「選ばなかった方の選択肢」を教えてください!

レス37
お気に入り98
トピ主のみ0

シャーロック

話題

みなさまは、人生の岐路において、さまざまな選択をされてきたと思います。
今があるのは、その時の選択があったからなのでしょうが、時々ふと考えたり、想いを馳せたりしませんか。
「選ばなかったかった方の選択肢」について、教えてください。

私の場合は、

1「中学・高校で共学校へ行く」
→女子中・女子高へ行き、勉強には集中できましたが、生まれ変わったら絶対に共学へ行きたいです!

2「民間企業への就職」
→百貨店から内定を頂きましたが、公務員になりました。
同じ職場だった主人と結婚、子宝にも恵まれましたが、内定を頂いた百貨店に行くと、今でも感慨に浸ります。

3「上司との結婚」
→主人と出会う前、上司から結婚を前提としたお付き合いを申し込まれましたが、断りました。
穏やかで優しい良い方だったなあと思います。

みなさまには、どんな選択肢がありましたか?

ユーザーID:8419302879

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たら、ればですが・・・

    高校の進路を決めるときに、
    看護科に行っていたら、
    父の病気が手遅れにならず、
    もっと、楽させてあげられて、
    もっと、長生きできたと思う。
    これは、父が亡くなって、常に思っていることです。
    そしたら、今の夫とも結婚せず、
    舅・姑の、ひどい嫁いびりに遭うこともなかった。
    自分で選んだのだけど、
    あの進路さえ間違えなかったら・・・

    ユーザーID:7433426715

  • もしも、あの時

    1.親の言う通り地元で就職
    おそらく、農家のおばちゃんに収まっていた。

    2.1社目で寿退職
    古き日本の大会社で女性社員は自社社員の花嫁候補。しかし、当時就職した部門は現在他社に買収され、そこの社員も肩たたきで追い出された人が多い。今ではきっと老後を心配しているでしょうね。でも‘私’があの会社の花嫁面接にパスしていたかと思うと、おかしさが止まりません。

    3.3社目の選択
    A, Bの候補から選ばなかった会社です。当時は大会社だったAではなく、マイナーであったBに就職しました。A社は他社に転売されを繰り返し、当時の同職種の人たちはほとんどが解雇されてしまいました。私はB社で20年働き続けています。

    ユーザーID:2863871824

  • いくつか

    高校入学時

    地元からかなり離れた高校から推薦入学の話があり、
    あまり、考えもなく断って、近所の公立高校に行くことにしました。
    あとで、よく聞いたら、全国でも有数の進学校でした。

    就職時

    パイロットになりたかったのですが、身体検査で1社落ちたので、
    他に会社も簡単に諦めてしまいました。
    しがみついてでも行くべきでした。

    海外赴任終了時

    延長して駐在するか聞かれて、
    あまり深く考えず、日本に戻ってきてしまいました。
    2ー3年延長してたら、今の会社にはいないかな。

    ユーザーID:6215043626

  • 一つだけあります

    50代です。
    大きな出来事では一つだけですが、大学生のころ、当時お付き合いしていたエリートの男性と別れるという決断をしたことです。お互いにとても好きだったんですが、私の実家は地方で両親のことで家に戻らなければならず、お別れしました。あのままおつきあいしていたらどうかな?とふと思うことがあります。
    都内に大きなお屋敷のような家をお持ちの方です。(後から知りました)

    その後恋愛で結婚し、地方のサラリーマンだった彼が、都会でチャレンジして成功し、今は都内の一軒家に住み、贅沢な生活をさせてもらってるので、そういった意味では同じかもしれません。ですが、当時の彼のことが本当に好きだったのであってみたいなという気持ちはあります。

    結婚するお相手に関しては、選ばなかった人生結構ありそうですよね。

    ユーザーID:8769808527

  • 選ばなかった選択肢に思いをはせることは無い

    選ばなかったものを「たられば」することなんかほとんどありません
    だって、自分は選ばなかったんだから。
    今の自分は、そういう沢山の選択肢で成り立っています、
    その選択肢のどれか一つでも違ったら私の今は存在しません。
    失敗したもの、余計な遠回りになったものもありますが、
    そのどれもが無駄な経験ではありませんでした。

    貴方は自分の選択に自信が無いのか、今が不幸で不満なのでしょうか?
    それとも幸せぼけ?
    タラレバして良いことなんか無いですよ、夢と現実は違います
    現在との乖離に無駄な不満が募るばかりです。
    現にデパートに未練タラタラ、みっともないですよ。

    例えそこに就職しても、体を壊し退職してパート生活や、
    縁が無く生涯独身でデパート勤めという結果になっていたかもよ。
    共学に入っていたからと言って、高校生活なんかどこも変わらず、
    デパートに就職したからと言って決して、派手で優雅な生活を
    送れているわけではありません。
    上司のプロポーズを受けても今より幸せになる保証もない。

    今を作り上げた自分と選択肢ごとその人生を愛しましょう。
    お暇なだけかもしれませんが、現実逃避も程々に。

    ユーザーID:9352138111

  • 色々

    高卒か大卒か→高卒を選んでいたら一流企業(都内)に就職。バブル期に突入する好景気…

    専門校か浪人か→専門校を選んでいたら今頃特殊メイクのスタッフだったかも

    短大か四年制か→短大なら大手企業でバブル真っ最中…

    大手スーパーか中小卸→大手スーパーなら必然的に海外勤務でした

    元彼と夫→元彼だったら…彼が浮気して終わってたかも

    東北の片田舎の高校生でも、誰でも知ってる超大手企業に就職できた時代でした。今なら一流大学を卒業しないと入れない…いや、私の母校の先生たちが凄かったのか。大きな社屋を見ると、ため息が出ます。

    ユーザーID:5426375709

  • トピ主さんと逆だわ

    1 「私立女子中、高校へ行く」
    → 中高、共学の公立でしたが品がなく、お嬢様っぽい私立の一貫校が憧れでした。行きたかったです。

    2 「公務員になる」
    → デパートに就職しましたが、売り上げ不振で虫の息。給料も右肩下がり。
    公務員になってたら、安定した人生を送れたはず。

    3 「若い公務員と結婚」

    包容力に惹かれて年上の男と結婚したら、釣った魚に餌はやらないとばかりに横柄に。見た目も中年太りとハゲで見る影も無く…
    少し待ったら、若い男をゲット出来たかもしれなかったのに!
    更に公務員だったら尚良かったのに!

    トピ主さん、良かったですね。

    ユーザーID:5202108973

  • 選択は良かったと思っています。

    1.大学受験時
    東京の大学に行くか地元の大学に行くかの選択で地元を選択

    2.遠距離恋愛か否か
    大学在学中に出会った彼が一つ年上だったので、彼が東京に就職する時に遠距離恋愛をするのか別れるかで遠距離恋愛を選択

    3.遠距離恋愛中
    遠距離恋愛中、自分の就活が上手くいっていなかったせいもあり、大学の歯学部の学生にお付き合いを申し込まれ心が揺れましたが、遠距離恋愛中の彼を選択

    4.就職
    地元就職か彼を追って東京で就職か迷い、東京に出ることを選択

    5.結婚
    就職後、彼に海外転勤の話が出て迷ったあげくに仕事を辞めて結婚を選択

    25年前の話ですので、若かったからできた選択だと思います。
    今の幸せを考えると、自分の選択は良かったと思っていますし、もう一度あの頃に戻っても同じ選択をすると思います。

    ユーザーID:9058329151

  • 医者と結婚

    医学生と付き合い、彼は医者になりました。
    代々続く医者のおうちに嫁ぐ覚悟がなく、お別れしました。
    数年後、彼は看護師さんと結婚したと聞きました。
    贅沢な暮らしをしていると聞き、もし私が彼と結婚していたら・・と思うことはあります。

    ユーザーID:4174366520

  • 普通の人生

    正社員になること、と、結婚と出産、です。

    どちらも普通にやるべきこと、みたいに小さいころから教え込まれてきたように思いますが、やろうとしても全然ピンと来ない。
    20代のうちはなんとかやろうとしましたが、病気になりそうで、鬱一歩手前で全部やめました。

    今、フリーランス、独身、もちろん子供いません。
    超快適です。

    私のようなタイプが間違った選択をしないように祈ってます。
    正社員、結婚、出産、マストじゃないです。
    嫌だと思う人は間違えずに早く手放してください。

    ユーザーID:6522762779

  • そうですね。

    今の記憶を持ったまま、
    やり直せるなら良いですね。

    私は、もっと家族を大切に出来た選択をすれば良かったと思います。
    地元に就職して、しっかり貯蓄する事。
    家が嫌いで、自由になりたかつた。
    私が自由にしてしまったために、
    兄や姉が犠牲になってしまった。

    今となっては修正出来ないのですが、
    兄をなくしてからは、後悔しない日はありません。

    でも、この記憶がなければ、
    同じ事の繰り返しかもしれない。
    この記憶を持ったまま、やり直せるなら本当に嬉しいのに。

    ユーザーID:9042590812

  • 3個ほど

    1、高校進学
     中学1年の頃軽いいじめのようなものにあい
     私の受験可能な近くの公立高校はそのいじめてきていた子達が進学しそうなので
     少し遠い私立に行ったが、もしその近場の方を選んだらどうなっていたか

    2、17から5年間付き合った彼(今の主人)の帰郷にあわせ結婚
      遠方でこちらには主人の親戚が勢ぞろい、将来は義親と同居
      (夫は長男で義親は昔ながらの長男教ですが当時は気が付かず)
      実親の忠告を聞き、別れて地元に残ったらどうなったかな・・・・

    3、結婚4年目ぐらいに同居の話がでるも、結婚後半年も経たず
      義母とは価値観の違いで、揉め事続きだったので、反対するも受け入れてもらえず
      実親は離婚して戻ってもいいとは言ってくれていたが、そのまま同居
      あの時別れていたらどうなってたかなぁ〜〜・・・・

    正直、2,3は何故そちらを選ばなかったか・・・
    すごく後悔しています

    他にも後悔先に立たず・・・・と思うこと
    多いです 

    ユーザーID:2408178874

  • 選ばなかった方の選択??

    まぁ私はありません、きっぱり。

    でも逆にあっちにしなくて良かった〜っていうのはあります。
    それは結婚ですねー、やっぱ。

    前の彼氏からプロポーズされたのですが、
    がっつり断ったって出来事です。
    だって彼、魅力がないから。

    付き合っていたけど
    別れてから思うと面倒な人だし
    見栄っ張りだしで、私が良いなーって思うとこが1つもないという。

    その前の彼氏にもプロポーズされましたが
    やっぱがっつり断りました。
    こっちはなんでだろう・・・
    まぁする気がなかったって事ですね。

    今の夫は逆は私からプロポーズしたんで
    私はやっぱ人生は自分で決めて行かないと納得出来ないタイプなのかも。

    あとの人生の件に関しては
    学校(高校・大学)や就職も割と選択肢がなかったので(氷河期だったし)
    まぁそんなもんか・・と思っています。
    今は割と穏やかに暮らしています。

    ユーザーID:5279583328

  • 工業高校

    貧乏な家庭で「高校卒業したらさっさと就職して家を出てけ」と口を酸っぱく言われていたので、普通科高校出てもしょうがないと思い工業高校への進学を望みました。

    毒母は「工業高校なんてありえない。女の子なんだから商業高校なら許すけど。商業高校がいやなら○高にしなさい」と歩いて通える進学校を指定されました。

    母が望まない工業高校に進んでも、親に授業料を払ってもらえずに退学を余儀なくされる可能性が高かったので諦めました。

    無学な親子は、進学校では就職ができないということがわからなかったことがとても痛かったです。母は、有名な高校なら就職は選り取り見取りだと誤解していました。

    進学校でも成績が良かった私は、無理して苦学して大学を卒業し良いところに就職しましたが、精神を病んでその後の人生を棒に振りました。

    工業高校に進んでいたら、入学してすぐに退学を余儀なくし、もっと早くに精神を病んでいたかもしれないですし、その後の人生なんでまったくわかりません。

    商業高校に進む選択肢は私には全くありませんでしたし、もし進んでいたらどうなっていたかも全く考えられません。

    ユーザーID:7929175722

  • 医師と結婚

    私もそうでしたよー、今から30年近く前20代前半のころでしたかね。
    もし選んでたら、家柄の違いで若死にしてたかも(笑)
    数年後、程なくして知り合った社内の人と結婚しました。
    お陰様で長生き出来そうです。

    ユーザーID:1680861592

  • 選んだのではなく、それしか選べなかった

    と、自分はなぜかいつも思っています。

    その時々に選択肢があったように見えて、
    自分の場合は結局、
    選んだ方を選ばざるを得なかった、
    選択肢は他には無かった人生だったように思うのです。
    逆にいうと、常に選べる方を選んでいたとも言えます。

    だから振り返って考えたり、後悔はありません。

    選択権があるように見えて、自分には実は無かった、
    この道しかなかったのだと、なぜか確信しているのです。

    ユーザーID:2876478109

  • どちらの選択肢も、その先の現在を予想できませんが

    1.中学校での部活動

    実際には某運動部に入りましたが、もともとは吹奏楽部を考えていました。
    一番仲の良かった友達も吹奏楽に入りましたし、
    私を知る人は一様に意外だったようです。

    その後、入った部活の先輩達からの苛烈な後輩イビリがきっかけで
    不登校になり転校までしました。
    志望する高校に進学はできましたが、当初通うことが出来ず留年も経験。

    ちなみに、同学年の部員で私は2人目の離脱者でした。
    私が抜けた後の部は、先輩達が打って変わって優しくなり平和だったそうです。
    1人目と私とが生贄になったことで丸く収まったんでしょうかね。

    気まぐれ(?)を起こさずに吹奏楽部に入っていたら、
    どうなっていたかなぁと思うことがあります。
    でも、希望以外の楽器をやる気にはなれなかったんですよね…。
    文化系の部活の選択肢が非常に少ない学校でした。


    2.進学先の大学

    他にも合格していた大学がありました。
    大学の部活動での先輩だった人と結婚しましたので、
    これも現在の自分にとってはまさに人生を左右する
    大きな選択肢だったのだなぁと思います。

    また、1つめの選択の結果としての留年をしていなければ
    恐らくなかったはずの出会いなので、
    あらためて「中学校での部活動の選択」が私の人生の転換点だったのかな
    と、つくづくそう思います。

    ユーザーID:7047106430

  • 後悔しない選択はない

    音大受験→そこまでは才能ないかなぁ、練習大変だし。と思って中2で断念。ピアノでした。その後は趣味で別の楽器を触る生活。

    教員免許取得→先攻の勉強と両立できず、こちらを優先するため、取得まであとわずかで断念。現在はこの時の先攻で専門職。

    学生結婚→デキた訳ではなく、大学2年の時の彼氏から結婚を迫られる。しかし彼氏のママが好きじゃなかったためお別れ。彼氏ママは不倫していた。以後、恋愛暗黒時代に突入し、今の旦那と結婚したのはこれより20年後。

    婦人科持病のホルモン治療→とある副作用の強い薬を使っていて、バリバリの更年期症状に悩んでいた。服用効果はあったのだが、あまりに副作用が生活を脅かすため、以後の投薬は拒否。継続していたら、後の旦那となる当時の彼氏とは喧嘩別れしていたと思う。

    娘の手術を受けない→やってもやらなくても予後はあまり変わらない、ただし症状が出た後からやったのでは手遅れになり効果は出ない、と言われて先天的な病気のある1歳過ぎの娘の手術を決意。

    最後のチョイスの結果は17年後です。

    人生はいつでも決断の連続。
    後悔しない選択はないと言います。
    同じ選択をしても、結果に対する受け止めは人それぞれ。

    それで間違ってるとか合ってるとか、誰にも教えてもらえないから人生は辛いし面白い。

    たらればは選ばなかったもうひとつの人生ではありませんよ、きっと。

    ユーザーID:4743424793

  • レスします




    私は当時付き合ってたけどそれほど好きじゃなかった彼と結婚しなくて良かったってことかな?
    いい人ではあったけど、顔がどうしても好きになれなかった。。
    中身も優柔不断なところに時々イライラしてたから、ワガママな私がその彼と結婚してたら、確実に離婚してたはず。


    本当に好きな人には告白できなかったのが心残り。
    別に美人でモテモテだったわけじゃないけど若い頃はいつも向こうから言われて付き合う事ばかりだったから、生まれ変わったらコチラからバンバン告白したい(笑)

    ユーザーID:4243274445

  • ひとつだけ

    高校卒業後、受かった短大へ行くか
    浪人するかで迷って浪人したわけですが

    短大を卒業していたら
    腰掛で男性社員の花嫁候補として
    就職だった時代


    たそうしたら今は日本にいたかも、、とおもいます


    海外の大学で夫と出会って結婚して海外在住で
    特に不満はないのですが

    親、親戚が認知症や死の年齢になって

    老後を考えるのが身近にり
    自分の老後を考えるようになったとき

    日本に住んでいたら、、と思うことがあって
    その分かれ道は高校の卒業後の進路だなとつくづくおもいます

    ユーザーID:2480476712

  • 高校受験の時

    実業系(情報処理関係)の高校への進学
    親に言われて、進学校に進学しましたが
    目標を見失いました。
    その高校で、バイオ系の大学も進められましたが
    当時はもうやる気がなくなっていました・・・
    地元の短大へ・・・そして、卒業はギリギリ出来たけど
    引きこもりになりそうに・・・

    いろいろあって、結婚・出産
    今はパートで働いています。
    (短大で得た資格でです)

    高校進学時、自分の考えを貫き通したら
    違った人生だったかも・・・
    だけど、今はそこそこ幸せだからいいです。

    ユーザーID:2694951568

  • パラレルワールド

    人生、その時々で選択肢が広がって行き、ひょっとしたら全く違った人生を歩んでいる自分が他にもたくさんいるに違いない。
    見えないけれど、全く違った人生を歩む自分がいる(かもしれない)。

    ある時、時間軸を縦に切り取って、自分自身の同窓会を開いてみる。
    そこにはいろんな顔をした”自分自身”がいるのです。
    いろんな選択肢をどちらに選んだかで違った人生を歩んだ自分が。

    裕福そうな自分に問いてみましょう。
    あの時、こっちの選択ではなくてあっちの選択をした。ああ、あの時・・・
    貧相な自分に問いてみましょう。
    あの時、あっちの選択ではなくてこっちの選択をした。ああ、あの時・・・

    どれが正解か分かりませんが、今の、現世の貴方がいるのです。
    それを思い返したところで、同窓会に来た違った自分自身になる事はできません。
    今までの選択の因果応報の自分だけが現実です。
    これからの人生の選択を最善にするだけの話です。

    パラレルワールドという概念を持つと、楽しい空想に遊べるかもしれませんね。

    ユーザーID:1493810153

  • 医学部への進学

    父が開業医でした。小学生までは医者になるものだと思ってましたが、結局医学部には進みませんでした。理系ではありましたが。

    今は医者にならず心より良かったと思ってます。封建社会であること、患者さんへの気遣いなど、私には到底無理でした(笑)

    現在は先端分野に触れることもできる、とてもやりがいのある仕事をしています。

    ユーザーID:1044068474

  • アラフィフの回想録

    20代の時、仕事上接点があった他業種の男性に見初められ、「結婚を前提に付き合ってほしい」と言われました。

    彼は代々続く職業に従事していて、次男だけれど兄と一緒に家業を続ける、あなたにも家業を手伝ってもらう、家族全員で敷地内に住まなければならない、子供は絶対に必要で男子を産んでほしい・・・という条件だったので、お断りしました。

    そちらに進んだら?
    人間的にはとても信頼できる優しい男性でしたが、条件が厳しすぎて私には絶対に無理なので、想像も出来ません。

    ユーザーID:3794107402

  • どのみち不幸だったかなぁ

    1女子校か共学か

    中学生のころ、男子のからかいが嫌で
    高校は女子校を選びましたけど、
    友達は出来ず、人間関係に苦しみました。
    共学を選んでも、同じだったと思います。
    どのみち人間関係に苦しんでいたと思います。

    2就職か大学進学か

    大学進学を選びました。
    高校時代の成績は良かったので、
    良いところの就職先はあったのですが、
    どのみち就職しても、すぐ辞めてただろうなと・・。
    社会人になってから発達障害が分かりましたが、
    高卒で就職出来た職場は、私の適正とは真反対でした。

    ユーザーID:5916557270

  • 3つほど

    小学生のときの片思いの相手へ告白(かも?)
    小3くらいのころに片思いの子がいました。本当に可愛い人でした。
    授業中に思わず見つめてしまうことが多かったのか、その子と仲のいい子が僕に「○○ちゃんのこと好きでしょ?」って言われましたが、恥ずかしくて素っ気なく否定してしまいました。
    肯定していたらその後どうなったのかな、と30台後半になった今でも思いを巡らします。(何にも起こらなかった可能性が高いけど。)
    僕はその後何回も小学校を転校してしまったので、卒業後はまったく会ってません。

    バンド
    中2くらいです。ロックやハードロックが好きで友達グループでCDを貸し借りしてました。
    僕がギター弾いてることを知った友達からバンドやろうとか近所のスクールに一緒に行こうとか誘われましたが、ケチな僕は断ってしました。
    (今から考えれば、習い事の月謝や楽譜代とか貯金や小遣いから賄えたのに。)
    あの時一緒にバンドやってたら少しは女の子からモテたかな?やっぱり無理だったかな(笑)、なんて今でも妄想します。

    中学〜高校
    中学は共学、高校は男子校でした。中学から片思いだった子(同級生)の進学先が、偶然僕の高校の近くの女子高でした。
    時々電車や徒歩で一緒になることもあって話すこともあったんですが、あの時告白でもしてたらその後どうなってただろう。
    (これは今考えても玉砕してそうな感じですが。誰かと付き合っていると言う噂もあったし。)
    同窓会で会ったりfacebookでも繋がっていますが、お互いに結婚した今となっては、向こうが幸せならそれでいいかな、なんて思います。

    どちらも甘酸っぱい思い出ですが、特に一つ目と三つ目はここくらいにしか書けないですね。そんな内容を吐露できる場を提供して下さった主様に感謝いたします。

    ユーザーID:5524658267

  • ないですね

    そういう選択方法をしたことがないので。

    優先順位や自分の希望を熟慮してから、選択肢に順位付けしてベストを選ぶ。
    AかBかどちらが上位か?で選ぶので、ベスト以外の選択肢を思い出すことはめったにありません。
    逆に考えれば、自分の置かれた環境や自分の実力で、当時はそれ以上の選択肢は無かったのだから、別の選択肢は無かったと言うことですよ。

    もちろん、全ての選択がうまくいくとは限りません。
    でも、現在では条件や自分の思考も変化しているので、あの時あっちを選んでいれば・・・と考えても意味がない。
    だって高校生に戻れることはないし、今更百貨店に入り直すことも考えにくいし、元上司にやっぱりあなたが良かったから結婚してとも言えないでしょ?

    まあ、妄想は楽しいけどね。
    楽しい以外の価値は無いわな。

    ユーザーID:7290655752

  • 結婚するか単身NYへ行くか

    20年ほど前、付き合っていた人と結婚するか、別れてニューヨークへ長期の旅行か留学をするか迷いました。
    結局結婚し、1年後に出産。今も夫婦です。

    海外は十数カ国ほど行っていますが、どうしてもニューヨークへは行ってみたくて、でも遠く。ニューヨークが舞台のドラマや映画ばかり観ていました。
    でも昨年思い立ち、子供と二人で旅行に行きました。
    あのとき結婚しなかったら子供もいなかった訳ですし、後悔はしていません。
    でも別の人生もあったのだろうなと思います。

    「二人の五つの分かれ道」というようなタイトルの映画があります。また観てみようかな。

    ユーザーID:9017099644

  • 18歳の選択

    医療系の仕事に就きたくて、超苦手な理系クラスにいた私。
    受験慣れする為に受験科目が同じだった工学系の大学を受けたら合格しました。
    志望校の合格発表前に入学手続きをしなくちゃならなくて、数日悩みましたね。

    あの時大学に行っていたら…
    受験者は女子が異様に少なかったので、モテモテ生活だったかな?なんて妄想したりしたものです。
    でも本当に数学や物理が苦手だったので、勉強についていけず、留年→中退となった可能性の方が高いです。

    ユーザーID:0661216505

  • 後悔はしていない

    1.エスカレーターから降りた
    エスカレーター式に大学に行ける、そこそこ難関のお嬢様女子高へ進学したものの、その大学には行きませんでした。
    時代はバブル。そのまま短大に進学した人は試験らしいものもなく銀行や大手企業に就職し、2〜3年で職場の有望株と結婚→出産→注文住宅建設と進み、海外帯同したりする人もいつつ、邸宅奥様コースにお進みです。
    4年制大学に進学した人はバブルがはじけて大変な思いをし、浪人して紆余曲折の上、結局、第一志望の国立大に進んだ私は長い長い不況の真っただ中に放り出されましたが、さて、短大に進んでも私が有望株と結婚してたかな?素直に奥様ができたかな?と疑問です。

    2.ブラック企業を選んだ
    31歳にして正社員を目指して2社受験、2社ともに内定連絡が。ぜひ一緒に女性パワーを、とおっしゃってくださる企業を断り、古い慣習でガチガチのブラック中小企業を選択。就職活動の一環として教員試験も受験しており、後日、採用の連絡をいただきましたがこれも辞退しました。
    入社した会社はあり得ないほどブラックだったけど、仕事内容は得難い、おそらく唯一のものでした。2年半で体を壊しましたが、100年残る仕事をすることができました。

    3.国立大准教授か、会社員か
    2人の男性から同時期にアプローチを受け、会社員の男性を選びました。正式にキッパリとお断りしたにもかかわらず、准教授さんは待たせてもらえないか、とおっしゃってくださいましたが、それもお断りし、会社員の男性と結婚。
    夫は大手企業勤めではあるものの出世コースには乗っておらず、容姿は若干良くない方、准教授さんの方は、トップクラスの国立大の有望株で、ご近所でも有名な爽やかイケメンでした。
    でも、夫の周りの空気はあまりに心地よく、話せば、たくさんの共通点と自分に足りないものを感じさせてくれます。

    今、私は幸せです。

    ユーザーID:9967741705

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧