趣味・教育・教養

社会人→大学院とは…

レス10
お気に入り22

やっちゃん

学ぶ

こんにちは!
私は大学を卒業してからすぐに中高一貫校の教員になりました。教員生活を進めていく中で、もっと学びたいという気持ちが大きくなりました。
きっかけは、短期留学の引率でした。アメリカの高校に見学に行った際に、とてもイキイキとし自主的に学んでいる生徒を見たのです。
正直、自分が勤めている学校の生徒と表情がとても違うことに驚きました。
自分の力の無さで、生徒の向上心や自主性を育む機会を提供できていないのではないか。どうしたらより良い教育につながるのか…もっともっと学びたいと思ったのです。

しかし、私ももうすぐ30歳…教員の世界では教員経験を積んだ上で大学院に進む人もいると聞いたのですが、身近にいないので是非そのような経験のある方がいましたらお話を聞きたいと思い書き込みました。

そのような経験をされた方はいらっしゃいますか?

ユーザーID:5625050891

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 素敵です

    初めまして。
    私は質問者様が求めている、経験者ではありません。
    ですが、実は私も一度就職をし、来年度の大学院入学を目指し勉強を始めた一人です。


    学部生時代、教育実習を経験し教員の道を志しましたが、超多忙な教員生活を乗り切る自信が無く現在の職場(スポーツ関係)に勤務しています。
    しかし、業務上子どもたちと関わることが多くその経験の中で、やはり学校現場で働きたいなと思いました。


    質問者様とは違い、教育とは関係のない社会からの挑戦ですが、それはそれで面白い経験だなと思っています。
    私もアラサーです。年齢は関係ないかと思います。


    質問者様の心意気、とても素敵です。
    応援しています。

    ユーザーID:1110516382

  • そういう経験はないけど

    私は教員でもありませんし、そういった経験もありませんが、大学院で学ぶことは良いことだと思います。

    ただ、大学院へ行けばトピ主さんの思っているような、
    ・生徒に向上心や自主性を育む授業のやり方や
    ・アメリカの高校のようにイキイキと自主的に学ばせる授業方法が
    学べたり研究できるのでしょうか?。

    特に、アメリカの授業は日本の「一斉授業」だけではなく、生徒個人個人の理解に合わせた授業もしていると聞きます。その方法を日本の一斉授業に持ち込むことは不可能でしょう。(それを日本でどうすれば良いのかを研究するのは意義がありますが)

    知人に小学校教員が複数いますが、(大卒でも)生徒にやる気を持たせている教員もいます。他の先生の授業や研究授業などでノウハウを得て自分で工夫しているようです。(自分の感性もあるようですが)

    もちろん、大学院でさらなる勉強・研究をすることは素晴らしいと思います。(大学院って、授業もありますが研究が主体ですよね?)

    >どうしたらより良い教育につながるのか…もっともっと学びたい
    大学院での「学び」は授業で教わるのではなく、自分で調べて研究し、論文を作成することですよね。

    トピ主さんの具体的な目的に沿った研究ができるかどうかは大学院のカリキュラムや指導教授の「専門分野」などで確かめたほうが良いと思います。(指導教授が自分の専門領域で論文のテーマを学生と決める場合が多いはずですし)

    大学院でどんな学びをするのか、大学の恩師に相談するのも良いと思います。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:6521870671

  • 返信ありがとうございます!

    学びたい気持ち、チャレンジしたい気持ちにやはり年齢は関係ないですよね!!
    なんだか、お返事を読んで元気が出ました!

    特に教育関係は一度現場に出ないと現状がわからなかったりするなと感じています。

    私の職場には大学卒業→就職(地方公務員)→結婚、育児→大学院にて教員免許取得→現在教員という方もいます。
    目標を持って学び働くこと、素敵ですね!

    お互い頑張りましょう!!

    ユーザーID:5625050891

  • 学ぶところではない

    研究し、論文を書くところです。誰も教えてくれません。子供が学校でいきいきと学ぶには、どのような指導が良いのか、という研究をするなら、入学できると思います。面接で、研究内容を聞かれます。学びたい、では落ちます。

    ユーザーID:6201264417

  • 教員の知人の例。

    小学校教員の知人がおります。

    彼はなかなか優秀で学校当局から、国内教育系大学の大学院に半年間の短期留学を命じられました。
    現場の一教員よりも、管理職養成コースに乗ったというイメージですね。

    その後彼は教頭に昇格後、教委の課長級職員として出向し、現在小学校の校長を勤めております。

    ユーザーID:9739446732

  • あら?いない??

    私は教員じゃないけど、身近にいましたよ。

    中学時代に二人。「来年度からは学生でっす」と言って。おひとりは担任
    していただいた男性教諭で、高校に入学してからは通学電車が一緒になりました。
    30代前半でしたよ。ご結婚もされたばかり。

    もうひとりは20代の女性教諭でした。「またもうすこし勉強をしたいなと
    思いまして、またひとまわり大きくなってかえってきたいです」みたいなご挨拶
    をされてました。

    あとは私と同年代の従兄弟。こちらも30代前半で。

    3人とも授業に工夫をこらして、枝葉の部分も広げて、その科目に興味を
    持てるような授業をされる先生です。決して友達感覚ではなく、そのあたりの
    采配もうまいなと。線引きが絶妙とでもいうんでしょうかね。そして鋭い
    洞察力で、いろいろとよく把握してくださっていました。。

    一緒に担任してもらった友人が影響を受けて、同じ専門で教員になりました。


    先生のあらゆる態度や仕事への向き合い方などは、大人になってからしみじみと
    「ああプロだったな」と思い出します。

    ただ、出世はしていませんでした。

    ユーザーID:8913190157

  • 経験しました

    教育大院卒です。社会人入学です。周りも先生でありながら学生結構いました。
    学べたことは大いに生かされていると思います。修論は本当に大変でした。
    通常院は2年で卒業ですが、おそらく社会人で入学すると、授業料同額で長期滞在制度が大体の大学にありますので利用されて、3年ないし4年で修了を目指されるといいと思います。教職大学院というのも最近でてきましたね。

    問題なのは大学院に行っても応援してくれない職場のほうが多い印象です。学校でおすすめしてくれるといいですが、むしろ関係なくしんどい校務分掌を負担させられたり、主任をやらされたりしています。結果修了できず退学の先生もいました。すぱっと休職してその間を院での学びにした先生もいます。私も修論書いているときは昼間職場、朝4時くらいまで修論ともうふらふらでした…。2年で修了しましたが本当に無謀でした。

    あと指導教官が一番重要です。まず自分のやりたい分野を探して、それを専門とする先生を探し、その先生の本を読んだり、講演やセミナーがあれば参加するのがいいと思います。そして入試前に個別にこういうことをやりたいと相談してある程度賛成してもらえたら入試を受けるといいと思います。

    最初は聴講生として一部だけ参加するのも手だと思います。通信制の放送大学の学びも面白いですよ。ぜひいろいろ検討してみてください。

    ユーザーID:5439141456

  • 貴方自身が向上心があるからゆえの気付きなのだと

    思いますが・・・


    >自分の力の無さで、生徒の向上心や自主性を育む機会を提供できていないのではないか。
    どうしたらより良い教育につながるのか…もっともっと学びたいと思ったのです。

    それを果たして大学院に進学したからと学ぶことは出来るのでしょうか?

    教員に関わらず、一度、社会に出た後に大学院に入り直す人は結構多いはずですが
    トピ主さんのように漠然とした目的ではなく、もっとピンポイントの専門性を
    学び直す為に、大学院進学を選択する人の方が多いような気がしますよ。

    後、実のところは、活き活きと学ぶ生徒に触発されて、貴方自身が
    学び直したいという気持ちになっただけで、案外「良い教育を生徒達に
    提供したい」という気持ちは後付けされただけなのではないかと私は
    感じてしまったのですが、如何でしょうか?

    まぁ学び直すということ自体は決して悪い事ではないとは思いますが
    学んだことを、その後の教員生活に、どれだけ活かすことが出来るかと
    考えると、ちょっと疑問は残るのではないでしょうか?

    ユーザーID:0926843761

  • 6年働いた後、海外の大学院へ行きました。

    公立高校の教員を6年した後、2年間大学院留学しました。復職しています。私は専門が英語なので、たくさんいらゃっしゃいますよ。資金も十分に蓄えられましたし、同級生も、同じような方が多く、非常に有意義な経験でした。ぜひお勧めします。

    ユーザーID:7203545143

  • まずは研究会へ

    教職大学院を目指されているという事ですね。

    各教科、様々な研究会が開かれており、お悩みになっているようなことについては、皆、一生懸命研究し、授業公開などを行っています。

    国立大学附属中高の公開研究会などでは、自主性を育む〜という研究主題を掲げているところもあります。

    まずは、そういったところに参加されてみてはいかがでしょうか。

    研究会に参加していると、どんな本を読むべきかや、その教科の中心的な先生などとつながりができてきます。

    その中で、自ら学びたいと思わせる授業とはどういうものなのかというのが見えてくると思いますので、それから大学院に行かれる方が吸収できるものが多くなります。

    教職大学院は、教えてもらうところではありません。
    自分で、研究するところです。
    学習指導要領を理解していなかったり(←基本です。)、的を外れた研究をしたりしていると、発表会で総叩きにあいますし、時間の無駄です。

    30歳ちょうどいい年頃ですね。
    2〜3年、研究会等で勉強してからでも遅くないと思いますよ。

    でも、本当に勉強したいなら、国立大学附属の専任教員を目指すといいと思います。
    現場で実践しながら勉強もできる。(その道で、研究してきた先輩先生や大学教授から徹底的にしごかれます。)
    そして、仕事をしながらその大学の教職大学院にも通える。
    ハードですが、オススメです。

    でも、やっぱりそこに勤めるには、研究会等に参加して、積極的に提案授業などする必要がありますが。
    (注意点としては、研究会の中には、学習指導要領なんか!というところもありますので、そういったところは、トピ主さんの意向とは違うところに向かっていますので、見極めが必要です。)

    がんばってください。

    ユーザーID:1775123159

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧