「どうでもいいことにこだわっている」と言われます。

レス221
お気に入り418
トピ主のみ1

ひさ&ひで

男性発

タイトルの通りです。私は、「どうでもいいことにこだわっている」と言われることが多いです。

でも、この言い方って文法的におかしくないですか?

私がこだわっているのは、どうでもいいことだからではなくて、どうでもよくないことだからです。
逆に言えば、私は「どうでもよくないこと」だからこだわっているのであり、「どうでもいいこと」にはこだわっていません。
当然のことながら、そのような基準に従って私は行動してしているのであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

いや、このような主観の問題ではなく、客観的な事実の属性の問題として、こだわられる必要のあることは「どうでもよくないこと」であり、こだわられる必要のないことが「どうでもいいこと」なのです。

実際に、この社会における人間の判断の基準として、「どうでもいいことか否か」の判断と、「こだわるべきか否か」の判断は近似ないし平行していると思われます。
いや、自分がそう思われるのではなく、客観的事実として明らかです。

このように考えてみると、「どうでもいいことにこだわっている」という言い方は論理が破綻していると思うのですが、いかがでしょうか?

ユーザーID:7165858998

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数221

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 他者からの視点

    >>私は、「どうでもいいことにこだわっている」と言われることが多いです。

    トピ主は、どうでも良くないからこだわっているのでしょうが、
    他者からすれば「どうでもいいこと」にこだわっているのです。

    主語が、「あなたは(トピ主は)」でも、他者の口から出る言葉は他者の視点です。

    いや、他者視点ではなく、トピ主視点に立ってみても、どうでもいいことなんでしょう。

    そう言われるのが多いなら。

    ユーザーID:7683761050

  • 主語が抜けているから

    私にはどうでもよいと思う事に対して、貴方(トピ主)はこだわっている。

    気になっちゃう性分なんですかね。うーん、まぁ、周囲に心配かけない程度ならば満足するまでこだわりましょうか。

    こだわっても結果が変わらない等の忠告されるなら、一旦は見直してみたらどうですか。

    ユーザーID:7248550226

  • おかしくありません

    冒頭に、(普通の人が)が省略されているだけです。

    それにしても、ほんとにどうでもいいことにこだわってるわね。

    ユーザーID:0884655617

  • うん

    まあね。
    相手にとったら、あなたにとってはどうでもよくないことがどうでもいい。
    そういう話ですね。

    なので人に言う時はおそらく「あなたはどうでもいいことにこだわってる」じゃなくて「それ、自分にとったらどうでもいいことなんだけど、君にとったらどうでもよくないんだね。でもどうでもいいんじゃないの?そんなこだわる必要ある?」って感じ?

    で、それに対してあなたは「いやいや、どうでもよくないから。ここはこだわるよ」でおしまい。ただ意見が合わないだけ。
    どちらが正しい間違っているではない。たぶん。

    ユーザーID:7599539855

  • 屁理屈!

    あまりにそれを言われるもんだから、隘路に嵌まり込んだ人の屁理屈以外の何物でもない。

    あなたの、どうでもよくないことが、人から見たらどうでもいいこと、なわけだ。

    今度会言われたら、画然と違うんだよって言ってやったら?

    ユーザーID:0073333100

  • 文法が正しいか否かなんて

    ホントに「どうでもいいこと」にこだわってますね。

    ユーザーID:3656555167

  • ふうむ

    あなたがよく言われるという言葉の意味は、「あなたは『大多数の人がどうでもいいと考えること』を『どうでもよくないこと』と考えてこだわっている」ということです。

    別に論理は破綻しておらず、単にあなたに文を理解する力が欠けているだけではと思うのですが。

    その単純な事実に気付かず、自分では極めて論理的な話をしているつもりで論理の破綻したことを周りの人にクドクド主張すれば、コミュニケーションはうまく行かないだろうなと思います。

    ユーザーID:5740934023

  • 冷たく言うと

    (多くの人が)どうでもいい(と思っている)ことに、(その人だけが)こだわっている、ということですよね。当該事案に関して、立場によって見方が違うということではないですか?
    ですから、言葉が省略されているとは思いますが、論理が破たんしているとは思いません。
    何か具体的なことに不満があるのだとは思いますが、そういうこだわりがトラブルの原因だと思いますが、うがち過ぎでしょうか。

    ユーザーID:1760901442

  • レスします

    >私は、「どうでもいいことにこだわっている」と言われることが多いです。

    >こだわられる必要のあることは「どうでもよくないこと」であり、
    >こだわられる必要のないことが「どうでもいいこと」なのです。

    その通りですね。
    では、視点を変えてみましょう。

    「どうでもいいことにこだわっている」と言ってくる人にとって、
    トピ主さんが「どうでもよくないこと」と思っている事は「どうでもいい」んです。

    なので相手の言葉を言い換えると、

    「私(または大多数)にとってどうでもいい事に、トピ主だけがこだわっている。」

    …と言うことになります。これで理解できます?

    >「どうでもいいことにこだわっている」という言い方は論理が破綻していると思うのですが、いかがでしょうか?

    申し訳ないけど、本当に「どうでもいい」です。

    ユーザーID:6381681913

  • このトピ自体

    このトピ自体が、主さんのこだわりの強さを語っていますよね。

    「どうでもいいこと」の基準は人それぞれです。
    発言者にとってどうでもいいことであったら、論理破綻はしていません。

    このトピ自体、私としてはどうでもいいことに属していますので、
    主さんは「どうでもいいことにこだわっている人」だと思いました。

    主さんにとっては「どうでもよくないこと」なんでしょうが、
    発言者(このレスでは私)にとっては、どうでもいいこと。
    それは矛盾していません。
    価値観の違いです。

    ユーザーID:4538158693

  • つい最近使いました

    私が目を通して承認とした書類にアシスタントの子が承認印を押すのですが、枠からはみ出ず真っ直ぐに掠れないようにと時間をかけていました。

    仕事は山ほどあるし、社内の手続きの書類なので多少はみ出ていようが逆さだろうが掠れていようが構わないと伝えたのにこだわっているので
    「どうでもいいことにこだわっていないでさっさと終わらせて」と言いました。

    この場合のアシスタントのこだわりは客観的に見てもどうでもいいことにならないでしょうか?

    ユーザーID:0641896797

  • 文章の意味がわかってない

    明後日の方向に考えをつき進めた末の反論という感じですね。

    「どうでもいいことにこだわる」を細かく言うと、「本来どうでもいいことなのに、あなただけが『どうでもいいことではない』と信じていつまでもこだわっている。」です。ここまで懇切丁寧に言わないからと言って文法的に間違ってるわけではありません。元々日本語は省略の多い言語だし。トピ主さんは「どうでもよいかどうか」の判断をした人と「こだわる」人が同一人物ではないセリフだということがわかっていないのだろうと思います。

    他人が言ったことの意味を今回のように変な方向に考え詰めた挙句に論理的っぽくゴチャゴチャと説明するのを聞かされる人にとっては、前提から間違っているその説明全体がものすごく「どうでもいい」。もっと文章の理解度を上げないと、将来他人にあまり相手にしてもらえなくなる恐れがあります。だって、どうでもいいことにこだわる人とつきあうのってメンドクサイですから。

    ユーザーID:4903049816

  • 誰にとってどうでもいいことなのか、良くないことなのか

    どうでもよくないと思っているのは、とぴ主さんだけ なのではないですか?

    他者にとっては、どうでもいいことに対して、
    とぴ主さんはどうでもよいとは思えなくて、こだわっている。

    貴方は、自分中心にお考えになる方なのかしらね?

    ユーザーID:7821892738

  • あっはっは

    文脈も読み取れない?


    「どうでもいいこと」とはあなたにとって、ではなく
    発言者にとって大したことじゃない、ってことですよ。

    ひいては「発言者にとって」はつまり「一般的に言って」
    と言い換えてもいいですね。

    そんなことに「あなたが」こだわっていると言われているんですね。

    つまり、
    『一般的にはそんなこと大した問題でもない。普通のこと。
    なのに、あなたはそれを大したことだと考えてるんでしょ。
    普通の人はそんなことにいちいちかかずらわっていないわよ。
    お疲れ様』
    と言われているんです。

    トピ文一つとっても、なんだか難しい言葉を駆使して
    論理的ぶっているけれど文言は空疎で空転しています。

    いいたい人との気持ちわかるわあ。

    ユーザーID:0671973991

  • 補足しますね

    「一般的に」どうでもいいことに、「トピ主だけが」こだわっている。
    ということです。
    ご理解いただけましたか?

    ユーザーID:2707313248

  • 本質を突いていない

    どうでもいいことにこだわる人いますよね!
    恐らく、物事の本質を見抜いていないのではないですか?

    外側ばかりに目がいってしまい、そこに無駄な労力を費やしてしまう。本当に注力しなければいけない所をないがしろにしているんではと思いました!

    ユーザーID:8380275890

  • 他人から見てのどうでもいいこと

    なんじゃないですか?

    例えそれがあなたにとってどうでもよくない事でも
    言ってきてるその人にとってどうでもよい事なんでしょう。

    何のことに対して言ってそう言われたのかの具体例が記載されて
    ないのでよくわからないですが。

    でも文章読んでる限り「客観的事実」とか「理論が破綻」とか
    書かれてるけど具体例もあげず、自分のほかの人にも聞いて
    第三者の客観的判断を仰いだわけでもなく、自分からでは
    なく相手からのどうでもいいことなのに勝手に理論が成り立って
    ないと断言してる点が理論的でなく超客観的だと思います。

    プラス感情的になってませんか?

    あなた自分が思ってるほど客観的でも理論的な人間でも
    なさそうですよ?

    そこは誤認されてるようなのできちんと再認識された方が
    良いかと思われます。

    それと肝心な事は「こだわっている」という点。

    どこのどなたに言われたかのか?

    あなたとのどういう関係の人に言われたのかわかりませんが、
    要するに何かにこだわりすぎてるからそこ直した方がいいよって
    複数人数の人に言われてるんですよ。

    どうでもいいことなのかどうでもよくないことなのか、それこそ
    そこはどうでもいいところ。

    こだわりすぎないこと。

    これが多くの人があなたに言ってきてる忠告の肝心な内容です。

    人を論破した気になってないで、素直に他人の忠告を
    受け入れるところから始めませんか?

    ユーザーID:7602237745

  • ああ、そういうところなのね。

    「(世間一般の大多数の人にとっては)どうでもいいことに、(トピ主さんだけが)こだわっている」という意味なので、文法的にも論理的にも何ら矛盾はありません。

    抑々、トピ主さんが従っているという貴方の基準そのものが、他の人からみればどうでもいいことです。

    「この言い方はおかしい」というトピ主さんのご高説も、世の大部分の人にしてみたらどうでもいいこと。

    ユーザーID:0078807653

  • よく判りました

    周囲の方々が、主様におっしゃる事が、私にはよく判りました。私も、その場にいたら、同じように申し上げると思います。

    いつも、こんな感じなんですか?

    ユーザーID:2856658994

  • 言葉を端折る

    端折られてるんですよ?
    おわかりだと思いますが。

    正確には
    「一般的にはどうでもいいことに分類される事項について、あなただけがこだわっている」
    です。

    あなたの言い分は
    我思う故に我ありみたいな? 

    ちなみに、正確に言えば上記、端折って言えば「どうでもいいことにこだわる」
    そのエッセンスを抽出すれば
    面倒くさい、です。

    つまり、あなたがあなたの価値観からこれは捨て置けない!といくら語っても相手は
    面倒くさい、ですからまともに聞いてはもらえないです。
    実に、お疲れ様です。

    ユーザーID:6730249385

  • 気にしているの?

    おっしゃりたいことは、よく分かりました。

    しかし、このような事を延々と論じていることそれ自体が、「どうでもいいことにこだわっている」最たる例なのですよ。

    物差しの違う人間同士ですから、とある事象が「どうでもいいこと」か、そうでないか、違いがあるのは当然です。
    どちらの立場にいるかによって、同じ物事に対しても評価が違うのです。
    例えば、糖度40のジャム。
    甘党には「甘さ控えめのヘルシーなジャム」、辛党には「甘すぎる」。
    お互いの主張は相容れません。

    生きにくくありませんか。

    ユーザーID:8511283837

  • ホントだ!

    トピ主さんとっても面白いです。

    本当に「どうでもいいことにこだわっている」ということが、
    このトピックからヒシヒシと実感されました。

    お尋ねの件ですが、
    「どうでもいいことにこだわっている」という意見には、
    主語が抜けていると思うのですが。

    「(この言葉をトピ主に投げかけた人が)どうでもいいことに、
    (トピ主は)こだわっている」が、
    この文章の真意ではないかと思います。

    これですと論理は破綻していないと思います。

    ユーザーID:3238721051

  • どうでもいいことですが

    どうでもいいことかもしれませんが、
    「どうでもいいことにこだわっている」
    という言葉の用い方に関して、
    文法的には、というか文法は誤っていないと思いますよ。
    訂正されてはいかがでしょうか?

    きっとトピ主さんにとってはこの指摘をしたわたしに、
    向ける感情こそが、
    「(わたしにとって)どうでもいい(と思ってる)ことに
     (あなたは)こだわっている」というものではないでしょうか?

    そして文中に出てくる
    ”近似ないし平行”は並行の間違いではないでしょうか?
    あ、これも
    「どうでもいいことにこだわっている」ことになりますでしょうか?

    つまり「どうでもいいこと」は指摘をしている人の主観であり、
    それを「どうでもよくないこと」と反論するのは指摘をされた方の主観なので、
    本質的に客観的に「どうでもいいのかそうでないのか」を検証するのは非常に難しいと思います。

    つまり客観的事実として明らかではないのです。

    論理が破綻しているとは
    何の論理のことを示しているのでしょうか?

    ユーザーID:1679781987

  • トピ主さんへ

    別に論破する必要ありますか?
    トピ主さんのこだわりは、第三者の大多数の人には「どうでもいい」と思うことが多いてことです。
    逆もしかり。
    人間なんて、そんなもんです。
    論破しようなんで、それこそどうでもいいです。人それぞれなんです。
    人と一緒にいる時に、自分のこだわりを押し通すと嫌がられますよ?
    ある程度、人付き合いは譲り合い、妥協して相手に合わせることをしないと続かないです。

    トピ主さんは、人と一緒にいる時に自分のこだわりを出しすぎるんじゃないですか?
    だから「どうでもいいことにこだわっている」と言われるんじゃないですか?

    ユーザーID:9823640352

  • どうでもいいこと


    「(私が思う)どうでもいいことに(あなたは)こだわっている」

    と言う事です。

    なので、特に破綻しているとは思いません。

    ユーザーID:7275284174

  • 笑った

    トピを読んで笑ってしまいました。
    あなたの文章そのものが、「どうでもいいことにこだわっている」ことの見本そのものではないですか?

    簡単に言うと、トピ主さんは屁理屈が多いんでしょう。

    ユーザーID:5252378087

  • そう言った人にとってはどうでも良いから。

    トピ主さんの理屈で頭が一瞬くにゃくにゃしてきました。

    つまり「どうでもいい事」と言った人にとって其の「事」は拘る価値の無い物事なのですよね?。
    でもトピ主さんにとって、其の「事」は拘りたい程重要価値な物事。
    単に人に寄って其の「事」の捉え方が違うからそう言われるって事ですよね?。

    そう言った人からしたらトピ主さんは「(私からしたら)悩む必要の無い事に拘っている。」と感じている訳で「(私からしたらトピ主さんは)どうでも良い事で拘っている。」で正しい文法と思うのですが、そんな単純な事ではないの?。

    第一そう言った人もトピ主さん同様に其の事がどうでも良くない、見過ごすべきでは無い事だと感じてたら、どうでも良い事とは言わないですしね。
    其の人にとっても、どうでも良くない重要な案件なら、どうでも良い事とは言わず普通に「それは大変だね。悩む(拘る)事だよね。」と言われると思いますが。

    と、言うかこれって文法なの?。
    あ、失礼。私みたいな国語が得意でない単純な人間が書くより、其の文法やらを詳しい人が書くべきですね。

    ユーザーID:1601922359

  • 国語、苦手ですか?

    文法、間違ってないですよ?
    おかしな点はないです。
    どうでもいい→人から見たら拘る必要がない

    『どうでもいい事に拘っている』

    つまり拘る必要もないのに拘っていると言う意味でしょう。批判的要素がありますね。

    貴方の
    『どうでもよくないことに拘っている』
    おかしな文章です。
    どうでも良くない→重要な案件

    普通にどうでも良くないなら拘らないとダメでしょうに。
    どうでも良くない事に拘りましょうよ。

    『〜拘っている』のつく文章は大体拘る必要のないのに拘っていると言いたい、つまり他人からの批判の意味でしょう。自分からはこんな使い方しません。

    ユーザーID:4420810635

  • 誰にとって「どうでもいい」か

    あなたが「こだわるべき」と思っていることが、他人にとっては「どうでもいい」ことなのですよ。

    だから他人から「(私にすれば)どうでもいいことに(あなたは)こだわっている」と言われるのです。
    言ってる意味、わかりますか?

    たとえばあなたがどういうことについてこだわり、他人に「どうでもいい」と言われたのかを例に挙げてみてください。そうすればここで回答してくださる皆さんも客観的な判断ができるでしょう。

    ユーザーID:4016260487

  • 文法上は問題ない

    略して簡潔に言ってるだけで、別に主語がなくても通じる言葉です。
    つまりは、私から見ればどうでもイイことにあなたは拘っている.....という意味。
    そして、あなたサイドの言い分は、少なくとも他人がどうあれ自分はどうでも良くないことだから拘っている.....となりますね。

    「どうでもイイこと」は、はたして誰がそう判断しているのか?
    言う側が「自分が判断したこと」を基準に言っているわけです。
    でも、聴く側はそれが「どうでもイイこと」だとは思っていないから「私はどうでも良くないこと」だと思っているのにどうして「どうでもイイこと」だと決めつけるのか?という言葉の行き違いが生じるわけで、「どうでもイイこと」だと判断しているのはあなたであって、私の判断は「どうでも良くない」から拘っていると.....。
    それの何がいけないのですか?という議論になる。

    なんだか、小難しく論理を述べられていますが、社会通念上は言う側が自分の価値基準で述べることだというのはわざわざ「誰が?」と問い質さなくても通じるものだから、いちいちツッコまないんだと思います。

    なので、文法上おかしいと拘るあなたの理屈は、私からすれば「どうでもイイこと」です。

    ユーザーID:1076065217

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧