病的にガンを怖がっている

レス15
(トピ主0
お気に入り74

心や体の悩み

ふじこ

表題の通り、ガンになってしまうことだけを異常に怖がってしまい日常生活に支障をきたしています。

もうすぐ3歳になる娘を育てている30歳専業主婦です。
妊娠中に安静の長期入院をしており暇だった為入院ブログを検索したことから始まりました。
知らなかったのですが殆どがガンの闘病記で、若い方も書いていたり、初めて目にするブログが多かったです。

そこから普通の若者でも主婦でも働き盛りの会社員でも、誰でもガンで命を落としてしまうんだという恐怖に支配されています。
出産してから大切な我が子という存在ができたことで余計にそうなりました。

ここ3年間で胃カメラ、大腸カメラ、子宮がん、乳ガン、副鼻腔ガン、歯肉ガン、耳下腺ガン、皮膚ガンを疑いパニックなり病院に何度も出向き検査をしてもらっています。
先生も呆れ、病院代はバカになりません。
最近も耳の後ろの骨の上が腫れてて(何度かなっている)過呼吸になってしまいました。
主人の少しの体調不良でも同じようにパニックになり泣きわめいてしまいます。

主人も始めは優しく聞いてくれていたのですが、今はもう呆れられ、本当に闘病されている方に失礼だと怒られ、そんなに検査ばかりしていると本当にガンになるとうんざりされています。

自分でも病的だと思います。
でも娘が大事過ぎてこの子を残しては逝けないという思考に支配されてしまっています。
生き物に産まれた以上、明日の命の保証がないことは分かっていますが、何故かガンだけが怖いのです。

心療内科にかかるほうがいいのでしょうか。
精神的にもう辛いです。

ユーザーID:6451170041

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 手にしているスマホ

    投稿も携帯電話からなさっているんですよね。

    携帯電話、半年休んでみたら?
    今のご時世、ないと困るのなら、
    とある警備会社の、電話も何か所かだけできる端末ありますから、それだけは持ったら?

    病気になったら、がんになったら、と考えると、怖いですよね。
    でもね、世の中もっと怖いのは、ヒト、自身の心ですよ。
    気持ちひとつで、生き方が変わるんです。

    入ってくる情報のコントロールができないのなら、つまり必要以上に癌の情報、それも科学的な仕組みではなくて闘病記のような個人的な主観や体験のものを追い求めてしまうのなら、
    それを断つ必要がありますよね。

    30歳専業主婦のふじこさん、
    他のやることないの、と思わなくもないですけど、
    働かなくてもいいけど、あなたのご趣味はなんでしたか?
    子どもがいるから趣味に時間を使えない、なんておっしゃらないで、思い出してくださいな。
    お子さんと模造紙広げてお絵かきしたり、色水つくったり、かき氷かいたり、楽しい遊びができるのも、今ならではですよ。

    何が言いたいのか、って?
    自分で作り出したドツボにはまったあなたを、つまみ上げて元の世界に戻してあげたいだけです。

    ユーザーID:5453440822

  • 子育ての方が心配

    兆候もないのに、ガンを怖がって検査ばかり。そんな状態で、まともな子育てができるのですか。

    子育ては、食べさせるなどの身の回りのことだけをやればいいというものではありません。

    親の安定した精神状態が、子どもの健全な成長には必要なのです。

    一見子供のことを大事にしているようだけれども、本当に大切なことを忘れているのではないでしょうか。

    自分がいつ倒れても悔いが残らないように毎日精一杯子供と向き合っていれば、ガンに囚われている暇はないと思います。

    親としての責任と覚悟を持っていれば、「この子を残しては逝けない」というありきたりの思考でオタオタしてはいられないのです。

    親としてやるべきことは何なのかをよく考えて行動してください。

    ユーザーID:3154082982

  • 心療内科へGO

    ガンは怖いですよね。
    誰でもなるかもしれない。
    私は両親も父方の祖父母もガンで亡くしているので、とても怖いです。

    でもね…
    心配したってどうしょもない。
    なった時はなった時。

    心配しすぎは病気ですよ。心療内科にいってみましょう。きっと落ち着きますよ。

    ユーザーID:7426230477

  • 同じでした

    私も同じでした
    ちょっとした不調でもパニックになるほどでした
    そんな状態が何年も続きストレスのせいか癌になりました
    不思議と癌になったら癌恐怖の症状はなくなってしまいましたが
    ストレスは怖いと思います
    主様も早い内に心療内科とかで相談した方がいいと思います

    ユーザーID:7216047034

  • 気の長い話しですね

     癌経験者です、もう治療はしていませんが数ヶ月に一度検査に行っています。

    癌の再発の話しを先生もされますが、そんな心配よりも今日事故で死ぬかもしれないのに。必要以上に無駄な心配で貴重な時間とお金を使うのは辞めましょう。

    ユーザーID:8160702988

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • うん

    早く病院行った方がいい。

    このままの精神状態では夫もたまんないし、大切な娘さんにもいい影響ないよ。

    検査検診これだけやってもなる人はなるし、ならない人はならない。

    みんな怖いし心配。でもパニック過呼吸泣きわめきなんかにならない。

    ユーザーID:4081906432

  • 隠れた被害者意識と劣等感

    >心療内科にかかるほうがいいのでしょうか。
    はい、それがいちばんです。

    暇な時間を作らない努力も有効かと思います。
    もちろん全部が全部ではありませんが、
    この手の神経症を発症する方の大多数は、
    ある程度暇があって生活に逼迫していない恵まれた方々なのです。
    心療内科の病院検索以外、病気に関する検索もすっぱりやめましょう。
    そして同世代のお友達を作る努力をしてみて下さい。

    これは「自分が外界から脅かされる」という
    潜在的な被害者意識や劣等感が形を変えて現れたもの。
    その根底には自分に対する極端な自信のなさがあります。

    病気に意識を反らすことで、その劣等感から逃れたい潜在的な心理があるため、
    ご自身が、カモフラージュできる「病気」という名目を欲しているわけで、
    次から次に不安を作り出してしまいます。
    ご自身の半生をゆっくり振り返ることで、その原因がわかるかも知れません。

    症状が重めならお薬の処方があるかも知れませんが、
    本質的にはご自分のこころに潜む原因を克服することが真の解決につながります。
    カウンセリングに長けていたり、悪い思考パターンを変える指導に長けた
    実力ある心療内科が見つかると良いのですが。
    実際はただ薬を処方するだけの安易なメンタルクリニックは少なくないので、
    ネットなどで評判をよく確かめて探してみて下さいね。

    人間、生まれた瞬間から誰しも死に向かって歩き出します。
    それこそが生きるということに他なりません。
    最期が早いか遅いかの多少の違いはあっても、
    地球の歴史から見れば、それこそ屁みたいなものです。
    あなたの今があるのは、何万人ものご先祖様が、厳しい環境と時代を生き抜いて
    命を繋いで来たからこそ。そこにはどれほどの苦労があったことでしょう。
    その幸運を自ら無駄遣いしていてはもったいないですよね。

    ユーザーID:8864943255

  • 方向を転換しましょう。

     あなたが生きることだけが、子供のためになるのですか?
    もっと、子供のためにできることを考えて下さい。

    ユーザーID:9637229665

  • 娘さんを心から可愛いと思うのなら

     私も気晴らしにネットは良くします(笑)
     ふじこ様は四六時中ネットで闘病ブログなるものを閲覧していませんか? ちゃんと主婦の役割を果たしてますか?
     あなたは頭の中は90%位、よくわからないたくさんの仮想ガンで心を乗っ取られているんではないですか?
     約1/3の人はガンで最後を迎えます、あなたも私も、怒られるかもしれませんが娘さんも可能性は排除できません。パニックになるのはホントのガンになってからでも遅くないです。
     まず病気ブログなど関連の閲覧はやめる。あなたやご主人が万が一ガンになり娘さんを若くして残して逝くとき、娘さんがしっかりこの社会で生きていけるように教育や常識、人への思いやりを身に付け、素敵な女性に成長するように慈しみ育ててることがガンへの対応と思うよ
     ちなみに笑ったほうが免疫力は上がりますよ。パートに出ても良いかも注意をそらせるし、お金も稼げます。
     お互いどういう形で浄土へ行くかはわからないけど頑張って生活しようぜ!

    ユーザーID:9245061927

  • リスク管理

    闘病中か、そうでないかでレスポンスのスタンスが変わると思います。

    わたしは、30代後半の時、会社の人間ドックで見つかりました。発見時にはすでに4期で手術できず、いきなり余命宣告されました。それまで病気になることもほとんどなく、週3回はジムに通い、食べ物にも気を遣ってきたし、毎年、人間ドックを受けているのに、なんでいきなり???という疑問で、はじめは医師に騙されているんじゃないかと本気で疑っていました。

    ある著名な科学ジャーナルに掲載された論文で書かれていたのですが、ガンに発病した原因の8割はよくわからない(=たまたま運が悪かった)そうです。さらに科学が進歩すれば、原因解明が進むと思いますが、今の段階では運が悪かったと思うしかありません。

    トピ主さんが発病する確率は低いかもしれませんが、ゼロではありません。発病すれば、検査とはけた違いの治療費が毎月、かかります。それからみれば、検査代なんて安いものです。それで、巨額の治療費をヘッジできているとすれば、頻繁に検査することは理にかなっていると思います。発病したとしても、早期発見できれば、寛かいできる可能性も高まります。

    わたしにはトピ主さんの行動は、きわめて正しいように見えます。

    ユーザーID:5957811173

  • すぐに心療内科にかかって下さい。

    お薬を飲むのは賛否両論ですが、私は心療内科をお勧めしたいです。
    今現在かなり落ちた所にいるのなら、気持ちだけではなかなか上向きになっていかないからです。
    気持ちが少し楽になったら、医師と相談して薬を止めればいいし、カウンセリングを受けたり、楽になれる方法を探せばいいのです。
    トピ主さんの状態がまさしく私の2年前でした。
    心配事も同じで、検査ばっかりの日々。
    でも、どこも悪くないんですよね。
    最終段階で心療内科を拒否し、自力で何とか2年、上を向いてきたつもりでしたが、この春、前触れもなく過呼吸が起き、病気に対する不安はそれ程自覚してませんでしたが、精神的には2年前よりも落ちました。
    家から出る事が怖くなり、寝込み、身の回りの最低限の事しか出来なくなり、主人や子供に助けてもらい、やっと生活が出来ている状態でした。
    そんな自分が心底嫌になり、今月に入って受診しました。
    医師には、なってないもの(病気)に対する不安からの不安神経症(←昔ながらの先生なので…今は違う診断名だと思います)と自律神経失調症と言われました。
    抵抗があった薬も、飲めば楽になるので今は頼ってます。
    まだ運転も外出も緊張しますし、3ヶ月も引きこもっていた上にこの猛暑で体力もありませんが、薬のお陰で過呼吸まで至らないと思えるようになり、短い時間ですが外出できる様になってきてます。
    自分の事は我慢できますが、子供の急な病気や習い事に連れて行けないのは本当に辛いです。
    対処が早ければ早い程、回復するのも早いです。
    2年前に受診しなかった事を後悔してます。

    ユーザーID:5248199115

  • すぐに心療内科にかかって下さい2

    長文になりすみません。

    今は不安神経症だけかもしれませんが、自律神経失調症になったら大変ですよ。
    私は2年病んでましたから、回復までに最低2年はかかるかな…と思ってます。
    心療内科等、前向きな気持ちが伝われば、ご主人も協力してくれると思いますよ。
    もどかしくて悔しくて、夜な夜な泣いている私の姿を見ていた主人は、心療内科を受診した事を褒めてくれ、今まで以上に協力的になりました。
    トピ主さんのお子さんはまだ小さいとの事。
    小さい時も大変ですけど小中学生にもなると、動けない、では済まない用事も出て来ます。

    今日から我が家は夏休み、でも私のせいでどこにも行けません。
    病気を治す事が先決!と家族で応援してくれてます。
    でも、子供(小中学生)は内心、悲しいんです。
    無理させてる事…分かってます。
    だから子供の為にも一刻も早く元気にならなくては!

    私の事ばかり書いた感じになっちゃいましたね。
    すみません。

    お互い頑張っていきましょう!

    ユーザーID:5248199115

  • 心配性なんだ、でいいと思う

    トピを読んで、病気の不安に対して、「心配だけど見ないふり!」をする人より
    きちんと向き合おうと行動に移していて偉いなぁと思いました。

    ご自分ががんになるかもしれない、それが怖いと思う気持ちはよく分かります。
    私も似たような「心配性」なので。

    毎年または医師の指示があった間隔で、きちんと検診を受け続けていくというスタンスで良いのでは?

    (胃カメラや大腸カメラは、個々人の状況・既往症・家族歴などなどで、
    毎年受けた方がいい人か、3〜5年毎でいい人か分かれます。
    年齢が上がれば内視鏡頻度はあがる筈です。
    (乳がんはエコーのみ、マンモグラフィ+エコーの時と年齢によって適応が違ってくる。
    (子宮がんは毎年の方がいい・・・。

    私はトピ主さんが日々の生活で「これはいつもと違うな」と思った時に、
    お医者さんの意見を聞いてみよう、それ以外は健康に気遣う生活しよう
    でいいと思います。

    ただ、病気を心配する余り、過呼吸やパニックになってしまう点が心配なので、
    そこについては心療内科の先生に相談してみたら、気持ちも楽になるのではないでしょうか。
    (私も心配し過ぎて、食欲不振や寝つきが悪くなるのはあります。
    過呼吸・パニックが出ないようになればいいですね。
    ・・・・・・
    心配し過ぎる気持ちはよく分かるので、「心配しないで」とは言いません。
    でも、検診を受けたり、普段の生活で気を付ける(ほくろが大きくなってないかとか口の中の口内炎がいつもと違わないかとか)
    ことをして、
    それで今は腹をくくってみませんか。
    野放図に「検診なんか受けないよー」な人に比べたら、トピ主さんは自分の体を気にかけていますよ。

    ユーザーID:7680480117

  • その病気知ってますよ

    癌になるかも、なったかも、と思って、本気で死の恐怖におびえていらっしゃるんですよね?
    周りの人は、だんだん呆れてきて「いい加減にしろ」っていう。
    わかってもらえないつらさも、良くわかります。

    心療内科を誰かに薦められたのですか?

    私も心療内科が良いと思います。
    心に癌巣が出来てるんだと思って、心療内科に行ってみてください。
    きっと、治してもらえますよ。
    お大事になさってください。

    ユーザーID:5922202750

  • 何かきっかけがあったのですか?

    あのー、がん恐怖症になった、何かきっかけのようなものがあったのでしょうか?例えば、親戚、友人が立て続けにがんでなくなったとか。

    私の場合は、ガンに2度なったのですが、ガン家系ではないの、まさかガンになるなどと思っておらず、ガンを発見した時は、まさか、という信じられない気持でした。ですから、トピ主さんとは、全く反対です。

    心療内科にかかるのがいいと思います。ご自身、ご家族のためにも、早く良くなってください。

    ユーザーID:1098474462

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧