【PR】今まで見たなかで印象に残っている天体を教えてください!

レス28
お気に入り19

編集部

編集部

きらきらと夜空に瞬く、満点の星や月。
四季を通して様々に変化していく天体は、神秘的で見る人の心に癒しと感動を与えてくれます。
世界には夜空を鑑賞する沢山のスポットが存在し、誰にでも心や思い出に残るシーンがあるのではないでしょうか。

そこでみなさんに質問です!
星空、月、流星群、日食、月食など、
あなたの「今まで見たなかで印象に残っている天体」を教えてください!

例えば、
「お家の庭で家族とオリオン座の天体観測」
「沖縄の離島で見た流星群」
「カナダでオーロラ鑑賞」
「ハワイのマウナケアで観た満点の星」
「プラネタリウム観て聞いた、星座のお話」

…などなど!
皆さんの投稿をお待ちしております!

※旅の情報サイト「たび小町」はこちら。
※このトピへ寄せられたレスは、「たび小町」の中で紹介させていただく場合があります。

ユーザーID:1742067608

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 天の川

    大学のサークル合宿で八幡平に行った時、生まれて初めて天の川を見て大感激しました。本当に「川」なんだなって。ミルキーウェイと言われるのも納得いきました。
    その時はちょうど流星群(ペルセウス座かな?)の時期で、施設の屋上にみんなで寝袋を並べて見た満天の星と流星という夜空の美しさは、今でも目に焼き付いています。

    その時天体望遠鏡で土星を見せてもらったのですが、「ホントに輪っかがある」っていうのも感激でしたね。

    ユーザーID:9559611442

  • 土星から見た地球

    ネットで見つけたのですが、土星探査機が土星の近くにいて、そこから見える地球です。
    点にしか見えない、小さな光でした。
    そして、よく目を凝らすと、近くにさらに小さい光が。それが月。

    宇宙から見たら、こんな小さな点の中でいろいろな出来事があるんだなあと思うと、
    もっと平和になれたらいいのにって思いました。

    ユーザーID:8873841283

  • 双眼鏡で見たプレアデス星団

    子供のころから星は好きでしたが望遠鏡は持っていませんでした。
    初めてレンズを通して見た星はプレアデス星団。
    知り合いに貸してもらった双眼鏡を使いました。

    なぜそこに目を向けたかというと探しやすかったからです。
    プレアデスの別名「すばる」は天文ファンでなくても結構知ってる有名な星団なので。
    肉眼で見るのとはまた違う豪華な輝きにため息が出ました。

    その後大口径望遠鏡で星雲や星団を見る機会もありましたが、あのプレアデスには敵いません。

    ユーザーID:0308993153

  • 今夜は皆既月食です

    しかし台風の影響で見られそうにありません。
    とてもとても残念です!

    でも一縷の望みを捨てずに、早朝4時には起きる予定です。

    ユーザーID:6669487900

  • ハレー彗星

    私がいちばん印象に残っているのは、1986年のハレー彗星です。

    観測のために南半球へ旅しました。

    ようやく、1ドル=200円を切ったばかりの時代、とても高い旅行でしたが、一生の思い出です。

    ユーザーID:6669487900

  • 流星群

    今から18年前の流星群。
    第二子が「お腹の中で成長していません」と言われ、手術前日。
    夫は仕事で帰宅が遅く息子を寝かせた後で一人で外に出てずっと夜空を見上げていました。
    流産が確定しても信じられずに栄養のある物をせっせと食べて「赤ちゃん生きてる!って先生もビックリするかな」等と思い前向きに生活し、手術前日の夜、流星群を見上げながら赤ちゃんに会いたいとひたすら願い続けました。
    赤ちゃんはダメでしたが手術が無事終わった事に感謝しました。

    あと、結婚したての夫とドライブして山の中の駐車場で寝っ転がってたら夜空に衛星が飛んでいて「UFOかな!」と大騒ぎしたのが懐かしいです。
    私の母はUFOに遭遇したらしいです(笑)

    ユーザーID:5695904677

  • 探査機ボイジャーが撮影した太陽系の惑星の写真

    40年以上も前に打ち上げられた探査機ボイジャーが撮影した、私たちの太陽系の写真。

    太陽系を出ていくときに振り向いてみんなの集合写真を撮ってくれたようで。。。

    真っ暗な宇宙に、とても小さく、でも確かに存在する惑星たちの写真を見たとき、なぜか涙があふれて止まりませんでした。

    ユーザーID:7802382577

  • 1996年

    百武彗星 - 日本人が発見、名前も印象的。

    翌1997年はヘール・ボップ彗星も観測。幅広の帯様だったのが記憶に鮮やか。

    同年、ハワイ島オニヅカ・ビジター・センターで木星の2つの月を天体望遠鏡で見る。

    2012年6月、金星の太陽面通過、そして2016年5月、水星の太陽面通過。

    最近の一大イベントは昨年8月の皆既日蝕、アメリカのオレゴン州で見た。 2021年12月、南極での皆既日蝕観測も手配済み!

    ユーザーID:7830789050

  • 1997年GWのヘール・ボップ彗星in口永良部島

    1997年に香港〜大阪間の帆船レースがあり、世界各国の船が参加。
    その第2レグの沖縄〜鹿児島間で日本の船に乗っていた時の事です。

    途中隣を走っていたデンマークの船と共に屋久島の西にある
    口永良部島に立ち寄ることとなり、夜は浜辺でBBQ。
    食後は満天の星空の下、参加者の皆と船のデッキに寝転がって
    大きくぼーっと光るヘール・ボップ彗星をずっと眺めていました。

    突然ヨットや帆船で訪れた私達を温かく迎えて下さった
    島の皆さんのご親切とあの彗星の輝きは今でも忘れられません。

    ユーザーID:5439846264

  • 地球から見た星空

    一昨日ボイジャーの投稿をしましたが、これはたび小町用のトピだったのですね。
    失礼いたしました。
    太陽系の果てなど、行けるはずもなく。

    地球上で見た一番印象的な天体は、鹿児島県菱刈町の星空です。

    この世のものとも思えない満天の星空。
    天の川もはっきり見えて、「天の川って本当にあるんだ!」と思いました。

    「まるでホウキで掃けそうなほどたくさん星がある!」と言って同行者の顰蹙をかいましたが、あれほどすばらしい星空は他に見たことがありません。

    プラネタリウムで見られるだろう、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、空気感が全く違うのです。

    もうずいぶん昔で、菱刈町という町名も町村合併で変わったと聞きます。
    でもあの星空は今も変わらないことを心から願っています。

    ユーザーID:7802382577

  • 土星

    もう何十年も前の事です。
    小学生の5年生か6年生の頃だったと思います、
    夏休みに新しく学校で購入した天体望遠鏡で、星空の観測をする事になりました。
    夜の7〜8時ごろでしたか、学校の校庭に10人位が集まり、
    先生の星座の説明から始まりました。
    オリオン座、カシオペア座、ミルキーウエイなどの星座の説明から始まり、
    いよいよ望遠鏡で天体観測が始まると言う事に、
    私は「どんな風に見えるのかなぁ?」とワクワクして順番待ちをして居ました。

    最初、望遠鏡で見た星は月でした、クレーターも見えました。
    祖母から聞いていた、月でウサギが餅つきしてると言うのとは随分と違ってましたね。(笑い)
    順番が入れ替わる度に違う星の観察。
    次は肉眼でもオレンジ色に見える火星でした、 綺麗でしたね。

    次は待望の土星でした、中心に星が有り、その周りの輪っかが大きくて綺麗に見えましたね。
    凄い星が有るものだと興奮して「凄い!土星の輪っかがくっきり見えるね!」
    と相当に興奮して、大きな声を出したの覚えてます。

    その日以来、天気が良い日は星空を見るのが好きになりました。
    今はアメリカに居ますが、空気の良い所に住んで居るので、
    星がくっきり見えます。
    天気の良い日には必ず夜空を眺めて居ます。
    夜空に輝く星達は、ずーっと遠くの天体に宇宙人が居るかなとか、
    生きて居る内に私も星に行ける時が来るのかななんて、
    想像をあれこれ巡らせながら夜空を見上げて居ます。
    星空は私にとっては、想像力を無限に掻き立てる永遠のロマンですね。

    ユーザーID:1936506625

  • エジプトの無人砂漠で見た流れ星

    夏休みにエジプトに旅行に行き、観光地のルクソールには行かずに白砂漠のツアーに参加しました。一面白い砂に変わった岩がポコポコ。数人のツアーで私達の他に見渡す限り誰もいない。人工物も何もない。
    夜ご飯はキャンプファイヤー。寝るときはテントも張らずに砂地にマットをひいてその上で寝ました。
    夜中物音で目が冷めたら野生のキツネがすぐそばにいて興奮して目が完全に醒め、そのまま朝まで起きていました。
    空は満天の星、遮る建物も光もなく全方位の星がとても綺麗でした。ちょうどペルセウス座流星群の時期だったのか、流れ星がたくさん見られて本当に美しい夜でした。少しずつ朝が近づいて徐々に明るくなってゆく様子も劣らずとても美しかった。
    もう10年以上前、エジプト旅行は治安の心配もありあまり良い思い出はありませんがあの夜だけは本当に忘れられません。

    ユーザーID:6212548626

  • 北斗七星

    カーナビもスマホもない、24時間営業のコンビニも少なかった頃のこと。

    帰省の混雑を避けたつもりが真夜中に田舎道で迷ってしまい、北斗七星から北極星を見つけて、なんとか実家に帰りつきました。

    それ以来、夜空を見上げるとまず最初に、北斗七星を探してしまいます。

    ユーザーID:8225974211

  • シンプルになつの大三角形

    いや〜3年か4年のとき、宿題でだされたなつの大三角形が見えて「あれだ!」ととても印象に残っています。

    ユーザーID:4097176967

  • 金環食

    1987年の金環食、2012年の金環食。
    特に1987年のものは沖縄に行き、前日まで曇り雨予報だったのが食のスタートと同時に雲が次第に切れ、金環食になる寸前に太陽の部分だけ完全に雲がなくなりました。
    嬉しかったですね。観測者全員で快哉をあげました。
    2012年は子供たちは学校へ行ってた(観測)ので、堪能しました。
    たらいに張った水に映った小さなリングを、下の娘(当時3歳)が拾おうとしていてめちゃくちゃ可愛かったです。

    今は2030年の金環食を狙ってます。これを見ると生涯80年と考えれば、3度しかない日本で見られる金環食全てを制覇したことになりますので(笑)。

    あ、でも大本命は2035年の皆既日食です。
    それ見てから死にたいです!

    ユーザーID:0023155411

  • ヘールボップ彗星・・・でしたっけ?

    小学校3年生の時にハレー彗星が来て、世間がにぎやかでした。
    その昔に来た時に、ゴムチューブで空気を保持しようとしたとかTVでやっていたりして。
    長生きできたらもう一回みられそうだねって。

    でも望遠鏡で見る感じで、子どもの私はちょっと拍子抜け・・・

    その後、あれって多分ヘールボップ彗星だったと思います。
    もう彼氏と遊ぶのに夢中で、TVなんかあまりみてなかったし、ましてや天体ショー
    なんて眼中なかった時期です。

    でもまた彗星が来るらしいと耳にしていて。そういや、ハレー彗星って来たこと
    あったなって、思っていました。

    日が落ちてから、仕事の終わった彼のもとへ車を走らせていると・・・見慣れた
    山のすそ野に、どう見てもほうき星!えー!こんなにはっきり見えるの?!
    それからは、それほどマニアックではありませんが、天体ショーはチェック
    しています。

    昔の人々はとても驚いたでしょうね、こういうの。


    幼少期からずっと群馬です。
    市街地ではなく山奥。実家は低い山々に囲まれて空は狭いですが、車を3分
    走らせれば視界は開けます。
    いつもお買い物をする市街地よりずっと星の数は多いです。
    幼少期は、季節で星座が変わるのが自然とわかりました。

    時には高山村の天文台や、ほかの小さな天文台にも足をはこびます。

    ユーザーID:4432382826

  • 話題の

    ハレーホップ彗星を夕方と夜に見ました。とても不思議な輝きで、思わず星に願いを。あれから10年?今年は火星の接近を見ました!星ってあんなにキラキラしているんですね!

    ユーザーID:0652870108

  • ハレー彗星

    南インド洋を航海中に見ました。
    肉眼でも棒状に見えて、普通の星ではないのがわかりました。
    当時は私も若く、視力2.0乱視も無し。

    よく晴れて大気の透明度も高く、
    「襲いかかって来るような星空」でした。
    本当に恐怖を感じるくらいの満天の星空に、
    はるばる旅をしている彗星を見て、
    様々なお願いや祈りをしてしまいました。
    私は通常「非科学的」なことが大嫌いなのですが…

    次の接近時には私は100歳を軽く越えるので、
    もう見られないでしょう。
    私の家系は短命で70古来希な一族ですし…
    船乗り稼業で良かったと思う事のひとつです。

    ユーザーID:5987428970

  • 3つあります

    1ずっと前にオーストリア旅行で見た南十字星。
    日本でも北の方に住んでおり、滅多に見られないので。

    2(北の方に住んでいるため)まだ見たことがないカノープス。
    子供の頃、カノープスにまつわる衝撃的な逸話を知り、いつか見てみたいと思っていました。

    3さそり座。
    宮澤賢治「銀河鉄道の夜」に出てくるお話が好きです。

    ユーザーID:6554172644

  • 月、なんですが…

    小学生の時天体望遠鏡を買ってもらいました。田舎なので邪魔な街灯などないため庭で色んな星々を見ていました。が、ある晩満月をのぞいた時、月の赤道上の中心あたりから左方向へとジェット雲がまいているような状況を見たのです。「ありえね〜!なんだこれ?」場所を変えたりレンズにゴミ?とか確認してのぞいても見える状況に変化はなく、肉眼ではよくわからないが望遠鏡でなら認識できたので、親にも見てもらおうかなど考えてるうちに無くなってしまいました。当時は写真撮影などできるわけなく画像もありません。
    視力は小学生の頃は1.5か1.2でいたため見間違いでもないし、大気の無い月の周辺では「雲」状のそのようなものが現れるか?(今考えても)疑問だし…。

    お題とニュアンスが違いますが、忘れられない記憶のひとつです。

    ユーザーID:6038971781

  • しし座流星雨

    中高一貫校に入学し、天文部に入り、部活で行った五島プラネタリウムでしし座流星雨が紹介されて見たいと思ってから十数年・・・2001年のしし座流星雨は仕事で乗った船で太平洋を航海中に、360度水平線で雲ひとつ無く、星明りで影が見えるような圧倒的な星空の下で見ました。

    水平線に突き刺さる流星、流星のバーストで甲板にうつる私の影、何処を見ていても視界に複数の流星が入り続ける夢のような数時間でした。

    これで満足しちゃって、他の流星群をあまり積極的に見なくなってしまいました(汗)。

    ユーザーID:4653424166

  • 宇宙人の襲来かと思った

    北海道の、森の中にぽつんと建つプチホテルに宿泊した夜のこと。

    三階の屋根裏風になった部屋で、斜めの天井に天窓が切ってありました。
    夜中に目覚めると、その天窓に大きな光が幾つもギラギラ輝いているのです。
    一瞬、地球外からやってきた宇宙船かと思いました。

    星でした。

    山小屋などで満天の星は何度も経験していますが、あそこまで眩しいほどに明るい星は初めて見ました。
    眼鏡をかけてもっとよく見ようと思い小さく灯りをつけてしまうと、普通のきれいな星空に戻ってしまいました。

    今でも思い出すと、わっ、何だこれは!と思った胸の鼓動がよみがえります。

    ユーザーID:2544343045

  • オーストラリアのグリーン島から見た星空

    10年程前、オーストラリアのグリーン島にあるただ一つのホテルに宿泊した時に、砂浜から見上げた満天の星空。
    周りは海だけなので人工的な光がないため、星明かりだけで空がぼんやりと明るく、どの星もマイナス二等星から三等星くらいに大きく煌めいていて、それらが空中を埋め尽くし…周りの景色がフェードアウトして行って、自分が宇宙の真ん中を漂っている様な錯覚に陥りました。
    本当に宝石箱をひっくり返した様な美しさに圧倒されました。南十字星も、彼方の星団迄肉眼で見えた記憶があります。
    日本でも昔は綺麗な星空が見えたんですけどね。
    田舎住まいですが、自宅の周りは夜中街灯が付いていて個人的には残念に思っています。
    防犯上、必要だと言われれば反対も出来ず、私個人としては夜は真っ暗でも良いと思っているのですが。
    暗闇の恐怖、月灯りの風景、こぼれ落ちそうな星空、などが恋しいアラ還でした。

    ユーザーID:4767196833

  • 間違えました

    前述の文に間違いがありました。

    南十字星を見たのは、当然ながらオーストラリア旅行でした。

    よく文字を確認せずすみません。

    ユーザーID:6554172644

  • 金星食

    1989年の初冬、従姉妹と横浜をドライブしていたときのこと。
    澄み切った夕暮れの西空に、細い月の上に明るい星が(金星)ひとつ。まるでトルコの国旗のようだな〜と思っていたら、みるみる明るい星が無くなり、しばらくしたら月の下から出てきました。
    偶然に見ましたが、素敵な天体ショーでした。

    ユーザーID:1586468435

  • 火球!火球!

    2回、そう日を空けずに続けて目撃しました。

    1回目 家の近くの東方向、小学校の上で夕方目撃。ぱっと見た目30cm(に位には見えた笑)位の火の玉がぱ〜と3秒くらい光って消えた(燃え尽きた)。

    私  「!! おぉ〜?! あるまげどん?」 
    空見てあぽ〜ん。

    すぐさま地域の気象台に「○○地点から△△方向に火の玉みました。」
    急いでメール。

    程なく気象台さんからお返事
       
    気象台「確かに、その時間にその方角とおおよその高さに短い波長が認められました。おそらく火球と思われます。」 

    2回目 自動車運転中、また家の近くの西の方向、山の上に肉眼で見た目30cm(笑)位で3〜4秒、途中で2つに割れて消えた。(燃え尽きた)。
        
         ちゃんとブレーキかけて車止めました。

    「 ! あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ?・・・! 」
        
    これは長く感じた。

    もう気象台には問い合わせず、自分で火球に決めた。

    以上。 2回も見られて幸せ!でも大きかった!落ちるかと思った!

    ユーザーID:3898791341

  • 大停電で札幌で天の川が!

    先日の地震による北海道全域停電で、札幌で天の川が見れたんです!
    オリオン大星雲も見えてびっくり!
    停電が始まったam3:30頃と、その晩21時迄は雲がなく見れました。

    ユーザーID:2840219513

  • 2001年に見たしし座流星群

    2001年11月、小学1年生の息子と明け方近所の陸橋から見たしし座流星群。2それとやっぱり012年5月21日の金環日食。

    ユーザーID:9927250708

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧