幼少期

レス1
お気に入り11
トピ主のみ0

smile

話題

初めてここで幼少期の事を言葉にします。

わたしは今21歳です。
保育園年長くらいですかね、母から軽い虐待を受けていました。
3つ下の弟ができてから多分母は私の存在はどうでもよかったんだと思います。
私の家族は毎日のように近くの温泉に行っていました。
そこで、のぼせるくらいお湯に浸からされたり、足を踏んでないのにふまれた!と大きい声で叫ばれたり、母はマッサージが少し出来たので子供には絶対痛すぎるマッサージをほぼ毎日されました。
そして、お風呂を上がるのも母や弟が上がってからでした。
いつも置いてかれてました。
家まで歩いて15分くらいですが歩いてました。
私は小さいながらプライドがあったのか分かりませんが周りの大人たちがおうちまで送ってあげようか?と言われても絶対に歩いて帰っていました。
機嫌の良い時は一緒に帰っていました。
いつも私は車の後に座っていたのですがいつ叩かれるかわからないという恐怖に毎日怯えてました。
家でもそうです。
私の後に母の気配が感じたら、殴られるという恐怖です。

でもなぜでしょう
高校をすぎたあたりからすごく丸くなりだしました。
私はこんな優しい母を見たことなく嬉しくて友達のように仲良くなりました。
周りの人から見るとびっくりですよね。

この話を先日昔からの友達に聞かれました。
昔酷かったのに最近ママと仲いいね!と。

ほんとになんでかわかりません。
この話をされたとき涙が出そうになりました。
その日から毎日のように昔の光景が蘇ってきて怯えています。
距離を置くようにもなりました。
どうしたらいいか分かりません。


友達に支えられわたしは生きているのだと感じます。

ユーザーID:1830225097

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数1

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も同じです。

     私も幼少期に母親からひどい事をされていました。跨がられて往復びんた、口から血が出るとティッシュをむりやり口に詰め込まれる。母が手を上げたとき反射的に頭を守ってしまう。上履きが小さくなって穴が開き、真っ黒に汚れていても、体操着がツンツルテン、テカテカになっていても放っておかれ、歯磨きの習慣もなく、虫歯だらけでした。
     私にも三歳年下の弟がいます。弟中心の生活、嫉妬の感情から弟に優しくなれない私にいつも厳しい母でした。
     そして、smileさんと同じように成長するにつれ母が丸くなり、それからは普通に優しい母になりました。でも、母にだけ相談した事(デリケートな内容)を親戚たちが知っていたり、親戚との会話の中、私がいるのを承知で「‥やっぱり男の子の方がかわいいものでしょう?」と言って、周りを変な空気にさせるようなこともあり、母への信頼が足下から揺らぐようなことも時々ありましたが、あまり深く考えないようにしてきました。

     現在私は40代となり子育て中ですが、自分の子供を愛おしく感じれば感じるほど、当時幼い私に対して母が行った行動を許せない気持ちが、年々高まってきています。

     それでも娘として、女同士として、高齢になった母の力になりたいと思い、今まで親しくしてきましたが、最近では露骨に私より弟を頼りにし始めているようです。表面的にはとても優しく接してくれるのですが、本音で接してくれない寂しさがあります。心に暗い穴がまた空き始めたように感じています。
     これから母とどういう関係性でつきあっていくか、今、思案中です。


     

     

    ユーザーID:8961358253

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧