趣味・教育・教養

関西弁以外の方言で語られる小説

レス23
お気に入り9

一休

学ぶ

登場人物がしっかりと方言で話す小説を探しています。

私は関西人で、関西弁で会話する小説は目にします。
例えば有栖川有栖さん、中場利一さん、黒川博行さんなどの小説は実に活き活きとした関西弁の会話が繰り広げられ、脳内でそのイントネーションを再現しながら楽しんでいます。

同様に、他の地域の自然な方言で会話されている小説をご存じですか?

ジャンルとしては純文学はちょっと苦手で推理小説が好きですが、ジャンルは問いません。
マンガでは無く小説でお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:9177592816

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数23

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少し、もう10年以上前かも

    リリーフランキーの「東京タワー」

    あれはかなり方言があったような。地元民の私が読んでも不自然じゃなかったと思います。

    ユーザーID:4098674333

  • 重松清さんとか?

    全てではないけど、重松清さんの岡山弁とか。

    あと推理小説系なら横山秀夫さんの小説は、たまに群馬弁(上州弁)での会話があります。
    少しつっけんどんな感じの話し言葉のときがそうです。探してみてください。

    ユーザーID:8526890607

  • 井上ひさし「吉里吉里人」

    方言を話すというか、方言そのもの?がテーマですね。
    少し長いですが、突拍子もなくて、時代に左右されない面白さがあると思います。

    ユーザーID:8736586882

  • んー

    どれくらいを「しっかり」というのかイマイチ分からないけど、
    岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』とか?
    岡山弁。

    ユーザーID:1904886361

  • 岩井志麻子さん

    岩井志麻子さんの「ぼっけえ、きょうてえ」

    岡山弁です。ホラーです。

    ユーザーID:6412287601

  • 土佐弁

    アニメ化もされた氷室冴子さんの「海が聞こえる」は東京から高知に引っ越してきた女の子と地元の男の子の話なので男の子や周りのモブはバリバリの土佐弁です。作者がエッセイの中で「土佐弁の小説を書いていて、ネイティブの人に添削してもらっている」という近況を書いていたのでなんちゃってではないと思います。

    土佐弁と言えば宮尾登美子さんの高知を舞台にした小説なら間違いなく土佐弁ですが、連作中編の「寒椿」、短編の「卯の花くたし」(「影絵」所収)などをお勧めしておきます。

    ユーザーID:0568425033

  • 清水先生の作品

    トピックス拝見しました。

    私は、清水義範先生の作品を、2つご紹介したいと思います。

    2つとも推理小説です。

    一つ目は、清水先生のお育ちになられた名古屋が舞台の「やっとかめ探偵団」シリーズです。
    「やっとかめ」とは、名古屋弁で「お久しぶりですね」の意味です。(私も名古屋在住です)
    もう、本当にコテコテの名古屋弁で、書かれてありますので、他府県の方は、どえりゃあ読みにくいと思いますが、方言は地元だけあって、完璧です。
    おばあさんたちが、名古屋弁と力をを合わせて難事件を解決します。
    推理小説としては、コメントは控えさせて頂きますが、奥の深い作品だと思います。
    もう一作品は「躁鬱探偵コンビの事件簿シリーズ」です。
    こちらは、探偵の妹さんが、かわいい博多弁で事件のワトスン的役割をしてくれて、読みやすく、推理小説として楽しめます。
    文体は標準語になってます。
    心温まるシリーズですので、二作品ともお勧めします。

    ユーザーID:7015071116

  • 岩井志麻子さん

    岩井志麻子さんの小説は岡山弁がよく出てきますよ。
    ホラー小説が面白いです。
    「ぼっけえきょうてえ」は賞もとりましたね。

    ユーザーID:0134429890

  • 井上ひさし 『吉里吉里人』

    かなり長い作品ですけど、一読の価値はあるかも。

    ユーザーID:6038269793

  • ありますよ〜

    純文学ですが、宮尾登美子の「蔵」は  取っつきにくいほどの新潟弁ですが、
    凄く内容が面白いので お薦めです。
    是非よんでみて

    ユーザーID:8299533938

  • レスします

    下天は夢か 津本陽

    歴史小説です。織田信長や豊臣秀吉が尾張訛りで話します。

    ユーザーID:3411134041

  • ズーズー弁の大作

    同案多数だと思いますが、井上ひさしの「吉里吉里人」。
    東北の一地域が、『吉里吉里国』を名乗って、日本国からの独立を宣言します。
    この『吉里吉里国』の公用語が、いわゆるズーズー弁で、文庫本だと上下巻で合計1000ページの全編に渡って展開されるます。

    ユーザーID:4549638004

  • 名古屋弁の小説

    清水義範さんの「やっとかめ探偵団」のシリーズはいかがでしょうか。
    たいへん面白い小説です。

    ユーザーID:1999387492

  • やっとかめ探偵団

    老女が活躍する短編集 、清水義範さんの作品。タイトルからわかるように名古屋弁が駆使されています。

    ユーザーID:5536885717

  • 鉄道員(ぽっぽや)

    主人の実家が北海道なので、読んでいると、主人公の声が義父の声で再生されます。主人の声では若すぎるんだな。

    ユーザーID:2859191227

  • 思いついたのは宮尾登美子さんの『蔵』です。

    主要人物のほとんどが越後弁で会話しています。私の母の実家が新潟県だったので、せりふを読むと生き生きとしたイントネーションが浮かびます。ただ、地元の人によれば方言としてはいくらか誇張されてもいるようです。

    ユーザーID:5687928891

  • 広島弁

    私も関西人で黒川博行さんの作品が大好きです。関西弁の掛け合い面白いですよね。知ってる地名が出てくるるとワクワクします。

    今読み出したのが、映画化もされた柚月裕子さんの「孤狼の血」広島弁(だと思う)です。まだちょっとしか読んでないので…。

    ユーザーID:1734700689

  • 下関ことば

    長州弁というのか。。

    田中慎弥さんの「共食い」です。

    会話の部分だけですが。

    ユーザーID:3791835091

  • われも恋う

    堀田あけみさんの恋愛小説です。

    名古屋の大学が舞台で名古屋人の男の子と愛知県外から進学してきた女の子のちょっと不器用な恋愛がもどかしくも面白いです。

    男の子が花屋でアルバイトをしていて各話が花にちなんだ内容になっているのもいいですね。

    ユーザーID:8918763727

  • ありがとうございます!

    色々と教えていただきありがとうございます。

    そう言えば「ぼっけえ、きょうてえ」は読んだ事がありました。
    私は祖父母が岡山出身だったのですが、強烈過ぎたのか おばあちゃんの言葉と全然違う…と思いつつ、内容の強烈さにも打ちのめされていた事を思い出しました。

    そういば吉里吉里人は昔一度興味を持ったものの、あまりの分厚さにしり込みした本ですね。

    その他おススメ頂いた本もどれも面白そうで、是非読んでみます。
    まずは一番ライトそうな清水義範さんから始めてみます。

    ありがとうございました!

    ユーザーID:9177592816

  • おらおらでひとりいぐも

    芥川賞受賞作ですね。
    若竹千佐子さんの作品です。

    といってもまだ読んでいないのですが、
    東北弁が味わい深い作品との書評を見て
    読むのを楽しみにしている作品です

    ユーザーID:3375832596

  • おらおらで・・

    前出ですが、若竹さんの「おらおらでひとりいぐも」は岩手県遠野周辺の言葉で語られる、地元民には堪らない小説と思います。

    花巻出身の宮澤賢治の詩から引用されたタイトルは

     おら(私は) おらで(私で)
     ひとり(一人) いぐも(逝きます)

    死に逝く妹が兄(賢治)に向かって心配しないでね、という言葉の意味だそうですが。
    この小説では、一人でも生きていくよ、進んで行くよ、という力強さを感じさせる言葉になってます。

    地元以外の方には分かりづらいかもしれませんが、ぜひご一読を。

    ユーザーID:4847853177

  • 『月夜の晩に火事がいて』

    香川県観音寺市をもじったと思しき四国の善音寺市の旧家を舞台にした推理小説です。作者は芦原すなおさん。
    東京で私立探偵をやっている主人公が、幼なじみに「何か良くない事が起きそうなので、調べてもらえないか」と頼まれて帰郷した矢先に起こる殺人事件
    という物語の様相は、横溝正史の岡山ものを彷彿とさせますが(そういえば横溝正史の岡山ものも割と方言が出てきますね)、良くも悪くもあまり陰惨さはないですね。

    また、主人公も“全員集めて「さて」と言”ったりするタイプの人物ではないせいか、真相の明かされ方もちょっと風変わりで好みは分かれるかもしれませんが、よろしければ是非。

    ユーザーID:0165913124

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧