欠けた食器、破れた服や布団を使い続けちゃ駄目ですか??

レス145
お気に入り361
トピ主のみ2

yasu

話題

先日、我が家を訪れた娘が一言。
「お金あるんだし、家にもいっぱい似たようなものがあるんだからさ、塗りが禿げた箸、欠けた食器、破れて中綿が飛び出てる肌掛けや服、カビの生えたボロボロバスマット、刃の欠けた包丁(これは捨てるか研ぎに出すかしろと言われました)、片っぽしかない靴下とか全部捨てて新しいものおろせばいいのに〜。みすぼらしいよ〜」

でも、地方で畑を持ってる人なら分かると思うんですけど、バスマットは畑に持って行って休む際に腰掛けるために使おうと思ってるんです。
箸や食器はまだ使えます。お客様が来たらちゃんとした物を下ろしますが、自分が家で使う分には問題ありません。
服もまだ着れます。家の中で着てるなら問題ありません。なかなか出来ませんが裁縫も趣味なのでいろいろいじって遊んだりしても使うんです。
靴下もペアが見つかるかもしれないし、掃除に使ったりもできます。
肌掛けは肌触りが違いますし、家で使ってる分には問題がありません。
包丁は安物なのでわざわざ研ぎに出すのが恥ずかしいし、切れ味は悪くなっていますがまだ使えますし、畑で使ってもいいです。

お金はあると言っても老後がどうなるか分かりませんし、娘達にもいろいろしてあげたいですし、
いま使えるものや家の中で使ってる分には問題ないものを捨てることはありません。

皆さん、そう思いませんか??

ユーザーID:3579528476

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数145

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お答えします

    娘さんの諫言に素直に従いましょう。

    ユーザーID:6592230261

  • 怪我しますよ

    欠けた食器や包丁は怪我しますよ。
    塗のハゲたお箸も、綺麗に洗えなくてお腹壊しますよ。

    お医者にかかったら、意外とお金かかりますよ。

    靴下、片方出てきたことありますか?
    お掃除に使っちゃいましょう。すぐに。
    無駄にお金を使いたくないのであれば、少ないもので回せばいいだけです。

    肌がけはみすぼらしいだけで済みますが、カビの生えたマットは、カビが原因で病気になるかもしれませんから、買い換えましょう。

    ユーザーID:3432405458

  • 思いません。

    普段使っている人は、気の知れた人が来たぐらいでは新しいものを出しません。急なお客様にもそう。その内、来ると解っていても、面倒やら、体がいつい、後片付けの事を考えると結局出しません。

    それよりも普段から、良いものを使い、気持ちよくしたほうがいい。普段から気をつかっている人は全体的に物を大事にするし、家も素敵です。
    畑に持って行きたいのなら、バスケットにでもまとめて入れておけばいい。

    物を整理することもできて、良いと思いますよ。一度、インテリアの雑誌など見てみたらいかがですか?取材だからと気張ってきれいにした人と、普段から素敵に暮らしている人、違いますよ。

    とびきりいいものを普段使う必要は無いと思いますが、欠けている、破けているのは、みじめになるもの。

    ユーザーID:9838775390

  • 大切にするのはいいけど…。

    『まだ使える』『お気に入り』『肌触りが良くて…‥』『もしかしたらまた、使うかも』…‥
    『あるある』ですが、溜まってしまうと…‥逝かれた時が大変!
    娘が、『始末』するのに困ります。
    義実家も大祖母の代の箪笥まで、2階の物置に。
    農機具も、作業小屋一軒分!処分場所が遠くに移転、費用も上がる一方…‥頭が痛い!
    娘さんに同情します。

    親戚からも、「「慎ましく」を通り越して…‥そんなに貧乏だったの?可哀想に」と、責められるでしょう。
    それに『欠けた茶碗』とか…‥怪我するし
    亡き祖母は「『欠ける』は、『家族が欠ける』に繋がり、縁起悪い」と、即、処分してました。
    私もその癖が…‥欠けたら『ごめんなさいお疲れ様』の気持ちで新聞紙に包み燃えないゴミへ。

    ユーザーID:6966265776

  • まったく思いません

    元妻が同じ価値観でした。
    ボロボロに穴が開きそうなガサガサバスタオルをいつまでも使ったり。欠けた箸も使てました。あなたと一緒です。

    離婚を期に全部捨てました。
    それは、身に着けるもの使っているものに相応しい人間になるからです。
    ボロが似合う人間、ボロが似合う生活になるのですよ。
    私はそう思っています。

    ユーザーID:2627192708

  • ご自由にどうぞ

    欠けた食器や、切れ味の悪い包丁は危ないです。
    カビはがんの原因の一つです。

    全面的に娘さんの意見に賛成しますが、トピ主さんが自分の持ち物をどんな風に使おうが勝手なので、お好きなようにするといいでしょう。
    しかし、みすぼらしい印象を持たれるのは仕方がありません。

    私はトピ主さんに近い年齢かと思われます。
    もったいないと思う気持ちはわかりますが、家の中をきれいにしておきたいので、モノの世代交代を進めてます。

    新しいものを購入するのではなく、要らないものを捨て、プレゼントされた良いものを日常に回しているだけです。
    体が動けるうちに整理整頓しておかないと老後が大変です。

    ユーザーID:6975218250

  • モノを大切にするってただ持ち続けることではないって思う

    最近タイトルのように思うのです
    トピ主の言うモノを大切にするって、確かにその通りなのでしょう

    ただ、モノは大切にしていても、自分はぞんざいな扱い

    モノを大切に本当の最後まで使い切るというのなら、

    破れて中綿が飛び出てる肌掛けや服は、破れがこれ以上広がらないようにさっさと繕い直すだろうし、

    カビの生えたボロボロバスマットも、思っているだけでなく実際に使うために畑仕事の道具の側に移動するのでは?

    切れ味の悪い包丁は、食材も扱いにくくて無駄な力を使って疲れ、料理の味にも悪影響が出るのにそのままなのでしょう
    使い続けて大怪我でもすれば、研ぎ直しか買い替えをするでしょうか

    靴下もペアが見つかるかもしれないし、ではなく、どうしてサッサとペアを見つけないのでしょう
    片方を掃除で処分した後では、もう片方が見つかることなど金輪際ありません

    肌掛けが大切なのは肌触りのよさだけですか?
    中綿を部屋に飛び散らせていても、トピ主にとって使える綿を無駄にしていることにはなことにはならないみたいです

    ユーザーID:1169805178

  • うーん

    うん、そういう考え方もあるんでしょうね。
    トピ主さんのお考えを真っ向から否定することはできません。

    でも私は祖母からも母からも「欠けたお茶碗を使うもんじゃない」と教わって育ちました。
    みすぼらしいというのもあったでしょうが、欠けた部分が危ない、運気を逃す、みたいな理由だった気がします。

    普段の生活は贅沢なものではありませんでしたが、新年にはタオルや下着を新調するのは当たり前でしたし、古いものはボロキレとして掃除道具に格下げ。
    家族が毎日使うものは、見苦しくない程度の綺麗さを保てという教えで。

    なので娘さんのおっしゃる事に同意もできます。
    ちなみに父型の祖母はちょっとトピ主さんに似ていたところはあったかもしれない。
    でも刃のかけた包丁やカビの生えたボロボロのバスマットはなかったですよ。ありえないです。。カビは病気も誘発しますからやめたほうがいいと思う。

    地域性が関係あるのかどうかわかりませんが、父型の祖母は北関東、母方の祖母は東京下町でした。

    ユーザーID:8905628537

  • 整理整頓(在庫管理)しましょう

    いざというときのためにものを大事に使う、取っておくのは正しいです。
    しかし、表に出して現役で使うものを、手入れが悪いままにしたり、汚い状態のものを使い続けるのは、物を大事にしない所業ではないですか。

    現役の食器やバスマットはきれいなもの、欠けがないものにして、畑の敷布など転用可能で捨てるに当たらないものこそ、物置や納戸に仕舞っては如何ですか。
    それで、物置や納戸に置ききれないものは、今後の使用見込みが薄い物から優先して捨てるなりフリマや故買屋で売るなり、です。

    ユーザーID:1611422393

  • 皆さん、そう思いませんか?????

    全然。

    欠けた食器?破れた肌掛け?片方だけの靴下?がんがん捨てます。

    私と夫が亡くなった後子ども達が困らないように、少しずつ使える物も整理を始めました。

    私の母があなたと同じ、何でもとっておく人です。昭和一桁生まれの86歳。
    実家の膨大なゴミの山を、母の死後どう処理するか、今から妹と二人で悩んでいます。

    ユーザーID:8569267019

  • こっそり使いましょう

    お気持ちわかります。
    まだ使えるというより、まだ使いたい、使い慣れた道具には愛がある、禿げた箸にも愛着です。

    畑で使えるもの(バスマット・包丁)は中が見えない袋に入れて「畑用」と書いて畑に行くときにサッと持っていけるようにしましょう。

    箸や食器はまとめて布をかぶせておきましょう。
    普段はそれを使い、娘さんが来たときは素知らぬ顔で新しいものを使うのです。

    肌掛けや半端な靴下も押し入れの秘密のコーナーに隠し持ち、娘さんが見てない時に使いましょう。

    服は…抜き打ちで来られると着ている最中の物はごまかせませんね。
    娘さんが来そうにない時間帯(深夜早朝)にだけ着るのはどうでしょうか。
    穴はできるだけふさいでおきましょう。

    ユーザーID:8469650709

  • もったいない精神はわかりますが

    もったいない精神はわかりますよ。

    でも、

    ・欠けた皿等は怪我の危険もある
    ・カビたバスマットは室内で使い続けるには健康被害もあるかも

    この二つはやめましょうよ。

    いつかみつかるかもしれない靴下や繕えると言って何もしない破れた服はご主人や身内の方が恥をかくだけなので別にかまいません。

    家の中に同じようなものがあるなら、どんどん掃除に使うなりしないと家の中で死蔵される物がもったいないですよ。

    しまって埃をかぶらせておくより使ってナンボのものじゃないですか?
    それらをしまっておく場所を他に使えないことも勿体ないと思いますよ。

    ユーザーID:9841165811

  • レスします

    物は大切に・・・私も大いにそう思います
    新品の物は気持ちいいものですが、使い込んだものだって大切ですよね

    ただ、整理整頓してあればということになります

    ボロボロのお布団はきちんと補修して手入れしてますか?
    使わないままボロボロのままなら、一度見てみては?

    欠けてしまったお茶碗やお皿は我が家にもあります
    我が家の美味しい味をたくさん知っているお皿は、綺麗に飾り棚に飾ってあります
    (それ以上使うと割れるため)

    整頓してきれいにしてあれば問題なしと思いました
     

    ユーザーID:9340744034

  • 気持ちはわかる

    トピ主さんの気持ちはわかります。
    私もついつい「まだ使える」と使ってしまいますので。
    でも娘さんの気持ちもわかりますよ。

    皿は持ってるけど、皿なんて牛乳パックを開いたものを使えばいいのよ。
    皿を使うのはお客さんがきたときだけ。洗い物も減るよ。

    なんて人がいたらどう思います?
    貧乏くさい、皿があるなら皿を使えばいいのにって思いませんか?
    程度の違いはあれど、娘さんの言っていることが理解できたでしょうか。

    こればっかりは自分で自覚するしかないですが、
    実は私も同じような経験がありました。

    夫のタオルハンカチがちょっとほつれていたけどそのままにしてました。
    あるとき、外でそのハンカチを夫が使っているのをみて、
    とてもみすぼらしく感じたのです。慌てて新しいものを買いました。
    私はそれ以来、気を付けるようになりました。

    家の中ではなんとも思わないものでも、外からみると
    あちゃーと思うことはありますよ。
    もったいない精神も大事ですが、ほどほどに。

    ユーザーID:7683756241

  • 結局活用してない

    いつか〇〇に使えるから…って言う人に限ってその日は来ません。

    トピ主のような人は使用期限を設けた方がいいです。
    バスマット→次に洗濯したら畑に持って行く。
    箸・食器→次の不燃物の日には捨てる。
    服→裁縫に使うのであれば専用の箱を設けそこへ入れていく。3ヵ月毎に整理して使ってなければ処分。
    肌掛け→干していてみずぼらしいと思ったら捨てる。
    包丁→この夏になったら畑専用にする。

    トピ主の事だから引き出物等でもらった食器や肌掛けなど使ってないでしょ。
    娘さん用に取ってあると思いますが正直柄など趣味にあわなくて使いたくないものが多いです。あなたが責任を持って使いましょう。

    万が一 自宅でボロの服を着ていた時に倒れて救急に運ばれることがあったら恥ずかしくないですか?
    いつ何が起きるかわからないです。自宅でリラックスするのもいいですが、みずぼらしくみえるのはいかがなものかと思います。

    突然孫が遊びに来たら恥ずかしくないですか?

    ユーザーID:2981210332

  • まぁ気持ちは分かるけど、

    私みたいに汚部屋の主になっちゃうよ。

    風水的にも良くないです。
    特に欠けた食器や包丁はダメ。

    娘たちに色々したいのなら、せめて”生活を身ぎれいに”しましょうね。

    ユーザーID:7801745740

  • 私は共感できません

    時代錯誤でインフレで物の少なく、高価な時代の発想です。
    今はデフレの時代。物が溢れてます。
    それだけではなく、トピ主のような方が沢山いるとお金が動かないから
    経済が回らずに、若い世代が厳しいです。

    お金は、あの世に持っていくわけにはいきません。

    >娘達にもいろいろしてあげたい

    こういう心理を突いてくるんです。特殊詐欺の犯人は。
    ならば早く娘にお金を渡すべきなのに、いつか遠い将来の来るか来ないかわからない
    危機に備えているうちに、被害に合うんです。

    古い時代の発想で、ものを大切にと教わったわけですが
    それは必ずしも正解じゃないんです。
    お金を次の世代に引き継くためにも有用にお使いください。

    ユーザーID:0947384700

  • 勿体ないと思っちゃうんですよね。

    分かってはいるんです。
    我が家が資源を大切にしようと欠けた茶碗を使ったところで、やぶれかけたタオルを使い続けたところで地球への負担が減るわけではないって。
    でも、それでも勿体ないって思ってしまうんです。
    もらいもののタオルや食器があふれた棚を見上げては、死ぬまでに使い切れるのかな。。。なんて思ってます。

    ユーザーID:5003573918

  • 昔の私もそうでした。

    50代も後半既婚女性です。
    20代30代40代の私はあなたと同じ考えでした。
    でもある本を読んで目から鱗が落ちました。

    欠けた食器、破れた服・・・その他
    お客さんにはそういうものは使わない、出さない。
    けれど「自分が使う分はいい」と使う事は、
    自分自身を「欠けた食器にふさわしい人間」「ボロの服がふさわしい人間」と
    自己評価を低くしている人だと。
    人には恥ずかしくで出せない物を、自分には使う。
    自分は「それだけ恥ずかしい人間」「つまらない人間」「とるにたらない人間」と
    自分を嫌いで大事にしていないということだと。
    それまで、私は確かに自己評価が低かったです。

    しかし、自分をもっと大事にしよう。
    嫌な事は嫌だとはっきり断って、自分をいたわってあげよう。
    自分を好きになってあげようとこころがけてきたのですが、
    どうも今一つモヤモヤとしたしこりがありました。
    ところが目から鱗が落ちて、ボロや欠け食器、景品の食器等を処分
    客用をどんどん自分で使うと、高価なものなので、扱いも丁寧になり、
    料理が良く見える、嬉しい楽しい。

    そうして周りも私を尊重して丁寧に扱ってくれるようになりました。
    まず自分が自分を真っ先に大事にしないと、人には大事にしてもらえないし、
    愛されないし、自分も人を大事に扱えず愛せないのです。
    そういう考えになり、50代からは毎日幸せにいいご縁をもらって生きています。

    ユーザーID:9233636542

  • いいけど

    使い続けるのは自由だし良いと思います。

    でも正直、欠けやカビなどを気にせず使う人は不衛生に感じます。
    この人が出してくる飲食物大丈夫かな?ちゃんと洗ってる?賞味期限は?
    部屋は掃除されてるのかな?ソファやタオル汚くないかな?と思ってしまいます。

    娘だから言ってくれるけど、他人なら無言で軽蔑されることもあります。

    娘とはいえ外から来たお客さんです。
    お客さんに見えるところにゴミのような物を置いているというのが問題なのではないでしょうか。

    ユーザーID:4861797399

  • 綺麗に使ってれば問題ない

    カビたバスマット。
    なんでカビるの?

    破れた服。
    破れたままにしてないで繕って着たら?

    片方の靴下。
    掃除用品入れに入れておいたら?

    刃の欠けた包丁
    運勢的に良くないし、
    切れ味の悪い包丁は食材もまずくする、
    研ぎ師は安物でも気にしない、というかそこは恥ずかしい?

    という感じです。
    物を大事にしてるようでモノグサって感じ。

    ユーザーID:9928400204

  • 死んだら使えませんけどね

    キツイ言い方になりますがご了承ください

    新しく買うならば節約でしょうが
    新品があるのに使わないのは無駄ではないですか?
    しまい込んでダメにしたら意味がありますか?

    娘さんは「今のお母さん」にキレイに楽に生活して欲しいんです
    このままでは、お母さんの思い出は
    ヨレヨレの服とばらばらの靴下を履いて
    掛けた食器類を使う人になってしまいますよ

    後、娘さんの為にとおっしゃいますが
    今の状態で体調が悪くなった場合、片づけるのはお子さんです
    娘さん、ご主人、お孫さんに何十年もしまい込んだ物を
    使わせますか?
    使わないと思います、捨てるでしょう

    今のご時世、捨てるのは
    無料ではありません

    ユーザーID:2479923839

  • みじめに見える

    みずぼらしいかそうでないかと問われれば「とてもみずぼらしい」です。

    畑で使うつもりなら早くそうすればいい、ああすればこうすればとおっしゃいますが、それを言うなら何一つ捨てられませんよ。

    年配者が古い物や欠けたものを身に付けたり使ったりしているのは見ている方がしんどいんですよ、みじめで可哀そうな何とも言えない気分になる、あなたも年老いた人がそうだとそんな気持ちになりませんか?
    娘さんも見ているのが辛いんですよ、高いものでなくていいから新しくきれいな物を使ってほしいんですよ。

    お金を掛けなくても仕舞い込んでいる服や食器があればそれから使えばいいじゃないですか、後生大事に取っておいても意味がないですよ。

    そこまでしてお金を残してほしいとは娘さんも思っていないと思いますよ、分かってあげなさいよ。

    ユーザーID:3319565623

  • みすぼらしい

    もしそれしかモノを持ってないなら
    使い続けるのはわかる

    でも、他に未使用の食器や洋服があるなら
    処分して別のものを使うべきかな。

    未使用の食器 使わないでとっておいたとしても
    他の人にとっては価値はない(好みでない 食器にも流行がある)
    から 死後貰っても迷惑だし、貴方が死ぬまでに使い切った方がいい。

    トピ主さんは美しいものや綺麗なものに価値を見出してないんだと思う。

    例えば 旅館や店に泊まる場合
    同じ料金なら、綺麗な店の方がいいでしょう?

    生活も同じで
    美しく綺麗な部屋 清潔感のある暮らしは
    価値があるんです。

    例えばレストランで まだ使えるからと
    欠けた食器で出てきたら?
    カビの生えたエプロンしてたら?

    どんな印象を受けますか?

    そりゃ欠けた茶碗を買い換える余裕すらないなら
    仕方ないけど、他にあるなら 品がない暮らしだなと思ってしまう。

    うちの母も似たような感じで
    食器や服もってるけど 屋根裏や倉庫に溜め込んで使わず
    欠けたのやボロ服ばかりきている。

    定価で高いものを買うと 無駄遣いと罵るけど
    実際のところ セールだからと言って
    使いもしない服や食器を買う方が無駄使いだと思うし
    食べきれない食品を腐らせたりしてる。

    トータルで考えると親の方が浪費した暮らししてるけど

    使わない在庫も買いと同時に価値は落ちていくから
    使わずに持ってるだけなのは 無駄使いの典型だと思う。

    貴方の格好や持ち物も小汚いなと思われてるってこと。
    わずかなケチで失うものは
    人からの印象です。

    将来嫁孫ができても
    貴方は小汚いない人という印象で
    貴方の家には行きたく無いな
    と思われるでしょう

    ユーザーID:2868885467

  • 捨てます

    まだ使える、家でならだいじょうぶ、もったいない。
    そうやって、とんでもない量のものが
    家に溜まりたまっていくんです。
    やはりなんというか、溜まりたまったボロと共に
    淀んだ暗い空気もどっしり溜まって家の空気を
    支配していきます。
    そして、たとえ身内であってもひとの寄り付かない家と
    なっていくのです。
    住んでいる本人は慣れきってなにがわるいのかさえ
    わからないのです。

    娘さんも、勇気を出して言ってくれたと思いますよ。
    やはり言えば気を悪くするという心配もしますから。


    剥げた、やぶれた、カビはえた、片方なくなった
    などのものは捨てましょうよ。

    そんなものより、ずっとずっと大事なものがあるでしょう。
    実家を訪問するのなら、スッキリと片付いたきれいな空気の家が良いです。
    実家にいくと、ぼろばかり詰め込まれ暗い空気のかび臭い家で
    気が滅入るようだと、娘さんもだんだん来なくなります。

    ユーザーID:8089381092

  • 古くてもいいけど、きれいに

    義母がとても慎ましい生活をしていました。

    古い道具も綺麗に洗い、磨き、破れたら
    補修したり、手縫いのカバーをつけたり、
    とにかくキレイに大切に長く使っていたので、
    古くても全く不快ではなかったです。

    家中の床や窓もピカピカで、キッチンの
    シンクや蛇口もいつも磨かれていました。

    義母が亡くなった時、おそらくいつか
    使うから…と思って使うことのなかった
    タオルとか食器(引出物や香典返し)や
    寝具など大量に出てきました。
    残念ながら新品のまま、シミになって
    いたり、流行り遅れ?みたいなデザインも
    あり、ありがたく使わせてもらったものも
    ありますが、処分したものも多かった。

    それ以来、私はあんまり溜め込まずに
    使うようにしています。使わないものは
    バザーとかフリマとかに出してます。

    トピ主さんは何歳くらいでしょうか?
    私、アラフィフです。老後のことも考えて
    スッキリ暮らしたいと思っています。

    ユーザーID:9572593584

  • そうやってごみ屋敷ができる

    親世代が年を取ったり亡くなったりして管理できなくなった田舎の一軒家。家は広くて物がぎっしり。使ってないけど誰も使わないし経年劣化もしているので、子供世代が大量に廃棄という断捨離番組のお決まりのストーリーが見えるようです。

    ユーザーID:0593580726

  • 刃の欠けた包丁

    以前、冷凍食品に無理やり包丁を入れたら刃が欠けてしまいました。
    ほんの一部欠けただけなのに、使いにくいのなんの。
    速攻買い換えました。
    私はわりとバンバン捨てちゃう方です。部屋も狭いんで。

    ユーザーID:9790233150

  • 私はそんなの嫌です

    モノを減らせば靴下が片方なくなることもありません
    包丁も安物でも高価なものでも自分で研げばいいし
    カビの生えたものを家の中に置いておくのは絶対にいやです

    トピ主さんの文章を読んでいると
    汚屋敷の匂いがぷんぷんして
    夫の実家なら行きたくないと拒否するレベル
    自分の母親なら叱り飛ばします

    よく考えてください
    自分の身体はたった一つです
    あと人生何が起きるかわかりません
    身なりを整えることは
    娘さんのためになると思います

    お金はすごく大切です
    だからきちんとモノもお金も使います

    人生の最期の後始末を自分でするか
    残されたものに押し付けるか
    どちらを選びますか?
    処分するのもすごくお金がかかりますよ

    ユーザーID:9559179485

  • 丁寧な暮らし

    別に高価なモノじゃなくても構いません。
    お気に入りのモノに囲まれて過ごす。

    自分を大切に過ごすことです。

    塗りが禿げた箸
    欠けた食器
    破れて中綿が飛び出てる肌掛けや服
    カビの生えたボロボロバスマット
    刃の欠けた包丁
    片っぽしかない靴下

    ワタシのお気に入りって言えますか。

    お嬢さんは「自分を大切にして」って言っているのでは?

    なおカビ生えバスマットと刃の掛けた包丁は納屋に収納。
    片っぽだけの靴下は掃除用具入れに収納して片っ端から使い捨てましょう。

    ユーザーID:3330655907

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧