海外で働くために必要なスキル

レス24
お気に入り52

マユ

学ぶ

現在大学1年生、英語学系の学部に通っています。
以前から将来、海外(可能であればカナダ)に住み、働きたいという夢があります。理由は省かせていただきます。
しかし私は今まで英語(スピーキングやライティング)しか勉強してこなかったので、海外へ行っても「英語が話せるだけの日本人」でしかありません。そんな状態では就職面で厳しいと思います。
そこで、今、夏休みに入る直前なのですが、夏休み中に自分に出来ること、夢を叶えるためにやらなければいけないことを考えています。
夏休み中に大学4年間どうすごすか目標を立て、海外でも通用するスキルを今から磨いていかなくてはと思っています。(まだ日本の社会にも出ていないのにその先のことばかり考えてしまっています・・・)

ネットで調べたところ、今はITのスキルが必要とされている、という記事をたくさん見かけました。
そこで考えたのが、大学在籍中にプログラミングを4年間勉強し、大学卒業後まずは日本の企業に就職して実戦経験をつみ、また、ある程度お金が貯まったら(3,5年?)海外へ行って仕事をしていきたいという自分なりの目標が出来ました。
もちろん現実はそんなに甘くないですしプログラミングは簡単ではないし大学在籍中や就職活動中に行き詰まってしまうと思います。

高校生の頃は適当に海外行きたいな〜ぐらいにしか考えていなかったので、明確に海外で働きたい!という目標ができ、将来への期待でワクワクしつつも、ちゃんとこれでいいのか不安です。
正直、私はこれといってなりたい職種が全くなく、今までずっと英語が好きだったので、将来なりたい職種に関係なくひたすら英語を勉強してきました。

レスに続きます。

ユーザーID:4141910211

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです。

    おそらく「まずなりたい職業を見つけなさい」と言われてしまうかと思うのですが、しいていうなら旅行関係に興味があったり、最近は着物の販売員になりたいかも、という気持ちもありました。でもすごくなりたいかと問わればそうでもないし、それよりも海外で働ければ何でもいいという気持ちが強いです。
    旅行関係の仕事についてまだ詳しく調べていないので言うべきではないかもしれないのですが、そういった仕事ではなくIT系の仕事をしていた方が海外では有利なのではという気持ちがあります。また旅行関係よりも私はIT系の方が向いているのではないかと思う節があり、少し迷っている状態です・・・。
    私は・営業系は向いていない・真面目に取り組むことが好き・かっこいい大人になりたい(お恥ずかしいですが他にどうやって言い表せばいいかわかりませんでした)・給料とかそういうものよりも自分の技術をひたすら高めていきたい  という気持ちばかりが浮かんできます。

    同学年の友達は、将来どうするか考え始めている人がまったくおらず、数少ないお知り合いの先輩達もIT系とは全く関係ない企業に内定をもらったと言っているので、誰に相談したらいいかわからず、ここに投稿させていただきました。
    IT系が向いていないと思ったらすぐ旅行系へ方向転換するのも一つの手でしょうか?

    参考になるかわかりませんがTOEICは800点代(これからTOEFLも受けます)、他にも両親に相談したところ簿記の資格を薦められたので取ろうと考えています。(旅行業務取扱管理者も気になっていますが全て手を出すと全部適当になりそうなので迷っています)。
    まだ自分の中でも上手くまとまっておらず、拙い文章ですみません。まだ世間をしらない子供なので大人の皆様の客観的なご意見を伺いたいです。
    最後までご高覧頂きまして有り難うございました。

    ユーザーID:4141910211

  • 就労ビザは?

    海外で働く場合、最大のハードルは就労ビザだと思います。あなたを雇う会社はあなたの就労ビザを取らなければなりません。手間暇も経費も掛かります。

    ただ「カナダで働きたい」だけで、どういう分野かは問わないのであれば、日本の会社でカナダに出先があるところに入った方がいいと思います。カナダの会社に就活するのはハードルが高いんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8995957521

  • 続き読んでいませんが..。

    海外で仕事をしたいのであれば、永住権又はビジネスビザなどが必要ですよね。
    日本の会社で働き、海外へ赴任されて働くのか、現地の会社で採用されて働くのでは違ってくると思います。
    私は豪州の永住権保持者ですが、カナダも移民でできている国だと思います。豪州で永住権を取った人は母国では別の仕事をしていた人も多いです。
    永住権申請となると永住権職業リストに載っている職業でしか申請ができないからです。
    なので1から大学や専門学校へ行き、そこからビザのスポンサーをしてくれる会社を探して働くなど色々なプロセスがあります。
    永住権を取るとなるとお金、時間、努力が必要となってきます。
    もし、永住をしたいのであれば、現地で学校に行くなりした方が早いと思いますよ。
    カナダは分かりませんが、豪州では学校入学又は永住権申請などにはIELTSのスコアも必要とされるので、勉強して受けておくのもいいです。(有効期限があります)
    あと、ITなどになってくると、英語がペラペラで経験がないと現地採用は難しいと思います。
    それに現地の学校に行って、市民権や永住権を持っている人の方が優遇されますからね。
    女性だとRegistered Nurse(RN)が多いです。(介護施設で経験積んでからなる方も多いです)
    でも学校に行き資格を取ったから就職、ビザ申請ができる訳でもありません。本当に努力次第です。
    あとビザ情報や職業リストはコロコロ変わるので、英語のオフィシャルサイトで検索した方がいいです。
    努力すれば夢は叶うと思います。
    頑張って下さいね。

    ユーザーID:3343641742

  • 海外は出身学部と職種の関連性がないと採用されません

    日本では文系学部でもエンジニアとして採用されてしまいますが、
    海外はIT系の学部を出ていないとエンジニアとして採用してもらえません。

    これは他の職種でも同じで、
    海外では出身学部と職種の関連性があるのが採用の前提条件です。

    ビザ取得時にも出身学部は厳重にチェックされますので、必須だと考えたほうがいいです。

    英文系とのことなので、同じ出身の先輩からお話を聞くといいと思いますよ。
    それか、海外展開している日本企業に採用してもらうか、でしょうね。

    ユーザーID:1431678590

  • まず専攻を活かすこと

    英語圏では、大学の専攻を活かすのが普通だと思います。
    英語学系の学部に進学しておいて、独学でプログラミングを学習し、IT系に就職という進路選択が、そもそも意味不明てす。
    日本語教師になるとか、通訳になるなど、専攻を活かした方がいいのでは。

    また、海外の会社と日本の会社は仕組みが違うので、日本の会社での経験は業績にならない可能性が高いです。


    英語はあくまで伝達手段ですから、お互いに伝えたい内容があれば、怪しい英語でも通じます。
    単に英語が好きなだけで、やりたいことがないうえ、ギリギリまで日本にいるなら、あまり見込みがないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6592743017

  • 夏休みに行ってきました

    海外で働きたかったわけではありませんが、大学の教授のツテで、あちらの大学の研究室にお邪魔してきました。
    向こうで働きたいなら、なるべく早く向こうの大学に行った方がいいのでは。

    私の専攻では、日本とあちらでニーズが微妙に違い、日本の大学ではAが盛んだけど、あちらはBやCが盛んという違いがありました。
    私は結局、Aの方に興味があったし、英語が通じるのはわかったので、以後は日本の大学をそのまま卒業して日本で働いています。

    英語圏で働くのが目的なら、あちらに少しでも長くいた方がいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4813623952

  • 参考までに

    アメリカの大手IT企業で働く日本人です。
    数千人、社員がいる会社ですが日本人は10人もいません。
    日本語が出来る、と言う理由で入ってきた日本語担当者3名を覗き、残り数名は私も含め専門職であり、帰国子女やインター出身または長期留学組です。通訳を目指す訳ではないなら、トピ主さんの言うように語学が出来るだけでは、採用に繋がるのは難しいと思います。ご自身の計画ですが、パッと見かなり遠回りなのでは?と思いました。今から海外の大学へ編入してそこでプログラミングを学んだ方が良いのでは。そうすればインターンなどもこちらで出来、きちんと就職に繋がる基礎を積み上げていけると思います。奨学金だって海外の大学は盛んですし、出来ないことはないと思います。私自身、将来海外で働きたいと思ったのが小学生の時でした。なので全て自分で書類等を集め、親を説得し、中学生からアメリカで留学していました。自ら希望して小学生から留学している同じ学校の日本人の子もいましたよ。大学4年プラス3、5年なんて待たない方がいいと思います。

    ユーザーID:6590625495

  • there's a will, there's a way

    (続きが投稿される前に書いたものです)

    ITスキルがあれば、確かに、海外でも通用しやすいでしょう。
    でも、待って。ネットや記事に踊らされてませんか。
    それでは、適当な願望を持っていた高校生時代とあまりかわりません。

    まずは己を知り、自分の適性はどちらに向いてるか、そこを知るのが最初の一歩だと存じます。ここは、海外就職だろうが、国内就職だろうが、一緒です。
    自分に厚みを足していくのはそこからです。

    次に、手っ取り早く海外企業で働く雰囲気を感じられる方法を教えましょう。
    外資系企業のインターンシップです。
    ただし、内外の大学、あるいは学士以上の高等教育を受けた人たちとポジションを競うことになりますが。

    おそらく、ほかの方も一緒のことを言ってると思いますが、
    <海外で働く>という夢は、
    その夢を細かい部分まで想像し、そこへ事実や詳細をくわえ、同時に自分に一つ一つ厚みをたしていかなければ、夢に終わります。大概の場合。

    企業でなくとも、国際機関で働く、という選択肢もあります。
    起業する、という手段もあります。
    ウルトラCですが、海外結婚という手もなくもありません。

    <海外で働く>という一つの節目への道は一本ではありません。自分の軸をしっかりさせつつ、て、常にアンテナを張りめぐらせて、自分にとっていい道を進んで行ってください。

    ユーザーID:1116858244

  • 専門性のある仕事

    カナダ在住です。カナダでそれなりの仕事に就こうとすると現在の所技術系や金融系等の専門性があるものが強いかと思います。語学系の人はホスピタリティー、旅行やカスタマーサービス系に進む人が多いですが、年収は少なく生活を安定させるのは難しいです。或いは出世の機会がある大手だと、カスタマーサービス系でもいいとは思いますが、現地の人との競争に勝たなければなりません。

    学歴は重視されますので、できればMBAがあれば強いかな。MBAを持っている人は多いので絶対ではないですが、少なくとも上に行くためのスタートラインに立てます。

    まずはその業界での経験が重視されますので、方向性を決めて勉強及び就職をしてから、再考されることをお勧めします。またカナダドルは今現在かなり弱いです。日本に帰ることを視野に入れるなら、目減りしますよ。また税金が高いのし、仕事があるトロントやバンクーバーは、家賃も含め物価は高いので、そこまで住みやすいとは言えません。お金の心配をしなくっていい人には住みやすいですけどね。

    まず数年働いてから、ワーキングホリディやMBA習得にカナダに来て仕事をしてみればどうでしょうか?日本人で移民してきた人は、私の周りでは10~15年で日本へ帰国している人が多いです。

    ユーザーID:8049182481

  • 何をしたいかが重要

    若い頃の海外への憧れや興味はよく分かります。何年間か海外を経験するというのも貴重なことですが、長い人生はどこに住むかよりも何を成し遂げたいかの方が重要です。男女平等の社会とは言っても、やはり男は一生働かなくてはいけませんから、仕事が充実していることが幸福に繋がります。私もやりたいことを求めた結果、どうしてもアメリカでないと出来ないので来てしまいましたが、当初は家族や親戚など誰も知る人がいない異国の地で、鉛色の空を眺めながら秋が物悲しいのを初めて心から感じたものです。幸いにしてやりたいことが実現できたので、充実した日々を送れていますが、仕事が充実していなかったら人生が苦痛なのはどこに住んでも一緒です。
    貴方の場合、ITに興味がありプロミングがお好きならいいのですが、海外に行く手段としてやるならお勧めしません。たとえ仕事に就けても苦痛の毎日になります。一生の仕事として貴方が情熱を持って打ち込めるものを探すべきです。

    ユーザーID:2677150374

  • コード

    コンピューターコードを勉強するのが良いそうです。こちらに2年間の専門学校があり。そこを出ると、年収800万弱の職に就けるそうです。貯金はあった方が良いでしょう。家賃が高い場所が多いですので、それに使えるから。

    ユーザーID:0235519277

  • 違うよ

    ちがいます。必要なのは、飛び込む勇気。

    ユーザーID:5536827940

  • その国に必要とされる人になる

    1.日本の会社等に就職し駐在する 
    2.海外の会社等に就職する現地採用
    は大きく異なります。

    1なら会社が手続き・費用の面で協力してくれ、受け入れ国にとっても数年間の就労を許可すれば良いだけなので、比較的スムーズで、生活も安定しています。その代わり永住に切り替える事は、難しい国が多いと思います。

    2は海外の雇用主に、主様が必要だと思われる事(現地在住の方よりも優れている、現地在住者の応募が少ない等)
    そして就労許可を貰える事(雇用主が申請しても、国が却下する事があります)
    等が、まず必要です。
    >給料とかそういうものより
    それが無いと生活できず、Visaも降りませんよ。

    無事に海外移住が出来たとして…主様の年齢なら、これから結婚や出産なども希望する可能性が有ると思います。
    その辺り、主様はどのようにお考えですか?

    私は自分が希望した国に留学し就職しましたが…夫に出会い、夫の仕事の都合で国が変わり、言葉も含め1から立て直しになりました。そして日本在住だった頃には予想していなかった国で出産・子育てしています。私達夫婦の場合、比較的、移住に有利な資格を取得しています。その資格のお陰で、国を選べるのは良かったのですが…どの国にも当然、良い点・気になる点があり、逆に選べるから迷った時期があります。

    憧れの国、実際に住んでみると何か違うと感じる事はあります。
    また学生の頃は楽しかったけど、就活・就労になると厳しさに直面し思っていたのと違うと言う事もあります。

    可能であれば
    >英語学系の学部
    に通っている事を生かし、カナダ等に正規留学、暫く滞在してみたら良いと思います。
    海外生活が主様に合うか合わないか、多少は分かると思います。
    カナダ旅行時、旅行・お店関係で働いている日本人の殆どはワーホリでした。永住者も多少いましたが配偶者等の収入で生活、自分の収入はお小遣いだそうです。

    ユーザーID:9612459715

  • 応援します

    もうトピ主さんの年齢なら何があってもやり直せるので、とりあえず飛び込んでいいのでは?その中で自分がやりたい職種が分かってくるのではと思います。思い立ったが吉日。日本で経験積んでから、、なんてやってたら機会を逃します。
    トピ主さんの夢を応援しています。

    ユーザーID:1974940578

  • やはり留学が手っ取り早いでしょうね

    米国の企業で働いている女性です。ただし、私はハード系のエンジニアです。

    ソフト系ははやりすたりが激しいですね。一時に比べたら、ITは死んだなどという表現が我が社では飛び交っています。この分野に進むことを引き留めはしませんが、職業としては確かに日本とカナダ米国では需要が異なるはずです。こちらで働きたいのであれば、学部卒で留学でしょうか。何年か働いたのち、ご自分で起業されるとか将来的にも道は開けると思います。

    ユーザーID:7695966185

  • 旅行系は・・・

    アメリカからですが、20年くらい前は旅行・物流は現地雇用の日本人の給料としては最下層でしたが今は変わったんでしょうか。アメリカの大学を出て新卒で働いても一人で暮らすことはまず不可能な金額でしたよ。カナダは違いますか? 何の仕事をしたいと憧れるのは結構ですけど、まずは生活ができなければどうにもならないですよね。

    そういう意味では旅行よりIT関係のほうが良いんでしょうけど、正直日本語が話せるテクノロジストって需要あります?今、わが子は工学部狙いで大学見学を重ねてますが、IT系は猫も杓子もって感じで希望者がすごく多いです。現地人を押しのけてまで「日本人のあなたを雇用したい」と企業に思われなければビザを取るのは難しいのでは?このご時世、中国語を話せるならって思う企業のほうが多い気もしますが・・。

    カナダじゃなくても海外ならどこでもいいと言うなら東南アジアとかを狙ってみたらどうでしょうか。そちらのほうが採用されやすいのでは?正直コンピュータ語を習うのもタイ語やベトナム語を習うのも一から始めるなら同じでは?

    何はともあれ現地に出店している日系会社とコネクションを作るべくインターンなどを経験されてはどうでしょうか。

    もう10歳の子供じゃないんだし、もう少し現実的なところまで考えたうえで行動しないと。

    ちなみに私は米系の日本支社に入社しアメリカの本社に駐在しました。昔は女性駐在員も珍しがられましたが今は業界によっては好意的にやらせてもらえます。そういう手もありますよ。

    ユーザーID:5912193203

  • 海外ならいいのよね?

    まず、海外協力派遣隊に申し込みましょう。
    その中で、自分ができる作業を探して
    それを求められる国に行きましょう。

    100%発展途上国です。
    雨水飲んだり、電気なかったり、お風呂なかったりします。

    でも、海外だし就労ビザとか考える必要もありません。
    日本やアメリカでは対したことない知識でも、向こうでは必要とされることもあります。

    そこで、現地の方に見初められて結婚して永住している人もいます。
    ビジネスを編み出して現地で商売している人もいます。
    特にやりたいことないならこっちのほうが面白んじゃないですか?

    あとは海外に進出している企業に就職して派遣対象にしてもらうかですね。
    イオンとかドン・キホーテとかもありますし。

    ユーザーID:7184606856

  • 会計士

    会計士はわりとどこの国でも需要があります。
    在米だった頃、いつも求人のある職種だったので気になっていました。

    ユーザーID:1810796331

  • 私の友人

    イギリス、アメリカで働いている日本人友人(女性)が数人います。

    イギリスに勤めている友人とはもう何年も連絡を取っていませんが、
    彼女は元々英語が流暢でした(留学とかではないはず、でもはっきり覚えていません)。
    長年の恋人(イギリス人)と喧嘩別れし、その直後彼が帰国。
    恋人とやり直したい、と友人は仕事を辞めて彼を追いかけてイギリスへ。
    そこで仲直りをして即効結婚。
    そしてその地(ロンドンではなかったと思います)の日本企業のイギリス支社が
    たまたま日本人スタッフを募集していたので応募して決まり。

    アメリカで働いている数人の友人はほぼ全員がアメリカの大学を出ています。
    1年生から入った人もいるし、日本の大学から3年生の時点で留学し
    そのままアメリカの大学に転籍して卒業しています。
    アメリカの大学を卒業していない友人は日本の大学を卒業し、
    アメリカの大学院に進学し院卒です。

    一人だけ海外の大学も院も出ていないでアメリカで働いている人がいます。
    彼女は日本の大学を出て一般事務の仕事をしていました。
    仕事を辞めて長期の海外旅行に行った際、旅先でアメリカ人男性と偶然に出会い
    (どこで会ったかは覚えていません)その男性と結婚しました。
    ご主人の住む地の日系企業が事務職員を募集していたのでそこで働いています。

    そんなに海外で働きたいなら、まず大学の就職課等で相談してはどうですか。
    海外の就職先の紹介はまずないでしょうが、
    どうしたらいいかくらいは調べてくれるのではないですか。
    あなたの大学の卒業生で海外勤務の人がいたら
    その人達の大学卒業後の経歴等を教えてくれるかもしれませんよ。

    ユーザーID:6212515744

  • 英語と海外就職を人生に使いたい

    大学一年、卒業後の就職、それに英語を使っての生活をご希望ですね。文中で、お勧めする職業は、(CPA, Certified Public Accountant)CPAです。英語圏内の国々で生活し、ある程度の経済的な背景を維持しようと思えば、これは全ての面でもトビさんの背景に合っています。

    但し公認会計士になるには、国家試験にパスしなければなりません。合格率は60〜65%で、大学で会計学を専攻する程度の教科を履修、実社会では、2年の職務経験が必要です。
    この道を進まれるなら、在学中に大学で英語の他に選択科目として、数学、簿記、会計学、金融学、マーケティング等を履修されて、海外生活が始まれば、ビジネススクールでAccounting, Financeを専攻されて、卒業後は会計事務所に就職して、2年後に国家試験を受験するというルートが最良です。
     
    これを薦める理由は、
    (1)英語が話せることは、現地人にとっては、当たり前のことです。英語は特殊技術ではありません。(2)1度公認会計士になれば、仕事にあぶれることはありません。
    (3)アメリカでもカナダでも引っ張りだこです。
    (4)卒業後の就職は、会計事務所なら、practical training (就業ビザ)を申請するために、スポンサーになってくれるでしょう。
    (5)年収は最低2千万円以上、
    (6)その後、気が変わって、海外もいいけど日本の方がいいと思うかもしれません。公認会計士の資格はついてきます。日本にはトビさんのような方を探している外資系企業が沢山あります。
    (7)最大の難関は国家試験です。私も関大で英文科を専攻、24歳で留学、その後28年間ビジネススクールで日本語、異文化、交渉術を教え、アメリカに通算38年住み、60歳で退職後、兵庫県のある大学で10年英語を教えました。Good Luck!

    ユーザーID:5867652682

  • ワーキングホリデー

    簿記は汎用性が高いので、取っておくと後々役に立つと思います。さて主さんの場合、カナダで働きたいというのがはっきりしているので、大学在学中か卒業後にワーキングホリデーを利用し、平行して就職活動されるのがよいのではないかと感じました。アルバイトしながら、現地の働き口を探し、同時に自分がやりたい仕事(&コネクション)を見つける。
    TOEIC800点ならまずはアルバイト+語学学校で英語力アップしないと、現地の専門学校で勉強するのはキツいと思います。

    主さんの大学には交換留学制度はありませんか?
    行きたい地域が明確なら、在学中に留学して、友人を作り、現地の情報を集めるのが近道かもしれません。

    現地の滞在先や働き口の確保が出来れば、大きく夢に近づくと思います。

    ユーザーID:7152191539

  • ワーホリもいいけれど。。。

    カナダで西海岸だったら観光産業でまだ日本人の需要があるかもですね。
    あとは留学アドバイザーとか?

    でもカッコ良い大人になりたいのですよね?上記の仕事がカッコ悪いとは言いません。でも賃金も労働条件も良いのかな。ずっと働けそうでしょうか。
    ワーホリでカッコ良い仕事って見つかりますかね。
    というかあなたのカッコ良いの定義はなんですか?日本人留学生やワーホリ若者から見た「カッコ良い」ですか?それとも現地人と同じように働き、良い待遇の仕事に就く=誰から見てもおぉ!頑張ってるね、の「カッコ良い」ですか?

    他の人も書かれていますが、本気でカナダで根を張りたいのなら現地の大学に行くべきです。それも文系はダメ。カナダ人でさえ仕事は見つかりません。CS,エンジニアリングなどだったら仕事はあります。大学院を出たら尚良し。やる気ありますか?大変ですよ。カナダ人でさえドロップアウトします。卒業率は3〜良くて4割です。
    若しくは看護師。こちらも簡単じゃありません。でも需要はあります。
    賃金水準は少し落ちるけど需要があるのは保育士さん。

    カナダの大学でたら3年の労働ビザが出ます。
    若いのだから中途半端なことはせずに頑張って見たら良いですよ。羨ましいです。応援してます。

    ユーザーID:6379797729

  • NOC カナダ職種リスト

    元欧州永住、現在米国永住50代

    こんなにインターネットで世界中の情報を調べられる
    便利な時代なのですから世界中の国の特殊ビザや就労ビザ
    を調べて職業を全部プリントアウトして自分がなれそうな
    職業をリストアップして英語で現地カナダの就職サイトで
    検索してみたらいいと思います。

    ある程度絞れたらカナダの人材の募集要項を読めばどの
    ようなスキルが必要なのか英語で書いてます。
    これが生きるための英語の勉強です。
    やってみて下さい。

    因みに私は25年前に欧州にいる時はアート系で特殊技能ビザを
    取得しました。

    もしも私がトピと同じ年代で英語系学部ならば同時通訳の勉強
    をします。そして、通訳専門カレッジに留学してレポーターや
    ジャーナリストを志望して報道や放送関係に就職すると思います。

    又は会計の勉強してMBAに行き日本の外資系会社を狙います。

    主人はパイロットなので昔生徒を教えてた時もありますが
    カナダや米国でパイロットや航空関連職種の免許を取得するの
    もいいと思います。

    免許を取得すれば現地でも帰国してもお仕事はあると思います。

    高い目標を持って今から頑張って下さい。

    ユーザーID:3720022694

  • ITははいて捨てるほどいる

    米国、カナダ、世界中ITの人たちは履いて捨てるほどいます。なぜ、わざわざお金かけてビザとって外国人雇う必要があるのでしょうか?一般には、それぞれの国で大学、大学院を終えてそのまま就職。外国人がいきなり来て仕事探ししても普通は難しいでしょう。旅行会社は主に現地人と結婚したすでに労働許可のある主婦が主に働いています。
    よって、本気で海外で就職したいなら、大学2年か3年で転学し、MBA等の大学院、若しくは、弁護士等の資格を続けて取り、就職するのが妥当ではないかと思います。現に私もそうしました。奨学金を取り、学生バイト資格を取り、授業料稼ぎながら、現地人と同等に言語を話し、読み書き、卒業して、就職し、会社に永住権取ってもらって、マネージメントレベルに就くには並みならぬ努力をしました。結果、今、年収は20万ドル越してますが、犠牲にしたものはいくつかあります。あなたにはその覚悟ありますか?

    ユーザーID:2269597270

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧