バック駐車ができません

レス82
(トピ主3
お気に入り104

趣味・教育・教養

くーさん

バック駐車ができなくていつも頭から突っ込む形で停めます。
運転歴は8年ですが初心者の頃、バック練習中に何回やっても白線内に収められず同乗の父に怒られ、見ていた他のドライバーさんには笑われ。心が折れて練習やめました。
前から突っ込んでバックで出ればいいや!と開き直り。出るのが難しそうな駐車場には停めません。
がしかし、友達から絶対バックの方が楽だし出る時スムーズと言われ、今更ながら練習したいのですが。見られるのが恥ずかしいです。必死の形相でマチャマチャしてる姿を見られるのが恥ずかしいです。一瞬でスイーッと停められる人が羨ましい。
他人の駐車してる姿、気になりますか?注目しますか?

ユーザーID:4674630181

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 教習所で集中的に教えてもらえる

    免許を取ってからでも、教習所は利用できるのですから、お金を払ってプロに特訓してもらえばよいです。
    予約さえ取れたら、後はやるのみでしょう。適切なアドバイスがもらえますし、教習所に来ている人のほとんどは運転が未熟な人ばっかりですから、あんまり周囲の目も気にせずにできますよ。

    ユーザーID:2749361352

  • 笑われてよし

    広い公園の駐車場で、バックの練習をしましょう。

    100回と言わず、1000回もしてみれば出来るようになりますよ。
    その時は、初心者マークを貼って、練習しましょう。

    他人に、その時は笑いを提供するくらいの気持ちで。

    バックできないと、何かにつけて不自由ですよ。
    広い道路ばかり運転できる環境なんですか?

    狭い道路での譲り合いの時、バックできないと困りますよ。

    ユーザーID:5097688707

  • 練習あるのみです!

    私も運転は下手ですが、駐車は実家の駐車スペースが狭かったため、人並みにできるようになりました!
    友人にも「ここに毎日駐車したら、そりゃ上手くもなるよ〜」と言われます(笑)

    駐車の練習は、自宅に駐車スペースがなければ広い駐車場の端の方で朝や夜遅めの時間にやると人目も少ないし誰かの邪魔になってしまうこともなく練習しやすいですよ!

    ユーザーID:3683926861

  • 慣れ、なんでしょうけどねえ

    私の場合は「チェックする箇所を限定する」ことで、格段に上達しました。
    バック駐車の時に見てるのは、ほぼサイドミラーだけです。
    右から入れるときは右の、左から入れるときは左の。

    右からの場合なら、右隣の車に擦らないか。
    ボディ右側面から右隣の車までの距離は適切か。
    そこさえ適切なら、他の箇所をぶつけることはほぼないと思っているので、
    ひたすらそれだけを見てます。右のサイドミラーで。
    奥行きを見るのは、「あとはまっすぐ下がればいいだけ」の状態になった時点からでいい。
    逆側のミラーなんか一切見ないです。

    「後ろ見なきゃ、右見なきゃ、ああでも左も、全体のバランスどうなってる」って
    いろんなところに気が行ってると、結局どこかがおろそかになってぶつけてしまう。
    「ここだけ見ておけば大丈夫」ってポイントを作って、そこだけ見る。いいですよ。

    で、駐車に手間取ってる姿が気になるかと言われたら、
    気付きはするでしょうけど別に悪感情は抱きません。
    がんばれがんばれ、って思うだけです。

    ユーザーID:9411810724

  • 時と場合による

    後で駐車待ちしてる場合は結構見ますね。
    まだかなと。

    でもあまり周りの目を気にする必要ないですよ。
    焦ると余計入らないし事故の元です。
    慣れてくるといずれスムーズに出来ます。
    やらなければ慣れないですよ。

    という私も今でこそ駐車出来ますが、免許取った当時は駐車が苦手でした。
    出庫はできても駐車が出来ない為、取って5年位はペーパードライバーでした。
    それが毎日車が必要となり運転しだすと慣れましたよ。
    私の場合駐車に必死過ぎて周囲を気にしてる余裕なんて全くありませんでした。

    というか、私にしたら前から駐車する方が難しいです。むしろ避けます。
    うまく入らないし出るときの方が倍苦労します。それの方が怖い。
    出るとき人も車も見えにくいし事故りそうなので。

    バック駐車は初め広い駐車場で横に何もない所で練習してましたが、それよりもどちらかに車が停まっていた方が停めやすかったです。
    今でも横に塀やら車があった方がうまく停めれますね。
    何もない所でやると何故か線の中央に停めてしまいます。(汗)未だに下手です。

    一回でスッと入れようとしなくていいと思いますよ。
    何回も切り替えていいです。当たらなければいいんてすよ。

    ユーザーID:7713219880

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 入れ直せば良い

    私の同僚にも、頭から突っこんで停める人います。
    しかし、ご友人が言われるとおり、車はバックで停める方が合理的です。

    練習方法というかコツですが、一発でスィーッと停める必要はありません。
    とりあえずバックで、ぶつけない事だけ気を付けて駐車スペースに入れてみて、
    曲がっていたり、白線から外れていたら、一度前進して入れ直せば良いのです。

    入れ直すときに左右のドアミラーを見て、ボディと白線は平行になっているか、
    左右のボディから白線までの間隔は同じか(駐車スペースの中央に来ているか)
    を確認しながら微調整します。

    混んでいなければ何度でもやり直して下さい。
    多分10回もやれば結構上達していると思います。

    もう一つコツですが、例えば「右後ろ」にバックして縦列駐車する場合、
    右にハンドルを切ってバックすると「右後ろ」に車は曲がるように感じますが、
    車は「右後輪」を旋回軸として回る(後輪に曲がる能力はない)ため、
    どんなに右にハンドルを切っても「右後輪」より右には車は曲がりません。
    図解しないと意味が解りにくいかも知れませんが、これが解るようになると
    「バックで縦列駐車」はとても簡単になります。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:6798625806

  • 入れ直せば良い

    (大事な部分を書き忘れたので修正して再投稿します)

    私の同僚にも、頭から突っこんで停める人います。
    しかし、ご友人が言われるとおり、車はバックで停める方が合理的です。

    練習方法というかコツですが、一発でスィーッと停める必要はありません。
    とりあえずバックで、ぶつけない事だけ気を付けて駐車スペースに入れてみて、
    曲がっていたり、白線から外れていたら、一度前進して入れ直せば良いのです。

    入れ直すときに左右のドアミラーを見て、ボディと白線は平行になっているか、
    左右のボディから白線までの間隔は同じか(駐車スペースの中央に来ているか)
    を確認しながら微調整します。

    混んでいなければ何度でもやり直して下さい。
    多分10回もやれば結構上達していると思います。

    もう一つコツですが、例えば「右後ろ」にバックして縦列駐車する場合、
    右にハンドルを切ってバックすると「右後ろ」に車は曲がるように感じますが、
    車は「右後輪」を旋回軸として回る(後輪に曲がる能力はない)ため、
    どんなに右にハンドルを切っても「右後輪」の右側の物にはぶつかりません。
    つまり「右後輪」の真横に隣の車のバンパーがあったとしても、右にハンドルを
    切っている限り、前輪と違って「右後輪」の真横のバンパーには車はぶつから
    ないということです。
    図解しないと意味が解りにくいかも知れませんが、これが解るようになると
    「バックで縦列駐車」はとても簡単になります。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:6798625806

  • 何より大切なのは

    怒られたり、笑われたり、確かに心が萎れてしまうけれど、
    何より大切なのは「安全」であること。

    自分はバックが苦手。

    これを腑に落とす。
    >一瞬でスイーッと停められる人
    になるには運転が最初から得意な人より時間がかかる。
    マチャマチャしていいんだよ。
    出来ないのだから。
    恰好つけないの!

    >他人の駐車してる姿、気になりますか?注目しますか?
    私と夫は、前の車がバック駐車でオタオタしているのを見ると、
    応援します。
    よし!もう一度前へ!!
    そこでハンドルをまっすぐに!
    よし!もうちょっとだ〜頑張れ〜!
    となります。

    でも、やっぱり恰好よくバック駐車したいなら、
    練習あるのみです。
    どこか車の少ない駐車場で練習したらどうでしょう。
    頑張って。

    ユーザーID:4643493409

  • 教習所で習ったことを復習

    進行方向左の駐車スペースに停める場合。
    左のドア前付近(フロントガラスの左端)が駐車スペースの前端くらいに来たら、ハンドルを右に切って少し斜め前に進む。
    そこでハンドルを真ん中まで戻す。
    運転席で振り返って見て、車の左後端が駐車スペースの左端にあることを確認。
    ハンドルを左いっぱいまで切りながら後退。ハンドルを真ん中に戻しつつ駐車スペースに納める。
    練習あるのみです。

    ユーザーID:8497621623

  • 私も苦手でした

    なので、買い物に行く時は、常に開店前に行って、まだ車の停まってない場所を選んで駐車してましたよ
    そのうち、両側に車が停まっていても駐車できるようになりました
    若いうちに馴れておいた方がいいんですよ

    ユーザーID:9718393654

  • 誰だって最初はできません

    私も免許取ってしばらくはバック駐車苦手でした。(遠い目)
    今では前進で駐車するより全然楽だと思えるくらいです。
    大きなワンボックスでもコンパクトカーでも、ほぼ1回で入れられます。

    とにかく練習あるのみです。
    コツを掴めば楽勝です。
    自宅の駐車スペースやガラガラの公園駐車場などで、ひたすら練習してください。

    後は、1回で入れなくたって気にしないことです。
    何十回も切り返すのでしたらちょっと…ですが、枠に納まらないで駐車する人より100倍マシです。

    がんばって!

    ユーザーID:3536517871

  • 教習所は教え方が下手

    教習所の縦列とかバック駐車とかって、
    「はい、サイドミラーにあのコーンが入ったらハンドル全部切って!
     はい、ここまで見えたらハンドル半分戻して!」
    とか、それ、この教習所のこの場所でなきゃ絶対できないでしょって教え方しますよね。

    だれかお父さん以外に、運転ができる人に教えてもらうことはできませんか?
    大きい駐車場で練習するといいですよ。

    例えば、前方左手にバック駐車したいなら、
    自分の車の左側後方先端を、停めたい場所の奥の車の右側前方先端へ近づけます。
    その後、左側後方がぶつかっていなことを左のサイドミラーで確認したら
    ハンドルを左にめいっぱい切っても、左側の車には絶対にぶつかりません。
    なので、そこから気にするのは右側だけでいいのです。
    今度は右のサイドミラーで右側後方先端が右側の車にぶつからないかを確認しながらバック。
    ぶつかりそうなら、切り返せばOK。

    前出のスガルさんがおっしゃってるのは、この絶対にぶつからないというところです。

    後方先端がぶつからないことを確認したら、
    もうそっち側を気にする必要がないということ。

    これを知ったら、私もすごく駐車が楽になりました。

    右見たり左見たりしてると、忙しいしわけわからなくなりますものね。

    多少斜めになったって、枠に収まってればOK!
    隣の車の人が出入りできればOK!
    何回切り返したっていんです。

    頭から駐車しちゃうと、隣の車との空間が狭かったり、後部通路が狭かったりしたら
    それこそ何回も切り返さないと出れなかったりしませんか?

    そちらの方が難しいと私は思うので、
    それができているトピ主さんなら
    ちょっと練習すれば、すぐに上達しますよ!

    ユーザーID:5030632550

  • 皆さんありがとう

    励ましてくださる方、アドバイスしてくださる方、自分もそうだった!と共感してくださる方、ありがとうございます!暗くなったら近所の公民館へ練習に出たいと思います。縦列駐車は未知の世界で先ずは通常?のバックをものにしたいです。余裕が出たら縦列駐車に挑戦です。

    ユーザーID:4674630181

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • バックは必要

     私は車に乗って数十年ですが、未だにバックは得意ではありません。何度も切り返しして駐車場所に入れています。
     でも、車に乗るからには、最低限のバックの運転技術は必要と思います。バックしなければならない場合が必ずあると思います。 

     公共施設の駐車場がら空きの時間を狙い、白線内に入れる練習はいかがでしょうか。 駐車するのに相当時間がかかった、程度なら大目に見てくれると思います。一応形だけでも施設に入れば完璧(笑)。

     
    >バック駐車ができなくていつも頭から突っ込む形で停めます。

     できればこれはやめた方が良いと思います。 バックで駐車場所から車や人の通る場所に出ることになり、前進より対人/対車両事故の危険が増えます。

    >一瞬でスイーッと停められる人が羨ましい。  

     私もそう思います。ただ、うまい方もおられますが、周辺の人や車を気にせずの方もおられ危ないなと思います。後者はただの無謀運転。

    >他人の駐車してる姿、気になりますか?注目しますか?

     くーさんが思うほど皆さん気にしていないと思いますよ。
     気にするのは、施設などの駐車場通路を通る時、バック駐車中の車で通路が塞がれている時くらいです。 正直早くしてくれとは思いますが、手間取っていても別に気にはしていません。


     現在の車はガイド線付きバックカメラやコーナーセンサーなど便利なオプションも付けられます。これを検討されるのもよいかもしれません。 
     当方も付けていますが便利です。もはやこれが付いてない車では私はバックしません(笑)。

    ユーザーID:4300650218

  • 私も、練習したよ。

     19才で免許は取ったものの、10年間ペーパードライバーでした。

     バック駐車、苦手でした。 ですから、近所の公共施設の駐車場のすいているときに、毎日練習しました。(もちろん、ほかの方の迷惑にならないように、端っこの誰も来ないスペースを使って)
     そのうちに、自分のやりやすいコツがつかめると、思います。

     お金はかかりますが、・教習所に通う。 ・出張で、教習に来てもらって、自分の車で、教えてもらう。  等、方法があると、思います。


     私は、前から突っ込んで、駐車して、バックで発車する方が、怖いです。 隣の車が、ギリギリに停めてきたら、バックで出られませんもん。

     練習して、ある程度、バック駐車ができるようになったら、最初は、スーパーの入り口から遠い(なるべく空いている)場所に、停めるようにしましょう。それで、徐々に自信がついてきたら、そのうち、ほかの車がすぐ近くにいても、落ち着いて駐車できるようになります。


     練習しないと、上達しません。がんばれ!!


     

    ユーザーID:3444943085

  • 駐車している姿、見ます

    注目まではしませんが・・・。
    自分が歩いていて、暴走車とお店の壁に挟まれたりしたら痛いので「どの程度の技量なのかな」「後ろ抜けても大丈夫かな」といった視点では見ます。
    バック駐車は3つの場面に分けられると思います。

    最初は前進で駐車枠に近づく場面。
    枠を通り過ぎて一旦停める前に、可能な限り頭を駐車枠と逆方向へに振ると車のお尻は駐車枠の方を向きます。
    この場面で区画線の端がミラーで見える位の丁度いい角度を作り、ハンドルも戻しているドライバーなら「上手だな」と思います。
    逆に枠と直角のまま止めたり変な角度や位置だったり、停車中にゴリゴリ据え切りしているドライバーなら「気を付けて後ろ抜けよう」と注意します。

    次の場面はバックで駐車枠に入れる場面。
    内側の後輪を区画線の先端に向けながら曲がれば、まず大丈夫。
    それをするには「円の内側」にあたるバックミラーを見ながら、になります。
    全くミラーは見ずにキョロキョロしながらのバックだったり、で動く方向も変なら警戒します。
    一連の後退が終わるまで、後ろは抜けずに待つかもしれません。

    最後の場面は、一発で定位置に入れれば必要ありませんが位置修正の場面。
    枠の左右どちらかに寄りすぎたり斜めになったのを直す場面です。
    駐車枠の両側の線が左右のバックミラーで見える位置まで、一度思い切って前進すれば1回の修正で思った位置に収まります。
    バック駐車を苦手に思う人ほど、この時に少ししか前に出ていないように見えます。
    この場面で、小刻みな前進後退を繰り返しながら段々焦り気味なっているような車は、最も警戒します。
    「その内アクセルとブレーキを踏み間違えるのではないか。」と怖いので、前進している隙に一気に後ろを駆け抜けます。

    バック駐車が苦手な方でも、3回の場面に分けて確実に操作すればなんとかなると思います。

    ユーザーID:8009440056

  • 恥ずかしいより、練習!

    人に見られるのが恥ずかしいと思っている内は上達しません、集中していないからです。昔は河川敷などで竹棒を立てて車庫入れの練習をしました。30回位やればできます。右ハンドルであれば車の右側後部の先が車庫の位置にきたら切り始めるタイミングを練習しました。以前は車の右側後部にアンテナ・目印の棒がついていたので目安となりました。もし、ないならオート屋で売ってます、あれば楽ですよ。

    ユーザーID:7773272973

  • 狭い駐車場はストレスの素

    安全が第一です。
    よって,

    ・焦らないこと。笑われても,怒られても,マイペースで
    ・(良い意味で)開き直りましょう。上手ではないのだから,時間がかかって当たり前
    ・とはいえ,別な機会に練習は必要。途中で止めて,降りて状態を確認するのも良い

    米国は前進で駐車し,バックで出庫するのが容易な駐車場の作りが多かったように記憶します。

    ユーザーID:6823414299

  • 車の練習なら

    早朝(5時ころ)がいいですよね。

    開店前のスーパーとか、道の駅などの駐車場なんかがいいと思います。

    日中は、平日の海岸とか石川県の千里浜は車の走行も可能です。

    ユーザーID:7049892993

  • バック駐車に固執する必要無し

    敢えて言います。
    バック駐車にそんなにこだわることはありませんよ。

    「出るのが難しそうな駐車場には停めない」という、周囲の状況を判断し安全に運行する意識があって実践できてるのですから。

    むしろバック駐車に固執しすぎて何度も切り返してやっと停めていたり、駐車場所と通路方向から判断すればどう考えても頭入れした方がスムーズな場所なのに時間をかけてバック駐車する方が滑稽に思えます。

    それと、バック駐車するにしろ、頭入れしてバックで出るにしろ、”スイーッと”よりも安全を最優先して欲しいです。

    ユーザーID:5032332026

  • 練習あるのみ

    内定貰った会社が車通勤しか出来ないところだったので免許取得しました。
    当然超初心者なので人通りが少ない時間帯にあちこち走り回って練習して何とか普通に走れる・停めれる様にしました。
    しかし入社式当日、無事式を終え緊張が解れてしまったのかバックで出ようとして隣に停めてあった営業車にまさかの接触!
    思わずこのまま退職しようかと思いましたよ。

    それから十何年、ずっとバック駐車一択で通したら今では切り返し無しでワゴン車も停めれる様になりました。
    駐車スペース出る時に通りすがる他車を気にしなくて良いのは本当に楽ですので出来るようになって良かったと思ってます。

    ただし私の様に頑なにバック駐車に拘り過ぎると今度は頭から停めなくてはいけない時に(操作は出来るけど)やたら緊張してしまう事態に陥ります。
    やはり練習は満遍なくすると良いですねぇ。

    ユーザーID:9764726264

  • 練習で感覚を磨く?

     クルマを自分の手足の延長のように扱えるようになれば駐車の方法は拘らなくてもいいのでは?

     感覚やセンスが身につかないと前と同じになりますね。

     よく通り掛かる家では、駐車スペースが二車線ある車道から歩道を入った直ぐにあって、何時も頭から入れてます。

     ある時朝に通り掛かったら、クルマを出すにあたって接触があったようで、警察が来てました。

    ユーザーID:8445271573

  • 下手な人に教えてもらう…

    上手い人は、最初から車両感覚やタイヤの向き、進行方向についてのイメージができます。
    ミラーやカメラで確認するのは障害物や歩行者の存在の有無であって、
    自分が操る車両の動きではありません。

    もちろん下手な人でも努力と練習である程度のレベルにはなれます。
    無意味に時間や回数を重ねても上達しませんが、
    ハンドルの切り角と旋回半径、旋回中心の関係を理論的、数値的に理解すれば、
    車両の動きと周囲とのクリアランスが予想できるようになります。

    上手い人はトピ主さんが「これらをイメージできない」ということが理解できません。
    身も蓋も無い言い方ですが、センスが無い人は努力や練習を積んでも上手くなれないのです。
    例えば、凡人が努力と練習で一流アスリートと同様なプレーができると思いますか?

    おそらく「下手だけどある程度普通に運転できる人」に教えを請うのが正解かと…
    トピ主の「感覚」を理解して、適切なアドバイスをくれると思います。

    なお、教習所は教え方が下手とのレスがありましたが、

    >教習所の縦列とかバック駐車とかって、
    「はい、サイドミラーにあのコーンが入ったらハンドル全部切って!
     はい、ここまで見えたらハンドル半分戻して!」
    とか、それ、この教習所のこの場所でなきゃ絶対できないでしょって教え方しますよね。

    これこそが「仮想の旋回中心と旋回半径」を予想し判断する訓練であり、
    この意味が解らない人は「下手な人」だと思います。

    ユーザーID:2073314880

  • 大丈夫、大丈夫!

    慣れですよ。
    特にバック駐車は難しいですよね。
    私も、自信が持てるようになったのは、
    10年位かかっちゃってたかも。

    どこかでかけたときに、
    比較的空いている場所を探して
    ひたすら練習です。

    がんばって!

    ユーザーID:8716927497

  • 自分ちの駐車場で練習

    家に帰れば自宅の駐車場に入れなければならないでしょう。
    自宅前に路上駐車するわけにも行かないので。
    まずは自分ちの駐車場にバックでいれる練習。
    こすっても自分のうち、他人様に迷惑をかけるよりマシ。

    私も取りたての頃は苦手でした。
    でも頭から突っ込んでバックしながら出るのはもっと苦手です。

    家での駐車で練習、
    お店では入口から遠方で停める。

    昨今、バックするとモニターが出て画面を見ながらできる便利な車が出来ましたが、
    目視でできるように練習されるといいと思います。
    バックモニターに頼るとなんか下手になるような気がします。

    ユーザーID:4040059944

  • バックする前に、どこに停まったかで決まるのだ

    >一瞬でスイーッと停められる人が羨ましい。

    トピ主さんは「運転技術の問題」だと思っていませんか?
    ヘタな人を観察していると、例外なく、「そこからじゃ絶対に一発では入れない」位置に停めていますね。

    まずは、キチンと停まった所から、ゆっくりと出て行って停まる。その停止位置からの「停止位置や線の見え方」を覚える。
    そこからバックを始める。
    これを繰り返すのです。
    それできちんと入れるようになったら、今度は、遠くから前進してきてその「停止位置」に一発で止める練習をする。

    つまり、「バック前の正しい停止位置」こそがポイントだということです。

    >他人の駐車してる姿、気になりますか?注目しますか?

    自意識過剰、プライド高過ぎ!
    まったく気になりません。ただ、ヘタやなぁとは思いますよ(笑)

    ユーザーID:2063977091

  • うんと広い屋外駐車場

    あまり参考にならないかもですが、広い屋外駐車場の片隅で少し練習したらどうです?
    感覚がつかめたらできます。

    しかしこれは、田舎者の意見です。都会にお住まいならバックモニターの付いた車に乗るのが手っ取り早いでしょうね。

    ユーザーID:8133738614

  • コツがありました

    還暦を過ぎた頃から勘で上手に入れることが難しくなって
    いました。ネットでコツを披露している方の情報に出遭い、

    それ以来正確に綺麗に入れらるようになりました。
    そのコツを紹介しますね。

    サイドミラーを見ながら、駐車区画の入り口にバックして
    行きます。
    隣の駐車区画との間を予め頭に入れて置いて、その間
    隔迄バックしたら、車が区画の正面を向くまでハンドルを
    切り戻します。

    この時、車を前後させず「止まったままで切り戻す」のが
    ポイントです。車が正確に正面を向いたら、その侭ハン
    ドルを固定して、バックするだけ。

    何度か練習されたら、キッチリできるようになります。

    ユーザーID:1834296677

  • 難しいです

    人気が無くなった頃に1人で練習に行きました。ハンドルを何度も何度も切っているうちに、どっちに切ったらいいのか、わからなくなってしまいました。

    ユーザーID:4674630181

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 人は二種類に分類できる

    >公共施設の駐車場がら空きの時間を狙い、白線内に入れる練習はいかがでしょうか。

    というレスがありました。
    このタイプの練習で上達する人(A群とする)はいますが、全員がそうではありません。

    自分で練習しても上達しない人(B群とする)もたくさんいます。実はこちらの方が多数派です!

    違いは何かというと、
    A群は「試行錯誤でいろいろ試して、いいところに収斂していく」練習をしている。自分で自分を教え開発しているようなもの。

    B群は「繰り返し同じことをやっている」。ヘタを固めていると言います(笑)。

    「何回やっても白線内に収められず」というトピ主さんはB群に含まれます。一人で練習しても上達はしません。
    そういう人は、洞察力のある人に指導して貰わないとダメ!
    しかし、往々にして、B群の人は「教わるのがイヤ」というプライドが高いので、そのプライドを捨てるところから始めないと上達には至りません。難儀なことです!

    ユーザーID:2063977091

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧