小学低学年向きでの感動する本を教えて下さい

レス11
お気に入り24
トピ主のみ1

よむよむ

学ぶ

小学低学年の娘がおります。
感動する絵本や楽しい本はある程度読んでいるのですが、年齢相応で感動する本を知らないので教えて下さい。
親の私は小学低学年の頃、シートンやジャック・ロンドンの動物記や動物の生態の本ばかり読んでいました。その後、中・高校生向き、大人向けの本しか読んでいないので娘くらいの年の子が好んで読む本を知らないんです。よろしくお願いします。

ユーザーID:7072482076

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どういう分野が好きでしょうか

    子供って、あんがいドライです。

    「感動=お涙頂戴」って、大人は思いがちだけど
    果たしてそれが本当に感動するものでしょうか?

    昆虫が好きなら、昆虫図鑑を読んで感動するだろうし
    星が好きなら、宇宙関係の図鑑を。
    科学が好きならその手の雑誌。

    なんでもいいと思う。
    知識欲を満たしてあげるのも、感動の一つだと思う。

    べつに、年相応である必要性は無い。
    図書館に連れて行って、好きなのを選ばせるといいです。

    ユーザーID:8470914480

  • 無理やり感動させないで

    何かを与えて「これは感動する本だから感動しなさい」っていうのは如何なものかと思いますよ。
    感動って「感動しろ」って言われてできるものじゃありませんからね。
    それに小学校低学年程度じゃ物語を読んで感動なんかしませんよ。そこまでの感情の積み重ねが足りているとは思いません。

    「面白いなぁ」「すごいなぁ」「きれいだなぁ」「びっくりしたなぁ」ってものを蓄積して行って感動する心が育つのだと思います。
    トピ主さんだって幼い頃のシートンやロンドンで「動物ってすごいなぁ、世の中にはこん動物がいるんだ!」って気持ちの積み重ねを経て、大人向けの本で感動できるようになったのでしょ?
    それで良いのだと思います。
    娘さんが興味を持った本を与えてあげれば良いのです。

    どうしてもとおっしゃるなら「推薦図書」に指定されてるものを買ってあげてはいかがでしょうか?
    毎年選出されているので過去のものも含めると膨大な量があります。「○年度推薦図書」と検索すれば色々出てきます。
    一応その筋の専門家が学齢に合わせて選んでいるので子供でも理解はできると思います。

    でもそれを読んだからどうなるって物じゃ無いと思います。
    トピ主さんだって「この本いいわよー、すごく感動できるの!」って貸してもらっても、逆にその言葉がプレッシャーになって感動できないってこともあるでしょ。
    「感動」=「心が動かされること」です。
    娘さんとはいえ他人の心をどうこうするのは如何なものかと思います。

    ちなみに私が最初にに感動を覚えた本は小学3年生で読んだ「鉄腕アトム」でした。
    幼少期に読んでいた幼児向け絵本を高学年で読み返した時に「こういう事だったのか!」と感激したこともあります。
    シャチホコ張った文学書だけが感動を与えるものじゃ無いと思います。
    漫画だって図鑑だって心を動かす瞬間を与えてくれます。

    ユーザーID:8829819526

  • 絵本ですが

    小学校低学年ということは絵本などはどうでしょうか。

    『おおききな木』シェル・シルバスタイン

    私がこの本を読んだのは高校生のころですが、小学校低学年から読めると思います。

    あとは『うつくしい絵』かこさとし。

    どちらも感動的な本です。

    ユーザーID:5896154286

  • 有名なので、すでに読んでるかも

    シノダ!
    白狐魔記
    うそつきだいちゃん
    きつねのおきゃくさま

    お子さんの、心に残る本に出会えますように

    ユーザーID:4398045220

  • おばけのケーキ屋さん

    絵も綺麗で、感動するお話です。
    大人も子供も楽しめる絵本だと思います。

    ちょっと違いますが、「きょうのおやつは」も楽しい絵本です

    ユーザーID:9204788386

  • ホームズだなあ

    私、幼稚園だか小学校だかのときに
    子供向けにリライトされた「まだらの紐」読んで感動しましたよ。
    謎解きってすげえ!! 探偵って超かっこいい!!って。

    30年経って、そんなにダメな大人に育ったとも思ってないんですが
    そういうのじゃダメなんですかね。
    道徳的な本ばっかり読んでないと、道徳は身に付きませんかね。

    ユーザーID:7269535467

  • 読書の目的を「感動」にしないほうが良いような気がします

    大人が感動する時には、無意識のうちに自分の経験と重ねたり、相手の立場を想像したりしているものでしょう。
    子どもは感情の分化も経験も未熟です。
    単純な喜怒哀楽から、様々な経験をすることでもっと複雑な感情を知り、心を耕してゆく過程を手助けしてあげる感じで関わると良いのではないでしょうか。

    大人目線での「感動」系の本としては・・・

    低学年の子が自分で読むなら、「ふたりはともだち」や「ともだちや」など絵本系はどうでしょう。教科書にものっているシリーズものです。

    読み聞かせるなら、「あのときすきになったよ」「おまえうまそうだな」「わすれられないおくりもの」「かわいそうなぞう」「ないたあかおに」「くまとやまねこ」「びろーどのうさぎ」「くまのこうちょうせんせい」などでしょうか。

    我が子が幼い頃には、感動系の本を読み聞かせているうちに私のほうが泣いてしまい、子どもがキョトンとして泣いている親を眺めては面白がるという、なんとも居心地の悪い感じになっていました。感動するには、それなりの成長が必要ですね。

    ちなみに、私の娘が低学年の頃、好んで読んでいたのは「かいけつゾロリ」や「おしりたんてい」「なんでも魔女商会」「エルマーのぼうけん」などでした。

    ユーザーID:1296184410

  • これは?

    娘が気に入っていたのは、あらしのよるに シリーズです。
    大人向けの小説も出た絵本ですよ。
    娘だけでなく私用にも、もちろん買いました。

    ただ、息子は無反応でした。
    女の子には良いのかな?

    ユーザーID:0973645874

  • 感動する子は何を読んでも感動する

    私がこのタイプでした。
    国語の教科書に載っている話の全てで感動しました。
    みんなで大きなカブを引っこ抜く話(大きなかぶ、かな)とか、
    キツネが手袋を買いに行く話(手袋を買いに、だと思う)とか。
    小学校高学年か中学生の教科書に載っていた「鼓くらべ」では号泣しました。
    未就学児の時も一回り年上の親戚女性が持っていた少女漫画で感動して号泣し、
    感動し過ぎて何度も何度も読み、その都度泣き、
    親戚女性に「また泣きたくて読んでるの?」と言われました。

    その逆で夫の辞書には「感動」という文字がありません。

    感動する土壌がある人は本以外のいろんなことででも感動し、
    感動する土壌がない人は簡単に感動しません。

    別に感動させるための本を選ばなくてもいいのではないでしょうか。
    学校(文科省?)が推薦する本を片っ端からジャンル関係なく読ませればいいのでは。

    ちなみに夫は小学生の頃に厳しい親に無理やり読ませられた本が好みに合わず、
    それが嫌で読書から長らく離れた時期があったと言っていました。

    ユーザーID:3317175100

  • 女の子なので・・・

    定番の若草物語とか小公女は読まれましたか?
    バーネットの別のお話もいいと思います。
    娘は低学年の頃に読んだ若草物語を特に気に入って、高学年の今まで年に数回は読んでいます。
    もちろん、低学年の頃は原作そのままでは少し難しいので、字の大きい少し簡単なものを選んでいました。
    今は原作を翻訳したものを読んでいます。

    感動というのが涙を誘う、とかそういうことでしたら少し方向性が違うかもしれませんが、
    やはり古典的な少女文学は感受性を豊かにすると思います。

    ユーザーID:2576170625

  • 教えて下さってありがとうございます

    いろいろ教えて下さってありがとうございます。
    娘と一緒に探してみようと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:7072482076

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧