生命保険の解約返戻金について

レス9
(トピ主3
お気に入り46

生活・身近な話題

悩んでます

生命保険の解約返戻金について、生命保険を一部解約しようと思っています。

生命保険の終身保険1000万が2年前に払い込み満了になり
1解約返戻金300万位をそのままにすると毎年約3.8%で増えていくとの事でそのままにしています。
(一部解約すると1000万の保障も減っていきます)

私は独身で子供もいなく、母がいるだけで死亡保障もそれほど必要なく、保険金受取人を母にしていますが、順番からすると母が受け取る確率は少ないと思うので死亡保障はそれ程必要ないかと考えています。

2配当金は10万少しあり、年4%です。
3貸付金は年5.75%複利です。

現在8月に10万位、9月10万位必要になり、3種類の内どこから算出すれば良いか悩んでいます。

2の場合は、8月は良いですが、9月は1か3になります。

3にした場合は、半年か1年以内には返す予定です。

皆さんのアドバイス宜しくお願い致します。

ユーザーID:4502135209

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 保険金の減額(一部解約)をお勧めします。

    死亡保障は、遺失利益を補てんするものとして、残された家族の為にかけるものですが、あなたの場合はお母様だけですから、「保障」としては一千万も必要ないと思います。

    万一の場合の、葬儀代やかたづけ費用などがあれば、お母様の生活に影響を及ぼすこともありませんよね?

    契約者貸付は余計な利息が必要になるので、あなたの場合は保険金の減額(一部解約)をお勧めします。
    必要ない保障よりも、使える現金として利用された方が価値があります。

    それから、解約返戻金の増えていく利率ですが、本当に正しいでしょうか?
    運用利益がそんなに出ますか?きちんと確認された方がいいですよ。

    ユーザーID:3062210575

  • 借金はしちゃあダメ

    トピ文に書いてある保障内容や金利が本当ならば、
    今時考えられない程の「お宝保険」です。

    昨今の預金利息は、定期預金でも0.01%とか0.02だとかで
    余程条件が良くても、0.2%程度にしかなりません。

    ですから、預金だと考えても、なるべく崩したくないと思います。

    しかし、だからと言って、5.75%もの高金利を支払って借りるのは
    もっと愚の骨頂。
    借りてはダメです。

    それと、もう一つ気を付けて頂きたいのが
    保険会社にとっては「お宝保険」は迷惑この上ない不良債権のようなもの。
    さっさと解約してくれるに越した事ないのです。
    保険会社の人の口車に乗って、大幅な解約や契約転換に応じてはいけません。

    もしも私ならば、
    『一部解約をしても、残りの部分の契約条件に何も変わりがない事』
    を確認した上で、10分の1だけ解約をします。
    そうすれば、解約返戻金と保障が10分の1減ったとしても
    大勢に変わりなく、約30万の現金が用意できます。

    もしも「部分解約はできない」とか「一旦全部解約して」
    なんて話が出たら、全力で断って下さい。
    保険会社の担当者の方が、善良で正直な方である事を望みます。

    ユーザーID:9024170972

  • 3はなし


    1か2は悩む所ですが2の配当金10万は積立金も含めた額ですかね?

    生命保険会社や保険の種類にもよりますが
    月払いなら100円以上、年払いなら1000円以上の積立金という貯金をさせられていることがあります。いつでも引き出し可能ですが3年以内なら手数料がかかる等条件あり。

    それと、一部解約をする月により返戻金の金額が変わってきます。今月一部解約した場合の返戻金、来月以降に一部解約した場合の返戻金に差額がないか、担当者に調べてもらってください。

    今月がピークに多い月以外は、この話は出しません。
    満期後変動しない予定もしくは値上がりする予定なら黙っています。

    ・配当金以外に積立等がないか
    ・8月9月一部解約の返戻金に差額があるか
    ・一部解約の返戻金のピークはいつか

    これを全て、担当者に確認してください。

    そして上記3つの返答が全て「ない」だった場合、1が最有力だと思います。

    ユーザーID:0897054001

  • トピ主です。

    諏訪湖さん、リリカさん、元保険外交員さん回答ありがとうございました。
    皆さんの回答によると、全員が1番ですね。
    私は最初皆さんが反対している3番の候補にしていました。
    なるべく早く返金するば、利息は損をしますが金利が低い現在で長い目でみると得かなぁーと思ってしまいました。
    やっぱり私の考えはダメですね。

    諏訪湖さんへ
    2931000円が3044000円になっているので計算すると3.8%になると思うのですが・・・
    違いますか?

    リリカさんへ
    保険会社の方からは、確かにお宝保険と言われました。
    ただ支払った保険料合計は、支払い満了時には解約返戻金の方が少なく、あと6年位してやっと
    支払った金額を超すので、私にはお宝保険と言われてもピンとこないどころか損をした気分です。
    通常支払い満了時には支払った保険料を超える解約返戻金と思っていたのに、がっかりです。

    元保険外交員さんへ
    「2の配当金10万は積立金も含めた額」とありますが、配当金としか書かれていません。
    積立金とは何でしょうか?

    「一部解約の返戻金のピークはいつか」で返戻金のピークとありますが、
    返戻金にピークがあるのは知りませんでした。
    ピークとはその時によって、得したり損したりするということでしょうか?

    再度申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

    ユーザーID:4502135209

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 2回目です。

    トピ主さまレス読みました。

    積立金とは、過去トピ主さまが支払われていた保険料にプラスして強制的に貯金させられていたお金。と思ってください。

    詳しく説明すると、毎月100円×12ヶ月=1年に1200円ずつ、もしくは毎月の保険料が7789円みたいな時に毎月の支払いを8000円にして毎月211円×12ヶ月=1年に2532円ずつ、
    を保険会社に貯金していたという事です。
    積立金額は、以前のお支払い明細書に記載されていると思います。


    返戻金のピークとは、そうです。
    解約返戻金には変動がございます。(終身保証の部分に限っては途中までは上がっていき、そこから一定だと思います)

    トピ主さまの回答を見るとお支払満期時の解約返戻金は合計お支払い額より少なく、6年後に解約返戻金の方が上回ると書かれていますので、その6年間は少しずつ上がり続けていると思われます。それが、いつ・いくらまで上がるかをピークと表現しました。

    現在も上がり続けているのであれば、必要最低額だけ手元に置くために1/10だけ一部解約が理想。というので合ってると思いますが、可能かどうかは保険屋に確認しないとわかりません。

    皆様おっしゃられています通り、そのお宝保険に関しては保険会社内では凄く言われます。
    それ故、何回でも丁寧な対応と丁寧な説明をしてくれると思いますよ。
    ただ、トピ主さまの利益になる部分の話だけを受け取ってくださいね。

    ユーザーID:0897054001

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • レス読みました。

    トピ主様は、保険というものを理解せずに契約してしまったようですね。
    保険会社は、貴女が第一回目の保険料を払った時から、
    貴女にもしもの事があれば、1000万の保険金を支払わねばなりません。
    それまでにかけた保険料が、たかだか数万円であろうとも
    契約書に書かれた保険金を支払う義務が有り、保険とはその約束をするものなのです。

    つまり、貴女は契約した日からこれまで、ずっと
    「もしもの時には1000万円受け取れる約束」
    という商品を、買い続けて来たのです。

    保険商品で、「掛け捨て」という言葉を聞いた事が有るでしょう?
    このタイプの保険が、「保障を買う」というのをシンプルにしたものなのです。

    しかし昔はこのタイプの保険は、あまり理解されず、解約返戻金と呼ばれる
    貯蓄部分を併せ持った商品が好まれる傾向に有りました。
    ですから、貴女がお支払いになった保険料は、「保障を買う為」にも使われており
    そもそも、
    >支払い満了時には支払った保険料を超える解約返戻金と思っていた
    のが、間違いなのです。

    では、何故、お宝保険なのか?ですが、
    一言で言えば、「今どき、そんな好条件の保険商品は売られていない」からです。

    貴女が仮に今、300万の現金を持って、何処かに預けようとしても
    年に3%もの金利を付けてくれるところは、存在しないでしょう?
    しかし、保険会社は「契約時に約束してしまったから」支払わねば仕方が無いのです。

    何故、そんな約束をしたのか?は、金融情勢の話になり
    また難しくなってしまいますが、
    契約当時の社会情勢では、それでも十分儲けが出ると予想されたから、です。

    しかし、予想できない低金利時代になり、今やマイナス金利と言われる程。
    保険会社としては、昔の約束は、出来るなら反故にしてしまいたい位なのですが
    そういう訳にも行きません。
    だから、お宝保険なのです。

    続きます。

    ユーザーID:9024170972

  • 続きです

    保険会社の儲けの話だけをするならば、将来死亡保険金を払ったり
    解約返戻金が増えて行ったりするよりも、
    「今のうちに解約して貰う方がずっと有難い」
    という事になります。

    お話を読む限り、良心的な姿勢の保険会社のような気がしますが
    担当者の方によっては、「会社の儲け」を優先するあまり
    昔の契約をチャラにする様な、『契約転換』の話を勧めてくるかもしれません。

    騙されない様に、くれぐれもご注意くださいね。

    ユーザーID:9024170972

  • トピ

    元保険外交員さんリリカさん、とても丁寧な回答ありがとうございました。

    元保険外交員さんへ
    お支払い明細書に積立金額は記載されていませんでした。
    返戻金のピークは、理解出来ました。

    リリカさんへ
    リリカさんの言う通り、保険というものを理解せずに契約してしまいました。
    生保レディの勧められる保険に、入ってしまって後で後悔しました。
    なぜなら、私の場合保険の入る目的が医療保険だったのです。
    死亡保障はいらなかったのに、私は、てっきり医療保険にはいるには終身保険にはいらなけらばいけないのかと思ってしまいました。

    どちらかと言えば、個人年金の方が良かったと後悔しています。
    現在入っている保険は、生保レディから何度も他の保険に変えるように勧められましたが、設計書を見ても保険料とかが高くなっているので目的とは違っていましたが途中では変更しませんでした。

    初めに保険に入る時に、理解していればと思います。
    今みたいにインターネットで色々調べられたり、このような所に相談できる状態でなかったので、生保レディの言われるままでした。

    生保レディからは、現在の入っている保険の一つだけ設計書を頂き、これが一番良いからと進められ
    実際受け取る時は、払った金額の2倍の金額が受け取れる設計書でした。

    でも実際は、2倍どころか払った保険料にも届かず、6年後にやっと同じになるとの事です。
    生保レディに聞いた所、配当金がゼロ状態が続いたので金額が下がったとの事です。

    ただ、ネットで調べると終身保険の解約返戻金は、払い込み満了時には、払った保険料と同じかそれよりも高くなると多くのページで書かれているのでお宝保険なのになぜ?私のは満了時にこんなに低いのかと思いました。

    ユーザーID:4502135209

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。続きです

    文字オーバーになり、続きです。
    上記のレスとダブっていますが、申し訳ありません。

    ただ、ネットで調べると終身保険の解約返戻金は、払い込み満了時には、払った保険料と同じかそれよりも高くなると多くのページで書かれているのでお宝保険なのになぜ?私のは満了時にこんなに低いのかと思いました。
    そのへんは、未だに納得していません。
    ただ、リリカさんのいうように、3%については納得しました。
    又、回答のように騙されないようにしたいと思います。

    ユーザーID:4502135209

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧