詰問してしまう所を直したいです

レス8
お気に入り18

Mirriy

学ぶ

私は良い意味では、納得いくまで行動する。悪い意味では面倒くさく思われる感じで詰問してしまう癖があります

高校3年のある日、友人から『(私)は知りたがりというかそれを通り越して詰問しがち。正直言って、あなたの母親とそこ似てるから気をつけた方がいいよ』と忠告されました

なぜ似てると言われたのかと言うと、確かに私の母親も詰問する癖があるからです
例えば学校の事とかもいつ、どこでとか何でも詳細まで納得いくまで聞かないと気が済まない所がありがちで、私が話したくなくて放っておいてほしかった事があった時も御構い無しで何があったとか誰がどうしたとか詰問が多かったからです
正直子供の時から、癖だと思って我慢していました

そして高校生になって忠告した友人が私の家に遊びに来ました。その時も相変わらず、友人の前だと言うのに同じ様に学校どうだったとかまた質問攻め
そして翌日、最初に書いた忠告をされました

しかし私は忠告されるまで自分の癖に気づいていませんでした
だが反すうしてみると、私は『めんどくさい人』とレッテルを貼られ疎まれた事が何度もありました

そして20代になった今も、ついつい癖で質問攻めしてしまう時がある為、いい加減に直さないとなと思っています

どうかアドバイスお願いします

ユーザーID:9988086297

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • えらい。

    人から指摘されたことをちゃんと受け止めて直そうと思えるなんて、お若いのに立派ですね。

    私には高校生の子がいて、ついつい聞き過ぎてしまってるなあと反省することがあります。うるさそうにされて「ハッ」と気づくわけなんですが、最近子供が何か話してくれた時など、まずは「ふうん、そうなんだ」「へえー、そうなの」ってゆる〜く返すようにしてます。そうすると「でね、」って続きを自然に話してくれたりすることが結構あって。こちらも「それで?それで?」って問い詰めないですみますし、相手から話すのを待つ気持ちのゆとりが持てるんですね。よかったらお試しください。

    ユーザーID:7682068081

  • そういう性格の型があるみたいです

    私も、その向きがあります。
    私はとぴ主さんよりも年上なので、書物を読んだり周囲を見てマナーを学び、抑えているところもあります。詰問は明らかにマナー違反ですよね。淑女はしないことでしょ。

    自分でも面倒な性格だな!と感じますし、そういう親と距離をとりたい気持ちが生じて暗い思いに陥ったりすることもあります。でも人生の選べない部分を否定しながら生きるわけにもいきませんしね。

    自覚後に自分に言い聞かせるのは
    「人は、自分の話を聞いてくれる人が好きだ。
    だから、話を促す質問以外はしない。それは相手の話を邪魔する行為だ」
    という点と、
    「話したい内容を、一回頭の中で話してみてから、口に出す」
    ということです。

    以前、詰問型の話をする年上の女性と一緒に働いていて、ああ、この人も周りの人も辛いだろうなと感じたことがあります。
    彼女の性格に気付いている人たちは、皆ターゲットにならないように、慎重に行動していました。その人は、自分はこうだから仕方が無い、自分は正しいとよく言っていました…。トピ主さんは、自覚されたのだから、まず大丈夫ですよ。

    そういう耳に痛いことを忠告してくれる友達を大切に…。

    ユーザーID:7004765933

  • レスします

    なぜそんなに人のことが知りたいのですか?
    ズケズケ質問攻めにする人は大人になればなるほど敬遠されます。
    人から敬遠されたくなければ、意識して人に質問するのをやめるしかないですよ、意識して。

    ユーザーID:3829145958

  • 言葉での縛りつけ

    詰問する人って、次に何て答えようがさらに重ねて聞いてきますよね。二重拘束って言うそうです。
    自己主張が強く、全部知って把握してないと困るから聞く。
    何のためか、マウンティングかな。

    人には答えられない事情や、答えたくない心情が有る、言う言わないに好き嫌いは関係ない、というのを覚え、口をつぐめば人間関係が穏やかになります。
    あとは、わからないなら後で調べる、本当に知りたいなら体験する、負の感想は言わない、かな。
    未知って、楽しいですよ。
    予防線ばかり張るのは臆病者で、肝心なところで気力が出ません。お膳立てしたものに乗らず、大失敗を糧にした方が素敵です。

    良いお友達がいて羨ましいです。

    ユーザーID:9474114608

  • 詰問?

    「知りたがり」と「詰問」って全然違う方向性のものではないですか?
    人の事を根掘り葉掘り知りたがるのと、相手を追い詰める様に責め立てていくのとは違うと認識された方が直しやすいと思います。
    詰問癖があるとの事ですが、面倒な人通り越して、まともに相手してはいけないどうしようもない人だと認識してはいかがでしょう。

    ユーザーID:7772876829

  • 見本となる人をイメージする

    子供の性格って親からの影響もあるのですが、必ずしも親と似る訳ではないのですよね。

    というのも、私は三姉妹の末っ子なのですが、同じ親から生まれて同じ環境で育った私達三姉妹の性格がまるでバラバラなんです。

    私は少しトピ主さんと似ているところがありました。
    詰問するのとは違って「こうあらねばならぬ」「こうであるべき」というのが強くて、人にもその価値観を押し付けたり求めたりしてしまいがちでした。

    「こうあらねばならぬ」「こうであるべき」が強いのは父の性格です。

    上の姉(長女)は「こうあらねばならぬ」「こうであるべき」という考えは持っているものの、それは自分の中の問題として捉えており、人には一切強要しない性格です。

    下の姉(次女)は「こうあらねばならぬ」「こうであるべき」というのがそもそも無くて、その時々の気分次第で動く自由人です。

    私は「こうあらねばならぬ」「こうであるべき」という考えを持ってしまう性格は今更変えられませんので、長女を見習って人には求めない、強要しない人になろうと努力しました。

    人に「こうであるべき!」と言いそうになったら、私のお手本である姉のことを思い浮かべる、という習慣を付けました。
    決して人に強要しない姉を思い浮かべると、私もグッと抑えることが出来たのです。

    トピ主さんも、温厚で決して人に詰問したりしないタイプの人(理想とする人)を誰か見付け、悪い癖が出そうになったらその人を思い浮かべてみると良いと思います。

    或いはその逆で、母親を反面教師とするのも有りかと思います。
    母親が詰問する姿が嫌だった日の光景を思い浮かべて、「人に同じことをしてはならぬ」と自分にストップをかける。

    良い見本か悪い見本のどちらかを瞬時に思い浮かべる習慣を付けることで、詰問する直前でストップが掛けられる様になると思います。

    ユーザーID:8139624063

  • 答えてもらえるのは有難いこと。

    人にきいたら答えてもらえる、と考えている「子供のまま大人になった人」
    「育ちがそれを許した人」は多いです。

    人に物をきいてはいけない、というのではありません。

    答えてもらえることに、感謝の念を持ってないといけないということです。

    詰問する、というのは話し相手の好意にすがっているだけの「甘え」です。

    いままで、答えてくれた人、話してくれた人に、「詳しく教えてくれてありがとう」
    と言ったことありますか?お母さんがそう言ってくれたことがありますか?

    ない場合は、詰問がどうかではなくて、人に物をきく態度がなってないだけ。

    今後、二言三言以上のやり取りをした後は、必ず「いろいろわかった、ありがとう」とお礼を言うようにしてください。

    それで少しは状況改善すると思いますよ。

    ユーザーID:4163551515

  • 気がついたということは

    半分以上改善の道を歩んでいると思います。

    素晴らしいですよ、あえて教えてくれた友人さんも。

    近所の後期高齢者の女性が物見高いというか知りたがりでヘキエキしてます。
    先日も災害で大変なときに、たまに私が顔だしたら、ここぞとばかりに
    家族のことなどしつこくたずねられて、頭痛がしました。
    そのご主人は家をのぞくし、ほんと迷惑夫婦です。

    今度は何かあっても顔ださない、ときめました。

    ・・・このように質問クセのある人は疎遠にされます。
    人には事情があるし、こたえない権利もあります。
    それを若いうちに知ることのできたトピ主さんは素晴らしいと思います。

    ユーザーID:5367572396

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧