結婚した息子が宇宙人になりました

レス425
お気に入り1,262
トピ主のみ1

コスモス

ひと

昨年、三十代前半の息子が結婚しました。
お相手は2歳年上の方。
食べ歩きが趣味のようで、息子とは色々なところへ出掛けているようです。
私が乳製品や生魚、ホルモン、匂いの強いもの等が苦手なので、娘や息子もあまり食べませんでした。
家族旅行も旅館の食事は、私と娘、息子は刺身などは変更してもらっていました。

それなのに、息子はお嫁さんと結婚してから、食べ物の好みががらりと変わり、
寿司大好き、特に光りもの、とか、チーズなんて食べてなかったのにピザ大好き、とか
香草の入ったものも好きになったそうで、インドかインドネシアか、今年の夏休みはその国に旅行に行ったそうです。

先日、お盆に我が家にみんな集まったときに近所の焼き肉屋に行ったら、
なんと息子とお嫁さんはホルモン、レバー、牛タンなど食べられると言うのです。
主人は食べたがりましたが、私と娘が苦手だというと、お嫁さんは頼まなくていいと言ったので免れましたが。

息子の食の好みがすっかり変わってしまって本当にびっくりしています。
娘と、お兄ちゃんはまるで宇宙人になってしまったねと言っています。

ユーザーID:3369679117

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数425

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 勝手に押し付けてきただけでしょ

    トピ主の食の好みを勝手に押し付けてきただけでしょ
    やっと自由に食べ物を選べるようになって、
    いろいろな物を知ることができたんです
    トピ主の囲いから逃れたんですよ
    悔しいからって大人げない言い方は止めなさいよ
    息子さんを宇宙人というならば、
    トピ主は井の中の蛙です

    ユーザーID:1050608076

  • なんでも食べれるようになって良かったですね!

    親の為に偏食になってしまった息子君を、何でも食べれる良い子に教育しなおしてくれて、お嫁さんには感謝ですね!

    お礼を言いましょうネ。

    ユーザーID:6287185721

  • それは・・・

    偏食の母親に家族が気を使って生きてきただけでは?
    生魚、ホルモン、チーズなんて普通にみんな食べるもので
    宇宙人でも何でもないと思いますよ。

    ユーザーID:8647165639

  • 結局トピ主さんだけが苦手なのでは?

    そもそもお母さんが苦手で食べさせていないからお子さんも食べなかったのでは?

    お盆の時にご主人もホルモン食べたかったのにお気の毒。
    今まで食べたいのにずっと妻に付き合わされていたのかも、と感じてしまいます。

    娘さんもそれほど苦手じゃないのかもしれません。

    もしかして宇宙人はトピ主さんなのかもしれませんね。

    ユーザーID:3106410086

  • 大袈裟ですね

    宇宙人のよう=意思疎通のできない人、というのが一般的かと。

    食の好みが変わった程度では言わないと思います。

    食の好みが変わっても「食べられなくなった」ではなく、
    「食べられるものが増えた」のなら、歓迎すべき事態だと思います。

    苦手な物を押し付けられてもいないのに、随分と極端な反応なんですね。

    ユーザーID:9839991271

  • 逆です!逆逆(笑)

    息子さんは宇宙人に育てられた地球人だっただけです。

    彼女が育てなおしをしてくれたのです。
    乳製品や生魚、ホルモンなどは食べられる方が普通です。
    あなたが好き嫌い多杉星人だったのです。

    それよりも旦那さんに詫びた方がいいですよ。
    好きなものが家庭で食べられない、そんなつらい人生だったことでしょう。
    自分が食べられなくても、他人が食べることぐらいは平気でいられなくてどうするんですか!

    ユーザーID:1278868144

  • 反動ですね!!

    わかります!!私の親(毒親だと思ってます)は
    「パンは外国人が食べるもの バターなんてもっての他!」とか
    「酒を呑む人は身内にはいない」
    「生の魚介類はくさいから人間は食べない」らしく
    他にはお菓子も一切禁止でしたので、

    私は目覚めてから激太りしましたね 束縛からの解放です

    結婚した現在は、外国人のような人間になってます
    夜食や、ビールに自由を感じて幸せです 宇宙人ばんざいです

    ユーザーID:5956197407

  • よかったじゃないですか

    食べ物の好き嫌いが多いと性格に問題があると思われがちですので
    克服出来てよかったですね

    私の母もチーズ等の乳製品が嫌いで子供の頃家に買い置きされていませnでした
    親が嫌いだからって子供に与えないのは問題があると思い
    自分で克服しました

    ユーザーID:2874754776

  • そういう感覚なんだね

    偏食がひどい息子さんが、
    お嫁さんのおかげで食べられるようになって
    普通なら喜ぶべきところでは?

    トピ文を拝見する限り、
    あなたの偏食がひどいせいで、
    お子さんたちに影響が出て、好き嫌いが起こってしまっていると感じました。

    きっと、お嫁さんは料理が上手で、
    食に関しての生活が上手。つまり、お嫁さん側のご両親は
    育児がお上手だったのでしょう。

    レバーは栄養価が高いものですから、
    食べれるようになってよかったですね。

    一風変わった方の思考を垣間見た感じがして、
    とても興味深いトピでした。

    ユーザーID:8196422601

  • まともになっただけ

    いや、宇宙人からまともな地球人に復帰しただけのことです。

    ご主人が食べたがったものまで阻止したんですか?
    トピ主に嫌いなものを食べろとは申しませんが、ご主人が食べたがったのならトピ主に止める権利はありませんよ。

    ユーザーID:8635622291

  • なんとまあ!

    主さんの偏食を良しとして育てたのですね。

    あのね主さん。
    息子さんは、30数年もの間小さな水たまりの中で育てられたのです。
    その息子さんが配偶者と巡り合ったことで、大海原に出てみれば・・
    水たまりでは食することが出来なかった多くの御馳走の存在を知ったのです。

    ご自分の息子娘だからって、主さんの偏食を押し付けることは止めましょう。
    世の中には美味しいものが溢れているのです。
    そして、お嫁さんの食べたいものは食べさせてあげましょうよ。

    ユーザーID:7872184394

  • お嫁さんのおかげで嫌いなものが減ってよかった

    それにしても、焼肉なら
    食べたくない人は食べなきゃいいんだし
    頼みたいものぐらい注文させてあげればいいのに・・・

    私もレバーとかホルモンが好きで
    焼肉いって売り切れだととてもガッカリします
    家族にはあまり好まない人もいるけれど
    食べたいものを各自注文すればいいとすすめてくれますよ
    自分が好きじゃないからって
    周りの人に我慢させるのは考え物だと思うけどね

    ユーザーID:5906764786

  • 大人になって食べれるようになりました。

    私も親があまり食べなかったからでしょうか、ホルモン系は食べたことがなかったです。

    結婚した妹の夫が飲む人で、家で焼肉をしたときに、ホルモンを焼いてくれました。

    おそるおそる食べましたが、美味しい!

    今まで知らない味でした。自分では進んで買わないけど、妹の一家と
    食べるときは、出てくるのが楽しみです。

    なんで食べたい、という夫を止めるのでしょうか?

    いちいち嫁が提案することを、ケチをつけるような、心の狭い義母に聞こえますよ。

    ユーザーID:5444466784

  • お嫁さんに感謝ですね

    親のせいで好き嫌いが多いって不幸だと思います。
    健康の一番の秘訣はバランス良く好き嫌いせずに食べること!ですから。

    お嫁さんのおかげで、食べれなかったものが食べれるようになってよかったですね。
    私なら、お礼を言います。

    ユーザーID:6976843262

  • 世の中宇宙人だらけ

    それくらいで宇宙人なら、世の中宇宙人だらけですね。
    親があまりに偏食家だと、子供は食べず嫌いになりやすいと思います。
    私も実母がそうなので、食べられるものが少なかったですが、結婚後は旦那が好きなものは殆ど食べられるようになりました。選択肢が増えて良かったです。

    ユーザーID:0148870508

  • 好みが変わったのではなくて

    今まで食べさせてもらえなかったから、味を知らなかっただけ、美味しさを知らなかっただけなのでは?

    何でも食べられるようにするのが親の務めだと思いますけどねぇ。

    息子さん、色々なものを食べられるようになって良かったじゃないですか。

    ユーザーID:9421647971

  • 自分が嫌いだからって

    食べさせないって親としてどうなの・・・。

    「私が苦手なので娘や息子もあまり食べませんでした」って何?
    あなたが苦手かどうかなんて子供に関係ないでしょうに。

    トピ主さんが苦手だから実家にいた時は食べる機会を阻害されていただけで、阻むものが無くなって食べてみるようになったらどれも美味しかったんでしょう。

    ユーザーID:2081828647

  • 普通になっただけ

    トピ主さんの言う

    >私が乳製品や生魚、ホルモン、匂いの強いもの等が苦手なので、
    >娘や息子もあまり食べませんでした。

    「食べません。」ではなく、食卓に出ないため
    食べたことがありません。
    ではないでしょうか。

    ご子息は結婚して普通の食生活を過ごした方と
    食生活を共にしたため、食卓に出た食材を
    食べただけではないでしょうか。

    ホルモンや匂いの強い食材はかなり個人差が有りますが、
    乳製品や生魚は一般的には食べるものです。
    その証としてご主人は食べたがっていますね。

    ご子息が宇宙人になったのではなく、
    普通の食生活になったのです。

    トピ主さんの食生活が普通で無い事を考え直したほうが
    良いのではないでしょうか。

    生魚を食べる人が多いから回転寿司がたくさんあり、
    乳製品を好む人が多いから量販店にピザやチーズが
    大きなスペースを占めていて、専門店も多くの方々が
    入り繁盛しています。

    まだ娘さんがおられるようなので、
    食生活は婚姻を続ける上でとても重要です。
    昔からよく「男は胃袋をつかめ」と言われています。

    現在の食生活を見直さなければ、
    将来伴侶を探す時に少し苦労があるかも知れません。

    娘さんの将来に影響が出るように思いますので、
    ご主人、ご子息とよく話し合いをして下さい。

    ユーザーID:3902373280

  • 宇宙人はトピ主では?

    私も含め、私の周りでお寿司、チーズ、ピザ、香草の入った料理、ホルモン、レバー、牛タン……などを食べているのは人間達です。

    逆に宇宙人がそれらを食べる姿を見たことがありません。

    宇宙人になったのではなく、単に食の好みが変わっただけですよね?

    まあ、訳の分からないおかしな人を「宇宙人だ」と例えることは確かに有りますね。

    けど一般の人から見たら、そんなにあれもこれも食べられないトピ主さんの方が宇宙人ですよ。

    だとすると、息子さんは宇宙人から人間になったのでしょう。

    なのでタイトルは『結婚した息子が人間になりました』の方が妥当ですね。

    トピ主さん、身体のことを考えて偏食を改善された方が良いと思いますよ。
    また、ご主人にあなたの偏食を強要しませぬ様に。
    妻に付き合って偏った食生活を送る日々は気の毒です。

    ユーザーID:9025543657

  • ヘンなの!



    息子の偏食をお嫁さんが正しくしてくれてよかった!

    食べ物に好き嫌いがあって、嫌いなものが1割あったとします。

    するとその人は、人の集団と会っても、嫌いな人が1割いると言われます。

    とても生きずらい人生を歩むことになります。

    トピ主さんもいい加減に偏食を直さないことには、家族にかなり迷惑をかけたまま、人生を終えますよ。

    ユーザーID:5610501934

  • 違いますよ。もともとですよ。

     どこの家庭でも、母親の嫌いなものは、母親が作らないから食べない、食べず嫌いとなります。実際食べて見たら、息子はその美味しさに気づいただけで、いわゆる好みが変わったわけではなく、もともとだったんですよ。多分、その様子だと、娘さんも食べず嫌いの可能性が大だと思います。一度、娘さんだけ、兄宅に寄らせて食べさせてもらってはいかが?

    ユーザーID:9169860452

  • 良かったですね!

    結婚を気にいろいろ食べられるようになって良かったですね。
    乳製品だって生魚だって身体にとても良いものです。
    あなたが食べないのは個人の自由だけど、子供の味覚にまで影響させるなんて母親としてかなりの落ち度でしょ。
    それをお嫁さんが改善してくれたなんて、最高に良かったじゃないですか!
    息子さんの健康寿命は伸びたかもしれませんよ。

    ユーザーID:4187781293

  • 主さんの方がよほど宇宙人です

    自分と娘が苦手なら他の人も食べられないのですか?
    他の人は食べればいいじゃないですか。
    アレルギーがあるわけでもないのに単なる好き嫌いで家族とはいえ人にも強制、
    息子さんは単に食べず嫌いだったのでしょうね。
    結婚してお幸せなんだと思います。
    娘さんは母親の呪縛から逃れられるといいけど、なんか難しそうですね。

    ユーザーID:0738692631

  • 母親に合わせていただけ

    30代の男性は社会生活において、お付き合いで他人と食事をする機会はいっぱいあります。いつまでも親の知ってる息子じゃないってだけです。
    実家にいる時は母親に合わせて、食べられないふりをしていただけで、外では食べる機会があり、今までも食べていたんだと思いますよ。
    結婚して妻の前で好きじゃないフリをしなくて良くなり、本当の好みを言ってるんでしょう。

    母親の好き嫌いって酷です。子供の食生活に影響します。お嬢さんが心配ですね。
    焼肉に行って、自分が食べられない苦手な物を他の人が食べるのを嫌がるのはどうかと思います。
    息子さんの妻は出来た人ですね。
    私には宇宙人はトピ主さんとお嬢さんの方に思えます。

    ユーザーID:0246465627

  • 幸せが増えた

    食べる事は幸せですよ。
    結婚して、食への興味が広がったんですね!
    良い事じゃないですか。

    自分が好きじゃないからって子供にも食べさせないのは
    どうかと思いますよ。

    偏食のままで奥さんを困らせる人じゃなくて良かった!
    夫婦で食の好みが合わないって、結構しんどい事ですよ。
    旦那さんも食べたいのに我慢してるんですね。
    ある意味可哀想な人生だと思います。

    娘さんも結婚して、食への興味が広がると良いんですが。
    娘さんが偏食だと、その子供も また同じ様な道を
    辿るんでしょうからね。

    ユーザーID:6979721934

  • あら 良かったわね

    顔アイコンから見て トピ主さんはもしかして悔しいの?

    あれがダメこれもダメって母親に育てられて 子供達もやっぱり好き嫌いが多くて辛かったけど 愛する配偶者の力は偉大ね!

    息子は今本当に幸せなのね…って喜ぶトピじゃないの?

    それとも私が嫌いなんだから お嫁さんがいくら勧めても「私の息子」は嫌いなはずよ ふふ…って感じですか?

    女同士の戦いなのかしら?

    変なの(笑)

    ユーザーID:7276310494

  • 息子さんは単なる食べず嫌いだっただけ

    母親が嫌いな食べ物は基本食卓に上らないことが多い。息子さんはほとんど食べたことがなかったから、青魚やチーズの味を知らなかっただけ。
    母親の顔色を見て育った割に、大人になって味覚を拡げることが出来たのは、お嫁さんの料理のセンスが良かったのでしょう。

    「宇宙人」などとイヤミを言わず、素直に喜ぶべし!

    お嬢さんと未だ忖度の真っ最中。ご主人可哀想・・・。

    ユーザーID:2785367056

  • 宇宙人になったのではなく

    食わず嫌いが無くなっただけです。
    宇宙人?むしろ良いことではありませんか!
    食育ってとても大事だと思います。
    これから子供も考えているのなら、好き嫌いは1つでも少ない方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:6855842828

  • おおげさ

    ただ喰わず嫌いだっただけでしょ?
    頑張って食べてみたら美味しかっただけでしょ?

    大袈裟ですね〜。

    娘さんも好きな人に薦められて食べてみたら好きになるかもよ?

    ユーザーID:4991996868

  • 食べられるものは

    多い方が幸せじゃないですか?

    ユーザーID:9091656844

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧