働くための原動力は?

レス18
(トピ主1
お気に入り33

生活・身近な話題

ダメなの?

デザイン系の仕事をしています。
先日、「働くために何が原動力になってるか」と言う質問を受け、「生きて行くためのお金のためです」と答えました。
大前提として、クライアントに喜ばれる商品を作る、と言うことがあります。満足してもらえる商品を作るための自分の原動力は「お金」です。
しかし上司は「お客様に喜んでもらえる、を原動力にしない奴はダメだ」と言いました。

お客に喜んでもらう商品を作るには、自身のスキルアップと様々な勉強が必要で、そのためにも安定した豊かな精神と勉強するための道具が必要です。
お金が無くてはそれらは得られない。
喜んでもらえるものを作っても、給料が上がらないとモチベーションは上がらないし、昇給があればもっと頑張ろうと思います。
仕事に対する情熱と熱意だけでは家族を養えないし、家族を養うにはやはりお金が必要です。
以前リストラにあって一ヶ月間無職だった際、一方的にお金が減っていく恐怖と焦りを味わい、お金が減ると精神も不安定になると実感しました。

働くための原動力は人それぞれだと思います。
お客様に喜んでもらう、を原動力にしてない奴は社会人としてダメなんでしょうか?
いいものを作ってお金を頂く、お金を頂くためにもっといいものを作る、これではダメなんでしょうか?

皆様は、何を原動力に働いていますか?

ユーザーID:3078324293

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • えっと〜…

    大きな大きな枠で言うと、主さんの意見は正しいと思います。
    「労働」の対価としての賃金は、原動力であっても良いと思います。


    ただ、トピに
    >大前提として、クライアントに喜ばれる商品を作る

    と、主さん自身が書いていますよね。

    上司はその「大前提」を聞いたのではないでしょうか?

    特に主さんはデザインのお仕事のようですし、クライアントの要求は大切ですよね?

    >いいものを作ってお金を頂く

    ここも。
    先に「いいものを」って、自分で書いちゃってるし。

    >お客に喜んでもらう商品を作るには
    の後の文章は納得できません。
    相手を満足させるには、相手のニーズを掴むことだと思います。
    いくら技術や道具があっても、ニーズと違っていたら売れません。
    売れなかったらお金も稼げません。

    途中、家族まで出てきていますが、客商売である以上、客を無視していてはお金は稼げません。

    しまいには
    >仕事に対する情熱と熱意
    なんて、「お客様に喜んでもらえる」とは大きく外れているし。

    結局、需要と供給という小学校で習った基本的なことに、
    主さんは供給の部分だけを切り取って、屁理屈をコネているようにしか見えません。


    主さんの上司の言う通りだとも思いませんが、
    デザインを生業としているのなら、主さんの意見もまた違うと思います。

    ユーザーID:6670389588

  • 私もお金!フリーランスもおすすめ!

    わかりますよ!
    クライアントが満足してくれて、お褒めの言葉を頂くとすごく嬉しいしやり甲斐があります。
    満足して欲しいとは思いますが、安く引き受けた仕事で修正や要望、変更が多いと嫌になります。
    逆に高い値段で受けた仕事はなんでも要望を聞いて反映させる気になります。
    お金は大事です。
    私のモチベーションもお金。
    雇われだと給与もなかなか上がらないし、自由なフリーランスもおすすめですよ!
    やればやるほど儲かるし、自分で自由に仕事できて私にはすごく合ってます!
    会社員よりも稼げる反面不安定ですけどね。

    ユーザーID:6122155006

  • 面白い

    私も広告代理店のデザイナーの面接で「生活のため」と答えて受かりました。
    社長が生活のために働く子はなかなか辞めないだろう、と思ったからだそうです。
    でもこの業界はどんなに給料安くても、ブラックでもどんどん応募者がきますよね。
    なんでこんな悪条件なのに人が集まるんだろうって思います。
    30才ぐらいまでに実力をつけて、フリーのデザイナーになるって目標の人は多いので、そのためなら経験をつめればタダでも働きたいって人はいますよね。
    でも私はそうじゃなかった、漫画が描きたいんだって気持ちに気づいてしまい、30才前にオペレーターに転職しました。
    仕事は生活のためと割り切って、プライベートを優先しました。
    デザインってプライベートな時間も使わないと、生き方が個性になるところもあると思うんですよ、その人の。
    トピ主さんはごく普通の感覚の持ち主ですよね。
    本気のデザイナーの人って、寝ないでもやるんですよ、モチベーションが違うと思いました。
    朝まで飲みに付き合って、カメラマンとかコピーライターとか仲間を見つけて、プライベートな時間でも仕事の話をしてる。
    ひとりで完結できるデザイナーさんもいるとは思いますが、基本チームプレイなので、普段の人脈がものをいう世界だと思いました。
    一緒に旅行へ行ったり、そこで撮影も兼ねてたり、お金の話はどうなってるのか知りませんが……。
    とにかくモチベーションが違うというか。
    お金はあとでついてくる的なところはあると思いましたよ、側から見てて。
    私は漫画は売れないけど、描きたくてしょうがないので描いてます。
    漫画に関しては仕事だと思ってないです、単なる衝動です(それが10年続いているだけ)。
    生活は内職で補ってますが、こっちはお金にならないなら、やりません。

    ユーザーID:8481932276

  • 聞きたいのは、主たる理由

    ダメなのさんは、「主たる理由」と「従属する理由」を混ぜてます。
    お金は非常に大切で、私にとっても従属する理由のトップです。

    能力とアイディアを総動員して、多くの時間を使って働く理由は、
    それが、顧客やその背景にある社会に何らかの形で役に立つから。
    役に立つことができたら喜ばしいから、です。そして、優れた仕事を
    した結果として、良い収入がついてきます。しかし、あくまで、
    お金は結果であり「従」です。

    ダメなのさんが病院にかかったときに、医師に働く原動力を訊ねて、
    「お金です」と言われたら満足して信用できる医師だ、と感じる
    タイプですか?

    経験し勉強してきた症例と、磨いてきた技術、アイディアなどを全
    て使って、患者の命を救い生活の質を維持できたときの達成感や
    人のためになりたいという理由を原動力にして欲しくないですか。
    他の仕事よりも大変だから、多くの賃金が支払われますが、それは、
    付随的なものだと思いませんか?

    ちなみに、私は「お金なんて興味がない。支払いはいくらでもいい
    んです。」という人が最も信用できないし、嫌いです。それでも、
    お金が一番の理由、と平然と公言する人も困ると感じます。

    ユーザーID:4006555051

  • うんうん

    お客さんいての
    お商売だからね。

    トピ主さん
    がつがつしすぎ。

    ユーザーID:1091264053

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 本音と建前があるでしょうに…不器用な人

    雑談ならかまわないですよ。
    私だって普通に「子供のため」って言いますよ。
    (これも今は職場の××様のためにNGワードになりましたので建前は「社会と少しでもつながっていることが主婦にも必要だと思うから」です)

    上司がいる前でトピ主さんの答えはしませんよ。「お客様に喜んでもらう商品を作りたいから」はどうして言いたくなかったのですか?

    >お客様に喜んでもらう、を原動力にしてない奴は社会人としてダメなんでしょうか?

    そうでなくて、本音と建前を使いこなせない奴は社会人としてダメなんです。

    本音を言ってちょっとでも不愉快にさせるよりは、建前でも気分良く他人に感じてもらうのが大人の社会です。

    >以前リストラにあって一ヶ月間無職だった際、一方的にお金が減っていく恐怖と焦りを味わい、お金が減ると精神も不安定になると実感しました。

    上司はトピ主さんの個人的感想など求めていないんですよ。
    空気を読みましょう。

    >皆様は、何を原動力に働いていますか?

    原動力は何でもいいんですよ。ただ本音と建前は空気読んで使い分けましょうという話と、原動力そのものは別腹です。

    大人になりましょう。家族を養わなければならないお立場なら尚更です。

    ユーザーID:1567349264

  • ああ、まあダメでしょうね

    客が喜んでくれる、ってのは純粋に仕事、
    文字通り「仕える事」の喜びでしょう。
    でもお金がもらえる、ってのは「お金の喜び」であって、仕事の喜びではありません。

    で。

    お金を目的にする人というのは、当たり前ですが
    お金を稼ぐための最短距離を走ろうとする。だって目的はそれなんだから。
    そうするとね、「お金になるかどうかわからないこと」や
    「お金にならないとその時点で自分で判断したこと」は、
    たとえそれをすれば客が喜ぶ可能性があっても、次第次第にやらなくなってくるんですよ。
    ちょっとずつ、ちょっとずつ目線と仕事のクオリティが下がってくる。
    人間のやることって、見えないレベルで日々洗練/尖鋭化されていきますからね。

    それが集積していくと、最終的に「仕事の喜びを知る人」との間で
    ものすごい差がついちゃうんです。

    人間関係でもそうですけどね、
    常に「自分がやらなくちゃいけない最低限のライン」ばっかり探そうとする人は、
    だんだん誰にも相手にされなくなっていくんですよ。
    お金を目的にしてると、そうなっていってしまう可能性がある。

    上司の方が心配しているのはそういうことじゃないかな。

    ユーザーID:0617098767

  • 私も「お金」

    芸術家は別として、クリエイティブ系の仕事ほど、原動力はお金って人、
    実は多いんじゃないかと思っています。

    私はデザインではないですがフリーランスで20年近くやっています。
    同じ質問をされたらやはり「お金」と答えます。

    ただし「生きていくための」という言葉は付けません。
    口に糊するだけでいいなら
    クリエイティブという苦しい職業を選ぶことに意味がないからです。

    よりいいものを作って、より高いギャラをとれる仕事がしたい。
    この仕事をあなたに任せたい、と言われたい。
    死ぬまでスキルアップ、感性を磨くことを求める続ける仕事です。

    こういう意味での「お金」なので、
    つまりは「お客様に喜ばれ」ないとダメということ。

    逆に言えば、お金にならない仕事だったり
    出費ばかり多い集まりに顔を出して人脈をつくることも
    いずれ「お金にかえてみせる」と思うからやれる。

    デザインなんてピンキリです。
    安定してお金が欲しいならオペレーター的に
    数をこなす仕事ばかりだってかまわない。
    ただし、それではより安く早く仕事する人にいずれとって変わられますし
    結局は長続きせず、生活が保障されない可能性が高い。

    質を求めること(より高いギャラ)が原動力になっていないと
    本当の意味でこの仕事には向いていないように思います。

    上司はあなたに期待して、よりいいものをつくってほしいから
    そんな質問をしたんじゃないですかね。
    そうだとしたら「生きていくための」という言葉にはがっかりだったかも。

    ユーザーID:1873834837

  • 本音と建前

    大人だったら上手に使い分けましょうね。
    私もお金が原動力ですけど、それを言うなら相手を選びますよ。

    ユーザーID:3654842399

  • 大人になりましょ

    本音と建て前。
    相手が何を期待しているか空気を読む。

    お金のために働く。
    当たり前の本音です。
    ただ、上司から聞かれてそういっちゃだめですよ。

    まっ上司も青臭いですけれどね。
    そこまで、他人に言うな。
    そこまでいうなら、無償ボランティアで社会貢献すれば?になりますよ。

    ユーザーID:2711472170

  • 自分で考えよう

    >何を原動力に

    自分の満足のために、です。仕事よるお金や他人からの評価、自分ができたことへの満足感や達成感。こてまでに一番喜びを感じたのは、その仕事に一緒に携わった後輩や部下の成長過程を見ることができた時。ああ、きっと自分の子供が歩いたり何か出来るようになった時こんな風に嬉しくなるのかな〜と思いました。(産んだことないのでまだわかりませんが。)

    職種にもよるかと思いますが、仕事にはいろんな側面があり、心がけ次第で学べることがたくさんあると思います。
    仕事を「ただの仕事」とせず、自分が人として成長できるものにできればいいな、と思っています。
    何事も、誰かに聞く前にまずは自分の頭で考えて、たくさん経験をするに限る、と色々経験した後に実感しています。

    対人関係もそうですよね?なんだか、トピ主さん、見る視点が偏っているような。もう少し、俯瞰で考えるときっと上司の反応もわかってくると思います。

    ユーザーID:6628139940

  • 誰が判断したかの相違だ

    >お客様に喜んでもらう、を原動力にしてない奴は社会人としてダメなんでしょうか?
    >いいものを作ってお金を頂く、お金を頂くためにもっといいものを作る、これではダメなんでしょうか?

    同じことを別の言葉にしたようにみえるけど、厳密に言えば、トピ主はかなりずれている!

    >いいものを作ってお金を頂く、お金を頂くためにもっといいものを作る

    「いいもの」はトピ主の自己判断、お客は「自分の求めるいいもの」にカネを払う。
    そこで、トピ主の「いいもの」とお客の「いいもの」が一致してなきゃカネにはならない。

    そこで、そのことをより明確に表したのが「お客様に喜んでもらえる」ものなのだ。

    トピ主は「自己満足人間」なので、頑固一徹あるいは一刻者とか偏屈者と言われてるんじゃないかな。

    ユーザーID:9124971290

  • 「ただしお金以外」の補足つけたほうがいいよね

    この手の質問は難しいよね。
    私も究極的にはお金です。
    もしお金が一円ももらえなかったら仕事(にならないけど)やめますし。
    これは全員、どんな人でもそうだと思いますよ。
    お客様に喜んでもらえたとしても、絶対にお金が発生しなかったらやらないと思います。
    ある程度安くても将来のためになるならやる選択肢もありますが、本当に1円も出ないなら絶対やりませんよね。

    なので質問の時点で「ただしお金のこと以外」っていう補足が必要ですよね。
    それでもなおお金しか思いつかないならそれでもいいけど、っていう前提で。
    ここを区切らないと仕事のやりがいについての質問は意味ないと思う。

    ちなみに私も、お金のことを抜きにしたらお客様に喜んでもらえることです。

    ユーザーID:8313287517

  • 欲求の段階、やりがい搾取

    欲求5段階説といって世の中で受け入れられている説明があります。
    生理的欲求や安全欲求(つまり生活のため)が満たされてはじめて、社会に認められるとか自己実現が仕事の動機になるという話です。

    生活に不安を感じる段階にいる人にとって、お金が第一の動機となるのは仕方がないでしょう。
    でも主様は会社勤めで基本的な生活の心配はないはずですから、もっと高次元の志を持ってほしい、どこまで行ってもお金が第一ではプロとして失格、と上司の方は言いたいのだと思います。

    クリエイティブ系など憧れ度が高い業界には、経験と実績を積むためにどんなに安くてもいいから仕事を取りたいという人がいて、非常に安い仕事があります。
    基本が最低賃金レベル、そこに何かをプラスすることまで求められて、実質は最低賃金未満で働かされているのと同じ。

    それでもやる人がいるから成り立つわけですが、仕事の喜びを目的として引き受ける人がいる一方で、そのような人たちの志を商機として儲けようとする人もいるのです。
    仲介業、研修、コンサルティングなどの形をとることも。
    「やりがい搾取」と言われます。

    ブラック企業がこれだけ横行しているのは、日本人の勤勉さと従順さ、そしてお金を動機とすることに対していくばくかの罪悪感があるから。
    基本的な生活の糧は他で得られている場合はまだいいとして、生活に不安がある人に高尚な動機を持てといっても無理だと思うし、そこにつけ込もうとする者の存在を見逃してはなりません。

    やりがい搾取の匂いのする仕事には要注意です。
    そのような事業を運営する者には社会的動機も何もなく、自分が儲けることしか考えていません。

    その仕事に応じた世間相場はあるはずなので、搾取をはびこらせないためにも正当な報酬を受けるべきです。
    それを前提としたうえで、お客様に喜んでもらえることを原動力とするのが、あるべき姿ではないでしょうか。

    ユーザーID:5125662329

  • トピ主です

    皆様ありがとうございます。
    とても勉強になりましたし、同時に酷く恥ずかしくなりました。
    皆様のご指摘の通り、私は大人としての対応ができなかったし、精神的にまだまだ幼稚なのだと思いました…。

    特に顧客満足度第一主義様のご回答には顔から火が出るほどでした。

    >「いいもの」はトピ主の自己判断、お客は「自分の求めるいいもの」にカネを払う。
    >そこで、トピ主の「いいもの」とお客の「いいもの」が一致してなきゃカネにはならない。
    >そこで、そのことをより明確に表したのが「お客様に喜んでもらえる」ものなのだ。
    >トピ主は「自己満足人間」なので、頑固一徹あるいは一刻者とか偏屈者と言われてるんじゃないかな。

    自己満足人間という単語が胸に突き刺さりました。
    働き方に対する姿勢と考え方を改め、本当に喜んでもらえる仕事をできるようになりたいです。

    ここに質問をして良かったと感じました。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:3078324293

  • 何でもよい

    お金が目的でもよいのですよ。
    お金がなければ生きていきません。

    いいものって誰にとっていいものかは気になります。
    あなたにとっていいものは、誰も欲しがらない可能性があります。
    客にとっていいものを作ってください。

    私の働く原動力は、妻子と自分の生活のためもあります。自分の能力を伸ばすため。顧客のためになる技術を作るためです。

    ユーザーID:5568479348

  • お金か

    お金を儲けるためだったら、その職種じゃなくても良いのでは?
    例えば、会社員なら、クリエーターより営業さんの方がいいお給料もらってたりしますよ。
    じゃあ、儲かる方の、営業やる?って言われたら、何て答えますか?
    お金だけじゃない、ってなりませんか?
    営業さんだって、お金のために働くのは勿論、それが得意だったりその内容が好きだったり、向いてるからでしょう。

    働いてる人に共通の「お金儲け」って大前提を、敢えて「それだけが目的」みたいに言われても、ま、そりゃそうだけど、じゃなぜこの職種なの?ってなりません?
    そんなに儲かる職種なんでしょうか。

    ユーザーID:6680297675

  • もちろんお金のためですよ

    働くための原動力‐ それは、お金と、自分の楽しみのためです。 普段の生活するにも、具合が悪くなって治療を受けるにも、まずお金が必要です。 綺麗事抜きで、お金は大事。 

    ただお金があっても、楽しみがないと味気ない人生で終わってしまいます。 旅行や食べ歩きなど、楽しいこと、好きなことをして人生楽しみたい。 楽しみがあるから、仕事でツライことがあっても我慢できます。

    トピ主さんの仰るように、給料アップはモチベーションアップにもつながるし、それなりの報酬があってこそ、いい仕事をしたいとも思えるようになります。 

    そんな私の職業は、看護師です。「患者様に喜んでもらえる仕事をすることです」とか言わないとだめですかね? 

    労働力を提供する代わりに、報酬を得るのが仕事。 世のため人のためにただ尽くしたい、人々に喜んで頂けることが私の喜び、と言えるのは無償のボランティア。 

    ユーザーID:9896012280

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧