• ホーム
  • 話題
  • 余命僅かな末期癌の父と同居し在宅介護を行った方が良いか…

余命僅かな末期癌の父と同居し在宅介護を行った方が良いか…

レス12
(トピ主1
お気に入り36

生活・身近な話題

ブルー

今になり、この歳まで独身でいる事に非常に負い目を感じておりますが40歳独身で一人暮らしをしている者です。余命数ヶ月の父との関係について、一人では答えがどうしても出ず、投稿させていただきました。

父は昔離別をし長年独居でした。ここ数ヶ月体調を崩していると聞いていたのですが、先月に精密検査をしたところ、末期癌だという事がわかり入院をし抗がん剤治療を行っています。(本人には未告知)体の状態としましては排泄、入浴、食事いずれも介助が必要で、素人目にも退院後に一人で暮すことは厳しいと思っています。

現在私は父の居る場所からは片道三時間の場所に住んでおりますが、今後独身である私が仕事を辞めて在宅介護をすべきか悩んでおります。

父には更に遠方に住む血の繋がりのある兄弟がおりますが恥ずかしながら兄弟仲が悪い為に頼る事が出来ません。また、私にも兄弟がおりますが協力が得られない為に頼る事が出来ません。

余命を父にはまだ告知していませんが、父は早く退院をし家に帰りたいと言っています。父の希望通り退院し私は父の家の近くで仕事を見つけて一緒に在宅で治療を行っていくのが良いのか、それとも私は今の仕事を続け父には施設に入って貰いリハビリを続けて貰うのが良いのか悩んでいます。

一体何がベストなのかが分からず八方塞がりになっております。

突然の事で、自分の中で混乱し、不眠が続き日に日にアルコールも手放せなくなり冷静な判断が出来ません。何から手を付けて良いのかもわかりませんが決断の出来ない私は非常に意気地のない人間だと思います。

父も私も殆ど資産が無いのでもし転職活動をし現在のこの状況を理解してくれる会社と巡り会えたとしても安定した収入が得られるかどうかもとても不安です。

何から何まで不安でまとまりのない文章で読み辛く申し訳ありませんが、皆様アドバイスをお願い致します。よろしくお願いします。

ユーザーID:6813502005

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ひとりじゃムリ、ポスピスおすすめ

    あなたお一人で、資金もなく仕事も不安定な状態で自宅介護なんて共倒れになりかねません。
    あなたの今の生活を崩す事なく、遠方から情報をあつめて、公的支援や施設の手配に動くという形で介護なさったらどうでしょう?

    まずは、お父様への余命告知だと思います。
    現状を正しくわかっていてもらわないと、動きづらいし、選択しづらいし、よい介護ができないと思います。
    何ヶ月とはっきりいう必要はないけど、このつらい抗がん剤治療をやっても完治しないこと、ほんの少し延命するだけだということは伝えるべきです。
    それでも積極的治療を続けたいのか?
    そうでなければ、もうひとつの選択肢は緩和ケアをしながら、自宅もしくはホスピスで有意義な余生を過ごすというもの。
    まずお父様にそこを自分で選んでいただくことが大事かと思います。

    その上でおすすめは、すぐにホスピスを探すことです。

    うちも父が末期ガンで余命数ヶ月ということがわかって、父の意思で積極的治療をやめました。これで方針がまず一つに絞られます。少なくとも病院にいる事ができなくなりました。自宅介護かホスピスです。
    ホスピスは探しまくりましたがすぐにはあきがなくて、とりあえず自宅介護となりました。

    緩和ケアのできる訪問医をさがし(モルヒネを使えるのが必須)、介護保険制度をつかってベッドをいれたり簡易トイレなどの設備を家に設置しました。
    訪問看護師にも毎日のように来てもらい、入浴、摘便など自分たちにできないような世話をしてもらいました。
    それでも家族がやらないといけないことはほんとうに多いしです。動けない病人の世話はたいへんです。
    うちは家族だれも働く必要がなく母と二人で助け合いながらで2ヶ月なんとかなったなという感想です。

    あなたのお父様がどれくらいもつかはわかりません。
    あなた自身の経済力、生活基盤をなくしてまでやっちゃいけないと思います。

    ユーザーID:2877044258

  • とにかく、色んなひとに相談する

    仕事は辞めない方が良いです。
    退院はしないといけないのでしょうか。介助が外注の方が高くなってしまうと困るでしょうし、
    誰の目も届かない空白の時間が多いのは心配でしょうし。

    病院や役所に相談員さんが居るはずですので、相談されてと思います。
    兄弟は仲が悪くても余命が迫ってるのは事情がまた違うかも知れませんよ。
    亡くなってから何か言われるより気持ちが楽だと思うので、一応打診をしてみたら?
    生きている間に何ができるかだと思いますが、無理のないレベルで、ですよ。


    お父様は御自分の病名や余命を知ったら、あなたに迷惑を掛けてまでワガママは言わないのではないでしょうか。
    昔離別をしたのはあなたのせいでないだろうから、最後あなたに会社まで辞めてなんて思わないと思いますよ。だから仕事は…生活費を得ていくものですから、辞めればあなた自身が将来困りますよ。

    ユーザーID:6034072193

  • お仕事をやめてはいけません

    トピ主さんが仕事をやめて在宅で父上の介護をするといっても一人ではできません
    ケアマネさん 訪問医療(看護師さん含む) ヘルパーさん といった
    プロの方々の手を借りなければ介護できません
    手を借りてもトピ主さんの負担は多大なものになります

    単刀直入に申しますがトピ主さんの人生は今後も続きます
    収入がなければ生きて行かれません 再就職は厳しいですよ
    お父様の治療、介護は適切な施設で行ってトピ主さんは
    可能な限り、でも無理のない範囲でお見舞いに行く で。
    外泊許可が出ればお父様に自宅で過ごしてもらって下さい
    それでもトピ主さん くったくたになること必至です
    それぐらい在宅介護は大変なのです

    ユーザーID:4108054541

  • 仕事を辞めては駄目ですよ

    私も独身で末期ガンの母を看取ったので、仕事との両立を悩むのは凄く理解出来ます。
    しかし今後収入のアテがあり、生活に困らないなら仕事を辞めても良いかと思いますが、そうでないなら仕事を辞めない方法を考えましょう。
    一番現実的なのは、お父様にトピ主宅に来てもらって介護保険、訪問看護の制度を駆使して介護する、またはホスピスに入ってもらうでしょう。
    最近のガン治療は通院が基本なので長期の入院をさせてくれないし、末期ガンを抱えた病人を預かってくれる施設があるとも思えません。私はフルタイムで働きながら家で母を看護していましたが、ガンの末期、せん妄で錯乱した母が昼も夜中も騒ぐようになってしまい、私が全く寝ることが出来なくなってしまったので、預かってくれる病院、施設を探しましたがありませんでした。
    介護保健は申請していましたが、病気の進行するスピードに介護度が追い付かず、ろくなサービスも使えませんでした。もはや仕事を辞めるしかないと思い詰めた時、母が亡くなりました。
    ホスピスをもっと早く申し込んでおけば良かったとその時思いました。申し込むのが遅くて全く間に合わなかったので。
    まず、どうしたら良いかわからないならガン拠点病院なら相談室というものがあると思うのでそこで相談するとか地域包括支援センターに問い合わせてケアマネを紹介してもらう、その際トピ主が現在の仕事を辞めないですむ方法を原則にして、プランをたててもらうと良いです。
    それでも100パーセント自分の納得する結果は得られないとは思いますが、いくらかの方向性は見えてくると思います。

    ユーザーID:7418494109

  • 終末を迎えるために

    お父様とトピ主さんのお見舞いを申し上げます。

    余命数ヶ月とは、最低でも数ヶ月は生きているという意味で、本当に数ヶ月後に亡くなるとは限りません。

    私はお父様に真実を告げるべきだと思います。ショックでしょうが、やり残したことはないかを決めるのは、本人しかいません。私は幸い手術が成功して生きていますが、一度死ぬと覚悟を決めた時に思ったのは「子供の時に過ごした場所を訪れたい」でした。いま家や実家があるところではありません。

    それと、できるだけトピ主さんが無理しないこと。今の会社を辞めるのは、得策ではありません。無給でもいいから1ヶ月だけとか休みをもらうとか、交渉はできませんか。

    お父様は、一旦自宅に帰ることはできても、自宅で長く過ごすことはもう無理だと思います。そのために、1ヶ月とかだけ会社に休みをもらうんです。

    でも末期なら、痛み止めも効かなくなる時が来るでしょう。やはり、自宅で最期を迎えるのは無理です。そのことは、事実を話して、お父様にもわかってもらわなくてはいけません。できる範囲で、やり残したことを実現させる手助けをしてあげてください。そのための、1ヶ月とかの休暇です。

    終末患者を受け入れるホスピスが、トピ主さんが通えるところにないでしょうか。

    お酒はやめましょうね。

    ユーザーID:2687065345

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 介護は、専門家に任せよう

    仮にトピ主さんが勤務先を辞めて介護為さっても、命の火を灯し続けることは難しいのではありませんか。

    今の勤務条件が安定していれば、お金を一部負担する事で
    役割を果たせるのではないでしょうか。

    フルのサポートはできないことはないとは思いますが、困難が伴います。トピ主さんまでが体調を壊してしまいます。

    父親亡き後も、トピ主さんは生きて行かなければならない事をお忘れなく。

    先ずは自分を守り、その上で「可能な範囲」でサポート為さってはと思います。

    ユーザーID:0424754156

  • お婆がハッキリお答えします。答えは一つです。

    トピ主は、そのまま仕事を続け、お父様は入所。これしかない。トピ主が退職して在宅介護するなどは、最悪の、最も愚かで取り返しがつかないやり方です。必ず後悔する。

    子どもが仕事辞めて在宅介護〜など現代ではやってはいけない事なんです。なぜか現代のたくさんの人が「昔の在宅介護ができる」と、間違った考えにとりつかれています。それは現代介護の現実を知らないからです。

    >現在私は父の居る場所からは片道三時間の場所に住んでおりますが、今後独身である私が仕事を辞めて在宅介護をすべきか悩んでおります。
    ●この「退職して在宅介護」だけはやってはいけません。但し、いつでもまた退職前と同じような条件で、間違いなく再就職できるというような特殊な職業の人は別です。其れでも退職はおススメしませんが・・。

    >体の状態としましては排泄、入浴、食事いづれも介助が必要で、素人目にも退院後に一人で暮すことは厳しいと思っています。
    ●その状態では、トピ主が一人で在宅介護も大変なんですよ。ガン末期なら、更に状態が悪く成り続け、結局は入院か施設になる。退職しても意味がないんです。

    >突然の事で、自分の中で混乱し、不眠が続き日に日にアルコールも手放せなくなり冷静な判断が出来ません。何から手を付けて良いのかもわかりませんが決断の出来ない私は非常に意気地のない人間だと思います。
    ●悩んでも意味ないです。簡単ですよ。お父さんに合う施設を探して入所すればいいんです。施設探しは大事。費用や病気の時の対応や、最期まで看取るか〜など、調べて。

    >父も私も殆ど資産が無いのでもし転職活動をし現在のこの状況を理解してくれる会社と巡り会えたとしても安定した収入が得られるかどうかもとても不安です。
    ●正社員なら、仕事を辞めてはいけません。これは現代介護の鉄則です。

    迷ってはいけない。お父様がお金の面で入所できるなら、入所一択です。

    ユーザーID:3444747053

  • まず地域包括支援センターへ連絡を

     まず市役所の福祉課で地域包括支援センターを紹介してもらって、お父さんの介護のケアマネージャーを決めてもらいましょう。お父さんの年金額はいくらですか?
     そこでお父さんの様子から、トイレ 食事 入浴 全て介護が必要なのでかなり進路先としての入所施設も制限されるはずです。
     あなたは介護離職をしてはいけません、それをすることで定職に付けられず、パートで貧困に陥る危険性があります。
     お父さんの新鮮にも頼めない、あなたの兄弟にも頼めない・・・・・ ケアマネージャー頼みになりますが・・・・・ 厳しい現実です。

    ユーザーID:2834225642

  • 会社勤めですか?

    一番いいのは、介護休業制度を利用して一時、会社を休むことですが、勤め先にそのような制度はありますか?すぐに上司に事情を話して相談してください。
    こんな事言うのはあれなんですが、1年後にあなた一人になった時、養ってくれる方がいなければ、自力で生活しなければいけないので、辞めてしまうのは最終的な手段だと思います。
    会社を休んで地域の包括センターや市役所に相談に行ってください。
    緊急事態なので、会社も休ませてくれると思います。事情を話して、休んで相談に行きなさい。
    一番いいのは、介護のための一時休業を取ることです。
    自宅介護は一人では無理だと思いますがどうしてもというなら、あなたのところに呼び寄せて、介護保険やら他のサービスも総動員してできるかどうかですね。(人を頼むと当然お金がかかります。)とにかく相談です。プロの人に制度を聞くのが一番です。
    退院後のお父さんが3時間も移動するのは大変でしょうが、すぐに介護保険を申請してください。
    もしもう積極的治療をしないと決めたのならホスピスという選択肢もあります。
    ホスピスはすぐに入院しなくても登録だけでも受け付けてくれるところもあります。
    包括センターでもおしえてくれるし、自分でネットでも調べられます。
    あなたは独身なので、すべてお父さんの希望通り(お父さんが自宅に戻る事)にはできませんが、でもあなたができる精一杯の範囲で、お父さんに寄り添ってあげる事はできると思います。

    ユーザーID:0099353654

  • 聞きまくる。一人で悩んでいてはダメ

    トピ主さんがすることは、まずお近くの役所に行って「どうすればいいでしょう」と聞くことです。「どういう行政の支援がありますか」と聞けばいい。
    それと「他に質問できる場所はないでしょうか」も聞いておきましょう。こちらから聞かなくても、向こうが「こちらに聞いてください」と教えてくれるかもしれません。

    あとはハロワに行く。もし退職したら、自分にどんな仕事が可能かを相談する。介護休暇についても聞きましょう。

    お父様は病院にいるのなら、病院の看護師や医師に聞いてみるのもいいです。彼らは詳しく答えられなくても、「どこに行って聞けばいいか」「どこで相談できるか」は教えてくれるかもしれません。

    結構、たくさんありますよ。10人聞けば、10とおりの情報が得られます。トピ主さんのような悩みをもった人は、日本で初めてではありません。トピ主さんみたいなケースを、現場やプロの人は、もう何百人と知っているのです。

    一人で悩んでいてはダメ。あちこちに聞きまくりましょう。

    それと、お父様に事実を告げたほうがよいのではないですか。

    ユーザーID:3631327244

  • 沢山のレスありがとうございます

    皆さん、温かいレスどうもありがとうございます。
    『介護は子供の役割だ!!』というようなお言葉が沢山返ってくるかも・・と凄く怖かったのですが、『私は自分の人生を優先させる生き方をしてもいいんだ。』という気持が少しずつ出てきており、救われています。

    私の頭の中では例え共倒れをしたとしても介護離職をし、最期を看取る事が正しい親孝行なんだとばかり思っていましたので、違う方法や考え方を知れて本当に助かりました。
    現在の仕事を辞めたとして父の介護と両立できそうな仕事に転職し、父の介護をしたところでうまくいくかもわかりません。
    父が亡くなった後、どのような精神状態になるかも分からないですし、その状態で新しい会社で長く勤めていく自信も今はありません。それであれば現在の仕事を続けながら父のお見舞いを続けていこうと思います。

    父には事実はきちんと伝えようと思います。
    そして介護保険やホスピス、、、どれもこれも聞いたことはあるのですが、詳しくは内容を知らないので調べてみたり、包括支援センターに相談をしてみようと思います。
    病院にもソーシャルワーカーさんがいらっしゃいますが、治療に影響するんじゃないか・・などと考えると相談しづらいな・・なんて考えていたりもしていました。

    こちらで質問させていただいて本当に良かったです。知らなかったお知恵をお借りでき、皆さんに感謝です。

    ユーザーID:6813502005

  • どれを選んでもいいが、仕事は続けることが肝要です。

    1)父は実家へ戻り、ヘルパー、介護保険でできる範囲。
    2)ホスピス;介護が必要ならこれがベスト。
    3)施設入所;看取りまでしてくれる施設もあります。できればトピ主の今の家に近いところがベター。
    4)いっそのこと、トピ主の今の家に父を連れてくる。加えてヘルパー、介護保険もありですよ。
    長期ではないならば、どれでもありますが、実家の処分を早くして、介護のお金に回すことも必要かもしれません。父の理解があるうちに早めが望ましいです。
    すぐに動くことが大切です。

    ユーザーID:1815347311

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧