名字でちょっとした苦労

レス39
(トピ主1
お気に入り47

生活・身近な話題

えりまゆ

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • メアド見てほしいな

    私の名字は、故郷ではとてもありふれていて絶対に誰も間違えないのですが、
    今住んでいるところではほぼ100パーセント間違って読まれます。

    姓だけでなく、地名でも同じらしいのですが、
    「東日本では『〜谷』を『〜や』と読み(渋谷、四谷、千駄ヶ谷など)」、
    「西日本では『〜谷』を『〜たに』と読む(鶯谷、一の谷、名谷など」
    という決まりごとがあり、それはたいていの人の頭に入っているらしいことに気づきました。

    だから、東から西に移った私のような者は、「〜や」なのに「〜たに」と呼ばれます。
    それで、職場で使うメールアドレスにローマ字で名字を入れ「〜ya」にしました。

    でも、そんなの誰も見ないんですね。
    見なくても返信できるし、人に知らせるにもコピペしたりすれば済むので…

    電話でもやり取りしたことがある人にまで間違って覚えられていることがあり、
    さすがにそれにはがっかりです。
    この前、パソコンを新しくしたのですが、何度も電話で名乗っているお店なのに、ユーザ名が「〜tani」になっていました。

    トピ主さんとはちょっと違いますが、こんな風にも間違えられるという例でした。

    ユーザーID:9173885002

  • 平凡の様で驚きの読みの人もいる

    例えば、山田さん
    100人のうち100人が「やまだ」と読みます。
    でも「やまた」が正しい読み方の山田さんも実際にいらっしゃるのです。

    「正しい」読み方をされないとお悩みでしたら

    >訂正すると相手は恐縮して気まずくなるのがわかるので

    とか言ってないで
    正しい読み方を教えてあげればいいと思います。
    気まずくなるかどうか、言い方次第です。

    >何度目かに「営業2部の××さん!」と言われて初めて自分だと認識するわけです。

    あ、私のことでしたか。気づきませんでした。申し訳ありませんでした。
    とおっしゃてみては如何ですか。

    >相手はバツの悪さでキレ気味になるのは経験済みなので

    人間の容積測定の道具として使えそうですね。

    私の名字には「崎」(正しくは「大」ではなく「立」の崎)が入りますが
    東日本では主に濁って読み、西日本では濁らない読みの傾向があるようです。
    だからどっちでも呼ばれますが両方に返事をします。
    面倒ですから。

    「釣りバカ日誌」の主人公ハマちゃんは、ヤマザキではなくヤマサキです
    と言うシーンが時折ありましたね。

    ユーザーID:8526863725

  • よくあります

    私も名字自体は単純だけど、よく読み間違えられます。
    それはしょうがないと思いますが、字も間違えられます。

    例えば、古池でコイケという名字ならフルイケと間違われるのはしょうがないです。
    でも、小池に間違われることが多いです。

    電話などで、どのような漢字か聞かれるので、

    古いに池です。
    コイケのコは小さいではありません。


    と言っても小池でいう宛名で郵便が届くこともあります。
    お店で顧客カードに古池と書いても、DMが小池で届くこともあります。

    漢字を聞いて確認したり、名前を書かせてくるのに間違うことが不思議でなりません。

    ユーザーID:1731782450

  • わかります

    自分も必ず間違われる名字です
    一発で正しく呼ばれたことたぶんないです
    面倒なので訂正もしません(笑)

    絶対間違われない名字に憧れますね

    ユーザーID:8821525151

  • トピ主です

    みなさん、レスありがとうございます。
    やはり名前でそれなりに苦労されている方が多いんですね。
    私も平凡な名字が希望ではなく、難しい名字とかでもいいんです。
    読み間違いをされなければね。
    大勢の前で名前を間違って呼ばれたとき、クスクス笑いが起こるんですよね。
    間違えた方も「え、なになに」って戸惑う。
    この微妙な空気感がいやなんですよ。

    あと電話予約のときも、一字一字大きな声で区切って発音しないと、
    正確に聞き取ってもらえません。これも面倒なんです。
    一発OKの名字がいい!

    なんだかんだ言いましたが、こんな小さな悩みを共感していただきありがとうございます。
    読み間違えられることはなくても、漢字変換が外字のパターンも大変ですよね。
    仕事でパソコンに登録するときは四苦八苦してます。
    私以上に名前に苦労している人は多いんだなって実感しました。

    ユーザーID:9972171766

  • 『アイドル』と、同じ?

    例えば
    『木村拓哉キムラ タクヤ』さんデビューしたて?名前を知らない頃、一回り下に生まれ
    『○木 拓哉 ○キ ヒロヤ』の、名前に…‥偶々、誕生日も1カ月違いの13日。

    間違えられます。
    『え?キムタクのファン?』とか…‥訊かれます。
    「惜しい」とか…‥言われても、当時は知らなかったし…‥。
    塾、家庭教師の勧誘の電話「ムラキ タクヤさんのお母さんですか?」 「いいえ違います」と、直ぐに断れるけど…
    「住所をお願いします。中学の同級生ですぅ。タクヤ君とは仲良くて~」…‥絶対、嘘!仲良しが名前の読み知らんて…。

    ユーザーID:7742114926

  • 旧姓より長い付き合い

    結婚して珍しい苗字になりました。
    もう 旧姓より 長い付き合いです。

    苦労とはちょっと違うかもしれませんが
    珍しさに縁起が良いと思われる事も加わり接客業ゆえ 名札を見て 「いいお名前ですね、どちらの出身ですか?」などと 反応してくださる方が思った以上に多くて驚いています。

    そして 自分自身が 姓名に 興味が湧きました。
    初めて出会う 名字に 驚いたり 有名人と同姓同名の
    人がいたり、自分の親と同性同名の人に出会ったりと
    名前に関する 珍しい出会いに感慨深いものがあります。

    ユーザーID:9904726955

  • まず正しく読まれないですね…

    私も苗字は正しく読まれたことが ほぼ100%無いですね… 学校では新学期で先生が変わるときには 読み間違えられると返事しませんでしたから(笑) 難しい苗字じゃないんですけどね…

    ユーザーID:9416284291

  • 心強い

    私も旧姓は比較的珍しい名字でした。
    「もしかして○○の何々さん?」
    (と言われ合ってる時もある)とか、
    読みは濁音ではないのですが
    濁音で呼ばれたり(まあこれは
    いいのですが)

    結婚したらどこにでもある名字。
    嬉しかったあ。
    読み方もひとつで間違えられようが
    ありません。

    世の中、夫婦別姓論が
    言われていますが
    私はこのような単純?な理由で
    名字が変わって良かったです。

    同じような人がいらっしゃって
    心強いです。

    人様の名前が覚えられなくて・・・
    例えばレスされた

    「古谷」なんですけど、
    「ふるたに」
    「ふるや」
    「こたに」

    「熊谷」くまがや、くまがい。

    気をつけなくては。

    ユーザーID:2217753388

レス求!トピ一覧