父が見ていた笑点

レス37
お気に入り413
トピ主のみ2

むつき

話題

このトピのレス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 母との思い出

    受賞トピとの事でこちらに来ました。

    母が骨折しリハビリ病院に入院していた時、日曜日の5時半は病院中が「笑点」でした。
    それぞれの病室はもちろん、みんなが集うデイルームのテレビも。
    一日のリハビリを終え、6時からの夕食を前に、皆さん食い入るように見ては声をあげて笑っていました。
    麻痺があり思うように体が動かせなくても、その表情で楽しんでおられるのが良くわかりました。

    看護師さんも理学療法士さんも介護士さんも、この時間はみんなテレビにくぎ付けよと笑顔で仰っていたのを思い出しました。

    あれから4年、そしてその母が亡くなって間もなく2年。
    笑点を見ていると、毎週末は見舞いに行き、車いすの母の隣で一緒に笑いながら見ていた事を思い出します。

    先に亡くなった父は、歌丸師匠と同じ病気でした。
    やはり肺炎で入退院を繰り返していました。

    子供の頃から笑点は見ていましたが、私にとっての思い出は年老いた両親、特に母との思い出が蘇ります。

    ユーザーID:9134659415

  • 泣けちゃったよ

    私の父は幼いころに亡くなったのであまり覚えていませんが、病に伏していた父親の布団に潜り込んで、母親の帰りを待っていたな、とかすかな記憶だけです。

    女系家族の中で長年暮らしてきて、ご年配の男性の匂いになぜかなつかしさを感じたのは、きっと父親の匂いを覚えていたのでしょう。
    父は若くはなかったから。

    でも今ではオットの年寄臭はきらいですけどね。笑

    なんだか涙がポロポロこぼれてきます。
    いいトピをありがとうございました。

    ユーザーID:8526656519

  • 涙がぽろりと

    すてきなトピをありがとうございます。
    涙がぽろりとこぼれました。

    おととし母を亡くし、続けて父が病に倒れました。
    悪性脳腫瘍で、病室のベッドに横たわる父とはもう会話もできません。

    トピ主さんと同じように、わたしも子供のころ、父の膝に乗って、晩酌のおつまみをもらうのが楽しみでした。母が台所からやってきて、「あ。またお父さんのおつまみをもらいよる」と笑いながら言うのも、好きでした。

    いま、二人がいなくなってがらんとした実家に行くと胸がつんつんと痛みます。またお父さんとお母さんと食卓を囲みたいなあ。お父さんのおつまみをちょっといただきたいなあ、と心から思います。

    幸せって、大げさなことではなく、ほんのささいなことなのですね。
    ささいなこと過ぎて、失くしてからでないと気が付かないものなのですね。
    トピ主さんのお話を読んで、涙がぽろりとこぼれるのも、きっとそんなささやかな幸福感を思い出したのに、その瞬間を二度と取り戻せない寂しさを、改めて確認できたから。

    現在、主人と絶賛喧嘩中だったのですが、主人と息子と囲む食卓の幸せをかみしめて、しっかり仲直りしようと思います。

    すてきなトピを本当にありがとう。

    ユーザーID:2124834631

  • ごま

    私も受賞を見てこちらに来ました。

    最後の5行を読んで、「ああ、きっとあのブランドの塩ラーメンだな」と、勝手に思っています。
    あの白ごま、どうしてもお丼に沈んでしまうんですよね。
    子供の頃、よく食べてました。

    トピを読んであの味が口いっぱいに広がりました。それから私も泣きました。

    何で泣いたのかは判りません。判らなくても良いような気もします。

    ユーザーID:5975660748

  • 生涯で一度でも

    こういう文章が書きたいなあ。
    と思います。

    トピ主さんはきっとプロでもないから、
    何のてらいもないし、
    けれど、
    とてもあたたかい文章。
    読む側の小さい頃の、
    それぞれの思い出が蘇るような。
    小さい頃は、
    そこが幸でも不幸でも、
    そこにいるしかなかった家庭の中にいた記憶。

    私はふんわりとしみじみとした思いで読み進めて、

    最後の一行で、
    落涙しました。

    ユーザーID:3423931892

  • 笑点なつかし版

    小町のサイトの右側に見覚えがあるタイトルがあってびっくりしました。
    ずっと気が付きませんでした。賞を頂きありがとうございます。
    皆さん、温かいコメントをどうもありがとうございます。

    私はBSで笑点なつかし版も見ています。
    5代目円楽さん、歌丸さんの生き生きした姿。粋なやり取り。
    それを見ている父。父の横には母がいます。
    私にはそこまで見えます。感じます。

    昔の笑点は、私にとってただ懐かしいだけの再放送ではありません。
    画面下に「これは〇年〇月〇日に放送されたもの」と出るので、
    番組が終わった後、決まって昔のスケジュール帳(一行日記のようなもの)を開きます。
    私は20年近く日本を離れていたので、
    「さてこの日、私はいったいどこで何を?」と、笑点と私をリンクさせるのです。
    あるときはアルプスの山小屋、あるときは教会でコーラス、あるときは部屋のペンキ塗り、そしてあるときは同僚を招いて巻き寿司パーティ・・・。
    若くてエネルギッシュで前向きですごく健康な私がそこにいます。
    うきうき気分で一時帰国していた時もあります。
    あれから色々なことがありました。

    見逃した笑点を今、こうしてゆっくりと味わうことができるのはとってもありがたいです。
    笑えるって幸せですね。
    「笑点、ありがとう」と思います。

    ユーザーID:3342295269

  • ラーメンの思い出

    笑点の話ではなくて 申し訳ないが、
    トピ文読んで ふと 父のことを思い出したので。。


    トピ文のインスタントラーメンのエピソードを
    読んで 私も 子供の頃を思い出した。
    父が私のために作るラーメン。

    その頃、インスタントラーメンが
    普及し始めた頃だった。
    たしか エースコックのワンタンメンだったと想う。

    袋には、ゆで時間3分と書いてあるが、
    そんなものは 無視。
    永く茹でると 味がしみ込んで美味しくなると
    確信していたらしい。

    おかげで 麺は フニャフニャ。
    さぞや食感が悪かっただろうと想うが、
    それでも 美味しいと想って食べていたのだろう。

    そんな父も3年前に 他界。
    翌年 母も亡くなった。

    そして 私も そろそろ 老境か。。

    近々、 娘夫婦に 子供が生まれる予定だ。

    世代交代は 確実に 進んでいる。

    これでいいのだ。

    ユーザーID:9306412153

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧