小説しか読まないのはだめですか???

レス131
(トピ主2
お気に入り179

趣味・教育・教養

トピを読んでくださりありがとうございます。
私は本が好きで、小説をよく読みます。
ジャンルもあまり問わず気になったタイトルや、この時期だと夏のおすすめ本の中から何冊か選んで購入します。
海外文庫も読みます。シェイクスピアも湊かなえなども幅広く?読みます。
一方で啓発本や、新書は読みません。啓発本はタイトルを見て、気になるところだけその場でパラパラ見て終わりって感じです。あまり興味もありません。
でも職場の先輩で啓発本などしか読まない人がおり、その人たちに「小説を読んで意味あるの?」と言われます。一応「色々な考え方を学べるし、その人物などを想像することで色々な経験ができたりする」など答えますが、「啓発本などの方が他者の考え方を受け入れたり理解する手だてになるし、色々な深い知識を得られる。小説にお金をかける意味がわからない」と言われました。
やはり、社会人になって啓発本や新書など読まないのはだめなんでしょうか?

ユーザーID:3117965311

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数131

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 小説好き

    私もトピ主さん派。
    いわゆる啓発本はほとんど読みません。
    新書は時々読みますが、興味ある内容のノンフィクションという楽しみ方で、知識の蓄積のために手に取る訳ではないです。
    新書や啓発本はパラパラと立ち読み程度で満足することが多いです。
    タイトルで手に取っても、目次をさらっと流して、戻してしまう。
    買ってまで読みたい啓発本、新書は、月に一冊あるかないか。
    小説は、月に5冊は読み、ハマったシリーズものや作家があった時などは1日1〜2冊読みます。

    本を読むことには旅に出ること、という表現は使い古されていると言えるほどだと思いますが
    まさに、本を開けば新しい世界に旅立てる。
    そのために小説を読んでいるようなものです。
    映画を観るのと似ていますが、頭の中での自由度と広がりが違います。

    まあ、啓発本と新書だけが本と考える人が
    小説にお金をかける意味がわからないというのはわかります。
    美術館に絵を見に行ったり、自費でゴルフしたり、アイドルのライブに行ったり、ミュージカル観劇に行ったり、
    自分の興味ない分野にお金と時間をかける意味なんてわからないでしょう。
    わからないのは当たり前だけど、わからない分野を否定するのは
    おかしいですよ。
    ましてや啓発本や新書なんて、趣味の読み物の範疇でしょう。
    仕事に活かせる知識を得られる特定の専門書を後輩に勧める中で比較するならまだしも。

    まあ、別に気にしなければいいんです。
    プライベートな趣味なんだから、口出されることじゃないです。

    私は、興味ない分野の新書とか、通り一遍なことしか書いてない啓発本、話題の人の啓発系エッセイなどにお金出す気も時間割く気も起きないけど
    好きな小説家にはどんどん書いてもらいたいので、単行本で買うようにして、何度も読み返すこともあります。
    はじめは図書館で借りても好きな、読み返したい本は買います。

    ユーザーID:6505506193

  • 聞き流せ

    いやいや、そんな真面目に受けとめなくていいって。
    啓発本を読むことを否定はしませんが、それをしない人をおかしいなんて発言する人の言葉に反応することないと思いますよ。

    私も読書は好きで、ジャンルは問わずあれこれ楽しむほうですが、啓発本はほぼ、読みません。何故なら自分に必要ないと思うから。
    これも、言う人からしたら「だから君は駄目なんだ」になるのかもしれませんが、それを実際に言われたことは幸いないし、日常生活にも公私ともに特に支障ありません。読まなくてもね。

    >啓発本などの方が他者の考え方を受け入れたり理解する手だてになるし、色々な深い知識を得られる。小説にお金をかける意味がわからない

    たまにいますよね。こういう事言う人。その人、言動と普段の行動が一致してますか。
    していてもしていなくても、それは単なるひとつの考え方であり、他者に勧めるくらいはいいけれど強要したり、それをしていない人を否定するものではない。

    「ああ、そうですか。なるほどねー」って聞き流しておけばいいんですよ。

    ユーザーID:1584141147

  • 啓発本はねえ・・・

    で、その先輩は出世しそうですか?尊敬できる人ですか?それが答えだと思います。
    いろんな人のいろんな意見をつまみ食いしても、中途半端に終わるだけです。あの手の本は書いてあることが実行できればいいんですが。読むことが無駄と思っているわけではありません。トヨタやANAのような一流企業の事績をたどることは大いに有益ですし、ドラッカーやコトラー(古い人ばかりでごめんなさい)の理論書やAIDMAのような理論を知ることは重要です。
    新書については、あまりに多くの出版点数で玉石混交なので、選んで読んでくださいとしか言えません。
    ただ、小説を読むというのは、旧制高校的というか教養主義的な側面があって、現代にマッチングしないところがあるのも事実です。

    ユーザーID:6117103056

  • 小説のみで十分

    約30年、大手上場企業でサラリーマンをやってる男です。その私の個人的な感想ですが、本当に仕事のデキる人は、啓発本なんか一切読みません。また、自称「啓発本をよく読んでる」人は、残念な人が多いです(あくまでも個人の感想)。

    本当に優秀な人、尊敬できる先輩、上司の多くは読書家で、たいていは小説か、啓発本なんかじゃなく、本格的な経済の本やノンフィクションを読んでいた印象です(時代小説好き多し)。

    そういう人達と飲みに行ったりすると、自然にそういう話になります(「こないだの芥川賞のXX、ちっとも面白くないな」とか、「XXの製品開発に至る様子を描いたあの本は面白かった」とかなんとか)。

    新人のころ、体格のいいゴツいオジサン上司から、「お前、『薔薇の名前』ぐらい読んどけよ」と言われ、びっくりしたことがあります。

    啓発本をよく読むヤツには要注意、ってのは、おそらく多くのベテランサラリーマンの「常識」だと思います。

    あえて言いますが、啓発本は小手先の知識、良質の小説は教養が身につく、という印象です。

    トピ主さんも、どんどん小説を読んでください。

    ユーザーID:4415195799

  • 判らないなら判らないでいい

    トピ主さん、私みたいです。
    読むジャンルがほぼ同じ。
    違うのは、私はシェイクスピアを読まないというところですね。

    人によっては「何かを学ぶため」に本を読む人もいるでしょう。
    でも私は「読みたいから読む」。
    そこに理由はいらないし、なぜ理由が必要なの? と思います。

    「読解力がつくから」という人もいますけど、登場人物の心情を懇切丁寧に説明しているような小説でなければ、内容は読み手の知識と経験で決まります。
    国語力をつけたければ国語辞典を読めばいいし、知識を深めたければノンフィクションを読めばいい。
    あえて小説を読む理由は、「読みたいから」です。

    役に立たなければ必要ない、という考えなら、音楽も映画もアニメも漫画もゲームも趣味のスキューバダイビングもいらない。
    きっとその先輩は、ただ音楽を聴くにしても「情操が〜」「リラックス効果が〜」と理由付けをするのでしょうね。
    一体「何」に対して体裁を取り繕っているのかな。
    他人の目? 自分の中の理想像? もしかして、親の口癖を真似ている?
    ……と、このように意地の悪い想像ができるようになったのは、読書のおかげかもしれません。

    ユーザーID:4102553428

  • だめとは?

    だめって何がどうだめなんですか?
    「小説にお金をかける意味がわからない」と言われたのなら「別にわかってもらわなくて結構です」でいいのではないですか?
    何も無理にその先輩にわかってもらう必要なんてないと思いますけど。

    ユーザーID:0684039381

  • 栄養ドリンク

    自己啓発本を読む人は栄養ドリンクを飲んでいるのと同じで、その時はカーッってなるけど、すぐに次の効き目を求めて新しい自己啓発本を読んで、本棚は自己啓発本でうまる。というのをあるエッセイで読んでから、自己啓発本=栄養ドリンクと思って、必要な時だけ使うようにしてます。

    小説って楽しいですよね。
    ページの中で繰り広げられる、自分だけの映画館みたいな。

    何を読むかは人それぞれなので、人が好むものをこき下ろす必要ないのにと思います。

    ユーザーID:9979610924

  • いままでちゃんと「小説」読んできました?

    それしきの軽々しい偏見と幼稚な独断に惑わされるなんて

    これまできちんと「小説」読まれてきましたか?

    そんな戯言に振り回されるなんて、小説・名作を読むという「自分のものではない人生、思いもよらない価値観、想像もできない世界」を知り、学び取り、自分の思想に取り入れるという基本がまだまだ甘いんじゃないですか?

    とうことで、

    そんな雑音は適当に無視して

    これまで通りに、自分の読みたいもの、をどんどん好きなだけ読んでいきましょう!

    ユーザーID:5056096138

  • そんな事はありません。

    駄目という事は無いけど、小説はいわゆる暇つぶしですから、ちょっと恥ずかしいかな。

    新書は、人との話題が広がるという事では?営業職なら読んでおくと良いかもね。
    自己啓発本は、何冊か真剣に読んでみたらどうでしょう。目から鱗で、なかなか面白いですよ。

    分かり易く例えると、お金を貯めて海外旅行する人も居れば、資格取得する人も居る。
    資格取得して、より高い給与を頂けるようになれば、海外旅行は行き放題だし、ブランド物も買い放題。

    主さんは、「海外旅行も貴重な経験だわ。若いうちに色々見る事も大事」
    先輩は「そりゃ初期投資しておいた方が、メリットが大きいでしょ。折角のお金、遊びで使ってしまうだけなんて、勿体ない。お金は自己投資に使う方が有意義。」という感覚なのだと思います。

    どちらも間違っていません。将来設計の違い、向上心の違い、金銭感覚の違い・・・など、考え方の違いだと思います。

    ただ、人間は何歳になっても向上心と柔軟性は有った方が良い。
    これだけは確かなので、先輩の意見を取り入れてみても良いのでは?

    多分これからの人生、色々な出会いや仕事をした時に、その知識の有無が、人生の分岐点になる場面が多々出てくると思いますよ。

    ユーザーID:8582705704

  • それで良いと思います。

    啓発本なんかで簡単に洗脳されちゃう様な人間よりトピ主さんみたく小説をたくさん読んでる人の方がよっぽど魅力的だと思いますよ。

    ユーザーID:8480156600

  • 「意味」を求めるから食い違う

    「読むのが好きで読んでいる」

    それでいいんじゃないでしょうか?

    社会人として、その仕事に役立てる目的として
    お金を小説に投資している
    というニュアンスを使わないのがベストだと思います

    経費で買っているのなら
    意味があるのかどうか問われてもおかしくないですが
    趣味として何を買おうが本人の勝手でしょ

    ユーザーID:5644938651

  • 放って置けば良いのでは?

    価値観は人それぞれですので。

    まぁ”無駄”とまで言われて反論したいのは分かりますが…。
    活字マニアの人も同様のことはありますよ。

    マンガやドラマ、映画をバカにする人は少なくないですから。
    私なんか知人に面と向かって言われましたよ。
    ”いやぁ、あなたの本棚見て呆れちゃったよ。マンガしか並んでないんだもんね”
    ってね。

    ま、自己啓発本ですが、否定はしませんが、小説とは全く別物ですから同列で優劣を語る段階で意味がないことです。
    おおざっぱではありますが、
    ”実用書”と”趣味本”の違いですからね。

    まぁ更に言えば自己啓発本も様々なモノも有りますからね。
    私が主様の立ち位置ならばその知人の良く読む自己啓発本の事を詳しく聞いて見ますね。
    だって、私の知らない世界だから。
    その上で自分にとって有益と思えるのならば読みますし、
    そうじゃなければ読みません。

    って言うコトでその先輩の言うコトはスルーで良いと思いますよ。
    趣味に無駄もへったくれもありません。

    ユーザーID:1409122754

  • 矛盾だらけなんだけど?

    その相手に言ってやって。

    >啓発本などの方が他者の考え方を受け入れたり
    >理解する手だてになるし、

    啓発本をお読みなら、

    小説が好きな人の「考え方を受け入れたり」
    小説が好きな人を「理解」できるよね?

    あなた(相手)、めっちゃ矛盾したこと言ってるよ〜!って笑ってあげなさい。

    ユーザーID:9315324010

  • どっちも娯楽ですから、お好きなように

     小説も、啓発本や新書も娯楽であることに違いはありません。どちらを好むかだけです。トピ主様はちょっと「小説の方が上」という意識があるみたいなので、気をつけた方が良いですね。

     あと、嫌味や反語でなく「社会人になって啓発本や新書など読まないのはだめなんでしょうか? 」と本気で聞いているのなら、精神的な幼さが気になります。小説から、それくらいの答は学べるでしょう? 
     トピ主様の言動に(社会人としてちょっと……)と思われる面が多々あって、先輩の口から「啓発本などの方が〜」発言が出たのかもなあ。

    ユーザーID:1913139453

  • 人それぞれですよ

    >やはり、社会人になって啓発本や新書など読まないのはだめなんでしょうか?

    ダメってことはないですよ。

    ただ、「小説=ほとんど娯楽」ですので、娯楽に偏っていると、それなりの人間にしかならないでしょうね。

    それに比べ「啓発本などしか読まない人」は反対方向に偏っていて、面白くない人間になるかも知れません。

    人間は、幅の広さと奥の深さがいろいろあってこそ、変化に富んで楽しい生活ができるのだと思います。

    ちなみに、私も本の虫と言われています。
    読むものは、小説、科学、経済、政治、宗教などなどありとあらゆる分野にわたっています。知的好奇心が大きいので小説以外の本を読むのも私には楽しいのです。
    それによって得た知識が生活に役立ったり、資産運用に役立ったり、旅行で実物を見たときに感慨深かったりします。

    しかし、啓発本はあまり読みません。啓発される必要性を感じていませんので(笑)。

    ユーザーID:3188204445

  • 読書って自分のためだよね?

    好きなものを好きなだけ好きな時に好きなペースで読めばいいじゃないの。
    べつに「私は今月『○○』と『××』読んだよ」って誰かに自慢したいわけじゃないんでしょ?
    他人の評価なんかどうでもいいじゃん。
    社会人なんだから、読みたい本ぐらい自分で選びなよ。

    ユーザーID:8552687691

  • 啓発本は読みません

    まっったく興味ないので、本屋さんでチラリ
    とも見ませんね。
    読書は趣味なので、小説(フィクション・ノンフィクション共に)
    は大好きです。漫画も読みます。
    何の為?単に読書が趣味なだけです。
    小説しか読まないのは駄目とか、意味不明です。

    ユーザーID:6000042350

  • 好きなジャンルしか読破できない

    >「啓発本などの方が他者の考え方を受け入れたり理解する手だてになるし、色々な深い知識を得られる。」

    これは小説でも出来ること。
    小説にも、哲学的な考え方や、生きるヒントが沢山つまっています。
    時代小説、推理小説、綿密な取材に基づいた作品など読めば
    あなたがますます聡明になる!

    私はあなたとは逆で、ノンフィクション大好きです。

    自分の好きなジャンルのものを読めばいいのでは。

    どのみち好きではないジャンルは読んでもつまらなく感じてすすまないもんね。

    人から、こういうものを読めって言われてするものではないと思う。

    ユーザーID:2943729879

  • 私も小説好きです。

    同様に実務書には全く興味はありません。

    これでも会社を経営しているので少しは実務書も読まなければと思いますが興味は湧かずですのでそっち方面は会計士に任せています。

    小説は生き方について考えさせてくれる所も多く、実に有意義だと思いますよ。

    そもそも「意味あるの」なんて聞いてくる人は鼻で笑って終わりです。生き方の違いですね。

    ユーザーID:6882540328

  • どっちも生きて行くのに必要な本じゃないですよね?

    学校の教科書や副教材・推薦図書などは学習の過程で必要とされるものですが
    大人になってから読む本なんて、どれも読まなくてもいいもじゃないですか?
    小説読まないと会社クビになるんでしょうか?
    啓発本読まないと家を追い出されるのでしょうか?
    そんなことないですよね?
    生きて行く上で必要がないことは全て「趣味」の世界です。
    なんの趣味にお金を使おうがどれだけつぎ込もうが、誰かに迷惑でもかからない限り
    とやかく言われる筋合いなんてありません。
    随分堅苦しく物事を捉えたようですが(笑)
    そんなの、「そういうもんですかねぇ」とか言っておけばいいだけのことでしょ?
    では、食べるものも我慢して住まいはワンルームの風呂なしアパート
    着るものも3枚くらいを取っ替え引っ替えの人がいます。
    でも、趣味の車は高級外車で磨いたり乗ったりするのが趣味ですっていわれて
    違和感ありますか?
    合ったとしても、それが相手の趣味なので、もう少しこうしたら・・・なんて
    大きなお世話です、それと同じことですよ。
    もちろん、この男性の配偶者がトピ主さんで経済的に困っていると言う場合は
    また話は別ですよ。

    ユーザーID:4248395163

  • ばかばかしい

    私は会社経営してます。人さまの啓発本など何冊か読みましたがくだらなくてもう読む気がしません。啓発本は漫然と生きていて全く気付いてない自分のない人は読んだほうがいいかもしれませんけどね。きちんと生きて、人の多様性を重んじながら自分の意見を持つよう考えながら生きてきた人間には無用のものです。

    その先輩とやらは自分がないのでしょうね。

    本は趣味のようなもの。好きなものを読めばいいです。私も小説好きですよ。気晴らしにもなるし、物事を深く考えさせられる小説も数多くあります。
    新書はたまに読みます。人と接していて知るべきだな、と思う事柄の書かれた新書はたまーに。

    ユーザーID:6678138870

  • 気にしないで・・・

    私も読書が大好きで、読むのはほとんど小説です。
    海外作家も、国内の作家も、時代も特に気にせず、気になったものをチョイスして読んでいます。

    啓発本を読む事もありますが、好んで読む事は少ないです。
    ただ、学術系の本は時々好んで読みます。

    啓発本は、知識や考え方がカテゴライズされ、分かりやすくまとめられているので読む安いですし、特に忙しい時には便利ですよね。

    そして、自分の考え方も、短い時間でまとめやすいと思います。
    私は単純に情報誌の延長的な読み物としてとらえています。
    仕事上ですすめられた時は読むようにしていました。

    本で得たものをどう利用するかは本人次第。
    啓発本をただ受け身で取り入れているだけでは、仕事には生かせないですし、それは啓発本だけに限らないと思います。

    小説は、読み手の想像性や多方面の知識、経験なども手助けとなり、捉え方が変容する場合があり、そこが面白いと私は思っています。
    (作品による場合が多々ありますが)
    小説は、自分の心と会話する経験ができ、多くの気づきに出会える場だと感じます。

    でも、それは啓発本でも経験できる要素であると思います。
    小説は言葉の多様な「表現」に触れることで、「心が動く」「心が働く」のではないかと思いました。
    啓発本は「頭が動く」のかな、と。
    どちらも必要な読書であるし、好みも人それぞれ、自由で良いと思います。

    色々書きましたが、ひとつだけ言えるのは

    「啓発本などの方が他者の考え方を受け入れたり理解する手だてになるし、色々な深い知識を得られる。小説にお金をかける意味がわからない」

    と、その方がおっしゃっている点。

    「考え方を受け入れたり理解する手だて」を啓発本等に限定している時点で、考え方が狭く、矛盾した発言だなと感じました。
    なので気にせず、うまく受け流して、自分なりの有意義な読書時間を過ごされてはと思います。

    ユーザーID:5707762932

  • 全然ダメじゃないです

    小説大好きです。
    読む意味ですか・・・
    啓発本からは受けられない"何か"が
    心に残ることでしょうか。
    啓発本は、答えまでクリアに提示してくれるので、背中を押してくれることもありますが、
    しっくりこないことも多々あります。
    知識が豊富でハウツーをよく知っている方が
    格好いいと考えている方には
    小説を読むのはムダくらいに思えるのかもしれませんね。
    小説好きとしては、即席の知識が多いより、
    好きな本を読んで深く心を揺さぶられた方が、
    人として豊かになれる気がするのですが。

    ユーザーID:1156972250

  • 読んで損はしないとは思うけど

    僕もサラリーマンですが、読むのは小説がメイン(たまに新書)で、啓発本の類は研修の際のテキストとして読むくらいですね。啓発本も読んで損はしないとは思いますが、読んでいてあまり面白く感じないから、どうしても手が出ません。トピ主さんも、たぶんそうでしょうから、どうしても必要でない限り、無理して読むことはないと思います。

    >小説を読んで意味あるの?

    ただ単に「面白いから読んでるんですけど、それじゃダメですか」と言えばいいんではないでしょうか。その上でさらに啓発本を薦めてきたら「それは業務命令でしょうか」と切り返してみたらどうですか。さすがに、それ以上は言ってこないと思いますけど。
    まぁ、仕事で必要になる時が来たら、その時は仕事だと割り切ってがんばって読んで下さい。

    ユーザーID:4995844424

  • 心を豊かにするもの

    私もそれなりに本を読む方で小説も読みますが、確かに文学などは
    生活や仕事の実用になるようなものではないですから、啓発本が
    お好きな方からみたら無駄に見えるのでしょうね。

    しかしその人は、本を読む楽しみのうち、まだご存知ない部分が
    結構あるように思えます。

    小説など、一見無駄にみえるような本であっても、心を豊かに
    してくれるものなのですけども、そうした事は流行りの理論を
    知ったり実用になる知識を得たり、というものに比べて数値化
    しづらいから、一見測りにくいものです。

    でも確かに、その豊かさは人生に深みと奥行きを与えてくれる
    大切なものです。それがわからない人は、本の愉しみ方の一部を
    知らないままでいるんだなあ、と私は思っています。

    「無駄」というが、実利や実用以外の部分にこそ、人間性の
    発展の可能性がふんだんに埋もれてるんだけどな、とも思います。

    情実とか人間臭さを無視して、利得とかコスパばかりを追い求める
    風潮があるけれど「それだけじゃないだろ」と思うことがあります。
    それに近いようなところがあって、小説を「無駄」と切り捨てる
    ところにもまた「それだけじゃないだろ」と思うわけでした。

    ユーザーID:6922282316

  • 私も...

    小説ばかりですよ。啓発本とか興味ないし。
    好みの問題だと思うし、小説を下に見る人は、啓発本とか実用書を読んでる自分=インテリって思いたいのかなぁ。そう思う私が偏見持ってるのかな。
    興味無いものを読んでも楽しくないし、内容も入ってこないから、気にせず好きなものを読めばいいのでは?

    ユーザーID:4653984768

  • 言ってあげればいいですよ

    「他者の考え方を受け入れたり理解する手だてを学んでる割には了見が狭いっすね」って。

    ユーザーID:2121327205

  • いいんじゃないかな

    書は先人の知恵の宝庫ですよね。
    物語を楽しみなからそれを学べるなんて最高だと思います。

    たしかに啓発本や新書は、いかにもはっきりした形で、先人の知恵のエッセンスをまとめたものだとは思います。でもそこからしか学べないと言う人はきっと固い頭の持ち主、もしくは効率重視で知識だけを得たい人かなと思います。

    実は私も小説を読むのが苦手で、啓発本や新書のほうをよく読むタイプです。
    そもそも活字を追うのが苦手だからです(脳みその問題だと思います)
    なるべく少ない文字で知恵やヒントをゲットしたい時に新書などを手に取ります。

    小説を娯楽として味合えない自分は、すごく損をしていると心からおもっています。

    ユーザーID:3203482616

  • 読みたい本を読めばいい

    その先輩とあなたは、本を読む目的が違うだけでしょう。
    どんな本を読もうと、大きなお世話だと思います。
    私ならお金の使用用途まで口出しされたくありません。

    私はジャンル問わず本を読む方ですが、
    啓発本こそ、基本的に読んでも意味がないと思っています。
    何か悩んでいたりする時、ヒントが得られるかもしれませんが、
    そうでなければ…。
    当たり前の事しか書いていないし、
    立場が違えば、同じような事をしても効果は望めません。
    これほど、啓発本が出版されているのに、
    なぜ、成功者が増えないのか?と思いませんか。

    相手の考え方を受け入れるのって、
    日常的に出来るし、していると思います。

    読みたくない本を買って、読まないで積んであるだけなら、
    その方が無駄です。
    私は、図書館にある本は借りていますが。

    ユーザーID:4017815359

  • 「啓発本」読んでいますが、それ恥ずかしいんだけど

    私は「啓発本」読みますが、周囲に読んでいることは恥ずかしくて言いません。
    啓発本を読むべき、
    って考え方にはビックリします。

    自分で読んでおいてなんですが、あれって人のコンプレックスを刺激して、さも役に立ちそうな(でも当たり前のこと)が書いてあります。
    当たり前の事すら、本で学ばないと出来ない自分が恥ずかしいです。
    仕事が出来る人は、あんなものを読まなくても出来ますからね。


    世の中のことを知るために読むなら断然「新聞」がよいです。
    今の社会の事がよく分かる。
    事実が書いてあるし、コラムなどは他人の考え方を知るのに役にたちます。
    また事実が詳しく知りたいなら「ノンフィクション」。知識なら「専門書」です。
    私は啓発本も小説も読むのですが、役に立つ本ならノンフィクションと専門書になると思います。


    トピ主さんが小説を読むことは趣味ですよね。
    啓発本も趣味です。
    必要ない人には必要ありません。
    読まないといけない本でもありません。

    同じ啓発本好きな私からすれば、その先輩って恥ずかしいなぁと思っちゃいますね。

    ユーザーID:4458776999

レス求!トピ一覧