• ホーム
  • 話題
  • 方言:標準語にはない、でもこれしかないって表現てなんですか?

方言:標準語にはない、でもこれしかないって表現てなんですか?

レス255
(トピ主1
お気に入り344

生活・身近な話題

ひよひよ

はじめまして。
岡山県出身、関東在住です。

私は、 すじっぽい、かたいお肉を しわい、といいます

しわしわで筋いっぱいで噛み切れない感じがでてて、これ以外の表現はないっておもっていますが
もちろん、こちらでは通じません。

でも、やっぱり 硬いお肉はしわい、これが一番ぴったりくるんだよなー と思います。


そこでふと、ほかの地方にも、この表現じゃないとあらわせない言い方ってあるのかなと
きになりトピをたてました。


みなさまの地方で、これをいうならこれが一番、っていう表現があったらおしえてもらえませんか?

ユーザーID:0764415723

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数255

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは

    >すじっぽい、かたいお肉
    の事は、
    こわい
    です。
    名古屋生まれ名古屋育ち。
    とっても>すじっぽい、かたいお肉
    こっわい
    です。

    がポイントです。

    ユーザーID:2692370855

  • シケ

    香川県の高松
    洋服などにつくホコリというか繊維を
    シケ と言います
    エチケットブラシはシケ取りと呼びます
    結婚して県外に出ましたが、嫁ぎ先では通じません
    シケはシケやろ!それ以外になんで言うのよ!と思います

    ユーザーID:1449670193

  • よもだ

    愛媛のことば「よもだ」。
    だらっとしまりのない人物またはそういう生活ぶりを指します。
    よそから引っ越してきて初めてこのことばを聞いたとき、「よもだって何?」と質問。相手からは、「よもだはよもだよ」という意味不明の返事が返ってきました。
    今ならわかります。よもだはよもだ。
    今日も よもよもしています。

    ユーザーID:7821457352

  • こわい

    青森県南部地方在住です。
    若い人はあまり使いませんが、
    体が疲れた、しんどい、辛いなどを「こわい」と言います。

    お医者さんの「今日はどうされましたか?」に、
    「体がこわくてこわくて」を使うと、
    この表現を知らないお医者さんは「?」となります。

    この「こわい」に「ゆるくない」がつき、
    「体がこわくてゆるくない」となるのですが、
    「体がしんどくて、とても大変だ」
    という感じです。
    でも、ちょっと違う気もするのでやはり、方言ならではの味わいなんでしょうね。

    ユーザーID:5349287108

  • 色々あるけど

    標準語では「できない」としか言えませんが、大阪弁だと「でけへん」と「ようせん」は微妙に違うと思います。ハッキリした区切りがあるわけではありませんが、後者はより自分の能力や気持ちが入ってくる感じです。
    例えば、「飲む」を例に挙げると「医者に止められてるからお酒飲まれへん」と「私はお酒に弱いからそないぎょうさんよう飲まん」というところでしょうか。

    「しんどい」も今ではTV等でよく聞くようになりましたが、もとは関西弁で、病気でしんどい、疲れてしんどい、難しい問題や仕事もしんどいと広くカバーする言葉です。

    ユーザーID:1930670510

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ぶんず色

    打撲の痕の青紫に黄色がかったあの色を指します。

    東京でうっかり使って「なにそれー?」と爆笑されました。青タンだよと言われましたが、ぶんず色はぶんず色なんだってば!黄色も入ってる!と伝えたら、黄土色だよ…と。いやいや青紫色も入ってるからぶんず色なの!

    …不毛な争いでした。
    茨城、福島辺りだと通じます。ネットで調べたら山ぶどう色が由来とか…なんか違うなあ。そんな綺麗な色じゃない。

    ぶんず色はぶんず色…。

    ユーザーID:8581305308

  • 北海道です

    「書かさらない」や「押ささらない」などで使う「〜さらない」ですね。
    単純な意味としては「書けない」などの「〜できない」なんですが、
    ニュアンスとしては「私のせいじゃない」が付きます。

    例えば「このペン書かさらない」では、このペンインクがない(or調子が悪い)から書けない(だから私のせいじゃない)。
    「このボタン押ささらない」では、このボタン固い(or壊れてる)から押せない(だから私のせいじゃない)。
    このニュアンスが出せるのはこの言葉ならではだと思います。

    ちなみに「書かさらない」「押ささらない」に限らず、「〜さらない」は色んな言葉に付きます。

    私は以前から何となく、古文で習う「受け身・尊敬・可能・自発」の、
    「自発」に近いものを感じています。本当に個人的にですけど。

    ユーザーID:3934795602

  • 京都です

    えづくろしい(大人が子供みたいな格好をしていて見苦しい)

    例)大人がランドセルを背負って小学生の格好をしているなど

    ユーザーID:2130832478

  • 岡山

    岡山

    「うったて」
    岡山と一部香川のみの学校習字用語な。各画の書き始めの「打ち立て」のことなんだが。
    今は違う地方に住んでて、
    夏休みの習字中の子供に「うったてをちゃんとして」つうと、夫はニヤニヤするし子供達は「出た!うったて!」って笑うんだけど、うったてちゃんとせんとおえんが。
    他に何と言っていいかも分からないしさあもう〜。

    「しねが悪い」
    「性根が悪い」は別にあって近いけど違う。
    「意地が悪い」とも違う。
    「しわい」の水気のなさに近い感じが人の性格を歪めている状態というか…。
    大体、「旧備前地方(特に備前市というわけではない、岡山市なども含む岡山の東南側)の人間は、しわくてしねが悪い」ということになってますな。

    ユーザーID:7874441110

  • 津軽弁

    津軽地方です、いっぱいあるけど二つだけ。
    目にゴミが入った、靴に小石が入った、歯に食べ物が挟まって気持ちが悪い時になどに「いづい」
    心地良い、気持ちが良い、ゆったり落ち着く等々に「あずましい」
    標準語ではしっくりこなくて、ついつい口から出てしまいます。

    ユーザーID:4935133286

  • いかーん!!

    愛知県出身です。

    しまった!
    やってしまった!
    間違えてしまった!
    何かをやらかしてしまったら、
    口頭でもLINEでもいかーん!と即座に言ってしまいます。

    現在は都内在住の為、主人と地元の友人以外と話す時は
    心の中でいかーん!と叫んでます。

    ユーザーID:2639135781

  • 広島県人

    面白い企画ですね。
    広島県人は「たわん」
    とどかないと言う意味です。

    ユーザーID:3916132860

  • 「はしかい」

    滋賀です。

    大阪あたりでは「すばしっこい」という意味として使う人もいるのですが
    滋賀では、藁が服のなかに入って気持ちが悪いときなどに使います。
    京都の人が使っているのも聞いたことがあります。

    これが、イガイガでも、チクチクでも、
    シガシガでも、ムズムズでも、カユカユでもなく、
    けれど、その全部でもあるんですよね。

    ひとことで「はしかい!」としか言いようがない。


    あ〜伝わらなくて、はしかい!!

    ユーザーID:6899559560

  • 秋田県北出身です

    トピ主さん、こんにちは
    秋田県北出身ですが、私の生まれ育った町では固いお肉を「しね〜肉だぁ」と言います。
    特に、きりたんぽの出汁は鶏ガラと親鶏から取るので、出汁を取った後の親鶏は「しね〜」です。
    秋田では、親鶏、中若、ひなと分類されています。
    東京に出て出てから、若鶏という名称を知りました。
    固いお肉はやっぱり「しね〜」ていう言葉がぴったりですね。

    ユーザーID:7262756417

  • ありますよ

     公務員として2,3年の周期で全国を転々、定年で故郷山梨へ帰りました。行く先々、「これしかないな」と感心する実に見事な表現にいくつも遭遇しました。
     行く先々で出会ったものはさておき、山梨には「ぼっちょ」というものがあります。「栓」のことです。「蓋」には「かぶせるもの」と「栓」とがありますが「ぼっちょ」と言えば「栓」のことだとすぐ解ります。他にぬかるみなどにはまることを「つっぺる」(北海道では雪でスタックしたような場合「ささる」と言っていましたが)と言います。
     挙げていくとかなりの数にのぼりますが、この二つで。

     字数も説明も節約出来てしかも条件反射のように通ずる地元だけの言葉、大切に有効に使いましょう。

    ユーザーID:8593189866

  • えづく

    関西の芸人さんが言っているのを聞いて、ビックリした記憶があります。
    それまでは「うえっとなる」「吐きそうになる」としか言い様がなくて、専門用語?があることに驚き、感心しました。
    言い得て妙。

    音でしか知らないので、「えずく」かもしれません。

    ユーザーID:6221408982

  • 私も岡山です。

    「しわい」って言いますよね〜
    確かに他の表現が見当たらない。。

    では岡山弁シリーズで。

    「ぶりがつく」

    勢いがつく、調子に乗る、助走をつける。。。
    うまく標準語で表現できません。

    「もっとぶりをつけたら遠くまで飛ぶよ〜」
    「一杯だけのつもりが、ぶりがついて飲みすぎたわ〜」
    といった具合に使います。
    みなさんもぜひお使い下さい。

    ユーザーID:7083075390

  • 『いずい』

    宮城県在住です。
    何となくしっくりこない、という感じのことをこちらでは『いずい』と表現します。
    ただ、この言葉にぴったり該当する標準語がないので、人によって様々な表現になると思います。

    ・靴を左右逆に履いた
    ・サイズの合わない服を着た
    ・慣れない動作や作業をぎこちなくしている
    ・利き腕ではない方の手で字を書く(物を食べる)

    などなど。
    例をあげればこんな感じです。

    使いこなすと幅広く使える言葉なので、標準語に昇格してほしいなあと密かに思っています。

    ユーザーID:0910228375

  • かまへんはよく使う

    主さんのお隣(兵庫県)ですが、
    つまらない、くだらないを、しょうもないと言います。

    何かにつけて、かまへんを使いますね。
    〜していい?でも〜してかまへん?疑問系
    〜もらっても良い?と尋ねられたら、かまへんよ。と答える。
    (かまへん)はよく使いますが、考えたら面白い言い方で、他の地方の方には分からないかも。

    大丈夫をべっちょないと年配の方は言いますが、これも癖ありますね 笑

    主さんの(しわい)は、隣県の私も知りませんでした。

    ユーザーID:2273885925

  • 私も岡山県出身です

    「しわい」って初めて聞きました。

    私の周りで、え!これって方言だったの?と驚いた言葉は、書道の書き始めを表す「うったて」です。
    小学生の頃の授業で先生も「ちゃんとうったて書くんよ」と普通に使っていたので、方言だと知って驚きました。

    ユーザーID:0603000398

  • こちら岐阜県です

    楽しいトピをありがとうございます♪
    私は岐阜県出身ですが、私の育った
    美濃地方の片隅で通じる方言で

    「〜しようる」があります。

    例えば、「行きようる」「食べようる」など
    いわば、現在進行形の表現なのです。

    友達からの電話で
    「今、何しとるの(何しているの)?」と聞かれて
    「今、そうめんを作りようるところ〜」
    的な感じで使います。

    標準語の日本語では、恐らく
    「行きつつある」「食べつつある」という
    少し堅い?日本語になると思いますが
    私的には、とてもわかりやすい
    現在進行形の表現だと思いましたので
    レスさせて頂きました(笑)

    「しわい」もトピを拝読して
    確かに!と思いました。
    こちらの方言の「しわい」は
    「けち」と同じ意味ですので
    本当に、地域によって随分違うな〜と
    感慨深いです。

    他の地方の方々のレスも楽しみです。

    ユーザーID:5028473900

  • お風呂がかちんかちん

    子どものころ、父がよく「おふろがかちんかちん」といっていてました。もうれつにわいている状態。父の実家は愛知県刈谷市。東京山の手出身の母は笑いながらも、つぼにはまったらしく、我が家ではお風呂がわきすぎているときなどは「お風呂がかちんかちん」という表現が定着していました。
    いまでは、コントロールされているのでお風呂が「かちんかちん」になることはないのですが、あの時代、沸騰しかかっているようなお風呂はまさに「かちんかちん」しかなかったなあと思います。

    ユーザーID:0348994250

  • 最高の表現

    しわい、これ私の中でもベストです。
    両親が岡山出身で、私自身は岡山に住んだことはありませんが、
    うちでは普通に使ってた言葉です。
    こんな秀逸な言葉があるんだと、今でも思います。

    ユーザーID:3332984593

  • 一寸ずり

    大分の方言ですが・・・
    「いっすんずり」という言葉があります。
    物事が少しずつしか進まない様子・・・と言う意味で使われます。
    よく使われるのが、車(や行列)の渋滞時です。
    ちょっぴりしか進まない状態・状況です。

    ユーザーID:0084431931

  • 関西ですが

    お大根におでんなどのつゆ(だし)がしっかり通っている事を「しゅんでる」といいます。「まだこの大根、しゅんでないわ。」とか。
    旬のしゅんではないです。

    かっこよくスマートな人は「あの人、シュッとしてはるねぇ。」です。「しゅん」「しゅっ」なんなんでしょうね。

    ユーザーID:4157336845

  • 「えらい」

     愛知県民です。 

    例えば、階段を何十段も、上らなければいけない時、出てくる言葉が「えらい」。
    しんど
    い という意味なのですが、 「えらい」といった方が、体の節々が痛む、ふくらはが、痛いよ・・という大変さが伝わる感じがします。

     例えば、出産後や手術後などは、 「体がしんどい」 よりか、「体が、えらい」の方が、私個人としては、しっくりきます(笑) 

    ユーザーID:0765195488

  • うちの一族だけ?

    ずっと都内在住で、身内も都内。
    世田谷区が多い。

    その身内だけで通じるらしい言葉が

    「醤油辛い」
    (実際は、醤油っ辛い、と言うかな)

    塩辛いと似ているけど、塩でなくて醤油の味付け(色)が濃い場合に使う。
    主に煮物ですね。

    「この肉じゃが、醤油っ辛くなっちゃった。ごめんねー」とか。


    ちなみに、味噌味が濃くても「味噌っ辛い」とは言いません。

    ユーザーID:9435298404

  • きどい

    山形では山菜とかの独特の苦い味を「きどい」って言います。
    苦味と渋さと野生の風味を足し合わせたような味のことです。

    ゴーヤのような「にがさ」とは違って「きどい」でしか言い表せないんですよね。

    ユーザーID:0120034160

  • うちの「しわい」は

    HN通りの鳥取県民です。
    私の住む地方の「しわい」は

    >すじっぽい、かたいお肉を しわい

    ではなく
    柔らかくても噛み切れないような強さのイメージです。
    例えば、生の鶏肉(若鳥ではない)の皮のような感じでしょうか。

    だからか、人物の批評にも適用されます。
    「あの人はしわい」と。
    時と場合で悪口と良い意味とがあります。
    頑固、しぶとい、あるいは柔軟でも強いという意味です。
    あんたしわいのお、と言われても悪い気持ちはしません。

    鳥取弁で「しよーる」、標準語では「している」。
    関西弁では「何しよんねん」でしょうか。
    ほぼ同じ意味ですが
    鳥取弁では現在進行形のニュアンスが強く
    「している」とは微妙に感じが違います。

    ユーザーID:9667754175

  • チンチン

    岐阜辺りで言います。名古屋も言うのかな?
    別に下ネタじゃないですよ。

    お茶を出しながら
    「チンチンだで気をつけりゃーよ」
    なーんていいます。


    (お湯などが)熱いとき限定の「ものそごく」の意味です。
    標準語だとカンカン照りのカンカンの使い方に似ていると言えば似ていますが、お湯がとても熱い様は「チンチン」以外、思いつきません。

    あとは暖かいことを「ぬくとい」と言います。
    暖かいよりも、もっと優しくほんわかと暖かい状態ですから、標準語では表現しきれません。

    ユーザーID:5759877135

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧