• ホーム
  • 男女
  • 何が幸せな結婚なのか、分からなくなりました。

何が幸せな結婚なのか、分からなくなりました。

レス51
(トピ主1
お気に入り90

恋愛・結婚・離婚

牛乳

30代独身女性です。彼氏はいません。

今まで恋愛は人並みにしてきたつもりですが、結婚となると、この先本当にこの人でいいのかな、とか、無駄に不安ばかりが頭をよぎってしまいます。

幸せになるって何なんだろう、どんな男性と一緒にいることが自分にとって幸せなんだろう、自分の結婚観は何なんだろうと沢山考えすぎて分からなくなってしまいました。
完全にこじらせています・・・。こんなはずじゃなかったのに(笑)

結婚することが幸せとは思っていませんが、自分や両親のため、将来は子どもも欲しいので、一生独身でいたいとも思っていません。

特に既婚女性の方にお聞きしたいのですが、今のご主人との結婚を決意されたのは何故ですか?
また、「結婚すること」に対して何か理想像はありましたか?

結婚観についてどんなことでも良いので教えて頂きたいです。

ユーザーID:1347535287

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • SWOTアナリシス

    もう随分前のことですが、この分析を自分自身に対して行い、自分にないもので欲しいものを書き出して、夫と交際を決めました。自分にないものを認める良い機会になりました。結婚して十数年、分析はあっていたと思います。

    ユーザーID:0663540531

  • 大変だね

    私は22歳で結婚しました。
    決意も何も、ただ相手を好きだっただけです。
    できちゃったではありません。
    駄目になったらやり直せばいいや〜、と気楽に結婚しました。
    幸い15年たった今も夫婦仲は良好で子宝にも恵まれています。

    同年代の独身の友人でトピ主さんと同じようなことを言う人がいます。
    大変だなあと思ってしまいます。
    私の時はやり直しのきく年齢だったのでノリで結婚できたけど、30過ぎれば失敗できないですもんね。
    お相手選びもより慎重になるでしょう。

    けれど過ぎてしまった時を数えても仕方がないし、言ってもまだ30代。若いですよ。
    失敗したって40代50代60代でリスタート切ればいいだけです。
    石橋叩きすぎて、年老いちゃもったいないと思ってしまいます。

    「絶対失敗できない」という先入観をとりあえず薄めてみたらどうかな?
    そろそろ独身にも飽きたでしょう?

    ユーザーID:2363910890

  • 理解できません

    結婚前に、この男性なら絶対に幸せになれるなどという結婚はあり得ません。

    結婚してから「こんなはずではなかった」と離婚する夫婦は数多くあるのです。

    そんなことを考える前に、二人で幸せになろうと努力することが大切ですよ。

    ユーザーID:0757927084

  • 私の場合は

    7歳年上の現夫と23歳で婚約し8ヵ月後24歳で結婚しました。

    決意したのは
    ・転勤族の為色んな土地で暮らせるし、優しく穏やかなこの人とだったら穏やかに笑って暮らせて
     共通の趣味である旅行をずっと一緒に楽しめると思ったから

    理想像
    ・優しく穏やかな性格の年上の夫に可愛がられて甘やかされて不自由なく暮らす事が理想でした
     現在までずっと理想通りに暮らせています。

    ユーザーID:3796929147

  • 自分しか見えてない

    私の考えでは、結婚とは二人の人間がお互いの幸せのために努力し合う関係であり、お互いが一致したターゲットを目指していれば、自然と幸せになるものだと思います。

    トピ主さんの場合、まだ結婚には早いというか、結婚に対して夢を見ているだけの状態なので、いつまでも結婚に至らないのではないでしょうか。

    結婚というのは、相手がいて初めて成立します。そして、その相手にも人としての考えもあり、生活もあり、好悪の感情もあります。
    しかし、トピ主さんの結婚観は「自分にとって幸せ」「自分や両親のため」など、ご自身のためになるのかどうかしか見えていません。

    相手のために自分には何ができるのか。自分が幸せにできる人はどんな人なのか。
    そういう視点なく、自分が何かしてもらうこと、自分の利益を図ることを考えていては、どういう相手がいいのか見えてこないのは当然でしょう。

    相手のために何をしてあげたくて、何ができるのかが見えてこないと、当然、自分のできることや長所が何で、できないことや短所が何なのかは見えてきませんから、自分のことは棚に上げて相手の良し悪しばかり考えてしまい、結婚に至らないのは当然です。
    自分の市場価値も冷静に判断せず、相手と自分のマッチングする部分しない部分も見えなければ、どういう人と結婚すればいいのかわからないのは、仕方ないですよね。

    いま相手がいないのなら、相手のことを考える以前に、まず自分のことをよく考えてみるべきでしょう。

    ユーザーID:6137680159

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 結婚に夢は無かった

    機能不全家族に育ったので、
    家庭の悲惨さの方を多く味わった成長期だったと思います。
    だから結婚に対して10代から全く夢がありませんでした。

    でも、孤独な人生は嫌だなと思っていたし、
    実家だけが唯一の家庭像じゃ無いし、
    世間の自然な、普通の、
    素敵な家族を作れないか…と思いました。

    そこで、
    人として自分と対等に接してくれる男性と、
    理解を深め合い、愛情を育てられるなら、
    お互いに幸せを感じられる結婚をしたいと変化しました。

    自分が幸せになりたかったのは勿論ですが、
    相手にも私と結婚することで幸せになって欲しかった。
    互いの弱いところを補い合い、
    良いところは壊さずに育て合う。
    そういう人と巡り会えたら…と、
    20代後半は毎日考えて生きていました。

    そのうちに今の夫と出会いました。
    プロポーズされたけど、やっぱり結婚に不安が多かった私に対して、
    夫は「僕がいるから全部大丈夫」とは言いませんでした。
    「自分はこういう人生を歩きたい。
    だからこういうことをしていきたいし、
    君と一緒にたくさんのことをできるようにチャレンジする。
    君は?」…と聞かれました。

    こんな、適当な事を見切り発車的に言う訳で無く、
    不器用だけど誠実な人柄が完全に好きになり、
    結婚に至りました。

    夫も私も欠点はありますが、
    許し合え、励まし合える一番の仲間、
    一番大切な人である事は30年経っても変わりません。

    何か参考になれば幸いです。

    ユーザーID:4616999552

  • 2回結婚しました

    1回目は20代前半で結婚しましたが、たまたま近くにいた人を好きになって、2年くらい順調に恋愛してから結婚しました。

    性格は良い人だと思ったのに結婚してから、自分勝手なところが出てきてモラハラされて離婚しました。

    2回目の結婚は40代でしましたが、今だから分かりますが、最初の結婚は私は何も考えていなかったのです。
    物事が順調にいっているときは、人は優しく見えるものです。逆境の場面で人格が出ます。
    最初の結婚相手の年収は低かったですし、将来は親と同居を考えているようでした。若い時は気にしなかったのですが、2回目の結婚では相手の年収は高い人にしましたし、親と同居したい男性も避けました。
    モラハラになりそうな男の特徴も分かったので、避けました。

    2回目の結婚を決意したのは、一人で生きていくよりも、結婚したほうが幸せになれると確信したからです。

    1回目の結婚の時もそう思ったのでしたけど、経験を積んだので2回目の方がちゃんと分かるようになりました。

    あんまり考えすぎると結婚できないですね。

    でも、私みたいに若い時に何も考えずに結婚なんてしていなくて、トピ主さんは良かったと思います。

    私の2回目の結婚は上手く行きましたけど、結婚は半分は運みたいなものもあるので、いつ離婚してもいいと思って結婚したほうがいいかもしれませんね。

    私は一人でいるよりも、夫がいたほうが辛くなったら離婚するつもりです。
    例えば、私が具合が悪いときは私の看病してくれたり心配してくれる人ならいいけど、私が具合が悪いのに男が「俺の飯は?」なんて言う人だったら離婚するつもりです。

    今のところ、いつでも夫は親切で優しいので結婚して良かったと思っています。

    助け合える人との結婚は幸せですけど、男が自分の世話を要求する人だと結婚しないほうがいいです。

    ユーザーID:3884633588

  • どうにもいられなかったから(笑)

    私は結婚願望あまりない人でした。仕事もあったし一人も好きだし。
    でもある日彼を見送った時にこれじゃだめだ、って思っちゃったんです。
    「このまま彼が帰りに事故を起こしたとして、私に連絡来ないのでは?来週の週末遊びに来ないなあと思って電話したらお葬式やったなんてこともあるのでは・・・」週の半ばに急病になって入院して、危篤状態だった知って駆けつけても面会が家族だけっていわれたら私は蚊帳の外・・・」
    そう思ったらどうにもいられなかったんです。
    彼に何かあったら一番に連絡の来る存在になりたかった、彼のそばに一番に駆け付けられないなんていやだ、彼が死ぬときに彼が一番好きな私がそばにいて彼を見守ってあげられないなんて彼が不幸じゃないか!とまで考えが発酵いたしました(笑)
    彼のほうに事情があったので逆プロポーズはしませんでしたが、その事情を押して彼もいっしょにいたいと思ってくれていて、私が上記のように思った半月後にはプロポーズしてくれました。
    結婚に理想像。。。彼がいつまでも笑って楽しく暮らしてくれることです。そのそばに私がいられたらいいなという感じ。

    ユーザーID:1774783216

  • 考え出すとキリないかもね

    夫とは大学時代に知り合いました。友達から恋人になり、卒業後もつきあいつづけ、婚約者になって結婚。
    当たり前のようにそうなったなあと思い出します。
    なんだろう、、そうならないほうが不自然な感じでしたね。

    お互いがお互いを好きでしたし一緒にいて楽しかったですし、大学が同じだったことで学歴が同じ、育った環境もそこそこ似ていて仕事も同レベルだったのでその辺も安心感があった。それと学生時代からのつきあいだと、相手がどの程度頑張りやかっていうような根性の有無、あとは人間力なんかもわかってましたからね。

    結婚の理想像? それは改めて考えたことはなかったですけど、彼と一緒に生きていきたい、彼の子どもが欲しいなってそれくらいかな。
    好きな人と一緒にいることが一生続けばいい、これが理想の結婚って思っていた感じかなあ。

    やはりお互いを知った上で好き同志っていうのは前提にあると思います、幸せな結婚は。それでも喧嘩もしますし日常生活には色々ぶつかることもある。
    でも乗り越えられるんですよ、好きだからね。

    ユーザーID:6000903017

  • 何となく結婚しました。

    私には結婚について憧れもなく、どんな生活がしたいとか何もなく、何となく結婚しました。もし嫌になったらいつでも離婚して親元に帰ろう・・・・と思ってお気軽に!で結婚しましたが、理想も何もなかったのが良かったのか、今まで25年以上続いています。

    今にして思うと、変に理想を持ち込むと理想とのギャップで不満が出るのかと思いますし、色々な人がいますから、人と比べても当てはまらない事が多々あり、それが普通です。
    結婚の決意は、ただ好きだから…としか言いようがなく、
    何が幸せか?と言われれば、好きな人と一緒に毎日が過ごせて穏やかに問題なく過ぎて行くことかなぁ・・と思います。

    結婚生活が上手く行くか行かないかは、本当に日々の積み重ねだと感じますから、積み重ねである上、どうとでもなると気軽に感じます。

    ユーザーID:9422741752

  • もー、勢いですね

    結婚観?なんだそれーって感じ。

    私は、好きな人と一緒に生活したーい。
    結婚してから「この人って長男だったんだー」って気づきました。

    若かったので、なーんにも考えないで結婚しちゃいました。
    もー、カルチャーショックの連続で、よく離婚しないでこれたなーと思います。

    義両親には感謝しています。20歳でなにも出来ない「子供が子供を産んだ」ような無責任な「嫁」で、子育てから生活面まで面倒みていただけたからこそ、今までも今からも働きつづける事ができました。
    周りに支えられたから今があります。これから少しでも返していきます。

    結婚も子供も自分の為です。両親の為・誰かの為なんて考えは傲慢です。
    そして「幸せにしてもらう」のではなく、「幸せになる」のは自分の努力次第です。

    >この先本当にこの人でいいのかな?
    と不安になれば、相手も同じように不安を感じたから、別れトピ主は今も独身。
    トピ主と別れた彼らは別の女性と結婚して幸せになったことでしょう。

    思って・考えているだけ!では「結婚」も「何も」はできません。
    自分から行動しなければ「何も」できません。

    なーんにもしないで年齢を重ね、両親の介護をして終る人生もあります。頑張りましょうね。

    ユーザーID:6745386650

  • 相手をリスペクトができるか否かにポイントあり

    自分自身をみがかないと、似たような男しかトピ主の前に現れないよ

    トピ主が目標を定めて、どのような人生に挑戦するか明確にしよう。
    されば道は開ける

    ユーザーID:5488523589

  • 気合です

    それまで別々に暮らして来た二人がある日から一緒に暮らすようになるので、うまく行くのか行かないのか、やってみないとわかりません。人生最大の賭けと言えなくもないと思います。

    幸せになるってどういうことなんだろうなんていくら考えても答えは出ないと思います。幸せになれるように二人で頑張るのが結婚なんじゃないですか。三十数年やって見てそう思います。

    ユーザーID:1032016802

  • そんな難しい事は何も考えませんでした

    結婚はアラサーでしたが、単純に「この人ともっと長い時間一緒に居たい」が理由でしょうか。
    交際しているだけならデートが終わればそこで別れますから、結婚して一緒に住めばそのままずっと一緒に居られる、と思いました。
    そんな単純な事です。

    ユーザーID:8286589608

  • 私の場合

    非モテ女子で、でも結婚願望もあって、子供嫌いなのに自分の子供は欲しかったです。
    両親不仲の元で育ち、温かい家庭を築きたかったです。
    お互いにリスペクトできるのが理想だったかな。
    そんなに特別な理想があったわけではないです。

    28で旦那と交際して、職場恋愛だったこと、早く実家から逃げたかった、仕事からも逃げたかった、色々重なり半年で結婚しました。

    結婚したら旦那のモラハラがわかり、でも仕事も辞め実家に戻るのもためらわれ、まだ旦那のことも好きだったし子供も欲しく。
    そんなこんなで10年経ちましたが、子供は2人自閉症児ですが恵まれ、モラハラされながらも、なんとかかわし?たまに爆発し、今に至ります。
    育児には協力的で助かってます。

    ユーザーID:2320397847

  • 精神的には

    浮気をしない、自分だけを愛してくれる人かどうか。

    金銭的にはあるに越したことはない、とは思います。

    イケメン…。子供の事が気になりますよね。でも浮気の確率は上がります。

    やはり、若い時からモテてきた人ほど、女性を大切には思ってはくれません。

    でも、ブサイク=モテない=イイ人ではありません。ここ重要です。

    ユーザーID:9116308757

  • そうですね

    30代になると結婚に踏み切れなくなるのは、20代と比較すると現実を知ってしまっていたり、若気の至りじゃないけれど勢いがなくなっていたりするからだと思います。

    恋愛経験が多いことも、結婚に繋がらない一因かも・・
    「今よりも次の人の方が理想に近いかも知れない」なんて思うと、今の人とは結婚出来ませんよね。

    私が結婚を決意したのは。。
    20代後半でしたから、そんなに若い結婚ではないけれど、30代40代から振り返ると未熟でしたね。
    20代でも不安を抱えての結婚でした。
    でも、自分にとっては初彼でほかの選択肢もいなかったし、やはり「この人と一緒にいたい」という思いが強くなったことが私の決意でした。

    結婚観だの理想像だのよりも、自分の目で判断した「この人の誠実さ」を信じました。
    他のことでは優柔不断なんですが、その判断は正解だったみたいです。

    ユーザーID:6160881341

  • 楽しいかどうか

    すでに長く1人暮らしを楽しんでいたので、楽しくなくなる結婚ならしないほうがいいと思っていました。

    結婚を決めたのはこの人となら楽しい生活になると思えたからです。
    外出しなくても2人で会話をしているだけで楽しい、趣味も合う、1人より2人のほうが楽しいと思ったから結婚しました。

    子どもがいる生活が楽しいと思えるなら子供を産み育てられる人を、お金のかかる趣味が楽しいなら高収入な人を、2人で遊ぶのが楽しいなら趣味が合う人といった感じで決めればいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:9272130587

  • 無題。

    結婚9年目、30代後半既婚女性です。

    当時は恋人だった主人が仕事で悩み、かなりストレスを溜め込んでいた時期、毎日毎日悩み、鬱になる直前の様に見え、見るに見かねて「仕事辞めてもいいよ。私も仕事しているし、贅沢はできなくても家賃や食費は私が支払えるよ」と伝えた事がありました。

    私が結婚を決めた理由は、
    一緒にいてとても楽しい人、落ち着ける人。
    そして相手(主人)が辛い時も支えてあげたいと思える人だったからです。

    特に理想像はありませんでしたが、いつか結婚したいとは漠然と思っていました。

    私はズボラなので良い妻・母ではないですが、主人の文句は言わない、今あるものに感謝する、等は心掛けています。

    ユーザーID:1599018295

  • 私は経験上”最低ラインが私”+恋心・愛心視点

    まず私が凄い人って意味ではありません。でも私には必要な指標です。

    段階があります。まずA(交際を続けるか)B(結婚後の最低ライン)・C

    A:最低限譲れない事柄が似てる
    B:結婚後の方針が似てる
    C:価値観が違った場合の態度+トータル


    Aは結婚以前の問題で例えば金銭感覚や異性・友人の価値観、嫉妬のレベル、性生活
    例:女友達と言ってるけど実は元カノだった場合、私は受け入れられません=別れ

    Bは子供の有無や住む場所、同居の願望等々の方向性
    例:子供が欲しい場合
    子供が欲しいと思うは最低ラインで、妊娠や妊婦、不妊等の知識が全く無いのに上っ面だけ「子供が欲しい」って言ってる人なら注意、でもそこで指摘すると勉強する姿勢があるならプラマイゼロとかです。

    Cはこの場合歩み寄る姿勢が無い・調べたりして勉強しようとする気がない人、は私は選びません。トータルで、頼りがいが有る、きちんと受け答えをする、ユーモアさやポジティブさはどうかを見ます。


    こう文字にすると堅苦しいですが、違和感を感じたらそこを素通りしない、疑問を持ったら聞いてその時の返答の態度・言動で判断します。

    ”些細な価値観が些細な価値観で済む”人と、”些細な価値観のはずなのに大きな悩みになる”人、がいます。これは譲れない価値観を軽視したから陥る現象だと思ってます。
    例:異性や嫉妬の価値観が違うのに我慢すれば良いと思ってた→結婚後その我慢の限界がくる
    例:子供が欲しいと言ったってだけで判断し、でも実際は知識が無い人・欲しい時期が違った→気持ちの温度差による悩みが生じる

    恋の視点と愛の視点があるので単純には難しいです。
    新婚でラブラブさを維持するには恋心もあってこそですし、静かな空間でも心地よく幸せを感じるには愛心も必要です。

    恋愛の温度差がなるべく同じ人・精神年齢が高い人はハズレは無いと思います。

    ユーザーID:5567440700

  • 30代で子供が欲しいなら

    不妊治療などを積極的に協力してくれる人かどうかが
    重要じゃないでしょうか?
    いまどきは30歳を過ぎると妊娠できない人がすごく多いです。
    35歳からは高齢出産ですし、悠長なことは言ってられないと思いますよ。

    ユーザーID:9585188925

  • 好奇心かな

    私が結婚を決めたのはぶっちゃけ好奇心ですね。恋愛経験はそれなりにあって、恋愛についてはもうだいたいわかったと思ったので、まだ知らない未知の世界を知りたいと思いました。上手くいかなかったら離婚しても次はいる、くらいに思ってましたね。幸い紆余曲折ありつつも結婚22年を迎えましたが。恋愛って相手が変わっても自分はそうそう変わらないので、別の人と付き合ってもそう劇的に違うものでもないと思うんですが、結婚して子供が産まれるというのは当たり前ですが初めての経験だったし、子供の成長と共に次々と未知の世界が出てきて面白いと思いました。といっても子供には発達障害があって子育ては大変だったし、夫の海外転勤で言葉の通じない国に住む期間も長く、それなりに苦労はしていますが、元々飽きっぽい性格なので同じ生活がずっと続くよりは刺激があってよかったです。

    相手に対しては学歴や収入などにはこだわらず、外見と性格のみで選びました。結婚当時は私より収入も低かった夫ですが、勤勉な努力家だったので贅沢はできなくても生活はできるだろうと楽天的に考えていました。今はその努力が実って余裕のある暮らしになりましたが、結果論ですね。
    結婚当初はあまり深く考えてなかったけど、結婚は恋愛では学べなかった様々な気づきがあり、とてもよい勉強になっています。どんないい相手でも自分が何もしないで幸せな結婚が続くことはないと学びました。離婚しても次はいるかもしれないけど、やっぱり自分が変わらなかったら相手が変わっても同じことの繰り返しになるでしょう。不完全な人間同士が時にはぶつかりながら相手を知っていく中で自分を変える努力もして幸せを作り上げていく、そのためには相手に幸せにしてもらうだけでなく、自分も積極的に相手を幸せにしてあげたいという気持ちが不可欠ですね。

    ユーザーID:7939436306

  • 特に何も考えてません

    単に相手が好きで、一般常識とか金銭感覚とか
    一緒に暮らす上でもっとも重要そうな価値観が
    合っていたので一緒に暮らしていけそうだな、と
    楽観的にかまえて結婚しました。
    短所も長所もお互い認識しあって受け入れてます。


    結婚は、何もかも幸せで波乱は一切ない
    絶対安全幸せ保証制度って訳じゃありませんからね
    結婚してからむしろ苦労の連続です

    でもそんなの当たり前ですから。
    主人と些細な事で大喧嘩することもあるし。
    くだらないけどこれも結婚してからの人生の1コマ

    なんていうか夢見すぎなんじゃない?
    確かにこじらせてますね。


    幸せとは何か。上手くいえませんけど確かに言えるのは
    こじらせていない状態が幸せです。
    こじらせている人は確実に不幸だと思います。

    幸せになるとは何か?なんていちいち考えてないや
    他人と比較しない。自分や家族が日々平穏で楽しく
    過ごせていればそれが幸せです。


    トピ主はずっと拗らせて高望みして
    結婚できないまま人生終える方が合ってると思うよ。

    ユーザーID:7989148365

  • 難しいですよね

    既婚子なしアラフィフです。

    主人と結婚しようと思ったのは「とりあえず一緒にいたら生きていけそう」と思ったからです。
    経済的な面よりも、大災害に遭っても「この人にくっついていたら何とかなりそう」と思いました。
    いろんなことを知ってるし、できるし、冷静に物事分析できるし、口もうまい、要領もいい。
    簡単に言えば「頼りになる」ってことでした。
    こう書くと凄い人みたいですが、短所もいっぱいいっぱいあります。
    まぁ、人間ですからね。お互い様だし。

    私は割と自分が頼りにされることが多く、それがさほど苦にならない方だったのですが、頼りにできるって精神的に楽だなって思いました。
    主人に何かあったら私が何とかすればいい、とは思っています。

    経済的な面は結婚当初はさほどだったのですが、一緒に暮らしていく中で、私も働くし、
    だんだんとよくして行けばいいと思っていたので、最低限暮らしていければ程度で見てました。
    実際今は主人に食べさせてもらって、私は自分の小遣い分だけバイトしてます。

    結婚への理想というか「結婚したら子供ができて、TVで見るような生活になるのかな?」
    なんて当たり前に思ってましたが、私が原因で子供はできませんでした。
    それでもとりあえず毎日平穏に暮らせてるので、そこそこ幸せです。

    一緒にいて自然体でいられて笑顔で暮らせること、
    何かあってもきちんと話し合いできること、ちゃんと向き合ってくれること
    お互いに尊重すること
    が、私はとても大事だと思います。
    結婚って生活なんですよ。毎日続きますから、それは忘れずに。

    ユーザーID:8448523246

  • 好きなだけ考えればいい

    他人に聞いたところで、自らの気づきが無ければ意味がないですよ。
    幸せな結婚は個人差がありすぎますから。

    あなたに会う人は、必ずいます。
    その人に会えば「この人でいいのかな」とは思いません。

    自分がどういう人間か。
    どのように生きていきたいのか。
    そこに赤の他人が入る余地があるのか。
    自分と向き合い、「自分」を知ることから始めればいい。
    不安にかまけて考えるのを止めてはダメです。

    ユーザーID:2895721006

  • 理想を追い過ぎないこと

    >どんな男性と一緒にいることが自分にとって幸せなんだろう

    「自分が幸せになる」だけではなく
    「相手にも幸せを与えたい」と考える方が結婚はうまく行きます。
    結婚はゴールではなく生活です。
    お互いが思いやりを持って相手を尊重し、出たり引っ込んだりしながら
    うまく調和していってこそ幸せが長続きします。

    結婚相手を選ぶ基準としておススメするのは
    『これだけは最低限譲れない』というラインを持つことです。
    それ以外の条件については妥協も必要です。
    なぜならすべてを兼ね備えた完璧な相手などほぼいないし、
    いたとしても自分と釣り合いが取れなければ選んでもらえないからです。

    まあそう言いながらも、
    私自身はその【絶対譲れない条件】がすごく多かったですけど(笑)
    参考までに、

    タバコを吸わない・賭け事しない・女遊び(風俗も)しない
    大企業勤務で年収は最低1000万以上
    学歴は私と同等くらいはあること
    健康で丈夫
    歯並びが良く、食事マナーが完璧
    真面目で責任感があり仕事を頑張る人
    車の運転が上手な人
    子供を希望しない人

    ・・・これくらいでしょうか。
    もう大学卒業時には「そういう相手を将来見つけよう」と思っていました。
    その後20半ばで条件をクリアする夫(30代前半)と恋愛し、熱烈に求婚されて今に至ります。
    とにかく何人もの男性をふるいにかけ、クリアしない人はどんどん落としていきました。

    夫について、もちろん妥協した点もたくさんあります。
    容姿などです。
    元々「容姿は一番最後でいい」と思っていました。
    清潔感があって十人並の顔であれば、あとは別に困ることもないですから。
    夫はイケメンでも高身長でも筋肉質でもないですが
    本気で一番カワイイ人だと思っています(笑)

    あなたにとってベストな人が見つかりますように。

    ユーザーID:6516690334

  • 既婚女性でもなく、男性ですが

    罪と罰やカラマーゾフの兄弟などで有名なドストエフスキーの言葉に、「人は結婚によって一人の人しか幸せにできない」というのがあったと記憶しています。
    (私は両作品ともにまともには読んでいません・・・悪しからず)

    「どちらの人がよいでしょうか?」というような打算の気持ちよりも、トピ主さんの懐疑の中の願望(希望)に私は心を惹かれます。

    ユーザーID:0765886173

  • 幸せの所在

    う〜ん。

    主さんのように、「相手に幸せにしてもらおう」と思っている人って、たぶん、何がどうあっても不満なんだと思う。

    なぜなら、この世に完璧な人間はほぼいないから。
    人間誰しも、どこかが不足している。

    主さんのような人は結局、相手の不足部分しか見えていないんだと思うよ。
    自分のことは棚に上げて。

    幸せは、自分で作るものであって、何もしないで与えられるものではないんですよ。

    ユーザーID:5507430623

  • 結婚して20年です

    20代前半で結婚し、20年経ちました。

    結婚を決意した理由はシンプルで、
    一緒にいたいから、でした。
    この人と一緒に過ごせない人生は
    考えられないと思ったので。
    夫は、私が出会った人の中で一番
    優しい人だと思います。
    それは出会ってから今まで変わりません。

    結婚することに対しての理想像は
    特にありませんでした。
    結婚って、結局、現実だよね、と
    そこは冷めていたのです。

    皆さんそうだと思いますが、人生って
    色んなことがあります。
    いいこと悪いこと、天災、病気など。

    まだ、人生の結論など出せる年齢では
    ありませんが、それでもこの人と
    一緒になってよかったな、と思っています。

    ユーザーID:2574186256

  • 「この人とずっと一緒にいたい」

    と思って、相手もそう思ったから結婚した。

    それだけです。

    ユーザーID:9074480934

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧