20歳で歯がボロボロ、、、。

レス5
(トピ主1
お気に入り58

心や体の悩み

みずごろう

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 入れ歯を恐れることは全くありませんよ

    今は歯を抜かない治療が主ですので、20代で入れ歯の人が少ないこともあって、とても悩んでおられると思います。
    私は20代半ばで総入れ歯にする治療をを受けましたが、当時は歯を抜くことに抵抗感の少ない時代でもあり、20代でも部分入れ歯の金具が口元から覗いている人が結構いました。
    また、「年間で数人は30代の上下総入れ歯の治療をする」と先生から聞きました。
    私も噛み合わせが悪くて顎関節症の症状もあり、その改善のためもあって、全部の歯の神経を取って金歯を被せていました。今では想像できないでしょうが、歯は全部あるものの、白い部分は全くなく口中金ピカでした。
    そんなことも手伝って、総入れ歯に抵抗感はありませんでしたが、入れた当初は、「まともに喋れない」「噛むどころか前歯にコップが当たって水をこぼしてしまう」「痛くて入れているのも辛い」という状態で、この先どうなるのかと辛い思いをしました。
    先生は「お年寄りと違って若い人は適応力があるのですぐ慣れるし、女性で30代に総入れ歯にした患者さん達は慣れた後は「思い切って総入れ歯にしてよかった」とみんな言っている」と言っていました
    実際、私も徐々に慣れて違和感や喋りにくさも無くなり、2年ほどで全く痛くなく噛めるようになり、食生活をはじめとして殆ど不自由が無くなりました。
    また、前歯を大きな三角形の歯にして、出っ歯気味にしてもらったので、金歯時代を知っている人はともかく、総入れ歯だと殆どの人は気付きませんし、「綺麗な歯ですね」と褒められたことも度々あります。
    このように、総入れ歯でも十分快適な生活が出来ますので、部分入れ歯なら全然恐れることはありません。慣れるのに多少時間がかかるだけです。
    どうしてもなじめない時は、今はインプラントもありますので、それに「換えれば良いだけ」と考えて、気持ちを楽にして治療を受ければ良いと思います。

    ユーザーID:4939227327

  • 口内衛生を徹底しましょう

    子供の頃から歯がボロボロというのは
    残念ながら、親御さんが丁寧なブラッシングを習慣づけしていない(だらしない)のです。

    躾とは、勉強やスポーツの成績ではなく、本当はそういう所ですよ。

    ご自身で信頼できる歯医者に行き、(極力削らない歯医者)
    毎日歯ブラシをエチケットにして下さい。

    口内衛生に気を配るのは 入れ歯になっても同じです。

    ユーザーID:4826711426

  • 必ずインプラントのケアを

    私もインプラントの歯があります。自分の歯とほぼ同じですが、汚れがややたまりやすいんですよね。生きた組織じゃないから。
    歯医者さんで言われるとは思いますが、必ず定期的にケアに通ってください。
    でないとインプラント歯周病になります。
    また、安さを売りにしたインプラントを選ぶのは避けてください。
    一体型のインプラントだと、やはりインプラント歯周病になったり、高齢になって認知症等でケアができなくなったとき、手術であごの骨から取り出さなければならなくなります。
    私も虫歯になりやすい歯です。ですが3か月に一回、オーラルケアに通っています。よい歯医者さんと歯科衛生士さんに出会えて、虫歯前に古くなった詰め物等の交換や歯石のケアをしてもらっています。おかげで10年間大きなトラブルはありません。トピ主さんも面倒だとは思いますが頑張って歯をケアしてあげてください。

    ユーザーID:3498791926

  • 皆さんありがとうございます

    みなさん、返信ありがとうございました。
    この年齢で入れ歯がインプラントということもあり、精神的に物凄く辛かったのですが、気持ちの持ちようやケアをしっかりと行うことが大切だと気付かされました。
    入れ歯であっても、適応できるという話はとても勇気をもらうことができました。
    こういった話は、友人などには出来ずとても苦しかったのですが、こうした皆さんから教えて頂いたことを糧に頑張ろうと思いました。

    ユーザーID:0356537884

  • 部分入れ歯について追加情報です

    「入れ歯」に少々抵抗がなくなったようで良かったです。
    私は前にも書いたように最初の入れ歯が総入れ歯で部分入れ歯を入れたことがありませんが、
    30代の女性社員が恐らく貴女と同じで奥歯のブリッジがダメになって数年前に治療し、最初は保険、その後自費の部分入れ歯でしたが、中々馴染めないと言っていました。
    それを一年ほど前に「ドイツ式リーゲルテレスコープ義歯」という部分入れ歯に替えて、とても快適になったと言っています。しっかり固定されていて外れることは全く無く、夜寝るときも付けたままで平気で、異物感も無くブリッジと変わらないと言っています。
    今はインプラントが流行っていますが、私の先生は「インプラントは新しい技術で何年持つのかの検証ができていない」「ダメになったときは顎の骨ごとゴッソリ取るので、その後が大変」と懐疑的です。前述の「ドイツ式部分義歯」を採用している先生も殆ど同じ意見だそうです。
    私も以前に入れ歯専門の先生に総入れ歯を固定するためのインプラントを「若い方が骨に着くのが早い」と熱心に勧められたことがありますが、特に不自由を感じていなかったので、普通の総入れ歯のままですが、不自由もないのに危険なインプラントを入れなくて良かったと思っています。
    貴女はこれから普通に生きれば半世紀以上「作り物の歯」で生活することになります。
    それ故に「入れ歯かインプラントか」の選択ではなく、最初は保険の入れ歯、次に自費の入れ歯、それでもダメならインプラントという段階を踏めば良いのではないかと思います。
    また、今は昔と違って色々選択肢があります。
    とくに「ドイツ式リーゲルテレスコープ義歯」は安全で良さそうなので、考えてみる価値があると思います。
    インターネットで検索すれば、製作してくれる歯科医院とどのようなものか良く分かるので、ぜひ調べてみると良いですよ。

    ユーザーID:4939227327

  • 心や体の悩みランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧