趣味・教育・教養

ちゃんと勉強すればよかった

レス12
お気に入り16

おかめ

学ぶ

頭が悪いうえに無学で無知です。
学校を卒業して直ぐに就職、数年前に結婚をして幼い子供がひとりいます。

先日、知人の主催する子育てセミナーに出席。こんなことを言われました。
子供の疑問に答えてあげて。子供の疑問と向き合って。
疑問が行き場を失えば、子供は聞かなくなり、疑問を持たなくなる。
つまり、学ばなくなる。

子供の頃の私のことだ! と思いました。

でも、私は何もわからない。答えられない。
なので、朝、早起きをして私は辞書を読んでいます。

今朝、見つけた言葉に驚きました。

「おためごかし」

まず、言葉の響きが凄い。次に、意味がさっぱりわからない。想像もつきません。
おたまじゃくしのようで、そうじゃない。おかめいんこみたいだけど、ぜんぜん違う。

おためごかし!

想像の中で、子供に聞かれてみました。
ねえママ、おためこがしって、どんなお菓子?
いやーねえ、おためごかしでしょう? おためごかしって言ったら…

今からわくわくします。

それだけを読んで勉強になる本、教えてください。
(紐みたいに連なる本はきりがないので)

ユーザーID:1113543778

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本ではありませんが、新聞を読みましょう。

    新聞には、国内外の政治、経済、教育etcが満載です。重要な記事が日々載っています。私の6歳の孫は社説を父親に聞かせています。

    貴女は’頭が悪いうえに無学で無知’だそうですが、トピ文は貴女の賢さを十分示しています。古希ながら、私も学んでいます。孫に負けたくありませんから。

    ユーザーID:1543102933

  • おもしろい!

    トピ主さん、頭悪くないですよ!文章も読みやすく意味もわかりやすいいし、何より「おためごかし」から「おかめいんこ」「おたまじゃくし」なんて!言葉に関するセンスがいい(少なくとも、私は好きな感覚です)のでしょうか。

    小説なんかもいいけど、図鑑や、最近だと「ざんねんな生き物」のように読み物になっているものもあります。そういったものはどうでしょうか?面白い名前の生き物、たっくさんいますし、面白い生態の生き物もまたたくさんいます。「オジサン」とか、「ネジリンボウ」という名前の魚もいるんですよ。知りたくなってきませんか?

    お母さんは博士じゃないんだから、知らなかったら一緒に調べて、一緒に感動してもいいと思います。

    子育て、楽しんでくださいね。

    ユーザーID:6944098146

  • 頑張れお母さん!

    『日本人の知らない日本語』 海野凪子
    タイトルでまず食いついてもらえるんじゃないかと思います。

    日本語学校の先生が外国人の生徒の質問に悪戦苦闘するコミックエッセイ。
    その名の通り、知ってるようで知らない日本語の事が学べます。
    マンガなので
    ・辞書よりも読みやすく
    ・時には笑い
    ・外国人との文化の違いも学べる

    お子さんが大きくなった時に、一緒に読んで、「へぇ〜、こんな違いがあるんだね。面白いね。」と
    一緒に勉強するのもアリだと思います。

    過去には戻れません。今より早い時間はないので、今からやればいいと思います。

    あと、おもしろいトピ文、おみそれしました。

    ユーザーID:7189427438

  • そのセミナーは怪しい

    子供の質問に答えるのではなく、一緒に回答を探す。ヒントを出すって事だと思います。

    簡単に回答するのは逆に子供にとって面白さが軽減します。
    自分で調べた事が正しい!という事で調べる事が面白かったり、最後までやり遂げたりします。

    安易に回答を教えるのはなぁと思いますね。
    調べ方が子供だからわからないので調べ方のアドバイスとか子供の答えが正解の方に導くってのがやり方だと思いますね。

    つまりは達成感ですよ。

    ユーザーID:5955763161

  • 一緒に調べる

    私も辞書を読むのが好きでした。

    子供は私とは違って生き物に興味があり、小さい頃から散歩に出ては見つけた昆虫をじーっと観察し、質問を浴びせかけられて困ったものです。
    なので、私は一緒に本屋さんに行って図鑑を選んで買って帰ったりしていました。

    正直昆虫は好きではありませんでしたし、図鑑の写真に触るのも怖かったのですが、私の好みで子供の興味を削いではいけないと思い、「かわいい!」「強そう!」「何を食べるのかな?」と一緒に盛り上がる演技を続けました。

    恐ろしいことに、今では一人で出掛けていても見知らぬ昆虫を見かけると写真に撮って子供に報告してしまうようになりました。

    子供の質問に即答できなくてもいいと思います。子供と同じ目線で興味を広げていく方法もあると思いますよ。
    頑張ってください!

    ユーザーID:1927265848

  • 貴重なアドバイスをありがとうございます!

    今も学ぶ古希 様

    新聞、新聞…
    ちょっと後退り。早くも逃げ腰。
    新聞といえば、それこそ、過去から未来へと続く知の森、そんな印象の読物です。
    でも、当たって砕けてみます。砕けて散って、どこかが光ればめっけ物ですから。
    ありがとうございました。


    かえるあんこう 様

    子供と一緒に学ぶ。そうですよね!
    教えるのではなくて、一緒に調べて、一緒に知って、一緒に驚く。
    子供のように素直に見つめて、素直に感動する。とても素敵ですね。
    私が子供とやりたいことって、まさにそれだったのかもしれません!
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1113543778

  • 答えなくてよい

    子供の疑問に即答すると、自分の頭で考えるという習慣を子供から奪ってしまう可能性があります。
    子供と一緒に勉強すれば良いんです。

    新聞や図鑑が良いでしょう。

    新聞はまずは、トピ主さんが読み込んでみる。
    そして図書館にでも行って、お子さんと一緒に、シリーズの図鑑を一通り読んでみましょう(読み聞かせなどしながら)。
    特に図鑑は、お子さんの興味の対象を知ることが出来る可能性が高いです。

    ユーザーID:2405971385

  • 今はなんでもネット上で学べます

    『おためごかし』という言葉の意味を知りたかたったら、「『おためごかし』の意味?」とグーグルに入れてみてください。

    今は、百科事典も広辞苑も必要ありません。言葉の意味だけでなく、政治・歴史・美術・科学・料理の仕方・洗濯機の修理の仕方・・・なんでもネット上で調べられます。百科事典のように、絵や写真・図表も載ってます。(グーグルでの)調べ方がわからなかったら、文庫本で『グーグルの活用法』とか『グーグルの利用法』とか色々でてます。

    本当に興味があるなら、ネット上で(どこぞの大学の)クラスも取れます。(無料・有料どちらも)

    どうか、沢山、なんでも勉強してみてください。

    ユーザーID:5061986416

  • 答えを与えてはいけない

    >子供の疑問に答えてあげて。子供の疑問と向き合って。

    本当にそうですか?
    お母さんが「生き字引」認定されてしまったら、子供は自分では何も考えず、何も調べず、全て丸投げになりますよ。

    「子供の疑問に応えてあげて。子供の疑問と向き合って。」
    だったのではないでしょうか?

    子供の「何故なぜ、どうして」は「魔の2歳」と揶揄される頃から始まります。
    それは、親が喜んでしまう「学術的な」何故? だけではありません。
    親がする注意に対しても「何故なぜ、どうして」。
    ここで、「親の言うことは黙って聞きなさい!」といってしまうと
    「疑問を持つと怒られる」「言われたことを丸暗記するのが得策」
    と学んでしまいます。

    躾に対する「何故?」も、学術的な「何故?」も、
    答えを知っているのなら、子供にヒントを出しながら、子供自身が考えて正しい答えを導き出せるように手伝いましょう。

    知っている答えを教えるのは簡単です。答えを見つけさせるには忍耐が必要です。
    そして、多くのお母さんは、子供が答えを見つけるのを待つ忍耐がありません。
    そんな時間は無駄だと感じています。


    でも、疑問を持ったら、どういう筋道で答えを見つけていったらよいか
    その行程が「学ぶ」ということです。
    答えを暗記することが「学ぶ」ではありません。


    もし答えを知らない質問をされたら、一緒に調べましょう。
    PC、辞典、百科事典、実験。
    お子さんと一緒に、未知の世界に足を踏み入れるワクワク感、ミステリーを解決していくスリリング感を楽しみましょう。
    「学ぶ」楽しさを共有しましょう。


    私の小学生の頃の愛読書は辞書と百科事典でした。
    今はネット検索。
    一つ疑問が生まれると、関連事項にも疑問が生まれます。
    世界中の情報が得られるネットに繋がるPC。
    正に、魔法の箱です。

    ユーザーID:1061657192

  • 私の方が馬鹿だと思うんですが…

    辞書って読むと面白いですよね。こんな言葉があったのかと。普段使っている言葉でも改めて意味を読むと、そうなんだ!って思います。

    私が最近ハマっているのはダイソーに売っている書籍です。

    地図やマナーブックや美文字等の実用書もあるのですが、
    私が好きなのは小学生向きの教科書シリーズ。特に歴史に多いのですが、私(30代)が習っていた内容と変わっている事が多く、新たに解明された事実も加わっているので読んでいて興味深いです。

    トピとはズレますが文学シリーズも面白いです。銀河鉄道の夜や人間失格など有名な小説が売られてます。私は所謂文豪の作品を読んだことがなく(漫画ばかり読んでました)、でもいい歳になったのだから名作くらい読んだ方がいいかな、と思い購入してみました。
    縁のある場所の写真や、「ここに注目して読んでみましょう」と言う添え書き、分かりにくい昔の言葉には注釈付き。さながら国語の教科書のようでとても読みやすく面白いです。

    いずれも108円。図書館に行くより手軽で手に取りやすいと思います。

    ユーザーID:1019634979

  • ユーモアは宝

    トピ主さんの文章を読み、あまりの面白さに激しく嫉妬しました。

    こういうセンスって、求めても見につくとは限りませんし。

    お子さんは、毎日笑い転げながらのびのび育ちそうですね。
    お幸せに〜!

    ユーザーID:0026351163

  • 疑問を持ち、それを知る手段を考えるところから一緒に

    おためごかし、の意味は? 外出先で聞かれたら。

    おためごかし、なんだろうね。と言って
    トピ文会話を繰り広げ、
    おためごかしって言ったら麦こがしみたいなお菓子かなあ。
    麦こがしって何?
    麦こがしはねえ、麦の粉と砂糖をギュッと固めたお菓子。
    今度食べてみようね。
    ああ、やっぱりおためごかしは、お菓子ではなかったような気がするから
    帰ったら辞書で調べようね。
    ネットでパッと答えを知るのは簡単ではありますが。
    ふとした疑問だった、おためごかしが
    子供にとって興味深い謎になり、何が何でも正体を暴きたくなってゆく。
    トピ主さんはそういう風に導くセンス、あると思うな。
    なんでも的確に答えられる親より。

    そうやって言葉遊びを楽しみ、自分で意味にたどり着けた子供は
    「おためごかし」を身近な存在として使いこなすようになるんですよ。

    私も、子供の素直な疑問から
    たくさんのことを学びました。

    辞書で調べられないようなことは、あらゆる方法でアプローチしました。
    子供の疑問で未解決なものは、スマホにメモして
    図書館で図鑑等を借りてきたりもよくしました。
    この疑問は今度、祖父(元、生物教師)、叔父(医者)、祖母(庭の花作りに精通してる)に会った時に聞こう、クラスメイトの外国人ママに聞いてみよう、学校の先生に聞いてきて、今度博物館行ったら見てみよう、という保留案件もたくさんありました。
    大人になったら教えてあげる、大人になったら自分で調べて、もよくあります。
    解けない謎もたくさん抱えていていいのだと思います。

    今、子供は小4です。
    お風呂に四字熟語のポスターを貼っています。
    私と子供のあいだで四字熟語を使って会話するのがブームです。
    知っているようで、なんとなく違う意味と思っていたり、聞いたことあっても意味がわからなかったり、とっても興味深く二人で学んでいます。

    ユーザーID:5726117943

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧