糸で色見本を
    作っていたらしいです。

    専門職のプロは見えない所にこだわりがあると思います。

    外科医でも自分用の特殊なメスとか医療器具他。
    主人の場合は商業パイロットなのでお気に入りの
    グローブと気象用のレーダーと靴。

    私は筆と紙や布地、地塗り剤、絵の具他です。

    プロのシェフと家庭料理人の違いは、材料、タイミング、
    温度、出汁、調味料、火加減、スピード、調理器具、切り方他。

    私の両親も芸術家ですが母親の酒のつまみ料理と
    天ぷらは美味しいかったです。
    父は料理もかたずけも出来ないです。
    絵しか描けません。

    ユーザーID:8754016723

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧