日本史、世界史を学び直したい

レス32
お気に入り89

きらり

学ぶ

こんにちは。30代の主婦きらりと申します。
最近時間ができたので、苦手だった歴史(日本史、世界史)を学び直したいと思っています。おすすめの本、番組などがありましたら教えてください!よろしくお願いします。

ユーザーID:1734430157

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 教科書か漫画

    トピ主さんがどれくらい読書なれしているかが
    不明ですが、

    読みやすさであれば
    漫画で日本の歴史、世界史が何種類かあります。

    中高生用の教科書やその参考書が
    大変解りやすく読みやすいと思います。

    大人向けの通史的な読み物は少ないですが、
    一般の歴史書と異なる視点から書かれているのが、
    井沢元彦さんの「逆説の日本史」です。
    宗教的視点やその当時の人々の感情的な感覚から
    物事を見て書かれていますので、
    一般的な解説とは異なっていますので、
    多少歴史の知識があったほうが良いかも知れません。

    ユーザーID:3634132625

  • 中公文庫

    名著の定評のある、中公文庫の「日本の歴史」がおすすめ。
    確か新版になっているはずだから、できれば古い版をお勧めします。
    私は特に1冊目と2冊目を永遠の愛読書としていますが、もちろんそれ以外も歴史好きにはたまりません。
    高校生ぐらいのころから、何度読み返したことか。
    特に大好きな邪馬台国に関する部分は、付箋がいっぱいです。

    「世界史」もあってやはり面白いですよ。

    ユーザーID:8790679492

  • ローマ人の物語

    私も最近読み直しています。

    他にギリシャ人の物語、十字軍物語もあり、全部読めばヨーロッパの歴史から、中東情勢まで理解できるようになります。

    とても読みやすいのでオススメです。

    ユーザーID:5325537832

  • 中高生向けのものから。

    先日近所の本屋さんに行ったら、オトナの学び直し用の世界史や日本史がたくさん出ていました。懐かしの山川出版の日本史教科書もあったりして。暗記とかテストと関係なく気楽に学び直したい大人も多いんだなと思いました。NHKや、民放でもBSなんかだと歴史の番組も多いですしね。

    民放の番組だと戦国と江戸に偏り気味ですが、NHKはさすがにテーマが幅広いし楽しくお勉強できるので、NHKの「歴史秘話ヒストリア」とか「知恵泉」なんかを私はよく観ています。あと「偉人たちの健康診断」というのも健康と歴史両方勉強になっておばちゃん世代には嬉しい番組です。

    本の方は、私は大学入試を日本史で受けたので日本史はそこそこわかるのですが、あまりに世界史を知らないので、図書館で子供の本を借りるついでに子供向けの本や中高生向けの本を借りて読んでいます。子供向けだと写真や図版も多くて取っつきやすいし、流れを大づかみにするには最適でした。中高生向けの「岩波ジュニア新書」のシリーズにもわかりやすくて良い本がたくさんありました。

    大人向けだと「ふくろうの本」というムック本のシリーズもいろいろなテーマで歴史関連の本があって楽しいです。「ベルばら」でしか知らなかったフランス革命についても図版や写真、解説文で詳しく知ることができましたし、オススメです。

    オトナとしては、通史をくまなくというより、興味あるテーマや国、文化などから入ると入りやすいと思いますよ。

    ユーザーID:5887420973

  • 山川出版社

    山川出版社の「詳説 日本史研究」「詳説 世界史研究」はいかがでしょう。

    私(61・男)も在職中、仕事で世界史の知識が必要になり、書店で学習参考書を眺めていたら以上の2冊がわかりやすく買って復習しました。

    本書は大学受験用ではないところが気に入りました。
    受験用は試験に出題されやすいことに重点をおいて編集されている傾向があるからです。

    しかしまあ、私も電気・通信が本職でしたけれど教官をすることになって電気工学・通信工学などの歴史を話すにあたって、電気の歴史の背景の社会はどうなっていたのか、なぜ電気・通信の必要性が現れたのかなど、特に世界史が必要になったからでした。

    ユーザーID:6114516599

  • 私は映画や時代劇

    私は45歳主婦ですが、30年前くらいは中学生で、時代劇がまだテレビ全盛での年末時代劇がどこでもやってました。

    その時代の流れとか登場人物が教科書に載っている人なので、俳優に当てはめて覚えたりして、成績は良かったですね。

    例えば、大奥だったら、江戸時代をだいたい網羅しているので、時代順に見るとか将軍が誰が演じているかだけでも、将軍の名前は覚えられます。

    今の大河だけみても、人物と何かあった事件くらいはわかりますね。

    世界史は得意ではありませんが、やはり古代ものを映画でみたりしました。

    文字から入るより映像で覚えた感じですかね。

    大人になってから、文庫本を買いました。

    物語ではなく、『時代の謎を明かす!』ような歴史がなんとなく知っていれば読めるものです。

    細かく知りたいなら、学生の時に使う参考書が一番分かりやすいです。

    歴史自体も時代で変わるので、私が勉強した時より少しずつ変わったり、大まかな流れは変わらないでしょうけどね。

    日本史は検索するといくらでも出てくると思うので、興味のある人を調べてみるとか楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:3904345087

  • 高校の教科書

    私は、息子が高校の時に使った教科書をいつもわきに置いています。
    年代などすぐに調べられるようにです。それと世界地図帳です。

    この2つは必需品です。

    ユーザーID:0695947942

  • 本でおもしろいのは

    逆説の日本史かな。他の方のレスにもあがってますが。

    テレビ番組は、歴史もの多いですよね。
    わたしが好きでよくみる番組は、
    磯田さんの「英雄たちの選択」
    それから「歴史秘話ヒストリア」
    たまに教育番組もみます。高校生向けの日本史とか。

    ユーザーID:3551052980

  • いっきに学び直す日本史

    近代・現代【実用編】
    古代・中世・近世【教養編】
    安藤達朗/著 佐藤優/企画 山岸良二/監修 東洋経済新報社

    137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史
    クリストファー・ロイド/著 野中香方子/訳 文藝春秋

    なんていかがでしょうか?

    ヨコ)料理好きなパパ様「逆説の日本史」のご紹介ありがとうございます。
    面白そう。
    大著ですが。。

    ユーザーID:9798159969

  • 番組なら、公共放送ですね。

    総合放送の「歴史秘話ヒストリア」。
    Eテレ(教育放送)の「知恵泉」。

    特に後者は、アナウンサーが居酒屋のマスター、その他に人気芸能人、著名人、専門の学者が客となり、題材の歴史的人物について様々な視点から論じあうというスタイルの番組です。

    いずれも取材や調査は丁寧ですし、時には新発見の資料や最新の学説が紹介されることもあるので、必見です。

    ただし番組のテーマは、どうしても日本史中心となります。

    海外テレビ局(たとえばイギリスのBBC)の良質な歴史番組を、NHKがたまに衛星や深夜で放送することがありますので、チェックされてみてはいかがですか。

    ユーザーID:5636336241

  • 広く浅く、狭く深く…

    どちらかというと歴史好きの者です。
    番組ですと、歴史ヒストリア(NHK)が好きです。
    本屋さんで高校の図説(日本史・世界史)を1冊ずつ購入して眺めるのもいいと思いますよ。

    大人になった我々は、もう暗記する必要もテストを受ける必要もないので、好きな時代の好きな国の好きな事件を思う存分好きな方法で学び楽しむことができます。

    これは?という歴史的事象があったら、図書館に行って、専門書を借りまくって自分でまとめてみよう。

    面白いですよね。大人の勉強。

    ユーザーID:5630702302

  • 真実の歴史を学ぶなら

    国士舘大学教授の小浜逸郎氏の著書を読んで下さい。

    学校では教えてくれなかった真実の歴史を知ることができます。

    ユーザーID:2315348357

  • 楽しく学べるものがいいね。

    ざっくり読みやすさを求めるなら
    ●「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット」 13000円

    塾の1,2か月程度のお値段で、高校3年分の日本史が学べるなら安いもの。

    ガチな感じがよければ
    ●「新 もう一度読む山川日本史」(山川出版) 1600円

    こちら高校の教科書として使われてもおかしくない一冊。
    センター試験でも十二分に戦えます。
    確か、2012年に「もう一度読む山川日本史」が出版されたのですが、
    2017年に「新」として内容を改定。

    東日本大震災まで収録されています。(時の移り変わりが衝撃。)
    また、そのくらい最新なので、昔習ったものが変わってます。
    ・世界最古の人類がアウストラロピテクスではなくなっている
    ・日本最古の貨幣が和同開珎ではなくなっている
    など。

    シリーズで世界史もあります。

    デメリットは、本当に教科書としておかしくないので、読んでて眠くなってしまうかも。
    日本史をかじったことがある人なら、「ああ、こんな名前の人いた。」という感じで
    蛍光ペンで線引きながら読むと眠くならないかも。(私はそうだった)

    歴史を楽しむコツは、年や人物の名前を暗記するのじゃなくて(それも必要だけど。)、
    このときに起こったこれが後のこれにつながってる、っていう因果関係を俯瞰してみることです。
    その辺がこの教科書には書いてあります。

    ユーザーID:0107776996

  • NHKは?

    大河ドラマやYouTubeで歴史を扱った動画がありますので、いかがでしょう?

    ネットで無料の映像授業公開動画もありますよ。分かりやすいですよ。

    どれくらいの知識がおありかで、ずいぶん選ぶテキストは変わりますから、質問なさるにはその辺りをおしえてくださっていればお答えする側としてもより貴女に適したアドバイスができるだろうにと思います。

    中学の歴史ですら危ういならば、歴史の裏側を扱うようなものは勧めません。変な知識は、基本的な知識を入れてからの方がいいですからね。その意味では、学研のよくわかる世界史、日本史シリーズもいいですし、教科書でももちろんいいですね。あと、イラストでわかる世界史100人シリーズの雑誌なども、関心を持続させるのにいいかもしれませんね!

    玄人さんでしたら、詳細世界史あたりなどがいいでしょうか。

    ユーザーID:4522555896

  • NHK教育テレビ

    教育テレビの高校講座をおすすめします。1コマ20分ですので、気軽に見ることができます。
    10min.ボックスというのもあって、こちらもおすすめです。

    どちらの番組もNHKでは無料でネット配信をしていますから、過去の放送分も視聴できます。

    ユーザーID:9724045168

  • 読みやすいところから

    お気に入りの歴史小説作家さんを見つけて、読みやすい作品から読んで
    いって、だんだんと範囲を広げていけば良いのではないかと思います。
    学校の授業とは違い、古い時代から順番に学ぶ必要はないわけですし、
    興味のあるところからで良いのではないかと思うわけです。

    そして読み進んでいるうちに「ここは、どうしてこんな流れになったの
    だろう」と過去の経緯が疑問に思ったりすれば、過去に遡って経緯を
    知っていくこともできるし「この流れは結局どこに落ち着くんだろう」
    と思えば、その先にどうなっていったかを学べば良いですし。

    ういう意味では、私は司馬遼太郎や塩野七海なんかの作品は読みやすく
    好きでした。

    司馬遼太郎の「国盗り物語」で、戦国期の守護大名の没落、下剋上の時代
    になり信長の勢力伸長とその滅亡までを、「新史太閤記」で信長の事業を
    継承した秀吉の一代記を、「関ヶ原」「城塞」で豊臣政権の崩壊から家康に
    政権が移る経緯を、「覇王の家」で徳川家の発祥から伸長、江戸幕府成立
    までを、物語として概観出来ます。

    また「竜馬が行く」「新選組血風録」「世に棲む日日」などで幕末から
    明治維新までを、「翔ぶが如く」で西南戦争から明治政府が固まっていく
    までを、「坂の上の雲」で明治時代と日清・日露戦争までを概観できます。

    塩野七海の作品では、何といっても「ローマ人の物語」で、西洋史の根本
    に近いところに横たわる、古代ローマから帝政ローマ、キリスト教支配の
    浸透などについて読むことができます。

    また、「海の都の物語」「レパントの海戦」などで、イスラム教国の勃興
    とそれに対抗する西欧諸国とのせめぎ合いを眺めることができます。

    いずれも歴史小説ですから「読み物」としての気軽さがあるのが良いと
    思っています。文章も平易で読みやすいから「勉強」として構える必要も
    なく、お勧めです。

    ユーザーID:2241968006

  • 最も興味がある事柄を中心にスタートするのも良いかも

    30代のかたでしたら、皆さんオススメの本を時系列に読破できるパワーをお持ちでしょうけど、年取ると

    日本史なら自身の興味ある地域の郷土史
    世界史ならいかにマイナーなところであれ旅したときに心に残った場所

    など興味のおもむくままに、調べものから始めて知識を広めるというのが長続きします.三日坊主でも自己嫌悪に陥りません(笑)
    街のパンフレットから読み始めるのも面白いです.
    私はそうしてます.知識収集はとてものろいですが楽しいです.

    ユーザーID:2707785701

  • 通史は辞書のように使う

    通史としての「日本史」「世界史」ならば、読み慣れた高校教科書でよいでしょう。一般向けに読みやすくした「もう一度読む山川日本史」「・・・世界史」のようなのもあります。kindle版もあるからスマホやタブレットで読むこともできる。
    ただし、通史は広く浅く書かれていて、最初から読むとおそらく途中で飽きるので、辞書のように関心に応じて拾い読みする。
    そして、興味のある時代やテーマについて書いた本を読むのがいいと思います。
    一般向けの新書や文庫でもかなり高度な内容のものがあるし、ノンフィクションや歴史小説でも取材がしっかりしたものは勉強になります。

    なお、歴史学の到達点を踏まえた通説はやはり押さえておくべきなので、「・・・の真実」とかいった独自説を読むときは、眉につばをつけて読むべきですね。

    ユーザーID:7593696578

  • 平安時代に偏るけれど

    トピ主様、

    マンガはお好きですか?
    青年漫画(ビッグコミックやモーニングなど)の類も
    お読みになるのでしたら、
    平安時代に偏ってしまいますが、
    灰原薬さん「応天の門」をお勧めします!
    2018年8月現在、9巻まで出ています。
    平安時代の藤原氏っていろいろいるけど誰が誰だっけー?
    え、天皇?何天皇が誰の子供なの??
    と混乱していたのが、
    アラ不思議、すっきり解るようになりました。
    単行本には、東京大学史料編纂所の本郷和人先生が、
    各話に関係する解説を書いていらっしゃっていて、
    その解説を拾い読みするだけでも面白いです。

    平安時代の歴史を学びなおすなら、お勧めです。
    第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作です。

    ユーザーID:6030634624

  • 日本史なら、「いっきに学び直す日本史」がお勧め

    タイトルの通りです。
    歴史小説や、漫画はやめたほうがいいですよ。
    特に大衆小説は、無茶苦茶ですので、まじめにね。
    あくまで小説ですから。歴史の勉強にはなりません。
    世界史は、量が多すぎて、大変です。どこかの国に固定して勉強なさればよろしいのではないでしょうか。

    ユーザーID:4908565118

  • 放送大学

    入学しなくても見られます。
    私は別のジャンルですが、大人になってから学び直したい分野はたいてい放送大学のテレビで導入として視聴しています。

    放送授業では書籍の紹介もありますし、どこのどんな人が今そのジャンルを研究しているかが分かります。

    1コマの時間も短いのでおすすめです。

    ユーザーID:8704566585

  • クロニック辞典

    40歳の誕生日にリクエストで頂きました。
     講談社のジャパンクロニック(日本全史)(世界全史)

     一冊が6センチの厚さの重たいものですが、カラーの絵や写真がたっぷりで読みやすく、思い立ったら本棚から取り出して調べものしたり、興味のある時代を読み込んだり。

     2冊で3万円近いが、古書店にあるかも?

     欧州に住んでいるので、役に立つことがいっぱいあります。
     重たいけど、枕にもなるんじゃないかしら?
     電球を取り換えるのに、足場にしたりも!

     60代ですが、今でも現役、ぴかぴかに輝いている一生ものです。

    ユーザーID:6417453454

  • おもしろいですよ

    私は、大学に入った時、高校の教科書は捨てました。
    既に役に立たなかったのです。

    最初に読む入門書は、川北稔『砂糖の世界史』(岩波ジュニア新書)が
    いいと思います。
    現代歴史学の重要な理論を説明していますが、子ども向けなので、
    難しくないです。
    それでも、研究者も引用するくらいです。

    中公新書『物語○○の歴史』は世界史の各国史の入門書のシリーズで、
    これもわかりやすいです。
    個人的には、著名な国や事件の多い西欧より、別の国の方が好きです。
    村田奈々子氏の近代ギリシャが特におもしろかったです。

    日本史では、中公の歴史も古典的名著ですが、
    吉川弘文館の人物叢書もおもしろいです。
    これも古いものがあったり、内容が中公のものと重複するものが
    ありますが、興味のある人物から読み始めると楽しいと思います。

    ビジュアル系だと山川の日本史リブレット、世界史リブレットが
    あります。

    シリーズものの参考文献を辿っていけば、深く知ることができます。

    ユーザーID:0708178838

  • やはり教科書が妥当です

    私は世界史が専門でしたが、日本史もある程度習熟しています。教科書会社の編集者で中学社会、高校世界史の編纂にも関わりましたし、そのなかで著名な歴史学者とも付き合いました。

    初学者にいちばん薦めたいのは、多くの方もいわれている教科書です。山川出版社のものが、ライバル会社ながらよいと思います。

    こうしたトピの場合、漫画や小説を推薦する人がいますが、そうしたものはやめたほうがいいと思います。歴史と歴史小説とはちがいます。初学者に作家の解釈を刷り込ませないためです。司馬遼太郎を読んで歴史が分かったつもりになってもらいたくないのです。

    まずは定説・通説を学ぶべきです。「逆転の日本史」は私のようなものが読む分にはいいのですが(私はそれなりに面白く読みました。歴史修正主義の臭いはありますが)、トピ主さんには薦められません。

    塩野七生も、私の愛読書ですが、初学者には薦められません。何しろ詳しすぎです。

    教科書をベースとしつつ、中央公論社のシリーズや岩波新書のシリーズ(日本中世史とか日本近現代史など)などを読むのがいいと思います。

    声価の定まった学者のものを書を読むべきです。

    ユーザーID:9918560524

  • リブレットシリーズ

    教科書を辞書的に傍らに置きながら、
    タイトルから興味のありそうな本を見てはいかがでしょうか。

    山川出版社から出ている「世界史リブレット」「日本史リブレット」はいろいろなテーマについて第一線の研究者が易しく、でも詳しく扱っていておすすめです。
    私が最近読んだのは「タバコの世界史」「ヨーロッパの都市」だったかな?
    このシリーズは「人」にスポットを当てたものもあって、最近「マルコ・ポーロ」「始皇帝」を読みました。面白かったです。
    公立図書館なんかにもあるんじゃないかしら。

    ユーザーID:8713899024

  • 高校講座

    Anonymusさんがおっしゃってますけど、Eテレの高校講座、すごくいいです。
    私、日本史が苦手で一般教養として始めたんだけど。

    1回20分で手ごろ。4月スタートと10月スタートの2つあるので、4月から両方見てます。
    まもなく1周します。

    世界史が特に面白いです。地理の勉強にもなります。

    ユーザーID:4352432443

  • 通史?特定分野の歴史?

    通史ならば
    他の方も上げている山川の「もう一度よむ」シリーズかなと思うのですが
    学生時代に年表や出来事をつらつら覚えるのが辛くて
    歴史に苦手意識があるのならば
    物語のように(フィクション度低め)歴史を記述した本
    がいいのでしょうか。私のおすすめは
    ・古い本(初版1921年約100年前!日本語版も1950年代後半)
    ・ほぼ西洋史のみ、上記の事情で内容が古い
    ・すでに絶版なので図書館にあれば
    という条件ですが
    「人間の歴史の物語」(ヴァン・ローン:岩波少年文庫)はおすすめです
    元々子供向けに書かれているため、平易で
    様々な時代の一場面にスポットを当てながら、歴史を語っていきます。
    上手く言えないのですが、身近な出来事から段々視線を歴史上の出来事へと進めていくような語り口なのです。
    私の西洋史への苦手意識が薄れたきっかけの本です。
    日本史はおすすめが思い浮かばないので無しで。

    後は
    ・何か興味のある事の歴史の本から読んでみる
    例えばファッションに興味があるのならば、服飾史の本
    ・漫画を読まれるならば、最近の歴史を扱ったコミックスは巻末に参考文献が載っている事が多いので
    興味を引く出来事、人物があったら逆引きをして読んでみる。
    あたりですかね。
    参考になれば。

    ユーザーID:3926849631

  • 歴史小説読む派です。

    子供が学校で勉強するのではないのですから、教科書的なものはどうかな?と思います。
    中学、高校の教科書は浅く広くで授業を受けないとわからない、あるいは興味を持つには至らないのではないでしょうか?

    私は読書が好きなので、朝井まかてさんや原田マハさんの小説を読んで、日本史或いは、世界史にアプローチしていきました。
    確かに小説にはフィクションの部分も多いですが、興味を持てればネットでも本からでも自分で調べれば勉強になります。
    自発的に学んでこそ大人の学習ですよね。
    芸術の方面にもなりますが、世界史では中野京子さんの本も参考になりました。

    日本史でも、世界史でも自分の好きな時代から広げていくのが良いと思います。
    教科書的に時系列で学ぶのは途中で飽きます。

    ユーザーID:3573467323

  • NHK 高校講座

    私も、NHK 高校講座の世界史と日本史をお勧めします。これらをインターネットで見ます。1学期から3学期分までそれぞれ33回分の全てを見られます。スマホでもタブレットでも見ることが出来ますので便利です。しかも、面白い。これらで歴史のストーリーを掴んでから詳細を勉強しては如何でしょうか。

    ユーザーID:2654363823

  • トピ主です

    みなさま、様々なアドバイス本当にありがとうございます。それぞれメモさせていただきました!
    本や番組等を探して、少しずつ自分で勉強していきます。ありがとうございました!!

    ユーザーID:1734430157

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧