男性から発信するトピ

家庭用火災(煙)感知器

レス18
お気に入り18

リンランカン

男性発

数年前ですが法律で義務付けられたというので、自治会の斡旋品を自分で取り付けました。

しばらくしてから突然けたたましく鳴り出したので説明書を見たら、電池の残量が少ないためと分かりました。

製品のホームページでは保証期間内であっても電池不良の場合は無償で取り替えるとあったのでさっそく利用しましたが、今時お試しの電池でも相当持つのになんだかなーと思いました。(ホームページに出てるということは類例が多いということですね)

これから本題です。

近い将来予想される後に残される同居人だけになった場合、突然警報が鳴りだしたら脚立がないと届かないしどうするのでしょう。

同居人にはその時は119番しろと言ってよいでしょうか?

火災報知の鳴動ですし・・・

消防署にも家庭用報知器設置のPRはされていますが、新しい制度の導入にはアフターケアが肝要と改めて感じました。

ユーザーID:4566728446

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 町の電気屋さんに頼みましょう。

    最近は、高齢の方でもたれかかっても 倒れないような安定した脚立を売っていますから、買っておくのも良いとは思います。

    しかし、万が一、バランスを崩して落ちたらと不安だということなら、

    町の電気屋さんに頼めばよいです。他の用事のついでなら、電池代だけで交換してくれたりもします。


    我が家も同じ悩みような悩みがあります。家を建てるときに 薦められ 高齢になってからの事を考えることなく、業者の言いなりになって、天井を高くしてしまいました。
    主様家同様に、家庭用火災報知器だけでなく、蛍光灯などすべて、高い天井に取り付けにしてしまいました。

    背の高かった息子が 独立して遠方に行ってしまい、
    これから先、電池や蛍光灯が切れたら、いちいち 電気屋さんに頼むしかないなあと ちょっと憂鬱になってます。

    特に、ご相談の火災報知器は、音がうるさいですからねえ。

    電気屋さんに頼んで、もう少し低い場所に付け替えてもらえるかどうか 相談してみてはどうでしょう?

    ユーザーID:1387224326

  • 入り切り出来ない?

    その警報器は、照明のように横に紐は出てない?
    それをつるつる〜と出ていると思うけど
    それで鳴ったら火元と確認して、警報器を切ればいいと思いますよ。

    我が家で配られたのは、横に紐が出ているタイプです
    だから取り付けは脚立が必要だけど、音がしたら紐を引っ張って切るだけですよ。


    でも音がしたときは火事だから、初期消火か?通報してから逃げる方が優先かと。

    ユーザーID:6623961598

  • 火事なら119です。

    電池交換のために消防に連絡はやめましょう。

    蛍光灯の交換でも同じ手間ですが、お年寄り
    でも、自分で交換か電気屋さんに依頼するか
    誰かに頼むかです。

    ユーザーID:1396303607

  • 119は緊急時です

    火災報知機が鳴ったとしても家事でないのなら電話しちゃダメですよ。
    緊急時の消防車があなたの家に来るのですよ。その間によそで火事が起きたら?
    あとに残された同居人ってなんですか?脚立に乗ることもできない人ですか?脚立を買って家においておけばいいでしょう?うちは買いましたよ。電池がない状態でいきなり鳴り出すような火災報知機もつけていません。ならないといけないので1年に一回電池取り替えるようにしてます。

    緊急時の人の命がかかっているかもしれない場面に駆けつけなきゃいけない人を「電池不足」でなるとわかっているのに呼びつけるとか意味が分かりません。アフターケアってなんですか?自分の命を救うために作るものを公的機関でケアしろと?世の中はあなただけでできてるんじゃないです。

    ユーザーID:3231953105

  • 呼んで良いのでは

    足腰たたず、脚立もないのですよね。
    なら、呼んで良いのでは。
    デイケアや見まわりボランティアのような人が定期的に来てもらえるなら、そういう人に頼んでも良いと思います。

    電池切れで鳴ったようですが、電池が問題なきゃそうそう鳴りません。
    うちのは、5年鳴ってません。

    むしろ鳴ったら誤報だろうと思い込んで止めるより、火の元を見に行き、大丈夫なら止める手順なので、火の元を見て回るも困難なら、最初から誰か読んだ方がいいと思います。

    ユーザーID:1978333191

  • 貴方の常識は????

    火事でもないのに消防署に通報しろと?

    同居人に火災報知器の取り扱いについて、説明しておくべきではないですか。

    一家に一台の脚立ぐらい用意しておくべきです。

    自分たちで対応できないのでしたら、購入店に依頼すればよいのではないですか。

    ユーザーID:6993657596

  • 電池式の宿命

    電池は必ず
    いつかなくなる

    電池式なので
    誤作動は、つきもの
    つまり火災がないのに警報が鳴る
    また、逆に
    火災なのに電池切れで警報が鳴らない

    といったことだ

    説明書を見ると
    早めに電池交換しろ
    ってことになっている

    電池なんて安いから
    そういうことなんです

    ユーザーID:4061621044

  • 警報器の設置位置

    誤動作と分かっているのに119は大袈裟すぎます。
    消防車に積んでいる梯子は、長すぎて天井につかえます。

    鳴動を止めるだけなら近所のお兄さんに頼んで、警報器の押しボタンを押すか、引き紐を引くだけです。

    電池の交換までなら電器屋さんに頼むことになるでしょう。

    トピ主さん、またこのトピを見ている皆さん、警報機の取付位置は天井ですか壁面ですか。
    もし、壁から1m以上離れた天井に付いていたら、
    壁面に付け直すことをおすすめします。

    天井に付いていると、誤動作を止めるにも、電池交換で本体を取り外すにも、脚立に乗っての不安定な作業が必要です。
    壁面に設置すると、誤動作を止めるには引き紐に手を伸ばして引くだけ、手が届かなかったら孫の手で。
    本体を取り外すのも、ずっと楽にできます。

    詳しい位置については、メーカーのHPを見てください。

    コンクリートにクロスを貼った壁では、付けられないかもしれません。

    ユーザーID:8479238035

  • ええと。

    脚立を用意し、今から演習。
    じゃだめですか?

    おっしゃりたいのはそういうことじゃない?

    ユーザーID:1916143945

  • 電池は半年毎に換えて下さい

    また、製品購入時に同梱されてくる電池は「動作確認用」という名目で、その後の継続的な使用を保証していません。

    鳴りだしたら実際に煙があるかどうか確認して、安全が確認できれば脚立を使うように同居人をトレーニングすれば済むことです。

    ユーザーID:7679816190

  • ちゃうちゃう

    >製品のホームページでは保証期間内であっても電池不良の場合は無償で取り替えるとあったのでさっそく利用しましたが、今時お試しの電池でも相当持つのになんだかなーと思いました。

    一般の電子機器(たとえばテレビコントローラーなど)の電池は、最初の作動確認とか、当座の使用(わざわざ買わなくてもいいように)のために付属しています。なので、容量の少ない安い電池が付属している。なので、その電池は補償の対象外です。

    火災報知機は、非常に大容量の電池で何年も使えるようになっているので、その電池は「お試し電池」ではありません。なので、保証範囲になっているのですよ。

    >近い将来予想される後に残される同居人だけになった場合、突然警報が鳴りだしたら脚立がないと届かないしどうするのでしょう。

    電池が不良品でない限り、電池レベルの警報が鳴るのは何年も先です。しかし、どんな電池であれ、いずれ容量低下で警報が鳴るのですから、脚立くらいは用意しておきましょう。

    >同居人にはその時は119番しろと言ってよいでしょうか?

    119番は「火災」か「救急」で呼ぶものです。
    火災報知機の電池切れで呼ぶのは違法行為と言えるでしょう。

    電池切れの音と火災警報は「鳴り方」が異なります。
    電池切れ警報を止めるには、テストボタンを押すとか、ヒモを引っ張るとか機種によって異なるので、それくらいは知っておきましょう。
    どんな機器であれ、所有者が使い方を知っておくのは当然だと思いませんか?

    ユーザーID:1921550397

  • 続き

    >今時お試しの電池でも相当持つのになんだかな

    リチウム電池を使っているタイプは、電池寿命10年だそうです(お試し電池ではありません)!

    ユーザーID:1921550397

  • 電池寿命は10年です

    添付されてくる電池は長寿命のリチウム電池で、
    設置の時に本体に装着してから、10年は使える設計になっています。

    天井か天井近くの壁面に設置する警報機で、
    電池交換が半年毎に必要では、
    今、電池が生きているか切れているか分からず信頼できません。

    数年で電池アラームが出たとすると、
    *テスト鳴動(半年に1回が推奨)を頻繁にやりすぎたか、
    *電池そのものの不良か、
    *警報機の回路が不良で、電池を無用に消耗させるか、
    *設置場所の温度が高く、電池の自己放電が多い
    などが考えられます。

    気になるレスがあったので。

    ユーザーID:8479238035

  • そうですね

    119番には幾分フエイクを込めていましたが、真剣なご批判や忠告をいただき恐縮です。

    我が家は煙感知器ですが、同居人は存在そのものを知っていたのかどうか・・・

    突然鳴り出したらどうするのかと思いました。

    以前はたくさんいた町の電気屋さんも今はほとんど皆無ですし。

    この場合のアフターケアには二つの意味があります。

    皆様ご指摘の設置者としての継続的な扱いについてです。

    残された人は、情報で動いている世の趨勢についていけるのかどうか・・・

    もう一つは、法律で設置が義務付けられたと聞いていましたが、所轄の方から見に来たことはありません。(除外があるのかな?)

    更に感知器にセルフテストボタンはありますが、実際に煙を感知したときにどうなるかは体験できません。

    煙発生器はあるかもしれませんが個人で用意するのはちょっとハードルが高いです。

    消防署で借りられるのでしょうか?

    何年かに1回は検査して欲しいし、そういう広報を期待します。(都市ガスや電気はありますね)

    ユーザーID:4566728446

  • 10年経過したら

    設置してから10年経過したら、リチウム電池でも交換が必要です。
    1個 1,500円〜2,000円です。

    一方、単独式(ワイヤレスの連動式でない)けむり感知器は、
    1個 2,000前後で買えます。
    けむり検知センサーは、経年で劣化している可能性があります。
    タバコを吸ったり、焼き肉をしている表面が汚染されています。

    電池交換の時期がきたら、単独式なら本体ごと交換するのをおすすめします。

    天井取付だと不安定な脚立作業が必要だが、壁面取付なら
    電池こみで 150g程度の感知器は、掛け時計より簡単です。
    町の電器店で購入したら、電池もセットしてもらいましょう。
    壁に打ったピンに引っ掛けるだけです。

    ワイヤレス連動式だと、周波数とコードの設定が必要です。簡単ですが。

    ユーザーID:8479238035

  • もとは事業所や公共施設の設置義務から

    煙感知器というか火災報知器は、もともと人が集まるビルや学校、商業施設は設置が義務で、その設置・維持管理・点検費用は建物所有者や管理者の負担です。
    むしろ、点検報告書を自腹で作成して、管轄の消防署に提出するとこまで義務です。
    たぶん、公共ビルの火災報知器設置が広まり、ビル火災などの死者が減った一方、住宅火災での死者が減らず割合で逆転を起こしたので、住宅にも設置することになったんじゃないですか。
    ただ、罰則や消防署の抜打ち検査(事業所ビルはあります。消火器やスプリンクラー、防火戸の確認も含めて)を住宅いっこいっこまでやるのは消防署も予算が足らないでしょうから、現状やってないし、今後もやらないように思います。

    扱いやすい火災報知器というか、煙感知器兼警報器を各家庭で購入し、メーカー保証期限が切れたら交換していくのでいいと思いますよ。ガス検知器もそうですよね。

    街の電器屋がないなら、大手家電量販店でも頼めば設置してくれるでしょう。配達料や作業料はとられるかもですが。

    2028年の9月1日防災の日に家電屋に火災報知器の交換を頼むこと、とでも、ノートに書いてご家族に伝言しておけば如何ですか?

    ユーザーID:1978333191

  • 電池切れでけたたましくは鳴らないです

    火事を知らせる警報ならけたたましく鳴りますが、電池切れを知らせる警報はけたたましくは鳴りません。

    何だか自分の無知を他人への親切心に置き換えてるだけの書き込みかと思います。

    詳しく知らないのに耳学問程度で書き込むのはどうかと思いますよ。

    ユーザーID:1778846757

  • 自治会主導でメンテまで行っては?

    マンションの場合では普通、火災報知器の定期点検もメンテも、
    全て管理組合主導で行い、費用は組合費から出ています。
    なので住民は、候補として予告された複数の日時の
    いずれかに在宅するだけで済みますよ。

    トピ主さんも、町内自治会が業者さんと契約して、
    点検メンテしてもらうように提案してみては?
    特に高齢者のお宅などでは、ありがたいのではないかしら?
    イザという時に作動しなくては意味ありませんもの。

    ちなみに私用目的でも、大小の脚立やトロリーなどは
    管理事務所が無料で貸し出しています。
    工夫すれば町内自治会でもできるかも?

    ユーザーID:0481535801

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧